赤字なら教育費を削りますか?

レス511
お気に入り1,082
トピ主のみ10

テトラ

話題

小学生以下の子供三人の五人家族です。
住宅ローンに加えて3月と4月は何かと出費が重なり、
家計が初めて赤字に転落しました。

貯金もできない中で、赤字分は夫のボーナスから補填する予定ですが、
子供達には平等に教育を受けさせたいと考え、みんな英会話と通信教育、
ピアノ等の習い事をしています。

夫から、子供の教育費や習い事を見直したいと言われましたが、
私は大反対で、食費や生活費を抑えることで赤字は解消できると
思ってます。
なお、私も極力パートをして家計に入れています。

一般的に子供がいるご家庭において、赤字になった場合、
教育費を削るのでしょうか?
それとも食費や生活費を削るのでしょうか?

ユーザーID:4578625309

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数511

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 英会話とピアノは、何に生かすの?

    実は私は子供の頃、小学校で4年間も英会話に行ってましたが、あれは何だったんだろう?
    受験の苦手科目が英語という有様でした。
    会話できるようになるのが目標だと、週1で通うだけじゃ意味が無くて
    毎日のように英語を聞く時間を設けたり、日々の親による環境づくりが重要で
    CDやDVDで毎日、英会話を学べる環境を作れたら、英会話に通わなくて良いとすら思う。

    ピアノは、うちの子も通ってるけど、色々成長が遅くてコンプレックスを持ちやすい子なので
    心の中の癒しと自己肯定感を高めてもらおうと思ってやってるのですが
    赤字でも続けるか?と聞かれたら辞めます。

    赤字とは言いつつ、学資保険など、教育資金の貯蓄はキッチリ間に合ってるんですか?
    でも、小学生って、1番、お金がかからない年代での赤字は、将来、不安ですよね?
    教育費と一口で行っても、英会話とピアノは趣味の範疇を出ないと思います
    親の自己満足の習い事は、赤字という現実があるなら、諦めた方が身のためです。
    高校、大学で、もっと違うことを諦めることになると思う。おそらく、本気で後悔しますよ。

    ユーザーID:4018779625

  • 小学生の今の段階で赤字なら、この先危険じゃない

    トピ主の家庭は、貯金が出来ない、赤字をボーナスで補填している状態なんですよ。
    預貯金がいくらあるのかわかりませんが、夫が病気や怪我などで働けなくなったら、一気に破綻しそう。
    トピ主はパートだし……
    生活設計と子供の数が合ってないんでしょうね。

    高校やその先の進学をどう考えてるのですか?
    習い事も幾つかやっているみたいですが、そういう経済状況ではない、という認識は必要だと思いますよ。

    ユーザーID:6521524911

  • 優先すべきは大学進学費用

    子どもの教育費で一番優先するのは大学進学費用ですよ。
    一般的に小学生の間がもっとも貯金しやすい時期と言われています。
    その時期に貯金できないなんて・・・ひどすぎますよね。
    大丈夫ですか?
    今の教育費を優先して貯金できなくて、大学は奨学金を借りるとか、高校で塾に行けないとかになったりしませんか?

    地方の私大なら1人1000万ぐらい普通にかかりますよ。
    高校の塾代も1人1か月で3万以上かかります。
    それ捻出できるんですか?

    子ども3人もいて、小学生の習い事で赤字なんてあり得ないです。
    減らすのは食費も教育費も両方でしょう。

    それともトピ主がフルタイムで働いて、がっつり稼ぐかですね。

    ユーザーID:7612024218

  • 教育費を聖域にしてはいけない。

    子供が成人して最も無駄だったと思うところは習い事を含めた教育費だそうですよ。

    ユーザーID:6555841963

  • 無い袖は振れない

    教育費は高校生以降に増大します。
    今必要な教育費は精査してより分け
    将来かかるものに貯蓄しなければ
    いざ大学となったときに、思う存分好きなことをさせられないでしょう
    勿論、将来のためだけに経費を掛けるのも違うとは思いますが

    ところでトピ主家の収入夫婦それぞれおいくらくらいで
    エンゲル係数と
    エンジェル係数はどのくらいなのでしょう?

    そこら辺を開示してご相談なさった方が良いのではないでしょうか?

    ユーザーID:5881965168

  • 削るのは教育費

    育ち盛りの子供に食費とか削ると十分栄養の有る食事を提供できますか?
    教育に力を入れたいと言うトピ主の気持は理解できます。
    でもそれは余裕が有る人が出来るのであって、
    貯金も出来ない家計状態の人がするのは随分と無理があります。
    子供が成長するにつれ、子供に掛かる費用はもっと増えて行きますよ。

    矢張り削るとしたら、ピアノ、英語、通信教育の内の教育費ではないでしょうか。
    ピアノと英語が今時点で一番必要が無いように思います。
    家計が赤字になるまでしてお金を使い子供に教育をつける必要があるかは疑問です。
    勉強の出来る子達でも、通信教育や、塾に行って無い子もたくさん居ますよ。

    そして今の家計の状態を子供に教える事の方が、子供の将来にとっての生きた教育に成ると思います。
    そして自分達の家計に見合った教育をさせる事です。

    ユーザーID:1095751644

  • 両方削る

    生活費を切り詰めるのは、今現在の赤字を解消するためです。
    日々の暮らしが成立しないのだから、仕方がありません。

    他方、教育費というよりは、習い事のお金を削るのは、将来のため。
    貯金がなければ、子供たちにまともな教育を与えられません。

    正直、今習っている英語やピアノ、通信教育が将来の学力や語学力向上に繋がるとは思えません。

    それよりは、中学や高校に入ったあとの塾の費用にでもした方が、よっぽど偏差値の高い学校に入学出来るでしょうし、そもそも、大学の費用はピアノのレッスン代より高いですよ!

    習い事=教育費

    ではなくて、

    教育費=将来の為の貯金

    です。
    習い事は、貯金をしてでもなお、お金に余裕がある家庭がするものです。

    子供1人当たり月に1万円は貯金しておかないと…
    長子の大学進学まであと10年もないのでは?
    毎月1万円貯めても、10年でたったの120万円にしかなりません。

    120万円なんて、入学準備費用で簡単に消えますよ。
    受験料や入学金位は用意しておかないと、スタートラインに立てません。

    ユーザーID:1846841747

  • 教育費は、最後にしたい

    いくらの赤字かによりますが、まず削るとしたら、食費や生活費です。

    買い物の仕方や献立の組み方の工夫次第で、削ることが出来ると思うからです。
    ただ、何度もしている外食を減らすと言うのでなければ、大幅削減は難しいと思います。

    子どもが頑張っている習い事は、極力削りたくないです。
    子どもにだけ、我慢させる事になるし、レジャーとは違いますし。

    ただ、子どもがやる気がなくて、嫌々やっている様なものがあれば、見直し対象として子供とよく話した上で検討します。

    ユーザーID:8936286651

  • ピアノ、全員に必要ありますか?

    芸術系で、得意不得意があるものは、
    苦手そうな子は辞めさせてもいいのでは?

    問題は「何かと出費が」の部分ですよね。
    今後、子どもたちが大きくなればなるほど、
    そうした出費は増えてゆくものです。

    とくに食費は、これから食べ盛りになるため、
    抑えたくても抑えられない状況になりますよ。

    貯金も出来ない現状から見たら、
    教育費を見直す以外に何があるのでしょう。

    ユーザーID:8899874646

  • 平等も大事ですが

    分不相応の習い事なら、ご主人の言う通り、習い事を減らすかなと思います。
    赤字が今回だけなら食費を削ったりすればいいと思いますが、
    今後も続くならば、教育費の再考もありかなと…
    これからどんどん食べ盛りになってくるのに、食費を削るのはむずかしくないですか?

    うちは上の子は塾に英語にピアノに習字と水泳ですが、下の子は水泳と英語のみ。
    毎月の月謝はこれで精一杯です。
    これ以上は増やせないので、もし下の子が何かやりたいと言ったら、
    上の子の習い事を一つ減らすかなと思います。
    習い事より食事の方が大事だと考えているので…

    ユーザーID:2933103742

  • それは教育じゃない。

    まだ未就学のウチからアレもコレもとやらせても、無駄遣いになるだけでは?経済的に余裕があるなら何も言いませんが、ボーナスで補填しなきゃならない状況では習い事は不要。古本屋でテキスト買ったり図書館で読書。それよりいざ受験する年齢になった時の塾代貯めといた方が、お子さんにとってどれだけ助かるか。周りがやってるから等の見栄から来てません?冷静に、本当に子どもの将来に今必要かどうか考えてみては。

    ユーザーID:5815432286

  • 成長に応じて教育費を配分する

    本当に必要な教育は、大人になって自分で生き抜くために必要なことを学ぶことです。英会話、通信教育、ピアノは、そのために必要なことかどうかを見極める必要があります。

    そもそも何のために小学生の時期にそれが必要なのでしょうか。誰かがやっているからでしょうか?小学生の時期に必要なことは、五覚を育むことです。それがきちんと出来ていれば、大人になって生き抜ける力が中学生から高校生の間に培われるのです。

    今の段階で、教育費を削るとか削らないというかいう視点ではなく、中学生、高校生の頃に必要な教育のために、成長に応じた教育費の配分(小学生<中学生<高校生)を考えましょう。

    日本語がきちんと出来ていない小学生の時期の英語教育は効果がありません。むしろ、高校生の頃の海外留学の方が、今の時期の英語教育よりも効果的です。その頃に、お子さんが夏期留学を希望した場合に、それを叶えてあげることの方が、教育費の有効な使い方と言えましょう。

    そのためには、現在の家庭経済が安定することと将来の教育目標が必要です。そして、家族が平和に暮らしていくことが欠かせません。そんなことを夫婦で話し合われてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:7160629846

  • 教育費が支出の中でどれくらいの割合なのか

    まず家計の数字を出して、何をどれくらい支出しているか夫婦で確認した上で相談でしょうね。

    子供が3人いて
    >みんな英会話と通信教育、ピアノ等の習い事をしています。
    となるなら、必要なものだけに絞る必要もあるかもしれません。

    削るかどうかは家計の内容いかんですね。

    食費や生活費も適正な支出なのか、かけすぎかなのかで削る必要はあるかもしれませんが、不必要に高額な保険をかけているとか貯蓄分が多すぎるとかの見直しもアリかもしれません。

    5月になれば固定資産税の支出もあるでしょうし、この先を考えたら今の習い事費用をかけるより将来の学費へシフトしてもいいかも。

    教育費的には小学生時期が一番お金かからないですよ。
    この先3人分お金がかかることが増えます。

    よく考えて夫婦で決定して下さい。

    ユーザーID:5657026017

  • 入口違っても出口同じ

    お子さんがその年齢なら、まだ無駄かもね。
    英語なんて特に。

    中学、高校とこれから本当にお金が必要な時が来ます。
    今は家計の健全化優先で。

    ユーザーID:0065466759

  • 世帯収入によるのでは

    ベースになる世帯収入によって削るべきものが変わってくるのではないですか?
    低所得であれば教育費を削るしかないと思いますし、比較的高所得であれば一般的な生活費を削るような気がします。

    ユーザーID:9949441119

  • 破綻まっしぐら

    ・トピ主さんにキャリアか資格があり、お子さんの手がかからなくなり正社員に復帰して、それなりの給料をもらえる見込みがある。
    ・今後ご主人の大幅な昇給が約束されている。
    これらのうち少なくともどちらか一つ満たすのであればなんとかなるかもしれません。
    そうじゃないなら見直しましょう。
    その理由は、お子さんが中学、高校、大学と進むにつれ、掛かる金額はどんどん増えてくからです。
    特に私立学校や大学進学時は、まとまったお金が必要になります。
    いまは貯蓄を増やしていかなければいけない時期です。
    老後のこともあります。
    一度FPに相談してみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:1286124099

  • 簡単に考えて

    基本的な衣食住を優先順位に考えれば良いだけでしょう。

    当たり前な事ですが、トピ主様にしかわからない『優先順位』は全てに共通する選択事項です。

    優先順位がグチャグチャに壊れてわからなくなると、この様な質問になるのでしょう………

    ユーザーID:6133374913

  • そんなもの、各家庭で違いますよ

    家族ごとに方針が違うでしょ?
    子供の数を決め、教育方針と生活レベルを決めた後、身の丈にあったローンを組み、ローン返済しながら同時進行で、教育費や老後資金を貯蓄するのです。

    3、4月で余計な出費が増えるのは当然です。同様に、お盆や正月、GWも出費が嵩みますよね。
    計画的に使えなかったのは、主さんの家計管理が下手な証拠ですね。そこはしっかり反省しましょう。

    軌道修正するなら、夫と家計簿を見ながら、一から話し合います。
    (もしこのまま突き進んだら、ローン破綻になりかねませんので、最初から仕切直し)
    まずは資金計画を立て直して、大学まで出せる資金を貯蓄しつつ、「生活レベルを落とす」か「収入を上げる」かを、考えます。

    レベルの落とし方については、ここで具体的に世帯収入と家計簿の内訳を開示したら、皆さんが丁寧に教えてくれますよ。

    収入を上げるなら、主さんが早朝(夜間や休日)のパートに出るとか、正社員になるとか。
    資格を取るのも、収入アップに繋がる場合がありますよね。

    ユーザーID:2780881409

  • 三人同じ習い事って、必要ですか?

    すごいですね・・・
    三人お子さんがいらして、夫婦のうち一人はパート程度の収入で
    英会話と通信教育、ピアノ等の習い事
    を平等になさってるんですね。
    毎月の総額はおいくらなんでしょうか?
    勇気あるな〜・・・と、素直に思いました。
    習い事って、一つか二つで良いのでは?
    減らす方向で考える方が現実的だと思います。

    我が家は最近、妻の私がフルタイム派遣を退職して無職になりました。
    小学生以下の子供が二人います。
    上の子はスイミング、通信教育、プログラミング
    下の子はスイミングのみ
    です。これでも3万円は毎月必要になります・・・
    減らしどころはあるかな、と考えていたところですので、気になりました。

    ユーザーID:6757422708

  • 習い事を削る

    お子さん3人に英会話と通信教育、そしてピアノ。
    ご立派だといいたいですが、家計を圧迫させてまで
    やることではありません。
    生活費は倹約できるかもしれませんが、食費の節約は
    栄養面などでお子さんの成長に影響が出るかもしれません。
    それでは何にもなりません。
    限られた家計の中で、今どこに重点を置くかという判断を
    間違えておられるように思えます。
    お子さんと話し合われた上で、習い事をひとつでもはずしましょう。

    ユーザーID:7263946736

  • 危機的状況だと思いますが。

    自覚ありますか?

    住宅ローンや急な出費で家計が赤字貯金無しでお子さんこれからどうやって育てるのでしょうか。

    ボーナスなんて今の時代、あてにしてはいけません。
    子ども3人いたらリアルに22歳まで700万×3は必要ですよ。(スマホ、部活などにかかる経費除く)奨学金も返納率が悪かったり、滞納者への督促に経費がかかりすぎるので、借りる条件や審査に見直しがかかり、絶対借りられる保証なんて無いのに。大学行かせられないなら教育費削るべきです。

    英語も通わせてどれくらい成果出てますか?
    家でテストなどしてますか?何かに通わせたらかかった経費分、成果が出ると思わないほうがいいです。

    ダンナさんの不安を聞き入れない具体的な理由は何ですか?

    今後の家計が大丈夫という説得力のある説明が出来ますか?

    教育費、学資保険等で積立してても不足が出ます。どうする予定ですか?

    ユーザーID:3796695832

  • 一般的な話は関係ないでしょう

    経済的に苦しくなって、家計の何から削減するかは、各家庭の優先度によって正解はないですよね。
    一般的な話なんてないでしょう。

    主さんのご家庭の正解は、ご夫婦で冷静に話し合って妥協点を見つけることですね。

    ユーザーID:0029458573

  • その日暮らしの生活

    小学生以下の子供しかいないこの時期が貯め時だと思いますが、
    赤字以前に貯金が出来ていないって、かなり深刻な状況だと思います。
    危機感ないのですか?
    今の生活すらいっぱいいっぱいですよね?
    子供が小学校に上がったら教育費はもっともっともっとかかりますよ。
    3人もいてすべて同じ習い事をさせたいのなら、あなたも正社員でフルで働かないと維持は厳しいです。
    小学校に上がるまでに一人500万の貯金をしていた我が家からしたら、
    将来の事を全く考えていないとしか言いようがない。
    見栄を張らず身の丈に合った生活をするべきです。
    後先を考えず今の事しか考えていないような生活には破綻しかないと思います。

    ユーザーID:7211782753

  • 生活費や食費で贅沢しているのですか?

    贅沢しているのであれば、生活費や食費をまずは削ると思います。
    でも、教育費にお金を掛けようとする家庭はそのへんの費用は既に節約しているのではないですか?

    ユーザーID:3645522476

  • どの程度の赤字なのか…

    まず、その赤字が
    ・どれくらいの額なのか
    ・今月だけの一時的な物なのか
    という事と
    次に
    食費やレジャーなどにどのくらい無駄があり、切り詰められるのか
    で判断しないといけないと思います。
    食費やその他を切り詰めてみても、ちょっとやそっとでは黒字ご安定しないのであれば、やはり習い事を見直す必要もあるかもしれません。
    習い事は何がなんでも三人一緒で!という事であれば、通信教育を辞めて、自宅でプリントするとかですかね。

    そして、子供に平等に教育を受けさせたいとおっしゃっていますが、
    平等の意味は子供が習いたいと言ってるのに、上の子には習わせてもいいけど、下の子には習わせないとかそういう事ではないでしょうか?

    お子さんもそろそろこれが好きとかあれを習ってみたいとか個々に違いが出てくるかもしれませんよ。
    三人のうち一人が違う習い事に興味を持った場合、平等にと興味を持ってないあとの二人にも習わせるのですか?(二人が興味を持ってるのであれば、問題無いですが)

    ユーザーID:0102427224

  • 生活が大事では?

    未就学児のピアノや英語、通信教育が教育費なのか趣味扱いの習い事なのか。
    どう考えるかによっても回答に個人差があると思います。
    未就学児の時って一番お金が貯められる時期って言われていませんか?
    その段階で生活費カツカツなのに3人の習い事重視ってどうなんだろって思います。

    私なら生活費が厳しければお出かけ・外食を減らし、次におもちゃや被服費を減らすかランク・頻度を下げ、次に食費や日用品を減らすと思います。
    教育費(将来のための積み立て)は削らないけど、習い事(趣味)は減らすと思います。

    通信教育は第1子だけにして下の子はお下がり。お勉強プリントはネットで無料のがいくらでも落ちてます。
    ピアノなんてお金のかかる趣味要素の強い習い事は金銭的に余裕がある人がするものだと思います。英語くらいは続けてもいいかもしれません。

    これらの習い事って子供の意思で習っているのですか?母親の見栄ではないのでしょうか?
    長期休みに家族でお出かけや外食も新しい服やおもちゃもなしで習い事なんて子供の為なのかなぁ。

    旦那さんのおっしゃる通り、まずは生活優先ではないのでしょうか?

    ユーザーID:5699684928

  • 今必要な事

    英語、ピアノ、通信教育、今の子どもたちにすべて必要な事ですか?

    3人平等にと言っても、年齢も興味も違う、
    母親の自己満足のために習わされているのでは?

    通信教育を止めても、お母さんが絵本を読んであげたり
    そんなことでも、良いのでは?

    これから、高校、大学と今とはけた違いにかかりますよ。

    自分が教えたり触れ合う時間が大事な今は、人任せにせず
    ご自分でしつけや教育すれば良いのではないですか?

    ピアノなどご自分で教えられないなら、
    1年生になってからとか、もしかしたら、
    私はピアノで無い他のものを習いたいと言うかもしれませんよ。

    ユーザーID:0024595068

  • 食費は削りません

    家計が赤字で削らなければならない費目があるとしても、
    食費は削りません。
    もちろん外食も食費に含めていて、それが結構な金額なら
    削ることはできますが、日常の普通の食事に関わる費用は
    削りません。
    食を削ることは、家族の健康を削ることにつながると思っています。

    私なら、その状況だったら習い事を減らしますよ。
    小学生以下の子どもに英会話が必要でしょうか?
    その英会話教室に数年通ったら、話せるようになりますか?
    おそらく話せるようにはなりません。
    今は中高で英語教育にかなり力を入れている学校があります。
    本人の努力次第ですが、中高6年間で、日常会話がほぼ問題なく
    出来るようになることも可能です。

    あと、削れるとしたら洋服や化粧品などを、今までより安いものに
    替えるくらいかと思います。

    ユーザーID:5791844226

  • ある程度は削りますよ。収入に限りがあるのだから仕方ない。

    三人各々、一つ減らすだけでも、金額が大きいのではありませんか?
    まずは主さん案で生活費の節約に努め、それでもダメなら子供に掛かる費用を削るしかないです。

    私なら、英会話は削るな(笑)
    私自身、子供の頃に通っていたので、リスニング力はつきましたけど、会話は全く出来ません(苦笑)
    やる気がなく、母に言われるがまま惰性で習っていたから、身に付かなかった(苦笑)
    わざわざ通いに行かなくても、Eテレの英会話講座で何とでもなります。
    子供なら「英語であそぼ」、スピードラーニング系のも色々発売されているし。
    小3の息子の友人で、幼稚園から習っている子が複数いますが、「話せる?」って聞いても、「話せない〜」って言いますね(苦笑)
    単語は色々知ってますし、テキストの文はスラスラ読めますが、いざ外国人を前にして会話出来るか?となると無理みたい。
    何年も習ってこれではなぁ〜
    ビジネスマンが仕事上、必要にかられて、一年未満で習得しているのを身近で見ていますので、後からいくらでも取り戻せるなと思ってしまう(笑)

    サッカーや野球、団体スポーツは続けると良いですよ。
    水泳、テニス、卓球、ゴルフも、役に立ちます。

    ユーザーID:8601022201

  • 大学まで保たないよ。

    年齢的に中学・高校生までが貯め時です、試算してみたら分かることです。

    ユーザーID:6555841963

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧