亡き母への怒りが消えない

レス35
お気に入り265
トピ主のみ2

おから

ひと

母が死んだものの、母に対する恨み憎しみが消えません。
私が中学生の時から18歳で家を出るまで母から愚痴やありとあらゆる人の悪口、不満の捌け口としてさんざん毒を吐かれました。
自分の意にそぐわない意見や感想を言ったり愚痴を聞くことを拒否したりすると攻撃の矛先は私に向かいました。嫌味や暴言だけでなく、家事を一切放棄したり(放棄というか、お金の管理以外の家事を私に丸投げする)、とある行事に参加する為の保護者の署名欄にサインしてやらないと言われたり、病院に通院させないと言われたり(当時アトピー性皮膚炎で定期的に皮膚科に通院していました)、本当に嫌な目にあいました。その母はもう10年前に他界しました。母は1回も自分の非を認めたことも謝罪したこともありません。
もう亡くなってるので今まで私が溜めこんだ思いや疑問をぶつける事もできません。ときどき母を殴りたい衝動にも駆られますがもういないのでできません。
もう死んでるのに隙さえあれば母に対して心の中で「死ね」と連呼しています。正直苦しいです。相手が亡くなってるのに、相手に対して怒りや恨み、憎しみを忘れられない場合、どうこの気持ちを昇華していったらいいのでしょうか。すっと忘れる方法はないのでしょうか。

ユーザーID:2002301750

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数35

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 恨んで良いと思う

    そんな酷い事され続けたの?
    忘れられるわけが無いでしょう。

    そんな最低な母親、
    誰だって恨むわ。

    私なら許すなんて出来ない。
    そんな良い人じゃない。

    私は母親より幸せになってやると
    今、決めましょう。
    苦しんでいたら いまだに
    母親の毒もろかぶりじゃないか。
    そんなの悔しすぎる。

    トピ主さんがいつか死ぬ間際、
    万が一思い出したら どうしようか
    一瞬だけ考えれば良いのです。

    ユーザーID:5964366886

  • 愛憎は表裏一体

    主さんの憎いという感情の裏側には、愛してという感情が潜んでいます。主さんは母親に愛されたかったんです。それを認めたくないから、無意識に憎いという感情に変換していると思います。

    ユーザーID:7639313366

  • お母さんの歴史を調べてみよう

    お母さんがトピ主さんに辛く当たっていたことを認める訳では
    ありません。しかし、この儘だとトピ主さんの心が苦しい儘で
    解放されないのではありませんか。

    お母さんの若い頃のこと、結婚後のことをご存知の方がいらっ
    しゃるのではありませんか。その方々にお母さんの日常生活や
    学校での言動、エピソードなどをお訊ねになってはと思います。

    お話を聞くことができれば、お母さんの別の面が見えてきたり、
    何故お母さんが精神的に不安定だったのかが見えて来るので
    はと思います。

    子供は、母親に対して沢山のものを望みますが、お母さんも一人
    の女性であってみれば、多くの葛藤を抱えられていたのではな
    いかと想像します。

    自身の母親は、学生の頃贅沢をして親に怒られたとか、強烈な
    個性を持っていたとか、叔父さんに聞いて、笑いが込み上げて来
    たことがあります。母親や父親の事は意外に知らないものです。

    ユーザーID:2421195581

  • 考えている時間が勿体ない!

    と私は切り替えます。私も、ふっと思い出すことは有りますが、「そんな事考えるより、今日は奮発して外食しようかな〜そうそう、チラシに割引券が付いていたっけ!」
    と、わざと違う事に意識をそらします。だって本当に考えるだけ無駄なんだもの。

    そうそう、私は犬を飼い始めました。優しい家族と一緒に犬とじゃれ合って笑って過ごしていると、気持ちも明るくなります。お勧めですよ。

    例え思い出したとしても、上記のように切り替えたり「悔しいでしょ?お母さんと違って、私の選択した人生は最高なのよ〜」って、言葉に出したりしています。

    こうしているうちに、徐々に思い出す回数も減ってきました。主さん「ストレスの捌け口人生」はもう終わったのです。

    前を向いて、人生を謳歌しましょう!!

    ユーザーID:7351176544

  • かわいそうな人だった

    今でこそ、毒親、叱らない教育などと世間ではいっておりますが、
    ここ最近の話ですよ。
    昭和の時代は、そんな親ごろごろいましたよ。
    今の時代とすり合わせる事に、違和感を感じます。
    実際、私の母親も同じ。あれを虐待というのなら、通報され逮捕ですね。

    その母も85歳です。都合の悪い事は、忘れている様子。
    彼女も、遠い昔愛情を持って育てられなかった。
    昭和の始め頃なんて、子供を口減らしの為に、奉公や養子に出していたんだから。

    主さんはお母さまの子供の頃の話を聞いた事がありますか?
    お母さまの、たどってきた歴史を知るのも良い事かも。

    そして、負の連鎖を止め、自分の子供を心の底から愛する事です。

    ユーザーID:2811600544

  • がまんしない

    怒りの感情が襲ってきたリ湧き出てきたときは
    抑え込まずに、爆発させてください。
    ため込むとかえって体調や感情が悪化してしまします。

    またもし可能であればあなたの信頼できる人に
    お母さんへの思いを話すといいです

    とにかくため込まない事

    時間はかかるかもしれませんがいずれは
    落ち着いてくると思います。

    ユーザーID:1622231220

  • あくまで私の方法ですけど

    紙でもPC上でもかまわないので、思いの丈を文章にしてぶつけまくる。
    私の母親は生きていますが、そうしていました。本人に言っても徒労に終わるようなことなので。

    あとは、母親の立場になって考えてみることかな。
    私は母親になって、なぜ母親がそんな風になったのかについて少し理解できました。
    それと許すということは別問題ですけどね。

    もしかしたら、母親自身もあなたのように不満のはけ口として過ごしてきたかもしれない。
    どこかから受けたストレスを吐き出す場所がなくて子供にあたっていたのかもしれない。
    知ることで繰り返すことを防ぐ手立ても考えられる。

    あとはお墓に向かって言いたかったこと言ってやるとか。
    とにかくその思いを実際に吐き出すことが必要です。ただし、人以外のものに。

    私は毒親、虐待に関する書籍を読み漁るのが趣味です。色々な発見がありますよ。大抵は負の連鎖なのです。
    負の連鎖から脱するには、自分自身に客観的視点が必要です。

    あとね、父親はどうでしたか?
    私は父が好きでしたし、今も好きですが、母親を止められなかったことに疑問も持っています。夫婦どちらかのみが悪いなんてないものです。

    ユーザーID:0007278350

  • 恨んで良いんだよ?

    良いんですよ、恨んでも、毒づいても。
    生きているうちに出来なかった反抗期です。思う存分、やりましょう。
    心の中なんてもったいない、きちんとあなたの耳に聞こえるように文句を言いましょう。殴りたければ、母もどきの枕なりなんなり作って発散するのです。

    私の母には生きてるうちに、やっと反抗出来ました。しかし不完全だったので、亡くなった後も、しばらく引きずりました。

    でもね、いないから。
    もう私をコントロールする人間はいない。私もあなたも実際は自由です。
    だから、今ある不満はすべて今の内に吐き出さないと!
    それから、誰がなんと言おうと許さなくて良いんです。

    そのうち彼女を人間として客観視できます。でも許さないけどね。それで良いんです。私の気持ちが安定して、子供達に連鎖せずに済むのがいちばん。

    だから、おからさんも、許そうとか罵らずにいようとか、思わなくて良いのです。思うから、苦しいんですよ。

    ユーザーID:3931659828

  • 今の自分を大切にして下さい

    辛いことを思い出してしまうのはまだ心に傷が残っている証拠です
    辛いことを思い出した時はその心を癒す行動を選択しましょう
    おいしい食べ物を探す、どこかへ気晴らしに出かける・・・
    趣味でもなんでも今楽しめるものになるべく目を向けましょう
    私も似たところありますよ
    相手は義父母ですが・・・
    亡くなっても言われて傷ついた言葉等消えません
    年寄りのストレス発散に利用されていたなぁなんてよく思います
    心の傷がふと出た時はなるべく今の自分に優しくしてあげるようにしています
    そしてそっと自分にもう傷つける人は亡くなっていると繰り返し教えてあげます
    これ以上自分を傷付けれないように神様が守ってくれたと思うのもいいですよ
    そして自分はなるべく人を傷つけないように生きましょう
    人を傷つけて憎まれて死んでも憎まれて・・・
    そんな人間になりたくないことでしょう
    無理に消そうと思わずに癒そうと思うといいですよ
    いつか時間が経てば心の痛みも和らいできます
    いつまでも同じ感情に駆られないようにしようと自分で思い直し好きな曲を聞いたり映画を見たりなるべく切り替えだけ早めにする習慣を持つといいですよ

    ユーザーID:0323621719

  • 虐待に入ると思いますよ

    精神的、心理的虐待ですかね。病院に行かせないのは間接的な肉体的虐待でしょうかね

    カウンセリングしかないと思いますよ
    友人や知人に話したところで 亡くなった親の悪口を言う酷い娘と思われるだけです

    だから その怒りは安全な場所で吐き出し続けるしかないと思います
    お墓でもいいんですよ、お墓に向かって思いを吐き出して来ても良いと思います
    お墓の中のお母さんやその先祖の声が聞こえてくるまで ずっと話を聞いてもらいましょうよ。

    怒りが出るという事は、あなたは親を反面教師にできる証拠だと思います

    世間にはあなたと似た環境で育っている子供が実際います
    何か気が向いたらボランティアでもしてみませんか

    ユーザーID:0992774376

  • 残念ですが

    積年の恨みってやつですねぇ・・・
    こればっかりは、どうにもこうにも トピ主さん自身が
    納得できる答え見つけるまでは、何ともねぇ・・・・

    投稿読んでみて ちょっと気になったのが「境界性人格障害」
    だったかな??一度 あれこれ「亡き母の症状」を
    検索してみては??

    きっとあれこれひっかかると思います。それを見て納得
    できればいいのですが・・・

    どちらにしろ、相当嫌な思いして育てられた事 はなかなか消えない
    でしょう。ご自身の家庭が そんな風にならないよう、心の中だけ
    気をつけて下さいね。

    ユーザーID:6761375406

  • 行き場の無き怒りですね。

    状況は違うけど、私もそんな感情になる事があります。問い詰めてみたいけど、相手はこの世に居ない。悔しさ、悲しさだけが宙を彷徨い行き場を失い、不完全燃焼です。

    私は墓参りして、思い切りぶつけてます。返事は返って来ないけど、あの世がどんな所か分からないし、死者がどんな状況かも分からないけど、もしかしたら生きてる時は分からなかった、人の感情をあの世に行った人は理解できるのじゃないのかな?だから私の愚痴も怒りも本当の気持ちが伝わっているはず…そう思いながら墓石に文句言ってます。

    一方通行で相手から返事が無いから、言いたい放題です(笑)生きてる時は返事が帰って来る分、余計に腹立たしかったりしましたからね。

    ユーザーID:3200202663

  • 本を読んでみませんか?

    毒になる母 自己愛マザーに苦しむ子供 キャリル・マクブライド (著), 江口泰子 (翻訳)

    毒親の棄て方: 娘のための自信回復マニュアル スーザン フォワード (著)

    14歳の危機 伊藤 千佳子 (著)


    子どもの成長にとって毒になる親、自己愛マザーの元で幼少期、青春時代を過ごさなければいけなかった辛さは、どんなに書いても書き足りないことでしょう。

    毒親と言う言葉を世の中に知らしめたスーザン・フォワードさんでさえ、この毒親の棄て方 娘のための自信回復マニュアルは、ご自身の母親の没後にしか公開できなかったほどだったそうです。

    あなたは毒にあてられながらも、へこたれることなく立派に生き抜いてきた素晴らしい人間なのです。幼少期、思春期に戻ることはできませんが、心の中で辛い、寂しいと泣いている小さいときのあなたを癒やしてあげるために、これらの本を読んでみませんか?

    大人になったあなたが、辛くてたまらなかった幼い頃のあなたを癒やしてあげてください。
    それを乗り越えたあなたは、これから幸せな人生を歩むことができますよ。

    これからのあなたの人生を心から応援しています。

    ユーザーID:5528169820

  • 深いのですね

    10年前に亡くなっているのに、まだ怒りを抱えているのはよほど嫌な思い出しかないのですね。

    一般的には年月とともに薄れていきそうだけど。

    でもいつまでもそんな母親のことが頭にあるのは悔しくないですか?
    そんな人のことを考える時間が、バカバカしくないのかな。
    思い出す価値もない人、と思いませんか?

    もう亡くなったと同時に、縁が切れたのです。
    抹消した人と思えばいいでしょう。

    お母さんがどういう人生だったのかわかりませんが、ろくな環境で育っていないと思います。

    思う価値もない人として、どこかで消し去らないとバカバカしいですよ。

    ユーザーID:4247847697

  • ひー様、シーラカンス様に同意。

    とある占いサイトで、すごく優しい男性占い師さん、霊の事に詳しく、何でも知っている賢い方。その占い師さんにカウンセリングしてもらいました。

    生きてるうちに散々ケンカして無いから、消化してない思い。ほんとは墓参り行かなくていい、けど家族の手前、行かなければならないなら、墓に向かって心の中で舌出してもいいし、文句言ってもいいの。消化出来るまで、何年でも、それでいいの。と、言ってもらえ、かなりスッキリしました。それでバチが当たったりしません、と。

    ただ、カウンセリングも、変なのがいるから、役にたたないカウンセリングもいましたよ。

    ユーザーID:0684725652

  • 大好きなものを考える

    私はネグレスト、身体的虐待、性的虐待、心理的拘束、経済的虐待、おまけにパチンコと競馬で作った借金も背負わされました。
    昔はネットがない時代なので、子供に借金返済の有無を調べることができませんでしたので。。。
    実母は20年前に亡くなりましたが、いまだにフラッシュバックで苦しみます。
    タバコの火を押し付けられたり、何かで気に入らないと、動物をしつけるように叩き蹴り飛ばす実母と、見ないふりをして性的虐待を繰り返す義父(実母再婚相手)が憎いです。

    今20年たちましたが、供養する気にもなれません。
    トピ主様も、苦しいと思います。よくわかります

    生き返って土下座しても理性で許せても、感情で許せないと思います
    このことが原因で、失声してしまったので

    でも、生きている間中、親への憎しみに埋もれてしまうのは嫌なので
    今は自分の趣味に没頭してます
    時折フラッシュバックは仕方ないと、開き直り、大好きな趣味のことを
    考えて気分を切り替える毎日です。
    急いで解決できるものではないと思います

    このままでは、悔しいじゃないですか?
    少しでも幸せになりたいです。

    ユーザーID:5223141119

  • 同じ経験してます。

    私も子供の頃から八つ当たりの道具にされてました。
    とにかくありとあらゆる怨み辛みをぶつけられてきました。

    気に入らないと私の持ち物は勝手に捨てられ、
    郵便物は勝手に開封され
    ビクビクしながら日々過ごしていました。

    親に心を傷つけられると消えないですよね。

    でもね。
    トピ主さまは悪くない。
    お母様が悪いのです。

    大切に大切に育ててもらうために生をうけたんです。
    それなのに
    酷い仕打ちを受けて育ってきてしまった。

    本当は愛情を注いで欲しかった。
    優しい、暖かな環境で育ちたかった。

    お母様はきっと謝りません。
    うちの母もそうでしたから。

    ユーザーID:6998287290

  • 抗うつ剤服用中。

    分かります。
    私の母は存命。飛行機の距離に住んでいます。
    離れて何年も経ちますが、体中の傷は消えないし、耳の中で怒鳴り声は止まず、夜中、自分の悲鳴で目が覚めます。
    そのうち死にたいではないけど消えたいと思い出したので、「これはまずい」と思って、お医者さんに相談して、軽い抗うつ剤を処方してもらいました。
    不思議なもので、ずいぶん楽になりました。
    どなたにも勧められるものではないけど、あれほどの虐待を受けたのだから、自分では服用も仕方ないと思っています。

    後、心の持ちようを肯定的に説いてくれる本を、意識して読むようにしています。

    ユーザーID:0450633957

  • 毒親の親も毒親

    かわいそうな人だったんですね。
    お母様を憎んで辛い・・とのことでしたら
    気持ちの持ちようをお教えします。
    その人が、そういう風になってしまったのには事情や経験や理由があった。と思うことです。
    お母様も機能不全家族で育ったのではないでしょうか?
    お母様も、ありのままを愛されたことがないので我が子を愛することができなかったのです。
    もちろん毒親に育てられても毒親にならない人もたくさんいます。
    しかし残念ながらお母様は、そうはなれない弱い人だったのです。
    そう、すべての人が不幸から学びバネにして生きられる強い人間ではないのです。
    バネに生きられた人は幸せですが
    負の連鎖を断ち切れず本当の愛を知らないままに亡くなったお母様は不幸でした。
    きっと人生の中で心から安心して安らぐという経験が殆どなかったのではないでしょうか?
    満たされることなく自分に満足できす他人の愚痴ばかり言い続けた人生。
    せっかく、あなたという子宝にも恵まれたのに、もったいない人生でしたね。

    私の母もトピ主さんのお母様と似ています。
    トピ主さんは、そんな不幸な人にならないように家族がいらっしゃれば家族を愛してあげてください。

    ユーザーID:9675897447

  • 忘れようとしなくても大丈夫ですよ

    忘れよう忘れようと思わなくて大丈夫ですよ。
    私も親のことで壮絶な苦悩を背負いました、ここには書けないくらいです。
    ただ、これだけは言えるのですが、だからと言って親のために自分まで不幸になんてならないでください、親を憎んでもご自分のことを憎んだりしないでください。おからさんは幸せになれる人です、おかあさんとは違うのです。今きっとその憎しみがおかあさんの感情と同調しているのだと思います。ですから、「死んでまで私をたよならいで、成仏してください」と毎日毎日唱えてみてください。強く強く唱えてみてください。これは自分のために言ってください。おかあさんさんの供養ではありません。
    そのうちご自分の心を取り戻すことができると思います。
    幸せになってくださいね。

    ユーザーID:7118867046

  • 投稿主です

    皆様のレス一つ残らず読ませて頂きました。励ましの言葉と私は悪くないとのお言葉ありがとうございます。
    母が死んでからも心の中で悪態ついてるなんてという罪悪感もあったのでとても心が楽になりました。しかし怒りや恨みをなくす事も許すという事も出来なくて…。でもこれは自然の、当たり前の感情なんですね。こういった感情が湧いても自分を責めなくてもいいとわかりました。また私と同じような境遇の方がいらっしゃってとても心が痛みました。その方たちの心が癒されるよう願っています。
    とりあえず私は墓の前で文句をいう、ノート等に自分の気持ちを記してみる、という事をしてみようと思います。そしてフラッシュバックがきても抑圧しないである程度認める、開きなおるというふうに考えてみようと思います。それでも苦しかったら専門家のカウンセリングを受けてみようかと思います。心のこもったアドバイスと励ましのお言葉、本当にありがとうございました。
    ちなみに母の生育歴は知っております。やはり機能不全の家庭で育ったようです。私で連鎖を断ち切るべく心の整理を少しずつしていきたいと思います。

    ユーザーID:2002301750

  • ことばは悪いですが、

    「彼女はもういない。
    私の勝利である。」と
    書いてお守りぐらいの
    袋に入れて持ち歩いてみて
    ください。

    まじないのようですが
    私にはききました。

    もう少し賢い言葉を
    書けばもっとよくきくかも。

    ユーザーID:1765980351

  • 私も同じ気持ち

    今年の秋で母の10周忌を迎える者です。

    トピ主さんと同じ苦しみを味わったのでお気持ちお察し致します。
    私の場合は、母が亡くなって3年後にたまたま口コミで凄いと
    評判の占い師さん(と言うより霊媒師さんですね)に会いに
    行った時、初対面でいきなり「隣にお母さんが来ていますよ」と
    言われました。
    まだ亡くなった事も話してなかったのでびっくりしましたが
    「母は何か言ってますか?」と訊いたら
    「生きてるうちに娘に母親らしい事を何ひとつしてやらなかった。
    とても後悔していると言ってます」と。

    人間はこの世に居る間は間違いを犯しても、あちらの世界に行けば
    何が正しくて何が間違っていたか、全てに気付くのだそうです。

    トピ主さんのお母さんも、今頃は懺悔されてるのかもしれません。

    私はいつも心の中で「お母さん、今度生まれてくる時はもう少〜し
    人の痛みや感謝の心を持って生まれてこれるといいね…」と語りかけて
    います。もう母に恨みの気持ちは一切ありません。未熟な母でしたけど
    成仏してくれていたらいいなと思っています。

    ユーザーID:9134606422

  • これでマシになりました

    おからさんまではいきませんが、似たような境遇で育ちました。

    図書館に通い、毒親に関連した本を読んでいたら
    その子供が立ち直るのに必ずやらなければいけないことが書いてありました。

    「小さな頃の自分を思い浮かべ、その子に
     『ひどい事を言われて、辛かったね』
     と言ってあげる」

    というものです。
    毎日、眠る前に自分に言い聞かせてあげました。
    涙が出ました。

    3か月くらいで、怒りが相当落ち着き、思い通りにならない時も
    自分や他人に対するイライラが減りました。

    是非お試しください。

    これからのおからさんの人生が素晴らしいものとなりますように。

    ユーザーID:6379097455

  • 毒になる親

    そういう人のための解決法が「毒になる親」という本に載ってました。
    ずいぶん以前に書かれたアメリカ人の著書による本ですが、今の日本人が読んでも違和感なくリアリティが感じられます。

    トピさんのような体験の事例も出てきますし、親が既に他界している場合の対処法も書かれてました。
    私は親が存命でトピさんとは違うケースなのですが、参考にはなりました。存命の場合の対処法には賛同出来なかったのですが、他界されていて尚、親への負の感情に苦しまれている場合には役立つのではないかと思います。
    よければ一読してみてください。

    ユーザーID:8081899863

  • オススメの本があります

    お気持ちお察しします。
    私自身も他人に対する怒りや自責など、感情の起伏に疲れた時にバイロン・ケイティさんという方が書かれた本に出会いました。
    数冊出ているのですが「人生を変える4つの質問」「探すのをやめたとき愛は見つかる」あたりはいかがでしょうか。
    この本の良い所は、ただ読むだけではなくて自分の心を客観的に見れるようにワーク出来る所です。
    最初は(珍しいのですが)とにかく他者を否定する所から入ります。そこから少しずつ、様々な角度で分析していくという感じです。
    他の人たちの悩み(あの人が○○してくれない、あの人が許せない、謝ってほしいetcの悩み)も対話形式で読み進めることができるのでわかりやすいと思います。
    私も様々な本を読んでみたのですが、この本は今の所すごく効果的だと感じています(私もまだ実践途中です)。
    主様の対象のお相手はもうお亡くなりになったという事ですが、何かしらヒントがこの本の中に見つかれば良いなと思いつつご紹介させていただきました。
    どうか穏やかな心に戻ります様に。。

    ユーザーID:2678261703

  • 当たり前のこと

    10年は、まだ10年と短いからかなあ。
    憎しみの気持ちが消えるのはまだまだ先のことだと
    思います。
    そういう気持ちになることは当たり前の
    ことだとおもうので、罪悪感になやまされずに
    いてくださいね。

    30年40年たったころに許せるようになるかもしれない。

    ユーザーID:1214501313

  • 吐き出しましょう

    40代半ばの女性です。おつらいですね。わたしの実母も存命中ですが、同じような感じで育てられました。だからいつか直接言ってやって復讐してやろう、などと思えるのでまだラクかもしれません。亡くなっていたらもっとつらいかもしれません。

    わたしも最近、結婚生活がうまくいかないなどの悩みがあってとうとう心療内科にかかりました。カウンセリングも受けました。現在の悩みを話しているうちに、やっぱりお医者さんやカウンセラーはわたしがどのように育てられてきたのか、ということを聞くんですね。それで生まれて初めて夫や友人以外の存在に母への恨みつらみをずっと話しているうちに結構楽になってきました。話している最中に思いがあふれて泣いてしまうんですけどね。抗うつ剤も処方されました。

    苦しい胸のうちは吐き出して下さい。吐き出さないと永遠に楽になれずに、本当に病みます。多少費用もかかりますが、必要なことです。専門家相手に話を聞いてもらいましょう。頑張って下さい。というより、一緒に頑張りましょう。

    ユーザーID:8654106512

  • 子は親を選べない

    他の方のレスもざっと読みましたが 私自身の事も踏まえて やはり 忘れる ことしかないと思います。

    物理的な虐待もさることながら 言葉の暴力も 子供にしてみると かなり きついものですよね。

    今にして 60歳を前にして思えば 親も人間で 子供が命と言う人ばかりではないと理解できますが 小学生の頃 それを 理解せよと言うのは 無理です。

    歯の矯正 習い事 体調など 今にして思えば 親が もっと 気を使ってくれれば と 思う事は山ほどあります。
    うちも そういう意味で毒親 自分の事しか考えていない親だったので 老後 どうなろうと知った事ではないですが そうすることで 自分なりの制裁を与えているんでしょうかね。

    歳をとって困っている親を ざまあみろと思う。
    一般の人が聞けば 親不孝と言うでしょうが うちは違う。

    いなくなればいい人は いなくなりますが だからと言って 恨みつらみが消えるわけではない 所詮 自分が消化するしかないと思います。

    平穏な家庭に育ったにも拘わらず 毒親になるケースも当然あり。
    と言うより 性格の問題でしょうね。

    主さん ファイトです。

    ユーザーID:4537587479

  • 恨み疲れるまで恨む

    恨みましょう。
    恨み疲れて「もうどうでもいいや」って思えるまで。

    毎日毎日、朝から寝るまで、ずーっと母親を罵倒しましょう。
    殴ったり、蹴ったり、ありとあらゆる暴力を振るい、罵詈雑言をあびせかけ、
    泣き、わめき、できる限りのことをやります。

    それを5年でも10年でも続けますと、
    ある時「もうどうでもいい」という瞬間が訪れます。
    「時間の無駄かも」って思える瞬間が増えてきます。
    そうなるとトピ主さんはやっと恨みから解放されていくと思うのです。

    たまに思い出しては「母親め!」と恨むくらいになりますよ。
    10年恨み続ければ1日くらいは許せる日が来ます。
    苦しいかもしれませんが、親を恨んで泣けば一時的にスッキリもします。

    親は恨んでナンボと思って恨みましょう。
    トピ主さんがいつか解放されることを祈ってます。

    ユーザーID:6112731456

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧