冷やし中華 始まってました

レス33
(トピ主2
お気に入り38

生活・身近な話題

マヨネーズは要らない

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ありがとうございます

    一時期京都人様、錦糸卵様、レスをありがとうございます。

    大阪生まれ、大阪育ち、京都在住の私ですので、『冷麺』は私の中では冷やし中華そのものなんです。

    実家で母はフツーに「冷麺作ったでー、食べやー」と言って冷やし中華を出してくれましたし・・。

    方言もそうですが、生活を取り巻く‘文化’は、それが自分にとっては当たり前だと、みんな思っているんですよね。

    ですから、韓国風の麺でも盛岡の汁の多い麺でも、北海道の冷やしラーメンでもそれが普通だと思って食べてもいい訳で(笑)。

    トピ主さんも京都にいらした時は是非、『冷麺(れいめん)』を注文してみてください。最近はこちらの地域でも『冷やし中華』の呼称が定着しつつありますが・・・ほぼ、間違いなくマヨネーズがお皿の端っこについてくると思いますよ。

    ユーザーID:2378031023

  • 京都では「冷麺」と呼ぶ人が多いような気がします

    ここで語られている物を、関東出身の私は「冷やし中華」と呼んでいます。
    茹でて水にさらし、冷たくした中華麺にきゅうり、ハム、卵などを添えた夏の定番メニューです。
    対して「冷麺」は、いわゆる韓国料理のそれです。

    しかし生粋の京都人である夫(その家族も)は、冷やし中華の事を「冷麺」と呼びます。
    同じ屋根の下、「今日は冷やし中華よ」と言ってお昼を出す私に、「おお、もう冷麺の季節かあ」と言う夫という図式が普通にあります。

    こういう例はいくつもあって、目に「ものもらい」が出来たという私に、夫は「ほんまや。これは【めいぼ】やわ。」と言います。
    「梨もぎ」を、「梨狩り」、「煮る」を「炊く」、油揚げ、小芋というような食材に、「お揚げさん、お芋さん…」いちいち【さん】を付ける夫。
    長年の間に、相手がどう呼ぶかを体得してきたので、同じ物(現象)を指してそれぞれが別の呼び方をする事に慣れ切ってしまいました。

    しかし冷やし中華はやはり「冷やし中華」と呼ぶ方が、あのイメージが湧いて美味しく思えますね。

    ユーザーID:6425268831

  • 3回目です

    冷やし中華、奥が深いですね。
    ネットで検索したら、神保町のお店出てきました。
    来週15(土曜日)神保町行くのですが、団体行動で食べられないかも?
    残念!
    また、東京行く時はチェックします。

    ユーザーID:3781815619

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧