• ホーム
  • 話題
  • 電子書籍おすすめは?(海外赴任、直前です)

電子書籍おすすめは?(海外赴任、直前です)

レス31
(トピ主2
お気に入り79

生活・身近な話題

POPO

夫と私と、子供の3人家族です。

本は全員紙派でしたが、
今回海外転勤になり、
日本の書籍が手に入りにくいだろうことを考えて、
「電子書籍なるもの」に手を出して見ようと考えているところです。

「電子書籍 初心者」「電子書籍 入門」などで、
いろいろ検索してみたりし始めたところですが、
読んでみても、思っていたよりも、全然よく判らない・・・

今は、ラインの無料漫画を読む程度で、
「電子書籍」に全く関係ない生活をしています。
パソコン、ipad、スマホはあります。
普段、本は気になる本を次々と図書館で借りています。
割と、新刊でも気前よく買ってくれる図書館です。

普段、紙の本を買うときは、
ネットショップの口コミを読んで、ネットショップで買っています。
街の本屋で買うこともあります。

電子書籍の場合は、「どの店で買う」かが重要なのでしょうか?
(なんとなくそんな雰囲気?)

それから、その店専用の端末を買うのがいいのでしょうか?

今のところ、かなりよく判らない状態です。

よくご存じの方、
こうするのがいいんだよ、とか、
私はこうしているけど、これで満足、とか、
ここは海外からだと使えないからダメ、とか、

あるいは、
自分で調べろ!調べ方はこうだ!とか、
このサイトを見て勉強しろ!とか、
この本を読めばわかるだろ!とか、でもいいので、

いろいろと、ご教示いただけないのでしょうか?

自分でももうちょっと調べてみます。
読み放題や、電子書籍の図書館はないのかとか、
1回買った本は、売ったお店が万が一潰れても、ずっと読めるのかとか、
初歩の初歩のところにまだいます。

ユーザーID:4130917996

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • カシオ

    私はカシオしか使った事が無くって比較できないのですが・・
    今2台目でカシオを使ってます。
    初代使っていた物が8年使って壊れたのでまた同じメーカーにしました。
    大体5年位で寿命が来るって聞いたので少し長持ちするのかな?と思って。

    ユーザーID:5040809010

  • キンドル

    50代女です。
    先月アマゾンでKindleを買いました。
    一番高いヤツで接続方法はWi-Fi + 無料3G
    通勤電車の中で読んでいます。

    アマゾンのレビュー読んで研究してくださいね。

    全部の本が電子書籍になっているわけではないのでなんともいえませんが
    私は満足しています。
    ただ、画面は白黒です。

    明治から昭和初期の文学作品は無料で読めます。
    しかも、読みながら 辞書がひけるという便利さ。
    字の大きさもいろいろ選べます。
    老眼には非常にありがたいです。

    ユーザーID:5668496780

  • kindleとneo文庫

    最近はすっかり電子書籍ばかりです。
    重い本を持ち歩かなくてよいし、小さな字は読みやすく拡大できる。

    amazonの通販サイトのkindle本のコーナーで本を買って、ダウンロードする。
    スマホでもiPadでも、kindleアプリをインストールすればすぐに読めます。
    読書専用のkindle端末もあります。
    ネットにつながっていれば、外でスマホで読んで家では続きをiPadで読むこともできて便利です。
    また、しおりもつけられるし、マーカーの色をつけることも可能です。

    kindle以外では、私はneo文庫のアプリをスマホとiPadにインストールしています。
    これは、著作権の切れた日本古典を無料で読める青空文庫のアプリで、明治・大正・昭和初期の文豪の作品はほとんど無料で読める大変すばらしいものです。
    紙の本では絶版になっているものも電子書籍版で復刻されていて、感動します。

    ユーザーID:6264928165

  • kindle、dマガジンであれば知っています

    2年前から電子ブック使っています。
    今まで使って見たのはkindle、dマガジン、BookLive,楽天kovo,Apple:i-Bookですが、海外で使うことを前提にすればkindle、楽天kovo,Apple:i-Bookでしょうか。
    dマガジン、BookLiveは海外でDLできるかどうかは不明。
    kindle、楽天kovo, Apple:i-Bookはもともと海外で開発されたものなので英語本であれば問題なくDLできるはず。
    ただkindleは海外で日本語本をDLしようとしたら、特殊なサイトに入らないとDLできないとNETに書かれているのを見たことがあります。
    定額読み放題のシステムがあるのはkindle、dマガジンで雑誌のみならばdマガジンが本の種類が多い。
    kindleは雑誌については種類が限られていますが、単行本、漫画、英語本のタイトルが多い。
    読み放題については一回に開ける本の数が限られていますのでブラウザの中で入れ替えながら読むというシステム。
    私の場合は主にPCで電子書籍を見ますのでkindleの定額制を契約しています。料金は月980円で若干高いかな。

    ユーザーID:2523866112

  • なんだかんだいってkindleに集約されてきました

    amazoでkindle用電子書籍を買っています。
    iPadで読むならそれでkindleのアプリを入れて読むのが便利です。
    スマホもあいほんなら同じく。
    でも重たいのでkindle paper whiteというkindle専用タブレット?も買ってそれぞれで読んでいます。

    ユーザーID:9997398588

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • まずはアマゾンで

    本は絶対紙派! なわたしでしたが、図書館になかったり、あっても古すぎて取扱い注意な本もあるので、そういう本は電子書籍で読むようにしています。

    トピ主様はアマゾンのアカウントを持っていますか? 持っているならアマゾンキンドルのアプリをダウンロードすることをおすすめします。
    わたしの場合は、専用端末(アマゾンキンドル)は持っていませんが、スマホにキンドルアプリをダウンロードしています。この方法なら無料ですし、もし万が一電子書籍が肌に合わなくても諦められると思います。青空文庫で公開されている、著作権の切れた作品なら本代もタダです。
    トピ主様の読書傾向がわからないので「読みたい本がいっぱい読める」とは必ずしもいえないですが、最近は電子書籍と紙の本と同時に発売されることも多いですし、電子書籍のほうがちょっとだけ安かったりします。セールですごく安くなることも……。
    電子書籍の図書館というか、月額読み放題サービスもあります。(キンドルアンリミテッド)ただ、こちらは漫画のほうが多いのかな?

    ユーザーID:3409208889

  • ReaderStore

    ソニーの「ReaderStore」をおすすめします。
    制限の厳しいKindle等と違って、海外でも問題なく購入できるからです。
    パソコンやタブレット、スマホがあれば購入可能(日本のクレジットカードはご用意下さい)、
    購入した書籍はダウンロードしておけばストアが潰れても読むことは可能です。

    他にもeBookJapan、電子貸本Renta!、電子書店パピレス、パブリ、ガラパゴスストアが海外対応のようです。

    雑誌の読み放題サービスでしたらdocomoのDマガジンや楽天マガジン等があります。
    海外からの利用も可能のようですが、私は使ったことがないので一度調べてみて下さい。

    ユーザーID:5207145470

  • アマゾンはいかがですか。

    アマゾンをお勧めします。
    外国語専門の書店もおすすめしますよ。

    ユーザーID:0145074596

  • 現状、Kindle一択と思っています。

    自炊も含めて電子書籍を使って七年です。便利です。

    >1回買った本は、売ったお店が万が一潰れても、ずっと読めるのかとか

    本のデータは何冊か分は端末に保存されますが、量が多くなってくると端末からは一旦消去され、また読もうとした時にサービスを提供しているところから再度ダウンロードすることになります。
    (一度購入したものは再度ダウンロードしてもお金はかかりません)
    自分で購入した本のバックアップが取れないようになっているため、購入した本のバックアップを自分のパソコンなどにためておくことはできません。

    実際、一度契約した先の企業がサービス終了して、購入した本が読めなくなりトラブルになっていたケースもニュースになっていましたよね。Amazonはそうそう潰れないと思うのでKindleは一番安心かなと。専用の端末を購入するか、iPadやスマホに専用のアプリを入れるかすれば読めます。

    電子図書館はまだ日本には40箇所ほどしかないと聞きます、私の住んでいるところは田舎なのでここにはなく、利用したことがありません。海外に在住していてその市区町村の図書館に登録できるのかがちょっとわからない。

    ユーザーID:5283951221

  • 海外で

    こちら在米です。
    BookliveとAmazon Kindleを使っています。特にKIndleです。Kindle Fireを買いました。

    どちらも本の種類により海外ではダウンロードできないものがあります。頭ひねってやってみましたが、85%?くらいしか読めません。
    日本にいらっしゃる内に設定をされていたら、事情は違ってくるのではないでしょうか?

    読み放題で里中満智子先生の作品をこの一ヶ月で30から40冊位読ませて頂きました。ほんとにありがたいことです。

    ユーザーID:8633131247

  • ありがとうございます。海外在住の方、まだまだレス募集中です。

    皆さま、ありがとうございます。

    今回トピ立て前に調べたときに、
    初めて、
    「キンドル」がamazonの電子書籍のことなんだー、と分かったばかりの、
    全然よくわかっていない私です。

    ずっと、キンドル=電子書籍の総称と思っていました。

    amazonの商品?名だったんですよね〜。。。

    そうなんですよね、amazonのkindleとやらが、
    海外で使い勝手がいいのかどうか、、、、というところが気になっています。

    皆さんに教えていただいたキーワードを元に、
    またいろいろ見てみます。ありがとうございます。

    *****************************************************

    実際に海外で、電子書籍で日本の本をガンガン読んでいるよ!という方が他にいらっしゃったら、
    どのようにしているのか、どうするのがおすすめかなど、引き続き教えていただければありがたいです。

    特に今、何か、日本でやらなくても、
    海外に行ってから、さあやるぞ、で大丈夫でしょうか?

    どうぞ、よろしくお願いします。

    ユーザーID:4130917996

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 金$は国外では使えません

    現在までに書込み十件中七件がAmazonのKindleを推奨していますが、この人たちは日本国外に住んだことがないと思います。残念ながらKindleは地域限定サービスで、日本のKindleは原則日本国外では使えません。

    日本国外から日本のKindleを使うと、最初の5〜6冊程度は買えますが、次に買おうとすると「Kindleは地域限定サービスです。また日本に戻ったらお使いください」とメッセージが出ます。既に購入した書籍はいつで何処でも読めますが、新規の購入はできません。「5〜6冊」のカウントは一冊でも日本国内で購入するとリセットされまた購入できますが、また日本国外から購入すると「5〜6冊の壁」に遭遇します。

    この制限を回避するために、日本在住の人に代理購入してもらう(アカウント情報が丸見えになる)とか、、また状況によっては幸運にも制限が課されない事がありますが、一般的にKindleを日本国外から安定して使うのは難しいようです。

    (「金$は洒落です。念の為」)

    ユーザーID:8925632901

  • Kindleの制限

    このトピックではKindleを勧める方が大半のようですね。

    トピ主様は「海外での」電子書籍利用を前提に質問されていますが、Kindleは海外では日本語書籍の制限があるようです。
    国や利用方法によって違うようですが、その点も含めて検討された方がよろしいかと存じます。

    ユーザーID:3850901692

  • honto

    在米です。
    アマゾンのメインサイトから購入できる日本の本と、
    日本のアマゾンサイトから購入出来るキンドル版の絶多数が全然違います。
    欲しい本は、 メインサイトから購入不可が多く、
    日本のサイトからの購入は5冊ほどで制限がかかって
    それ以上は海外のip アドレスからは購入できなくなります。
    現在は安いAndroidタブレットにアプリを入れ、Honto
    から購入しています。アプリはやはり海外ではダウンロード制限が
    あるので、日本滞在中に入れました。

    ユーザーID:7928090573

  • 紀伊国屋 Kinoppy

    在米です。
    Kindle Unlimitedや無料本であれば、おそらくダウンロードの制限はないようですが…。

    どなたも勧めていらっしゃいませんが、私は紀伊国屋をおすすめします。
    海外からのダウンロードは制限なし、海外発行のクレジットカードでの決済も問題ありません。
    私は(残念ながら生産中止となった)Sony Reader端末と
    紀伊国屋のアプリKinoppyをタブレットで使っています。

    Kinoppy アプリの出来が非常に良いです。さすが本屋が作ったアプリ、という感じ。
    同サイトも毎月のように、ポイント25%還元のイベントをやっていますし、そのポイントも即使用(次回購入時)ができます。


    eインク端末は、他社撤退でほぼKindle一択になってしまったのが非常に残念です。やはり長い時間本を読むのであれば、専用端末が目に優しいです。

    専用端末を購入される前に、数社のサイトから無料本などをダウンロードして、アプリの使い勝手など、お好みに合ったものを試してみてはいかがですか?

    ユーザーID:3142080745

  • 豪州在住です

    どの電子書籍サイトも初回ご利用キャンペーンがあるので、それをフル利用して色々試しています。専用端末ではなく、iPadやタブレットにアプリをダウンロードして使っています。

    Kindleは海外は制限があるとのことなので、あまり使っていません。読み放題も試してみましたが、読める本に制限があったので、解約してしまいました。

    私がよく使っているのはHontoです。ダウンロードした書籍を外付けディスクに保存できるのが便利です。割引やキャンペーンも充実しています。また、余談ですが、Hontoは紙の本も手数料なしの実費のみで海外に送付してくれるので、よく活用しています。

    ReaderStore、BookLive、Renta(電子書籍の貸本屋)も使ってみましたが、使い慣れて品揃えも豊富なHontoに落ち着いています。

    トピ主さんも、初回利用キャンペーンなどを利用して、色々試してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:2853481536

  • 海外かどうかは関係ない

    >海外で使い勝手がいいのかどうか、、、、

    あのー、インターネットは世界中につながってるんですが。
    日本でも海外でも、ネットにつながれば環境は同じですよ。
    スマホやタブレットが日本語の読めるものなら、どこでも電子書籍が利用できます。
    ただ、専用端末については、海外で買ったものが日本語に対応できるかどうかはわかりませんが。

    私は年に何度か海外に行きますが、滞在先のホテルの無線LANで日本版のamazonのHPにアクセスして、電子書籍をダウンロードしてますよ。

    ユーザーID:6264928165

  • Amazon派(今、やってください)

    Amazonも世界中あると思います。日本では amazon.co.jP アメリカでは amazon.com、というように。www...World wideとはいうものの外国から日本のサイトにアクセスできないよう(犯罪防止のため?)設定しているところもあります。


    amazon.co.jpへアメリカからアクセスできますし、最初の何冊かは難無くダウンロードできます。
    それ以降はできなくなり、「旅行中ですか?」とか「日本に居住じゃないですか」??などポップアップするだけになります。
    そこで(海外で)設定を変えるより今の内に設定を整えたり、amazon japan
    に問い合わせたりされたことをお薦めします。先ずアカウントを開くことですね。

    プラス日本で発行のクレジットカードをお持ちでないとamazon Kindleのreader...Kindle Fireなど持っていてもamazon.co.jpのアプリが買えません。

    読むだけの本(文字のみ)は難無くダウンロードできています。ただ、私の場合は一番欲しい趣味の本は、どこのサイトでもダウンロードできず、今は諦めています。

    ユーザーID:4117331701

  • ebook愛読者です

    私はebook は2つの会社を使っています。日本語の本はeBookJapanこれは、アマゾンアメリカ版キンドルアプリ(米国ではまだ、日本の本は一部を除き購入できません)に比べると、読みやすさ、文芸書の選択肢など、不満な点もありますが、こちらで間違いなく読むことができます。

    こちらに来られてタブレットで読む場合は、日本またはこちらでwi-fiのみのタブレットを購入してご自宅でwi-fi環境で、またはタブレット自体をこちらで購入されて通信会社と契約する方法があります。eBookJapanのカスタマーサービスで問題が出た時に随分助けてもらいました。(もう一つはAmazon Kindle で英語の本を読んでいます)

    もう一つお勧めは同じくアマゾンのAudible (オーディブル)日本語版です。海外で日本語のオーディオブックが毎月の月額料金で聞き放題なのです。アップルのAirpodsでたくさんの物語を聴いて生活は一変しました。日本発行のクレジットカードでの支払いが必要ですが源氏物語から現代小説、ミステリーまで楽しめます。

    どちらもカスタマーセンターに問い合わせると親切に教えてくださいます。

    ユーザーID:0777190774

  • 海外でKindle

    Kindleを海外でお使いになる方は「海外で使う日本版Kindle」で検索して、amazonの口コミサイトを読むことをお勧めします。

    国内ですが、私は専用端末ではなくスマホでkindleアプリや青空文庫用リーダーのアプリを利用してます。
    当面はスマホやタブレット等でいろんなものを試した方が良いのではないかと思います。

    amazonに限らず電子書籍は買った本が読めなくなるというリスクは伴います。

    また青空文庫なら著作権の切れた(放棄した)書籍が多数アップロードされてますので無料で読めます。
    恐らく海外からでも何の支障もないでしょう。
    最近の大物は江戸川乱歩でしょう。怪人二十面相等も無料で読めます。
    アプリは当面無料の「i読書-青空文庫リーダー」で良いと思います。

    ユーザーID:6568823332

  • 2度目のレスですが

    以前紀伊国屋を推薦した者です。
    他の在外の方が指摘していますが、Amazon Japanは長く海外に居住する人には向きません。
    Kindle fire(タブレット)ならば、アプリを介して、他のサイトにもアクセスできますが、Kindle Paper white(専用eインク端末)を買うことはお勧めしません。宝の持ち腐れになる可能性があるからです。

    私が使ったサイトで海外からのダウンロードが(制限なしで)問題なく行えるのは、
    1. 紀伊国屋書店
    2. eBook Japan
    3. Honto
    4. Sony Reader Store

    です。
    品ぞろえもそれぞれ特徴がありますし、ご自分の好みの本がどれくらい充実しているかを見比べてみることをお勧めします。(アプリの使い勝手も含めて)
    海外からの電子書籍購入には、様々なハードルがあります。実のところ、私はアメリカ発行のクレジットカードしかないので、購入する場合は上記の1か2の選択しかありません。(汗)

    トピ主様の参考になれば幸いです。

    ユーザーID:3142080745

  • 欧州在住です

    他の方々も既に仰ってますが、Kindleは海外からでは購入が出来ません。 (最初の数点だけは出来ましたが・・・) 

    ですので、私は帰国の度にまとめ買いしてこちらで読んでいます。

    日本にいらっしゃるうちに買いだめしておけば問題無いと思いますよ。

    ユーザーID:0355503181

  • 私も紀伊国屋書店のKinoppyアプリ使用しています。

    在米です。
    私も在米おばばさんと同じく、紀伊国屋書店の「Kinoppy」を使ってます。便利ですよ。他に使っているアプリは無料でダウンロードできる「青空文庫」です。どちらもiPadで使用しています。

    クレジットカード登録に抵抗がある私は、「Kinoppy」の本をApple IDで購入しています。
    あらかじめ日本でアップルの電子マネーを購入し、App StoreかiTunes Storeにチャージしておき、KinoppyからApple IDで本を購入しています。チャージがなくなったときは一時帰国の時に再度電子マネーを購入しています。
    私のほしい本はほとんどApple IDで購入できるので問題ありませんが、Apple IDで買えないものもありますので、その場合はクレジットカードで買われたらよろしいかと思います。

    その他、App Storeにはいろいろ電子書籍のアプリがありますのでチェックしてみてください。グッドラック!!

    ユーザーID:2209484879

  • 再度レスしますby とろろ昆布

    前に在米おばばさんと同じく紀伊国屋書店のアプリ「Kinoppy」を推薦したとろろ昆布です。

    注意点を書き忘れました。

    Apple iPadでKinoppyから書籍を購入する場合、書店で購入する本の実際の代金より割高になります。30%ほどでしょうか。
    それとクレジットカードではなく、Apple ID購入する場合、クーポンは使えません。

    私は電子マネーにこだわり、Apple のApp StoreもしくはiTune Storeの課金もクレジットカードではしてありません。そのため日本の電子マネーを一時帰国の際にいちいち購入するということになっていますが、クレジットカードの使用に抵抗がないならいろいろ簡単でお得かもしれません。

    ※注意:Kinoppyが代金を引き落とすApp StoreもしくはiTune Storeは日本のものです。

    安全な海外渡航・生活をお祈りしています!

    ユーザーID:2209484879

  • 再びとろろ昆布です。

    補足です。度々すみません(汗)

    iPadをお持ちなのでiPadのみでご説明しましたが、iPadからはApple IDでしかKinoppyから書籍を購入することはできなかったと思います。しかし、androidのタブレットであれはクレジットカードや電子マネーなど、購入方法はいろいろありますのでkinoppyアプリを使用の際はどの端末で利用するか考えてから利用してくださいね☆

    ユーザーID:2209484879

  • とろろ昆布再び

    すみません
    「Kinoppyの書籍をApple IDで買うと30%ほど割高」と書きましたが間違いです。いくらなんでも高すぎですよね。
    それはアップルの取り分の比率だそうで、実際には10%前後割高だと思います。値段の比較はPCで確認してみてください。

    ユーザーID:2209484879

  • 北米在住です。

    周囲(仕事関連)で日本アマゾンからダウンロードできるのはわたしだけで、その原因は未だ不明です。海外では日本アマゾンからは購入できないと考えていた方がいいと思います。お勧めは吉川英治の全集です。何かしら興味を持てる歴史小説があると思います。夏目漱石などの著作権切れの文豪の全集も、紙版ではありえない廉価で入手できます。 ipadをお持ちということなので、雑誌のバックナンバーで関心のある特集のものをipadにダウンロードすることをお勧めします。美術書や漫画も出版社は、タブレットなどにダウンロードすることを推奨しています。

    ユーザーID:8443885031

  • Sony 電子書籍リーダー

    POPOさんがどのような本を読まれるのかわからないので、おすすめかどうかはわかりませんが、情報のひとつとしてお知らせしておきます。
    こちらはオーストラリアです。私はソニーのe-bookreaderを「日本」で購入し、海外配送システムの会社で送ってもらいました。個人でIT機器を海外に発送するのはかなりの手間なので。日本語で読む場合は日本製が必要です。渡航前に購入すると良いです。
    基本的に私が読みたい本は小説がほとんどなのですが、sony reader storeで99%間に合っています。
    Sony reader storeの特徴としては、
    1 海外発行のクレジットカードで購入可。数量制限なし。
    2 e-book transferというソフトを自分のPCにダウンロードし、そこを経由してサイトからダウンロードするので、すべての本のバックアップがPCの中にあります。(現在端末のwifiからの購入ができなくなったので、PC又はTabletなどが必要です。)万が一バックアップが消えてもstoreから再度ダウンロードできます。

    続きます。

    ユーザーID:3976082763

  • Sony 電子書籍リーダー 続き

    Sony 電子書籍リーダーについての続きです。

    3 紙本より大体低めの価格設定。ほんのちょっと。
    4 スクリーンが文字を読む仕様なので、紙本を読んでいるのと変わらず、疲れない。
    5 以前はブックオフで購入し実家から送ってもらっていましたが、送料を考えると新品
     の価格と同じくらい。
     何よりのメリットは、「文字の大きさを変えられる」ことと、「読書ライト」をつけら
     れるので、寝る前にベッドの中でも読みやすい。
     ちなみにライトは別売り。端末自体は現在Amazonなどで購入できるようです。

    私は他の機種は知らないので、比較しての意見ではありません。

    私は非常に満足しています。どこに行くにも持っていきます。私は携帯人間ではないので携帯は持ち歩きませんが、皆さんが携帯持つように私はe-book readerを持ち歩きます。すでに保存してあるコンテンツは400冊以上です。
    ご参考になれば。

    ユーザーID:3976082763

  • 赴任先によっては紀伊国屋系も使えない気が…

    主様の赴任先が書かれていないので該当するか分かりませんが、Kinoppyでの購入が出来ない国もあります
    HPに国名リストがありますので、ご確認ください
    欧州は各国に応じたVAT(日本より税率が高い)がかかります
    全ての本が電子化される訳ではないので、欲しい本がリストにない場合もあります

    私が以前在住していた国は、宗教・教育上等の理由で持ち込み禁止本やDVD等があり(日本の書店で売られている同タイトル翻訳本も不可)→見つからないようデジタルにして持ち込む人が増え、電子書籍・USB等の入国審査がかなり厳しく、電子データ類持ち込み・販売も制限されるようになりました
    該当電子機器ごと没収された人もいます
    赴任先のルールを良く確認した方が良いですよ

    私は日本にいる家族に購入を頼んだりするのも面倒になり、結局、日本語の本を電子書籍で読むのは青空位になってしまいました
    もっと簡単に海外でも購入できるようになってくれたら…と思っています

    ただネットで手軽に「日本語」が読めるようになったので、昔と比較すると、それ程、日本語に飢えている感じはしなくなりました

    ユーザーID:4833328784

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧