動物を海外で学ぶか日本で学ぶか

レス22
(トピ主0
お気に入り24

趣味・教育・教養

ちーず

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • がんばってほしい

    ちーずさんお若いのに将来のことを真剣に考えていてえらいね。

    おばちゃんは応援したいです。

    ただね、ちよっと気がかりな言葉
    >大学留学も興味があります。
    この興味がありますってのがなかなかの曲者なの。
    私もオーストラリアの大学に行って英語関係の仕事をしています。
    私の職業を聞くと若い人たちは「興味あります、どうしたらなれますか」と言う人が多いですよ。
    で、実際なった人はいません。

    いえね、言葉の便宜上「興味あります」と言うのは分かります。
    本当に決めたこと、心の底からしたいことに対しては「興味あります」という言葉は不思議と出てこないんだよね。
    いろんな国に住んていたので「留学に興味あります」と言われたけど。。
    「留学したいんですけど、どうしたらいいですか」って聞いてきた人はかなりの確率で実際にするんですよ。
    その言葉には本人のやる気、決意が無意識に表れているの。

    たぶん、留学に関してはちーずさんはまだ本気じゃないと思うな。
    で、とりあえずはどう転んでもいいように英語だけはやっておくことをお勧めします。
    どちらで勉強するにしても応援してるよ。

    ユーザーID:9894844852

  • 国内の一つの例ですが

    日本の天然記念物の生息地に住んでいます。PTAの主催で子供向けのお話会を企画し、地元の公立大学でその生物を研究されている方に講演をお願いしました。

    事前の打ち合わせでお話を伺うと、その生物の生態系や環境整備のための外部に向けた仕事が非常に多いようで「なかなか研究に集中できないのではないか」と伺ったところ、趣味でダイビングにはまったことで環境問題に興味をもち、文系の4年制大学を卒業したあと入りなおして大学院まで進んだそうです。生粋の研究者というより啓蒙活動に携わっていることが本来の目的ですと仰っていました。

    毎年審査があり予算が出る出ない、仕事である程度の業績を報告しないといけない(ポスト維持のため)などなどシビアなお話も伺いました。産業に直結しない分野を研究するのは大変だろうとは思いますがとてもやりがいのある仕事だと感じました。
    日本でもこういう方がいますよというご参考にしてくださいね。

    ユーザーID:2883952057

  • 南アフリカ

    Conservation biologyですね。マスターのコースで哺乳類なら南アフリカの大学を。

    でも保護って目に見える生き物だけではないんですよ。本当なら環境保全に進んで、生物学も専攻してほしいです。

    ユーザーID:1699453005

  • 行動してみる

    そういう壮大な夢があるのなら、積極的にそういうことをやっている団体にコンタクトを取ってみてください。

    興味を持った若い子が質問してきたら、邪険にはされないはずです。

    後、夏休みを利用してでも、卒業してからワーホリ制度を使ってでもいいですけど、研修生として一ヶ月か数ヶ月現場で働いてみるといいと思います。オーストラリアの保護団体なので。その間に、大人に聞いてみる、あなたはどうしてこの道を選んだのか、大学では何を学んだのか。現場を見て初めて分かることは多いです。

    そして、動物を地球規模で救うには、大学で動物について学べばいいのか、それとも、政治学、経済学や自然環境学などの学科の方がいいのか。フィールドワーク的に野生動物そのものを相手にしたいのか、政治的に野生動物が住める環境を整えたいのか、というだけでも、違う専門分野ですから。

    私の知り合いは、同じような話から始まって、外国の話なのですが、獣医学を学んでいます。習うことは、産業動物、ペットと動物園にいるような動物が主らしいですけど。

    ユーザーID:3610351445

  • まず何よりも

    トピ主さんのやりたいことに必要な知識をきちんと把握していますか?
    海外の動物保護団体で働きたいのなら、それらの採用情報なども見て
    どういう学位や経験が必要か確認しましょう。
    その上で、日本・海外の興味のある大学で
    本当に関連することが学べるのか徹底的に調べましょう。
    私は文系のある分野で留学しましたが
    進学先として検討した海外の大学の教授などに、メールでかなりいろいろ質問しました。
    すごく丁寧に答えてくださる方々ばかりでした。
    もちろん英語でですが、翻訳サイトを使ったり、塾の先生に添削してもらったりしました。
    最終的にはアメリカの大学、大学院はオーストラリアに行きました。

    ただ、どこへ行ったとしても、自分の興味にドンピシャの科目ばかりが勉強できるとは
    限らないということを覚えておいてください。
    それでも将来意外なところで役に立つ可能性もあります。
    私も学位をとるために全く興味のない科目をとらざるを得ないことがあり
    その時はもう辛くて辛くて仕方なかったのですが
    働き始めて10年。その知識が役に立っています。

    頑張ってください。

    ユーザーID:9427516750

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ググると沢山出てきますが、少ないですか?

    「大学 野生動物」や「大学 絶滅危惧種」で検索するとそれなりに出てきますが。
    海外の大学で学ぶ場合は、その国の法律や環境に即した方法を学ぶことになると思うので、就職もその国で行うつもりで行った方が良いと思います。逆に日本の動物や絶滅危惧種を相手に仕事をしたいなら日本の大学で学んだ方が良いと思います。その大学のある処では普通の方法でも他の国で同じことを行ったら違法で大騒ぎになったと言う事は実際に発生していますから。

     もっとよく調べて先生にも相談して決めた方が良いのではないですかね。

    ユーザーID:0821362771

  • 野生動物なら理学部生物学科

    農学部はその名の通り農業を学ぶ学部ですから学ぶ分野は産業動物についてで、野生動物は範囲外です。

    野生動物の生態を学ぶフィールドワークをしたいなら理学部生物学科が適しています。京都大学が有名ですが、今はネットでシラバスや研究室の研究内容が簡単に読めるので、理学部を中心に探してみてはいかがでしょうか。海洋生物学なら東京海洋大学、東海大学も有名です。

    トピを読んで感じたのですが高校三年生にしては少し幼いと思いました。野生動物保護を学ぶ前に、野生動物の生態を学ぶ必要があります。また、保護は行政やNGOと産学協同で行われることが多く、大学の勉強だけでできるものではないのです。そこのところもきちんとわかってからじゃないと、進学してもこんなはずじゃなかったと思うのが関の山なので、野生動物保護に関するノンフィクションを1冊読むことをお勧めします。トピ主は空想で頭でっかちになりすぎていて、学ぶべき現実が見えていないと思います。

    ユーザーID:7534931331

  • 学部が違う

    農学じゃ、家畜しか扱わないに決まってるでしょう。
    野生動物保護は農業じゃないんだから。

    野生動物について学びたければ、生物学です。
    生物資源科学部に行きなさい。

    ユーザーID:3232280900

  • AWS(アワーズ)動物学院

    大学ではありませんが、和歌山県白浜町の「アドベンチャーワールド」の系列学校です。

    一つの情報として。

    ご自分にピッタリの学び舎が見つかりますように。

    ユーザーID:1289778660

  • 農学部で扱う動物は家畜

    基本的に農学部で扱う動物は家畜なので、野生動物等を学ぶには適していないでしょう。

    どこなら学べるのかというところまでは分かりませんが、思いつくのは、理学部の動物学科とかでしょうか。

    ユーザーID:5322223419

  • 獣医師

    日本の大学で獣医学科進学はどうでしょうか?
    獣医学科を持つ大学の中には野生動物の研究室のある大学があります。トピ主さんの希望の「野生動物の保護や研究、絶滅危惧種を保護保全」に近い研究をしているところもありましたよ。
    それに獣医師であればいろいろ融通の利くこともあるでしょうし、実際自ら治療もできます。応援しています。

    ユーザーID:5209422123

  • アメリカは?

    アニマル サイエンスなる学部があります。そういう学部を探したら良いです。ただ全滅危惧種は、環境の変化と地元人による密猟も原因になっているので、動物のみ学んでもダメだと思いますよ。あとアメリカの大学は、今年の応募は終わった、ですよ。「今年9月からの入学」大学応募は10月ごろから始まりますので、今から準備を始めた方が良いです。

    ユーザーID:9062091760

  • レスします

    >野生動物の保護や研究、絶滅危惧種を保護保全
    希望の仕事、どういった人達・団体がやっているか知っていますか?
    その仕事に就いている先輩達は、どう言う資格・経歴を経て、そこに辿り着いたの?
    その辺を調べた方が早いのでは?

    >大学留学も興味
    英語で希望大学に入学必要条件等を問い合わせたら?
    その情報収集が自分でできないと授業についていくのは難しいです

    >地球規模で動物たちを救いたい
    私は地球規模で人間を救いたいと考えていますが、1人の力は微力です
    海外の大学では論理的思考を求められますので、「具体的にどうやって地球規模で救うつもり?」と聞かれる可能性が高いです
    聞かれた時の答え(方法・案)は考えてますか?

    >就職については海外でも日本でもいいと思っていて、自分の好きなことができたら給料だって安くても
    海外なら基本的に就労ビザが必要です
    ビザ取得も条件があり、所得〜以上と言う決まりがある国は少なくありません&年々、多くの国が移民の条件を厳しくしています
    主様が自国民より優れている&国に必要な人物と認められたら、就労ビザが降りやすいです

    海外は精神的強さも必要ですが、大丈夫ですか?

    ユーザーID:8449463474

  • 農学部でも扱ってますよ

    大学によって扱ってる学部名が違うだけです。

    ただ、受験に必要な科目はそう変わらないから。。

    トピ主さん、国内大学に入って籍をおき短期や長期留学交換留学をする人もいますよ。
    環境保全を学びながら動物保護を専攻できる大学もあります。
    深く学ぶなら大学院進学も考えた方がいいと思います。
    ご両親に学費の相談を
    そして勉強頑張ってください。

    ユーザーID:6964952615

  • 農学部は家畜だけとは限らない

    なんかお門違いな書き込みがあったので訂正します。

    農学部でも、フィールドワークを学び環境保全を学べます。
    学校によって学部や学科名が違うんです。

    農学部でも野生動物について学べる大学はあります。大学院まで進学した方がいいかなぁ。現地がいいのかなぁ。とにかく動物の生態や環境等幅広い知識が必要でしょうね。

    ユーザーID:6964952615

  • 英語がんばろう!

    農学部は、畜産を学ぶ所。
    動物をまなびたいなら、生物学科へ。

    また「野生動物の保護や研究、絶滅危惧種を
    保護保全」をテーマなら海外の研究者などと
    英語のやりとりは必須。
    英語はかなり堪能じゃないと、お話にならない。

    オーストラリアのどこの大学で
    具体的に何を学びたいのか?
    その留学経費は誰が出すのか?親?自費?

    「地球規模で動物たちを救いたい」のなら
    とりあえず獣医師の免許も必須ですね。
    まず日本で獣医師の免許取得では?

    いろいろ調べて頑張って!

    ユーザーID:6824880475

  • 厳しい意見が多いけどめげないでね

    高校生なのだから、知らないことがあっても仕方ないですよ。へこたれずにがんばってください。

    みなさんが指摘されてるように、家畜ではなくて、biology, environmental, conservationなどのキーワードで学部や学科をさがしてみてください。

    もう一つ有用なのは、英語でも日本語でも「これはすばらしい、私もこんなことをやりたい」と思うような仕事や論文の主を探し当て、その人の経歴を参考にすることです。

    もし教授だったり大学にいる人なら、直接メールしてみましょう。少なくとも私の住むアメリカでは、教授連は「将来の学生」からの質問にはオープンに返事をくれますよ。

    「日本か、海外か」じゃなくて、「この先生から学びたい」「将来この機関で働きたい」を判断の対象にしてもいいですね。

    あと、生物といっても海洋生物と陸上の生物では求められるスキルも違います。研究対象の動物も絞り込んだほうがいいと思います。

    がんばってください!

    ユーザーID:7524822943

  • がんばって

    何だか高校3年生の未成年相手に、手厳しすぎるレスがありますが。

    一番いいのは、志望する大学ではどのような留学制度をもっているかを調べることです。これが一番確実です。倍率は高いでしょうけど。

    あとは「トビタテ 留学JAPAN」という文科省のサイトを見てみる。留学のお金には、貸与型(借金で後からお金を返さないといけない)と、給付型(お金をくれて返さなくてもいい)があります。当然、後者のほうが狭き門です。
    給付型といっても、本当に様々です。出資者も様々、全額支給か一部支給かなど。

    たぶん「世界の絶滅動物を救うための動物学」となると、民間企業が支援をしてくれるタイプは、あまり望めないような気がします。これが「より良いお肉を生産するための動物学」だったらあるかもしれませんが・・・わかりますよね?

    専門性を身につければ、青年海外協力隊でボランティアで海外に行くという道もあります。ただあれは現地の人と社会を支援するものだから、動物はどうだろう? 環境教育支援とか? 心身ともにタフじゃないと勤まりませんが、アフリカの現場に行きたいなら良い方法だと思いますよ。

    がんばってね。

    ユーザーID:7078647459

  • もう一つ、保護活動について

    海外でも国内でもそうですが、動物に関する専門知識のほか、地域住民との関わり合いは避けられません。保護区付近の住民の意識を変えていかないと、保護云々言ってられませんので。その為、学校に出張授業に行くのはもちろん、日本だったら公民館や自治会で積極的にアピールしていかなくてはなりません。海外でも同じ。基本人間が対象となります。

    私は専門にある生物を研究していますが、conservation biologistではありません。しかし扱っている種が絶滅危惧種なので、保護活動にも関わっています。以上の事はマスターのコースを受けた時に習い、実践で経験した事とです。

    ユーザーID:5380603403

  • 農学は実学なので理学部で探しましょう

    農学部は「農業に利用するため」に動植物を取り扱っています。
    当然扱うのは産業動物、産業植物となります。
    自然を取り扱いたいなら理学部生物学科か、教育学部の生物系となります。
    また、生物学科ではおそらく「自然保護」を念頭に置いた発想で研究するところはまずありません。「自然保護」は生物学的にはあまり意味がないからです。

    ユーザーID:4938102304

  • ケンブリッジ大学

    動物学科も獣医学科もあります。
    日本の高校を出た子が簡単に入れるところではありませんが。
    でもひとつひとつステップを上がっていくことにより近づくことができるかもしれません。
    現実的には東京大学か京都大学経由で目指すのがよいかもしれないです。

    ユーザーID:3855160870

  • 日本の大学へまず!

    1.大学での欧米先進国への留学はまったく現実的ではありません
    豪州在住ですが、市民権を持たない日本人が豪州の獣医学、生物科学系の大学に正規留学するのは大変困難です。まず最初に卒業までの学費がかかりすぎますし、そもそも英語力や双方の教育制度の違いもあって日本の高卒生がストレートに豪州の大学、それも難関の獣医学部に入るのはほぼ無理といっていいでしょう。余程お金のある家であれば、高卒後すぐに渡豪して英語の習得から初めて、というのは可能かもしれませんがお得とはいいかねます。それなら、日本の大学(学部はあまり拘らなくても大丈夫です。理学部、農学部、獣医学部<農学部獣医学科も含め>など)に通いつつ英語の能力を高め、海外の大学院へ進む方が断然合理的ですね。滝田明日香さんのようにナイロビで大学に編入して獣医師になり、野生動物保護に取り組んでいる人もいます。神戸俊平さんは日本大学獣医学部からナイロビ大学の大学院です。現時点で英語がネイティブの18才と同じレベルというのでない限り、大学からの留学はすすめません。
    2.野生動物保護は必ずしも生物学などを専攻しなくても関わる事ができます。例えば多くの絶滅危惧種は、病気やその動物の生物学的要因で絶滅に瀕しているのではなく、密猟や乱獲、生活する場所が減少していることにより危機を迎えています。それらを解決するのは科学ではなく、政治学だったり経済学だったり、教育だったりします。現時点で理系進学に適した学力をお持ちであれば、無理にこれらに進む必要もありませんが、そうでないなら一考してみてください。

    最低でも、滝田明日香、神戸俊平のお二人については調べましょう。

    ユーザーID:4022646231

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧