猫の腎不全、体重が減ってきて。

レス44
お気に入り140

子猫

話題

読んでいただきありがとうございます。


我が家の愛猫15歳が、去年10月に腎不全ステージ4と言われました。


それから点滴に通って、フードも腎臓病のものを与えていますが、美味しくないのかあまり食べません。
それでも治療のため、色々味を変えながらあげていました。


最近はほとんど食べず、痩せて骨がゴツゴツしてきて、体重も毎回減っていますし、寝ていることが多くなりましたが、お刺身などを食べていると欲しがるのです。
とてもかわいそうで、あげたくなります。


治療食以外のものをあげるときは、治療を諦めた時です、と獣医師さんから言われましたが、もう好きなものをあげてもいいんじゃないか?
と思う自分がいます。
おやつも食べたいんだろうな、あげたいなと思う自分と戦っています。


皆さん、このような状況になられた方はどうされましたか?
最後まで治療食でしたか?
それとも最後は猫ちゃんの好きなものをあげていましたか?
アドバイスをいただきたいです。
宜しくお願いします。

ユーザーID:0872075516

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数44

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 腎不全の猫、看取りました

    我が家の猫は5歳の若さで発症し、1年間の闘病の後に亡くなりました。
    最期の1ヶ月間は骨と皮の体になり、ほぼ寝たきり状態になっていましたね。
    やはり食欲は目に見えて無くなっていたので、ここまで来たら療法食にこだわるよりも生命の維持と飢えを少しでも和らげたくて、猫用ミルクやおやつ用の液状ペーストをあげていました。
    もう固形物が食べられなくなっていたので。

    トピ主さんの猫ちゃんは15歳と高齢ですし、もう食べたいものを食べさせてあげても良いんじゃないでしょうか。
    私は後悔しましたよ。骨と皮になる前にもっと早く食べられるものをあげれば良かったと。
    食欲は生きる力です。

    我が家は毎日自宅で皮下輸液をしていましたので、最期の数日間はそれで生きていたようなものです。
    腎不全は完治することもなく、人間のように移植も透析も出来ない猫にとってとても苦しい病気です。
    私達飼い主に出来る事は、少しでも苦しみを和らげてあげることか、猫の望むようにしてあげることではないでしょうか。
    猫ちゃんのお世話は大変でしょうが、後悔の無いようにしてくださいね。

    ユーザーID:0010316842

  • お辛いですね

    同じ経験が何度かあります。

    お医者さんの言葉、よくわかります。
    奇跡的な回復を見せる猫ちゃんもいますから。
    「ここが踏ん張りどころ」というお気持ちなのでしょうね。

    そして、迷うトピ主さんの気持ちもよくわかります。
    何歳になったって、生きてて欲しいですよね。

    私は、食べることを優先にしました。
    食べたいという気力があるだけで幸せでした。
    もう一匹の猫は、食欲さえなかったので……。

    でも、それ以外でできることは、出来る限りやりました。
    療法食をすべて取りよせ、口にあうものを探す。
    セミントラやサプリを、ストレスにならないよう注意して飲ませる、などです。

    自分でもひどいと思うことを書きますが、治るのは難しい状況ですよね。
    ですから、猫ちゃんの満足度を優先した方が、悔いが少ないかと思います。

    ユーザーID:9038470506

  • ウチのコも腎不全でした。

    ウチにも腎不全のコがいました。1年前15歳で虹の橋の向こうへと旅立ちました。
    ウチでは1日おきに点滴をしながら基本療養食を与えていましたが、亡くなる1週間くらい前からむくみがひどくなり、療養食+欲しがるものを与えていました。
    亡くなる数時間前には、私の食べていたお刺身を欲しがったので口元にもっていったら喜んで食べていました。
    最期は私が抱っこした状態で看取りました。
    かかりつけの獣医師さんに上記の内容を報告したら、最期の最期に好きなものを食べられて虹の橋を渡る事が出来て、幸せなコだったね、と言ってもらえました。

    ユーザーID:3356012634

  • 後悔しています

    先週15歳の猫を亡くしました。

    一番後悔している事は、病院選びですが・・・。

    はっきりした病名も分からないまま、水もご飯も受け付けずに病院に連れて行ってから10日後には逝ってしまいました。

    病院ではやはり腎臓病用の缶詰と栄養液を処方されましたが、シリンジであげてもしばらくすると吐いてしまい、餓死同然の状態でした。
    食べることが何より楽しみな子でしたので、最期に口に入れるものくらい美味しいと思う、好きなものを入れてあげれば良かったと思いました。

    いつが最期かは分かりませんし、出来うる限り生きていてほしいので難しい見極めになると思いますが、どうか大切な時間を過ごしてください。

    ユーザーID:6846525049

  • 私の場合です

    はじめまして、とても大事にされているんですね。
    私の猫は16歳後半です。
    なんとか大きな病気もせずにこれました。
    今年に入ってから食べた後に吐くことも多く、どうしようかなと思いながら特に病院には行っていません。病院からDMが届くくらい行ってないです
    餌は1kg900円〜1,000円くらいのよく売っている餌で、
    あとは胃腸や便秘を防ぐのに牛乳、ヨーグルトをたまにあげます。

    おいしいもの食べてのんびり暮らしていてね。という気持ちはどうですか?

    療法食といつもの好きなごはんを混ぜてあげたり、それか、食後の投薬だけでなんとか維持にならないのでしょうかね
    もし心配なら、いくつかの病院に行ってお話を聞いてみたりとかはどうでしょうか
    動物病院っていろいろな考え方の先生がいるし
    一つのところだと、それしかない。となってしまうんじゃないかとか

    勝手なこと言ってすみません

    もしこの件でご自身で迷いがあるなら複数の病院に行ってみるのもいいと思いますよ

    がんばってください。

    ユーザーID:4451507207

  • 同じ状況です

    ウチの猫16歳も、昨年春頃から腎不全が発覚しました。
    今も数値が結構悪く、腎臓の半分以上が機能していない状態です。
    もう食も相当細くなっているので、先生が体力が落ちないように、
    療法食でなくても、食べるものを与えてあげてくださいと言われて、
    ゆでたお刺身やパウチ食の柔らかいものを与えています。
    その分、自宅で輸液を一日おきにやっていますけどね。
    おかげでまだ家の中を自由に動き回ったりチェストに登れるほどは元気です。

    4月に猫の新しい腎臓病の薬が出たのはご存知でしょうか?
    もし有効ならば先生に相談の上、試してみるのもありなのではないでしょうか?
    ウチは一応10日分だけ試して、数値を見てみようということになっています。

    出来れば、苦痛なくゆっくりと静かな最後を迎えられるようにしてあげたいと
    私も願っています。

    ユーザーID:1509176819

  • 難しい判断ですね

    18歳の猫を数年前に亡くした者です。
    やはり腎臓が悪くて、最期は食欲がなくなってガリガリになって逝きました。

    >皆さん、このような状況になられた方はどうされましたか?
    とにかく少しでも食べる気配があれば、なんでもあげました。
    我が家の場合は、何でもいいから少しでも食べて体力をつけてくれって感じだったので。

    我が家の場合は生まれつき腎臓が良くないと言われていて、年齢と共に腎臓が機能しなくなっていって最期はこうなると分かっていたし、そもそも治療食も出なかったし、最期は何も食べなかったのでこういう判断になりました。

    難しい判断ですよね。
    今も縁があって元保護猫と一緒に暮らしているのですが、この猫も腎臓が一つ殆ど機能していないとか。
    オヤツばかり食べたがる猫で、書かれている1日の量は守っていますが、元気で長生きして欲しいと言うのは飼い主のエゴで、猫としては好きな物を食べて好きに遊んでって言うのが幸せで、別に長生きしたいとは思ってはいないのかも?と思う事があります。

    トピ主さんが決断したら、その決断は絶対に正しかったのだと思って下さい。
    部外者の私に言えるのはこれくらいです。

    ユーザーID:0796167406

  • 犬ですが…

    今16歳になる老犬を飼っています。
    現在、心臓弁膜症で、心臓も肥大し、腎臓の数値も良くないです。

    元々食に関心の強い子ですが、この一年、ドッグフードも食べなくなり、ほぼ寝ています。

    原因は心臓が一番ですが、ウチの犬の場合は白内障で目が見えず、鼻もきかない為、においがあまり強くないフードに食欲が湧かない・認識しづらいのだと思います。また運動もしないので、お腹も減らないですしね。

    愛犬の食欲がなくなり、体重が減って、犬の体には良くないけど、以前から好きだった人間用の肉(鳥肉や豚肉、合びき肉など)をあげてもいいのか、とても悩んでいる時に獣医師さんからこう言われました。

    「食べられない事はとっても辛いこと。まずは体力をつけるためにも食べられる物を食べさせましょう。人間の食べ物をあげることによって、数値は悪くなるかもしれない。だけど、この子にとっては例え生きる期間が短くなってもその方が幸せなのでは」

    もちろん治療をあきらめたわけではなく、薬や通院は続けています。現在は自力で立てなくなり、つきっきりで介護していますが、食べられなかった時に比べて、心なしか少し元気になってきている気がします。

    ユーザーID:3444925451

  • 悩みますよね

    16歳猫がいます。
    ステージ2です。
    今は療法食で様子をみていますが、ちょっと前に全く食べなくなり週2回で点滴を1ヶ月やりました。
    その急性症状が出たときに、いろいろ調べました。
    「きょうせいきゅうじ」で検索してみてください。
    動画もあります。
    延命として賛否両論あるやり方のようですが、急性期を乗り越えられるのならば、とわたし個人は思います。
    うちの猫の急性期には、行いました。

    ユーザーID:9333528669

  • ご家族と相談なさってはいかがでしょうか?

    人間は治療か緩和かを選べます。
    ネコは自分で選べないので困るのですよね?

    私のネコも一年間強制給餌をしました。
    主様のネコと同じ年恰好でした。
    一年間毎日迷っていましたよ。
    止めれば数週間の命です。
    でも無理やり食べさせることが果たして猫の為なのか?

    点滴は週に一回行なってその一年で何十万円もかかりました。
    これもかなり痛い出費でしたが、止め時が分からなかったのです。

    亡くなった今でもそれで良かったのか迷っています。

    ネコは何も言ってくれないので正解が無いのです。
    一人では決められないと思います。

    ご家族と相談なさってはいかがでしょうか?
    自分一人で全ての決断をするのは重すぎますよ。

    ユーザーID:9815248184

  • うちのこも腎不全です。

    セカンドオピニオンは受けましたか?
    私の猫のお医者さんは、必ずしも腎臓用の食事にはこだわっていません。
    何よりも体重が増えて、体力があるのが一番だからです。
    点滴は家でもできますよ。猫のストレスの為にも
    その方が良いです。
    お刺身、是非あげてください。
    食欲があるのが一番です。
    人間でもそうですよね。

    うちの猫は腎臓食はあげていません。普通の食事と家での点滴です。

    辛いでしょうが、勇気を出してセカンドオピニオンをうけてみてはどうでしょう?

    ユーザーID:9529923005

  • 我が家の猫も

    子猫さん、
    猫さんの体調の心配よくわかります。
    我が家の猫も慢性腎不全で、療養食が嫌いです。
    市販されている全ての療養食を購入しました。

    その中でも、ヒル○のシチュー缶と、○イヤルカナンの腎臓サポートのパウチは好きなようです。
    ですので、これらにカリカリの腎臓食を混ぜて与えています。
    残すこともありますが、汁にカリカリを浸すようにしています。

    また、獣医さんに相談したところ、○イヤルカナンのエイジングステアライズド12(カリカリ)も成分的には与えても大丈夫では、ということで、これも入れて色々とローテーションをしています。

    普通のエサを与えたくなる気持ちは良くわかりますが、与えたことにより猫ちゃんの寿命が短くなってしまいます。
    心を鬼にして、頑張ってくださいね。

    ユーザーID:7107309507

  • 食べさせてあげて!

    こんにちは。

    腎不全は本当に多いですね。
    私も犬を腎不全で亡くしており、お気持ちお察しします。

    療法食はマズいのでしょうね。
    しかしそこまで痩せてきているのに療法食だけに固執するのは
    違うのかなぁと思います。

    獣医師も責任持てないし栄養学は勉強していないので
    療法食しかすすめてこないのも分かりますが
    お刺身が腎臓に悪いかどうかより食べたがっている猫ちゃんの意思に
    応えてあげる方が先決かと思いますよ。

    どうか健やかにありますよう。

    ユーザーID:9533816410

  • 家の愛猫の場合

    トピ主さんの愛猫と同じ頃、家の愛猫も同じ病気を宣告されました。でも、先月亡くなりました。
    最期の頃にはエサも食べなくなり、みるみる痩せていきました。その頃から療養食は食べにくそうにしていたので療養食のウエットフードを与え、それも食べなくなったので私は猫が好きな物(刺身・鶏ささ身・猫用おやつ)を色々買い与えました。少しでも食べて欲しかったから。
    最期の3日間くらいは水もエサも食べなくなり病院で点滴をしてもらった帰りに亡くなりました。
    私は最後は猫の食べられる、食べてくれる好物を与えました。
    もし、食事が原因で寿命を縮めたとしても後悔はしていません。立つ事も出来ずぐったりと横たわる姿を見るのは辛かったです。
    長々とレスしてしまいすみません。

    ユーザーID:5943699261

  • がんばって

    うちの猫も1年半前に急性腎不全からの慢性腎不全と診断されました。
    10歳でした。

    ご飯を食べなくなり、病院に連れて行ったときにはあと1週間生きられるかどうか
    と言われましたが、
    入院1か月、毎日24時間の点滴をしてもらってなんとか退院できました。
    そこから毎日自宅での点滴、療養食(うちはウエットを嫌がるので大変でした)
    1ヶ月毎の血液検査を続けました。

    元気になるまでは毎日抱きしめて
    会社にいても気が気ではなくお昼休みに帰宅したりしていました。
    しかし治療の甲斐あってか今では点滴もいらなくなり、ご飯は療養食(ドクターズケアのキドニーチキン味)で元気に走り回っています。
    慢性と言われたのは何だったのか?と思うほど・・・

    トピ主さんちの猫ちゃんは15歳ということでうちの子とはまた違いますが、
    食べられないと肝臓も悪くなりますし、ストレスも大きいと思いますので
    少しは食べたいものをあげてたくさんお水を飲ませてあげてください。
    と、わたしは思います。

    元気になられることを祈って。

    ユーザーID:0635317841

  • 療法食はあげていませんでした。

    もう10年も昔だったからか、猫が高齢だったからか、療法食は与えていませんでした。
    本当に最後の一年は、獣医師も食欲があるなら好きなものを食べさせて、と言われたのもあり、朝捌きの鶏ささみとか高級スーパーのホタテの刺身とかにクレメジンをまぶして食べさせていました。
    輸液も何度か受けましたが、はっきりした効果を感じられず、猫も知らない場所で知らない人にいじられることの方がつらそうだったので、定期的に通うことはなくなりました。
    最後も獣医師ではなく、自宅で抱きかかえて迎えました。
    今飼っている猫のうち、一番高齢と思われる個体が、泌尿器系が弱いらしく、先頃はトイレに長時間座るものの、ほとんど尿は出ず、という状態になり、受診しました。
    尿もたまっておらず、炎症もないようだとのことで、抗生剤と抗炎症剤を3日ほど投与したところ、以前の状態に戻りました。その際、療法食の試供品をいただいたのですが、好んで食べています。
    ただ、腎臓系の場合、水分の摂取が重要になるとのことなので、腎臓対応用のドライではなくウェットフードにするべく、先頃注文したばかりです。

    ユーザーID:2347860481

  • うちは好きなものを食べさせてます

    うちの猫は22歳、超高齢です、勿論慢性腎不全もあり、さらに慢性膵炎、口内炎、慢性猫風邪と骨の変形で歩くのも大変になってきました。
    でも最後まで幸せでいて欲しいので、なるべくサプリとかで緩和して好きな物を食べさせるようにしてます。家の担当獣医師も食べないよりは若猫の餌やオヤツでも食べれる物を食べた方がよいと。

    普通の餌には、腎臓病用の吸着剤2種を混ぜています、それと動物用の乳酸菌、酵素も違う餌の時に混ぜて(吸着剤と一緒に入れると吸着されてしまうので)水素水も飲ませてます。勿論毎日の点滴、その中にステロイドと他の薬も混ぜてます。
    猫 腎臓病で検索すると沢山、飼い主さんが実行されてる事がでてきます。たった1人の獣医師の言う事を全て信用せず、体験談を見ながら自分の猫にも良さそうなものを利用されたらどうですか。
    ちなみにうちは乳酸菌や酵素のおかげで吐く回数が減りました。それで長生きなのかも。
    ただ、今一番困ってるのは口内炎ですね‥
    もう麻酔は使用できないので抜歯ができないので‥こうなる事がわかっていたら歯を磨く習慣をつけていたのですが‥それだけが悔やまれます。

    ユーザーID:2686288519

  • 探し続けて・・。

    我が家のメス猫は今年17歳で、血液検査では年相応の腎臓の数値でした。去年の年末に風邪を引いたのがきっかけで食欲が落ち、どんどん痩せて行き食べなくなって来たので動物病院の先生と相談しながら食べてくれる物を探し続けました。今まで食べていたフードは全く食べなくなり様々なフードを取り寄せましたが、今はアニモンダの腎臓フードがお気に入りのようで毎日これを与えています。あとフォルツァ10のフードも食べてくれます。どちらも食いつきはいいのですが少々お高いのが辛い所ですが全く食べないよりいいのでこの2種類を与えています。最初はフードの中身などにかなり神経質になっていましたが、動物病院の先生に相談したら、全く食べないより食べて体力を付けた方がいい場合もあるとのことなので、猫の体調を見つつ療法食と普通食を与えています。
    トピ主さんの猫ちゃんも少しでも食べてくれるフードが見つかるといいですね。

    ユーザーID:5742727473

  • あげました

    18歳の誕生日をなんとか迎えた翌月、亡くなりました

    腎不全もありましたが、扁平上皮種という腫瘍が口の中に出来てしまい、うまく咀嚼ができなくなっていました

    高齢猫用のペースト状のありとあらゆるフードを買ってきては、与えても、一度食べたら、2度食べない
    食べなければ、死んでしまうからと、おかしくなりそうになってフードを探していました

    お刺身の好きな子でした

    もう、固形物は噛むこともできなくなっていた頃、
    私たちがお刺身を食べていたら、欲しがりました
    小さく小さく刻んで、潰して、なんとか口の中に入れても、
    どうしても、飲み込むことが出来ない
    最後は、諦めた顔をして、ベッドに戻って行きました

    それ以降、2度と、お刺身を欲しがろうとはしなかった


    食べさせてあげたかったです

    それで、寿命が縮まってしまったとしても、
    好きなものも食べられずに、無理やり生かす意味って、ありますか?

    私の主治医は、「体にはあんまり良くないけど、食べられるのであれば、与えていいですよ」って言ってくれてました

    今でも、お刺身をもっとあげればよかったと思っています

    昨日も、お供えしました
    後悔のないように・・

    ユーザーID:0301992033

  • 最期ってのがわからないのが。

    うちも飼っていた猫(20歳)が腎不全でした(ステージはわかりませんが)。

    17歳の時から治療を始めて、
    やっぱりいままで人間のごはんを食べていたのに
    急に味のないご飯・・・
    猫的に言うと「何で??」ですよね。
    でもそれが腎不全の原因なんですが・・・。

    でご質問の件ですが、
    うちは治療食でした。

    でも死ぬ3日前に私の食べていたピザのチーズを
    フラフラしながら欲しがったのです。
    もうそれはあげずにはいられませんでした。

    結果的にその3日後に死んでしまったのですが、
    もし、3日後に死ぬとわかっていたら
    チーズだけじゃなくて大好きな練乳やかまぼこもあげてたのに!!
    といっつも思っています。
    それが原因で腎不全になったのは重々承知です・・・。

    >治療食以外のものをあげるときは、治療を諦めた時です
    本当に正論だし分かっちゃいるけど、
    好きなものも食べられないで長生きするの?
    もう猫的にはどっちが幸せなの??
    人間のエゴで飼ってる訳だから
    ここはすごく悩みますよね。
    分かります。
    猫ちゃん、長生きするといいですね・・・。

    ユーザーID:3341026867

  • 猫の大好きな食べもの、あげてください!!

    家族同様の猫ちゃんの終わりが近づいてくるのがわかるなんて、つらいことと思われます。
    でも15歳だなんて、とても可愛がられてきたのでしょう。

    私は今まで4匹の猫を看取ってきましたが、最終期は猫が大好きなものを食べさせ、また楽に痛みを感じさせずに逝かせてあげるのが一番だと経験から強く信じてます。

    肝不全ステージ4は、もはや延命するだけです。
    残り長くない時間、猫ちゃんが大好きなものを食べさせてあげてください!!
    延命がさらに伸びたとしても、お刺身やおやつなど好きなものを食べれないのはかわいそうです。
    猫の15歳は超お年寄りです。

    ユーザーID:8441903439

  • 我が家の場合

    腎臓の病気の15歳の雌猫と肝臓の病気の16歳の雄猫といっしょに暮らしています。
    病名や病状は違いますが、二匹とも病院の強く勧める治療方法を拒否する選択しました。

    毎日の服薬、毎日の家庭での輸液、治療食だけの食事、通院での薬を含めた輸液、定期的な血液検査、病院で必要と判断されたことを初めはすべて頑張りました。
    でもどれも猫たちは嫌いです。

    病院に連れていくと嫌がり(怖いですもの)、治療食も好まず(美味しくなさそう)、輸液も嫌い(痛いですもの)、薬は吐き出すから無理やり押さえつけて飲ませ。。。

    そんな嫌なことだらけの生活を経て、もう老齢の2匹に嫌なことのない生活をさせてあげることにしよう、って決めました。
    嫌な3年より、楽しい1年にしよう、たくさんたくさん愛してその1年を素敵にしよう、と。

    今は薬も輸液も通院も無しで、治療食ではなく猫たちが好む餌をあれこれ日替わりで飽きないようにあげています。そしていつも抱きしめて撫でて話しかけて、一緒に寝ています。

    治療を中断したせいで、たとえ一緒に過ごせる時間が短くなったとしても、きっと今のほうが幸せって思っています。

    ユーザーID:4593773154

  • うちの場合

    猫ちゃんの看病、本当にお疲れ様です。

    7年前旅立った我が家の猫も、腎不全でした。
    毎日好み(?)が変わり、前日喜んで食べていた缶詰を翌日全く受け付けなかったり・・・。
    主さんの気持ち、本当によく分かります。

    うちの猫の担当獣医師さんは「食べられるものは何でもあげてください、治療食など質にこだわるのはその後です。」と仰っていました。
    「食に勝るものはない、人間の食べ物でも何でも良いです」と。

    腎不全の猫ちゃん達は、鈴カステラやお刺身を食べる子が多いと言っていました。
    そこは複数の獣医師さんがいらっしゃいますが、どなたも同じように飼い主さんへ指導されているようでした。

    通院で点滴中に他の飼い主さん達とお話しましたが、ホタテとバニラが人気でした。
    うちの子はホタテ、ハーゲンダッツのバニラをぬるくしたものや、卵の黄身まで食べていました。
    治療食は食べてくれなかったので、市販の缶詰も片っ端から開けました。
    これで大分持ち直しましたよ。


    他の獣医師さんに相談する事は出来ないでしょうか?

    ユーザーID:8013259241

  • 猫にとっての幸せ

    私の猫も。去年の12月に腎不全ステージ2と診断されたのですが、治療食は食べてくれず、体重も1キロ近く減り毎日寝て過ごす日々でした。
    私は、動物愛護で有名(?)な国に在住しています。猫を何匹も飼った経験のある現地人の友人に相談したら、
    ‘飼い主よりも猫にとって何が幸せなのか、考えて見なさい。猫は、美味しい餌を食べて毎日楽しく暮らすのが
    一番で一日も長く生きたいという感情は持っていない。あなたのしていることは残酷で、逆に寿命を縮めている‘
    といわれてしまいました。

    獣医師には、最後まで治療食を与え続けないと余命1年といわれていて、猫がいなくなることを
    想像しただけで胸が締め付けられるような辛さです。でも、友達から言われたことは
    確かに正しいのですよね。そこで、治療食と平行し、通常の高齢猫用の餌やおやつも少量あげるように
    しました。今は、体重も増え、また活動的な猫にもどり、元気に庭を走り回っています。。

    とはいっても、これから病状も進み最後を迎える時も遅かれ少なかれやってくるのは必至です。

    ユーザーID:4899173960

  • 好きなようにさせてください

    まだ欲しがるのだったら、何でもあげてはどうでしょう?

    それから、こんなことを申し上げるのは辛いのですが、
    もし、虹の橋を渡るときが訪れたら、最期の時間は
    慣れた環境で迎えさせてあげてください。

    絶対に入院などさせて、知らない環境で冷たいケージの中で
    孤独な旅立ちなどさせないようにしてあげてください。

    ユーザーID:3615483432

  • ウチの子も‥

    もう五年前になりますが、舌癌で亡くなりました。
    みるみる痩せていきました。
    ウチの場合は口から入れるのが、厳しかったので管を入れて流動食を入れてました。
    腎不全は急速に悪くなっていきますね。
    その状態だったら、私は好きなものたくさんあげます。
    痩せていったら、体力が無くなるから、とにかく食べれるものをあげたと思います。
    最後は主さんの判断だと思いますが、まだ食べたがってるんだったら美味しいものをあげても良いと思います。
    涙が出てきました。
    猫ちゃん、頑張ってね。

    ユーザーID:0786877875

  • 食べさせてあげてください

    長い闘病生活を続けているようですね。トピ主さんの心労と覚悟が伝わり、トピ文、身につまされる思いで読みました。

    私も2月に愛猫をリンパ腫で亡くしたばかりです。

    あれだけ食べるのが大好きだったのに、年明けから食欲が落ち痩せて行きました。途中からはシリンジで強制的に食べさせましたが、ガンが確定した直後から一切の治療を止めました。

    私たち夫婦は延命も緩和も望まなかったからです。その代わり猫が猫の人生をどう終わらせるか、このことだけを考えました。

    ガンが確定した晩に、主人が猫の大好物だった鳥の丸焼きを買って帰りました。その日も一日寝ていて何も食べていなかったのですが、その匂いを嗅いだ途端、猫が「くれーくれー」と私に催促しに台所まで来ました。その姿を見て私は号泣しました。
    「いっぱい食べな、いくらでも好きなだけ食べな」
    結局3回お代わりし、それが猫の最後の食事になりました。

    最後に好物を与え旅立たせたことに私たちは全く後悔はありません。

    ユーザーID:8147311280

  • 好きなものをあげていました

    うちの猫も、13歳頃から血液検査で腎不全の兆候が現れました。
    最初は腎不全用のフードをあげたり、サプリを飲ませたり、色々試しましたが、
    すぐに食べなくなり、それからは出来るだけタンパク質の少ない普通のフードを与えていました。
    嘔吐の回数が増えたため、サプリもやめました。
    それでも病の進行は緩やかで、18歳の夏に突然、食事を摂らなくなり、それから皮下点滴をしながら、
    徐々に病は進行し、4ヶ月後に亡くなりました。

    獣医師の先生からは、できれば療養食を食べさせるようにと言われましたが、
    食欲も落ち、体重も減少していることを考え、夫と「好きなものを食べさせてあげよう」と決めました。
    徐々に食べることが出来なくなり、死の1週間前に最後に食べた食事は、大好きなお刺身でした。
    それも結局吐いてしまいましたが、殆んど食事が出来なくなっていたので、最後に好きなものを口にしてくれて良かったと思っています。

    療養食を強制給餌していれば、もっと長生きできたでしょうか?
    でも、もう一度やり直せたとしても、同じ選択をすると思います。
    高齢の猫の腎不全は老衰のようなもの。
    私も、夫も、全く後悔はしていません。

    ユーザーID:9510439222

  • 腎不全ではありませんが

    お辛いですね。お気持ちお察し致します。

    腎不全の猫さんとは比較できませんが、腎臓が悪い14歳の猫。

    2週間入院していました。

    療法食食べませんでした。

    普通のキャットフードや、おやつ食べています。

    病気になってから、かれこれ7年位。

    元気ですよ。

    余命日数のデータもありますが、推定よりも長生きする猫さんもたくさんいますからね。

    獣医学部の付属病院で診ていただいては如何でしょうか?

    友人はそうしたところ、クリニックとは違う事を言われました。

    ユーザーID:8020008039

  • もうご存知かもしれませんが。

    我が家の猫も数年前から慢性腎不全です。
    週2回点滴と注射を打ちに通院していましたが腎臓の治療の影響で心不全と肺水腫を併発してしまいました。
    今は腎臓と心臓のケアをバランスを見ながらしています。

    療法食ですが、我が家の子も食べません。
    療法食と言われるものは全て試しましたがダメでした。

    食欲があるのに食べられないのは可哀想なので今は腎臓に配慮しています謳っている商品をあげています。
    銀のスプーン、猫元気がお気に入りです。

    その代わりサプリメントを飲ませています。
    腎臓に有害なリンやその他老廃物などを吸着して排出してくれるサプリメントです。
    イパキチン
    ネフガード
    この2種類を獣医師さんの指示に従ってあげています。
    イパキチンは薬と一緒にあげても問題ないですがネフガードは薬をあげた後2時間以上開ける必要があります。
    薬も吸着して排出してしまうためです。

    またお水もフィルター付きの循環式にして少しでも体内に入るミネラル分を減らすようしてます。

    ユーザーID:8904156528

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧