深いプールで子供に泳ぎを教えるには

レス16
(トピ主2
お気に入り18

趣味・教育・教養

シロクマ

海外で子育てしている者です。子供に水泳を教えたいのですが、近所のプールは大人用しかなく、水深を浅くするための台も入っていません。どのような工夫、教え方をすればよいでしょうか。
子供の身長は120cm弱です。プールは50mで8コース、最も浅い所で1.4M程度(165cmの人の首くらいまで)、深い所は5Mあります。私もコースの端から5mほどまでしか足が届かない(口が水面に出ない)状態です。勿論、水深5Mの部分には連れて行きません。
ビート板、ヘルパー、アームリングは持っています。プールには時間によってはコースロープが張ってあることがあります。私自身は1kmでも休みなしに泳げます。

私の行く予定の時間帯にプールに来る人達は、大人でも足をバッチャンバッチャンやって派手に水しぶきを上げ、息継ぎの度に体が直立している人が大半で、50mをフルに泳ぐ人は殆どいませんので、浅い所だけでコースを横切る練習もできます。

止めとけという意見より、できるだけ前向きな助言をお願いします。

ユーザーID:6715885754

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • すでに調べていたらごめんなさい

    公立のプールですよね?
    結構早朝から開いているところもあり、日本とちがっていいなあ、と思ったことがあります。
    登校する前のレッスンのようで子供向けの早朝スクールが私が利用したときにはありました。
    お子さんの年齢が書かれていないので微妙ですが、施設に確認してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:8855294717

  • 体が浮く感覚を

    しっかりと両手をつないで、水の中で体の力を抜く、すると体がふわあと浮く という体感をしっかりもたせます。
    120cm弱ということは低学年くらいでしょうか?だったら先に 体が浮く練習をすると説明しても良いですよ、もっと小さな子供さんなら、とにかく理屈抜きの感覚を覚えさせるのがいいとおもいます。
    慣れたら手を離して、水の中で浮遊感を楽しめるように。次に仰向けに浮かんで 後頭部を沈めることで呼吸が楽にできることを体験させます、そのまま手をかけば背泳ができますね。
    深いプールなのでとにかく安全に泳げる方法を先に教えておきましょう。

    ユーザーID:5056737305

  • せめて

    ある程度泳げるようになるまでは、そのプールは止めた方がいいです。

    足がつかないというのは、初心者にとって恐怖以外の何物でもありません。
    万一にでも溺れると、恐怖で一生泳げなくなる、水泳が嫌いになる可能性が高いです。

    せめて25メートル位泳げるようになるまでは、遠くても子供用のプールか、海に連れていくなどで、水になれさせましょう。

    海外在住のようですが、夏休みに帰省し、短期間のスイミングスクールに通うとかはどうですか?

    ユーザーID:8345147770

  • 先ずは浮くことを教える

    これは背中を丸くして顔を水のなかにいれ自然と体が浮くのを学ぶことです。そしたら、深いプールでももぐったりして水を楽しむ事ができて、水中で遊ぶのが楽しくなります。

    それからはストローク等を教えることになりますが、もう深いプールでも進んで入れるようになってますので、教えるのは容易いです。しかし、親が教えるよりも専門のスイムスクールに入れた方が良いです。バタフライを含めて4ストローク、最初から学んだほうが良いです。泳げるようになったら競泳に参加させて、それが楽しむようになったら、もう成功です。

    ユーザーID:7923326956

  • 教えることとできることは関係ない

    >私自身は1kmでも休みなしに泳げます。

    自分が泳げることは最低条件ではありますが、それと教えることにはあまり関係はありません。

    重要なのは、足がつかないところでパニックになった子供を支えて泳ぐことができるか(救助の訓練を受けているか)ということです。

    できるならば、そこで教えてもいいでしょう。

    自信がなければ、

    >近所のプールは大人用しかなく、水深を浅くするための台も入っていません。

    というような、経済性や利便性だけで判断することなく、安全性を重視して、遠くでも浅いプールへ行くべきです。

    >止めとけという意見より、できるだけ前向きな助言をお願いします。

    「前向き」という言葉に違和感ありですね。それは前のめりですって。

    ユーザーID:4851693622

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • どうしてもそのプールで何とかしたいなら…

    こどもが1人で自由に泳げるようになるまで、こどもに付き添って一瞬たりとも目を離すな!

    …としか言えない。だって、水深が浅かろうが深かろうが(水深が膝ほどしかないお遊戯用プールは別ですよ)、プールでの「泳ぎ方指導」はそう大差ないでしょ?トピ主の心配は自分の子供には深すぎるプールでの「安全」でしょ?私はこのトピの趣旨をそう読み取りましたが、違うのかな?普通だったら迷惑とされる可能性のある行為も許容される環境のようなので、その点で困っている様子ではないし。

    ちょっと気になるのは、トピ主が休まず1キロ泳げる、とあることです。この一文はこのトピの趣旨にどう関わるのでしょうか?そこがよくわからないために、もしかしたら私はトピ主の真意を読み違えているのかも知れません。誤解していたらごめんなさい。

    ユーザーID:6341770782

  • このプール以外に選択肢はありません。

    手抜き三昧さんのレスまで見ました。ありがとうございます。

    子供は1年と3年ですが、教える時には一人ずつにします。

    町で利用可能なプールはここだけです。他の街に行くとなると、片道2時間半、河は毎年死亡事故が起き、海は泊りがけで行く距離です。

    地元プールは夏休みに水泳教室があるようですが、上げ底の台は無しです。またプールの中でコーチ1人、外に監視員という2人体制で複数の生徒を見ており、私が付きっ切りで教える(+外に監視員)のとどちらがマシかというレベルです。

    町にスイミングスクールは無いです。一時帰国の際に短期でスイミングスクールに入れようと、体験にも数校行きましたが詰めて多数回通うコースなく、諦めました。

    地元プールでも私は一定の範囲で足が着くので、そこなら溺れた子を掴んで泳ぐ状況にはならないと思います。

    今日上の子を連れて行ってみて、両脇を抱えながら一緒に潜ったり、だるま浮き、ビート板に顔を乗せてお腹を支えて水の中で引っ張てあげる、お腹を支えながら蹴伸びなどしました。伏し浮きもしましたが、なぜか回転して毎回仰向けになってしまいました。

    ユーザーID:6715885754

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 婆ですが

    娘が仕事をしていたので 孫を赤ちゃんの時から 二人世話をしました。(今中2・と3年です)爺と4人でよくプールに行きました。浮くというのを教えました。先に息を吸って 止めてどぼ〜〜んと沈んだらね お腹に空気が入ってるから 浮きになって 独りでに浮くから 浮いたら うつむいて寝転ぶようにする それから足をバタバタしたら 進むよと。。。上の孫は背泳ぎがとくいでしたよ・3歳で25M泳ぎましたよーー年子の妹がいたから 競争みたいでよく頑張りました。出来たら大げさになるくらい褒めました。
    3人目6歳の男の子がいますが これが怖がりで泣き虫で全然駄目ですわ・・
    浮く感覚を教えて上げて下さい。初めは言葉でいいと思う。次に実践
    頑張って下さい。

    ユーザーID:5377391929

  • 最後までは教えられない

    私は子供の頃から泳ぎ、特に潜りが得意で
    海でも素潜りで数メートル、足が届かない
    プールが大好きでしたが、底で足を滑らせ
    一瞬で溺れた事があります。

    例え足が届かなくても、プールサイドのヘリか
    自分につかまらせ、つきっきりで一秒たりとも
    目も離さず、お手本も見せずにビート板や
    伏し浮きなど、手を掴んでいるうちは
    出来ない事無いと思います。

    しかし泳ぎ始めて手を離さないといけなくなったら
    どうするのですか?

    ここまでおいでーと先で待っていた時に
    途中で足をつこうとしたら届かない、
    パニックになり、溺れる危険がありますよ。

    横で歩いても追いつかないでしょう。

    一秒も目を離せない緊張感と、溺れるのは
    本当に一瞬です。

    そんな危険をはらみながら泳ぎを教える
    なら、家のふろ場で潜るとか、海や
    スイミングスクール、帰国して泳いだ方が
    ましだと思います。

    ユーザーID:1266073841

  • トピ主がレスキュー訓練を受ける

    ご心配は、お子様が溺れた時の処理だと思うので、表題の通りトピ主がレスキューのトレーニングを受けることだと思います。1km休まず泳げようが、100km泳げようが、溺者のレスキュースキルは遠泳とは全然別物ですから。

    私はダイビングをやるので、レスキュートレーニングを一通り受けましたが、結論は「溺れている人には近づかず、サポートに徹する。」でした、溺れてパニックになっている人をうまくコントロールして救助するのは私のスキルでは無理で、一緒に溺れてしまうのが関の山だと思い知ったからです。

    私だったらプールを変えますが、「前向き」な意見とのことなので、内容を変えました。もちろんその深さではトピ主だって溺れる危険があるので、セルフレスキュースキルもお忘れなく。

    ユーザーID:8951329389

  • 子供はなんて?

    私は3歳からスイミング初めて、小学校1年生の時点で大会もバンバンでて365日水漬けの生活でした。
    まずトピ主さんが1km泳げることは教える事とは関係ないですね。

    小学生なら足が地面につかないプールに対する恐怖は感じてると思いますがお子さんはなんて?
    私は3歳でしたので恐怖というのは記憶の中にはなく、小1の時点で全泳法マスターしてました。
    泳ぎ方が分からないという記憶もないですが唯一なかなかできなかった記憶が「息継ぎ」です。
    すぐできるようになりましたが、息継ぎができるだけで水の扱いがずいぶん楽になります。

    浮くのは確かですが、身体のどこかを動かさなければいつかは沈みます。
    水の扱いができない場合、水面ではなかなか自分の思い通りに進まないジレンマがあると思うのですが・・・

    正しい息継ぎをマスターして水中の方が思い通りに動けるということを教えてあげてください。
    また恐怖心がある場合は無理は絶対にさせないでください。

    ユーザーID:4401825694

  • そのプールはなぜそんなに深いのでしょう?

    >50mで8コース
    >最も浅い所で1.4M程度
    >深い所は5M

    一般的なプールと比較し、巨大で深いですね
    水量も多い+水温を上げる装置が必要なら相当コスパが悪いので、どこか暑い国(水量が少ないと、直ぐに水温が上がり過ぎてしまう)か水泳が一般的ではない国ですか?

    以前、私は暑い国在住で、そこのプールは水量が多くヒーターなしで水温は高めでした
    一番暑い時期は水を総入れ替えしないと熱くて入れない程で、お湯の中で泳ぐと息切れが早く疲れ易かったです
    日差しも強く、日焼けし過ぎないように肌の保護にも気を使いました

    主様の立場なら
    ・(足が届かない=浮くか泳ぎ続けなければならず水中で休むのは不可なので)疲れたら水から出る
    ・一番浅い端の壁伝い
    ・一緒に水に入り、絶対に離れない
    ようにすると思います

    ちなみに、障害のある子の水泳は背泳ぎからが多いです
    クロール等で万が一の時はくるんと向きを変え、兎に角、呼吸を確保させます
    背泳ぎが出来たら水中で向きを変える練習をして、次に進みます
    息継ぎや手足の動きは、まずプールサイドで練習し大体できたら水中へ
    子供が泳ぐ横の水中を歩きながら実技指導します

    ユーザーID:5950562964

  • 本格的に教えなくても?

    娘にアームリングをつけて小さい頃から近所のプールで遊んでいましたが、自己流で泳ぐようになりました。息継ぎとか、習ったわけじゃないので下手ですが、見よう見まねでできています。日本みたいに学校にプールがあって成績に響くわけでもないし、プロを目指して欲しいわけでもないので、自由に泳がせています。小学生になってアームリングを外したがるので、見ていられる時だけ許可しています。私は長い棒みたいな浮き道具に乗って隣で泳ぎ、もう一本もって魚釣りの要領でいつでも娘に差し出せる状態にしています。浮き輪は使っている人はあまりいないし、いざという時にスピードがでません。棒みたいな(名前分かりません。プールの備品です)ものなら、すぐ外せるし少し遠くてもたぐり寄せしやすくて便利です。

    ユーザーID:9262372739

  • 子供の様子次第

     貴方が上手く子供に恐怖心を持たせずに教えられるなら、方法や場所は二の次でしょう。物心ついてからのトラウマはそう簡単に払拭できません。

     安全に楽しんで下さい。

    ユーザーID:3846981911

  • 報告

    皆さんありがとうございます。
    何度か連れて行き、一番浅い所で隣に付きっ切りで教えました。上の子は足が着かないからこそ、必死に泳ごうとしている感じはしました。目下の問題は息継ぎです。どうしても体制が立て直せなくなった時は、私が抱えています。
    直近で行った時には、プールサイドの監視員の他に、複数のコーチが居て、その一人が上の子うぃ個人指導してくれました。これまでは2人の子を連れて行った時は、一人ずつ交代で水に入らせていましたが、前回は私は下の子に付きっ切りでした。上の子は水深5mの所で練習させられていましたようです。プールサイドすれすれですけど。果たして私が指導するのと、コーチにお任せするのと、どちらが良いのか悩ましいです。万が一事故が起こってからでは遅いので。水面で溺れているうちは助けられますけど、沈んだら助けられませんよね。沈むほどに水圧で肺の空気が押し出され、沈む速度が増す気がします。

    ところで、元スイミングクラブ子さんのご意見、目から鱗でした。大学に併設されたプールで、飛び込み用を兼ねるので深いのですが、夏が長くく暑い地域でもあります。近頃は日中は40度ほどあります。

    ユーザーID:6715885754

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • お子様の息継ぎの何が問題だと思いますか?

    返信ありがとうございます

    >日中は40度ほど
    日本でシャワーは温かくなるのを待ちますが、元在住国は逆に最初が熱く、友人の所はプールの浅い所が熱くて素足で歩けないので…似た状況?と思ってました

    >問題は息継ぎ
    初心者は恐怖心・動きに無駄が多く酸素消費量↑・吸う事ばかりを考え吐いてない・速度が足りない等の理由から、息継ぎに頭を上げている事が多いです
    頭尾の法則と言い、頭とお尻は逆の方向(例:頭を上げるとお尻は下)へ動くので、息継ぎに頭を上げ過ぎると、お尻〜足は沈む(立ちたがる)事が多いです
    泳がず水面で頭の動き(片耳は水中)、吸おうとせず「パ」と言う練習等が必要かも知れません

    膝の高さ以上の水があれば溺れる可能性はありますので、自己防衛として沈んだら浮かぶ練習もお勧めします

    溺れかけても、三半規管(平衡感覚)が正常に機能しなくても→冷静に対処する
    基本的に暗い方が下、明るい方が上
    浮く事が出来る子が脱力→高確率で浮上できる
    等を教えてあげてください

    ユーザーID:5950562964

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧