中学生…内申点ってそんなに大事?

レス129
(トピ主1
お気に入り398

趣味・教育・教養

うちも

中学二年の娘を持つものです。

最近子供の友達や親御さんから内申点を上げるために〇〇をするという言葉をよく聞くようになりました。

曰く、内申点の為に華やかで忙しい部活に入った。
内申点の為に学級委員、かけもちで専門委員、とにかく何でも委員をやる。
内申点の為に合唱コンクールのピアノの伴奏を絶対にやる。
内申点の為にボランティアをやる。
内申点の為に先生を誉める(先生、可愛いねとか言うんだそうです…)

…などなど。
言っているのは野心家の親子が殆どではありますが、あまりに内申点内申点と連呼するので、そういったことに興味を持たない自分の子供が心配になってきました。

野心家のお子さん達は少なくとも成績はトップ50には入ることは少ないようです。(校内に上位50位までが掲示される)
私は勉強が第一で、委員長をやるのどうのはその次に判断されることなのかと思っていたのですが、勉強時間を削ってまで内申に力を入れることはどうなんだろうと疑問に思いました。

勉強と、内申、どちらが大切なのですか。

ユーザーID:6522427117

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数129

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どっちも大事

    えっ!学業成績があまり良くないから内申アップに力を入れているんじゃないの??
    どちらの都道府県だか存じませんが、
    素行に問題がなければ、テストの成績と内申は比例するのではないでしょうか。

    内申、内申と騒いでいる人の子供達の成績がいまいちってわざわざ書くところを見ると、
    トピ主のお子さんは成績がいいってことですよね?
    だったら、ほっといても内申も良くなるのでは?
    成績がいい人は無理して活発なフリ(?)とかしなくて大丈夫ですよ。

    ユーザーID:2040536381

  • どちらも大事です。

    内申点を基準に受験校が決まると言っても過言ではありません。
    かと言って学力がなければ滑り止め私立といえども落とされることがあるし、高校に入ってからどん尻だと這い上がれるかどうか…

    ということで、内申点も学力も努力が必要です。
    親だけが騒いでもどうにもなりませんよ。

    あ…子供の学校でお世辞にのったアホな体育教師がいたわ。

    ユーザーID:3643026982

  • 両方大事に決まっとるがな。他人のことよりまず自分のこと。

     私立だったり、推薦ならまだしも。

     今現状なら、公立の高校の合否は入試(100)・内申点(100)・面接(100)に点数化されて、高い人から選ばれますから。

     ちなみに内申点の中身は定期テストがほとんどで、そこから評定がつきます。どっち道日頃の勉強おろそかにしたら試験には落ちますよ。特殊活動でいろいろ書けるかもしれませんが、ちょっとした飾りですよあんなもん。

     ただ、その野心家とやらの子は、自分の得意とすることでいろいろやってアピールされているという点では賢いとは思います。人生を生き抜く上で、自分の得意とすることで集団内で貢献できることは大事ですから。もちろん、勉強が得意で集団内で貢献できるならそれはそれで問題ありません。そのまま邁進されてください。

     中学生ですから、将来に向けて自分で考え、自立の方向へ動くことが要求されているはずです。高校は、お子さんが将来どういう方向に進んでいくか、それには何が必要かを考えられる子がほしいわけです。それがない子は高校・大学で躓きますよ。他者を気にしている余裕があるならば、自分の子がどうしたいかを知るべきでしょう。

    ユーザーID:4580904068

  • 中学ではないですが…

    どこにお住まいか分かりませんが、入試担当の教授の話を聞きました。
    内申で視るところは「休みの日数」と「病気」で、面接時に本人に視てもらうとのこと
    まぁ、他大学はわかりませんが…。

    ユーザーID:0107485897

  • 数点の加点でした

    当時、仲の良い先生に聞いた話では、約3〜5点程度の加点があったそうです。生徒会長や部活や文化的な活動で全国大会クラスだと最高点数、生徒会役員や委員長だと3点が目安。単なる委員は付かなかったと思います。活動の項目に委員会活動をしたことの記載のみ。

    もし加点が5だと、5教科がオール4の子が、オール5と同じ扱いになるので、結構響いてましたね。オール4を5にするのは至難の業ですから。

    もちろん、内申は参考程度という学校もありますので、本番のテストの点数が最重要ですが、テストと面接が同じ評価の場合、内申で決まるので、志望校がギリギリの場合、気にした方がいいかも。

    ユーザーID:9867564920

  • だってねぇ

    テストの点取りは、向き不向きがありますから
    時間をかけても、テストの点は頭打ちっている人はいるんです

    足りないところは他で補おうというだけでしょ
    そういう人はある程度は自分の資質を
    理解しているんだと思います

    やる気があるだけでもましだとおもいませんか?
    成績が良くても、学校生活楽しいのかな?
    大丈夫かなっていう子もいますしね
    下心があるとしてもそれなりの経験にもなりますしね

    >内申点の為に先生を誉める(先生、可愛いねとか言うんだそうです…)

    にはびっくりですけどねこれにどれほどの効果があるのかわかりませんけどね

    ユーザーID:7510179556

  • それを決めるのは、受験校です

    ここに居る大半は、保護者側の方でしょうから
    どちらが大切なのかと聞いた所で分からないですよ。

    うちの子が受けたいという高校では、
    内申点が何点以上ないと合格基準に達しないと
    募集要項に明記されていました。

    それをクリアするためには、その内申点を取らないといけない。
    それだけのことなんです。

    内申点て、通知表5段階(10段階の所もありますかね)×教科分
    入っていますから、勉強しないとダメですよね。

    ちなみに、部活動とか委員会とかそういうのは
    内申点の中でも微々たるものですから、
    頑張るなら、通常の授業の方だと思います。

    委員会、生徒会などは、会長・部長クラスじゃないと点数にならず、
    部活動などでは学校に寄るでしょうが、ベスト8以上だそうです。

    その内申点プラス実際のテストの結果が加味されて
    合計点が出て、その中の何%以上の点数から選考に残り
    そこから上位の定員数までが合格です。

    それが現実なんです。
    テスト内容は、当日試験用紙を見ないと分かりません。
    知らない問題ばかりが出たら、アウトです。

    だから皆、内申点を気にするのではないでしょうか。

    ユーザーID:6493798484

  • 内申点って・・・通知表の数字じゃないんですか?

    少なくともこちらでは「内申点=独自の計算方法による通知表の評価の点数」です。
    お友達が必死になっていることは「調査書」の特別活動などの欄が埋まるに過ぎません。
    それに上位校ほどお友達の必死になっていることには無関心で入試に関係ありません。

    生徒会長をしていても公立の推薦入試は不合格になりますし、親がPTA会長をしていても公立の推薦入試は不合格になります。

    内申「通知表の評価」は日々の学習の評価です。原則「学力点(内申):当日点=50:50」で合否が決まります。

    ユーザーID:8410166164

  • 内申点はわりと重要

    住んでいる地域で違うのかもしれませんが、私が住んでいる地域では内申点はわりと重要です。

    受験の点数だけではなく、内申点まであわせて、総合的に合否が決まります。
    なので、受験の点数だけだと点数が上の子が、不合格で 点数が低かった子が合格することもあります。

    お子さんの受験なんですから、不確定な情報をネットで探すよりも、学校の進路担当の先生に確認するほうがいいと思いますよ。

    ちなみに、私の受験に関する情報源は、学校の先生ではなく、子供が通う塾の進路相談担当の先生です。

    ユーザーID:7061848376

  • 私も

    >私は勉強が第一で、委員長をやるのどうのはその次に判断されることなのかと思っていたのですが、勉強時間を削ってまで内申に力を入れることはどうなんだろうと疑問に思いました。

    私もそう思っていました。

    でも私も驚いたのですが、地域によると思いますが内申点が学力よりも大切な地域があるようです。 なので学力勝負の子供達は私立に行きます。 私が住んでいる地域では、公立の場合は、内申点がかなり大切なようでみんな美術や音楽などの学力と関係ないところでの力の入れ方がすごく学校に飾ってある生徒の絵や習字はまるで画廊です。 

    あとは、学校の先生にあとから質問にいくなどが内申点として上がるそうでそうなると女の子の内申点のほうが男の子よりも上がるそうです。 ということでうちの地域の公立高校は、レベルが上がるほど女子の方が多いという現象が…

    嘘みたいな話ですが本当です。 考えられないけどそういう風になっているならもう仕方ないですよね。 内申点、力いれたほうがいいですよ。 私はそれでも学力がやっぱり大切だとおもいますけどね。

    ユーザーID:6287432396

  • バランスですよね

    今年高校に入学した息子の母です。
    お住いの地域にもよるのでしょうが、内申、ある意味学力より
    重要かもしれません。
    実際受験してみると、まさかと思う子が落ちるのです。
    受験する高校の配点によるところが大きいのですが、希望の学校が内申点何倍とか、
    公開されているので、とれるものはしっかり取っていった方が良いですね。
    うちの子は、テストの成績は良くて、内申が微妙なタイプだったので心配しました。
    三年から、ペースを上げていって何とかなりましたが、学力が相当突出していない限り
    内申は疎かにできないと思います。

    ユーザーID:6255112914

  • 会社での面接と一緒だと考えます。

    まずは、学力ありきです。それがないと、土台にも上がれません。
    内申はオプションです。

    もし、点数が同じであったなら、どちらを選ぶか。の話だけです。

    でも、うちもさんは勘違いしています。
    目には見えない地味な日常生活の中でも、内申は付けられています。

    委員をやった。
    大会で、賞を取った。
    部長をやった。は、所詮、オプションに過ぎません。

    授業内での、積極性や、内容の理解度。
    提出物を期限に出せるのは当然ですが。それも、先生の意図したものではなくて、
    とんちんかんな提出物だったら、それだけでマイナスになります。
    ようは先生の話を聞いていない。という判断になります。

    ここで、いくら勉強が出来ても、授業中に先生の話を聞く態度ではない子は、マイナスです。

    これが内申です。

    そもそもは学力が基本です。

    学校のボーダーが300点。
    常に、5教科、320点の子が当日、300点でした。
    常に、280点だったけど、当日は300点取った。

    後は、内申だと思いますよ。
    でも、決め手がない限り、結局は学力が優先だと聞いています。

    テストも含めて、3年間の日々の積み重ねが大事なんですよ。

    ユーザーID:2778693670

  • 頓珍漢な相談を丸投げしなさんな

    前提として中学の成績(対高校受験)は都道府県によって制度が違うのですよ。

    内申・入試得点の重要度は地域で違う。
    更に言えば、筆記テストだけの地域もあれば面接もある学校もあるのです。

    こういった質問をする人はご自身の住んでいる地域がどうなのかを知らない。
    それを自分で調べようとしない。(ネットでも塾の情報でも集められる)

    だから極端な言い方をすれば、どっちもどっち。
    野心家と称するトピ主さんも失礼なのは間違いありません。

    中学の成績って何?
    校内順位?そんなもの何の価値もありませんよ。
    高校受験で使われる中学の成績は内申書のみです。
    だったら通知表の成績がどうやってつけられているかを知ろうとしなさい。

    そしてもう1つ、中学程度の勉強で部活や委員会、生徒会活動などによって
    支障が出るレベルであるなら、もう終わってないか?
    その程度でアップアップするなら高校の勉強はもっと苦労するし大学受験は尚更。

    つまり勉強とそれ以外を両立できるようにする時期が中学であって
    忙しいならそれに応じて勉強の仕方や勉強の密度を高めることを身に付ける時期。

    まずは正しい情報を自分で手に入れることです。

    ユーザーID:4255247075

  • 何事もバランス

    「勉強だけをするより課外活動(内申)も大事」という考え方は、子供たちの長い人生を考えた時にとても重要だと思います。
    トピ主さんは「勉強だけしていればいいじゃないか」というお考えですか?
    でもそれって良い学校に入ったらそれでおしまい。
    良い学校に入ればその先良い仕事に就ける? 就職はできてもその先務まるかどうかわかりませんよ、ペーパーテストだけが圧倒的にできても。

    やはりそこには「人間力」というものが備わっていないと色々と弊害が出てくることでしょう(実際お勉強だけの名門大学卒は使い物にならないと嘆く企業もありますね)。その「人間力」を培うのが、子供の頃の課外活動だと私は思います。
    自分の頭で考え何をしたか、どんな事ができるのか、それを評価できる子を学生に欲しい。そう思う学校が増える事には大賛成です。

    ただ、先生を褒めるというのは行き過ぎだと思いますが。。
    そんな事で内申点をあげる教師も大問題ですね(苦笑)

    勉強時間を削ってまでとありますが、限度問題。
    勉強そっちのけで、ではいけませんが、バランスよく両方こなす努力をする事が、逞しく社会適応能力のある子供を育てると思います。

    ユーザーID:5161037673

  • 内申点の重要性

    いやだから、あなたの地区の高校における「合格基準における内申点の占める割合」はどうなんですか?
    それをかかずに「内申点、大切なの?」はないでしょうに…。

    特に公立高校は、各県によって、「合格判定のルール」はまるっきり違います。
    私の県ではざっくり言うと(一昨年までの制度)

    ・内申点(9教科×5点満点×2=90点が最高点)
    ・当日の試験点(20点満点×5教科=100点が最高点)
    ・面接持ち点10点
    の、合計200点

    の割合で、合否が判定されます。
    わかりますか?
    内申点が、高校入試の半分を左右する大きな点数になるんです。

    ね?
    これを知ったら「内申なんてどうでもいい。当日点さえ良ければ」と、他県の人に言えないでしょう?

    あなたの県はどうかはしらない。
    たしかに「内申は参考程度にしかみません」という県もある。

    で、あなたの県の高校入試はどうなの?

    ユーザーID:6382197515

  • 推薦で行くなら、内申はかなり重要

    まず、どういう方法で受験をするか?です。
    学校によってさまざまですが・・・
    例えば私立の場合、推薦や特別推薦(専願)などがありますね?
    公立なら、テストの点数重視の一般入試がありますけど、
    私立の場合は、専願ともなれば内申点の基準があります。
    誰でも受験できるわけではありません。
    その代わり、受験は面接と作文だけでテストはなし、なんて学校も多いです。

    私は大学のときに専願で受験しました。
    高1年〜3年の1学期までの評定平均値(つまり5段階評価の平均)が4.2以上でなければ受験できませんでした。
    つまり、ほとんどがオール5に近い成績でなければ受験できないという意味です。
    面接と数学のみのテスト(理系の大学だったので)で、受験。
    当時は倍率はかなり高く、20倍以上ありました。

    高校の専願なら、ほぼ確実に合格できるというくらい限られた人だけが受験できる学校もあります。
    これは、学校のレベルが色々あるので、専願する人が成績がいいとは限りません。
    成績は悪くても内申点がよければ受験できるという学校もあります。
    テストの実力のみで受験するなら、余程行いが悪くなければ内申点は関係ないでしょう。

    ユーザーID:4570521286

  • 両方

    社会と異なり、学生は「結果」の他に、「過程」が重視されます。「一発」があるテストの結果のみで判断するリスク回避の為に、日々の積み重ねの、「内申点」にも重きをおきます。 就活の際、「内申点」と同じくボランティアやクラブ等の活動で自己アピールする方が、企業受けが良いのと同じだと思います。特に社会では、「勉強だけできる」と言う人はいりません。モラールがあり、性格が良く、賢い、常識レベルが高い(家庭がしっかりしている)、大きなコネを持っている、といったファクターも重視します。

    ユーザーID:5534177520

  • 私立か公立による

    都内の受験に関してですが。
    都立(公立)の場合内申点がテストの年数に上乗せされるので、同じテストの点数でも内申点が高い人が合格になります。
    また内申点で受けられる都立高校が大体決まるので、模試の偏差値が高くても内申点が低いとチャレンジできません。
    それで公立狙いの人は内申点にも重点を置くのです。

    主さんのお住まいの地域がどこかわかりませんが、都内はこういう状況です。

    ユーザーID:6939919972

  • 地域によって違いはありますが・・

    都内の場合、成績がいまいちな方にとっては、内申点と委員会、部活などの活動は大事になります。私立の併願推薦を受ける場合など、内申点が一定の水準である必要があります。

    また、部活・委員会・ボランティアは、内申点には関係ありません。内申点は試験の成績、授業で出された課題の提出等で決まります。部活や委員会などは、推薦(私立の併願優遇も含みます)の場合に、活動のようすが空欄というのは印象がよくないので、何か書いてもらうためのものです。

    ただ、中学生の時期に自らの進路を大切に思って、必要なこととして本人が努力できるということは、やはり素晴らしいことだと思います。

    よく内申のためにあれこれ我慢して・・などど言われますが、受験?そんな先のことまでわからないよーというのが標準的な中学生です。みんながそんなにやる気にあふれていたら、学校の先生も苦労しませんよね。

    成績がしっかりと取れていて、課題も期限を守って提出しているのなら、内申点はそんなに不安に思うものでもありません。

    ユーザーID:0206966620

  • 学校関係者です

    そもそも「内申点」という言葉を使わないので、トピ全体が「?」って感じなんですが。
    教科の評定は54321×9教科の45点満点でつけると思います。「点」でつくのはこれだけだと思います。
    部活で勝った、委員をやった、伴奏をやった云々は調査書(内申書)に記載されますが、点数化されるものではないので内申点という呼び方には違和感があります。
    私の県では入試の合否は評定と当日のテストの点と面接で決まります。同じ点数なら、高校側もより優秀な生徒がほしいと思います。いろいろな実績があると、面接でたくさん人物のアピールはできるでしょうね。先生をほめる、とかは何かの足しになるとは思いません。見え見えだったら逆にマイナスだと思いますけどね。

    ユーザーID:7155338838

  • 地域によって、かなり違いますよ

    まず、高校は公立志望か私立志望かで分かれます。
    公立志望なら、地域の高校受験制度の内心の占める配点を調べてください。ネットで簡単に調べられます。
    子どもの地域では、副教科の成績が大きく影響します。
    クラブ活動や学級委員などは、プラスアルファで直接影響しません。
    同じ内申点の場合有利になる程度です。
    副教科の評価は、先生の印象によるところがあるので、先生に気に入られてるかどうかは、ある程度影響あるかも。

    例えばうちの場合、主要科目はオール5、副教科に一つだけ3がある人はトップ校は無理だと言われ、主要科目に4が並んでいても、副教科がオール5の人はトップ校に余裕で合格できます。
    なぜそうなるかと言えば、副教科の成績は7.5倍され、主要科目は4倍で内申点となり、当日のテストの点数の合計点は500点満点を半分にして、250点満点計算、残り250点は副教科が重視された内申点となり、合計500点満点で割り出されます。いわゆる主要科目で高得点が取れても、副教科が悪く、内申点が低い人は、落ちるシステムになってます。
    なので、うちに地域では公立トップ校を狙うなら、美術や音楽の成績が重要になってます。勉強だけできても通りません。

    ユーザーID:0155637076

  • 都市伝説です

    内申点とは本来当日一発勝負の試験点数だけでなく3年間ないし2年間の中学生活での努力の跡を汲もうとするモノです。
    そのほとんどは定期テストの成績つまりは通知簿の成績です。
    主様の見ている野心家達はたとえの点数ですが、内申が200点近くある上位50番に対抗して1点2点をくみ上げる努力をしているわけです。
    ではなぜそんな少ない内申評価をするのか?
    生徒会長しながら成績トップの子と学校や他人に無関心で同率トップの子なら前者が入学考査では有利と言う事です。

    よく高校オープンキャンパスに何度も行くと高校教師に覚えてもらえて有利と言う人がいますが、中学教師に可愛いというのは同レベルですね。
    それらはベテラン母さん達から受けつがれる都市伝説です(笑)
    今や請求があれば何でも公開されるので目に見えない好意は点数化できないのです。
    内申点も当日点も公開される時代です。教員達も自分の首を絞めてまで可愛いいといってくれる生徒を優遇しません。

    ユーザーID:2501941033

  • どちらも大切

    勉強が嫌いな子・苦手な子にとって、勉強に2時間費やすよりもクラス委員の仕事を2時間頑張るほうが中学生活が楽しいし、なおかつ少しでもいい点ももらえるなら、いいことじゃないないですか。別にいいと思います。

    我が家は大学生の子がいますが大学は(狭い意味で)勉強するところだと思っているようでバイトやサークルはやっていません。ひたすら勉強しています。図書館に通い詰めて論文を読んでいるようですよ。中学生の時は勉強よりも部活が第一でした。第二はスカウト活動、第三は生徒会活動、勉強の優先度は低かったです。通知表は43/45でした。

    勉強も内申もどちらも大切です。どちらを優先するかは夫々が決めればよいこと。「よそはよそ、うちはうち」ですよ。

    ユーザーID:1075315516

  • 受験で重要なのは内申点と当日の成績では?

    その他の事柄が重大な意味を持つ事はないのでは?
    当日のテストの点数・内申点…全てが同じの人と同士を比べる時などには有効かも知れませんが。

    内申点の計算方法はご存知ですか?
    ・中2の年度末
    ・中3の1学期
    ・中3の2学期
    上記3回の通知表の成績を合計した数が内申点です。
    つまり、全て5なら、
    5×9教科×3回=135点
    となります。これが満点。

    都道府県によっては、実技教科は2倍に計算する所もあるそうです。

    あなたもここまではご存知かと。

    娘は、基準に従って指定用紙に自己アピールを記入してました。

    ・部活での役割や成績。
    ・部活以外の活動。
    ・漢字検定などの検定の結果。
    など。

    それに基づいて先生が内申書に記入されますが、自己アピールによって、内申点そのものが上がる事はありません。

    内申の為に色々やる?本当に効果アリなのか不明ですが…
    それより定期テストや提出物で通知表の成績を少しでも上げることが先では?

    最後に。
    華やか部活って?何を根拠に?
    娘は合唱コンクールで3年間ピアノ伴奏やりましたけど、それで内申上がるなんて聞いた事ありません。

    ユーザーID:8011446546

  • どちらも大事

    どちらも大事ですが、推薦が欲しい等事情があれば内申も大事かもしれません。

    子供が高校受験の時に学力的には大丈夫な推薦を希望した所、「先方は文武両道でリーダーシップのある学生を望んでいる」と教師に言われました。
    (↑ちょっと進学校のふつうの公立高校なんですけど・・・)

    子供は学年トップで運動音痴。
    委員等は進んで引き受けるタイプです。
    でもなぜか中学入学してすぐ運動部入部を希望し(その部が好きだったらしい)、補欠のイスを温めるようなタイプで、3年間部活動を継続した実績だけでした。

    結果としてリーダーシップはないし運動音痴だけど、推薦は受かりました。

    その時は安全材料に内申点が欲しいなと思いましたよ。

    それでも「内申のために〇〇をしなさい」という考えはなかったです。

    その地域の進学の事情もあるでしょうし、バランスが良いことにこしたことはないでしょうね。
    でも学力で点が取れないのなら内申が良い方がいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:4465696100

  • それは隠れ蓑

    多少の打算もあるかもしれませんが、ほとんどの子は「真面目に何かに取り組む」のはちょっと浮く、と思ってためらいがち。そこを「内申狙いだし〜」ということでカモフラージュしてるのだと思います。

    だって、小3の子なら学級委員やりたーいって手をあげるけど、もう高学年になったら自分からは手をあげないじゃないですか。中学生になったらなおさらです。心底いやだったらいくら内申稼ぎといってもやらないはず。部活だって行事だってそう。
    多少なにかやってみたい、けど「あいつやる気満々じゃんん」と言われるのは恥ずかしいという中学生にとってのちょうどいい口実なんですよ、内申狙いって。

    勉強か内申かという二択ではないでしょう。
    勉強できる子は授業聞いてるだけでできますから、時間はむしろ余ってると思いますよ?

    ユーザーID:8159419224

  • どちらも大事

    高校生のいる母です。
    勉強、内申はどちらも大事です。
    3年生で成績が上がっても、今までの積み重ねの内申点が低いと
    行きたい学校へ受験できません。

    勉強が出来ない場合は内申点を出来るだけ上げようとする気持ちは
    分からなくもないですが。

    ユーザーID:2506339539

  • 内申点なのかな

    成績がどんなに良くても、どんなに部活で部長をして部員から人望があっても、外部模試で好成績でも、先生に嫌われたお子さんが…内申点が足りなくて第一志望を落ちました。で、私立高校のトップ校に進学。

    内申点って怖いねえ…と保護者間で呆然。

    内申点を重視しない高校もありますが、同じ成績だったら内申点で判断するしかないわけで。

    子供の学区の中学は昔から内申点がからくて、成績や人望より、「先生に気に入られたもの勝ち」なのだそうです。子供たちや保護者、卒業生からも学年関係なく同じ話を聞きました。

    >勉強より
    本末転倒ですが、内申点ばかりは勉強だけでは得られないようです。

    うちは私立一貫校なので、成績で順位が決まります。大学推薦も成績順に話がきます。子供たちも保護者も、基準が明確なので何も悩みませんが、「推薦を得るなら、厳しい部活やPTA本部だと有利」といった話はありますよ。

    先生も人間。「力になりたい」と思う相手がいれば、手を貸すのだと思います。

    ユーザーID:3998793144

  • どちらが…ではないだろう。

    どちらも、大事なのですよ。

    野心家の親子と揶揄されてますが、学業の成績が良いだけで
    自分の思い通りの進路に進めるとは限りません。
    言い方は悪いけど、そのトップ50に入れない親子は
    それなりに自分の立場を分っていて、学業で届かない分
    別の所で付加価値を付けておこうと思ってるのでは?
    少なくとも色々経験する事で得るものはありますし。

    先生を褒めるってのは方向性が間違ってるとは思いますけどね…

    きっとトピ主さんの子供は学業が優秀でトップ50に入っているのでしょう。
    多分進路も希望の所に進めるのではないかな。
    単に学歴だけを考えればそれで良いと思いますが
    勉強だけに偏ると、社会に出てから困ると思いますよ。

    野心家の親子(笑)がやってる事をやれとは言いません。
    中学生として健全と思われる事を子供が頑張れば良いと思いますよ。

    ユーザーID:6612972699

  • とっても大事です

    昨年長男が受験生でしたが私もここまで内申が大事だなんて知りませんでした。
    お住まいの県・受験する学校によって判定基準が違う様ですが、内申が足りないと学校推薦をもらえません。
    うちの子が併願で受けた私立は、学校推薦をもらうための内申の基準が高めでしたが、そのかわり学校推薦をもらえた生徒はほぼ合格できますと説明会で言われました。
    あと行動の記録というのも重視している学校が多くて
    皆勤
    部活動
    生徒会活動
    各種検定
    などにプラスの評価がもらえたりします。
    うちの子は三年間皆勤、副部長、委員長、文化祭などの実行委員、英検準2級などあったので、もし合格ギリギリのラインだった時に同じくらいの成績の人と比べられてもそこそこ評価してもらえるかなという安心感がありました。
    あと面接で中学でどんなことを頑張ったかを聞かれたのですがスラスラ答えられたようです。
    定期テスト・入試の点数はこれから頑張ってあげることができるけれど、もう1年生の頃の内申点は確定してしまっています。
    先生にお世辞を言ったりするのはどうかと思いますが、今度中学生になる次男には内申を意識するよう今から言い聞かせてあります。

    ユーザーID:6158507452

レス求!トピ一覧