外国人夫の「惜しい!」日本語(雑談)

レス57
(トピ主2
お気に入り399

生活・身近な話題

おたまじゃくし

雑談トピです。

日本在住、夫は外国人。
私も夫の国の言葉を一応話せますが、夫も日本語を勉強中です。

夫の日本語を聞いていると、今まで考えもしなかった日本語の難しさがわかり、日本語ペラペラの外国人はすごいなぁと思います。

私:(洋服2着持って)どっちがいいかしら?
夫:どっちもどっち (どちらもいいと言いたかったらしい)

私:イルミネーション、どうだった?
夫:ピッカピカだった
(私:言いたいことはわかるし、間違いではないかもしれない。その表現を知っているのもえらい。でも、ふつう日本でピッカピカというのはキレイに磨いたものを言うんだけどな。でも、ピカピカするって、動詞なら言うかな。ん〜説明できない)

こんな風に「惜しい!」ということがよくあります。
私も英語のいかにも口語的な表現やスラングなどは、使うのを避けています。
ちょっとしたニュアンスが違うと変に聞こえるだろうと思うので。

擬音語、擬態語を、勉強で身につけるのは難しいですよね。
あと、夫の日本語が(私から覚えているからか)微妙に女性的なのも気になります。

外国人の夫(や恋人や友人)をお持ちの方。
こんな「惜しい!」日本語があったらお聞かせください

あと、微妙な間違いをいちいち訂正するかどうかも教えてもらえると嬉しいです。

ユーザーID:5471550076

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数57

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちも外国人配偶者

    アメリカから10年前に家族で帰国し、当時小学校低学年だった娘たちは
    あっという間に日本語がベラベラに。
    主人は言語学のPhD保持者で、日本の大学で「英語で」教えているため
    普段日本語を必要としませんが、日本語は頑張って勉強しています。
    オンラインだったり、語学学校に通ったり。

    Onomatopoeiaが面白いらしく、キラキラとギラギラ、
    バチャバチャとベチャベチャなどの違いをよく質問されます。

    「待ち合わせ」と「打ち合わせ」は辞書によると両方共 Meeting と記されていて、
    説明をすると、じゃあ「打ち合わせ」と「会議」の違いは?と細かく聞いてきます。

    オンラインレッスンのフレーズをよく電車に乗っている時に私相手に
    練習するのですが、「父のいびきはおおきいんだ!」という文を
    私に置き換え「はるのいびきはおおきいんだ」と役者のような言い方をして
    周りにクスクス笑われました。

    普段ネイティブが考えて使わない事を聞いてくるので、調べたり、細かいニュアンスを
    伝えたりするのが大変な時もありますが、笑い話も増えて楽しいです。

    ユーザーID:8636083721

  • ちょっとシモ

    夫ではないのですが昔の同僚のアメリカ人、

    すれ違った女性のことを「今の女性、足のつけ根がきれいでしたね」
    (足首が、といいたかった)
    一緒に歩いていた日本人同僚、「おいおい何が見えたんだっ」

    同じくアメリカ人の同僚新人女性、入社の挨拶のときに
    「皆さんのような素晴らしい同僚と関係が持てて嬉しいです」
    聞いていた日本人同僚「わおっ関係をもってくれるのかっ」

    聞いて盛り上がった日本人はどちらも同じ人たち、盛り上がるほうがバカよね、と
    女性陣は冷たい視線でしたが・・・。

    ユーザーID:2713778226

  • いつも笑わせてもらってます。

    日本語を漫画とゲームで覚えた夫(学習歴20年)は、日本語に不自由しない(英語訛りも出ないため、日本人が話してると間違えられる)レベルですが、さすがに語彙となると日本人と同じというわけにはいかず、いろんな間違いをします。

    鰹節は「干して作るんだから、かつおぼしのはず」と照れ隠しで言って以来、頑として「かつおぼし」と言い続けていたと思ったら、暮れに会社を辞めて大学に戻った夫、現在私の仕事が唯一の収入源であるため、「○○ちゃん(私)は我が家の人柱だよね」…って、大黒柱の間違いでしょ!とか。

    漢字の読み書きもできるので、日本で日本人相手に事務仕事が出来る(出張時に通訳を必要としない)レベルですが、耳で聞いた言葉を音で再現するのが難しい(鰹節の例)だったり、似たような言葉と混ぜて覚えてたりしますね。

    本人が「正しい日本語を覚えたい」と言うので、基本的には訂正しますが、あんまり面白いのは放っておく場合もあるかな。日常会話では別にいいやと思うけど、仕事で使う言葉はかなり直しますね、やっぱり。
     

    ユーザーID:9478057105

  • かなり流暢に話せるのですが、それでも笑える

    日本在住10年で、その前から日本語の勉強をしているので、発音もほぼ正確。

    日本では女性を花に例えることがあることも知っていました。
    立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花
    大和撫子etc・・・

    外国人らしく、一生懸命妻を喜ばせようとします。
    芍薬よりも牡丹よりも百合よりも撫子よりも君は美しい。
    例えるなら・・・



    ・・・・



    ・・・・彼岸花のようだ。。。


    彼の目には綺麗な花に見えたのですね。。。

    イヤイヤ毒草(球根に)だし!と言うと、綺麗なバラにはトゲがあるよと。
    コリャ一本取られた・・・とはならずに、別名地獄花だと教えてあげました。
    あまり良いイメージの花ではありませんね。

    あとは絶対分かってるクセに、私が怒っていると「ん〜ちょっとワカリマセン。ゆっくり話してクダサイ」と言います。
    急に外国人になるなー(笑)

    >微妙に女性的なのも気になります
    わーかーるー
    「ワタシんちに集合ね♪」
    「あら、ステキ!」
    男の人があまり使わない言い回しをします。
    どこの女に習ったんだか(怒)

    あ、ワタシか(汗

    ユーザーID:0122315263

  • 思わず出てきました

    以前、日本語を教えていましたが、

    身体の為に、色の濃い野菜を食べるように言いたかったようですが、
    ”色っぽい”野菜を食べてください、と言われて吹き出してしまいました。

    ユーザーID:2476023379

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 夫ではなく、息子の日本語で

    夫(英語圏出身)は、あまり日本語を話しません。夫の国に暮らしています。
    子供達(すでに二人とも大学生)が生まれてから、ずっと私が子供に日本語を毎日教えていました。これは息子のよく間違えていた言葉ですがー『遠ざかる』でなく『遠さがる』『しめりけ』でなく『しとりけ』。確かに遠ざかるというより『下がる』でも良さそうな?『湿る』は『しっける』ともいうので『しとりけ』でもいいような??
    それから、日本語上達のために、毎日日本語日記をつけさせていましたが、一番苦労していたのは、友人の名前をカタカナ表記にすること。例えば『ディラン君』と言う名は『ディリン』とか何か耳に聞こえたように書いていました。

    ユーザーID:8576126678

  • 我が家も!

    我が家も、外国人夫の時々話す惜しい一言が!

    私:「両親が夫くんによろしくって言ってたよ〜。」
    夫:「はーい、私もよろしくお願いしまーす!」
    …うーむ、何をお願いしちゃうの?
    何度言っても、ただ「よろしく」と言えない夫。
    日本語話してくれて、とてもありがたいんだけど…。

    ユーザーID:3689557367

  • 惜しいどころか。。。。

    「アクシバクシ」が食べたい。

    焼きそばの事でした(涙)


    わかるわけなかろう。

    ユーザーID:3219657439

  • なんか刺々しいなぁ

    そう思うのは私だけかもしれないけど。なんかトゲトゲしく感じます。あなたのトピ。

    べつにピカピカだった、でもおかしくないでしょ? すごいピカピカ光ってるー!って私も言いますけどね。
    私の夫も日本人じゃないけど、「どっちもどっちも」と言われたら、私なら「やだーそれってどっちも変わらないってことよー」と2人で笑います。
    なんか言い間違いを、いちいち惜しい!ってかわいそう。
    生活が窮屈では?それに、あなたから日本語習ってるからって言うなら、言い回しの間違いもあなたの日本語のせいじゃないのって思いますが。

    ユーザーID:8214766276

  • 私も外国語できっとやってるけれど

     22歳の時、留学先で付き合っていた現夫(子供の頃数年日本に滞在で自信たっぷり)に、新しいワンピースを着ていったら、「若々しくて、かわいい!」と言われました。”若々しい”って若くない人が実際の年齢よりも若く見えるという意味ですよね?気持ちはうれしかったけど、22歳だったのでちょっと微妙な気持ちでした。
     つい最近、今の職場(日本です)にいる外国人研修生の若い男性(日本語に自信たっぷり)が、帰り支度をしている私に「帰る気か?」と声をかけました。言いたいことはわかりますが、どうしても非難されている気がしてしまい隠れて苦笑してしまいました。
     でも、私も20年間ある国に住んでいた間におそらく1000回ぐらいはニュアンスを間違って言葉を選んでいたと思うので、おあいこです。

    ユーザーID:8705302209

  • ここの2世、3世の日本語

    北米住みです。
    確かに日本語を流暢に話す日本人以外の国の方達には驚かされますね。
    日本人よりも上手な言葉を話す人達にも沢山会いました。

    ご主人の日本語面白いですね、でも言いたい事の感じは出てますよ。
    普通の会話で有れば、少々間違っても会話が成り立てば良いと思います。

    こちらの方は間違った言葉を話しても相手の言葉を余り直しはしませんね。
    でも親しい友人とか夫婦間なら正しい日本語の言葉を教えるのも良い事でしょう。

    今までに会った日系人の日本語も面白いですよ。
    間違った言葉では無いのですが、英語と日本語がごちゃ混ぜ、
    日本語の単語混じりのその言葉は親が話していたお国言葉です。

    食べて下さい = 食べんさい
    馬鹿 = 馬鹿たれ

    言葉って流動的な物ですし、意思が通じれば少々間違った言葉を話しても良い様な気がします。

    最近は正しい日本語を話す日本人も減ってませんか?
    今の日本人が話す言葉は私が聞いていると外国語に聞こえますよ。

    外国の方達が正しい日本語を使い、日本人が変な日本語を話す時代になるのかも知れませんよ。

    ユーザーID:9865778737

  • 気持ちは分かる

    厚い布団



    ふといふとん

    ユーザーID:9532174115

  • あった、ありました。

    家の場合は、夫ではなくて娘の話ですが。
    夫は日本語がしゃべれませんので。

    娘は3歳のときまでは日本語が日本人の同年齢の子供さんほどではないですが
    今よりは、話せました。

    あるとき、洗濯物を運ぶお手伝いをしてもらっていた時。
    <ママ、私って洗濯持ちだね!>
    <?>
    <だってお金たくさん持っているとお金持ちでしょ!私は沢山洗濯物をもっているから・・・>

    あるとき、夜に空港に行くためにタクシーを呼びました。
    タクシーの扉が開いてタクシーの運転手さんに娘が言いました。
    <お外、真っ黒だね!>
    家の父もタクシーの運転手さんもずっこけました。
    <お姉ちゃん、真っ黒じゃなくて暗くなったっていうんだよ。>

    今29歳になる娘は日本語がもうほとんど話せません。
    とても残念です。
    こればかりは母親の責任です。

    ユーザーID:1958452557

  • 奇跡的に

    海外で日本語を教えています。
    話したことではなく、テストであったことです。
    「これはあなたのかばんですか。亅の問に対しての答えが
    「いいえ、わだすのじゃありません。亅と書いてありました。
    標準語を教えているのに、なぜ山形弁?
    ただひらがなを書くのが苦手なだけでした。
    生徒さんはわたしと書いていているつもり。
    奇跡的な間違いに笑いを堪えるのに大変でした!

    ユーザーID:3383376933

  • さむい

    キンキンに冷えたアイスコーヒーなどを飲んで
    「これめっちゃ寒い」といいます。それは「冷たい」です。
    お友達とテニスをするという話の中で、
    「その人、遊ぶのは上手なの?」と聞く。いや、別に遊んでるわけではなく、真面目にやってんだけどね。playを直訳してしまうようです。

    ユーザーID:7922934096

  • オノマトペ礼賛派

    こんにちは
    わたしは日本人の妻しか(おかしいでしょう?)いませんが嫁さんは世界中に友人がいます。
    ところで「凪子先生と海老蔵さん」の作った日本語学校の本を読んでいて大笑いしたものです。言語はその風土とニュアンスを反映する。だから英語にせよ日本語にせよ”独特の言い回し”が存在して面白いのだと思います。
    ぴかぴかでいえば、わたしは「ぴかぴかの〜、いっちねんせい〜」というセリフが好きですね。ご主人がとても楽しい言い回しをされたら大絶賛してあげてください。

    ユーザーID:5675705463

  • 子どもの日本語

    国際結婚して、海外在住。
    主人は日本語の単語を20個くらいしか知りませんが、子どもはふたりとも日本語を話します。

    小さいころは、子どもは面白い日本語を使うことがたくさんありました。昔のことでほとんど覚えていません。
    思いついたのは、

    『私ってホント、ばかばかしい』
    *「私ってバカ」と言いたかった。

    *ポップコーン→ ポックポーン

    ちゃんとした親なら直すのでしょうけど、面白いのでそのままにしておきました。
    子どもは学習能力があるのですね。大きくなるにしたがって、ちゃんと話せるようになりました。


    子ども:『英語は、I love you. スペイン語は、Te quiero mucho. 日本語は、なかよしーっ!!』と言っていたのも面白いと思いました。



    トピックからはそれますが、私の語学力に多々問題があったため、その分子ども達は日本語が上手になりました。

    ユーザーID:8894005251

  • どっちもどっちって使いませんか?

    これって惜しい日本語なんですか?どっちもどっちって。
    私は東海地方出身ですが、このトピ主さんのケースなら私もいいそうです。

    「この服と、この服、どっちがいいかなあ」
    「どっちもどっちじゃない?」

    明らかにネガティブな印象ですけど(笑)どっちも大差ない、みたいな。
    どっちも素敵だよ、ではなくて。

    ピッカピカはどうでしょうね。キラキラの方が合ってるかもしれませんね。
    ピカピカしていたなら、キラキラに近いかもしれない。チカチカとか。
    惜しいというより、幼児語に近くて、可愛らしいんじゃないですか?

    私の主人も欧米人ですが、大河ドラマなど好きなので、たまに侍語が出ますよ。面白いですよね。

    ユーザーID:0474882295

  • 子供屋…

    <夫の場合>
    パンを売っているのはパン屋
    魚を売っているのは魚屋
    野菜を売っているのは八百屋
    子供関連の物全般を売っているのは、子供屋?と聞かれ…。
    さすがに「それだと子供を売っているように聞こえるよ」と注意しました。

    夫母語は女性・男性名詞等があるのですが…。
    古い日本製カメラと言おうとして母と一緒に辞書を開き…古い&年取った、日本、カメラ「女性」名詞…を指した為、母親は「年取った日本人女性」と言いたいのかと、あぁ勘違い。
    誤解はすぐに解けました。

    <私の場合>
    逆に夫母語は、蒸し暑いとホモの発音が(私にとっては)似ていて…。
    「今日は蒸し暑い〜」と言おうとして「今日はホモ〜」と大勢の前で、言ってしまった事があります。

    覚えてくださいと言ったつもりだったのに、発音が「乳を搾ってください」になってしまった事もあります(乳牛に使う言葉なのに…)。

    相手の爆笑で自分の間違いに気が付きましたが、しばらくの間、ネタになりました。

    ユーザーID:5071748292

  • 擬音は難しいですよね。

    私たちは日本人ですが子どもが外国籍です。
    家では日本語だけど現地語の割合が強いせいか
    やはり擬音がおかしいです。

    ブリッって割って(正しくはパキッ)とか
    手がザーザーする(正しくはザラザラ)とか
    ピカピカをカピカピって言ったり色々です。

    日本語って面白いですね。

    ユーザーID:1261821378

  • 息子ですが

    在外ハーフで会話は流暢ですが、普段の暮らしであまり使わない言葉があやしいことが。

    お母さん、あれしばらく食べてないね、久しぶりに作ってよ…
    えーと・・・なんだっけ・・「あはげ」?

    うーん惜しい!・・かな?
    (おはぎです。)
    間違えること自体はともかく、日本人にはありえない感じで間違えるので、結構笑えます。

    ユーザーID:9054938595

  • ジョギング行く?

    アメリカ人の旦那なんですが、日本の黄門様、時代劇物が好きでよく見てるんですね。
    ランニングに行こう、って一緒に外に出た途端、
    「えっほ、えっほ、えっほ」

    ランニングどころか、大笑いが止まらず走るどころじゃなくてある意味大変でした。

    ユーザーID:4696535730

  • わかります!!

    私の夫も外国人です。
    夫は中学校一年生の時に日本に来たので、他の外国人の方と比べると日本語力はかなり高いですが、それでもちょこちょこ惜しいことがあります!

    よく間違えるのは、「頃」を「ころ」と読むのか「ごろ」と読むのか。
    あの頃・子どもの頃など→「ころ」
    この頃・近頃など→「ごろ」
    ですが、私も感覚で覚えているので、どうやって説明したらいいのかわからず。日本語って難しいですね。

    ユーザーID:3140166275

  • 笑えます

    うちの例を思い出しました。

    私が揚げ物を揚げている時に娘がつまみ食いをしたら、
    夫が「おつまみしちゃダメ!」と。
    真剣に怒っているのですが、笑ってしまいました。

    ユーザーID:0204486647

  • 夫や恋人の話ではありませんが

    友人が長い間日本語の教師をしています。彼女は生徒さんたちの言い間違いはたとえどんなに面白くても人には言わないように心がけているようですが、二十年前の一件は今でも忘れられなくて、「もう時効だろうから」とひとつだけ教えてくれました。

    季節ごとの天候の言い方を教えている時、夏の暑い日に夕方に突然天気が悪くなり、大雨が降ることを夕立ちと言う、と生徒さんたちに教えたそうです。

    そうしたらある生徒さんが、朝に降る大雨は「○立ち」だろうと思い込んで得意になって例文に使ったそうです。

    でも考えて見れば無理もないですよね。

    ユーザーID:8078323375

  • 分かります!

    我が夫は一人称に当初「わたし」を使っていました。教室で教わる日本語って丁寧だけど、私たちが普通に使う日本語とは一味違うんですよね。私達は遠距離生活だったので、LINEのメッセージを読むたびに噴き出していました。

    私:来週末は一緒にのんびりしよう(ハート)
    夫:お楽しみ
    夫:毎日日本語を教えてどうぞ
    (意味は想像できるが、何か上から目線な気が…)

    夫:ブランチのように何を作るつもりか?
    (ですます、はよそよそしいから使わなくていいよ、といったらこんな質問文が)

    (車の窓から体を乗り出している犬について)
    夫:逃げたそう犬?逃げそう犬?
    私:逃げたそうな犬ね

    あと、トピ主さん宅と同様、オノマトペのニュアンスは分かりづらいみたいです。
    普段、私達が無意識に使っている日本語は、実は意外と難しいんだなーと、説明する側の私にとっても勉強になる日々です。学習熱心な夫ですが、これからも時々笑わせてほしいです。

    ユーザーID:3823246215

  • 私も楽しみです

    欧州在住。夫はこちらの国の人です。
    学校にも行かず、ただ私の言葉から覚えているので進歩するわけないのですが、
    笑えるのが、「臭い」のことを「スカイ」、「パチンコ」のことを「パキンチョ」
    KとSが入れ替わってしまっただけでU,A,Iの順番はあってるのですけどね。
    それから、日本語のCHIは、まず「チ」とは発音しないですね。
    イタリア人ではありませんが、イタリア語ではCHIは「キ」ですものね。

    それにしても何故、外国人が日本語を話すと、こうも可愛いのでしょう。
    怖い顔したオジサンがこんなことを言うとつい、頬が緩んでしまいます。
    本当に癖のない完璧な日本語を話せる外国人ってすごいですね。
    でも、外国人の覚えたての微笑ましい、惜しい日本語、私も楽しみです!

    ユーザーID:5037526241

  • では、

    私、「愛してるよ。」
    主人 『愛してる、も。」

    そうでしょうとも、英語で言えば I love you, tooですから、でも惜しい!

    ユーザーID:5252213452

  • トピ主の上から目線

    惜しいどころか、大いに残念。
    トピ主は完ぺきな日本語が話せるらしいですね。
    すごいすごい。

    ユーザーID:3155413646

  • 新幹線の名前

    友人には、

    のぞみ→ねずみ
    ひかり→ひかり
    こだま→こども

    と聞こえていた。
    光は速いからわかる、子どもは遅いからわかる、でも日本のねずみは速いの?と聞かれて判明。

    ユーザーID:5523595012

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧