小3男子の伸びしろ

レス8
お気に入り54

mama

学ぶ

現在小3の男児がおります。最難関中学受験に合格された方含め、男児の学力はいつどの時点でだいたいわかってきますか。
小3男児の学力ってこれからですか?それとも小3時点である程度、どこの学校行けそうなどと先よめますか?
というのも、すでに中学受験を終えて難関中学に入学した長女と比べ、小3時点での「できるレベル」が違っています。
長女は小さいころから何をやっても器用にこなし、姉弟で同じ習い事(楽器や幼児教室)をさせても、六つ年上の姉が優れています。
同じ問題集を与えても姉はひとつ上の学年のハイレベル問題集をサラサラ解きこなしていましたが、小3の男児の方は標準〜ハイレベルを楽に解ける程度です。
弟のほうも中学受験を考えていますが、小3時点で普通〜ちょっと上の学力で、今後最難関中学に合格できるものでしょうか。
本人次第、これからというのは重々わかっておりますが、実際はどんな例がおおいでしょうか。塾関係教育関係のかたの体験もお聞きしたいです。
また、現在の学力がいまひとつでも、伸びしろがみえるとしたら男子はどのような点であらわれるのでしょうか。こういう子は絶対に伸びる、など
お聞かせいただければ嬉しいです

ユーザーID:9624416687

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お受験はさせたことが無いですが・・・

    そもそも大した大学を出ている訳でもない私達夫婦の子供なんだから、元気に生きてくれさえすれば十分と思っていました。

    長男は、案外勉強できる子なのね・・・と思ったのは小6の時でしたね。
    それまではごく普通でした。
    学力のピークが高3で、あらあらトンビが鷹を産んだのね(笑)なんて思ったものです。
    親と比較すればすごーく良い大学に行きました。

    一方、下の娘は幼稚園の頃から、この子はひょっとしてすごく勉強ができるんじゃないかと思いましたよ。
    実際、小学校中学校は大変優秀な成績でした。
    兄は塾へ行きたいと言わなかったので行かせませんでしたが、下の娘は自ら希望したので行かせました。
    高校も兄よりもすごく良い所へ行きました。
    ところが妙に色気づいたというかなんというか・・・
    妙に気が散ってしまって成績はズルズルと下がって行きました。

    大学は長男と同じ所へ行こうとして失敗。
    結果は長男の方が外形的には優秀ということになりました。
    でも、どちらも放任主義の親元でよく頑張ったな思いますよ。
    親にヤイヤイ言われることも無く、立派な結果を出したと思っています。

    ユーザーID:2330796981

  • う〜ん

    ネットの記事で見た話なのですが、

    最難関校(とくに中検)を受ける生徒というのは
    特別無理な努力をしないで、ちょっと勉強して受かるくらいの子が
    行く学校だと、専門家がおっしゃっていました。

    無理をして合格したところで、その先付いて行けはしない。
    ということだと思います。

    だから、思考そのものを変える必要性が
    トピ主様にはあるのかもしれません。

    最難関中学に行ったからといって
    その先どうなるか分かりません。
    お子さんの実力に見合った学校に入れてあげるのも
    親の愛かもしれないですよ。

    特に現在小3とのこと。
    ギフテッドなどの男児を除けば、女児の方が一般的に
    幼いころの出来は良いですね。

    だから、普通よりもよっぽど出来の良いおねえちゃんと
    そもそも比較する方が酷なことかと存じます。

    小5の後半くらいの時期が来れば、
    その子の実力や思考力がそこそこ固まってくると思います。
    その時に改めて判断なさってみてはいかがかと。

    一般的な伸びる子の特徴は、
    ・人の話をきちんと聴ける「素直な子」。
    ・努力を惜しまない「勤勉な子」。
    ・不得意なことが少ない「バランスのとれた子」。
    らしいですよ。

    ユーザーID:4606818858

  • 小6から

    元々まぁまぁの成績でしたが、塾には5年から。真剣に行きだしたのは6年からです。

    それまで、よく遊んで、それで受験?と悩みましたが、6年からの集中力はビックリでした。

    本人のやる気次第、とつくづく思いました。

    でも、6年からやって伸びましたよ!とうちは言えますが、やっぱりお子さんの
    やる気次第。

    同じく下の子がいますが、タイプが違うので悩むところです。

    ユーザーID:0819633263

  • R4偏差値70の壁はきーつーいー

    男児と女児はピークの位置が全然違うので比べられないような。

    うちの息子は海陽の特別給費生入試合格しましたが(行ってないんだけど)、あれがR4偏差値68ですよね。
    息子はだいたい日能研公開模試で69.5とかだったんですよ。
    まあ地方で志望校考えると70超える必要が無かったからノホホンとやってたせいもありますが、公開模試70超えないの。
    通塾開始前に受けてた無料全国テストでは70強は普通で、四谷大塚の決勝にも行ったことありますが、
    ガチ模試70超えははうちにはきつかった。

    で、R4が70超の中学って、灘・洛南・開成・筑駒のみで、
    「最難関」って仰ってるの、「最」という以上はこのレベルのことだと思いますが、R4が70超ってのはやっぱ別格だと思います。

    うちの低学年時代は「一学年上」ってのはさせた事なくて、
    無学年の「なぞぺー」「チャレペー」「宮本パズル」「大人用論理パズル」等好きにさせてただけで、
    それは「あー放っといても勝手にどんどん進むわ」って感じでした。
    「こいつできるな」ってのは小1でも分かりますが、「最難関」の壁が蹴破れる子かどうかってのは…また別の話になるかと。

    ユーザーID:9922069012

  • ご自身の子供時代を思い出せばわかりませんか

    首都圏でない、のんびりとした地方に住んでいます。
    みんなそのまま地元中学に上がり、中受する人は非常に珍しかったので、参考にならないかもしれませんが。
    全国区で有名な最難関に合格した子は神がかってましたね。
    頭がいいだけでなく、運動神経抜群でユーモアセンスもあるので、しょっちゅうクラス中を爆笑させてました。
    その子に次ぐ出来のいい子も同じく万能型の文武両道。彼は塾なしにも関わらず学年で五番以内の好成績でした。親御さんが教師だったので遺伝もあるのかな?
    彼ら二人の会話がまた漫才みたいで面白かった!凡才の私は(クラスにこういう子がいたら、学校も賑やかで楽しいなあ)といつも思っていました。
    頭の良さはなんとなく三年生頃から、お互いわかってきます。不思議だったのは頭が良い子は7割以上が文武両道型だったことです。
    でも3割は算数やパソコン、科学が好きな学者?タイプの物静かな子でしたよ。
    後々難関大学に合格したのは小さな時から真ん中より上〜断トツ上位の成績の子ばかりでしたね。
    底辺や真ん中より下の子がメキメキと成績をあげて難関大学を出たパターンは1学年、400名ほどいましたが、知りません。

    ユーザーID:5577983218

  • 上昇時期は人それぞれ

    アメリカで子供二人を育ててます。公立ではありますが小6から特進クラスに入りました。上の子は苦労して勉強させたけどクラスから脱落。下の子は現在半分遊びながら好成績を維持して特進クラスに居続けています。

    ぱっと見、上の子は脱落者ではありますがそのあと自力で挽回し、高校では学年をスキップして上級生と同じクラスに所属しています。

    日本での中学受験に置き換えれば上の子は失敗し、下の子は合格している図ではあるのですが長い目で見れば上の子も成功はしているのです。

    上の子が脱落した時は私は正直失敗した、と思ったのですが本人の伸び盛りはその後にやってきたのですよね。

    中学受験に間に合うようにお子さんの伸び盛りがピタッと来るかどうかは誰にも分らない。けれど、思うように合格しなかったからと言って失敗だったと思わないようにしてほしいと思うのです。誰にでも伸び盛りはやってくる。でもみんな一緒の時ではないのです。

    中受だけではなく長期的に考えてあげてください。その時に備えて勉強する習慣があればどうとでもなる気がします。

    ユーザーID:2827120336

  • 3年、4年はまだわかりません。

    うちの男子二人は御三家といわれる学校です。長男は別の方が示した最難関の御三家の高校生で、次男は彼の気質に合った学校にご縁いただいたところです。

    男子はあと伸びする子がいるため6年でも間に合うように思われますが、それでも5年の秋の立ち位置だと思います。
    つまり、6年の夏からの大逆転はほぼなく、3、4年はたいして参考にならず、絞って言うならば5年生の夏期講習が大きいと感じています。
    そして付け加えるならば、3、4年のこの時期大事なのは立ち位置ではなく、勉強する習慣や、考えて解けることが楽しいと思えることだったり、覚える単元については、現物や副読本の写真を見るなどをしての、トータルでの理解を心がける事、これにつきると思います。

    最難関は、ちょっと勉強したくらいで合格できる子以外はついていけない、と書いている方がいますが、そこまでではない。
    入学早々から落ちていく生徒が何人もいることを考えればそうとも言えますが、彼らはやらなくなってますからね。
    落ちこぼれていない開成生の半分は、入試のときほどではなくとも、部活や学校生活で忙しくとも歯を食いしばって頑張ることができるのだとは思います。

    ユーザーID:9029327359

  • 小3時で頭のいい子がほとんどでは?

    小4で引っ越した男の子が、その後東大に行ったと別の友人から聞きびっくりしたことがあります。
    当時、塾に行ってたけど、対してして出来る子ではなかったです。
    教育ママゴン、過保護気味。両親とも超高学歴、ここがポイントかな。
    地頭はよかったのでしょう。中高の進学先は知らないので、どこで伸びたのかはわかりませんが、本気で出せば伸びる子だったんでしょうね。

    一般的に中学受験で偏差値70以上を目指すなら、小3で頭がいいとされてる子がほとんどではないでしょうか?地頭がいいというやつです。

    私の母の友人の子は、小学校1年時に担任に呼ばれ「この子は普通の子とは違うからそれなりの教育をしなさい」といわれたギフテッドだったのですが、
    超難関中高→東大に行かれましたが、東大は入ってからはそこまで伸びなかったようで、上には上がいたということでしょうか。(お母様談(謙遜)なので本当のところはわかりませんが)。

    のびしろというか、地頭(遺伝)がいいことが条件では?息子さんはどうですか?

    ユーザーID:0474634626

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧