• ホーム
  • 話題
  • 血縁関係の無い成年後見人の決め方、手数料は?

血縁関係の無い成年後見人の決め方、手数料は?

レス11
(トピ主2
お気に入り38

生活・身近な話題

トピ主

先日、脳出血で左半身麻痺の後遺症で、昨年6月から高齢者見守り施設に入居中の弟(62歳)の息子(35歳)が、弟が倒れて以来、弟の銀行カードや印鑑、要介護認定の書類など自分の手元に抱えたまま、弟、ケアマネ、施設のカウンセラーなどの再三の電話やメールの呼び出しに全く応じずに困ってるとのトピックを掲載して頂き、
http://okm.yomiuri.co.jp/t/2017/0314/797258.htm
数人の方から成年後見人を立てるという提案を頂きましたので、その方向で役所で相談したいと思ってますが…
親戚などが他に居ないので、全く血縁関係の無い方に後見人になって頂かなくてはならず、この場合どうやって探すのでしょうか?
私の日本滞在は3週間です。

実際後見人をなさってる方や、そういう方法を取られた御家族の方が支払う手数料などについて、お教え頂きたく思います。

ユーザーID:8055049895

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いろいろ問題ありすぎな・・・

    この制度知れば知るほど怖くて近づきたくないとおもってしまうほどです。
    パソコンで検索してみてください。
    利用してよかったがどうか?

    ユーザーID:8229238348

  • 弁護士に相談・依頼

    いろいろと大変ですね。

    まず、入所中の施設のカウンセラーに
    弟さんの住所地の家庭裁判所のHPから
    「後見申立」用の診断書をダウンロードしてもらい、
    主治医に書いてもらってください。

    診断書で「後見(保佐、補助)相当」とあれば、
    弟さんの住所地の都道府県の弁護士会に電話をして

    1.「後見(保佐、補助)相当」の診断書があり、
      早急に申立が必要である。
    2.財産を把握している者(実子)と連絡できず
      審判前の保全処分もしくは後見(保佐、補助)命令の
      申立も、あわせて考えている。
    3.滞在期間が3週間なので、申立代理をして欲しい。

    ということで、成年後見ができる弁護士を
    事前に紹介してもらってください。
    あとは、来日後に正式に依頼をすれば、
    申立までやってくれます。
    ここまでは、トピ主の負担です。

    後見人は、家庭裁判所が決めますが
    申立時に、依頼した弁護士を候補者とするも良し。
    家庭裁判所の名簿順で選任してもらっても良し。

    後見人が選任されたら、その後の費用や報酬は
    すべて弟さんの財産から支出されます。
    報酬は、家庭裁判所が本人の財産状況なども踏まえ、
    一方的に決めます。

    ユーザーID:3324217635

  • 職業後見人

    報酬をもらって成年後見をする人を職業後見人と言いますが
    主に、弁護士、司法書士、社会福祉士に依頼することがほとんどです。
    他に行政書士や介護士に依頼することもあります。

    報酬は被後見人の財産から支払われます。

    ただ前のご相談を読むと、成年後見というよりも、任意後見契約と
    セットで契約される任意後見人(認知症など成年後見が必要なわけでは
    ないが、代理人として銀行の通帳を預かったりする)が必要な事案だと
    思われます。
    公証人が立ち会って公正証書を作成します。

    法テラスや司法書士のリーガルサポートなどで相談できます。

    ユーザーID:8524622331

  • 専門家が後見人になる場合もあります

    後見人は身内がなるとは限りません。
    >親戚などが他に居ないので、全く血縁関係の無い方に後見人になって頂かなくてはならず、この場合どうやって探すのでしょうか?
    裁判所に後見人の申し立てをした場合、様々な状況を鑑みて、専門家(弁護士・司法書士など)が家庭裁判所にある名簿から選出されることもよくあります。
    >そういう方法を取られた御家族の方が支払う手数料
    申し立ての手数料や鑑定費用(認知症であるとかそういう病院に支払う部分)は別として、後見人の報酬としての手数料と解釈しますが、
    その場合は、1年ごとに(あるいは何か大きな取引をした場合など)、適宜、成年後見人が家庭裁判所に報酬(がいくらになるか)の申し立てを行い、
    その費用を成年被後見人の口座等から清算する許可をもらいます。

    >私の日本滞在は3週間です
    ということですのであまり時間がないので、直接、弁護士会や司法書士会に問いあわせをして相談したほうが良いと思います。

    成年後見の申し立てに踏み切るにしろ、踏み切らないにしろ、準備や必要なものはいろいろありますから。

    ユーザーID:1069526726

  • 社会福祉協議会に連絡を

    前トピも拝見しましたが、成年後見制度を利用したとしてもおそらく補助止まりでしょう。
    現行の制度は難聴であることを理由に成年後見人をつけることはまずあり得ません。
    成年後見は「著しい判断能力の低下」が理由で、極端な話「会話が成立しない」くらいでなければ認められません。
    保佐(補佐ではないですよ)も同じで、こちらは後見人をつけるほどではないが…という場合で、いわゆる「会話が成立するがたまにあやふや」くらいの方です。
    弟さんは「自分で手帳申請をしている」「知的障害はない」等考えると、申し立て(家庭裁判所で後見開始申立を行います)てもよくて補助止まりかと思います。
    補助ですと、基本的な金銭管理は自分でしなくてはなりません。

    まずは、弟さんが現在お住いの地域の社会福祉協議会にご相談いただくのがいいかと思います。
    状況確認の上、お住いの地域の首長権限で開始申立も可能ですし、トピ主さんに代わって弟さん家族の状況確認や相談にのってくれます。

    なお、申立の費用はかかって15万程度、後見(保佐・補助)人は裁判所でも選任してもらえますのでご安心を。
    後見人への報酬も裁判所が決めます。

    ユーザーID:0752904597

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 後見は無理かも

    書いてらっしゃる方がいますが、知的障害や認知症がないとのこと、そもそも成年後見制度の対象にならないかも知れません。
    (任意後見も基本的には同様)
    身も蓋もないですが、今回に限っては基本的に甥御さんを説得するしかないような気がします。
    行政が動いてくれるとよいですが。

    ユーザーID:3694043014

  • 司法書士会から紹介

    私は遠方に住む認知症が始まった母の成年後見人を
    その地区担当の司法書士会から紹介してもらいました。


    こちらの要望、被後見人の状態や後見人に適切な司法書士を
    紹介して欲しい旨、電話で問い合わせた所すぐに良い方を
    紹介して頂けました。

    私も遠方に住んでいるので、実家に帰る前に出来るだけのことを
    して時間の無駄をしないように、事前に司法書士と連絡を取り
    帰ったその日に面会出来るように予約を取りました。

    母親は依怙地で難しい人ですが、こういう人間に限って公的に
    資格があったりする人には弱いので、話がスムーズに進みました。
    手数料はケースバイケースで、私は適正、安心出来る分高いとは
    思いません。

    トピ主さんも心労いかばかりかと推察しますが、良い方向に
    進まれますように。

    ユーザーID:0976859147

  • 追加で:最終手段として

    社協に連絡しても時間がかかりますので、弟さんが動くが、その手伝いとしてトピ主さんができることがあります。

    年金振込口座の変更、現在の銀行口座の停止・変更です。
    年金事務所や銀行へ行き、手続きを弟さん本人がすれば(トピ主さんが付き添って)大丈夫です。
    印鑑も変更されたほうがいいでしょう。
    少なくとも銀行にあるお金は取り戻せます。

    介護認定の書類も再発行を依頼できないか確認してください。

    問題は実はここからで、弟さんと息子さんがどういった考えで諸々ストップしているのか事情がわからない。
    であれば、事情をなんとか引っ張り出さないとならないわけです。
    任意後見はお金のある方が前提ですから、資産状況がわからないと相談もしづらいでしょう。

    蛇足ですが、
    トピ主さんが弟さんの側に立つのは当たり前ですが、お付き合いのなかった期間に何があったか、それも無視できない事情でしょう。
    そこまで立ち入る気はないなら、手を出すのはおやめになったほうがいいかと思います。

    ユーザーID:0752904597

  • 続きです

    字数制限があるために、中途半端となりました。

    弁護士をおすすめした理由ですが
    トピ主さんが海外在住で、限られた時間しか
    日本に滞在できないためです。

    成年後見の申立は、家庭裁判所に書類を出したら、
    すぐに決定が出るわけではありません。

    裁判所にもよりますが、
    申立予約が必要なところがあります。
    通常は申立人に対する面談がありますが
    申立日にするところと、後日、行うところがあります。

    必要な書類も、家庭裁判所によって若干異なり、あす。
    足りない書類・資料類などを、申立後に追加で
    提出するように求められることや、
    事情を追加で聞かれることもあります。

    弁護士を代理人にすれば、こうしたことを
    トピ主さんが対応することなく、弁護士がやります。

    また、弟さんの状態によっては後見制度の
    枠外の可能性もあります。
    その場合、弁護士が弟さんに代わって
    いろいろな手続をすることのできるよう
    委任契約を結べば、弁護士は様々なことが出来ます。

    最後になりますが、弟さんの息子の行為は
    ネグレクトや経済的搾取など
    高齢者虐待の可能性もあり、
    これらの対応(自治体への通報など)も、
    可能です。
      

    ユーザーID:3324217635

  • トピ主ですー1

    まとめての返信になりますが、皆様からの御丁寧なアドバイス、何度も読み返してます。

    御意見を総合しますと、弟に知的障害や認知症の症状が無く、弟の資産状況も分からない(たぶん預金は無しの年金収入のみ)ので、息子が無視、連絡も取れないという理由だけでは成年後見人を依頼するのは難しそうですね。

    mf様、どんちゃん様の御提案の
    >弟さんの息子の行為はネグレクトや経済的搾取など高齢者虐待の可能性もあり、これらの対応(自治体への通報など)も可能です。

    >弟さんが現在お住いの地域の社会福祉協議会にご相談いただくのがいいかと思います。
    状況確認の上、お住いの地域の首長権限で開始申立も可能ですし、トピ主さんに代わって弟さん家族の状況確認や相談にのってくれます。

    まずはこの御意見を参考に自治体の社会福祉相談に出向いて事情説明から始めたいと思います。

    来週出発ですが、PCが使えれば経過報告を順次させて頂きます。
    皆様のアドバイスのお陰で、まず取り掛かるべき手段が見えてきました、心より感謝申し上げます。

    ユーザーID:8055049895

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • トピ主ー2

    前の返信で書き忘れましたが、大梅様ご提案の
    >(認知症など成年後見が必要なわけではないが、代理人として銀行の通帳を預かったりする)が必要な事案だと思われます。
    公証人が立ち会って公正証書を作成します。
    法テラスや司法書士のリーガルサポートなどで相談できます。

    これも早速明日には電話して出発前に出来る事にも取り掛かりたいと思います。

    ユーザーID:8055049895

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧