葬儀屋さんの心遣いに感謝

レス13
(トピ主3
お気に入り152

家族・友人・人間関係

2番目の孫

先日、祖父が亡くなりました。
ずっと元気だったのに、あれよあれよと体調が悪くなり、
気づけば意識があるのかないのか分からない状態に。

手を握れば優しく、力強く握り返してくれていた3日後の朝、
帰らぬ人となってしまいました。

100歳まで生きてくれると思っていました。
足腰も丈夫で食欲も旺盛な祖父でした。
祖父と出身が同じ彼と私との結婚を、本当に喜んでくれました。
ひ孫は見せられませんでした。

祖父の死を受け入れがたく、現実なのか分からないような気持ちで
葬儀を迎えました。

葬儀屋さんが、祖父の体、顔をきれいにしてくれました。
親族に配慮した言葉遣いに別の涙が出そうでした。

葬儀の最後、棺桶をいよいよ閉めるとき、
葬儀屋さんがスナック菓子、かりんとう、チョコレートを
紙皿に乗せて持って来てくれました。

妹が祖父の好物の絵を描いて、棺桶の上にずっと置いてあったのです。
それを見て、買っておいてくださったとのことでした。

毎日毎日誰かが亡くなります。
葬儀屋さんにとっては珍しくない葬式だったでしょう。
それなのにこんなに気を遣っていただき、プロ意識に感動し、
本当に嬉しく思いました。

葬儀屋さん、ありがとうございました。
私もそのプロ意識を見習い、仕事を頑張ります。

おじいちゃんも、今ごろどこかへ向かいながら
好きなお菓子をポリポリ食べていると思います。

ユーザーID:4502491168

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わたしは、父のときでした1

    葬儀屋さんは地元の会社で祖父、祖母のときもお世話になりました。
    それもあり父とは地元のお店での飲み仲間でした。

    父は、癌を患いましたが手術で一時元気になり、そのころは旅行も行ったし飲み歩きもしてました。

    再発し、入院し、再手術。
    再発した癌の、なんとやっかいなこと。なんと、体力を奪うこと。

    最後は自宅療養できたのがせめてもでしたが、あっという間に亡くなりました。

    連絡をした葬儀屋さん、どこにいたの?と思うくらいのスピードですっ飛んできて、
    「なんでだよ!おれ、ちょっと前に一緒に飲んだよ!?」
    涙を流しながら言いました。

    でもまあ、それは営業の顔かなあ。なんて思っていました。

    父のお通夜の時。

    誰も頼んでいない、父の大好物のおはぎが祭壇に、山盛りに。
    おはぎ用意してくれたんですね、という母の問いかけに、へへへ、好きだって知ってたからね。と。
    一緒に飲んだ時の、父の話を覚えていてくれたんでしょう。

    営業だとしても、遺族をなごませようという気遣いがありがたかったです。

    ユーザーID:7358040424

  • 父のとき2

    ちなみに、一夜明けたら山積みになっているおはぎのてっぺんの一個が、落ちていたんですよ。
    まるで父が、「食べようと思ったけどなんだ、こしあんじゃないじゃないか」って、ぱっと捨てたように。
    みんなで笑い泣きしました。

    うちの場合は、葬祭場のネズミにも感謝しないといけませんね。

    ユーザーID:7358040424

  • すばらしい仕事と思います。

    葬儀屋さんのお仕事って素晴らしいお仕事だと私は思います。
    結婚式のお手伝いも素敵な仕事だけど、私はそれ以上にすばらしい仕事と思います。
    この世での修行を終えた人を見送る、その人生の最後の門出のお手伝いができるのですもの。
    日本の仏教のお見送りってすばらしいと思います。
    髪と整え、お化粧を施してさしあげて、体を綺麗に清めて・・・

    おじいさんも、天国で喜んでおられると思います。
    よい、お見送りができてよかったですね。

    ユーザーID:2634915649

  • どこの葬儀屋や!

    私も死ぬ時はそこに頼みたいです・・

    ユーザーID:1762199554

  • いいお話有り難うございました

    亡くなられた方がいらっしゃるのに、いいお話と書いて申し訳ございません。

    でも、心温まるトピだと思いました。きっとお祖父様は幸せなお気持ちで旅立たれたことと思います。

    ご愁傷さまでした。

    ユーザーID:4960446481

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 当事者になって初めて知るありがたみ

    私も父が亡くなったとき覚悟はしていたもののやはり頭が混乱し何も手につかない状態でした。

    母の知り合いが葬儀屋さんで働いていたので電話をするとすぐに駆け付けてくれました。

    母も姉も私も頭の中が真っ白状態。
    そんな混乱する私達に葬儀屋さんは穏やかな口調で夜遅い時間でしたが一つ一つ丁寧に説明してくださり混乱しつつも何とか葬儀の準備をすることができました。
    打ち合わせが終わり時計を見ると深夜2時を過ぎていました。

    恐らく普段何もない時は忌み嫌われる仕事だと思います。
    私もどこかで偏見を持っていたと思います。
    しかしその高いプロ意識に救われ感激しました。

    本当に有難く、なくてはならない仕事だと実感しました。

    ユーザーID:7076459477

  • トピ主です。1

    パスワードがうろ覚えなのでトピ主表示が出るか不安ですが、トピ主です。
    皆さま、レス&ポチをありがとうございます。
    こんなにたくさん、とくにポチが付くと思っていなかったので驚きました。
    やっと心が落ち着いて、思い出して涙ぐむこともなくなってきました。

    >プレイゆうれい様
    大切な思い出をお話くださりありがとうございました。
    愛されたお父様だったのですね。
    サプライズをくれたねずみにも感謝…そんなふうに考えられるのって素敵です。


    >こけし様
    大変な葬儀屋さんだったんですね。
    そんなこともあるのかと、私たちは運が良かったのだと思います。
    ちなみに、請求書の中にお菓子は入っていませんでした。
    他の項目に含まれているのかもしれないし、どなたかの余り物だったかも
    しれませんが、そんなことはどうでもよくて、誰も頼んでいない、
    それをしなかったところで葬儀屋さんの評価は下がらない、
    参列者(家族のみですが)がリピーターになることも見込みにくい、
    そんな中でひっそりとお菓子を紙皿に並べて持ってきてくださった
    気持ちが嬉しかったのです。

    ユーザーID:4502491168

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 嬉しい思いやりですね

    悲しい事なのですが、葬儀の一連の中にも喜怒哀楽が入り乱れますね。
    そんな中気遣いが嬉しいですよね。

    私も夫を見送る時にとてもお世話になりました。
    どうしても流したい曲がありましたが喪主の私はその場を離れられなくて諦めていましたけど、出棺の時にちゃんと流してくださいました。

    その場限りでもう二度とお会いしない人達なのですが感謝しか残っていません。

    ユーザーID:8407606729

  • そんな葬儀屋さんに遭いました

    冬の寒い日でした。
    一人娘の私の母の喪主を主人がしてくれて
    私も主人も風邪をひいて体調を壊し咳き込んでいました。
    兄弟はいないし頼れる人も居なくてただただ一生懸命に
    滞りなくお葬式を出すことだけしか考えてなかった通夜の夜
    お参りの人が帰った後のテーブルに風邪薬と小さな栄養剤が2本

    涙がでました。

    いっぱい、いっぱいの私達を気遣ってくれている
    その心がとても嬉しかったのです。
    若い、まだ経験もそれほど無いような方でしたが
    きっと天職なんだろうと思いました。
    どなたかお金のことを言われていた方がいましたが
    きっとわかってもらえないんでしょうね。
    そんなことどうでもいいんです。

    ユーザーID:7493368428

  • 良いお話をありがとうございます

    後妻さんの意地悪で、父が入所している施設がどこであるか、わからない状態が半年ほど続いています。

    時々、父が夢の中に出てきます。
    もう長くないだろうな、と感じることが時々あります。

    お葬式の時は、父が生前大好物だったうなぎのかば焼きを棺の中に入れようと思いました。
    あんこも大好きだったので、ねり切りの上等なものも用意しようと思います。
    幼かったころの娘の写真も入れようと思います。私の写真もちょびっとだけ入れようかな。

    棺の中に入れても、実際に食べられるわけではありません。食べられるうちに食べさせてあげるのが親孝行だと信じていた私にとって、今の状態は悲しいです。

    ユーザーID:2143525654

  • トピ主です。2

    前回のレスで「プレゆうれい様」の名前を間違えたまま投稿してしまいました。
    大変失礼しました。


    >マロン様
    その通り、誰にでもできる簡単なお仕事じゃありませんが、
    素晴らしいお仕事ですね。私も今回心の底から思いました。
    祖父が自分の葬儀に満足していてくれたらいいなと私も思います。


    >ゆず様
    私も、頼みたいほどでした。笑
    祖父はいい方に巡り合ったと思います。


    >こんぶだし様
    いえいえ。レスありがとうございます。
    祖父はいま、毎日祖母の愚痴を聞きながら(遺物が多くて…)
    ふわふわしていると思います。


    >hana様
    お父様の素敵なエピソードをお話しくださりありがとうございました。
    葬儀屋さん、本当に大変なお仕事だと思いますし、私にはできないと思います。
    本当に、そのプロ意識に感動しました。ありがたいお仕事ですね。
    今も葬儀屋さんには感謝しかありません。

    ユーザーID:4502491168

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です。3

    >ぺこ様
    葬儀は残された者への為の儀式だなと、今回改めて思いました。
    心配りが嬉しいのですよね。素敵なエピソードをありがとうございました。


    >ままのわ様
    何とお声がけしたらいいのか…とにかく、ままのわ様と、お父様の関係が
    温かいものであるよう、お祈りします。
    ままのわ様の写真が入っていたら、嬉しいと思いますよ。


    皆様、レスをありがとうございました。

    後日談と言うか、余談ですが、先日、夢に祖父が出てきました。
    私の初めての結婚記念日2日前でした。

    カッカッと元気に笑い、私を見ていたので、私は思わず抱き着きました。
    たくましい体でした。私の大好きな祖父そのままでした。
    何も言いませんでしたが、とにかくニコニコと笑い、なぜかお金をもらいました。

    夢占いで調べたら、とてもいい夢だったようです。
    いま妊活中なので、いいことがあればいいなと思っています。

    ユーザーID:4502491168

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 母の時…

    お祖父様のお悔やみ申し上げます
    10年以上前、母が亡くなりました。まだ60代、突然でした。
    実感がないまま葬儀のため会場に着き、祭壇の前に立った時に初めて
    「あ〜 亡くなったんだ」と思ってたら葬儀屋さんが静かに横に立ち、
    「まだお若いので遺影のまわりを明るくしました」と。
    薄いピンクの花に囲まれていました。
    仕事と言えばそれまでですが、寄り添う気持ちがとてもうれしかったです。

    数日後、いろいろな手続きのため父とタクシーに乗っていたら、二人とも咳が出たんです。
    そうしたらタクシーの運転手さんが優しく「大事にね」と飴をくれたんです。
    なんか、上手く書けませんが、励ましや応援ではなく、何気ない一言が心に響いたのを
    覚えています。

    ユーザーID:4609338199

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧