結納金の使い方について

レス14
(トピ主1
お気に入り71

家族・友人・人間関係

たこみ

現在、結婚10年目です。

旦那の家より結納金を100万円頂きました。
私の家からは、お返しとして10万。支度品(掛け布団、食器等)としてざっと20〜30万相当の品物を送ってきました。よって、差し引き約60〜70万程は残っている状態と考えてます。

当時二人とも一人暮らしからの同棲だったので、家具家電等ひと通りは揃っていて新しく大きなものを結納金で購入したということはありません。
結婚式費用も自分たちで出し親からは一銭も出してもらっていません。
支度品も予め必要な物をリストにして買ってもらえば良かったのですが、当時そこまでは考えが及ばず、送ってもらった物も母の趣味で勝手に選んでいます。

この残りの部分についてその後どうなったか何も教えてもらっていません。

一度母に聞いたら「少し残っている(私に)何かあれば使うつもりだった」と返答。その後特に必要な事はないか?と聞かれた事はなく歳月が経ち、つい先日改めて父に確認したところ「結納金は夫の家から嫁の家に入るお金で管理は親。1割をお返しし残りは嫁の為に使う」という認識。私が「家も購入し出産し当にお金が要り時。必要な物はこちらで選ぶから残りのお金を欲しい」と言ったところ、「現金で渡すのは心がこもってないじゃないの?一緒に選んで買ってあげるとかなら解るけど」と言われそのままになっています。
こちらから言わなければ何年も使途不明金のまま。私の為に使って欲しかったのに悲しい気持ちです。主人からも実家の金銭感覚を疑われてます。

当時、若かったということもありますが、一般的に結納金の使い方について無知のまま、親のしていることをあまり詮索せずに時間が経ってしまい、お恥ずかしい話ですが今更でもこのお金を私の為に使って欲しいとお願いすることは世間一般ではおかしなことかどうかご意見お聞かせ頂きたくトピ立てしました。

ユーザーID:5107564380

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 通常は

    結納金にさらにお金を足して、家財道具などの嫁入り道具を嫁親が用意しますよ。

    仮に、結納金が余ったのでしたら、それは子供夫婦に渡しますね。

    嫁親が預かるのは、それで家財道具を買うからであって、余ったお金はちゃんと返します。>子供に

    あなたの親はおかしいと思います。

    ユーザーID:5627603031

  • 今から使ってもらいなさいな

    お父様の言い分は建前としては正しいと言えます。新郎実家から新婦実家への贈り物ですから、新婦親が使い途を決めて管理すればよろしい。
    経済的に困窮している親なら生活費に消えてしまうこともありますし、浪費家の親なら旅行で贅沢三昧してしまうこともあります。しかし良識的な親とは思われませんね。

    普通の親であれば、娘の結婚でお金をせしめようなんて考えません。結婚の準備に全部充当してしまいます。それどころか一昔前なら結納金の数倍の嫁入り支度をするのが一般的でした。それはきちんとした家の娘である証明であり、粗末に扱われないようにとの親心なんですよ。
    今は嫁入り支度なんて不要な時代ですから、結納なんて端からしないか、持参金で持たせるのでは?

    お父様も新婦のために使うとの認識はあるのだから、いろいろとオネダリしたらいいじゃない。
    家電製品も買い替え時期でしょうから、冷蔵庫買ってえ、エアコン買ってえって言えばいいのよ。品番指定してURLを送っちゃえ。嫁入りに持参すべき物が猶予されてただけですから、これから買ってもらえば問題なし。
    もう子供のお祝いで使っちゃったって言われそうな予感がするけどね。

    ユーザーID:6147238526

  • 随分非常識ですね

    結納金は
    「これで新生活に必要なものを揃えてください」って意味です。
    結納金と同額を新婦側で加えたものがその金額になります。

    昔、嫁入りする場合「妻の財産」はそのままだとなくなってしまいます。
    ですから、結納金に新婦側資金を合わせたものを
    「嫁入り道具」
    として持参することで、嫁入りした妻も自分の財産を維持できる
    (万が一の離婚時は、その財産は妻のものとして持ち出せる)
    意味があります。

    ですので、そもそも最初に結納を貰った時点で
    「同額加えたものを新婚時に嫁入り道具として持ち込む」
    必要があったんです。

    あなたの親は、かなり非常識です。
    その認識ならそもそも結納金自体を辞退すべき事案ですから。

    ユーザーID:0253234423

  • う〜ん・・・難しいですけれど

    嫁入り支度をして残りは持参金として持って行っても良いものではありますが
    別に新郎側に何に使ったのか報告する必要もないんですよね。

    だから あなたのご主人が金銭感覚を疑うっておっしゃっているのは
    どうかと思いますよ。

    ユーザーID:9119838583

  • 貴女のお金じゃありません

    結納金とは夫となる男性の実家が妻となる女性の実家へ渡す結納品の一部なのです。
    お父さんのおっしゃる事が正しいのです。
    今でも或る県ではいってますよ、娘3人持てば家が潰れる、と。
    嫁入り支度で破産するって意味です。

    嫁側の親が娘の嫁入りの支度に使うお金ですから不足分にしろ余剰分にしろ
    親が引き受けるのです。

    仮にあなたの家が立派な嫁入り道具を揃えたとしたら
    夫側はそれらを収納できるほどの家を用意できたのでしょうか?
    無理だったのなら、金銭感覚を疑う夫も無知なのです。

    貴方たちのような結婚スタイルなら結納など必要なかったんですよ。
    10年前なら微妙な時代だったかもしれませんが、最早時代にそぐわないと思います。

    婿側には潜在意識に、これまで育ててきた他家の娘をこちらの嫁としてもらうって気持ちもあるでしょうね。
    だから最近は、それを嫌って結納は必要ないという嫁側が多いのです。

    親の手元に残っているお金を子供が詮索するのは見苦しいと思います。

    ユーザーID:5848795701

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • もやもやしますね

    私の場合
    結納金は100万円で、結納にかかった費用(会食・見合いだったので仲人への謝礼etc)を差し引いた70万程を親から渡されました。
    私達もお互い一人暮らしをしておりそれなりの電化製品は持っており、新居に引っ越してからそのお金で食器棚やタンスを揃え、その中から遅い結納返しをしました
    結局、二人の生活に使い切りました。
    座布団と婚礼布団は親が買って持たせてくれました。

    結納にかかった費用を差し引かれた事は主人には言えませんでした。
    姉妹は恋愛でしたから仲人へのお礼は必要ありません。
    しかし貯金が少ない事を理由に、結納にかかる費用は親が出しました。
    間接的に三人の婿の中で、主人だけが結納にかかる費用を払わされた事になります。
    私の親はその差別に気付いていません。

    主様のようにご主人から実家の金銭感覚を疑われる・・その気持ちがよく分かります。

    今私は(父は死去)母や姉妹と距離を置いています。
    年が経てば親の無知さ・非常識さが分かる時が来ます。
    主様も残金を現金で貰えたらすっきりするのでしょうね。

    ユーザーID:9502035964

  • 普通田舎では

    結納金100万なら その3倍の嫁入り荷物を用意します。または預金通帳で3倍持参金として嫁に行きますよ。。。

    ユーザーID:1664219378

  • 地域によります

    結納金の取り扱いについては、地域や個人の考え方によって大きく異なります。
    一般的に、都会では結納金をそのまま娘夫婦に渡す事が多いと思いますが、
    地方では結納金は家から家へ贈られた物と取り扱う場合も多々あると思います。

    ですので、トピ主さんが悲しい気持ちになる必要もなく、
    ご主人がトピ主さんのご実家の金銭感覚を疑う必要もありません。


    私は都会育ちのため、結納金は親からそのまま全額受け取り、
    夫と一緒に新居のために全額使いました。
    が、トピ主さんのご両親のご発言に何の疑問も持ちませんでした。

    トピ主さんがご両親にお願いすることについては、されたら良いと思います。
    が、不満や疑念をお持ちになる必要はどこにも無いと思います。

    ユーザーID:0106860335

  • 本当にそのとおりです。

    私も25年前、結納金をいただきましたが、どう使われていたか不明です。

    まあ、母親の裁量に皆任せる時代だったのでしょうね。

    なので、息子のお嫁さんには、手渡ししました。皆の前で。
    本当は結納って仕組み自体もいかがなものかとは思ったのですが。
    押し付けてもね。
    なので、お嫁さんに渡しましたよ。
    そうしたら、みごとに息子とお嫁さんで決めていましたよ。
    細々としたものを。
    それでよかったのかな。と実感します。

    ユーザーID:5378483601

  • 私の場合

    結納金100万円でしたお返し(スーツ)に20万円。新しくマンションを借りたので、家具や家財、電化製品、寝具などで約200万円ほどかかりました。
    結納金貰っても、新生活の準備に折半した感じです

    ユーザーID:5692293124

  • 半返しが普通

    布団と食器で30万って安く見積もり過ぎなのでは?
    私の場合、布団だけで70万超えでしたよ。
    本当に、残り数万なんじゃないですか?

    ご両親も10年もたってるのに、こんなに「私の金、私の金」言われるなら残金あるなら渡せばいいのに。
    はっきり「お金に困ってるから、残ってるなら1万でもいいから私に頂戴」って言えばどうでしょう?

    一般的には、半返し。残りで嫁入り道後を誂える。(普通足りないから嫁の持ち出し)
    もし、残れば花嫁衣装の足しにしたり持参金にする。

    でも、結納金って家から家に渡すお金ですから
    親がどう使おうが勝手な気もしますけど。
    孫のお祝いとかもそこから使ってるのかも知れませんね。

    その結納金の事は忘れて生活したほうが精神衛生上良いと思います。

    ユーザーID:9303957586

  • 買ってもらいましょう、花嫁道具

    このままではうやむやになっちゃうと思うなら、要るかどうかは置いておいて、花嫁道具として代表的なものをあえて購入してはいかがですか?

    私だったら京友禅の訪問着を選びますね。帯も入れると70万円では足りないかもしれませんがそこはこれしか用意できない、と交渉を(笑)

    あるいは手持ちのものがよほど高価でなければパールのアクセサリー三点セット。年齢が上がれば身に付けたい色艶も変わってきます。

    いずれも結婚20年の私がちゃんと花嫁道具用意してもらったのに今あらたに欲しい!と思ってるものです。
    私は頼めないけどあなたのその条件なら頼めます!

    ユーザーID:5179421419

  • 買ってもらえば

    必要な物があるというなら親が言う通りに買ってもらえばいいじゃないですか。
    お子さんが学校にあがる時にランドセルや学用品を買ってもらうとかね。
    一緒に選んで買うという言葉をなぜ流したのでしょうか?
    私のために使ってほしいとは具体的に何でしょうかね?
    出産したので育児用品に、家を買ったので新しい家具や照明や記念樹などにというなら
    その場でこれに使いたいと言えたと思うのですが。

    ユーザーID:8271102947

  • トピ主です

    様々なご意見ありがとうございました。
    一般的に用意するような嫁入り道具も(礼服や家具等)特になかったのに、
    後は何に使ったのか?何も聞かされてないままだったので、もやもやしておりました。
    何人か仰ってましたが、一度親に渡ったお金なのでどう使おうが聞く方もおかしいのかもしれませんね。
    何かあれば使うという気持ちをそのまま受取り、今からでもこちらからおねだりしてみるのが一番よいような気がします。
    一緒に買い物をしたいと言った父の本意は遠くに嫁にやった(東北から関西へ)寂しさと親孝行を求めての事だったのでしょうか…
    そんな気もしますが、親の非常識さも露呈し、そもそも結納はしなければ良かったとも思いました。多数の方は嫁に出すのに恥ずかしくないように持参金をされるところもあるようですが私の実家ではしませんでした。
    私の貯蓄も少なかったのに主人はよく迎え入れてくれたと今でも感謝しています。二人で一から頑張って今の生活があるので、お金のことでもめてこの生活を壊したくないと思っています。
    親も主人もどんな気持ちなのかよく考えて対処しようと思います。

    ユーザーID:5107564380

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧