自閉症児の小学校選び

レス31
(トピ主3
お気に入り69

妊娠・出産・育児

mama

軽〜中程度の知的障害を持つ自閉症児がいます。
現在保育園の年長児で、この夏までに小学校を選ぶようにと言われています。

言葉は現在普通の3歳児程度話せますが、同級生と比べるとかなり遅れているので、普通学級は難しいと感じています(本人もつらいだろうし、周りのクラスメイトにも迷惑をかけそうです)。

まだ学校見学などはしておらず、これから説明会等に出席したり、療育の先生に相談し始めるところですが、最終的には両親の意思により学校を選ぶことになると言われ、同じようなお子さんをお持ちの方に、小学校選びで注意すべきことなどを教えていただきたいです。

今現在選択可能なのは、1.徒歩通学可能な地元の小学校の支援学級、2.徒歩通学はできない市内の支援学校、3.(考えてはいませんが)徒歩通学可能な地元の小学校の普通学級です。(私の希望は1→2→3の順です。)

尚、現在は遅れがちでも、時間をかけて成長して、なんとか普通の高校に入ることができればと思っています。
どのようなことでも結構ですので、アドバイスをお願いします。

ユーザーID:6369181034

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 情報集め

    地域の支援学校の、情報を集めた方がいいかもしれません。こちらの地域では、軽度〜中度の知的障害+発達障害では、まず100パーセント支援学校は入れません。
    軽度〜中度くらいなら、どこの支援学級にしようか、で動くのがいいかと思います。支援学級も小学校によって充実度がマチマチですから。

    ユーザーID:9429233066

  • とにかく見学へ

     今すぐ就学相談を受け、見学に行ってください。混んでいるので早めに動いた方がいいです(少なくともうちの地域は混んでいる)。現実がよ〜くわかると思います。見学に行き、自分の子と比較しこりゃあついていけなさそうと思ったら、入学時も確実についていけません。


     なお、療育手帳が取れないレベル(IQ75〜90)の知的ボーダー(うちの子)でも小学校の普通学級の授業や活動についていくことは困難です。なので、うちは支援学級に所属しています。
     支援学級の子の障害程度はほぼ軽度〜知的ボーダー程度。低学年でも支援学級内の学級活動についていける子がほとんどです(下手をすると低学年なら普通学級の活動にもそこそこついていける場合が多数)。1年生でも日常生活技能は自立し、自立登下校も親なしでできています。学区外からも自立登下校している子もいます。
     上記をお子さんができるイメージはおありですか?できなければ、完全にお客様状態になります。下手をすると何も身につきません。


     また、育児のゴールは普通の高校に入ることではありません。自立し、親の手を借りずに生活できることがゴールです。そこを勘違いされませんよう。

    ユーザーID:2665254424

  • とりあえず学校見学を

    5年生の自閉症児の母です。
    地域の小学校の支援学級在籍です。

    支援学校か支援学級か、この時期の母親の最も悩むところだと思いますが、私は将来のことを考えると少しでも長く地元の小学校に通わせるのが良いと考えて地元の支援級にしました。
    地域外の支援学校を出た場合、地元では馴染みのない状態で過ごすことになり、お互いに相手のことが分からずに辛い状況になりがちです。
    将来地域でと考えるのならば、小さいころから地域に認知して貰うことって大事だと思います。
    ただ、支援学級も支援学校も地域によってかなり違いがあり、先生の質、学校の質、学校方針等を見極めることも必要だと思いますので、学校訪問等で自分の目で確認しつつ、いろいろな立場の人の意見を総合的に判断することをお勧めします。

    ただ、一つ言えるのは、支援学級から支援学校へは行きやすくても、逆は非常に困難だと思います。
    今現在加配付きであったとしても普通の保育園で暮らせているのであればとりあえずは加配を付けてもらうことができないか相談するのも有りかもしれません。
    ちなみに我が家はこのパターンに近いです。

    ユーザーID:7371884270

  • 私だったら。

    軽度から中度の遅れというのは、本当に幅広くて、特徴がわからないと何とも言えないですが、
    私だったら、1の地元支援学級にします。

    支援学校と悩まれるのは本当によくわかりますが、これからすごく伸びるかもしれないとの期待を
    ご両親が持っておられるのなら、きっと最初から支援学校だと後悔されるのではないでしょうか。
    途中から支援学校に代わる可能性も頭におきながら、地元支援学級がよいかと。

    ただ、感覚過敏やこだわりが強いほうなら、やはり支援学校がよいかとは思います。
    その辺はもう本当に特徴次第です。
    実際にお子さんを見ている方とよく相談してください。

    また、1つ気をつけなきゃいけないのは、支援級は、学校や先生によってクオリティがかなり異なります。
    実際に行く予定の学校の支援級を必ず今のうちに見学して(すぐ見学できないようなところは論外ですよ)、どんな体制かを確認してください。

    そこだけは必ず見てくださいね

    ユーザーID:3072899848

  • 支援級かな 1

    知的障害の子供、現在小学校高学年で支援級在籍です。(就学前は保育園でした)
    言葉が3歳くらいということですが、字の読み書きはどうですか?
    絵はどんな感じ?

    うちの子供は就学時点で、言葉は3歳くらい、字は読み書き一切できず、絵は丸と直線しか書けない、身辺自立も3歳児並みという感じでした。
    就学相談では支援級が妥当と言われました。
    (私の住むところではもっと重度じゃないと支援学校にいけないです)

    支援級に在籍していれば、その子のできる科目は普通級に混ざれます。
    普通級に追いついていなくても、その子のペースで勉強を進めます。
    支援学級でも勉強はその子のペースで進めるけど、普通級に混ざる(交流)することはありません。

    ユーザーID:2823712145

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 支援級かな2

    支援級についてですが、学校により方針がかなり違います。
    わが子のいる学校では、運動会や発表会は支援級でもみんな(普通級の同学年)と一緒に参加します。
    同じようにできなくてもです。
    でも他の学校では、支援級を参加させてくれない所もあります。
    また、わが子の所では宿泊学習や校外学習が多く組まれていますが、学校によっては、そういう行事があまりないところもあります。

    宿泊学習や校外学習は、自立の訓練となるので、無いところに通っているお子さんは修学旅行などが大変なようです。
    送迎することも視野にいれて、あちこちの学校を見学に行くことをお勧めします。

    ユーザーID:0006822815

  • 難しい選択ですね。

    難しいとこですね。
    第三者です。

    A君は入学当初から、思考よりも先に手足が出るタイプ。
    女の子に手を出したり、授業中床に寝っ転がったり、椅子を前後にカタカタ揺らしたり、前後の子に話しかけて妨害したり。
    通常級と支援級を行き来して、高学年になり、落ちつき、普通中学へ。

    B君は中度らしく、入学式や体育館での集団行事で奇声をあげたり、走り回って先生が追いかけたりして大変そうでした。

    親御さんもさぞかし肩身が狭い思いをされた6年間だったと思います。
    中学からは特別支援学校へ。

    まだ間に合うなら、教育委員会に出向き、双方の見学をさせてもらい、現場の先生の率直なご意見を聞くことです。

    ユーザーID:2396926113

  • 子供の環境より親のメンタルや現実の方がしんどいです

    親の気持ちとしてはどうしても今は無理でも普通の高校には行かせたい その次は・・・ってちょっと遠い未来に期待します 普通の事です
    だったら普通の環境で生きていった方がいいです
    支援学校って普通と切り離された環境です 学習内容も違います、っていうかそちらのコースを選んだら生活面、学習面共に普通コースからは外れてしまいます 
    また途中からでもコース変更は出来ます でもそれって上から下にって事です 下から上って飛び級の事だからまず無理です

    子供の成長とともに選択内容が変わって来ます 今は選択肢が多いけど選んだら一気に次の選択肢は減ります その繰り返しとその時の子供の成長度合いも加えると小学校在学中には大まかなルートが見えてきます その中で色いろな葛藤と戦わないといけないので親の方がしんどいです 他の親子から見た自分たちの評価とでもいいましょうか 逆の立場として考えると明瞭ですよね
     
    ひと昔前に比べたら障害児の環境は良くなっています 親としては・・・ですが
    後、集団登校のない地域とかぼっち登校なら子供の送迎つきそいお願いされるかもしれませんね   

    ユーザーID:6452077010

  • 特別支援学校は視野に入れてないという事ですか?

    まず、支援級に入れてもらえるかの確認が要ると思います。

    うちの子供は支援級に所属していて、普通クラスで授業を全て受けています。
    3歳の頃は言葉が遅く、会話ができるようになったのは4歳からでしたが
    発達障害の診断がつかず、グレーで、5歳の頃には5歳のドリルが出来るようになっていたからです。
    我が子の場合は、普通クラスには行けるが、支援級に所属できるか微妙というラインでした。
    それでも、授業について行くのは大変です。
    1年生で、1学期には板書が出来ないと連絡帳も書けません。運動会は体系移動で誰について行っていいかなかなか入らず予行で入り、漢字も1学期からバンバン覚え、カタカナはほぼ教えてくれないのにサラッと書けるようにならないといけない、算数は、繰り上がり繰り下がりがあり、文章題で列に並ぶ数の式を作らなきゃならない・・・
    我が子の場合、3・4年でグッと難しくなる時にもついて行けるのか?という不安があるので所属したまま2年生
    支援級でだけ授業を受けるのなら、このスピードについて行かなくても大丈夫ですが
    それだと、普通の高校に入るというのは厳しくなると思います。

    ユーザーID:0251473787

  • 同じような子がいます

    我が子は支援学級にしました。

    身辺自立はしているし、知的にもギリギリ?支援学級レベルで。

    さすがに普通級は無理だと最初からわかっていたので、就学相談でも支援級でと言ってました。

    うちの子も、できればいずれは普通級に行けたら良いなと希望は捨ててません。

    今、小一になったばかりです。

    ユーザーID:6135819561

  • 支援学級

    支援学級では、普通級との交流が多いところがあります。ほとんどを普通級で過ごしている場合もあるし、国語と算数だけを支援級で受け、給食や体育などは普通級でというときもありました。
    自治体や学校の対応、お子さんの状況によるようです。加配もついているお子さんと、予算の都合で週何日かしかつかない場合もあると聞きました。学校の支援級を見学させてもらい、先生や普通級の先生ともお話しされればよいのではないでしょうか。
    学年があがるにつれ、勉強だけでなく、運動や人間関係も難しくなります。どんな風に対応しておられるのか尋ねるといいかもしれません。

    ユーザーID:7375921005

  • とにかく学校見学

    とにかく早く学校見学(希望全ての)に行ってください。
    学校公開に行ければ手っ取り早いですが、それを待っていたら間に合わない可能性もありますので、個別に申し込んででも行った方が良いです。

    就学相談の判定通りで良いとは思いますが、学校見学に行って無い親御さんは、在学校に不満を抱きがちです。
    それは学校家庭共にプラスになりません。

    学校見学に行ってみると、自分の子どもがここでやっていけるかということが肌身で分かります。
    子どもが学んでいる様子が浮かんでくるところがあっている学校です。

    先生への質問をメモにしていくといいと思います。
    特別支援学級でも身辺自立など、結構高いものが求められますので。
    そこのクラスではどの程度のフォローが可能か聞いてみた方が良いです。

    それと、今のお子さんの様子で、普通高受験を考えられるなら、、勉強面は全て家庭で見た方が良いです。
    学校に求めてどうにかなるものではないです。

    ユーザーID:2635976800

  • 厳しい現実です

    子供の学校選びって、結局、親が最終結論を出さないといけないので迷いますよね。

    私も子供の就学相談受けました。

    就学相談を受けるために、療育機関やリハビリの先生などに色々相談しました。
    そこで皆さんが口を揃えて言ったこと。
    『支援学級にも学校によって学力レベルに差がある。でも、やっぱり支援学級は支援学級。レベルの高い支援学級に行っても、中学校進学の時に普通校に進学をしようと思っても難しい。ほぼ無理。』

    ということは普通の高校に行くことは、ほぼ無理です。

    普通の高校に行かせたいなら、無理をしてでも小学校から普通級に入れないと。

    それが難しいなら、普通の高校にいれることは諦めることです。

    授業内容が違いすぎます。機会があったら幾つかの支援学級と普通級の学校公開に行って、授業を見学してみてください。

    私の言っている現実がわかると思います。

    ユーザーID:3002816315

  • そうですね....

    アスペルガーの高2の娘がいます。3歳児に発達障害と診断され、小学校就学前には説明会や見学会に行きました。結局はギリギリ付いていけるレベルと親や専門医が判断したために通常学級に行きましたが、人間関係で何度も問題を起こしながら何とか成長、進級していき、現在は一応、周囲から進学校と呼ばれる高校に通っています。

    ご兄弟はいらっしゃいますか?また、両親は共働きでしょうか?もし、お子さんが一人っ子で専業主婦や学校のことで休める仕事で車の免許をお持ちなら、2という選択でも有りかと思いますが、一番は親の負担も考えて1が良いかと思います。
    また、通常学級に籍を置き、苦手な部分をフォローするために、援級へ通級するという方法もあると思います。

    一概にどれがベストとは言えず、学校や学級や担任の雰囲気にもよりますので、見学し、担当医や学校側とも相談した上でじっくり決めてくださいね。

    ユーザーID:6686736933

  • 軽度知的障害の子の母です

    トピ立てから時間が経っていますが、もう学校見学は行かれていますか?
    私が学校選びで参考にした重度自閉症の子を育てたママの言葉です。

    「自分(母親)は普通学校 支援級→普通級を考えていた。でも学校見学に行ったら、普通学校の支援級では落ち着きがなかったのに、支援学校ではとっても落ち着いていた。支援学校では自閉症児が学習に集中できる環境が整っている。子どもが楽しく学校に行けることが一番。子どもの支援学校での様子を見て、自分(母親)も考え方が変わった。」

    です。
    学校に行くのはお子さんです。親ではなく子どもの気持ちを大事にしてあげて下さい。


    ちなみに我が子は普通学校の支援級です。普通級のお友達との交流をとても楽しみに学校に通っています。
    ただ、普通学校を選んだ場合、言葉は悪いですがハズレの先生もいるという事も覚悟が必要です。
    うちは昨年度の担任とはそりが合いませんでした。何度も学校と相談して(感情的にならず、事実を淡々と伝えた)昨年度の担任は支援級担任から外れました。
    今年度は始まったばかりですが、登校を嫌がることがなくなったので安心しています。

    ユーザーID:6701639844

  • 普通の高校に入る為に

    大学生の健常児と支援学校(中学部から)に通う知的障がい児の母です。

    普通の高校に入る為には中学生で支援学校・支援学級では無理かと思います。受験する為にはテストを受ける事も必要ですし、内申が必要です。内申を貰う為には普通学級の子達と同じ中間・期末などの試験を受ける必要がありますよ。

    ただし専門学校で高校課程も取得できるような所でした支援学級からでも進学出来ます。でも入った後の勉強も大変ですよ。高校課程はテストでそこそこ出来ないと留年ですから。

    まだ小学校への入学前のお子さんですので、これからどれだけ伸びるのか未知数ですが、普通の高校へ進学を希望するなら最初からずっと普通級でないと厳しいですよ。勉強面で健常児に付いていけるよう親の努力や学習塾などの手も必要かと思います。その日に学んだ事はその日のうちに理解出来るようにさせないと毎日どんどん先に進んで行きますから。

    普通校へ進む事を目標として、お子さんの適正を見極める事も必要かと思います。

    ユーザーID:9379063563

  • それと私が先日受けてきた進路説明会にて

     高校・特別高等支援学校(中卒扱い)は義務教育ではありません。最終的に進路を決めるのは本人です。親ではありません。

     特別高等支援学校を卒業した後、やはり普通高校に行きたいと言って、高校を卒業された方もいます。
     支援学級から普通高校・大学に進学している人もいます。
     サポート校に通い、高卒認定をパスして、大学に進学する人もいます。
     支援学校から支援級に行った子も少ないながらいます。

     また、現在の支援教育は過渡期にあるといってもよく、お子さんが中学を卒業するころは状況は一変しているでしょう。5年後には普通高校に支援級を作ろうという動きもあるくらいです。

     以上が説明会で言われたことです。

     なので、今のお子さんに相応しい場所を選ぶのがよろしいかと。能力があれば、結局のところ、今の選択がどうあれ、なんだかんだ言って本人に相応しい能力の場所へ行きつきます。実際に、うちの子は支援級ですが、現在はほとんど普通学級にいる状態で、教科によっては下手をすれば定型発達の子よりできる状態です。


     自分の子どもに「今相応しい場所」がどこなのか、その目で確かめてください。

    ユーザーID:2665254424

  • 1一択

    軽度〜中度知的というのが気になりますが…ともあれ、この程度では支援学校は厳しい気がします。
    うちのエリアは、自閉があるだけで情緒固定級となります。
    まずはこちらはで様子見して、中学年辺り(実際は2年春)辺りに再考してはどうでしょうか?
    でも小学校の間は普通学校の支援級、中学校進学時で再考というのが現実的です。
    支援学校に行けばなかなか普通学校へ戻れないですし、身辺自立ができていれば普通学校でいいと思います。
    それに地元に馴染んで今後生きていくのならば、近所の学校のが良いと思います。

    ユーザーID:7261140165

  • 皆さま、有難うございます。トピ主です。 1

    とても参考になるレスをたくさんいただき、本当にありがたいです。

    それぞれの市の対応が異なるということも含め、とても参考になりました。
    市によっては、今の子供の状況では支援学校は入れないかもしれないということや、支援学級でも普通の高校を目指すことは非常に難しいことなど、理解できました。

    我が子の状況をもう少し詳しく書くと、ひらがなや数字を読むことはできますが、筆圧が弱く筆記や絵が苦手です。比較的おとなしい時もありますが、注意をされた後などに突然スイッチが入ったように荒れだし、それを抑えるのがなかなか難しいです。そのようなときにお友達をたたいたことが今まで2度ありました。
    今現在は少人数制の保育園に通っており、加配の先生はついていません。
    大体幼児10人に対し先生2人くらいなので、よく見てもらえていると思います。
    知的障害を軽〜中程度と書いたのは、2年前に判定をしてもらった時はIQ49で、ぎりぎり中度と判定され、近々再判定を行うためです。

    続きます。

    ユーザーID:6369181034

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 皆さま、有難うございます。トピ主です。 2

    できれば複数回さんが“学校公開を待っていたら間に合わないかもしれない”と言ってくださったので、本当は5月末の学校公開を待とうかと思っていましたが、近いうちに地元の小学校と支援学校の両方の見学をさせてもらえないか、申し出てみようと思います。

    過去のトピを読んでみると、支援学校も対応が手厚く、とても魅力があるように感じてきました。ただ、みかんさんが仰っていたように、支援学校から支援学級へ移るのはむずかしいということなので、支援学校を選ぶことは慎重に進めないとと思っています。

    ユーザーID:6369181034

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 夏に種学相談、受けますよね?

    そのことを踏まえて、前もって支援級などに見学に行くにしても、今の担任の先生と連携を取っておいた方が良いです。
    夏の就学相談は、一発で決まる重要な場面で、誰もが希望通りにできるとは限らないのです。
    その時、担任の先生が積極的に動いてくれるかは意外と重要なので、
    早めに学校の支援級に見学に行きたいのですが。。。と、相談だけは入れて、自分で電話して良いと言われたら電話して良いと思います。

    うちは支援級に所属、普通級だけで過ごして2年生になりましたが
    支援級の先生方は、見学は大歓迎という感じの方々です。
    これくらいだと、うちの市では○○と言われるかもしれないとか、そういったことを知ってる先生もいると思います。市の状況を知るにも見学は良いと思います。

    IQのテストですが、その日の調子とか、得意・不得意分野によっては、実力が発揮できない事もあるので、意外と判断が難しいですよね。
    手が出る子は小1・2は酷くなる傾向が強そうだと周りを見ていて思いますので、よく話してお願いしておくと対応できる先生にしてもらえるかもしれません。

    ユーザーID:0251473787

  • というより…

    >支援学校から支援学級へ移るのはむずかしい

     確かにその通りなんですが…それと普通の小学校で、軽度遅れなら、学力に関して言えば、小2くらいまでなら力技で何とかなるんですけどね。

     そもそもの話をしますと、仮に素地として普通高校に行く潜在能力のある子は支援学校では飛びぬけてできる子です。なので必然的に学校サイドからお声がかかります。できすぎてその集団から浮く上、本人も物足りなさそうにしているからです。支援学級でも同じことが言えます。

     逆に、普通学級・支援学級に能力を無視して在籍をしても、結局は学業が全く身につかないので、普通高校に進学は難しい状態になります。決断が遅れれば特別支援高等学校の受験対策(小3〜4程度の学力と作業などの試験あり)が遅くなりますので、中学卒業後、行き場所がないという状態にもつながりかねません。


     何より、本人の力量以上の場所に入った場合に一番心配されるのが、2次障害です。学校を嫌にさせたら、その後学校に通わせるのが非常に困難となります。精神状態が悪くなっての移籍だと、立ち直りにも非常に時間がかかります。普通高校へのこだわりはお捨てになることを勧めます。

    ユーザーID:2665254424

  • あと説明会で聞いてきたことの補足

    >受験する為にはテストを受ける事も必要ですし、内申が必要です。内申を貰う為には普通学級の子達と同じ中間・期末などの試験を受ける必要があります


     これも説明会で聞いたことですが。

     中間・期末は支援学級在籍でも普通学級の子と同じものを受け、中学の評定を受けることは可能です。ただし、試験を受けなかった場合「評定不能」扱いになるそうです。

     で、評定不能の場合、普通高校を受験した場合、高校にもよるらしいですが、入学試験の点数×1.8〜2として扱われるとのことでした(中学の評定がある場合だと、入学試験の点数+中間期末評定)。まあ、ぶっつけ本番なのである意味ギャンブルですけどね。

     内申も確か普通にあるとのことでした(じゃなきゃ特別支援高等学校も受験できませんし)。


     まあ、どっち道ある程度発達障害に理解のあるところじゃないと、受験を通ったとしても入学した後が難しいという話でしたね。前述しましたが、義務教育ではないので、本人の希望に依存する部分が大きいって話だったので。
     ただ、これって今時点の話なので、多分5年後10年後は制度そのものが変わっている可能性も高いですよ。

    ユーザーID:2665254424

  • 見学は学校公開以降で良いんじゃないかな?

    見学先に1年生がいる場合、4月の見学はあまり意味がないと思います
    1年生がまだ学校に慣れていないからバタバタとしていたり、先生も指導方法を模索の真っ最中です

    見学したいと言ってOKが出たらそれはそれで、せっかくなので見てきた方がいいとは思いますが、見学したその状況で良し悪しは判断しないでください
    見学ではなく、現担任や校長先生(もしくは教頭先生)などと保護者の面談とかが良いのではないでしょうか
    「今までの支援級の活動内容は?」とか「(お子さんの様子を話し)このような感じなのですが、対応可能でしょうか?」とか
    支援学校はわかりませんが、支援学級の場合は校長先生と話をしたほうが良いです
    来年にはいなくなる先生かもしれませんが、校長先生の考えは大事です
    わが子が通っている校長先生は、わが子に対しては寛容でしたが、わが子より重い障害の子には「支援学校に行くべき」と親の考えを無視でした

    私の方のスケジュールですが、8月に就学相談会があり、そこで支援級かどうか決定がでますが、どの学校の支援級に決定かはぎりぎり(2月後半)まで悩んで決めている人もいましたよ

    ユーザーID:2823712145

  • 何の為の高校なのか?

    普通の高校へ行かせたい理由は何でしょうか?
    一般的な経験をさせたいから?
    世間体?

    自閉症児において、よく心配されるのは二次障害です。
    自己肯定感が下がり、鬱になったり「どうせ自分なんか‥」といった考えに陥らないように気をつける必要があります。
    お子さんがそのような状況にならないようにと、考えるとどうでしょうか。
    普通の高校を目指すとして、ついていけなかったら、困った状況になりませんか?
    また、高校卒業後の進路はどう考えておられますか?
    勉強が出来なくてもコミュニケーションがたけた子は就職も上手くいくと思いますが、コミュニケーションが苦手な自閉症の子の就職はかなり難しいものになると思います。

    IQ49なら療育手帳を貰えるラインですよね。
    療育手帳があれば支援学校の高等部に進む事が可能であり、就労訓練、就労支援が受けられます。
    そこで能力が高ければ就職に有利です。

    ですが、一般的な水準の収入が得られにくい事も現実としてあります。
    お子さんも今後IQが伸びる可能性もあります。

    判断が難しいとは思いますが、お子さんの意思も確認しつつ、考えてみて下さい。

    ユーザーID:7618042927

  • 見学の前に就学相談の保護者の面談が一番先だよ?

    >5月末の学校公開を待とうかと思っていましたが、近いうちに地元の小学校と支援学校の両方の見学をさせてもらえないか

     今すぐとは書いたけど、就学相談が一番先だよ?4〜5月はじめは新入生がいて、彼らが環境になじむのに教員もばたばたしています。学校公開まで待ったほうがいいと思うけど?


     少なくとも、うちの地域は就学相談のインテーク面接(保護者のみ)が先で、そこから見学先を紹介してもらう手はずになっているんだけど?これは学校サイド関係ないから、4月から予約取っている人はいる。全体の説明会は六月初めだけど、大体の人はその前後に動いています。

     夏に子どもが発達検査を受けて、結果をもらい、暗にどういう判定になりそうかを教えられます。7月くらいに幼稚園や保育園に調査も入ります。

     10〜11月くらいに検査結果や幼稚園や保育園や療育先での行動観察や受け入れ先の情報を元に支援会議が開かれて支援学校適・支援学級適・普通級適って判断がされます。最終的に保護者がどうするかを決めるのは12〜1月くらいです。多分、どこの地域でもそんな感じですけど、なんで夏決めなきゃって話になっているんでしょう?

    ユーザーID:2665254424

  • むしろ感情コントロールの問題を早急に何とかしたほうがいい

    >ひらがなや数字を読むことはできますが、筆圧が弱く筆記や絵が苦手

     これは普通に支援学級どころか普通学級の子でもあるあるです。問題ありません。…が


    >注意をされた後などに突然スイッチが入ったように荒れだし、それを抑えるのがなかなか難しいです。そのようなときにお友達をたたいたことが今まで2度ありました。

     これは就学にあたってものすごくまずいです。普通の学校どころか支援学校でも他の親子から嫌がられると思います。特に支援学級や支援学校の子たちは、元々刺激に弱い子たちの集まりでもあるので、感情コントロールがうまくできない子はぶっちゃけた話大いに嫌われます。
     これを外でやっている…ということはあまり家庭と社会の区別がついてないことも意味し、社会性にも遅れがあるということも意味するかと。
     他害や感情コントロールに難がある場合は、支援学級でも、支援学校でも相当風当たりが強いとお考えになったほうがいいですよ。普通高校どころか特別支援高等学校でも厳しいんじゃない?って話です。

     就学相談も同時進行で進めるとしても、感情コントロールに関しても最優先で療育なり医療なりで何とかすべきです。

    ユーザーID:2665254424

  • 皆さま、有難うございます。トピ主です。3

    参考になるご意見をありがとうございます。

    地元の小学校に連絡を入れ、GW明けに見学をさせていただくことになりました。
    やはり4月中はバタバタとするようで、平常の状態になってから、そして先生方にしっかりと話を聞く時間を頂くとなると、GW明けの方がよさそうだったからです。(校長先生と支援学級の先生と面談ができることになりました。)
    地元の小学校の見学後に、支援学校の方にも連絡を入れて見学をさせてもらいたいと思います。

    最初は“普通の高校へ行かせてあげたい”と考えていましたが、子供に無理をさせて、つらい思いをさせたり、ひきこもりになったりするよりも、本人にとって楽しい日々を過ごさせてあげたいという気持ちが強くなってきました。
    とはいえ、支援学校を卒業した後に、人並みのお給料をいただける職業に就くことができずに苦労をすることになるのはつらいのではと思う気持ちもあります。
    本当に難しい決断です。

    ユーザーID:6369181034

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 彼らが考える幸せとトピ主さんの考える幸せは違う

    >支援学校を卒業した後に、人並みのお給料をいただける職業に就くことができずに苦労をすることになるのはつらいのではと思う気持ち

     ええ、親としてはこれが一番気になるところですね。でもね、トピ主さんは根本的な思い違いをされています。
     これは自閉という障害を持った子に限ったことではないのですけど。トピ主さんの考える子どものあるべき幸せと彼らの思い描く彼ら自身の幸せは違います。

     特別支援高等学校を出た子は、一般的に福祉就労(障害者枠・就労移行支援施設・就労継続支援A型・B型・授産施設・作業所など)に行くことが多いです。グループホームに入所し、自立に向けていろいろやっている子もいます。その中でいつも笑顔で前向きにやっている子もいれば、高校を卒業したいといって高卒資格をとる子もいたりします。
     一方、適切な支援を得られずに、「僕は今まで沢山努力してきたのに、周りといつもうまくいかない」と言い、ずっと苦しい思いをしている子もいたります。


     親だけでなく彼らをとりまく周囲に愛されていつも笑顔でいる子と、経済的にはそこそこあってもずっと苦しい思いをしている子…どちらが幸せなんでしょうね?

    ユーザーID:2665254424

  • 目標として「高校入学」と掲げるのは問題ないのでは?

    何が何でも普通高校!普通に就職して20万前後もらえるように!!!

    となってはお子さんに負担がかかるだけですが、

    高校に行けたらいいなぁ、できる努力はしておこう

    というくらいならいいのではないでしょうか?
    私も子供に対してそう思っていましたよ
    ゆっくり成長しているから、いつかどこかで追いついてくれればいいなと
    そして一人で生活できる収入と身辺自立を、と

    実際はなかなか字が読み書き両方とも覚えられず、普通高校はどう頑張っても無理だなと思っています
    就学前までの成長スピードよりも、とてもゆっくりな成長となっています

    低学年のうちは「中学も支援学級かな」と思っていたけど、成長を見ながら各所に相談した今は就労に向けて訓練ができる支援学校がよさそうだと思うようになりました
    (小学校が支援学級だったことは間違っていなかったとも思う)
    成長の様子を見ながら、将来像は変更して行っていいんじゃないでしょうか

    小学校は支援学級だったけど、中学は普通級に行けたお子さんもいるにはいるんです
    色々なパターンを常に想定しておいてもいいと思います

    ユーザーID:2823712145

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧