• ホーム
  • 美白・色白の違いと境界線って?

美白・色白の違いと境界線って?

レス17
(トピ主0
お気に入り23

美容・ファッション・ダイエット

kom

初めまして。美白、または色白の境界線というのがとても気になり、トピを作成させていただきました。

Q.美白と一言で言っても、世間一般的に見て、どの辺りの人を美白と呼ぶのでしょうか?
では、どれぐらいの肌の色の人を美白と呼ぶのでしょうか?
(白人ではなく、あくまでも日本人でのレベルです。)

Q.また、色白と美白の違いは?
ここが分かりません。漢字だけをみると、色が白い人を色白と呼ぶのでしょうか?美しい白い肌の人を美白と呼ぶのでしょうか?
個人的な感覚で申し訳ないのですが、【生まれつき】肌の白い人を色白。肌のケア等をしているから【美白】と呼ぶ。という個人的な固定概念があります。

無知な私の疑問に付き合っていただける方からの回答をお待ちしております。

ユーザーID:5058012562

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ちょっと違うかなぁ。


    色白 → 元々肌が白い

    美白 → 地肌を整える(シミを作らないように)


    と、個人的には思ってますけど。

    因みに私は結構な色白なので20代の頃(今50代)から
    美白には力を入れてました。

    と、こんな感じで色白と美白で文章が繋がりますよね。
    そう言う事かと。

    あ、力を入れてたのは本当です。
    お陰様で50代になりましたが法令線は薄くシミも少ないです。

    ユーザーID:7569967501

  • ん?

    美白ー対日焼けシミそばかすスキンケア

    色白ー肌が白い事

    ではないのでしょうか。

    ユーザーID:4541791583

  • 私は色白です

    46歳です。

    >世間一般的に見て、どの辺りの人を美白と呼ぶのでしょうか

    どのあたり…
    よくわかりませんが、私は大勢の人がいる中で顔の白さで目立つとよく言われますので、そんな感じじゃないでしょうか。

    >また、色白と美白の違いは

    生まれつき白ければ「色白」
    普通の肌色の人がせっせと美白化粧品を使って手入れする行為が「美白」ではないでしょうか。白いから美しいわけでもないと思います。
    時折「どんな美白してるの?」と聞かれて何もしないと言うと、皆さん一様に不満そうです。でも答えようが無いし…

    私は生まれつきなのでこの歳でも美白化粧品は購入したことが無く、また今後不要でしょう。
    合うファンデが無いのでおしろいしか使えませんが、これをナチュラルメイクと言っていいのか、またはほぼスッピンなだけなのか判断に悩みます。

    ユーザーID:7719233832

  • それは

    色白は肌色が白い人のこと(日本人基準で)、美白は肌を白くするための活動だと思います。まったく意味合いが違いますよ。

    だから、色白の人でも美白をやっている人とやっていない人はいますし、同じように色黒の人でも美白をやっている人とやっていない人がいます。

    ユーザーID:0650781952

  • 自分の解釈

    自分は美白は、肌を白くする、白く保つための行為のこと
    だと思っています

    だから、美白自体は肌の白さのことではないと思ってます

    ユーザーID:7001663701

  • たまーに勘違いしてるのかな?と思う使い方を見ますが

    「色白」は、文字通り肌の色が白いことですよね。

    しかし「美白」は、単に美しくて色白、ということでだけではなくて
    そういった状態を目指すということを表す言葉でもあります。
    「美白する」とか
    「美白効果のある化粧品」とか言いますよね?
    「あの人は美白だ」という使い方より上記の方がずっと多くありませんか?

    色白との違いは、色白というのは生まれつき平均より肌が白い人のことを言うのに対し
    美白は、生まれ持ったそれぞれの肌の色や美しさを維持したり
    黒くなったり透明感をなくすのを防ぐことを言うそうです。

    ですから、決して色白ではない人でも
    美白をしたり、美白を目指したりすることはできるわけですね。

    ユーザーID:0465658245

  • 美白はお手入れの事

    美白というのはお手入れをして若く美しい肌を保つ事だと思います。
    私は自他ともに認める色白で、色白だね〜色白いね〜は言われますが
    美白だね〜とは言われません。
    デパートの化粧品売り場に行くと、色が白いからって言つて安心しないとか言われながら
    あれこれ勧められます。

    ユーザーID:7917159431

  • あくまで私見ですが

    >美白と一言で言っても、世間一般的に見て、どの辺りの人を美白と呼ぶのでしょうか?
    身も蓋もないですけど、主観でしか無いと思います。
    「自分よりキレイ」というのも大きいんじゃないかなーと。

    >また、色白と美白の違いは?
    色白は単純に肌のメラニン色素が薄くて白い人。
    美白はくすみとかの肌トラブル・汚れがない人って感じですね。

    私は質問者さんの感覚とはちょっと違って、生まれつきでも美白な人はいるんじゃないかなって思います。
    また、美白は「肌トラブルを解消する」みたいなニュアンスで動詞みたいな使い方をされることもある気がします。
    (美白を目指すみたいな)

    ユーザーID:5017039272

  • 「性質」と「作用や効果」の違いでは?

    色白は生まれつき肌の色が明るめだという性質。

    美白は肌色を明るくする、または明るく保つという作用や効果。
    またはそれを目的としたケア。

    そう捉えています。
    意味合いのカテゴリーが違うので境界線というものもないのでは?

    因みに私は子供の頃から色が白いと言われてきたし、
    現在もファンデーションは一番明るめの色を選んでも首より暗くなってしまうから
    「色白」なんでしょうが、
    「美白」を謳った化粧品は大概かぶれるので使わないですよ。

    ユーザーID:7458225557

  • 根本的に違う

    色白とは生まれつき色の白い人のことです。
    努力して浅黒い肌が白っぽくなっても、色白とは言いません。
    その努力こそが美白じゃないですか?

    そもそも人に対して「色白ですね」とは言いますが
    「美白ですね」とは言いません。

    美白とはそのための行為を示す言葉、
    またはその手の化粧品につける謳い文句だと思います。

    ユーザーID:3409759686

  • 昔は美白って言ってなかった

    昔(「小麦色が健康的でヨシ」と言われていた頃)は「美白」はなかったと思います(少なくとも私の知る限り)。
    紫外線が肌によくないと言われてから「美白美容」のように使われるようになった気がします。
    だから「美白」は「白い肌の美しさ(を目指す)」という事では?
    「色白」は肌の白い人。
    「色白」だけで美人とは言ってません(「色の白いは七難隠す」とは昔から言われていましたが)。
    トピ主さんが思っている美白は「色白美人」という事では?

    ユーザーID:3800841681

  • 新潟の人は美白だと思う

    ニキビ・シミ・ソバカス。
    素肌に多少のアラがあっても、土台が白ければ「色白だね〜」と言われると思います。

    私も色白に入りますが、たぶん赤みがかった?白さと思います。
    陽に当たってない人は青白い。

    新潟県の人は色白です。
    その白さは天然と思いますが、説明するなら「美白」です。 
    毛穴が無い、餅肌。
    驚くほど美しいです。
    思わずその感触を確かめたくなりますが…
    ちょっと待て!手を洗って消毒しなければ汚してしまいそう…!!
    というくらい綺麗な白さです。
    昔で言えば、ツルツル卵肌・陶器肌でしょうか。

    ユーザーID:1605311835

  • 形容詞と動詞

    美白は「美白する」という動詞、または美白することを指す「美白」という動名詞。
    そして美容用語です。白くない肌(またはもの)を白くすることを指す言葉です。
    色白は形容詞または形容動詞で「色白な女性」とか「あの子は色白だ」と使います。
    肌の色が(すでに)白いことを差します。
    トピ主さんにはこの2つはよく似た言葉に聞こえるのかもしれないけど
    そもそもが同じ線上にある言葉ではありません。
    「あの女性は美白している」は正しいけど、「あの女性は美白(色白の意味)」は
    間違った使い方です。

    ユーザーID:8907353293

  • 美白の言葉が誕生した時

    1982年ごろ誕生しました。
    某化粧品会社のホワイトニング化粧品シリーズの販促のためにつくられた言葉で、
    色黒がもてはやされていた時代でしたが、肌を白く美しくするというコンセプトで
    そのシリーズは美白化粧品と呼び名を付けました。

    しばらくは誰からも注目されない言葉でしたが、数年後、ファッション雑誌のコスメ特集で取り上げられるようになり、皆がこぞって「美白」と言い始めました。

    美白=肌を白く美しく保つための工夫、努力のようなもの。
    色白=生まれ持った美しい白い肌のこと。

    美白の言葉が誕生した際、ピンときませんでしたが、ここまで浸透するするなんてと思います。
    今は、この言葉の効果もあり、美白化粧品は売れるようになりメーカーも喜んでいると思いますが、太陽も大切ですよ。ビタミンD欠乏症になどになりませんように、適度に太陽に当たりましょう。

    ユーザーID:5018339999

  • 讃岐ウドンで表現

    美白は茹がいた直前のものを冷たい水で洗ッたばかりのもので、透明感があるもの。5分以内。
    色白は上記のもので15分以上時間が経過したもので、白いが、透明感がないもの。

    1〜15才までの方と、25才以上の方の違い。

    ユーザーID:8228894288

  • 感覚が違うような・・・

    色が白いことは、美白ではなく色白なんだと思います。

    美白は肌を美しく白くするという動詞というイメージかな。

    人を褒めるときに「美白ですね」というと気を悪くされると思います。

    もともと肌が白い人が色白ですから、色白ですねは言ってよいと思います。

    ユーザーID:1944320959

  • 美白の定義

    美白の定義を調べたらすぐわかると思うのですが。
    色白は、色が白い肌の状態の事ですが、美白は、割と最近の言葉です。
    メラニン色素沈着をしないようにするスキンケアの事です。
    二つの言葉の境界線があるかのようにお考えのようですが、そういう意味じゃありません。

    ユーザーID:5533012298

レス求!トピ一覧