「危ないよ!」って、どういう意味?

レス87
(トピ主2
お気に入り136

生活・身近な話題

ほうじ茶

先日、ドラッグストアで遭遇した親子連れの事なのですが買い物を終えレジも済ませ店を出ようとした時です。

出入り口に2〜3歳くらいの女の子が一人で居ました。その子の脇を除けて通ろうした瞬間に後方から女の子の母親らしき
女性の声で「○○ちゃん、危ないよ!」と聞こえてきました。心配なのは理解できますが、その言い様はないんじゃ・・・

小さなお子さんには判断が付かないのですから、お母さんから他のお客さんの通行の妨げになる事、本人に取っても危険な
場所である事を言い聞かせ、そして手を離さないでほしいです。

ユーザーID:8318500787

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数87

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何にひっかかったのですか?

    最後の3行は完全に同意しますが、「危ないよ!」と子供が注意されたことの何がそんなに不快なのかが、理解できません。

    トピ主さんに子供がふらついてぶつかったら、その子がこけるでしょうから「危ないよ」と言ったのでは。戸口付近にいて、外に出たらいけないし、ドアに挟まれるかもしれません。「危ないよ!」と、親の方にこさせようとしたのではないのでしょうか。

    お母さんがレジを待っている間に、子供がチョコチョコするのはよくあることです。
    私なら、「ママのところに行こうね」と連れていきますが・・・

    子供はじっと立っていないもの。
    幼児は真っすぐ前を向かずに歩くもの。

    独りでぼやっとして、店の入り口に立っていたから「危ないよ」というのはおかしくありません。危険喚起しない親の方が心配です。

    ユーザーID:0476640843

  • わかるけど…

    確かに小さな子は基本手をつないでいないとダメですよね。
    私にも子供がいますが、小さい子を勝手に歩かせてる親を見ると
    危ないなあとハラハラ、イライラしますね。
    …でも、片時も手を離さずにいるってほぼ不可能なんですよね。
    トピ主さんのその状況では親御さんは手をつないでいられるであろう状況だった
    かもしれませんけど。
    でも、小さい子の手は片時も離すべきじゃないでしょ!…とまでは
    思いこまないでほしいです。ベビーカー使っても文句言われるし
    小さい子を連れてるお母さんって気を遣ってる人がほとんど。
    肩身が狭い思いをしてることの方が多いんですよ。
    でも傍若無人な態度をしてる人もいるし、そういう人の方が目立つので
    世間の目は「これだから子連れは…」と厳しくなってしまう。
    もうちょっとあたたかい目で見てくれればなあ…と思う事も多いですよ。

    「危ないよ」とは、「そこにいると他の人にぶつかっちゃうから避けようね」
    というだけの意味。
    親が危なくさせないようにすべきでしょ、ってだけの話ではありますが
    でも、子供や周りの人を非難する言葉ではないということは確かだと思います。

    ユーザーID:4948404824

  • レスします

    >他のお客さんの通行の妨げになる事、本人に取っても危険な場所である事

    これらを全部ひっくるめての

    >危ないよ!

    です。

    ユーザーID:5060287166

  • おそらく

    それは誘拐の心配ではなくて、
    『周りを見なさい。人にぶつかるよ(迷惑かけるよ)』という意味ではないでしょうか?

    ユーザーID:5095804298

  • トピ主さんは関係ない

    お母さんの側を離れて勝手に歩いたら危ないよと言うことだと思うので
    トピ主さんは関係ないと思います。

    ユーザーID:7442337854

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • トピ主さんの事ではない

    一人で外に出ては自転車や車が通るかも知れないし、誘拐の可能性だって0%ではありません。

    そういう事をひっくるめて「危ないよ!」なのだと思います。

    トピ主さんを危険人物としているわけではないです。

    ユーザーID:7923346452

  • たぶんトピ主さんの通り方に危険を感じた

    文章から、「小さい子、邪魔!」という気持ちがにじみでていました。
    2、3歳の女の子が店舗入り口にいたら、私だったら「通らしてねー♪」など声掛けをしてゆっくり避けて通るかな。
    お母さんが一時も手を離さないのはムリですよ。子どもはみんなで見守りましょ。

    ユーザーID:8117803442

  • いるいるそういう母親

    要は、その子供に言っているのではないんですよ、その子の周りの人に

    注意を呼びかけている「危ないよ!」なのです。

    ユーザーID:6277504232

  • 同感ですわ

    そうなんですよ。
    その時点で、いまさらのように「危ないよ!」と声かけたところで、その2、3歳児にどうしろと思うのでしょうか? 
    危ないから何なの? 立ち止まれなの? こっちに来いなの? 端によれなの? 何がどう危ないのか子供は理解できてるの? 

    結局、暗に『うちの子そこにいるから、あなたが気をつけて通ってね!』と言われてるようにしか思えないですよね。 こちらは普通の生活、普通の行動してるだけだって。

    それがそんなに危険なら、ほんと、責任持って手をつないでおいてほしい。

    ユーザーID:6548369180

  • 幼児には単純な言葉で足を止めさせるべき

    言い様って…ドラッグストアなら出口の先は駐車場では?
    主さんは自分の子供がそこにいたら 「そっちは駐車場だから、そこにいたら車が来るかもしれないから危ないのよ」
    と優しく丁寧に言うべきだと仰る訳ですね。
    そうしたら主さんのお子さんはその間に車に轢かれてますよ。
    幼児が危ない時には咄嗟にでも幼児が理解できる単純な指示言葉で、その足を止める事が鉄則です。
    「危ない」「止まれ」が幼児には正解です。
    優しく言い聞かせるのは、家や帰り道でやってくださいね。

    ユーザーID:2006192091

  • お気持ちはわかるのでエールを押しました

    ご不快だっただろうなというのはわかります。

    が、たぶんそのお母さんもとっさのことでつい出ちゃった言葉だったん
    じゃないかなとも思います。そう思って勘弁してあげてください。

    ユーザーID:7960186083

  • 私には、トピ主さんの気持ち、とても分かります!

    「そこまで思う事?」
    という意見もあるかとは思いますが。

    ・自転車で親子連れの横を通り過ぎようとした時。危険がないようにゆっくりとこいでいたのですが、フラフラ走ってる子どもに
    「危ないで!自転車に轢かれるで!」
    と言ったお母さん。
    ・スーパーで、狭い通路をカートを押して歩いていたら前から親子連れ。私は端によけたんですけど、
    「前からカートのおばさん来たで!危ないで!」
    と大声でお母さん。そのお母さんもカートを押してました。

    お二人とも子どもに対して注意してる事には間違いないんです。
    でも…
    ・「自転車が危ない」
    ・「カートのおばさんが危ない」
    このように、主体が私になっていると思います。

    子どもには、
    ・自転車が通る事もあるからフラフラせずにまっすぐ歩こうね
    ・カートとすれ違う時はお互い端に寄ろうね。
    こんな風に子ども主体で言ってあげるべきでは?

    トピ主さんのケースは咄嗟の事で「危ない!」という短い表現しかできなかったのかも知れません。
    でも!子どもへの注意は常日頃から。そして、子ども自身が自分で気をつける事が身につくように。
    そんな風に小さいうちから気を付けたいものですね!

    ユーザーID:6473898763

  • わかります

    小さな子供が道端で遊んでいる。
    小さな子はいきなりどこへ動くかわからないから、
    極力その子から離れた位置をえらび
    ゆっくり、ゆーっくり、自転車のスピードも抑えて通り過ぎようとすると
    母親が
    「〇ちゃん、あぶないよ」

    スーパーの入り口で、かごを取ろうとするとかご置き場の真ん前に
    小さな子供
    内心「邪魔だな。親はなにしてんだ」と思いつつも
    その子にぶつかってしまわないように、距離を置きつつ
    手を伸ばしてかごをとる。。。
    やっぱり後方から母親が
    「〇●、危ないよ」

    違うだろうよ。
    「人が通るよ。邪魔にならないようにこっちに寄ってね」
    「ほら、そんなところに立ってたら、かご取る人の邪魔になるから、こっち来なさい」でしょうよ。

    私は子供はそうやって育てました。
    ちょっと前から、小学生や中学生、広がって歩いてて、他の人とすれ違う時
    自分が横にずれようって態度は全然とりません
    あれは親に「危ないよ」って言われて育ってるからだと思う。
    危なくないから他人のために道をあけるって感覚がないんだと思う

    ユーザーID:0912308539

  • 「危ないよ!」

    すいません。よく使います。
    主様の事を「危ない」と言っているわけではないのに、
    ここまで反応するとは...

    主様が仰るように、そのような状況にさせないのがベストでしょうが、
    はからずしもなってしまった場合は、どのように言ったらいいんでしょうね?

    「○○(子供)の方にカート押した女性が向かっているよ。
    カートの女性はもう大人なので、ワザと突っ込むことは無いと思うけど、
    万が一躓くことがあるかも。
    それに○○はまだヨチヨチ歩きなんだから、○○が躓いてカートに突っ込むかもしれない。
    カートに突っ込んだら大怪我して危ないから気を付けなさいよ!」
    と早口でまくし立てますか?

    ユーザーID:7694377376

  • とっさに出た言葉でしょう。

     トピ主さんに迷惑をかけないように、子どもに注意喚起しただけでしょ。

     なんて言えば気が済むのですか?

     もし私がそう言ってしまった場合は、頭を下げて「すみませんでした。」と言ってたと思います。
    しかし、皆さん暇じゃないので、さっさと行ってましたけどね。

     「オバサンに迷惑でしょ」とか、「あのオバサンに怒られるよ」とか、ヒドイ事を言われた訳じゃなし。
    どこまで子育て世代に厳しい世の中なんですか。

    ユーザーID:6013068398

  • 端的に子供に分かる言葉を選ぶのでそうなっているのでは

    確かに「危ないよ!」だと、こちらが危害を加える側みたいで周囲はいい気がしないと思います。

    ただ、動くな、というコマンドをまだ語彙力の乏しい子供に短時間で入れないといけない場合、「危ないよ」は便利な言葉です。
    「お邪魔よ、迷惑よ」ですと、未熟な頭で「え?誰の邪魔なの?なんで?どっちに動いたら良いの?」と考えキョロキョロしたり、変な方向に動いたりします。
    「こっちにおいで」だとまっすぐ(周りを見ずに)親の方に向かってくるかもしれません。

    よって、危ないよは「そこを動くな」という指示のための言葉であり、被害感等が含まれている訳でも無く、発する親は申し訳ない気持ちでいると思います。


    躾云々の質はよく分かりませんが、統計上少年犯罪率は戦後ずっと減少の一途です。
    人に危害を加える子供の割合は、年々減っています。

    ユーザーID:7498177418

  • ごめんなさい

    『危ないから走っちゃダメよ』
    『うん、わかった』
    と、言ったそばから走り出すのが子供なんです。
    育て方が悪い?言って聞く子ばかりなら子育てに苦労しません。
    >手を離さないでほしいです
    それだと買い物できません。
    こちらも周りに迷惑掛けないよう気を付けています。
    小さい子連れてきてすみませんって思っています。
    きっと母親失格って思ってるのでしょうね、その言い様だと。

    ユーザーID:5819015801

  • 親が見てないんだから知りませんよね。

    私は通り道に子供が出てきても、鞄で自分をガードし、子供の顔や頭に鞄が当たろうが、無視して歩き去ります。
    わざわざ、人の前に出てくる方が悪いし、親が目を離してる子供なんぞ知りません。
    自己責任です。
    相手が避けると思ってる親なんか知りませんよ。
    図々しい。
    ホントに厚かましい親が増えたことです。

    ユーザーID:2170914589

  • それは

    トピ主さんが出るときに自動ドアが開いたから「外にでたら危ないよ!」という意味で言ったんじゃないですか?

    ユーザーID:5435328691

  • ごめんなさい。。

    やることあるかも。。
    というのもですね、レジ袋に詰めてる時、
    手つなぐことできないんですよ。。。

    で、このくらいの子供って、動くものが大好きなんです。。
    自分が動くことによって開くドアとか大好物なんです。

    が、私はとっさに、「(周りの人の)邪魔だよ!!」って言っちゃう事が多いかな・・・
    でももしかしたら、「あぁぁ、邪魔になってる!!呼び寄せないと」と思って、
    ついつい子供が「えっ?危ないの??」と自分で考えやすい、
    「危ないよ!!」という言葉を使っていることもあるかもしれない。

    「私の可愛い子供に、得体の知れない女性が近づいている」という意味での
    「危ないよ!」では、決してないんです。。

    ごめんなさい。。入り口ね・・・どうしたらいいのかな。。
    袋詰めを中断して迎えに行くしか無いか。

    ユーザーID:3853606146

  • 「危ないよ!」=「まわりを見て気をつけなさい」でしょ?

    >配なのは理解できますが、その言い様はないんじゃ・・・

    なぜ、こう感じるのか不明です。
    とっさの時に子どもに気付かせるには、
    短いフレーズで声をかけるしかないと思いますが・・・。

    おっしゃるとおり危ない場所では手を放すべきではないと思いますが
    ドラッグストアの店内で常に手をつないで歩かれても
    通路をふさいでしまう場合もあるので
    (子どもが3人いる人にそれを要求すると・・・)
    状況によっては同意するかしないか分れるところです。

    ユーザーID:3006656496

  • 手を話したくないのはやまやまだけど

    大方のドラッグストアやスーパーはセルフで袋詰めしますから。

    わが子に向かって危ないというのは トピ主さんに「うちの子にぶつからないよう気を付けて!」というのを遠慮されたのですよ。

    ユーザーID:6962930693

  • なるほど〜

    そのお母さん、トピ主さんが「危険物」という意味で言ったんじゃないですよ。
    「○○ちゃんがまわりの危険物になってるよ」という意味です。

    危険物というか邪魔なものになってるというか。
    小さな子どもが足下にチョロチョロしててぶつかったら、子どもだけでなく大人だって怪我することがありますから。

    「危ないよ!」は咄嗟に口に出ただけで、本当は「通行の邪魔になっているから避けなさい」と言いたかっただけです。
    トピ主さんのように感じる人もいるのですから、咄嗟に発する言葉も考えなければいけませんね。

    手を離さないのはごもっともな事です。

    ユーザーID:9003378348

  • ぬしさんにいったのではないかも

    ちょっと目を離していたら、出入り口に我が子が。
    出ちゃダメの意味かもしれません。
    とぴぬしさんに文句をいう意味合いではないと思うのです。
    が、まあ、目は離すわ手は離すわ、
    自分の発言がどう捉えられるかも考えられないわ、
    その母親、良くない母親ですけどね。

    危ないのひとことで片付けちゃいけないんですよね。
    はっきり言ってじゃま、そこはたくさんのヒトが通るところ、そこをちょろついたら人様の迷惑。
    はっきりと、邪魔で迷惑なのだと子供に教えなくてはならないんですよね。
    なんだか最近、否定語を使わないように心がけてる親も多いようですが、否定するところは否定しましょうよって思います。
    ダメなことはダメでいいし
    やめさせるべきことをしてたらやめろでいい。

    目も手も離さないのが大前提ですが。
    我が子はおとなしい質だったせいか、
    目も手も離さずがっちり監視するのは容易なのですが
    世の中には、たかが2歳ほどなのに親の制止などまったく聞かずに親の手も振り払い、かつ親が捕まえられないほどすばしこく逃げる子供も多いようですので
    手も目も離さずにいるのなんか簡単と
    言い切ってはいけないようですが。

    ユーザーID:8664468424

  • 面白い受け取り方ですね

    危険行為であると母親は子供に教えただけじゃないんですか?

    別にあなたが危険人物?だとは言ってないと思いますが。

    出入り口にチョロチョロしていたら 人にぶつかるから危ないからおやめなさいって
    言っただけでしょ?

    その子だけが危ないから心配なんじゃなくて、ぶつかった相手にも危険なことであるててことでしょうに。

    ユーザーID:6526636788

  • 同感!

    先日、
    自分も経験しました。

    駅構内の狭い通路にお子さんがなぜか真ん中にいる。
    杖持ちの高齢者も横を一生懸命遠慮して通っているのに、

    母親らしきひとが、
    「危ないでしょ」って叱ってた。
    高齢者を心配して気遣っているのではなく、
    こどもしか考えてない、
    杖が当たったら子供が危ないというのしか考えてない。

    あなたの子供が迷惑なんだよ!

    と思う。

    子供は嫌いじゃないが、
    親が嫌い!

    ユーザーID:9123784441

  • 危ないって意味です

    あなたこそ何にそんなに憤っているのでしょうか?
    トピ主さんは、ご自分のせいで危ないと非難されたような気持ちがしたのかもしれませんが、親御さんにそんな気はないと思います。
    片時も手を放さないのは不可能ですよ。それでとっさに子供にもよくわかるように危ないと注意を促しただけでしょう。
    他人にとってはその時だけしか見ていないから、しっかり言い聞かせて手を放さずにといいますが、その基準でいくと、親は一日中子供を凝視し羽交い絞めで、注意ばかりしてないといけないといけません。
    そんなのは不可能だし、もしそれが可能であったとしても、そんな育てられ方をした子供は精神を患うことでしょう。
    ずっとお店で放し飼いというわけでなければ、多少のことは大目にみて、他人も子供に目を配るくらいでないと、子供をもつ親たちは生きにくい世の中だと思います。
    トピ主さんご自身、いったいどんな風に大きくなったのでしょうか?誰でもそれなりに世間に迷惑もかけながら大きくなっているはずで、あなたやあなたの親御さんのやることに冷や冷やしながら見守ってくれた人も大勢いるのです。なのに、そんな小さなときの記憶なんてトンでるだけでしょう。

    ユーザーID:4362369994

  • 仰るとおり

    危ないならきちんと目配りや行動をすれば良いだけですが、口だけで自身は行動しないのが殆どですね…

    危ない…危ない…危ない…危ない…危ない…

    ダメ…ダメ…ダメ…ダメ…ダメ…ダメ…ダメ……

    自己中母親の象徴だと思いますよ。

    ユーザーID:8473462669

  • それ、


    近所のスーパーで、しょっちゅう言われますよ-!
    なんかカッチーン!ときますね。
    まるで、こちらが危害を加えそうな危険人物であるかのような扱い!
    まぁ、お母さんからすると、得たいの知れない他人には違いない(笑)

    ユーザーID:1639786027

  • それは

    出入り口に小さい子がいたのですよね。

    もしかすると考えられるのが、一つは、そのまま外に出てしまう可能性
    車にぶつかる可能性を言って「危ないよ」か。

    もう一つ、自動ドアではなかったでしょうか?
    小さい子って意外とですが自動ドアに反応しなかったりするのです。扉のそばや、ドアが閉まる場所に立っていると、自動ドアが閉まると、挟まるという状態になるのです。

    これ私の同級生の子供がやり、側にいないと思ったらドアのところで、ガンガンと挟まりながらぎゃん泣きしてました。怪我なかったけど。
    これが危ないよなのかも。
    まあトピ主さんとぶつかるから、危ないよかもしれないが。

    とっさに出た言葉ですから気にしないほうが良いと思うよ。

    ユーザーID:1997104382

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧