• ホーム
  • 男女
  • 裕福な生活をする元夫から養育費減額請求

裕福な生活をする元夫から養育費減額請求

レス31
(トピ主3
お気に入り167

恋愛・結婚・離婚

まるこ

6年前に離婚した元夫から養育費減額請求がきました。
私は応じるしかないのでしょうか、調停に持ち込まれた場合減額を避ける術はありませんか?
減額請求、減額調停ご経験者の方のご意見が聞きたくトピ立てさせていただきました。

6年前に性格の不一致で離婚、娘が一人、現在7歳です。
元夫は2年前に再婚、地元が同じな為徒歩圏内に住んでいます。

再婚相手の方のことはよく知りませんが生活ぶりはご近所なので自然と耳に入ります。
昨年立派な注文住宅を購入、新車も購入していました。
年に数回海外旅行に行き、身につけている物も高価な物が多いです。

元夫は再婚を機に転職、手取りが25万円から15万円に下がったそうです。
収入証明書を出してもらったのでこれは事実です。
5万の養育費を1万5千にしてほしいと言われています。

裕福な生活は再婚相手の方のおかげなのでしょう。
元夫の収入が減ったのなら減額も致し方ないと頭では理解しても生活に困っているわけでもなくむしろ裕福に暮らしているのにという思いが拭えません。

離婚時の取り決めは公正証書にしてあります。
私の手取りは月20万、ボーナス年2回30万ずつほど、離婚当時から変わってません。
養育費は4万は将来の為に娘名義で貯蓄、1万は習い事や被服費にしています。
その他の養育費用を私が負担してお互い5万ずつになるようにしています。

私の収入20万の主な使い道は、
家賃7万
光熱費2万
食費3万
日用品 0.5万
車両費 2万(車検・保険・軽自動車税の積立、駐車場代、ガソリン代)
医療保険 0.5万
通信費1万(インターネット、携帯)
給食費、学校関連 0.8万
です。毎月必ずこれだけかかります。
体調崩して病院に行ったり大事に使っていても家電が壊れたりと突発的な出費もあります。
ボーナスは将来娘に迷惑をかけないよう老後資金として大部分を貯蓄しています。

ユーザーID:1581292472

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 話し合いになりますね

    収入が減ったのであれば減額請求は正当な行為です。

    収入が4割減ったのだから、養育費も4割減の2万4千円が落としどころだと思います。

    ただし、元の旦那さんが再度転職して収入が増えた場合に、トピ主さんから増額請求できるのかという問題が残ります。
    相手から申告されない限りは泣き寝入りになると思います。
    私にもわからないので、弁護士に相談してください。

    ユーザーID:0375843487

  • 妥協点

    裕福な暮らし振りを見ていればなんで・・・と思うのも
    仕方ないですよね。

    現実には25万円のお給料が15万円になったということなので
    割合から5万円を3万円まで譲歩することで受け入れたらどうでしょうか。

    多分調停を起こされたら減額が認められると思うので

    ユーザーID:5791253135

  • そんなのは

    そんなのは算定表で出しましょう。

    相手方の奥さんに収入があって扶養義務が無いなら、減額はあくまで収入減の部分に絞ればいいので。

    ユーザーID:9738520555

  • 養育費はトピ主様の生活費ではない。

    元夫が再婚相手の経済力で裕福に暮らしても
    トピ主様には無関係です。

    あくまで元夫とトピ主様収入からの算出。
    また養育費はお嬢様の養育費であり、
    トピ主様の生活費、トピ主様の老後資金は全く、全然、無関係です。

    冗談はほどほどにして、
    現在はお嬢様養育をしっかりされる方が宜しいかと。

    養育費を離婚した妻が自分の生活費、老後の資金等を仰ると、
    公的な場面で打ちのめされる事にもなり得ますので、注意してください。

    ユーザーID:0045213886

  • 再婚相手は無関係

    元夫の給料が10万も減ったのだから減額は仕方ないでしょう
    元夫の再婚相手の収入ととぴ主の子供の教育は
    全くの無関係ですから

    ユーザーID:2205575258

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 元夫の収入をもとに算出するのでは?

    トピ主さんの気持ちは分かりますが、養育費に再婚相手の収入は関係ないですよ。

    元夫の給料が減ったのなら、減額請求も仕方ないと思います。

    ユーザーID:7705733944

  • ルールを曲げる方法があるなら、同じ理屈を相手も使ってくる

    > 裕福な生活は再婚相手の方のおかげなのでしょう。
    > 元夫の収入が減ったのなら減額も致し方ないと頭では理解しても生活に困っているわけでもなくむしろ裕福に暮らしているのにという思いが拭えません。

    そりゃ、経済的には裕福なのかも知れません。

    しかし、相手におんぶにだっこで生活しているようなものですから、
    相手の機嫌を取らないといけない生活です。

    その我慢料として、多少良い生活ができていると考える事もできるのではないでしょうか?
    そんなに羨ましいですか?

    また、生活費を収入比例で出すという方式の家庭もあります。
    そうなると、養育費を減額しないと分担分が出せなくなるでしょう。

    同じ屋根の下で生活していて、夫婦の一方はステーキを食べているのに、
    もう一方はお金がなくてカップラーメンをすすっている、というわけには行きませんので。


    いずれにせよ、養育費の額決定は本人の収入で決めるというのがルールである以上、
    調停に持ち込まれたら、そのルールに則って金額が決まることは不可避です。

    ユーザーID:3448797234

  • ネットが使えるなら

    裁判所のサイトに、養育費算定表が有りますよね。
    収入証明も貰っているのだから、トピ主さんが戦うなら、それを基準でしか有りません。元夫さんだって、分かっててやってますよ。

    幾ら欲しいか、幾ら必要かで戦っても、キリがないです。
    勿論、あの算定表では安いので、見直す動きが有るのは知っていますが、結果が出る前は、現状の算定表で戦うしかないのが現実です。

    >昨年立派な注文住宅を購入、新車も購入していました。

    そんなの、元夫さんの名義じゃないでしょうに。法務局で、家の名義を確認したのですか?
    「私には、そんな再婚相手が現れない!ムキー!」と嫉妬しているのですか?
    お子さんも懐いて、金持ちの男性が居たら、再婚したいですもんね。

    元夫さんも、世間体を考えて「転職」と言っているけど、実際はリストラや解雇に近いものかもしれないし。
    見えない部分も有ると思うのですよね。

    トピ主さんには、頑張って欲しいので、エール押しますよ!

    ユーザーID:3427258275

  • 元旦那の転職先は再婚相手の会社かも

    手取り15万の仕事に転職?
    養育費減額のために再婚相手かその親が経営する会社に転職して額面上の給料を下げたんじゃないかなあと疑ってみたり。

    (1)収入証明ではなく源泉徴収票を確認する
    (2)源泉徴収票で勤務先を確認し、勤務先の会社の謄本を取る
    (3)会社の代表者や役員を確認する

    再婚相手の旧姓がわからないとそれ以上を個人で調べるのは難しいですが、怪しければお金はかかりますが調査会社を使ってもいいと思います。

    ユーザーID:1228469851

  • 請求はできる

    収入が変わったのであれば、減額請求ができます
    応じないと最終的には裁判官が審判をします
    収入が変わっているのであれば、最終的には恐らく通りますので
    それより専門家に相談して妥当な金額にするようした方が良いかも

    再婚すると独身の時より婚姻のため生活費が増大するので
    それが収入が減ったのと同じ扱いとなる事はあります
    しかしご主人はむしろ独身の時より裕福という事なので、これには当てはまりません
    しかし、収入が減ったのは事実なのでその分の減額は考えられます

    ちなみに、あちらの再婚相手にはお子さんを扶養する義務はありませんので
    いくらお金持ちだとしても、あくまで、ご主人の生活費があまりかからない
    という事を勘案する材料ということになります


    金額が妥当かどうかは、専門家に相談して下さい
    最初の5万が収入比から算出された妥当な金額とすれば
    さすがに1万5千は低すぎると思いますが
    とりあえず要求は大きく出ておくという事でしょうか
    健闘を祈ります

    ユーザーID:5014075213

  • うん、それじゃあ・・・

    私がその額出すから、
    あなたが娘を育ててくれますか?

    と、言ってみてはいかがでしょうか。

    そうすると、ご自分の言い分がどれだけ理不尽か分かってくれると思います。

    (主さんに、微塵もそんな気がないのは分かっていますが)
    それだけ腹を括らないと、厳しいと思います。

    父親なんだから、私に何かあったらいずれそうなるんだよ、
    月5万で子供は育てられないんだよ、
    それを私は一人で引き受けているんだから、
    養育費は今まで通りお願いします、と、
    お伝えになられてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:6377660577

  • 新しい会社、調べた?

    養育費のことは門外漢ですが、少し気になったのでレスします。

    1.夫の収入は月15万
    2.注文住宅を買うほど妻は高収入
    3.年に数回海外旅行=高収入なのに激務ではない

    あり得ません。矛盾してますよ。

    おそらく、再婚相手は自営されてる親族がいるとかじゃないかな?

    夫の転職先は再婚相手の親族経営の会社。形だけ15万の収入に設定して、その分は妻の収入に付け替えている。税金対策と養育費対策のために、何かしら夫の収入操作をしているんだと思います。

    これを証明するのが可能かどうかは分からないけど、元旦那の転職先は調べてみたほうがいいと思います。

    15万って数字がなんか臭いな。。

    ユーザーID:0181932422

  • よく養育費に関するのがありますが。

    養育費は通常夫の収入で決められます。
    妻の収入や貯蓄が高額で裕福な生活をしていようと、主や主の子供には一切関係ありません。

    仮に離婚してなかったとしても夫の収入が下がれば今の生活を維持するのは困難になり、レベルを落とすのは至極当たり前ですよね?

    金銭的に余裕がないのに、自分の老後資金だけは貯金するんだね。結局、養育費を減額されたら老後資金を貯金出来ないから嫌なだけじゃん。

    あとさ、将来の学費はあくまでも夫の婚姻前の貯金が対象だから、婚姻後の貯金は無心出来ません。

    ユーザーID:8916026068

  • 「裕福な生活をしている」というあなたの印象では、

    根拠にはならないでしょうね。

    再婚相手が金持ちだとしても、その人があなた方の子供の面倒をみる義務はないんだし。

    ユーザーID:0454380106

  • 減額は避けられない

    拒否し続ければその間の減額は避けられますが、調停に持ち込まれれば減額は避けられないと思います。
    話し合いが長引けばその間の養育費減額は避けられます。

    ないものはないので仕方がないです。
    再婚相手の収入や資産は養育費とは無関係。
    調停に持ち込まれれば1万円から2万円の間で決定するでしょう。
    減額は避けられないので約束事をしっかり決めれば良いと思いますよ。
    給料が増えた時は増額するとか。
    また子供の年齢によっても養育費って変わってくるので子供が大きくなったら養育費増額の調停を起こすのも良いと思います。
    ただし、その時元旦那さんの収入がさらに減っていれば減額されてしまうかもしれたせん。

    ユーザーID:2624094610

  • トピ主です。

    皆さまご意見ありがとうございます。
    養育費を私の生活費や老後資金にあてているという御指摘ありましたがそのようなことは一切ありません。
    娘名義で貯蓄しているのは将来の学費や結婚資金のためです。

    今日話し合いに行ってきました。
    夫には妻が扶養に入っているから本来なら9000円が妥当な金額、だけどそれでは少ないので1万5千円にした。
    文句を言うなら調停をして9000円にしてもらってもいい。算定表で計算すれば1万円にもならない。

    こう言われました。
    生活ぶりについて再婚相手が扶養に入っているのにおかしくないかと聞くと再婚相手のご実家が資産家で働いていないがお金はあるらしいです。
    元夫は年末には仕事を辞める、今は友人に頼まれて仕方なく手伝いで働いているだけ、来年からは無収入になるから養育費は0にしてもらう、とも言われました。
    元夫は現在35歳、仕事を辞めるのは再婚相手との時間を増やす為で旅行や趣味を楽しむとも言われ悲しくなりました。
    娘のことは考えないのかと聞きましたがどうでもいいそうです。
    無職になり養育費を払わないのは再婚相手の提案だそうです。

    ユーザーID:1581292472

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です。

    続きです。

    元夫はこうも言ってました。
    給料があるのに払わないと給料差し止めとかされた場合恥ずかしいから払ってた
    払いたくないなら仕事辞めればいいと再婚相手が提案してくれた
    無収入なら払わなくて済むし仕事辞めれば再婚相手と長期旅行にも行きやすくてちょうどいい
    俺の生活ぶりが見えてイライラするならお前が引っ越せばいい、転校したって友達くらいすぐ出来るんだから気にするな

    つまり、養育費を払わないために進んで仕事をやめ無職になるんだそうです。
    娘とは月1〜2回面会してましたがそれも今後は元夫からは誘わない、会いたければそっちが言ってきて旅行中とかじゃなければ会うということです。
    娘は元夫に懐いています。私としてはこんな父親もう二度と娘には合わせたくありませんが娘は会いたがるだろうと思うのでどうしたら良いのか悩んでいます。

    今週末市の無料弁護士相談へ行くつもりです。
    娘が懐いていなければ縁を切りたいくらいです。

    ユーザーID:1581292472

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 潜在的稼働能力

    もし再婚相手の収入や財産が十分なことから元夫が自発的に労働時間や収入を減らしたとしたら、養育費の減額請求は子供の権利を害するものだと私は思います。

    実際に、現実の収入金額ではなく「潜在的稼働能力」で認定した判例があります。
    潜在的稼働能力とは大ざっぱに言うと、働こうと思えばこれくらいは稼げるよね、という支払能力のことです。

    ですから収入証明書の金額だけで判断せず、
    元夫の前職の退職理由が会社の倒産やリストラ、心身の不調などやむを得ない理由だったのか、
    手取15万円の仕事しか再就職先がなかったのか、
    あるいは再婚後、介護や育児で働きたくても働けない状態なのか等々、収入が減った理由を考慮するべきだと思います。

    どうしても養育費の減額が必要であれば、元夫から調停を申し立ててもらい、現在どれだけ生活に困窮しているのか証明してもらうといいと思います。

    ユーザーID:1882393615

  • 養育費を払いたくないから無職になる?

    2度目です。

    自分で稼がなくても暮らせるならそれもひとつの選択でしょう。
    再婚で主婦になった人が、養育費を払うために就職しようと考えない場合と同じことです。

    お金とは別に、娘さんと元夫が仲がいいなら会わせてやればいいでしょう。
    その2人の関係は2人の独立した人間関係ですから。
    世間一般の友達でもお金を払わないと会えないということはありません。

    養育費に関しては、無いものはないというだけのことで、不当に取ってやろうと画策するのが間違っています。

    ユーザーID:0454380106

  • 腹が立ちますね

    そういう考え方の人もいますよね…
    私の元夫も 似たような考え方ですが…

    調停してはいかがでしょうか?実際 もらえる金額が少なくなる可能性もありますが 住まいが徒歩圏内で 噂が聞こえてくる距離ですよね。

    今まで 養育費を払っていたのが会社で恥をかかないためだったのなら 近所で恥をかかないために払うようにはならないかしら?そして、時期をみて また調停と言うわけにはいかないのかしら?

    腹立たしい事この上ないけど…弁護士さんに相談されるなら法的にはどのような解釈になるのでしょうか?気になりますね。収入はないけど、優雅な生活!旅行代と生活費を合わせた金額が年収相当になってくれれば それなりにもらえるだろうに…。

    調停なり、弁護士を入れたら あちら側も弁護士を入れて対抗してくる可能性もありだと思います。

    後から養育費の請求が出来るらしいですが、この場合は 当てはまるのか?調停したら該当しなくなるのか…ぜひ 聞いてほしいです。

    ユーザーID:3989003881

  • レスします

    酷い話ですね。
    子供のためのお金なのに、仕事を辞めてまで出し渋るなんて…。

    夫側が、どのような生活を送っているのか客観的な証拠はありますか?
    お子さんには、それぞれの親と同等の生活レベルを送る権利があります。
    相当この分野に長けた弁護士に依頼した方がいいですよ。
    算定表も改定の動きがあるので、法が有利に動いてくれると良いのですが…。

    冷たいようですが、最悪は夫に娘さんを預ける事も念頭に置かれてはどうですか?
    どんな状況になっても、母親には変わりありませんから。

    娘さんの幸せが第一。

    ユーザーID:3909358128

  • レス読みました

    同情はしますがやむを得ないでしょう。

    父親側からすれば、そもそも母親有責であっても親権は取られてしまう、養育費がきちんと子供のために使われているかもわからない、二言目には子供を盾にして金を要求してくる、そんな母親が多いのですから。父親はお腹を痛めたわけではありませんから、月一回程度の面会ではどうしても情が薄れます。そのうち子供は母親の付属物程度にしか見れなくなってしまっても仕方ないでしょう。もっと頻繁に面会させるべきでした。

    子供に執着がなくなってしまえば、「元妻」に金など払いたくなくなるのは当然です。きちんと算定表を見て、それ以上払ってくれるだけ良心的です。そもそも子供も子供の心も自分に寄せておいて、金だけ払えという強欲さが問題なのです。再婚相手の収入で裕福に暮らしているという一点しか見ずに、その分こちらに寄越せは強欲以外の何物でもない。親権取ったなら相手の金など当てにせず、自身で子供を育てましょう。

    ユーザーID:6761651523

  • 潜在的稼働能力

    もう書かれている方がいますが、潜在的稼働能力という考えがあります。

    ご主人の場合、まさにこれの適用がされると思いますよ。

    会社都合の解雇や病気などの理由で働かない場合は、多くの場合、適用されません。
    要は、その人に稼ぐ能力があるのに、故意に収入を低くもしくは無くしている場合、本来稼げる金額をもとに養育費を決めるという考えです。

    払いたくないから仕事を辞めるは、まさに該当します。
    普通なら、払いたくないから辞めたのか、それとも辞めざるをえなくて辞めたのかが争点になるのですが、今回の場合、元ご主人は払いたくないから辞めたと明言しているので、争う必要もありめせん。
    裁判してもらいましょう、9000円なんてことにはなりませんよ。
    おそらく、手取り25万時代をもとに計算することになると思います。

    払いたくないから働かないなんて通用しません。
    別れても、親は子を養育する義務があり、義務を果たすために働けるなら働かなくてはいけません。

    先の方が例に挙げている専業主婦の場合も、就学前の子供がいるなどの事情がなければ、故意に義務を果たそうとしていないとして、潜在的稼働能力が適用される可能性が高いです。

    ユーザーID:8256565451

  • 娘さんの為の貯蓄について

    減額請求が発生すると必ず出る主張に、「毎月の養育費の中なら
    一定額を将来の学費などのために積み立てています」があります。

    しかし実際にその積み立てた貯蓄を証明するために通帳を見せてくれとか
    今後は直接その口座に相方が振り込みから口座番号等を教えてくれというと
    殆どの人が困ったような態度に出るようです。
    見せられないとか教えられないとか、極めて単純な言い訳に終始します。
    これってキレイ事を理由に使い込んでいますを自ら証明しているのではないでしょうか。

    別れた両親が同金額を支出して養育することが基本でしょう。収入や気持ちで多少の差が生じることは仕方ありませんが。
    通帳を見せられなくても、自分の出したお金と相方から受け取ったお金が、毎月どのよう使われているをハッキリと示せることが親権者としてお金を管理する人の誠意ではないでしょうか。
    それ無くして、減額請求に対して感情的になり、無いが何でも減らさせないという態度は
    良くありません。主張が正しいと思うなら正しい冷静な対応が必要でしょう。

    ユーザーID:2533427609

  • 離れていれば愛情は薄れていくのが自然の摂理

    離婚で子どもと離ればなれになってもお金を払い続けるには動機が必要です。

    強制力としては算定表をはじめとする法律の縛りがありますが、
    それ以上を求めるのであれば、「子どもへの(愛)情」が持続するようにしなくてはなりません。

    その作業を誰がしなくてはならないかというと、親権を持っている側の親です。
    その際たるのが定期的な面接交渉です。
    その他には、非親権側の親の悪口を言わないなどが挙げられます。
    (DVが原因での離婚など、特別な事情がある場合は除きます)

    遠くの身内よりも近くの他人という諺があるように、
    身近にいない人への関心が薄れていくのは人間としてごく普通の感情です。
    その相手が血を分けた自分の子どもであっても例外ではありません。

    だからこそ、そうならないように親権を持った側の親が動かなくちゃいけないワケ。

    ユーザーID:3448797234

  • 潜在的稼働能力

    > 潜在的稼働能力

    これ、よほど外堀を固めないと認定されないと思いますよ。
    裁判の外で何をどう言おうが、そんなものは証拠にはなりません。

    裁判で出してきた証拠が全てです。
    友人の証言だって、そんなのただの冗談、真に受ける方がどうかしているでお終いです。

    相手実家がそれなりの地位の場合、知り合いの医師と結託して
    精神疾患などの診断書を用意されたら、働けるはずという認定なんて取れません。

    外傷と異なり、精神疾患は明らかな偽診断だという反証を出すのが極めて難しいからです。

    前の職場の退職だって、円満退職ならともかく、喧嘩別れみたいな退職だったら
    却って社会への適応性が低いことの証拠と受け止められる可能性があります。

    また「親と同等の生活レベル」は、親の稼ぎで実現できる生活レベルと言うことであって、
    他人から施されて良い生活をしていても、同じ生活を子どもにさせろと言うことではありません。

    ユーザーID:3448797234

  • 妥協しない

    あなたの再度のトピを見て、その元旦那さんの再婚相手は親にどんな育て方をされたんでしょうねえ???

    相当に、常識から逸脱した血も涙もない女性ですよ。そして、そんな女性にすっかり洗脳された元旦那さんも旦那さんです。

    それでも、子供の父親ですか???あなたは絶対に妥協してはいけません。駄目元ですから、今まで通りの額を請求してください。

    子どもさんも今に元旦那さんの本音を察する時がくると思います。

    ユーザーID:4259349724

  • 男はつらいよ・・・

    潜在的稼働能力かぁ…
    男女逆に考えてえも、適用されるんでしょうか?

    離婚すると、収入が少ないのに親権が母親に行きがちですが、
    まれに父親が取れる場合もあります。
    この場合、養育費を払う母親が圧倒的に少ないのは事実。

    そして、また男捕まえて再婚し、しっかり専業主婦の座に収まる。
    どんなに裕福でも、自分の金じゃないので養育費は支払わない。

    元妻だってパート位できるから「潜在的稼働能力」ありますよね?

    ユーザーID:7114053002

  • 潜在的稼働能力は

    現時点で適用される可能性はほぼゼロです。潜在的稼働能力は、あくまでも「中にはそういう判例もある」程度のもの。らんこさんが期待するほど武器として振り回せるものではありません。

    転職して手取りが15万円であることは明らかな事実であり、養育費減額請求は正当なものです。いくら元ご主人が「払いたくないから辞めた」と明言した、とトピ主が主張しても、証拠がなければどうにもなりません。裁判で「人間関係で悩んだ」「どうしても仕事が自分に合わなかった」と言われれば、それまで。「養育費を払うために」という理由であっても、職業選択の自由を侵害する権利は誰にもありません。

    >おそらく、手取り25万時代をもとに計算することになると思います

    なる訳がない。仮にご主人が養育費を払わないために無職になったことが証明され、潜在的稼働能力が認められた場合でも、収入が一番高かった時代を基準にすることなどあり得ません。正社員での復職すら難しい今の時代、二度目の転職で同じ額を望める訳がありません。

    大体、そんな簡単に過去最高収入基準が認められたら、養育費支払い割合たった4%の女性なんてどうなるんですか。

    ユーザーID:9479094761

  • 諦めて

    もうこんな事でイライラせずに
    9000円で済むなら
    その分のお金をトピ主が働いたら?
    連絡してきて都合が合えば面会するとも言われてるんでしょ?
    面会も子供さんが小さい時だけで
    もう少し大きくなったら
    子供さんも会いたいとは言わないでしょ

    本当に子供に掛かる費用を
    明確にしておくべきでしたね

    ユーザーID:0958035573

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧