家族信託について(親が認知症予備軍)

レス4
(トピ主1
お気に入り142

生活・身近な話題

猫娘

家族信託について経験のある方に質問です。

私は50代半ばの兼業主婦です。

主人も私も80代の両親が健在、車で1〜2時間ほどのところに一戸建てに住んでいます。

ここ何年かで各々の親も弱ってきており、特に父たちはそれぞれ介護1、2がつきました。

ありがたいことに自立心旺盛な両親達なので、できるだけ自宅で好きなように暮らしたいと、ケアマネさんに相談の上で、ヘルパーさんなどのサービスを受けて何とか生活してくれています。

近くに越してきたらどうかと言っても、住み慣れた家が良いとなかなか来てはくれません。

しかし母たちもそれぞれ高血圧など心配なところもあり、もし何かあったら父たちだけでは生活できないので、その時は有料老人ホームに入ることを希望しています(経済的には大丈夫です)。

そうなると、今暮らしている自宅は空き家になってしまうため、売却するか賃貸にしないと、長期間家の手入れのために、何度も様子を見に行かなければならなくなります。私たち夫婦も兄弟たちも、職場の近くに持ち家があるため、親の家に住むことはありません。

家の所有者は父たちなので、相続前に我々や兄弟が売却や賃貸手続きはできません。現に曾祖母は110歳近くまでの長寿でしたので、認知症状が出てからは何も法律的なことはできませんでした。

それで最近新聞や雑誌で取り上げられている「家族信託」契約を行って、もし親が自宅で暮らせなくなったら、不動産の対応を私や主人が行えるようにしたいのですが、まだあまり馴染みのない制度のようで、本を購入して勉強しているのですが、よくわかりません。

費用も司法書士で数十万円とのことで、ちょっとびっくりなのですが、専門家に相談に乗ってもらわないとできない契約なのでしょうか?

どなたか経験者の方、アドバイスをお願いします(お金の問題ではなく、空き家を抱えたくないのです)。

ユーザーID:5103637472

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 素人が作るには限界がある

    >費用も司法書士で数十万円とのことで、ちょっとびっくりなのですが、専門家に相談に乗ってもらわないとできない契約なのでしょうか?

    基本的に契約はできますし、相続・後見関係ではご自身で遺言を書いたりですとか、任意後見などの手続をされる方はもちろんいらっしゃいます。
    ただ、素人の悲しさで、ある部分が欠けていたために無効だった、この文言は無効になり得るなどという判断がされることもあります。
    ですから、専門家に相談して、穴のない契約書にしてもらうこともとても大切だと思います。

    脅かすわけではありませんが、家庭裁判所が絡む事件、特に財産関係が絡む事件では、「脅されてこういうことを書かされたに違いない」などという(実際に同居などしていたわけでもない親族からの)不満もよくありました(実際に訴えるかどうかは別として)。

    どの制度がどの段階で使えるかについては、ご本人の尊厳の問題も絡んできます(こちらはよかれと思っても本人はそう思わない)。冷静な専門家を間に入れることは大切だと思いますよ。

    ユーザーID:8865831405

  • 受託者の暴走を

    防ぐために司法書士2名を選出して「信託監督人」となってもらうのが目的です。
    ですから「相談の為の司法書士」ではありません。雇用するのです。

    >私たち夫婦も兄弟たちも、職場の近くに持ち家があるため、親の家に住むことはありません。

    他のご兄弟の意見はどうなのでしょう。
    空き家を抱えたくないというご意見はわかります。
    ですが、他のご兄弟が同じ意見なのでしょうか。
    そしてご両親様の意見は?

    まだしっかりしておられるうちに家族会議をしましょう。

    家には「想い」が宿っています。
    近年では随分と断舎利思想が広まっておりますが、所有者の気持ちを無視して断舎利するのは如何なものかと思います。

    まずは家族全員の意見のすりあわせが大事だとおもいますよ。

    ユーザーID:0116220247

  • 専門家に頼んだ方が良さそうですね

    レスありがとうございます。

    法律的なことは全くの素人なので、こういう時だけ自分でなんとかは無理そうですね。

    家のローンが終わった時は、法務局で抵当権の解除を係の人に聞きながら自分でやったので、個人の不動産の信託もそれほど煩わしくなくできるのではと思っていました。

    兄弟たちは親の不動産にはあまり関心がないので、認知症状が出て売却もやむを得ないとなれば、同意してくれると思っています。そのお金で親が憂いなく過ごせれば良いという考えです。

    しかし、兄嫁(地元が田舎)が突然、いずれ関東郊外にある私の両親の家に住みたいと言いだしはじめました。

    これまで両親の体調が悪くとも、一度も見舞いに来ることもなかったのに、驚きました…。

    両親は、もしもの時は私たち夫婦に財産の管理も介護の手続きも頼みたいと言っております。

    揉めないよう、手数料は私が支払うことを前提に、今のうちに専門家に頼んで、きちんと書類にしておきたいと思います。

    ユーザーID:5103637472

  • 成年後見人

    昨年、司法書士に父の成年後見人になってもらいました。
    まだ認知症がそれ程進んでいないので、今のところ
    任意成年後見人ですが。

    はじめは私も色々な情報から家族信託を希望しましたが、
    司法書士との話し合いや私が遠方に住んでいること、その他
    実家の諸々を考慮した結果、成年後見人をお願いしました。
    任意の場合はサブとして家族の誰か一人が司法書士と連絡して
    親の施設の費用、実家の諸々の手続きをしてもらいます。

    司法書士という公的な信頼できるプロに任せるということで
    父は安心したし、他の兄弟との話し合いもスムーズに行きました。

    又思いがけず、頭を悩ましていた実家や土地の売却、片付け
    など司法書士が窓口になって業者を紹介してもらえるのが
    とても助かりました。
    また、そのままいつか訪れる相続も依頼できますし。

    ご両親にある程度経済力がお有りなら、やはりプロに任せた方が
    親族間の信頼を保つ為にも、手数料は惜しくないと実感しています。

    ユーザーID:6015156104

レス求!トピ一覧