今時の巣作り事情

レス15
(トピ主4
お気に入り91

生活・身近な話題

不器用夫婦

今の時期になると、実家の倉庫に燕夫婦達が、巣作りをします。
両親からの観察日記に寄りますと… 燕も時代と共にテキトーになってきたと。
以前は、元々あった去年の巣は全て崩して、土台から作っていたのに(新築)、去年の巣が『あ、これまだ使えそう♪』と思ったのか、巣のヘリの部分だけ継ぎ足して『できた♪』と納得して入居を開始(改築)したり、作っても作っても、落ちてしまい入居ができず(不器用な私ら夫婦の様じゃ)、試しに母が、持ち手の長い藤の籠をぶら下げたら、『あ、これ使える♪』とそのまま籠に入居(賃貸?)する夫婦など…
番外では、何故か三羽グループでやってきて(推測では雄2羽雌1羽)、雄同士が決闘し?勝ち得た方が出来上がった巣で、夫婦となる…(なんか羨ましくもある)

雛に飛び方を教えるときは、何故か全世帯揃って一斉にやる。(親燕は我が雛の応援必死)

糞の片付けが大変と言いながら、毎年の訪れを楽しみにしている両親に、可愛い雛ちゃん達を見せてあげてね。

ユーザーID:5656619163

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 一人っ子ツバメ

    最近は、我が家は夏の猛暑でヒナが育たないことがあります。
    ある年、本当にヒナが一羽しか残らず、
    一人っ子になってしまいました。

    2羽の親ツバメがせっせとその一人っ子に餌を運んだおかげで、
    丸々と大きな立派なツバメに育ち、親ツバメより一回り大きく
    育っていました。
    親が餌をくわえて帰ってきても、兄弟との競争が無いため
    ピーピー鳴くことも事も無く、
    普通にパカッと口を開けて餌をもらっていました。

    体は大きいけど、競争心が無さそうで、自然界で生き抜けるのか
    心配でしたが、その後の事は分かりません。
    栄養満点、体力だけはありそうでした。

    一人っ子というのが今の時代かなぁと思って、書き込んでみました。
    全国の皆さん、どこかで一回り大きなツバメを見かけたら
    うちで育った子かも知れませんので、よろしくお願いします。

    ユーザーID:0852549039

  • アメリカでも同じようです

    在米ですが、我が家の玄関のドアの上が雨も避けられて外敵からも見えにくく、最適なのでしょう。
    毎年、つがいの燕がやって来て、雛が孵ると親はせっせと餌を運び、口に入れ、じきに巣立って行きます。

    我々が入居した数年前から、既に巣はありました。
    巣をそのままにしていると、翌年もちゃっかりそのまま使っているようで、継ぎ足して作ったような形跡も見られず。

    しかし昨年、オーナーにより巣立ちの後に巣が撤去されてしまいました。
    今年も入居するつもりだったのか、燕がやって来て、巣を作るようすもなく、うろちょろしたり、恨めしそうに?じっと屋根下に留まっていたりします。

    お向かいのお宅は、燕が巣作り出来るように、わざわざ棚まで付けて待っていたけど、巣を作らないとボヤいていました。
    猫を飼っているからでしょうか。

    そのうちに、巣を作るかどうか、時々チェックしてみようと思っています。
    可愛い雛に、毎年癒されていましたので。

    ユーザーID:8780715757

  • 最近は、ツバメの巣の材料も少ないからではありませんか?

    だから、あるものは利用したり、出来上がった巣を複数のオスが取り合い、勝った方がメスとつがいになるのでは? 
    それに、昨今は何かと危険も多いから、雛に飛び方を教えるのも、場所の都合もあり、全世帯総出で、学校形式でやらないと危ないのでは? と思います。


    うちのアパートの軒下に毎年、巣を作っているツバメもそうです。
    巣の材料が上から落ちてくるのですが、藁のような柔らかい材料があまりなくて、小枝を使っている。だから、巣が纏まりのないものになって、すぐバラバラに崩れてしまうのです。

    巣がしっかりしていないから、雛が巣からバルコニーに落ちてきたこともありました。私がバルコニーに出たら、雛が驚いて、まだ飛べないのに、バルコニーから庭に飛び降りました。餌を持って帰ってきた親鳥が、雛がいないのに気付いて、慌てて庭に探しに行きました。

    こんなに緑の多いドイツの田舎の村ですらこの調子。ツバメも災難です。猫やら、鷹やら、天敵はたくさんいるし……。
     

    ユーザーID:6087290781

  • 家の中に入れない

    子供の頃
    田舎で古い家だったので、家の中に燕が巣を作ってました
    燕が帰ってくる季節、昼間は入り口の戸を少しだけ開けっ放しにしておきます
    夜、巣に戻って来ているのを確認して戸を閉めます
    朝一、戸を開けます
    ヒナが巣立ち、南へ帰って行くまで毎日
    次の年、同じ巣に戻って来て卵を産みます
    この時期だけ、燕も家族です

    家を建て替えてからは、中には入れなくなりました
    玄関の軒下しか巣を作れる場所がなくなりました
    他所の家でも同様です
    古い家です、建て替え改築を余儀なくされます
    それを機に家の中に巣を作る事が出来なくなります
    燕もだんだん住み難くなって来ているんですね

    ユーザーID:5814051220

  • トピ主です1

    我が家の場合さん

    レスありがとうございます。

    屋根下や屋内でも、風が回らない限り、猛暑の際は厳しいですよね。たった一匹になってしまった雛に両親は限りない愛情を注ぐでしょう。

    ドラえもんに出てくるジァイアンのような体型の燕を見つけたら、『我が家の場合さん家の出身ですか?』て聞いてみますね
    強く生きてくんだよ…とアドバイスもしますね。

    ユーザーID:5656619163

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • トピ主です 2

    チリンチリンさん

    レスありがとうございます。アメリカでも同じようなんですね。

    チリンチリンさん宅で子育てしてた夫婦は、毎年の住み処と決めてやってきてたんでしょうね。
    さて今年も頑張ろう!って決めてたのに、肝心の巣が無くなっていてショックだったでしょうね。

    また、何か新しい情報がありましたら、是非ともこのトピで教えてください。

    ユーザーID:5656619163

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 会社の

    会社にふたつツバメの巣があります。
    もともとはひとつだったのですが、そちらでツバメさんが別の生き物に襲われる事件が。
    かくして事故物件となった1号には来なくなってしまい、少し離れて2号が出来上がって
    おりました。
    ツバメの巣にも事故物件ってあるんだな〜と不謹慎かも知れないけど笑ってしまいました。

    ユーザーID:2160264293

  • 昔のツバメもそうだった

    >以前は、元々あった去年の巣は全て崩して、土台から作っていたのに(新築)、去年の巣が『あ、これまだ使えそう♪』と思ったのか、巣のヘリの部分だけ継ぎ足して『できた♪』と納得して入居を開始(改築)したり、

    大戦直後の田舎生まれ田舎育ちです。
    当時の農家は、あまり戸締りをしていませんでした。なので、ツバメは、軒下はおろか、家の中にまで巣を作りに来ていました。毎年、同じ巣に来ていたのが同じつがいかどうかは知りません。しかし、そのまま再利用とか補修しての利用は普通でしたね。
    梁の垂直面にくっつけているのには瞠目したものです。

    ユーザーID:3001172658

  • スズメも学校作ってます

     今時はツバメも教育熱心なのですね。

     家の近所のスズメ達は早朝から学校があるようです。チュンチュン、チュンチュン…とメトロノームみたいに規則正しく鳴くのですぐわかります。微笑ましいのですが、落とし物は勘弁してほしいところです。
     鳥の時代も変わったようで。いつか塾もできたりするのでしょうか?

    ユーザーID:8139842982

  • 都心在住ですが燕の巣ありです♪

    東京港区 白金台駅下車 徒歩5分以内の目黒通り沿いに
    燕の巣、ふたつ。

    毎年、愉しみです。

    集合住宅の車の出入り箇所に巣があるので
    きっとフェラーリやベンツの屋根に?

    ド田舎(田んぼや畑の真ん中)、名古屋市(最寄りは八事駅)の別宅の
    玄関先にも燕の巣が…
    普段、出入りが少ないから?
    糞が凄いのですが、どちらも管理人のかたが洗い流してくださっています。

    燕と目が合うと「早く出かけてよ、落ち着かないわね」と言われてる気がします。

    ユーザーID:1795986489

  • 季節の便りで素敵ですね

    こんにちは

    小さいころ親戚の家に遊びに行くと、この季節にはツバメがスッと入ってきて太いはり
    に巣を作りました。
    10年ほど前には近所の大きなスーパーの庇したに巣があったのですが、通行人たちが
    わーわーいって巣が撤去されてしまい最近はツバメ自体が来ていません。

    去年 旅行で岐阜の郡上に行きましたが、巣立ったばかりのツバメが駐車場を歩いていてなんとかしなきゃ、と焦りましたが、ようよう飛んでいきました。

    ユーザーID:7255708327

  • 口コミ

    今時の巣作り事情、面白いトピですね!

    親戚の家、土間の天井は燕の巣アパートのようです。
    田舎なので施錠が甘かったり、古い家ゆえの隙間が多かったり、巣が年々増えています。
    これはきっと「口コミ」だと思います。

    やはりイマドキ、口コミは大事ですよね。

    ユーザーID:6078932212

  • トピ主です3

    Caeciliaさん ドイツからのレスありがとうございます。

    都会のカラスがクリーニングハンガーで巣を作るように、『巣の原材料』が、自然環境の変化と共に変わってきているのですね。

    人間は文明の発達と共に、暮らしは便利になるのに自然界は反比例ですね。

    学校形式の飛び方講座を開講するに当たり…かも知れないのですが、親燕ばかりが集まり(長いロープを倉庫入り口に這わせてあり、それに一列に停まってます)何やら鳴き合って、話しています。自治会やっているようです。
    ルールや注意事項を話しているかもしれないですね。

    ユーザーID:5656619163

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • アメリカつばめのその後

    あれから1週間経ち、巣作り初めした!

    玄関ドアの上から、ツバメ夫婦が忙しく行き来しているので見てみると、今までと全く同じ場所に、巣の跡通りに泥状の巣が下から出来始めて、建築中です。

    こちらは今の日没が20:40頃で、日没後暗くなると玄関の屋根下に帰って来て寝る様です。
    巣がまだ無い為、つがいで細い枠に乗り、寄り添う様に並んでいると、なんとも健気で可愛らしくて、毎日見に行ってしまいます。
    いつも日没後から点けていた外灯も、つばめが寝られないかもと点けずにいます。

    ドイツの小町の方が、藁の代わりに小枝の巣だと書いておられましたが、こちらは泥を少しずつ塗り付けて乾燥させた様な物です。
    環境により、建材も変わるのでしょうか?

    この時期に玄関から出入りする者は、客人でも大家の我々でも、容赦なく頭上すれすれに飛び去って、威嚇して来ます。
    子どもを守ろうと必死の様です。

    朝、明るくなり始めると、もう活動開始しています。
    今年も無事に雛がかえり、巣立つといいなぁ。

    ユーザーID:8780715757

  • トピ主です 4

    猫パンチ様 レスありがとうございます。

    いただいたレスを見ながら、古かった時代の実家の風景を思い出しました。うにちも、家の中に巣がありました。ドアを少しだけ開けて…燕が外出できるようにしてありました。

    今は倉庫内ですが、やはり少しだけあけて、親燕達の食料調達の邪魔にならないようにしているようです。『今日はコンビニ弁当にしよう♪』とかできないから、親燕たちも大変ですね。

    ユーザーID:5656619163

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧