小耳症の手術

レス4
お気に入り23

にゃんと

健康

初めまして。

右耳小耳症をもつ小学5年生の母親です。
息子が産まれて10年。時には見知らぬ人に耳をじっと見られて怪訝そうな表情をすることはありますが、周りの友達にも恵まれ、小耳症であることを忘れているかのように過ごせています。
産まれた時は10歳になったら手術をうけさせてあげられるようにと名医と言われる先生方の診察をうけてきました。この夏手術を受けることができます。しかし、息子は手術をしても聞こえるようにはならないことや、今、自分が恵まれた状態にいることもあり、手術をするのか悩んでいます。
私達親も 診察をうけながらも、僕はこの耳でいいよっと言ってくれるように育てばいいなぁとは思っていたのですが、いざそうなると何が正解なのかがわからなくなってきています…

ユーザーID:0800652346

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 聞こえなくても

    お子様に強くなってほしいと思う親心はわかります。
    しかし、それをお子様に押し付けてはいけないと思います。

    特に男児では 髪で隠すこともできませんし、
    たとえ、聞こえるようにならなくとも 見た目が変わることで
    周りからの視線にさらされることは なくなるのでは?

    ユーザーID:1090866265

  • あせらない方が

    そういう環境であればもう少しだけ様子をみたらいかがですか?
    時間をかけてお子さんと話し合って納得できる答えを探しましょう。
    良いお友達に恵まれたのもきっとお子さんの人徳だと思いますよ。

    ユーザーID:9683913847

  • 私も小耳症です

    20数年前に手術を受けました。(小5のときに2回)
    女の子だったので髪の毛を伸ばしていればそんなにジロジロと見られることはなかったですが、それでもやっぱり心ないことを言われたりすることはありましたね。(術前も術後も)
    うちの母もたくさん悩んだと思いますが私は受けてよかったと思いますし、退院して新しい耳(それでもやっぱりフツーの耳と同じには見えない)をショーウィンドウに映しては嬉しかったことを覚えています。
    耳がどうであろうと自分は自分と思えるかどうかはご両親の気のもちようではないでしょうか。

    ユーザーID:1711156794

  • 私は受けてよかったです。

    49歳女性です。

    小耳症で小学5年と6年の夏休みに2回手術を受けました。
    私の場合は耳の上半分が袋状に閉じていたので、1回目はその部分を取り除いて耳の上半分の形のシリコンを埋め込む手術、2回目はそれを切り起こして太ももやお腹からの皮膚移植をしました。

    私は近眼なのでコンタクト以外にメガネが必要で、この点においては手術をしてよかったと思います。ただ、術後30年近く経った現在、ちょっと心配なのは耳に異常が出た場合、誰に見て頂けばいいのかということです。

    高校卒業までは、年に一度のチェックに行けたのですが、卒業後、仕事や結婚で引っ越しを繰り返したので、勤務地が変わる教授の病院に行けなくなりました。
    最後に受診したのは10年以上前で、今では先生がご健在かどうかもわかりません。

    術後のケアとしては、頭皮の部分に作るので毛が生えてくるのを抜くことが必要です。一人では出来ないので誰かにしてもらわなくてはいけません。私はもうほったらかしですが。

    今は技術も発達してるから、(柔道などの選手に多い耳のように)パッと見た感じでは分かりにくくなると思います。

    ユーザーID:9003464314

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧