4歳の子供の交換条件

レス14
お気に入り47

ゆずはちみつ

子供

主人、私35歳・子供4歳・1歳

4歳の子供の子育てについてです。
うちの子は昔から物欲が強く、欲しい物がたくさんあります。スーパーに行く度に「○○買って」というので、「今日は買わないよ」と事前に説明してから連れて行っていたのですが(そうすればスーパーで駄々をこねる事はありません)最近、交換条件を出してくるようになってきました。
例えば、何か他の事を我慢させる時等に、「我慢したら△△買ってくれる?」と。
思い返せば、主人が公園で「鉄棒で20秒つかまってられたら、お菓子買ってやるぞ〜」と言い出したのが始まりで。。
どちらかというと、必ずそれがほしいわけではなく、買ってもらう事に達成感を感じているような気もします。
オモチャにしても、お菓子にしても、買い過ぎでもなく買わなすぎでもないと思うのですが、何が問題なのでしょう?
それとも、このくらいの年の子はこんなものですか??
最近悩んでいるので、アドバイスいただけると助かります。

ユーザーID:2267344176

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 親の都合か、子供自身の為か、かな

    迷いますよね〜
    私は、親の都合で我慢させる場合は、小さなご褒美はアリかなって思う
    子供自身のために、我慢したり、頑張る事もありますよね?
    明日の準備とか、習い事の練習とか、そういったことは物の御褒美ではなく
    頑張りシールとか買って置いて、頑張れたらシールを貼って良いという感じならOKだと思う。
    分けて考えないといけないかな、たぶん

    ユーザーID:3013972735

  • 夫が悪いね。

    特別な日だけで良くないですか?


    最近の親ってこんな感じなの?

    ユーザーID:6060638287

  • 「交渉力」だと思うの

    お菓子やちょっとしたオモチャくらいなら取引してもいいかなと思いますね。まったく我慢していないわけではないし。

    お菓子の対価としては厳しいんじゃない?って思うようなことを言い出したりもしますけど、自分で言ったことはやってもらいますよと(笑)

    子供の成長が見れて、彼女はお菓子をgetして、ウィンウィンかな。なんて。

    私は甘いでしょうかね?
    でも、子供の言い出すことって何でも面白いから。

    ユーザーID:6236883419

  • 注射我慢したらお菓子買ってくれるというのやりました

    総てならダメだけど特にいやなものなら、よくない?

    鉄棒でお菓子は甘いとおもうんだよね
    注射とか歯医者レベルじゃないですか

    ユーザーID:1460498009

  • あなた次第。親次第。

    まずはご主人に交換条件を出すのをやめてもらいましょう。
    両親でタグを組まねばいけませんよね。

    そして、お子様がそのようにいってきたら、
    「買わなくても我慢できたらスゴイよね。」
    「ちゃんと我慢できるかっこいい子になってほしいから、それはできないよ」
    と毅然と言いましょう!
    そして絶対に例外を作らない。

    違う時に、本当に欲しいものがあって、それが必要であれば買う。

    それをあなたがブレずに続ければ、そのうち言わなくなると思うのですが…

    つまり、あなた次第。親次第、という事です。

    我が家の娘は、周りが皆携帯を持つ中、私たち夫婦が「中学生には必要ない」を通したため、高校生になるまで「携帯を買って欲しい」とねだる事はありませんでした。
    友達にも「うちは親が許してくれないからね〜」と言っていて、持たない事で仲間外れになったりする事はありませんでした。

    あなたが毅然としていれば、大丈夫です!

    ユーザーID:5603452996

  • 成長の過程じゃないですか?

    「交換条件を出す」と言うとなんだかいやらしく感じますけど、お子さんなりに考えた交渉術ですよね。

    単純に「欲しいと口にする」から「欲しいもののために交渉する」というテクを覚えたのでしょう。
    頭を使うようになったんだな、と感心して良いところだと思います。

    ただ、「◯◯することとお菓子を買うことは別のハナシ」ということは説明してゆく必要がありますよね。

    でも大人だって「お金を得るために働く」んだし、交換条件を出すことがまったくもって悪いとも思いませんよ。

    ユーザーID:1765718688

  • それはナシかなぁ…

    「○○したら××を買ってあげる」はよろしくないと思います。
    なぜなら物で釣られないと努力しない人間になってしまうからです。

    もっと大きくなったら、例えば「お手伝いして欲しい」とお願いしても「○○買ってくれたらやるよ」と言われかねません。
    お手伝いなんて本来自ら進んでやるべき事です。でもそういう事を続けて行ったら「自分の利益にならない事はやらない」という思考になってしまいます。

    勉強もです。「100点取ったらゲーム買ってあげる」「学年で1番取ったら」では目先の効果はあるかもしれません。でも勉強はゲームを買ってもらう為にするものではありません。勉強は自分の為にするべき事です。

    お手伝いをすると、周りの人が喜んでくれる。自分を認めてくれる。これが原動力です。勉強もです。そこから「勉強は楽しい」となって「もっと知りたい」となっていくのです。

    「我慢したら○○欲しい」と言われたら「ダメなものはダメなの。買いません」でいいんです。
    理不尽だと思いますか?いいえ、世の中理不尽な事の方が多いのですから。

    ユーザーID:1184095821

  • トピ主にびっくり。

    子供にそんな悪知恵がついてるのに、危機感全く無しって凄い。
    我慢したら○○買ってくれる?って、何にも我慢してないじゃん。
    友人にもそんな要求するようになって、将来、黙っていてやるから、○○しろよ、なんて、交換条件出すような息子(娘?)になったらどうするの?

    ユーザーID:1420126694

  • 交渉も遊び、愛情は無条件と伝える

    自分の提案が実現することに手ごたえを感じてるのでしょう。

    「ハードルって上がるものなんだ」と教えるいい機会かもです(笑)

    鉄棒20回回れたらお菓子、を一度達成したのなら
    次は「あれ?だって20回はもう出来るのわかってるから次21回ね。」て。
    これを続けるとすごい能力あがるか、これはこの方式でいくと自分の首を絞めると気が付くか。

    これはまずい、これは不利だと気がついたら言わなくなるかも。

    でもって、出来てもできなくってもだーい好き、て。
    お菓子だって毎日ちゃーんとあげるよ?て。
    条件付きでない愛情をふんだんに示してあげればいいと思います。

    ユーザーID:0579895292

  • うちの息子も言ってた!

    今、6歳ですが・・・
    そうですね、4〜5歳の初めころ、言ってた気がします。

    「え?買わないよ」「無理だよ」と言い続けてたら、もう言わなくなりましたね。
    効果なし、と認識したんでしょうか??

    でも、そんな交渉テクニック使うようになってきたんだと思うと、嬉しくって、
    「良い技覚えたね〜」「頭良いね〜」とかは言ってました。「でも、買わないよ」で終わりです。

    多分、もっと小さい頃、私が子供に言ってたのかな。私の基準で。
    ご飯全部食べたら、飴玉食べて良いよ、とか。夫も、きっとそんな感じで言ってたんだと思います。

    だから、あえて「大人とのやりとりをたのしんでる」ってことにすり替えて、
    そんな会話ができるようになったことについては、完全に褒めてました。
    「でも、買わないよ。必要ないし。」付きですけど。それとこれとは別、の姿勢をしめして。

    自分の言いたいことばかり言ってもダメ、だから何をするとかの解決策を提案するのは、今後、仕事をする上でも大切なことだよ、とは教えています。

    ユーザーID:4308319866

  • あんまりオススメはしないですね

    勉強でもなんでも「何かを手に入れるために頑張る子」は、
    その「何か」が、より簡単に手に入る方法があれば
    必ずその方法を採用しようとしますよね。最短距離を走ろうとする。

    それが行き過ぎると、価値観の倒錯が起こってくる。
    自身の実力や成長ではなく、「どれだけ手に入れたか」というモノサシで
    自分の価値を計るようになる。
    頑張らずに手に入れようとすることをスマートだと認識し始める。
    努力というペイを「まずはできるだけ出し渋る」のが常になる。
    努力家ではなく、取引巧者になってしまうわけです。
    努力を出し渋る人とそうでない人の差は、
    長いスパンで見れば、絶望的に広がります。
    「馬とニンジン」式はわかりやすいし、手っ取り早いけど、
    ここに落とし穴がある。

    もちろん全員が全員そうなるわけではないでしょうが、
    どうも、世の中がそういう方向に傾きつつあるのは感じます。

    自分と社会の関係を「貢献する関係」ではなく「取引する関係」と認識してしまう。
    その危うさについては、きちんと認識しておいた方がいいと思います。

    ユーザーID:9477711902

  • 親の愛の印が

    物になってるのかな?
    「それは買わないけど一杯抱きしめてあげる」とか「お馬さんしてあげる」とか言ったら、なんて返してくるでしょうね?

    ユーザーID:8390424153

  • トピ主です

    返信が遅くなってしまって申し訳ありません。
    私も初めは「成長したな〜」と感心していたのですが、あまりに毎回なので焦ってしまっていました。
    例えば買ってあげる時はものすごく努力して何度も何度も頑張るんです。
    なかなかできなくて、悔しくて地面を叩き、もう一度とできるまでチャレンジする姿にはほんとにビックリします。(とはいえ、帰ったらお菓子等すっかり忘れている時もしばしば)

    ユーザーID:2267344176

  • 小学生まではそうでした(未就学)

    小学生まではそうだったと思います。
    親が鼻先ニンジン、ぶらさげまくっていました。

    でも。高い物を要求されたら「それは誕生日」と言って軽く却下。
    今買うことはないという意味です。

    通るものも、通らないものもある。それって学びですよね。
    交渉はこちらがしまくりです。
    我慢させる時もあり。ご褒美もありです。(がんばった時のみ)

    小学校になると
    こちらの要求が宿題と、習い事の宿題になってきます。
    ご褒美はゲーム。物だったころが懐かしいです。
    上手にシフトしますよ。

    ユーザーID:7560271178

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧