茶飯は奥が深かった

レス26
(トピ主9
お気に入り108

生活・身近な話題

みー

昨日の夕飯をおでんにしたときに、茶飯なるものを作ってみようと
急に思いました。(うちの場合はいつも、おでんには白いご飯です)

そう思ったのは以前にネットの記事でおでんのときに
ご飯を食べる家庭の多くに白いご飯と共に茶飯が人気なのを
たまたま知ったからです。

それをふと思い出し、茶飯だから緑茶のご飯か。
ご飯とお茶の組み合わせはカテキンも豊富で身体に良さそうと思い
うちも「茶飯」なるものを作ってみようと思いました。

とりあえず、緑茶の茶葉はあるし、茶飯なるものは作れそうだと思って
茶飯なるもののレシピを調べようとネットに向かいました。
(茶飯の文字しか見ていないので茶飯自体が作り方も知りません)

ところが、茶飯レシピを検索して調べると醤油を使ったレシピばかりです。
醤油とだしで炊く、醤油と調味料で炊く。
どうやら茶色の色からきた茶飯だったようです。
やっとお茶を使用するレシピを発見しても、なんと、ほうじ茶!
うちには、残念ながら、ほうじ茶はないのです。

結局、想像していたものとは違いましたがレシピ通り
茶葉は使わず、醤油と出汁の茶飯を作りました。

あとから気になって茶飯の意味を調べてみたところ
緑茶でご飯を炊いたもの、炊き上がりの白いご飯に緑茶葉を混ぜたもの
醤油と出汁でご飯を炊いたもの・・。
すべてを茶飯と呼ぶのは間違いないみたいです。
また、地域によっては緑茶ではなく、ほうじ茶を使うようです。

茶飯の歴史が長いのはお茶か醤油か?
現代はお茶の茶飯より醤油の茶色の意の茶飯が主流になっているのか?
茶飯の謎は深まるばかりで、茶飯なるもの、奥が深いです。

小町の皆様には郷土やお住まいの地域によって茶飯の違いがあるかと思います。
皆様の思う、作られている茶飯とはどのようなものですか?

ユーザーID:6092464736

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 茶飯は薄茶色だった

    番茶で炊いたものだと思ってけど、ほうじ茶だったかも?
    青菜をのせていただく、海苔でもいいけど。
    そういう風にしてあったかな。
    出し醤油、これが正解ぽいですね。
    納得、塩分に気を付けていただこう。

    ユーザーID:0407678818

  • ほうじ茶で炊く

    緑茶で醤油とは初耳です。 京都です。お茶でご飯を炊くといったらほうじ茶であっさりと、しか思い浮かびません。
    あまり食べたこと無いけど・・・宇治に行くとよく目にします。

    ユーザーID:1168567582

  • うちのお茶飯

    我が家のお茶飯は、とぴ主さんが最初に想像した通りの緑茶で炊いたご飯です。
    母の地元が静岡だからかな。
    緑茶で炊いたお茶飯、大好きです。

    ユーザーID:7315800646

  • ほうじ茶

    「ほうじ茶でご飯を炊く」のは、和歌山が発祥だった記憶があります。
    緑茶を焙煎したら、ほうじ茶になりますよ。

    私は、お粥の様にドロドロになってしまうのがあまり好きではない為、お茶碗に少なめの白ご飯(少し時間が経って固くなったご飯)を入れて、濃い目のほうじ茶をかけて食べるのが好きです。
    後は漬物に柚子ポンをかけて食べると、ほうじ茶で塩辛さが丁度良くなり、相性が良いです。

    食欲がない時や、風邪の時でも食べやすいので一度試してみて下さい。

    ユーザーID:2719771398

  • しょうゆ味のもの、桜ご飯とか言ったりもしますね

    でも茶飯も、茶粥も、確かに茶で炊いたものを指したりします。
    私の場合『茶飯』と言われると、ほうじ茶で炊いたご飯のことだと理解してます。

    あと、ほうじ茶ですが、
    緑茶葉があるなら、焙烙なり、お鍋なりで緑茶葉を焙じてみれば出来ますよ。

    ユーザーID:7438958731

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 茶飯か

    私の地元静岡では昔からおでん、白飯ですね。
    茶飯の存在は本などで知りましたが、おでんに茶飯って何?の存在でした。

    茶飯というと地元ではさくらご飯というのがあり、茶飯と似たような物ですね。

    米に、醤油、酒、水を入れて炊きます。
    味は炊き込みご飯の具無しって感じです。
    よく給食で出た炊き込みごはんなんです。

    炊き込みご飯の基本みたいなものなのでよく作ります。

    そうそう、地元ではおでんと言うと静岡おでん。
    だしがよく効いた黒いつゆなので、おでんのつゆをご飯にかけて、さらっと食べることもあったりします。

    ユーザーID:4964705977

  • 醤油派です

    楽しいトピですね。

    私の家では醤油で炊いたご飯を
    「茶飯」と呼んでました。
    おでんを作るとき、茶飯を炊いたなあ。
    単純だけど美味しかった。

    子供って、味のついたご飯とか、
    ちらし寿司とか好きなんですよね。
    なんか「いつもと違うご馳走!」と思って、
    はしゃぎましたっけ。

    ほうじ茶で作る茶飯、私も試してみたいです。

    ユーザーID:9999365468

  • レスします。

    私もスーパーのお弁当売場で聞いた事があります。
    茶色いのは何で味をつけているのかと。

    実際にウーロン茶やほうじ茶の場合もあるし、お醤油の場合もあるみたいです。

    本当に奥が深いですね。

    ユーザーID:3891454963

  • 茶飯は 茶葉を使うご飯のことですよね

    茶色だから茶飯って思っている人が存在するってことなのかな・・・?


    うちは番茶を使うことが多いです。
    いただいて余ったら作ります。

    脂っこいおかずのときには さっぱりしててオイシイですよね。

    ユーザーID:3285537073

  • 作ったことはありませんが。

    東京ですが、「おでんといえば茶飯」の茶飯はお醤油・出汁系のしか知りませんでした。おでんのおつゆで炊いたのかな、茶色いから茶飯なんだと思ってました。おでん屋さんで出るのはそんな感じなので。
    ほうじ茶とか緑茶で炊いた茶飯ってどんな味(香り)なんでしょう。お茶漬けみたいな感じなのかな?

    ユーザーID:1105709871

  • 醤油味でした

    関東在住で、おでんの時は茶飯でした。
    味付けは「お茶」は一切いれず、醤油とお酒、お出汁です。

    茶色いご飯だから茶飯、と信じて疑っていなかったので、
    お茶で炊くというのを初めて知った時は素朴に驚きました。
    (名称から察するに、恐らく元祖はお茶で炊く方だと思うので
    失礼があったらすみません)

    私も和歌山の方ではお番茶で炊いたご飯、おかゆさんがあると聞き、
    素朴でおいしそうだなと気になっています。

    色々と試してみたいですね。

    ユーザーID:2136011930

  • 給食で出ました

    懐かしい!!

    静岡県中部、所謂お茶どころと言われるところで育ちました。
    家では一度も出たことありませんが(笑)給食で出てましたね。
    郷土給食というのでしょうか?地元の特産品だらけの給食の時はほぼ確実に茶飯でした。

    特に味はついていないもので緑茶で炊いていたはずですが、記憶のあるのは薄い茶色です。
    鮮やかな緑では無かったと思います。

    ユーザーID:4546033815

  • トピ主です

    字数制限のため、読みにくいトピ文になってしまい
    申し訳ありませんでした。
    読んで頂いた皆様、本当にありがとうございます。

    >子故に迷う親心様

    ありがとうございます!
    番茶やほうじ茶で炊いた茶飯だったと聞いて
    ホッとしました。
    お茶で炊いた茶飯に青菜か海苔をのせていただく
    香りはもちろん、見た目のこだわりも素敵です!
    そうなんです、おでんに醤油の茶色いご飯は
    おこげは楽しめたものの、塩分が気になりました・・・。

    >フロム京都様

    ありがとうございます!
    私もまさかの醤油の茶飯でした。
    京都はほうじ茶でご飯を炊くのですね、風味はあっさりめなのですね。
    宇治では茶飯はよく見かけるのですか、お茶所宇治に行って茶飯食べて
    みたいです!
    私の勝手なイメージで宇治は抹茶?と思っていたので
    ほうじ茶は意外でした、なるほど。


    >麦茶様

    ありがとうございます!
    緑茶で炊いた茶飯ですね、嬉しいです!
    麦茶様のお母様の地元が静岡なのですか、お茶所ですね。
    お茶飯が母の味って風流で素敵ですね!
    羨ましいです。

    ユーザーID:6092464736

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • トピ主です

    >HN様

    ありがとうございます!
    ほうじ茶で茶飯の発祥は、和歌山なのですか!
    西方面は、ほうじ茶が主流なのかなという気もしてきました。
    私は、まだお茶で炊いた茶飯を作っていないので
    わからなかったのですが、ドロドロになりやすいのですか。
    水加減がかなり難しそうですね。
    茶飯の代わりに固め白飯とほうじ茶でお茶漬け。
    香りに誘われて、体調が悪い日でも食欲ない日でもサラサラいけそうですね。
    漬物に柚子ポンは思いもよらなかったのですが、合いそうですね!
    美味しそうです・・・。
    お茶漬け好きなので、今度試してみます!

    >ゆう様

    ありがとうございます!
    醤油味の茶飯は、桜ご飯とも言うのですね。
    呼び名が他にもあるとは驚きです!
    ゆう様の思う茶飯は、ほうじ茶で炊いたご飯なのですね。
    よくよく考えると、ほうじ茶はお茶であり、色は茶色なので
    お茶と茶色、両方の意味を持っていますね。
    お鍋で緑茶葉を焙じて、ほうじ茶は思いつきませんでした!
    なるほど!家庭でもできるのですね!
    チャレンジしてみます。

    ユーザーID:6092464736

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • トピ主です

    >ぷ〜にゃんぱん様

    ありがとうございます!
    静岡はおでんには白飯なんですね!
    熱々のおでんつゆが染みるので白飯なのでしょうか。
    あと出汁の利いた、黒いつゆというのに驚きました!
    黒はんぺんもとても珍しいですね。
    静岡のおでん食べてみたいです。
    (当方、関東在住の為、食べているのは関東風のおでんかと)
    静岡では茶飯転じてさくらご飯と呼ばれているのですね。
    給食にも出るということは知名度が高そうです。

    >りょう様

    ありがとうございます!
    私の茶飯への無知から立てたトピでしたので
    恥ずかしながら、沢山の方に気にかけて頂けたようで
    トピを立てて良かったと思いました。
    りょう様の家庭で作られる茶飯は
    醤油で炊いたご飯なのですね。
    私ははじめてお醤油の茶飯を作ってみたのですが
    おこげがとても気に入りました。
    お醤油特有の香ばしさがあるのですね。
    本当におっしゃる通りです、味つきご飯やちらし寿司などは
    白いご飯より子供心に嬉しい特別感がありました。
    「ご馳走」でしたね。
    茶飯はほうじ茶という方も意外に多い様子で私も気になっています。

    ユーザーID:6092464736

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • トピ主です

    >あや様

    ありがとうございます!
    お弁当に入っている茶色いご飯、茶飯なのですね。
    てっきり私は醤油味で統一かと思っていましたが
    あや様の情報でウーロン茶やほうじ茶という時もある
    ということに驚いております。
    ウーロン茶飯って、いったいどんな味がするのでしょう?
    薬膳風でしょうか?
    気になって、中国茶ご飯で調べてみたらウーロン茶飯、プーアール茶飯と
    出てきたので、どうやら、受け入れられてるみたいです!
    本当に奥が深いです、深すぎます・・茶飯というものは。

    >miyabi様

    ありがとうございます!
    茶飯とはで調べてみました。
    醤油の茶飯の場合は大正あたりに出現、色彩の茶色からの茶飯のようです。
    ただ明治は茶の煎じ汁、塩、しょうゆ、酒で炊くが主流だったとか。
    歴史的には茶飯は茶粥から進化したものみたいです。
    そしてmiyabi様がおっしゃる通り茶で作る茶飯が日本最初の茶飯のようです!
    miyabi様の家庭で作られるのは番茶ですね!
    なるほど!お茶は脂っぽいおかずとの相性も良さそうです。
    おかずが脂っぽい時にお茶の茶飯を作ってみたいです。

    ユーザーID:6092464736

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • トピ主です。

    皆様の文章を拝見していると、不思議です。
    だんだんと茶飯が食べたくなってきます。
    ありがとうございます。

    >ぽん様

    ありがとうございます!
    私も関東圏在住なのですが専門のおでん屋さんに
    行ったことがなく、おでん屋さんの茶飯を知らないのです。
    ぽん様の情報によるとおでんのおつゆで炊くとか
    醤油と出汁で炊くといった感じなのですね。
    おでん屋さんの煮込まれてるおでんのおつゆは出汁がきいていて
    美味しそうですね。
    茶飯に使うのもわかります。
    お店によってはおでんは関東風の他に関西風や静岡おでんなども
    あるのでしょうか。
    お店による違いを楽しむのも楽しそうですね。
    私もまだお茶でご飯を炊いた事がないのですが
    イメージはお茶の香りは強いのかな?
    といった感じです。
    味はさっぱりしているという声があるのですが
    どんな感じなのでしょうか?
    ぽん様がおっしゃる通りお茶漬けに似た
    良い香りがしそうですね。

    ユーザーID:6092464736

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • 茶飯は団子屋

    東京下町出身です。おでんに茶飯は初めて聞きました。この辺りでは茶飯はお団子やさん、和菓子やさんで売っていて、味はお醤油味です。
    作るより買う方が主流です。

    ユーザーID:1386036974

  • 醤油の味付けで茶飯???

    九州在住です。
    我が家で「茶飯」と言えば、お茶で炊いたご飯です。
    お茶は緑色の緑茶ではなく、黄金色のほうじ茶だったり、番茶だったりします。
    時々、玄米茶を使うこともあります。

    このトピを見て、インターネットのレシピ投稿サイトをのぞいたら、醤油と酒を使ったシンプルな炊き込みご飯を「茶飯」と書いて載せている人が大勢いらして、驚きました!

    私も、お茶だから「茶飯」と思ってたくちなので、茶色だから「茶飯」は新鮮で、
    そういう文化の地域もあるのかなーと新発見でした。

    ユーザーID:1762138206

  • トピ主です

    >みわこ様

    ありがとうございます!
    みわこ様の家庭で作られる茶飯は醤油、お酒、お出汁なのですね!
    みわこ様は色が茶色なので茶飯と思われていたのですか。
    各家庭の茶飯の味で醤油かお茶かの茶飯のイメージが
    決まってしまったりしますよね。
    和歌山は茶飯の他にも番茶のおかゆがあるのですね!
    美味しそうです、それも食べてみたいです。
    和歌山はお茶所ではなかった気がするのですが
    お茶料理が受け入れられている土地なのでしょうか?
    謎が深まります。

    >にゃっち様

    ありがとうございます!
    静岡は給食で茶飯が出るのですね!
    さすがお茶所です。
    そして美味しそうな郷土給食が羨ましいです!
    子供時代の美味しい給食って心に残りますね。
    にやっち様の思い出す茶飯は薄い茶色の茶飯なのですね!
    ほうじ茶の茶飯だったのでしょうか?
    気になります。

    ユーザーID:6092464736

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • 追記します。

    少し追記を致します。

    私の認識では「茶飯」=「茶粥」でしたので、ほうじ茶でご飯と炊くというのは、お粥のほうじ茶版になりますね。
    なので「ドロドロになる」という表現をしました。

    発祥については、以前TV番組のケンミンショウで、ほうじ茶の茶粥は和歌山が発祥だと言っていました。
    ほうじ茶を購入される際は、パックになっている方が良いかもしれません。

    ユーザーID:2719771398

  • トピ主です

    >はな様

    ありがとうございます!
    はな様の出身である東京の某下町では茶飯が和菓子屋さんや
    お団子やさんにあるんですね!
    私の地元の和菓子やさんではのり巻き、おにぎりは見かけますが
    茶飯はないようなので驚きました。
    意外にもお醤油味という事で関東は醤油の茶飯が多いのかな?と
    思いました。
    お店で売っていると食べたい時に茶飯を買えて便利ですね!

    >仰天様

    仰天様の家庭で作られる茶飯はお茶で炊いたご飯なのですね!
    ほうじ茶か番茶か玄米茶ですか、香りが良さそうですね。
    九州の茶飯はお茶が主流なのでしょうか。
    そうなんです、醤油味の炊き込みご飯も茶飯らしいです。
    先の方が教えてくれたところによると桜ご飯ともいうみたいですね。
    私もてっきりお茶の茶飯と思っていたので意外でした。
    色で言えば確かに茶色のご飯だから、茶飯なんですよね・・・。
    地域が変わると違いがありますね、私も発見でした!

    ユーザーID:6092464736

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • 火葬場で食べました

    関東の西部出身です。ずい分昔の話ですが、茶飯といえばお葬式の食事でした。火葬場で
    出される食事に付いてくるご飯は醤油で炊いた茶飯が定番でした。だから、醤油を入れて
    炊いた炊き込みご飯のような茶色いご飯を嫌う人(特にお年寄り)もいましたね。

    でも近くの駅では駅弁として売られている有名な茶飯(醤油味)もあるので、仏事専門と
    いうことではないようですが。

    ちなみに大往生された人のお葬式にはお赤飯がでました。(脱線すみません)

    ユーザーID:9670995570

  • トピ主です

    >HN様

    追記ありがとうございます!
    てっきりかために炊いた茶飯が柔らかくなると
    勘違いしておりました(ごめんなさい)
    ドロドロになるというのはほうじ茶版のお粥の事ですね!
    テレビでほうじ茶の茶粥の発祥は和歌山と放映していたのですか。
    思いがけず茶飯のルーツに和歌山が関係しているような気がしてきました。
    ほうじ茶を購入する時はパックの物がよいのですね。
    購入する時はそうしてみます、ありがとうございます!


    >一部の関東人様

    ありがとうございます!
    火葬場!お葬式で醤油の茶飯がでるというのははじめて知りました。
    関東の西部ではそういう風習の地域もあるのですね、驚きました!
    それではトピ主さんは茶飯と聞けばお葬式をイメージしてしまいますよね。
    普段の食事でも気にされて嫌がられる方も多そうですね。
    また大往生された方のお葬式にお赤飯は珍しくビックリしました!
    でも本人が天寿を全うしたと納得していたというのであれば
    それは人生で素晴らしい事と思いましたので
    お赤飯も間違ってはいないんだろうなと思いました!

    ユーザーID:6092464736

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • 駅弁

    駅弁というのは名物を凝縮した品が多いですが、宇都宮及び日光駅で売られている(今もかは不明)その名も茶めし弁当は、醤油味の茶飯とオカズがおでんという特徴がある駅弁ですよ。

    奈良にもなら茶々茶という駅弁がありましたが、おかずはおでんじゃありませんが、粉茶をまぜたご飯です。

    ユーザーID:3852966798

  • トピ主です

    >まか様

    ありがとうございます!

    宇都宮〜日光のお弁当に茶めし弁当がある(あった)のですね。
    関東圏は醤油味の茶飯が一般的なのでしょうか?
    そういえば関東には某醤油工場もありますね、関係があるのでしょうか。
    おかずにおでんというのは面白いお弁当ですね!
    奈良の茶々茶という駅弁はほうじ茶で炊くものではなく粉茶を混ぜた
    ご飯ですか!奈良でも場所によって茶飯の違いがあるのかもしれませんね。

    ユーザーID:6092464736

  • トピ主のコメント(9件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧