• ホーム
  • 健康
  • 稽留流産になりました…辛くてたまりません…

稽留流産になりました…辛くてたまりません…

レス12
(トピ主1
お気に入り17

心や体の悩み

ねこ娘

はじめまして‥‥
今回、初めての妊娠でしたが8週目に稽留流産と診断され、3月31日に手術を受けてきました‥‥
私は以前、チョコレート嚢腫で開腹手術も受けており元々、妊娠しづらいと言われていたので
今回、妊娠が分かった時は本当に嬉しかったです。
年齢が37歳と言う事もあり、ある程度このような事になる事も覚悟していましたが実際に直面してしまうと想像以上の辛さ、悲しさでどうにかなってしまいそうです‥‥

私だけがこのような辛い経験をしている訳ではないと頭では分かっていてもどうしても、
『なんで私だけが‥‥』と旦那に八つ当たりしてしまいます。
そんな自分に自己嫌悪‥‥
本当にどうしたらいいのが分かりません。

同じ経験をされている方のお声を聞かせて頂けたら幸いです。
宜しくお願いします。

ユーザーID:4660120158

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 次に期待して

    稽留流産だったとのこと。つらかったですね。私の妻も最初の妊娠の時、9週目で稽留流産しました。夫の私の方がつらく、妻は「次があるから」と前向きでした。そのとき妻は36歳でした。産院の先生からは、「流産後は次の妊娠のための準備がきれいに整うから、あまり心配しないで。」と励まされました。人間、いろいろな運の波があるのです。その後38歳と41歳で妻は出産し、私たち夫婦は二人の娘の親となりました。もう、13年も前の話です。希望を持って暮らしてほしい。今はつらくても、きっといいことがやってくる。そう信じて暮らしてほしいですね。旦那さんに当たったら良くないですよ。男は精神面も心も弱いです。その代わりに神様は腕力を与えた。女性は心が強いのです。それで神様は腕力を与えなかった。夫婦は一心同体。支え合ってほしい。明日はきっといいことがやってくる。

    ユーザーID:8356738146

  • 同じ経験をしました。

    辛くて辛くてどうにかなりそうなくらいでした。
    そんな時、実はね・・・って友達に打ち明けたら「私も」と。
    みんな言わないから知らないだけで、実は自分が思っているよりたくさんの人が経験してるんだよね。

    今はとっても辛いと思うけれど、その辛さは、時が少しずつ癒やしてくれます。

    旦那さんのこと、大切にね。

    ユーザーID:9895878789

  • 旦那さんの気持ちもいたわってあげて!

    もし表に出していなくても、旦那さんも同じくらい辛い思いをしています。
    私、当時それに気付かず、自分の事でいっぱいいっぱい、夫に頼ったり、怒ったり、泣きついたりして、立ち直ったんだけど、全く気にしているように見えなかった夫は1年以上経った今、あんなに悲しい思いをするのはもう嫌だ、あなたの身体に負担をかけるのも嫌だ、と、子作りに後ろ向きになっちゃいました。
    あの時、夫の気持ちをいたわらず、自分の事ばっかりだったな、と今さらながら反省。よくあることだし、だれにでも起こりえる事。二人で乗り越えてください。体調が戻ると、気持ちも楽になりますよ!!私は、次の生理が始まった頃だったかな?

    ユーザーID:8374594433

  • 前を向きましょう

    同じく流産経験者です
    お気持ち、本当にわかります
    子どもを望んで望んで、もし産まれてくれたら大事に大事に育てるのに
    そう思うとたまらなかったです

    私は大泣きした後、1週間で気持ちを切り替えました
    年齢的にも泣いて八つ当たりしている時間なんて、私にはないんだと自分に言い聞かせたんです

    泣いて沈んで主人に八つ当たりしても子供はかえってきません
    むしろ、夫婦仲が悪化する結果にしかならないでしょう
    ストレスが最大の敵ですよね?

    私はそこから毎日(何か手間のかかる作業に没頭しようと思ったんでしょうね)手作りの豆乳を飲むようにしました

    食事は和食中心で健康的に血液サラサラ生活を目指しました
    おかげで主人も私も体調がよくなり、3か月後に子供を授かることができました

    泣いててもいいことがないなら、前を向くべきです
    あなたはもうお母さんなのだから、はやく気持ちを取り戻して生まれてこれなかったお子さんの水子供養をご夫婦でしてあげてください

    実は私達もそうするところから始めました

    ユーザーID:3269448340

  • あなただけじゃないよ、追い詰めないでね

    私も37歳の時に初めて妊娠と妊娠初期の稽留流産を経験したので、一例として書き込ませてもらいますね。
    育ててあげられなかった赤ちゃんには本当に申し訳ないですが、私はすぐに気持ちを入れ替え次の赤ちゃんのため心の準備をしました。
    それが良かったのか、ただものすごくついているだけか、数ヶ月後には新しい赤ちゃんがお腹の中にやってきてくれました。
    38歳の今、7ヶ月の男の子のお母さんをしています。
    まだまだ兄弟が欲しいなと思ってますよ。
    もちろん運に任せてですが。
    自分を追い詰めないでくださいね。

    ユーザーID:4389545197

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • お気持ち分かります

    私も何度も流産経験があります。早寝早起きをしてみてください!これで私はうまくいきました。気分が落ち込み、悪循環にはまらないように。昔から言われている早寝早起き、これだけは絶対やったほうがいいです!!

    ユーザーID:3151178544

  • 時間薬が癒してくれます

    お気持ちとてもわかります。
    私も落ち込んでしまい、半年ほど鬱っぽくなりました。
    けれど、時が経つと、その心が裂かれるような悲しみも、後悔も、辛さもだんだん癒されます。
    だいじょうぶ。

    だいじょうぶ。

    辛いときはいっぱい泣きましょう。
    溜め込むのが一番よくありません。

    ユーザーID:5249220440

  • 経験者です

    同じく流産を6月にして、9月には、妊娠そして翌年41歳で出産しました。その息子も、もう成人しました。決して、希望を捨てないでください。
    私のような例もあります。
    高年齢出産の良いところは、人生で充実した時期に余裕のある子育てが出来ます。

    ユーザーID:6709679848

  • 私も最初の妊娠は流産でした

    トピさんと同じく8週で。当時の年齢は35歳。
    その後、36歳と38歳で出産し、2児の母です。

    >『なんで私だけが‥‥』と旦那さんに八つ当たりしてしまいます。
    これは、やめましょうね。
    私の夫は、最初の妊娠を喜んで、それも、本人も思った以上の喜びだったようです。もともと、子を持つことに積極的ではなかったので、ダメだった時の落胆で自分が思った以上に喜んでいたことを自覚したと、後になって語りました。
    八つ当たりしたって、関係が悪くなることはあっても事態が良くなることは何もないのですから。

    妊娠の15%が初期流産です。お辛いでしょうけれど、出産まで至らないということは、生きられないということだと思います。

    私は、妊娠したくてクリニックに行きました。だから、先生は「妊娠できることがわかってよかった」と。初診で妊娠可能か、という相談から始まり、すぐに妊娠、流産、期間をおいて4ヶ月後に妊娠です。私はその間に歯科や乳がん検診などを済ませ、体調を整えました。

    妊娠すること、妊娠を継続すること、出産すること、母子ともに健康であることは、奇跡の連続です。

    ユーザーID:0345477201

  • 癒してくれた言葉

    私も36歳の時、初めて妊娠しましたが9週で稽留流産でした。

    私もその頃は、この世の全てが呪わしくて、とにかく仕事に集中し、土日はひたすら美術館に行って綺麗な物を見たりしてただ時間を過ごしていたように思います。夫に八つ当たりしましたよ。でも男性って流産って言っても実感無いんですよね。

    そんな時に、鍼灸の先生からこんな話を聞きました。
    「どんな命でも、必ず遺伝子の中に終わりのプログラムを持って産まれて来る。あなたの赤ちゃんはそれがたまたま短かっただけ。それは同時に、正常なプログラムを終えたということ。そして、元々長く生きられない命であれば、まだお母さんの体に負担のかからない小さいうちに命をストップしてくれたんだから、とてもお母さん思いの赤ちゃんだったんだね。」
    という話でした。
    この話を聞いて、私はもう辛い悲しい思いは忘れて、「お腹に赤ちゃんがいた間、私はとても幸せだった。ありがとう。」と思おうと決めました。

    池川明先生の本も、とても助けになりました。おすすめです。

    ユーザーID:4461763678

  • まずは全部吐き出せ!

    お辛かったですね。
    私は二度の稽留流産経験者です。
    もともと晩婚でしたので(40歳)すぐに体外受精から開始。
    一回目が40歳、9週目で心拍確認後。
    二回目は41歳、8週目。これは最初から胎嚢の育ちが悪かった。

    結局、これで最後と決めて行った治療で無事に出産にまで至りました。43歳でした。

    私が流産後にしていたのは、とにかく我慢せずに吐き出すこと。
    親友や母親に愚痴をきいてもらったり。
    泣きながらリビングで叫んだことあります…。
    夫に八つ当たりも、正直何度かしましたよ。体の負担を負うのは女性側なので。
    ただし必ずフォローを入れてました。
    「昨日はごめん。あなたに全部ぶちまけたらスッキリした、有難う」と。
    そうしたら「おう、いくらでもサンドバッグになるで〜」と言ってくれました。

    あとは、やはり時間薬かな。
    桜の季節です。いろいろなところに出かけて、毎日を楽しんでください。
    幸運をお祈りしています。お体を労わってね。

    ユーザーID:2801586186

  • 皆さん、ありがとうございます!

    トピ主のねこ娘です。

    皆さん、ありがとうございます‥‥
    とても励まされました!

    昨日、術後1週間目の検診に行ってきました。
    お陰様で経過は順調の様です。
    少しずつですが心身共に日常に戻りつつあります‥‥

    旦那さんをはじめ、両家の親達にも色々と助けてもらいました。
    周りの優しさを当たり前と思わず、感謝の気持ちを忘れずに過ごしていきたいと思います‥‥

    皆さんのレスのお言葉も忘れずに大切にしていきます!
    本当にありがとうございました!!

    ユーザーID:4660120158

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧