あなたの人生でぶっちゃけ、学歴って役立ちましたか?

レス272
お気に入り532
トピ主のみ3

編集部

編集部

このトピのレス

レス数272

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
181210 / 272
次へ 最後尾へ
  • 70才です

    高校が進学校でしたので、ほとんどが進学しました。
    とは言え女子は親の方針で短大や地元の大学の人多かったような。
     私は芸術系でしたので都会に進学しました。
    50年前ですので環境や勉強内容、高名な教授陣、友人達、すべてが魅力的でした。
    仕事にも不自由はなく、楽しんで続けることができたと思います。

    ですが世の中には色んな社会があり、
    この年で新しい集団に溶け込もうとすると学歴を隠したほうがいいのではないかと思われる場合もあります。

    何といっても大学に行かなければ会うこともなかったであろう全国から集まった個性豊かな友人達。
    時間が自由になった今、再び友好を温めあうことができるのが一番の幸せです。
    その当時一応お嬢さんやお坊ちゃんだった人たちが若いころの意志を貫き堅実な生活をしているのを垣間見るのも嬉しいことです。

    ほんの一握りしか進学できなかった時代に理解してくれた両親に感謝してもしきれません。

    ユーザーID:5323718452

  • 役に立ちました!

    中部地方在住の40代女性ですが、学歴、役に立ちまくりです!

    私はその地方で一番と言われる旧帝大に通い、そこで夫と出会えました。
    結婚することになったときも、夫と同じ大学ということで夫の両親から歓迎され、とんとん拍子に話が進みました。
    義父母は、高学歴に育てた息子が、低学歴のしかし外見だけは良い女性にひっかかる事を警戒していたようです。
    旧帝大卒の女性なら息子の相手として申し分ないと、結婚後も何かと良くして下さいます。
    出産した後も、子供の勉強をみてあげることができます。

    今は子供がある程度大きくなったので、子供向けの英語教室の講師をしています。
    比較的高時給なこの仕事につけたのも、学歴とそれを得るための勉強のコツや集中力があったからだと思います。

    ユーザーID:0729082538

  • 学んだことが大切

    「学歴が役に立っているか」と聞かれたら、
    「生きていく上で学歴は関係ない。」かな。

    でも、学んだことは毎日の暮らしにとても役に立っていますし、
    先生や親に感謝しています。

    ユーザーID:2898592730

  • 就職への指定席切符

    50代女性
    私は資格を取るための短大へ進みましたが、途中で子育てでキャリアを十数年断っても、いまだに、転職も再就職も楽々です。

    息子は東大卒。
    「高学歴プア」とマスコミで報道されていて、私も息子も、少し心配していましたが、蓋を開ければなんてことはない。
    まず、第1次で(書類選考)で落ちる事なんて皆無。
    クラブもしていて社交的だったこともありますが、「就活」らしい就活もせず解禁の6月には決まってました。

    今後は、自分の実力次第。学歴だけじゃ務まらないでしょうけれどね。
    それは私も同じです。資格持ってるだけで、使えない人、多くて困ってます。
    幾つになっても、日々勉強、日々努力ですよ。

    ユーザーID:2885257078

  • 4年制大学就職難の時代に卒業しました

    普通のオバサンの私にとって役に立ったか否かは微妙ですが、大学を卒業して困ったことは一つもありません。

    小学校から高校まで基督教系の女子一貫校、大学が初めての共学でした。
    学友達も大半が都心の大学へ進学しています。
    大学受験時に進学先で両親と考えが合わず、学費を出す側の意向に従いました。
    今更どうにもなりませんが、こちらが唯一の反省点です。

    上場会社に勤務するならば、当時売り手市場の短期大学へ進学でしたが、迷わずに大学を選びました。
    明治生まれの祖母、大正生まれの伯母、昭和生まれの母、叔母も全員が大卒という家庭環境でしたから他の選択肢はありませんでした。

    新卒で採用された会社も大卒女子は全員が縁故でした。
    女性適齢期をクリスマスケーキに例える風潮があり、就職後、数年で寿退社が当然の時代で30歳までに第二子出産と世の中から常に急かされていると感じました。
    優秀な学友達も結婚後の海外生活以降は殆どが専業主婦ですが、学歴がなければ、今の生活は有得ないと話しています。
    今年まさかの還暦突入で、できれば長生きをして同窓生に恥じない高齢者でありたいです。

    ユーザーID:4521114495

  • 私は役に立ちました

    50代女性、英語圏に住んでいます。80年代にW大学を出ました。実際に学んだ科目が役に立ったというよりも、大学の4年間で知り合った人たち、そして、その後の人生のターニングポイントで、同じ大学の出身ということで、いろいろ融通をしてもらったり。絶対に役にたってます。留学のための奨学金の試験でも、審査員の半分が同じ大学の出身者だったり、海外にすんで、右も左もわからないときに、同じ大学の後輩ということで、就職先を世話してもらったり。帰国して就職した先も、この学歴がなければ、間違いなく不可能なところに就職できました。私の子供たちも、大学進学の年齢になりましたが、ちゃんとした大学に行ってもらいたいと思っています。よく、学歴がなくとも実力さえあればといい、学歴がなくても成功した例を挙げる人がいますが、学歴がなければ、つかめない仕事はたくさんあります。けれど、学歴があるからできない仕事はありません。知人が、学歴は食洗器のようなものだと言ってました。絶対に役に立つ、そんなもの不要で意見が分かれますが、不要という人は実は持ってない人が多いですよね。今の若い方々にも、ぜひ大学進学してもらいたいと思います。

    ユーザーID:5920155367

  • 少なくとも学歴で進路を阻まれたことはない

    東海地方在住、40代女性です。

    私は旧帝大で学士、東大院で修士、米国の大学で博士をとりました。
    研究職なので、学位は必須。
    学歴(=学位)なくして今のキャリアはありません。

    とはいえ「学歴」というと、日本では、どの学位を持っているかではなく、どの大学に入ったか、ですね。
    どの大学を出たかで言うと、研究職なら研究環境、人脈からいって少なくとも研究大学を出ることは必須だったと思います。
    今はいわゆる教育大学で教えていますが、院進学を希望する学生には研究大学の院に進むように言っています。
    中堅以下の私大の院に進む学生さん(しかも研究者志望)を見ると心配になります。
    余計なお世話でしょうが。

    学士・あるいは修士で就職されるなら、あまり関係ないかなという印象です。
    仕事上色々なベンチャー企業とお付き合いがありますが、いわゆるFランク大学卒業の方々が活躍しています。
    お話すると、とても色々見えてらっしゃるなぁと感服することも多いです。
    大企業だと弾かれるかもしれない大学卒の方々は、ベンチャーにも目を向けてほしいと思います。

    ユーザーID:7599632260

  • 卒業高校と資格、大事です!

    学歴大事ですよ。
    結婚して、ずっと専業主婦です。

    40代後半に子育て終わり、さあ、何か仕事をしたいと思い、考えました。
    持ってる資格は教員免許だけです。
    それで教育委員会に登録したら、しばらくして臨時の教員が言ってきました。
    学歴と資格は大事ですよね。

    地方にいるので、地元では卒業した高校でランクを判断します。
    大学は、県外に行く人も多くて、ランクの判断が難しいのです。

    地元では、就職も結婚も卒業高校のランクで判断します。

    もちろん、大学でとれる資格はもっと大事ですよ。

    最近、子供のために結婚相談所の説明を聞いたら、親の学歴も記入するように言われました。学歴で、相手の家庭の生活レベルや知識レベルがわかるからということでした。

    ずっとついて回る学歴、大事ですよ。

    ユーザーID:5184208418

  • 役立ちました

    海外在住40代兼業主婦です。
    院卒の学歴は、希望職種への就職転職に必要でした。ビザ取得にも学位は役立ちました。夫とも在学中に出会ったので、学歴がなければ全く違った人生になっていたと思います。

    ユーザーID:9216157118

  • 私は役立ちました

    学歴というと就職活動の時などに使うというイメージですが、私は地方から都市部の大学に進学したことがとても大きかったと思っています。
    1年間の寮生活と3年間の1人暮らしを経て社会人になりましたが、いろいろな地方から上京してきた友人たちとの出会いや大学生活は、様々な発見や気づきがあり、自分を成長させてくれたところがあったと思います。
    振り返ると、結局は自分の心がけ次第であり、地方で進学して自分を成長させることができる人もいると思いますが、私は無理矢理、親元を離れ、都市部に出たことに意味がありました。
    都市部に行きたいとかこんな大学生活を送りたいという憧れがあったわけではなく、たまたま滑り止めで受かった学校が都市部だったという、行き当たりばったりの選択をするような私だったからです。
    将来の夢があるわけではないという人こそ、思い切って、親元を離れて遠方の大学に進学してみることを進めたいです。

    ユーザーID:8384206662

  • スタートラインには立てる

    50代女性。東京出身です。スポーツ選手や有名アーティストのように好きな事をして収入も多い人はごく一部で、それ以外の多くの人は生活の為に仕事をしていると思います。起業する人以外は会社員など雇われの立場です。それなりの企業なら大卒を条件にしているでしょう。大学卒業が今は標準かと思います。

    私の両親は10代半ばで終戦。父は旧制中学を自ら中退し、商家に住み込みの職を得て、その後暖簾分けをしてもらい自分の店を持ちました。反骨精神から頑張って都心に家も建てました。酔うとよく「あのまま学校に行ってたら今頃は〇〇銀行(大手都市銀行)の支店長だ」とよく言ってました。よほど悔しかったんでしょう。

    同い年の女性は北関東出身で一浪したけれど大学に合格せず、学歴は高卒でした。華やかな業界に勤めていたけれど、コンプレックが相当あり気の毒でした。私は大した考えもなく受かった大学に行き証券会社に入社しました。当時中学、高校卒業の同期もいましたが、今は採用あるのかな?

    大学は行った方が絶対にいいです!行かないから手に職で頑張って!その先の苦難がある覚悟を決めて下さいね!私は下の子も大学に受かりホッとしてます。

    ユーザーID:1778754587

  • 学歴は常に私の後押しをしてくれています

    学歴、とても役立っています。
    基本的な能力(面倒なことに取り組む姿勢、調査や勉強の能力、基礎教養など)のシグナルなので。

    私の場合は、1回目の就職(一部上場企業)では、大学名そのものが役立ちました。早期選考でした。

    1度めの職場は、華々しく大型倒産。系列会社まで含めると10万人単位の失業者が出ました。面白いことに、次の就活でも、学歴が高い元同僚から、再職業が決まっていきました。おそらく、学歴と実務能力の間に正の相関関係があったからだと思います。私は、1度めよりも良い職場に決まりました。

    3度目の職業に就くまでに社会人大学院を出ました。
    これもバッチリ役立ちました。知識も増え、視界も広くなり、職業選択の幅も広がりました。英語力や統計データを読み解く・分析する能力もついて、3度めの職業では年俸も大きくアップしました。

    学歴は、私の後押しをしてくれる存在です。前を切るのは、仕事の実績や経験値や社会で得た人脈。でも、ジワジワと後押ししてくれるのは、学歴や学校時代の友人でした。

    自分の子供には、できるだけ質のいい学校に行った方がいいと、伝えています。

    ユーザーID:3385053979

  • 役立つ時はいつか来る(ただし今ではない)

    (地元ではそこそこ)国立大学(ただし地元以外ではほぼ知名度はない)を卒業した、当時最悪の就職氷河期にぶつかったアラフォーです。
    「女で大学(笑)」「女は家庭にいるほうが」という言葉もさんざん浴びました。
    >大学時代、もっと自分磨きをしておけば…と、後悔しました。
    お気持ちはわかりますが、当時、ネット上の情報もそんなに充実していなかったし、そんなに資格も乱立しているわけではなかったですよ。
    お互い、できることの全ては全力尽くしてやってきたのではありませんか?
    というわけで、私も希望通りの進路を必ず選べたわけではありません。異種業の職種に進みました。
    そこも早々と不況で潰れましたが(笑)。
    ただ、そこで身につけたことが(いくつもの会社からお祈り文書が来ましたけどね)その後の職場で評価され
    その職場を退職した後で(その後もいろいろお祈り文書が来ています)その後の職場で評価され
    今の職場では大学時代の知識が役に立っています。

    案外、忘れた頃に、ああ、あの頃身につけたこと(や人脈)に助けてもらったなあと思う時が来るものです。

    お若い皆さん、自分のことも他人も、大事にしてくださいね。

    ユーザーID:5234247374

  • 役に立ちました、月収が100万円ほど異なります

    まず、日本は、アメリカやヨーロッパと比べたら、随分穏やかな学歴社会だと思いますが…

    あくまで私の業界は、という条件付きです
    普通の国立理系院ですが、専門卒では携われない案件を選ぶ事ができます
    そこで月に100万円から200万円の差がつきます
    ある意味で実力主義の世界なので、仮に大学を出ていなくても、自分で自分の実力を世界に知らしめて名前を売れば問題ないんですけどね
    そんなことするより大学に入るほうが、はるかに楽ですから…

    学歴が必要な世界に行くにせよ、そうじゃないにせよ、仕事を始めたら、そこから自分がどれだけ信用を築いていけるかという事だと思います
    自分で築いた信用に勝るものはないと思います

    ユーザーID:9146103529

  • 保育士の資格をとるために短大に行きました。

    私の両親は中卒ですが、特殊な資格をもって仕事に就いていたので、お給料は普通のサラリーマンよりよかったみたいです。とにかく資格をとれ!という方針の両親でしたから、短大の保育科に行くならいいって感じでしたね。
    短大を卒業して十年以上保育園で働きました。結婚を機に一度やめましたが、パートで再就職するときにすぐに採用されました。
    保育士になって思うのは出た学校はあまり関係なくて、とにかく人柄が大事だと思いました。あと再就職するときは職歴が大事だと思いました。十年以上同じ保育園で働いていたらそれなりにスキルはあるから、そこは評価してもらえると思います。どこの保育園に行っても働く自信があるのは職歴のおかげです。
    私の場合、学歴というより資格があってよかったと再就職してみてつくづく思います。保育士のお給料は安いと言われてますが、他のパートと比べると時給は200円くらいは高いですよ。

    ユーザーID:2007404756

  • 日本よりアメリカは学歴大国

    都内の一流私大を卒業しました。以下が役に立ったと思うことです。
    - 新卒で有名外資系企業にすべりこめた。
    - どこに行っても、誰と会っても引け目を感じない。
    - 同窓生が世界各国にいて、けっこう活躍している。

    また、大学で交換留学、その後、米国の大学院にも行きました。その学歴はもっと役に立ちました。
    - 修士号が米国での現地就職や永住権取得に役にたった。
    - けっこう有名な学校に行ったので、米国生活で引け目を感じることがなく、同僚との共通の話題も多い。

    今から振り返ると、日本より米国で学歴が役に立ちました。日本では、新卒時(や一部の職業)を除けば、後は「周りの人々の反応が違ってくる」という目に見えない効果にしか過ぎないと思います。しかし、米国ではビザや永住権、就職時に直接的な影響がありました。

    もし周囲に海外留学や就職を希望していらっしゃる方は、ぜひ「大卒(レベルは問わず)」を勧めてあげてください。

    ユーザーID:1545518954

  • 採用に関してはますます学歴重視になっていると思います

    数万人規模の企業で人事も担当したことがある管理職(旧帝大卒、バブル期
    入社)です。
    バブル期は大学名にこだわらず体力や根性のありそうな学生なども採用して
    いましたが、長らく景気は低迷し、買い手市場が続いていますから、超一流
    企業に入るには超一流大学を卒業していないと難しいです。
    インターネットでの採用受付が広まったことで、難関大学以外からのエン
    トリーは受付をすぐ締め切ってしまう企業も多いそうです。
    大学名だけで門前払いになることもありうるということです。
    したがって、「〇〇大学卒」という肩書は少なくとも就職の際には大きく
    影響すると言ってよいと思います。
    一部のIT企業など、新興の企業の中には学歴一切不問というところもある
    ようですが、それは、真に高い能力を持っている人だけ雇用するという意味
    ですから、相当の覚悟と入社後の努力が必要になるしょう。
    大学で学んだことが会社で役に立つかということに関していえば、大学での
    専攻と入社後の職種がマッチするかにかかるでしょう。でも、広い意味で、
    大学で学んだ教養は会社に限らず社会生活で役に立ちますよ。

    ユーザーID:6059297313

  • 看護師の世界

    私は高校後、看護専門学校を出て看護師をしています。
    友人は、国立大学の看護学科を出て、大学院まで修め、看護師をしています。
    同じ看護師ですが、大学院まで出た友人は、臨床看護師(普通の看護師さん)だけでなく、師長、部長と出世していくことができます。
    さらに、大学で教鞭をとることもできます。大学は保健師を取得できるので、保健師になることもできます。
    専門学校卒業のわたしは、臨床看護師でがんばっていくのみです。
    国家資格の特殊な世界の中ですが、やはり学歴がある方が、出世、働き方に多様性が出てきます。

    ユーザーID:7028634291

  • 記載し忘れました

    すみません、先ほど自身について書き忘れました。海外在住、40代、女です。

    ユーザーID:0097323822

  • ない。

    私は千葉県在住、46歳、女性、国家公務員です。
    高卒で公務員になりました。
    父に「公務員は学歴社会だぞ。」と言われましたが、なんとなく自分に自信があったので、「何とかなるだろう。」と判断しました。
    結果、大正解です。
    私の年代が大学に入ったあたりにバブル崩壊があり、四大卒でも就職が難しい氷河期に突入しました。
    私は、その間にスキルを積み、ある程度のベテランになりました。
    仕事も面白くてのめり込んで、今、46歳。
    学歴にコンプレックスや引け目を感じたことは皆無です。。

    もちろんキャリアより出世は遅いですが、その分、現場をしっかり経験しているので、発言にも強みが出て、自分が変えたいと思ったことは、変えるだけの力を持てるようになりました。
    でも、いま大学受験を控えている息子に「学歴は関係ないよ。」と話しても
    「お母さんが、感じていないだけで、周りはお母さんを学歴で蔑視しているかもよ。」と言われました。
    「そうなのかなあ。」とは思いますが、時代が舞い戻っても、私はやはり高卒で就職を選びます。
    ただ、優秀な方は大学でキャリアを積んでください。

    ユーザーID:5186757511

  • 学士の資格は無駄にならない

    大学出ても役に立たないとか、学歴は関係ないとか言いますが、その人が生きている環境によると思います。

    多くの人は凡人なので、大学のために受験し、大学で少し深い勉強をし、就職活動をすることは、経験上役に立ちこそあれ、無駄にはならないと思います。

    中卒・高卒でも、もちろん、経験からいろんなことを学ぶことのできる人はたくさんいますが、多くの人はそれほど才能がないので、環境がそれらを教えてくれるのだと思います。

    大学で勉強した内容は直接実生活に役に立たないことが多いでしょう。ただ役に立つ技術・技能を身につけるなら、専門学校に行けばいいと思います。思考を展開し、まとめ、人に伝えるような経験、または難しい内容を論理的に考えていくような経験は間接的に役にたつことだと思います。周りの人や子供との会話などに興味をつなげていけるのも私が大学でいろんなことを勉強したからだと思っています。

    ちなみに私は大学の教員なので、学歴・研究歴が全ての世界で、採用も応募書類と教授の推薦状のみで判断されました。KYですが、誰からも文句言われず。学生は不満に思っているかもしれませんが、面と向かって言いません。

    ユーザーID:4679304282

  • 学歴は盗まれない財産です

    50代後半です。同世代では短大卒が多い中で超進学校にいたので当然4年制の大学卒業です。
    当時は25歳を過ぎたら行き遅れと言われる時代だったので短大卒が多かったですが、しばらくすると4年制の女子社員が多くなり、後輩は4年制卒で先輩は短大卒というパターンが多くなり、短大卒の人は肩身が狭かったみたいです。

    私はOL(死語ですね)を経て資格試験を取り人に教える立場になりました。やはり4年制卒というのは武器になります。生徒さんも短大卒より4年制卒と最初にチェックするのは教師の学歴です。

    50歳過ぎて私のスキルをあまりよく知らない企業や人から仕事のオファーが来るのは、偏差値の高い学校を卒業しているからだと思います。

    学歴は盗まれない財産だと思います。

    ユーザーID:6482552532

  • 私はホモ・ルーデンス

    首都圏在住30代女です。

    ランキング表により評価が変わるのですがAかBの国立大修士です。
    受験勉強向きの性格ではないので、無勉で受けて受かったところに行きました。

    夫の仕事の関係の転職を何度かしましたが、門前払いには遭ったことがありません。
    給料も下がっていません。
    (私は濃密な対人関係が苦手で、医療系ではありません。進路決定の際は適性を考えた方が良いと思います。)

    転職に困らなかったのは学歴のおかげかペーパーテストの結果のおかげかは分かりませんが、持っていて邪魔になるものでもないですし、親に感謝しています。

    子供には、「大学は職業訓練校ではない。学問を楽しむ場。
    そして、お母さんにとって、楽しみながら教養を身につけることが出来たのは大きい。」と教えると思います。

    ドストエフスキーをどう読むか、第三外国語、過去の判例の解釈等々。
    自分の専門分野と異なっていても、これらは私の人生を豊かにしてくれています。

    人生には無駄やゆとりも必要かなと思います。

    ユーザーID:2469628745

  • ドヤ顔は出来るけど

    学歴言えば、一目置かれるし、信用にも繋がります。
    それが即職場で役に立つかどうかは別問題。
    職場によるとしか、、、

    実際、東大工学部卒の先輩が、車のタイヤがパンクしたといってオロオロしてたけど、高卒の修理工場出身の同僚が瞬時に修理してましたもん。

    それと以前うちの会社にハーバード大卒の人がいましたけど、プライドばかり高くて、会社にとってはただのお荷物的存在でした。
    選ぶ職種を間違えたんでしょう。

    ユーザーID:6372892384

  • 微妙

    人口30万程度の自治体行政職地方公務員です
    公務員試験は高卒・大卒と学歴で分かれているので、その入り口で大卒を使ったといえば使ったくらいでしょうか

    地元国立大卒
    今から30年ほど昔、進学の為に地元を離れ、少しでも偏差値の高い大学(東京方面)へ進学するのが普通でした
    地元の大学へ自宅から通うなんて恥ずかしい部類に入っていたと思います
    子供と進学の話をすると、これは今もそうかもしれませんが
    何故何の資本もない場所へわざわざ単身で行くのか、私には分からないんですよね
    地元なら、人脈・(親のだけど)資産・安全など生きるのには困らないでしょ

    就職当時、就職に有利なのは断然短大卒でしたね

    取り立ててやりたいこともなく、教育学部でもなかったので、普通の公務員試験を受けました
    進学でさえ地元自宅を離れなかった私です
    もちろん地元の公務員です

    政府が掛け声掛ける前から、世の中は女の人が働くように変わってきていたからね
    今や、もう黙ってても出世してます

    学歴より仕事
    そして続けることの方が大事だと思いますよ

    ユーザーID:2381062460

  • 役に立ったのと幸せの主な材料になったのかは違います。

    大卒です。
    ぶっちゃけます。
    私は勉強は得意でしたので大学には行く気でした。
    しかし家庭環境は最悪だったので大学の費用はそれなりに自分も負担するという前提でした。
    当時から大卒の肩書は邪魔には絶対ならないと思っておりましたのでその通りに大卒の経歴がほしいだけで進んだ大学で全く勉強しませんでした。
    というか学費を工面するのに勉強どころではなくなるという本末転倒状態でした。

    結果それなりの会社に入れました。
    年収も悪くないです。
    そういう意味では役に立ったと回答するしかありません。

    でも強く思います。
    役に立ったけど必然ではないと感じています。
    大学を目指そうとする人はそれなりに志がありますから、そういう人と知り合いになれるとか、そもそも求人が出身大学の種類に寄らず大卒が条件というところも多いので。
    そういう意味では安パイな人生になれる確率は大きいかもしれません。

    でもそれが幸せなのでしょうか?
    私はなまじ学歴があったせいで冒険する人生におびえてしまいました。
    ゆえにお金に困らないだけのつまらない人生になってしまいました。
    お金は大事ですが、それだけでは人生色あせてしいます。

    ユーザーID:5135652420

  • 私は必要ありませんでした。

    専門学校卒です。現在28歳、女性です。
    入試も無く、面接だけで入れる学校だったので
    高校3年の5月頃には進路が決定していました。
    専門学校卒業後は一部上場企業に就職。
    同期に日本最難関の大学出身の子がいたり
    私以外みんな4年制大学の子でした。
    専門卒でも行きつく先は大学出た子と同じと思うと
    学歴っていらないなぁと思いました。
    高卒だと仕事が限られてしまう事もあるけど、
    専門卒って資格も取れるしいいなと思っています。

    ユーザーID:1813054808

  • 役立ちました

    といっても進学先が短大とはいえ音楽学科だったこともあります。
    普通に銀行なども受けましたがダメで、
    結局は地元の音楽教室の講師になりました。

    教室の方から短大へ求人が来ており、そのまますんなりと。
    短大でも音楽科だったので就職できた、ようなものです。

    50代ですが、結婚する時も大卒ではないけれど、専門学科だったので
    女性の方が学歴が低いのは大きな問題ではない、
    高卒ではないし、という扱いでした。

    ユーザーID:0373466363

  • いや、役に立ってない!!資格の方が

    結局、大学出ても、その頃はバブルはじけて、入った会社も、パワハラで、3年でやめて、結局、資格を取って、自営をしています。

    ということで、私的には、役に立たずで、子供にも、敢えて、大学を進めることはせず、資格を取れる学校に行くことを進めています

    ユーザーID:5259465992

  • 学歴は必要

    40代女性、中核市在住です。旧帝大→現在、公務員。既婚、子どもあり。
    ・論理的思考が身に着く。筋道を立てて説明することができる。
     おそらく数学で理論的に回答を導き出す訓練をしたことと、大学時代にかなり多くの文献を読むので、文章慣れしたためでは。
    ・仕事で問題が起きた時など「何が課題か」「どう解決するか」を判断し、上司や 部下に説明できる。
     受験勉強やテスト前にどう効率よく勉強するかを考えていたので、そういう手法が身に着いたのかも。
    ・日本全国から生徒が集まるため、いろんな考えの人がいてすごく刺激になった。高校までは狭い世界で生きていたのだと思い知った。世界は広く、まだまだ知らないことがあると知ることは若いうちには必要なことだと思う。
     世界が狭いと、相手を許容することができないと思う。自分の生きてきた世界がすべてだから、それ以外の考えややり方を想像できないのでは。
    →なので、大学に行かなくても、論理的思考ができて、広い世界に接する機会があるならそれでもよいとは思いますが、そんな機会はない人は大学に行くことで自分の世界を広げることができるのではと思います。

    ユーザーID:5256618536

先頭へ 前へ
181210 / 272
次へ 最後尾へ

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧