嫁姑問題は世界中の課題

レス18
(トピ主1
お気に入り53

生活・身近な話題

しゅうと嫁子

私は姑から特別親切にも、かといって嫌なこともされずに、淡々とした関係でした。その姑が亡くなり、今は息子の恋人とのやり取りで、どうしたものかと考えさせられます。人種も違うし、年代も違いますから、驚くこと、がっかりすることがあっても、息子には何一つ伝えてません。逆に嬉しいこと、ありがたく思えたことはまだ、一つもありません。どうして嫁と姑の問題はいつの時代でも、世界中で起きているのでしょうか? そこへ行くと男同士、舅と婿は結構うまくいっているかと思えます。そこで皆さんに、嫁姑問題の原因と対策を伺いたいです。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:2204368532

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 婿と舅に学ぶことですね

    家庭は女性のテリトリーであることが多いですが、脱テリトリー宣言して仕事にまい進するのです。
    家庭のことは人任せ、自分の食事と寝る場所が確保されればそれでいい。
    嫁に不満があっても決して顔に出さず言葉に出さず、「一社会人たるもの、若い嫁のやることにいちいちキーキー反応するなんてみっともない」と自身に言い聞かせることです。

    何が言いたいかわかりますか。
    婿と舅が互いの不満をどれだけおなかに溜めてるか知ってますかと言いたいのです。
    幸い彼らは仕事に費やす時間が長いからトラブルに発展しないだけ。
    そして男のプライドとやらが平静な顔をさせてるだけ。

    ああ、トピ主さんの質問に答えてませんでしたね。
    嫁姑がうまく行くかどうかは我慢強さがものを言います。
    トピ主さんがどれだけ不満を顔や口に出すかどうかが分かれ目です。
    もちろんお嫁さん側にも同じことが言えます。

    ユーザーID:6609959440

  • 婿対舅も同じです

    婿対舅が男同士だからうまくいっているって?

    一般的に婿対舅は、顔を合わせる時間が少ないから。
    それと男性は女性よりも、グチグチ細かい文句を口にしないからですよ。(内で押さえてる?)
    でもグチグチを小出しにしない分、何かで爆発するとたいへんなんですよ。
    修復不可能が多いです。

    嫁対姑も婿対舅も、育った環境が違う他人同士です。
    「うまくいっている」ように見える家庭は、お互い努力しているからですよ。

    必要以上に立ち入らない、間違っても「娘ができた」とか「息子同然」とか思わないで距離間を持った付き合いがだいじですよ。
    他人なんだもん。

    ユーザーID:1809939675

  • 共有するものが多いから

    本家同居で育った孫の立場です。
    祖母と母は仲悪かったです。

    思うに女性同士は共有する物が多いのが問題なのではないでしょうか。
    (国により違うかもしれませんが)例えば家庭内のことをメインで采配しているのは女性です。
    家庭内といえば生活そのものの場です。
    やり方、考え方の違い、私ならこうするのに、こうして欲しいのに、こうしたほうが良いのに・・・と細かいことですれ違い、ストレス、反発が起こってしまう。
    男性は家ではくつろげればいい、寝る時間以外はあまり家にいない、活発に活動する場は外で家は何も考えずリラックスするところ。
    だからそこに客人(婿など)が来ても「ご自由にどうぞ〜」とリラックスした関係でいられるから争いが生まれにくい。

    さらに男性は上下関係を重視するそうなので、下の立場の若者がさり気なく上の立場の舅へ譲って争いを避けているのでは?
    横のつながりを重視する女性同士は相手が姑であっても不満は現すし言う時は言うから争いになる。
    姑も大人になりきれてなく若く未熟な嫁とやり合ってしまう。

    女性同士上手くやるには線引きや距離が必要です。
    姑の家では姑に従う、嫁の家では嫁に従うなどです。

    ユーザーID:4318024429

  • 世界の例は知りませんが

    日本でいうなら、ありのままの相手を認められない事と
    テリトリー意識の問題が原因ではないかと思われます。

    女性のほうが家の中に対するテリトリー意識が高い。
    「一家に主婦は2人要らない」が正にその典型例です。
    ですから、妻の父が庭を勝手にいじって、夫を不快にさせた例を考えても、テリトリー意識の対立は、義の親子関係に起きやすい事のようです。

    ありのままの相手を認められないという例は、姑からでも嫁からでも発生します。
    トピ主さんも、息子さんの彼女に「驚く」「がっかり」が多いのは、ありのままの彼女ではなく、自分の求める彼女像と無意識に比較するからだと思います。
    残念ながら息子の相手は息子本人が選ぶので、母親の理想と違う可能性は大いに有り得るのですが、
    息子が自分のテリトリー内の意識が強いと、伴侶も自分の理想や想定内を求めてしまうのが、嫁姑問題の原因と思われます。

    嫁側も、自分の親と比較するトピが見られます。
    嫌味を言わない、干渉しない姑を求めてしまうのでしょうね。
    ただし、比較は無意味なのですが、それだけ「義理でも親」という意識の現れとも受け取れます。

    ユーザーID:3634373508

  • 対策としては、まず、ありのままの姿に目を背けない事

    自分の理想と違っても、その点を相手に変わってもらう事は望まず、自分が出来る付き合い方を考える事だと思います。

    義の関係ですから、自分が相手を選んだ訳では無いという基本を忘れない事。
    基本を忘れ、相手が変わることを望んだり期待したりするから、摩擦が起きると私は考えます。

    嫁はこうあるべき、こういう姑だったら良かった、という視点は捨て、この姑さん・この嫁さんだから、どう付き合うといいのかをスタートにしたほうが楽。
    まず自分の出来る事をしながら、どうしても変わって欲しい点は誠意を持って相手を尊重しつつ伝えるのが、義の関係では重要なのではと考えます。

    あとは、テリトリー意識ではなく、親族として繋がっているだけと捉えたほうがお互いに楽。
    トピ主さんも、その彼女が息子さんの友人の彼女なら、気に入らない事を知らん顔できるのではありませんか?
    嫁の事を「我が家の嫁」と思わず、隣近所か親戚の家の嫁と思えば、余計な期待を持たずに済むのかもしれません。

    最後に、問題点は一意では無いと思いますので、他にも原因は多種多様に実在すると考えます。

    ユーザーID:3634373508

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 期待しないことではないですか?

    親離れ子離れをしていて、息子にこうしてほしいとか思わなければいいのでは? 息子さんが選んだ女性です。 息子さんが良ければいいんです。

    あとお嫁さんも娘じゃないですから、私にこうして欲しいなど期待しない。

    ユーザーID:5539017695

  • いやいや

    >男同士、舅と婿は結構うまくいっているかと思えます。

    いやいや、アメリカのドラマ、映画では結構婿さんと舅さんの問題が出てきますよ。
    嫁姑問題より多いかも。。
    婿さんんのほうがお嫁さんの義父が苦手とかのパターン。

    嫁姑は、接する時間が多かったり、男性は仕事でいっぱいいっぱいだったり、の理由もあると思います。
    今までの日本は「嫁に行く」ということがなんとなく相手の家族にしていただくという感覚があったので問題も起こりやすかったかもしれません。
    それち、
    もちろん、海外でも嫁姑問題はありますよ。
    でも、やはり日本おかあさんって息子を取られた感があって「小さい恋人」とかね。
    そういうのもあるかも。

    しかし、嫁姑問題は世界中にあると思うし、同時に婿舅がうまくいってるとは限りませんよ。
    嫁だから、姑だからという概念で接していると
    それだけでも難しくなってきそうです。

    ユーザーID:6193025224

  • あかの他人であるという感覚を持てるかどうか

    息子の奥さんは、息子と結婚しようがしまいが、あかの他人であり、よそ様のお嬢さん。
    これを解かっていれば、良い距離を保って、良い関係でいられると思います。

    が、息子が結婚したとたん、まるで自分の家の嫁かのように錯覚し、
    「自分の娘だと思って大事にします」などとおかしな発言をする人が案外多いのです。

    嫁は姑を尊敬し、姑は嫁を可愛がる。
    それが理想の嫁姑の姿だと勘違いしてしまうのです。

    すると、
    「自分の希望するような発言をしてくれない嫁」
    「自分の希望するような態度で息子に接してくれない嫁」
    「自分の希望するような子育てをしてくれない嫁」
    に、どんどん不満が出てきます。


    理想の嫁姑とは、あかの他人同士の「距離」を保ち、あかの他人同士の「気遣い」をする程度の関係です。
    それを解かっていれば、何の不満もありません。


    特別親切にもせず、嫌な事もせず、息子夫婦が帰省したい時だけ静かに受け入れられれば、
    それが最高の姑です。
    お手本が身近にあって羨ましい限りです。

    ユーザーID:2835566433

  • 結婚したとたんに

    >嫁姑問題の原因と対策を伺いたいです。

    対策:必要最低限以外の接触をなくす!!だと思います。

    あとは自分のできないことを他人に期待しない・・・かな。

    原因は人それぞれでしょうね。

    「嫁だから」「姑だから」「距離感がない」「上から目線・偉そう」「想像力がない」「人間性」「育った環境」「経済的問題」まだまだ他にもあるでしょう。

    私には娘も息子もおりますが、結婚したとたんに「〇〇家の人間になった」とは思えないので、夫婦・家族で自由にしなさいと思います。

    義両親には現在進行中で苦労しているので、年を重ねるごとにそう思います。

    結婚式の翌日に「あなたは〇〇家の嫁になったのだから、もう向こうの家の敷居をまたいではいけません。」と言われ、目が点になりました。

    裕福でもない普通のいちサラリーマンの家庭の人が何を言ってるんだと思いましたよ。
    嫁になったつもりはないのでお断りしましたが。

    ユーザーID:4039735009

  • レスします

    まぁ嫁姑問題は、どこにでもあるでしょう。トピ主サン自身が心を開いて接するしか無いと思います。トピ主サン自身がどう思っているかを相手に述べて、相手の言い分を聞くしかありません。

    ユーザーID:8598318445

  • 原因は家事のやり方かなぁ?

    娘から嫁になり、嫁から姑に、昔の掃除の仕方が間違いも多々あると思います。

    例えばフローリングの床もモップで拭いて掃除機が正しいやり方と思う人

    フローリングを毎回水拭きすると床の傷みが早いなど・・・

    男同士は家事に携わる時間も少ないので、問題がおきても傷が少ないと感じます

    ただ相手の行動に関心が生まれ不満が生じるとある人から聞いたとき

    注意や不満を言われるうちはまだマシと思いました。

    そうだよね〜無関心になると相手の行動もやり方も見て見ぬふりで終わり

    同居して不満なら自分がやればいい、相手に期待している自分を見直し

    相手の良いところだけ見て、不満な個所は自分でやるか、嫁に任せるか

    自分の仕事と誇りを持って、相手に感謝の気持ちで、最近は口上手に嫁から

    使われると愚痴を多々聞きます。家事や孫の世話等、ただで嫁は仕事に行き

    姑さんの言葉次第であ〜良いお姑さんと、息子の稼ぎが悪いから仕方ないと

    そうではないと思うけど、こんなお姑さんは素敵と感じました。息子2人

    なので私もこんなお姑さんになりたい。

    ユーザーID:2173153222

  • 大好き

    息子と夫が大好きな証拠です。どうでもよかったら嫉妬もしません。

    それだけ男という生き物は一人の女性しか愛せないのです。

    子供時代はお母さん、大人になったら妻しか愛せないのです。

    それだけのこと。

    息子が結婚したら、お嫁さんに譲り、役割をバトンタッチしなくてはいけません。

    また、嫁に来たら、姑が寂しい思いをしていることを覚えておかなければいけません。

    お互いに息子を、夫を愛しているのなら、なおのことです。

    自分のほうが息子に愛されている、私のほうが夫に愛されていると競わないでください。

    息子は母を、夫は嫁を誰よりも愛しています。愛の形は違いますが、どちらも永遠の愛であることに変わりはありません。

    弱い男を強い女が守ってやらないでどうするの、女だったらしっかり気持ちをもって男の幸せを大切にしてやれってものよ。

    男はね、女がいないと生きていけない弱い生き物なんだから。

    ユーザーID:3289954520

  • 婿と舅もあるよ。

    むしろ、そっちの方がやっかいだよ。
    もめたら男同士の方がめんどくさい。
    婿の方がうまくいく、というのは幻想。

    ユーザーID:6824510636

  • 努力が足らない

    ただ、嫁も姑も最初から対立しようなんていうのは少数なんで皆さん努力はしているでしょう。
    ただ、努力の仕方が間違っていると感じます。

    嫁の考える理想の嫁と理想の姑、姑の考える理想の姑と理想の嫁。
    それらが大きく違っている事に気が付いていないのです。
    それなのに自分達が思う理想に向けて努力するものだからちっとも関係が良くならない。
    「こんなに頑張っているのになぜ分からない}、「最低の嫁だ(姑だ)」になるわけです。
    双方の望む方に少しだけ努力出来れば劇的に改善するんですけどね・・・。

    関係が上手くいっている所はそれが出来ていて、上手くいかない所はそれが出来ていない。
    どちらかに一方的な原因がある事は少ないのです。
    なぜなら嫁も姑も出身母体は一緒、程度に差はないのですから・・。

    ユーザーID:3055579549

  • 男は嫁実家に行かなくても許されるから

    うちの義父母と婿さん、うまくいってないですよ。
    うまくいっていないというか、婿さんが義実家に全く来なくなりました。
    義父母が婿さんの職業にケチをつけたからです。
    私もその場にいました。
    義父母の発言にうわーって思ってたら、それから来なくなりました。

    でも表面上問題になってないのは
    男性は嫁実家に全く行かなくても、とやかく言われないからだと思います。
    嫁が夫実家に全く行かないとなると、義父母や夫が黙ってないですよね?
    だから嫁姑問題とか言われちゃうんじゃないでしょうか。

    軋轢は義実家と婿間でもありますよ。

    ユーザーID:6414910491

  • 皆さん、貴重なご意見ありがとうございました。

    トビです。大変わかりやすい、ポイントを押さえたご意見とても参考になりました。私の姑は冷ややかで、かかわりが少なすぎるくらいでしたが、あれでちょうどよかったことが感じられます。元は他人なのですから、無理をしないで、息子が幸せでいることに感謝します。ありがとうございました。

    ユーザーID:2204368532

  • 相手に期待しすぎなんじゃないの?

    >嫁姑問題の原因と対策

     この手のトラブルってほとんどが相手に期待しすぎるところにあると思うけど。自分の希望通りに動いて欲しいなんてお互いが思っているうちは、うまくいきませんよ。

     トピ主さんだって、こうしてほしい・ああして欲しいと前提としてあるから、不満に思うんだよ。

    ユーザーID:6207299438

  • 相性もあると思いますよ

    私の姑は言いました。

    「私の姑さんは農作業ばかりで、私に全然かまってくれず、仲良くしたかったのに寂しくてつまらない思いをした。お嫁さんにはそんな思いはさせたくなかった」

    しかし何の因果か、来たのは「姑どころか夫に放置されても(非常時以外は)全然平気」な嫁でした。

    でも夫が

    「いつでも俺がいないとダメな女は重くていやだ。その点、お前は俺を自由にさせてくれるし、束縛しないし、俺が構わなくても自分は自分で勝手に楽しんでるから楽」

    だと私を選んだんです。

    そんな女が「お姑さんから構ってもらえないので寂しい」と思うわけがない。

    揉めはしませんが、姑は私を「素っ気ない。愛想がない」と思い、私は姑を「かまってちゃんで鬱陶しい」と思っています。

    ユーザーID:6005340091

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧