• ホーム
  • 子供
  • 個人面談ではなく家庭訪問が必要な理由を教えて下さい

個人面談ではなく家庭訪問が必要な理由を教えて下さい

レス43
(トピ主1
お気に入り113

妊娠・出産・育児

ara

先生方にとって最も大変な行事が家庭訪問だと思います。
来て頂く方は構いませんが、気を遣うでしょうし疲れると思うのです。
必要な理由を教えて下さい。

ユーザーID:7828653535

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数43

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 気を使って疲れても、やらねばならないお役目です。

    子供を理解して導くには、どのような環境で育っているのか、家庭環境も確認する必要があるからです。
    保護者の方に学校に来ていただくだけでは、家庭の様子などはわかりませんよね。

    家庭訪問によって、学校までの通学経路や、周りの状況もわかります。
    危険がないかどうか、またどのような状況で育っているのかを、教師が実際に目で見て確認するためです。


    また保護者の方からも、自宅の方がリラックスして、良い状態で話が聞けるのではないでしょうか。

    ユーザーID:8551755572

  • 家庭訪問しないと一生会えない保護者さえいるからです。

    家庭訪問しないと、保護者不在の、子供だけで暮らす家庭だと誰も気付かないからです。
    家庭訪問は、子供の保護が必要かどうかを見極める重要な機会です。
    普通の方にはよく解からないと思います。
    一応表向きは通学経路の確認という事になっています。

    ユーザーID:0574392441

  • 家庭内の様子を見る為でしょうね

    学校で行う面談では取り繕う事も容易ですが
    訪問をすることで、家庭内の乱れや問題点がより分かるからでしょう

    ユーザーID:5595693104

  • 個人面談のほうが、双方楽ですよ。

    ただ、トピ主さんのおうちなら
    家庭訪問は必要ないんです。

    うちみたいに、来てほしくない家のほうが
    要注意だと思います。
    どのような生活環境で過ごしているか、
    は重要だと思いますよ。

    ただ、今はそこまで
    先生も家庭には踏み込まない、踏み込めないので
    家庭訪問のない学校も増えていると思いますよ。

    ユーザーID:3881781518

  • 家庭環境を把握するとかでしょう

    家がゴミ屋敷だったり、ドアが破壊されていないかなど、子供がどういう環境で生活しているのかを見るのも教育だと思うよ。

    公立なら私立に通う家庭より、色々ありそうだし。
    個人面談ではいい事ばっかり言っても、家庭を見れば何となくわかる部分もあるから。

    ユーザーID:5124653103

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 家庭訪問なし

    東京区部の公立小中生の母ですが、うちの子供の学校では家庭訪問って一度もないですよ。公立幼稚園の年少さんの時に一度あったきりです。

    先生も忙しいですから、家庭訪問はない方がきっと助かると思うのですが、最近のような虐待とか育児放棄みたいな事件を聞くと、お家の様子を学校が把握しておくというのは本当は大事なのかなという気はしてます。

    ユーザーID:2008857022

  • どの辺に住んでいるのか 自宅を一度確認とか

    じゃないのかな
    地図でも見てもイメージわかないし
    何事もその場に行って直に見るって事が目的なのでは

    あくまで想像ですけど

    ユーザーID:1696080869

  • 必要かどうかはさておき

    必要かどうかはわかりませんが
    意義はあるでしょうね

    学校は、勉強だけを教える塾ではなく
    集団行動を学んだり、普段の生活態度を指導する側面もありますので
    各家庭に訪問して、ある程度その子供の背景を把握する事は
    指導や子供のケアに役立つ事もあると思います

    ただ、先生といえど
    ひとりひとりの子供の内面のケアまでするのは難しいことですし
    虐めとか自殺とか虐待とか
    そういう大きな問題が起きないようには最低限対処はして欲しいですが
    できる事に限界はあろうと思います

    なので家庭訪問をしたからといって
    全てうまくいくというわけではないと思いますが
    問題を解決する一助となる可能性があるのならば
    意義はあるだろう、と思います

    ユーザーID:7366111958

  • 一度見た家庭の様子は、数度の面談に勝る情報を与えるから

    仮に10回の面談をしたとしても、それは所詮親の口によるいわゆる「自己申告」に過ぎません。
    しかし、その家庭の実物を目にすると、想像以上の情報を得られるからではないでしょうか?

    ここでいう「情報」とは、別に好奇心をくすぐるものではなく、特に問題となる生徒(児童)の場合、その行動の背景を窺い知る事が出来るのが「家庭の実像」だという訳です。
    「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもので、どれだけ親が言葉でうまく取り繕っても、その言葉の背後にある乱れや親の思考、家庭の持つ知的レベルや秩序という様々なものが、一歩室内に足を踏み入れる事によって如実にわかるのだと思います。

    とはいっても最近では玄関先で済ませる事も多くなり、上のような得られる情報量にも限界がありますが、玄関先だけでもその家庭の持つ独特の雰囲気はわかる筈です。
    当方の子供達(共に社会人)が小学生だった頃にも、家庭訪問に強く抵抗を見せる保護者は一定数いて、彼らは総じて問題のある(と言われている)お子さんの親御さんだった事が印象的でした。

    品定めに来る訳ではないので、親の方も必要以上の片付けなど不要であり、気楽に迎えては如何でしょう?

    ユーザーID:7416295853

  • 必要な理由って…

    大学生の母です。

    自分の生徒がどこに住んでいるか確認するためですよ。
    いざというとき困るではありませんか。
    番地の数字だけ知っていればいいものではないと思います。
    気を使い疲れても、それが教師の仕事ですし。

    トピ主さんにお子さんがいるのなら、聞かずともわかりそうなものですが。

    ユーザーID:2962402820

  • 主さんの学校では未だに?

    地域的なものもあるかと思いますが、私の知っている範囲内(周辺の県も)ですが、
    小中学校の家庭訪問はとっくの昔に先生が家に上がったりするのは廃止になっていますよ。
    その代わり地域訪問という名前で、先生が生徒の自宅の確認をしています。
    その際、先生はポストに確認済みの小さな紙を入れていきます。
    一応インターフォンを鳴らして、在宅していたら玄関前で立ち話もしますが、不在なら不在で終わりです。
    日は◯◯地区という案内はありますが、何時にどういう順番でなどはわかりませんから、生徒側もわざわざ先生を待つ事もありません。
    くかけかさ地域訪問の目的は通学路の確認だそうです。これは大前提の話で、自宅を外からチェックするだけで、家庭の中にこそ入らなくても、建物や玄関先の雰囲気から大体の家庭の雰囲気も推測できます。
    新しいマンション、一戸建て、古い住宅、豪邸…などだけではなく、居心地良く手入れされた庭やベランダを待つ家庭と、乱雑に物が積まれただらしない印象のガレージの家庭、家を見るだけで普段の学校生活ではわからない色々な事がわかりますよ。
    家庭訪問は不要だけどこんな感じの地域訪問はあっても良いと思います。

    ユーザーID:3144865087

  • 家の所在と家庭環境

    緊急時の為に、生徒の家がある場所を
    把握して置く必要があると聞きました。

    理由によっては、
    担任の先生が、生徒を家まで送り届けることが
    あるからでしょう。

    これは親側からの推測になるのですが、
    お家が荒れていないかどうかのチェックもあるんじゃないかな〜と。
    経済状況じゃなくてね。

    生徒の様子がおかしかったり、ちょっとこの子は…
    みたいなのって親御さんや、家庭の様子で
    ある程度分かるじゃないですか。

    極端ですが、モデルルームみたいなお宅だったり、
    逆にゴミ屋敷みたいな雑多過ぎるお宅だったりすると
    あまり良くないと聞きます。
    そういう微妙なことを判断する一つの材料としても
    お宅訪問は、重要なことなんじゃないかな。

    うちの子も小学生なので、来月に家庭訪問があります。
    小さな戸建てでモデルルームみたいじゃ全然ないですけど。
    普段の様子を先生に見ていただければいいかなと思っています。

    ユーザーID:2493290953

  • 家庭訪問18年

    今年が最後の家庭訪問でした。
    そんな私の認識ですが、家庭訪問は生徒の自宅の位置を知るためだと思っています。

    自宅の様子を見れば、子どもの生育環境を知ることが出来るという目的もあるかも知れません。

    ユーザーID:1177032269

  • 学校だといくらでもとりつくろえますから

    学校だといくらでもとりつくろえますが、自宅を見ることによってある程度家庭環境を垣間見ることができるからだと思います。

    私はいち主婦で教育関係者ではないですが、そう思います。

    子供の学校では一時期、希望者だけの個人懇談だけで家庭訪問を取りやめました。
    が、2年ほどで家庭訪問は復活しました。

    やっぱり家庭訪問はある程度必要なことなのだと思います。

    ユーザーID:7744945258

  • 家庭訪問をしない学校が増えました

    本当はとても必要なことです。

    家を見ないと分からないことがありますから。
    汚屋敷だったり、逆にモデルルームのように綺麗すぎたり。オモチャで溢れていたり、本で埋まっていたり。
    祖父母や親戚が同居していたり・・・等々。

    家庭環境を見ないと分からないことはいっぱいあります。

    それは教師にとって必要なのです。

    ユーザーID:1390976378

  • まったく貴方のおっしゃる通りです

    貴方のような考えをお持ちの校長先生の判断で、数年前から子供の学校では家庭訪問は行われなくなりました。

    ただ、家庭で虐待を受けている子供がいるとしたら、発見される機会が一つ減ることになったと思っています。

    もう一つは通学路の確認ですね。子供たちがどの道を通って学校へ通っているか。登下校時のトラブルは多いので、先生が通学路を把握しているのとしていないのでは対応にかなり差があります。

    恐らく、通学路の確認だけ残して、各家庭を訪問する部分はカットという学校が増えていると思います。

    ユーザーID:0562314548

  • 環境確認

    どんな家庭環境で普段過ごしてるかの確認もあるらしい。
    教師は大変だよね。中にはゴミだめみたいな家もあるしさ。

    ユーザーID:1142593535

  • ウチないよ

    ウチの学区の公立小は家庭訪問ないよ。
    こっちから出向いて懇談のみ。

    ユーザーID:2140081417

  • そうですね

    保護者にとってのテリトリーですよね、おうちって。
    だから来校時には見られない、無防備というか、素の部分が出てくるそうですよ。
    そしてそのお子さんがここで育ったんだ、この人たちに育てられたんだというのが
    よくわかるそうです。
    親も見極めに行かなきゃいけないなんて、先生って大変ですよね。

    ユーザーID:0532230242

  • 環境調べ

    児童(生徒)の生活環境を知ることだと思います。
    住所だけではわかりません。

    住宅地?繁華街?工場が多い地域?畑地の中の一軒家?
    アパート?一戸建て?
    また、通学路などに危険はないか。踏切や大通りを渡るのか。住んでいる地域の風紀は?

    汚れた家?家の大小の規模ではなくこぎれいにしている家かどうか。
    親は生活に疲れているのではないか。生活環境を整えるのに無関心?

    その子の事情は学校だけでなく実際に家を見てわかることもあります。

    ユーザーID:0143281675

  • 自宅の場所の把握

    それ以外にはないと思います

    ユーザーID:5867065369

  • 長らく、家庭訪問がなかった学校です。

    今年度からやります。
    教育委員会からのお達しだそうです。

    思うに…なにかあってから、訪問しても、扉は固く閉ざされ、対処できない。
    ということがあるからだと、理解していますが、理解は正しいですか?と学校に聞きました。あってるそうです。

    家庭でも、子どもにも、何も問題がない、という人にとっては、煩わしいことかもしれませんが…

    ユーザーID:7970805393

  • そんな親がいることにびっくりよ

    え?本気の質問ですか?わからないの?
    本人だけでなく、どのような家庭、家、親なのかを知っておくためですよね。

    ユーザーID:7733893815

  • レスします

    家の中に入るのは家庭環境(勉強出来る環境かどうか)と緊急事態に備えて自宅の場所の確認と聞いた事があります。

    ユーザーID:0009995693

  • 無い

    家庭訪問で児童の環境を把握できるメリットはあるが、絶対必要とまでは言えないので、家庭訪問しない学校もたくさんある。反面、絶対廃止すべきと言うほどの悪習とまでは言えないのでやってる学校もたくさんある。のかなぁ。

    ユーザーID:6162646468

  • 通学路の確認

    先日、娘の小学校の担任の家庭訪問がありました。玄関の中にも入らず、2〜3分の立ち話。主な目的は「通学路の確認」とおっしゃていました。

    ユーザーID:5841279489

  • 家庭訪問ではなく

    家の子の通った小学校には、家庭訪問はありませんでした。
    幼稚園の時はありましたけど。
    ただ、その変わり、先生方が校区内をブロックごとに数日に分けて自転車や徒歩で回る時期がありました。中学校は何もなし。
    私個人的には、家庭訪問ではなくても、先生が地域を把握する。子供たちに学校を離れても、大人の目がある。と言う事を自覚させるために、なんらかの方法で学校が地域と関わっている事を子どもにもわかる方法で示す必要があると思います。
    周りの大人も学校も地域の大人が皆で見ていると、子どもが実感して育って行ける環境が整って行けるといいとは思います。

    ユーザーID:5564585015

  • 家の中を見ると、家庭環境が手に取るように分かるそう。

    随分前に聞いた話ですが。

    どんなに身綺麗にして優しそうな母親でも、また逆のパターンでも。
    家の中を見ると、一目瞭然。
    全て、丸っと、お見通し、と聞いたことがあります。

    あと、「次は○さんや、△くんの家に行くのだけど、どこか知ってる?」と子供達に聞くと、クラスの人間関係等がより一層分かるそう。
    学校では接点なさそうに見えて、実は知り合いなんだ、とか。
    この子は、外に出て、しっかり遊んでいるんだな、色んな子と関わってるんだな、とか。
    意外な繋がり等、チェックされてます。

    ユーザーID:2967922794

  • 場所の確認と環境の確認

    まず実際にどこにあるのかの確認と、家庭を実際に見ることで子供がどういう家庭環境なのかの確認です。百聞は一見にしかず、ベテランの先生は一目家を見ればその子の置かれている状況が何となくわかるなんてことを言っていた人もいます。

    なので、面談内容そのものはそれほど重要ではありません。
    ですから個人面談に比べたらずっと時間は短いはずです。
    (うちは一件あたり15分移動時間を含めて30分、実際に会話できるのは5分程度でした)

    場合によっては玄関先での立ち話、もっといえば庭先での立ち話でもOKだったりします。

    ユーザーID:2597795778

  • 昔の話ですが

    30以上年前新人教師だった時、ベテランの先生に
    「家庭訪問ではお家の方と話すだけではなく、通学路や近所の環境もチェックしてきて下さい。」と指導されました。
    右も左もわからなかった時なので、はいと返事をして、
    A君のうちは国道に面していて国道を渡って通学するんだとか、B君のうちは公園が近くで近所の子供がよく遊ぶんだとか、そんなところも見てきました。

    ものすごく田舎の学校に転勤した時には、お母さんだけでなくおばあちゃんおじいちゃんも待っていて、なるほど〜C君の家庭環境はこんな感じなのね、と思ったこともあります。

    横ですが、
    先生にとって最も大変な行事は家庭訪問ではありません。運動会や学習発表会のほうが大変です。
    何日も前から準備・練習をしなければいけないので、ものすごく大変。
    個人的に一番大変なことは、先生の先生(指導主事といいます)に、事前にこんな授業をしますという授業案を提出し、授業を見せ(校長以下先生全員にも見せる)、放課後厳しい指導がされる「指導主事訪問」でした。

    ユーザーID:0006929334

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧