お茶出しは女性の仕事?

レス155
(トピ主0
お気に入り139

男性から発信するトピ

コーヒーでいいいよ

こんにちは。

ウチの会社では来客へのお茶出しは女性社員の役割と決まっています。
暗黙のルールではなくハッキリと決まっています。
逆に男性はお茶出し禁止です、僕も一度出したら叱られました。

世論の影響なのか、
これはオカシイというのが女性社員の主流意見となり噴出してきました。

僕自身は別に男性がお茶出しをしても変ではないと思いますが、
色々な価値観のお客様がいますから、やはり男性がお茶を出すと「男にお茶出しを"やらせている"のか」という印象になるケースがあるらしく、このリスクは回避すべきという事です。
これはこれで正しい意見だと思います
お客様の価値観が違えば認められませんし。


どうしたらいいんでしょうね、これ。。

ユーザーID:3455144670

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数155

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 会社で決まっているならそれで良し

    何でもかんでも男女平等!と声高に叫ぶ必要なし。
    それぞれの役割分担がありますから。
    お茶の準備や洗い物は女性の仕事、力仕事は男性の仕事。
    それが本来あるべき姿です。

    緊急事態の避難や救助される順番はお年寄り、子供の次は「女性」男性は一番後です。
    救助作業をする人は殆どが「男性」です。
    「何で女を先に助けるんだ!不公平だ!俺を先に助けろ!」と女性を押しのける男性が居たら・・・
    世も末だな。

    ユーザーID:1786420702

  • 「禁止」はいかがなものか

     男性が力仕事をしてくださる事も多いですからね。
    女性が「できるだけ」お茶を出すようにするのは
    自然なことかとは思います。

     ただし、女性が電話対応中だったり
    仕事中で手が離せなかったりという時に
    男性だからとお茶出ししないのはいかがなものかと。
    今時男性がお茶を出してくれる所なんてごまんとありますし
    「男が入れた茶なんか飲めるか!」なんて人もいないでしょう。

     うちの男性社員もお茶出ししないんですよねえ。
    私がいないとお客様は飲み物なしです。
    気が利かないのか、男だからと思っているのか・・・
    一度言ってみようと思っています。

    ユーザーID:8827637607

  • 女性の仕事だと思っています

    45歳女です。
    やりたければ男性がやってもいいけど、たぶん私が出したほうが喜ばれます。
    親切な男性はお客を見送ったあと湯呑を給湯に下げてくれますので、男性に求めるのはそれで充分です。
    電話が鳴っても取るのは基本女性ですし、疑問には思わないし今後もそうです。

    ハローワークの求人票の業務内容にわざわざ「お茶出し」と書かれています。
    これってなぜですかと職員に聞いたら「こう書かないと男性も応募しちゃう。欲しいのは女性だから」と返ってきました。

    ユーザーID:8015581257

  • 文句をいうお客さんもそのうち慣れる

    男性社員がお茶を出すのに文句を言う人なんてかなり少数派だとおもいますが、
    そんな少数派のこといちいち気にしないほうがいいです。

    トピ主さんのような男性がいてとてもうれしいです

    ユーザーID:5401793960

  • イケメンの男性にお茶出して欲しい!

    お客様が女性なら若い男性にお茶出してもらいたいですね。

    女性が出すことになっているのなら、きっとその会社では男性のお客様が多いのでしょう。

    >僕も一度出したら叱られました。

    そんなことで時間を潰して欲しくないと言うことでしょうか。
    業務内容が同じなら、男性もお茶出しして欲しいなあ。

    ユーザーID:0115387583

  • 時代は変わっているんだなぁ・・・と感動

    横ですが、、、
    ポトスさんのことばに少し感動してしまいました。

    「人々でも男女でもそうですが、差別を目にするのは、あまり気持ちのいいことじゃありません。」

    そう、それが普通の感覚なのですよね。

    皆さんのレスを読んでいると、確実に時代は良い方へ変わっていっているなぁと思います。

    ちなみに私は以前、幹部補佐だったので、当然お茶を出していましたが、私の前にその職についていた方は男性だったので、その男性がお弁当を配ったりお茶を入れたりしていました。

    ユーザーID:8054373479

  • 会社に無料の飲料自販機がありました

    もう10年以上前の話ですが、外資系の会社で紙カップのコーヒーなどの自販機があり
    社員への福利厚生も兼ねて、無料になっていました。

    例えば部長に来客があると、部長自ら案内がてら、お客様と一緒に自販機まで歩いて行き、好きな種類を選んでもらい、それを各自持って会議室へといった流れでした。
    歩きながらや飲料の選択をしたりしながら挨拶が始まるので、動きがあって、よいみたいでした。

    業種やお客様の種類によっても会社の雰囲気が違いますから、こんな社もありますよ、ということで。

    べつの会社、IT企業では、性別関係なく、近くにいる新人がお茶くみでした。

    また別の商社では、電話にでるのは女性と決まっていて、男性は、ほぼぜったい電話をとりません。

    本当にいろいろですね。

    ユーザーID:2333402943

  • 性別ではなく社歴で

    正直お茶出しは立場の低い者の仕事というイメージがあります。
    新入社員レベルの仕事ですね。
    なので若ければ男女どちらでもかまわないと思うんです。
    しかし応対している正社員より年かさの人がお茶を持ってきたらちょっと違和感があります。
    それが男性だった場合かなりの違和感です。

    性別関係なく、社歴の浅い者にさせる方が良いと思います。

    ユーザーID:9122303801

  • それも給料の一部です

    >ウチの会社では来客へのお茶出しは女性社員の役割と決まっています。
    >暗黙のルールではなくハッキリと決まっています。

    つまり、それは「業務」となっているのです。当然、従う義務がある。
    従えないなら辞めるしかありません。

    ちなみに、レストランとか男性が接客をするところは、欧米では珍しくありません(日本では珍しいですよね)。男性(ウエイター)がお茶(緑茶)はないけど紅茶コーヒーを出すのは当然とされています。それは、男女関係なく、業務と決まっているからです。


    >どうしたらいいんでしょうね、これ。。

    文句がある人はやめればいいのです。それ以外に、選択肢はありません。

    ユーザーID:7687467196

  • わぁ〜時代錯誤!

    思い出せば、10年前に勤務してた会社も、普通に男性がお茶出ししてましたね。
    その会社には、カンバンにしたいくらい若い、キレイ、可愛い女性がいましたが、ワサワサ忙しい姿しか浮かびませんね(汗)

    確かに20年以上前にお茶出ししてました。カビくさいですね(苦笑)

    総じてナンセンス、です

    ユーザーID:0746812030

  • 未だに男だ女だ、がそもそも時代錯誤

    >女性が入れた(持ってきた)お茶の方が…
    >若かろうが…、女性の手のものだと思うと…
    >女性がお茶を出す、それもおもてなしの一つ…

    ですね。

    逆に来客の送迎運転を女性にやらせるってのはどうなんでしょうね。コンパクトカーですら大きいと不安がる女性も少なくない事がココでも解ります。そもそも多くの女性が運転に苦手意識を持ち、デートでは男が運転することを当然と主張し、男じゃ考えもしないような不安を理由に友達すら同乗させることにいちいち金だ保険だ運転の労力がどうだと言ってるのが現実。正直迎えにこられた客だってコレじゃ不安に思うかも。

    逆に女性はそういう「男がやって当然」と考えてる業務を自分たちがしないことには何故文句を言わない?

    要するに男だから、女だからに拘るのは性差別を良く考えもしてないだけです。男女平等だからこそ、男でも女でも、出来る人、サービスとして適切な人がやれば良いだけのこと。そこにわざわざ古い価値観を無理やり持ち込んで「女にやらせるのは…、男にやらせるのは…」なんて議論をするのが時代錯誤。

    ましてや"男女平等を理由に"女性にお茶汲みさせず、男にさせるならソレこそ男女差別。

    ユーザーID:9875194347

  • お茶出しの目的を理解していますか。

    トピ主さん。お茶出しの目的を考えましょう。お茶出しは来客との商談を成功させるためであり、おもてなしと考えます。トピ主さんの会社はどのような方がいらっしゃるのですか。もし、来客が年配の女性なら若いイケメンの男性がお茶を出したら女性よりも商談が上手くいくかもしれませね。また、もし、トピ主さんが商談で訪問していた会社で、年配の男性が色だけ着いた不味いお茶を出してきたら、この商談は今後どうなると想像しますか。
    ですから、お茶をおもてなしの重要な要素と理解していない会社は、所詮その程度のレベルと相手から見下されます。

    トピ主さんは自分でやろうとする位なので、おいしいお茶の淹れ方は当然ご存知でしょう。もし、女性職員が繁忙で準備ができない場合はトピ主さんが給湯室で準備し、若い女性職員にお茶出しだけお願いしたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:3905677111

  • 男性にやってもらう仕事もあるから

    お茶出しは女性がメインでいいんじゃないですか?

    高いところの作業とか、重い物の扱いとか
    男性が率先してやってくれたりしますから

    持ちつ持たれつ、ですよ

    ユーザーID:7848830374

  • 役割分担?

     以前お世話になっていた会社では女性がお茶出ししていました。規則というほどではないですが、私含めて皆なんとなく。

     その代わりといっては何ですが机、椅子、ロッカー移動など。力仕事や衣服の汚れそうなことは全面的に男性のみでした。

     正直、役割分担くらいにしか思ってませんでしたが。お茶出し嫌なら力仕事を男性諸君と一緒に同じくらいの能率でやればいいのでは?大抵の女性はお茶出し選ぶと思いますけれど。

    ユーザーID:1712883956

  • 今はペットボトルや給茶器の時代ですからね〜

    日本茶を茶葉から急須で淹れたり、コーヒーをサイフォンやペーパーフィルターで淹れるなら、おいしく淹れる技術が必要なので、家庭できちんと教わっている(であろう)女性が担当する、というのもわかるのですが、現代は表題どおりペットボトルをそのままお出ししたり、給茶器やコーヒーメーカーを使うことが多いと思います。それなら別に誰が淹れても同じですから、わざわざそのためだけに女性が出す必要性はないと思います。

    お客様が男性の場合女性が出したほうが場が和む、という意見がありましたが、商談や打ち合わせで訪問する場合、話を作り始めてさあこれからという時にお茶出しで中断されることがあるので、先方の担当者がお茶を持ってきてくれて、そのまま会議なり打ち合わせに入る、というほうが合理的で私は好きです。

    トピで不思議に思ったのは、男性にはお茶出しを「やらせている」と書いておきながら、女性にお茶出しを「やらせる」ことに疑問がないことです。会議や打ち合わせのメンバーではない人に雑用をやらせる、ということは男女の別無く疑問だと思わないのでしょうか?

    ユーザーID:1611798583

  • 問題を明確に

    女性だけがお茶出しをすることの、何が具体的に問題なのでしょうか?

    例えば、女性が全体の1割程度しかいなくて来客が多い会社でしたら、ごく少数の女性に過度の負担がかかって本来の業務に支障が出る、ゆえに問題だ、というのは理解できます。
    私はこれでした。職場唯一の女性だったため、実際1日に10組程度くる来客のお茶出しのために都度作業を中断するしかなく、効率が悪くて一人だけ残業するはめになっていました。20人にお茶を出す機会があって一人でやっていたら、むしろお客様(男性)が「お宅は女性をいじめる会社ですか?こんなに男性がたくさんいるのに女性一人に20人分のお茶運ばせるなんて信じられない!」と怒って手伝われそうになりました。

    「男性にやらせるなんて」という相手である可能性はありまが、そういう人はすでに現役世代ではごく稀です。
    お茶を出す男性が美しい所作で礼儀正しくふるまうことができれば、かえって女性より好印象になるでしょう。
    また、いつお客様にお会いするかわからない状況にあれば、男性でも身だしなみに気を付けるのではないでしょうか?

    ユーザーID:1827006531

  • 簡単です

    リスク回避云々が理由なら、片付けをなさってはいかがでしょうか?
    他にも備品の在庫チェックや湯沸かしなど、できる事は沢山ありますよ。
    それで叱られたら、トピ主さんがお勤めに会社は「非常に封建的な社風」と言う事になります。
    大変申し訳ないけど、私は封建的だと感じられる企業はゆるやかに取引量を減らしています。
    なぜなら「融通が利かない企業」だという印象が強いからです。

    ユーザーID:6931723817

  • 淹れ方、教えているのか?

    今の若い女性は十中八九お茶の入れ方がわかってないから任せられない。
    俺は美味しいお茶を飲みたいので自分で淹れる。

    ユーザーID:5099808684

  • 会社がそう定めている点が

    トピ主さんの文章やほかの方のレスを拝見すると、人によって、また会社、顧客、立場によっても価値観が異なるのことは当然というのは、ほぼ共通の認識といってよさそうです。
    そのもとだと、

    >暗黙のルールではなくハッキリと決まっています。
    >逆に男性はお茶出し禁止です、僕も一度出したら叱られました。

    と、多様な価値観の一つが「会社のルール」として規定されてしまっているのはやや違和感を覚えます。

    極端な視点だと、性別によって業務を差別化している、と見ることもできるかもしれません。

    (男女問わず)やるべきポジションの方がやる、というのが昨今だと思います。
    トピにあるようなリスクのあるお客様(?)的な方へも、男性が進んで動ける環境がないのは残念ですね。

    仕事第一でいらしたお客様に、何気なく口にしたお茶が美味しかった、いわれると、やっぱりうれしいものですよ。
    そんな「仕事」の楽しさも共有できるといいですね。

    ユーザーID:6408390221

  • お茶入れの経験値

    20代、30代女性で普段から家で急須でお茶を入れて飲んでいる人ってそんなにいるのかしら?
    私自身はもっと年齢がいっているけど日本茶を自宅用に買ったことがありません。
    頂き物をお客さん用に使うだけです。 
    むしろ年配男性の方がお茶入れの経験値が高く、美味しく入れられると思うけど。
    「女性が入れた方が美味しい」という口実のもとに人に押し付けているだけでは?

    ユーザーID:7668011319

  • 23年前から男性も入れます

    新入社員で入社した23年間から男性もお茶出しです。

    それも建設会社です。
    ガテン系の方達にも『ねーちゃんお茶出ししないのかよ?』と
    言われました(笑)

    社長が『これからの時代常識だ!!お前らよく覚えとけ』と
    言い放してました(笑)

    朝早く出社の時は社長がお茶入れてくれます。
    これは急いで現場に行くなと交通安全の為です。

    男性育休も以前からあります。
    でも、酒は注いで欲しいとは言ってますけど
    注ぎながら言い返してます(笑)

    小さな会社でも進んだことしていたと今でも思います。

    あなたが偉くなった時に、社風を変えれば良いことですよ。

    ユーザーID:2767609476

  • 23年前から男性も入れてます

    新入社員で入社した23年間から男性もお茶出しです。

    それも建設会社です。
    ガテン系の方達にも『ねーちゃんお茶出ししないのかよ?』と
    言われました(笑)

    社長が『これからの時代常識だ!!お前らよく覚えとけ』と
    言い放してました(笑)

    朝早く出社の時は社長がお茶入れてくれます。
    これは急いで現場に行くなと交通安全の為です。

    男性育休も以前からあります。
    でも、酒は注いで欲しいとは言ってますけど
    注ぎながら言い返してます(笑)

    小さな会社でも進んだことしていたと今でも思います。

    あなたが偉くなった時に、社風を変えれば良いことですよ。

    ユーザーID:2767609476

  • 不特定多数のお客様相手でない場合

    車のディーラーや飛び込みのお客、女性など一般のお客様が顧客の会社であれば、男性だろうが、どうでも良いと思いますが、

    事務所など、特定の顧客だけが来る会社の場合、圧倒的に男性の営業や担当者が多く、

    私も行った仕事先の男性からお茶を入れられたら、場合によっては恐縮し、いい気分にはなりません。

    これは会社の形態にもよると思います。

    例えばオープンな感じが好きな会社であっても、大切な顧客相手となれば多分女性が出すんじゃ無いですかね。

    男女平等は社内相手なら朝一番に来た人がコーヒー作るとか普通だと思いますが。

    トピ主は顧客相手のお茶出しを問いにしているので、それは女性の仕事として良いと思います。

    ユーザーID:5099050960

  • 男性もお茶碗を洗う当番に入れる

    私は女性ですが、やはり、お茶は女性が入れた方が美味しいと思います。
    そう思ってもらえることは女性にとって嬉しいことだと思います。

    しかし、お茶碗を洗う当番を決めるのには、男性も入れたらいいのです。

    先日、公務員の職場を見たら、男性が「今日はお茶碗を洗う当番だ」と言ってました。役席になるまでは、男性も平等にお茶碗を洗うそうです。

    ユーザーID:8313641327

  • 先祖返り

    まだこんなこと言ってるんですねぇ・・・。
    25年前に戻ったかのようだ、とここ最近思います。

    私が新卒で入社した時、これが問題になって給茶機を買い、
    接待する人が紙コップ等で出すことになったんですよ。
    社長面談のときは総務部長か社長秘書が出してました。

    会議はペットボトルのお茶。これも会議する人が用意する。
    コーヒーがいいとか言い出す人がいて、それなら持参してこいって話になり、
    用意するのが廃止されたり。

    25年前ですよ?

    接客される立場で言えば、だれが出してくれようと全く構いません。
    ウエイターが出そうがウエイトレスだろうが気にしないでしょ?

    むしろ担当が出してくれたり、新人が持ってきたりすると、時代に沿ったきちんとした会社だと思って、取引しようと思います。
    時代錯誤な会社との取引はリスクですから。

    ユーザーID:0724849214

  • 女性からの要望

    田舎の従業員50人程度の団体で働いています。
    数年前、「女性のお茶汲み廃止。自分の客に自分でお茶を出す」というルールが出来ました。
    しかし、男性に任せると茶碗の洗い方がすごく雑だったり(サっと水をかけて終了、なんていう人もいた)、布巾やスポンジをテキトーに使われることが多く、雑な人に指摘したり洗いなおしたりするのがストレスに。
    結果、女性からの声で「来客のお茶は女性が出す」と決まりました。

    大企業や都会のオフィスなら社内に専用談話室があったり、自販機を設置すれば解決するでしょうけれど、まだまだ昭和な企業組織は多いですよ。

    ユーザーID:5906978417

  • そんな会社じゃなくて良かった

    確かにクライアントの価値観に合わせるという考え方もありますね。

    うちは外資なので「お茶だしは女性の仕事」なんて口に出すだけでも、お客様からも軽蔑ものです。

    クライアントの価値観はそれぞれでしょうが、男性はお茶を出さない男性優位のやばい会社と軽蔑されているリスクもありますよ。トピ様の企業は、男性優位の会社と軽蔑されるリスクは無視して、古い日本人体質のクライアントを大事にしようという方針なのでしょう。女性の不満が噴出しているのに、変な会社ですね。そんな会社じゃなくて良かった。やはり自分に合った会社で働くということは大事だと思います。

    外資でも社長や重役は別です。ブランド陶器のカップに丁寧に入れたコーヒーを秘書がお出ししています。これは秘書の業務に入るようです。でも女性の重役に男性秘書が付く場合もあります。

    ユーザーID:0432472057

  • 私が客のときは、お茶は女性に出して欲しい

    >やはり男性がお茶を出すと「男にお茶出しを"やらせている"のか」という印象になるケースがあるらしく、このリスクは回避すべきという事です。

    そのとおりです。
    先日来、車を買うためにいくつもの店を複数回にわたって訪れましたが、全てのケースで女性が飲み物を持ってきました。あそこで男性が持ってきたら、値引きなんか関係なく、その店は真っ先に外していたと思います(笑)。

    女性がお客として言った場合は、お茶出しは男性に、それも若くてハンサムな男性にした方がいいですよ、暗黙のルールではなくハッキリと決めて(笑)。

    ユーザーID:7687467196

  • 差別では無く区別

    どうも履き違えている人が多いようですが、女だからお茶くみして当然、というなら
    そもそも『業務』にしないものです。自発的『気働き』というそれこそ気持ち悪い
    性差による決めつけで仕事として扱いもしない癖に当然視することの方が私なら
    反発します。でも『業務』なら別。その会社では女性社員の業務として割り振られているだけ。
    大昔、林真理子さんが「本当に平等になったら女性の方が困るよ」と発言していたことが
    あり、当時まだ若かった私は、何だよ、ソレ、と反発していましたけれど今なら凄く
    わかります。生理・主婦業・妊娠・育児など女性の方が男性並みに働けない機会が
    多く影響も大きい。にも拘わらず同一賃金同一業務量だと負担感が半端無い人も
    少なくないと思う。なので平等を謳われるとそれを逆手に取られ、出来ない女性は
    評価に値せず、ということすら生まれてしまう。世の中甘くは無いんですよ。権利を
    勝ち取るなら当然義務と責任も付きまといますから。お客様へのお茶出しを業務に
    していることは差別では無いですよ。

    ユーザーID:7819843576

  • なんせんす

    IT系小企業です。
    本社に常駐しているのは社長(50代男)、営業部長(40代男)、技術部長(40代女=私)の3名です。役職名はついていますが、営業・採用・経理など3人で分担しています。

    社長を訪ねて来客があれば、営業部長か私のどちらかがお茶をだします。
    営業部長を訪ねての来客なら、社長か私がお茶出しします。
    私への来客なら、社長か営業部長がお茶出しします。
    お茶出しして顔をつなぐのも仕事のうちです。

    社長がお茶出しするのには、取引先をすごく大事にしているというアピールだそうです。事実、気さくで腰の低い社長だと、評判はすごくいいです。そして、うちのような小さな会社は社長に信用があるのは重要なことで、営業部長や私の仕事もやりやすくなります。

    そもそも男女差の少ない業界なので特殊なのかもしれませんが、無駄にお茶出し要員の事務職女性に人件費をかけているより、合理的だと思っています。

    ユーザーID:6099270315

レス求!トピ一覧