現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お茶出しは女性の仕事?

コーヒーでいいいよ
2017年4月7日 10:50
古いレス順
レス数:155本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
女性達がおかしい
りんご
2017年4月8日 11:49

お茶くみは別に女性の仕事ではありません。男性がしても良いものです。
しかしあなたの会社では女性社員の担当する「業務」として明確ですので、女性だから
するもの、ではなくただの業務です。無論そういうものが業務になっているのは女だから
お茶くみを、でしょうが、業務として明確にされていないのに自動的に女性がお茶くみを
しなければならない、としているところよりよっぽど良心的です。逆に男性社員だけが
している業務もあるでしょう。それは女には男のことはまかせられない、という差別的な
ものが理由であってもです。女性達の不満が正当化出来るのはお茶くみ以外の業務について
男女別が無く全く同分担なのに女性だけお茶くみ業務が上乗せされている、給料も男女同一
なのではあれば不平等形態として主張が正当化出来ると思います。でも、違うのでしょう?

ユーザーID:7819843576
出される側が
ぼんみ
2017年4月8日 12:25

出される側が、男性に出されると気を遣うからです。
女性にとっては不愉快でしょうが。

逆に女性が重い荷物を持っていたら、皆嫌ですよね。

むしろ、ペットボトルをそのまま出すなどであれば、誰が出しても変わらないので、
最近はそういう傾向にありますね。

ユーザーID:2220061919
お茶出しに価値を
案外難しいのよ〜
2017年4月8日 12:47

 「男にお茶出しを"やらせている"のか」
という発想は、お茶出しそのものが価値の低い仕事だと思われているということでしょうか。その道のプロになると、男性女性関係なくなるのにとても不思議です。

 いっそのこと、来客時のお茶出しに高い価値を認め、社内バリスタのような来客時の接待の人を置いてはいかがでしょうか。それが無理なら、作法の良い方に、お茶出しの手当てをつけて担当して頂くとか。

 手当があるならお茶出し希望の社員が出てくるかもしれないし、美味しいお茶で来客が増え商売繁盛するかもしれませんよ。

ユーザーID:5969612793
トピ主が心配する話ではない携帯からの書き込み
はな
2017年4月8日 12:47

会社には、各々の文化がありしきたりのようなものがある。
トピ主は経営者では無い。ひとつの歯車でしかない。


余計な事を考える必要なし。

ユーザーID:9784030526
性別というか職種?
cloud
2017年4月8日 12:54

 女性でも営業総合職で自身の顧客との打ち合わせでなら、お茶出しはしないでしょう。御社での状況次第とも思えます。

 御社の女性が全て一般事務の人だけならば、「お茶出しは女性の仕事」も成立すると思います。

ユーザーID:6529579654
男性社員は片付けなど他の雑用を
アナウサギ
2017年4月8日 12:59

私の元職場かと思いました。
そういうのが嫌で辞めたわけではなく、夫の転勤で10年前に退職しました。

比較的、年齢の高い
お客様が多いのかな?
普通の会社ではないので、上司も70歳前後の人が数人在籍されていました。
お茶出しやコピーなど雑用は女性の仕事と思っている人がいますね。
年上の女性社員(現在は60歳くらいになっている)もそういう考えの人がいましたよ。

男性はお客様が帰られた後の片付けをするのはどうでしょう。
男女比がわかりませんが、陶器でお茶を出しているなら、当番制で洗い物もするとか。

雑用的な仕事はいろいろあると思うので、それを見つけて話合って、
なるべく不満がなくなるよう調整するしかないと思います。

でも同じ女性社員同士でも、する人しない人がいて、
平等にはなっていないものですよ。

不満は男性社員にも向けられるでしょうから、辛いところですね。

ユーザーID:0081823470
女性のほうがいいです
手洗ったか不安
2017年4月8日 21:11

男性ですが、私はお茶は女性にいれてほしいです
正直男性の手で入れたお茶はあまり飲みたくないですね
職業としてのマスターやウエイターなら何とも思わないのですけど
もちろん料理人や寿司職人も何とも思わないので、特に根拠はなくあくまでイメージの問題なのですが、会社などではやはりお茶は女性にいれてほしいですね

ユーザーID:9654905155
その理由や他の状況との兼ね合いに依る
鳳ヘッぴりバーン
2017年4月8日 22:07

お茶出しが女性従業員の仕事になっている理由に依ります。
「女性という性別それ自体が理由」ということになると、後述の観点を除いて合理性に欠けますので問題です。
しかし、「事務および庶務として来てもらっている派遣社員にそういう仕事は割り振っていて、より時給が高い営業その他は時給に見合った仕事に時間を割くべき」というのがその理由であって結果的に派遣社員が女性ばかりだっただけっていうなら明らかに合理性はあります。

他にあり得る話として、在庫搬送や製造工程の従事者は切削屑や溶剤が作業着に付着したりしているので着替えずして飲食物提供業務はしてはダメという話で、それが結果的には男性全員が該当してしまうのだとしても合理性があります。

「女性という性別それ自体が理由」という場合でも、たとえばこういう観点があります。
男性保育士に娘を任せたくないというクレームが報道されていましたが、それと同様に顧客側の希望がある場合です。
男に配膳されたお茶なんてなんだか粗雑な入れ方してそうだし不愉快だ、と言い出す顧客がもしもいるならば、それを安易に踏みにじるのはビジネスとしてあり得ないことです。

ユーザーID:2405331072
どんなリスクになるというのか?
女性会社員
2017年4月8日 23:44

>>「男にお茶出しを"やらせている"のか」という印象になる

このような印象を客が持つことで,何が問題になるのか教えてください.

普通は訪問先で誰がお茶を出すのかなど,問題にならないはずです.女性ならば誰でも良いのですか?客人の要望を個々に聞き入れていたら「若い女性が良い」「**さんが良い」と言われたらそのように対処するのですか?そんな対応は接客でお金を設けている場所でやる話で,とぴ主さんの会社はその必要があるのですか?

もっとまじめな話をすると,ハラスメント関連で誰が誰に命じているのか,気を付けたほうが良いでしょうね.上司が女性社員に命じているのなら,上司がハラスメント対象者となるだけですが,上司の意向を組んで(今流行りの「忖度」ですね),とぴ主さんが女性社員にお茶出しを命じているのなら,とぴ主さんが訴えられる対象となる可能性があります.

ユーザーID:5119707935
別に良いんだけどさ…
Risa
2017年4月9日 2:15

・まだお茶出してるの?って感じ。
・お茶って考えてみたら湯呑ちゃんと洗ってある?なーんて思わなくもない。昨今は家事ができない女性は当たり前にいるので。野菜を洗剤で洗ったりする人いるくらいだから、すすぎ足りなくて洗剤残りとかさ。正直ペットボトルの方がありがたい。

・女性の方がスムーズだし、雰囲気もいい。(はい勝手なイメージー。お茶の入れ方知らない人多いですが?)
・その時間、そのお茶出すために仕事が中断されて迷惑です。
・お客で来た身としては、古い体質の会社かなーと観察しちゃう。

そのうちペッパーがお茶出すかもね笑
会社で決まってるならやるしかないけど、お茶も仕事なら男女ご一緒で何ら不思議に思いません。
ま、そういう体質がイヤで他の仕事がある女性はさっさと辞めるだけですが。

しかし、やっぱりなんだか歪だ…。
男と同等にバリバリやれと言われる上に、女としても上等でいろって無理ゲー…
だったらもう少し家事をやってくれる旦那が増えたらいいなー。。。。手伝うんじゃなく主体的に。

ユーザーID:5643527893
お茶出しで仕事を中断させる
maimai
2017年4月9日 6:47

私が以前いた会社で、取引先に行ったとき先方の役職付の男性がお茶(紙コップに入ったもの、自動給茶機があるのだと思う)を出してくれて、一緒に行っていた上司が恐縮すると、
「うちは、お茶出しの為に仕事を中断してもいいような仕事を女子社員にさせていないので」という返事でした。全く当たり前という感じで私はとても好印象でした。

でも、私がいままで働いていた職場は全てお茶出しは女性でした。基本、女子社員ですが、お休みの時は同じ島の女性(アルバイト、派遣)に「ごめん、お茶お願いしていい?」と言っていました。

男性が紙コップを両手に持ってくるのも結構いい景色ですよ。

ユーザーID:0448216430
分担は?
元銀行員
2017年4月9日 7:03

昔、銀行でお茶汲みしてました。

ある日一つ下の後輩君は忙しい私の様子を見て、素早くお茶を入れこう言いました。
「むさ苦しい私がお出しするより、先輩の方が喜ばれると思いますのでお願い出来ますか?」と。
気遣いが出来る子だと感心しました。
銀行でお茶をお出しする様なお客様って、応接室にお通しする様な多少時間のかかる大口の取引先なので、当然それなりの地位・年齢の方が多いです。
ご年配の男性なら若い女性の方が気分がいいでしょう。

しかし女性であればイケメン君の方がいいかな?(笑)特にお姉様方には。

まぁ女性が無難かな、とは思います。
なので、かつての後輩君の様に、入れるのは男性、出すのは女性で如何でしょうか。

ユーザーID:6173412483
したっぱが出す
みかん
2017年4月9日 8:13

男とか女とか。。。
またかという感じがします。
私のいた会社では、基本的にはしたっぱの仕事でした。
ただ、上下が硬直しているわけではなく、したっぱが忙しそうなら、手が空いている人が出していました。さすがに部長や課長はしませんが、係長はやっていました。あ、でも部長でもたまに出す人がいましたね。職場のチームワークがあって、お客様を男女の別なくもてなす気持ちがあって、今思うと良い会社だったんだなと思います。

普通はしたっぱとは、男も女もいるものです。でも、一番下=女性という会社は、減ることはあっても増えることはない、つまり斜陽ですから、まあせいぜい頑張ってくださいと、生温かく返答しておきます。

ユーザーID:2212596415
会社の風土+業種の風土もある
ビターチョコ
2017年4月9日 8:48

まだまだ、上司は男性という会社は多く、来客してくる相手が男性である確率が高い
その会社では、女性にお茶くみをさせていて、男性にさせると自分の会社が否定されるように感じるとか
もてなし、という点で不具合はあると思います。

私は建設系にいたので、男性優位は顕著でした。
女性は平社員しかおらず、主任以上は男性のみでした。
フェミニストぶる男性と、本気で女性に仕事を教えてくれる上司とか、色々いました。
私は設計部に居て、社員へのお茶出しは無しで給茶機、客へのお茶出しは部署に一人いる事務担当の女性です
設計図面を描いている女性がお茶を出すことはありませんでしたので、その女性が納得していれば良い事でした
しかし、女性だけの仕事もあって、シンクの掃除
それは事務の女性が一人で大変だからと、他の女性の先輩が言い出して当番制にした、思いやりで始めたことらしく
私も納得して、シンクの当番はやってました。
決められたことだけやって、不備があったり、追加の仕事が出ても、事務の女性がフォローしてくれてました。
こういう担当の人が部署に一人いると、不満が出にくい体制はとりやすいです

ユーザーID:7116103647
珍しいですね
まもーん
2017年4月9日 9:16

大きな会社では応接用の個室が並んでいて、
受付があり、その方がお茶などを運んで
くれますが、小さなオフィスではその様な
専門部署がないので、打ち合わせをする人が
各自でっていうのが一般的かと。

うちでは来客用の水とお茶のペットボトルが
冷蔵庫にあるので、それを各自が出すだけです。

ユーザーID:3677011244
自由で平等の場で理想や正義を論じているのではないのだから
のとてす
2017年4月9日 9:21

そもそも女性は男性より劣っているために
より従属的でなければならないのか、
というような話ではなく、
単にお金を出して使役をしたい側と
お金がほしくて使役される側の話なので、
ある程度は、お金を出す側の意図が優先されて
良い場となると思います。

>どうしたらいいんでしょうね
まずは女性陣側に、そこで雇用されているのは
義務ではなく機会を与えられて自身で選択したものであり、
これからも続けたいかを自問してもらっては。
意外と
「なんとなくしてきたけれど、ありえないわ」
というような結論になるかもしれず、
「そういえばそうだった。」
と納得するかもしれません。

ただ今の世の中では、より前時代的な印象を与える
風習だとは思いますので、そのイメージを保ってよいのか
世間にあわせて変えるべきなのかは、
会社の方針として検討すべきなのではないでしょうか。
普通は、社会の傾向にあわせて性別による区別は
廃止にしていくものだとは思いますが、
会社なんだからカラーを貫いても良いというか、悪くはないですし。

結論を出すのは、特に今でなくてもよく、数ヶ月後でも
数年後でもよいとは思います。

ユーザーID:6879062153
受ける側もまだまだだからねー
おにゃ
2017年4月9日 9:50

うーん、お客様のご都合に合わせるのが一番かなーと。
主さんの会社内の、ましてや一部の若造の「気持ち」の都合は、この場合
後回しになるでしょうね。

私は中年女性ですが、それなりの場所?それ専門の場所以外だと、やはり
イメージが先行してしまいます。
だから、飲食店ではなく、一般的な企業さんに行って、男性がお茶を出して
くれたら「手ー洗ったんかい?」と思ってしまうんです。

会社内だと、私の経験から行くと、やはり適性や能力で性差は生じますから、
すみ分けはされていました。男性が掃除のときに重いごみを出しに行ったりね。
下手な「平等主義」だと、逆に自分の首絞めるから、黙ってましたよ。

「女性だからって!」という不満があるなら、男性と同じように上に行って
変えるっていうのも手だよね。男女以前に、まだ下っ端だし。
でも案外、上に行くにつれて、今の状況が合理的だったんだ・・・って思い
知らされるかもしれないけど。

まあ若いうちはキーキー威勢がいいもんです。
上に立ちたいなら、自尊心を傷つけずに上手くいなせないとですよね。

ユーザーID:0569481856
お客の立場で
たろすけ
2017年4月9日 10:07

当方女性です。

訪問先は学校。

お茶を出してくれるのは、
1)事務職員(男性)
2)手の空いている男性教諭
3)栄養士(男性)
4)給食主事(女性)まちまちです。

1)の方は、おおむね来客があるとわかっていて茶菓子も含め準備している。
2)は、一緒に作業をした際に、作業後お茶休憩することになったので流れで。
3)学校行事で大勢の来客がある
4)同上

2)以外は、職務担当ということもあり、そこに男女の差はありません。



一方、勤務時代は、お客さまに対応する人がお茶出しするか、喫茶室に注文。
ほかの仕事で男女差がないのであれば、男女かかわらずお茶出しするのが理にかなっていると思いますが、仕事で役割が異なるなら男女かかわらず仕事の割り振りにすぎないと思います。

ユーザーID:9895872812
逆のリスクも
ホーホケキョ
2017年4月9日 10:28

>やはり男性がお茶を出すと「男にお茶出しを"やらせている"のか」という印象になるケースがあるらしく、このリスクは回避すべきという事です。

今は逆のリスクもあります。
時代に遅れた価値観の会社、自己改革できない会社であると。

お客さんの層にもよるでしょう。

>世論の影響なのか、

いえいえ、「男女平等の考えに基づいて」でしょう。

もし保守的なお客さんが多く、男性がお茶だしをすることを好まれない可能性が高いなら、せめて片付けを男性がやることにしてはどうでしょうか。
そこには言い訳の余地はありませんよね。

ユーザーID:2026799935
客層によるのかな
黒ちわわ
2017年4月9日 10:35

トピ主さんの会社の中だけで考えると
客層によるかなと思います。
つまり、お客様の多くが男性で年配だったら
お茶出しは女性の方がベターなのかもしません。
後は偏見かもしれませんが地方の会社で、男性優位の考えが
未だ根強い地域とかね。

私の勤める会社では、男女関係なく
同じ部署の人間がやることになっています。
片付けは、接客した人間が行います。
お茶だしさせたあげく、片付けとけが通じるのは部長以上だけです。

あ、別の会社では、自分でお茶も出していたこともありましたよ。

私個人の意見を言うと、どっちでもいいけど
男女問わず清潔感のある若い人がいいなーという感じです。
30代後半からの人にお茶だしされると恐縮する場合もありますし
特に男性だった場合はギョッとするかもしれません。

ユーザーID:7608405750
 
現在位置は
です