• ホーム
  • 男女
  • 嫁の立場は時代と共に変わるものだと思いますか?

嫁の立場は時代と共に変わるものだと思いますか?

レス208
(トピ主0
お気に入り405

恋愛・結婚・離婚

天丼まん

レス

レス数208

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ずっと添い遂げるつもりでも離婚を言われることもあるので

    >今の若い人たちは嫌なことがあるとすぐに離婚をしているように思います

    自分が離婚したくなくても、相手から離婚を言われれば
    離婚せざるをえないこともあります。

    私自身、夫に愛想をつかされて離婚を言い渡されました。
    私のほうは、離婚したいなんて思ったことありませんでした。

    そういう例もあるということで・・・

    ユーザーID:0108412259

  • 離婚しても生活できるようになったから

    > 時代は変わっても、夫婦関係を保つためや、相手の家とうまくやっていくのは、
    > お嫁さんの役割のような気がしてなりません。

    素朴に疑問なんですが、なんで嫁だけに気遣いや我慢を要求?

    昔は女が働けなかったから、夫に離婚されたら生活していけない嫁が
    我慢するしかなかったでしょう。

    が、今は夫と同等、もしくは夫以上に稼ぎのある女性もいます。
    それでも嫁のみが相手親に気を使い、我慢すべきですか?
    夫は夫であるというだけで、夫婦関係を保つ努力はしなくていいし、
    嫁実家には気を使わなくてもいいの?

    嫁だってそれなりの我慢をしたり、夫親に気を使うことは必要ですが
    夫だって同じくらい我慢したり、嫁親に気を使うべきでしょ。

    ご自分が「嫁は我慢するもの、夫実家に気を使うもの」という価値観を
    持つのは自由ですが、他人、特に息子嫁にその価値観を押し付けるのは
    やめてください。

    まあ自分では働く気がなくて、離婚したら生活できない、という女性と
    結婚させるのもありですが。

    ユーザーID:5093256459

  • 信念を持たないものは自分に甘い

    時代、環境の移り変わりで立場は変わっていきますし、生活スタイルも異なります。
    私は、嫁入り・婿入りなどで、義両親に従うような考え方は間違っていると考えます。何が正しいか、どうあるべきかは変わらない1つの指標だと思うからです。

    一方で、直ぐに離婚をする人達は軽蔑しています。
    何でもかんでも他人のせいにして生きてきたから、相手を見抜く目もないし、自体を改善する根気も智恵もないのです。
    自分が幸せになるために自分を幸せにしてくれる人を探していることが間違いです。

    私は20代で結婚しましたが、死別以外で妻と離れることはありません。
    お互いがお互いを幸せにしたいと思って結婚しました。

    ユーザーID:8503104346

  • 私の娘より、5,6年先輩なのでしょうか

    私は四捨五入したらもう、60歳代になりますが、私たちの結婚当時は、嫁と言いました。

    ですが、娘が結婚しても、男性家の嫁だと思っていません。
    入籍時の戸籍では、娘と娘婿とが、新しい戸籍をつくり、2人家族からスタートしました。
    そして、子供が男女二人で、4人家族になっています。

    娘は、夫両親と私たち親を公平にを心がけています。

    私にもまだ結婚していない息子がいるので、娘へ、どちらかというと夫さんの親御さんに気を遣うようにって思いますが、本人次第だと思っています。

    未来のことは、子供次第で、無理に時代に逆らった教育をしようとしたら、嫌われます。
    子供に苦労をかけない老後を望んでいます。
    子供たちを信じ、なるようになるという感じです。

    一言付け加えるなら、親が嫁姑の苦労をしていたので、嫁の道は嫌いでした。

    ユーザーID:9490009952

  • こらこら

    自分が我慢出来る状態にたまたまあっただけでしょ。
    人にはそれぞれ事情があります。
    人それぞれに環境や背景や人間関係があります。
    DVで殺されかけ必死で逃げた人もいます。舅や姑、小姑にイビり倒された人もいます。
    主さんが耐えて結婚生活を存続出来ているのはたまたま主さんがそこまで酷い状態ではなかっただけです。
    周りの事もよく解らず知ったかぶりはいけませんよ。

    ユーザーID:1858380910

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • なんだかな

    自分は大丈夫だから他の人も大丈夫
    と考えるのはどうかと思います。
    嫁が我慢出来なくなっている時代ではなく
    妻としての存在価値が出来ていると考えては
    いかがでしょう。
    夫婦としての家族が一番で
    それぞれに両親がいる、
    もちろん親は大事です、が
    一生のパートナではない。
    嫁と言う言葉も死語になってほしいですね。
    離婚話になるくらいの両親の介入って
    親離れ、子離れが出来ないほうが本当に恐い話ですよ。
    私は還暦過ぎの女ですが良い時代に
    なりつつあると感じています。

    ユーザーID:1821628838

  • 離婚は1人ではできません

    結婚は両性の合意によってのみ成立します。
    嫁1人の意思だけでは無理なんです。

    そして、離婚もまた然り。

    その、小さな理由で離婚した女性の夫は、どうして離婚したんでしょうね?
    一度は愛した女性を頑張って引き止めもしないで、愛するママンの胸に帰っていったのかしら?

    我慢しなくなったのは嫁だけではなく、夫の方もでしょう。
    そんなふうに簡単に離婚する娘・息子を、温かく迎え入れる親も増えたのでしょう。

    なんでもかんでも悪いことは全部嫁のせい、離婚を考え実行できるほど力があるのも嫁の方、というのは、あまりにも偏ったお考えだと思いました。

    ユーザーID:4390254989

  • ご自由に!

    他人は他人 自分は自分です。
    トピ主様がそうなさりたいならご自由にどうぞ。
    ただし 他人に強制するものでもありません。皆さんそれぞれのやり方があります。
    それだけのことです。

    ユーザーID:7908477967

  • 本当はお姑さん?

    トピ主さんて本当はお姑さんのほう?
    30代にしては文章もいやに落ち着いてるし、内容もとてもお姑さんに都合がいいことばかり。
    私もすぐに離婚するのは大反対です。
    そこは同意します。
    あとはねぇ、、、
    子供を産んで稼いで家事育児を負担して夫の親にかしずくことまで要求されるのではさすがに無理(笑)
    トピ主さんが書いてることってそういうことですよ。
    「嫁」ってそんなになんでも差し出さなきゃいけないんですか?

    ユーザーID:0962946705

  • 今は

    「夫の家に入る」訳ではないからですよ。
    ていうか、本当に貴女30代?
    家を証明する戸籍謄本をごらんなさいな。自分と夫と子供以外の名前がありますか?
    ってことは家族ではないんですよ。義実家は「姻族」です。
    それに別に両家の関係を良好にするのは妻だけでなく夫もその役目を担わないといけません。

    どんな理由で離婚しようが人の勝手です。
    「我慢が足りない」とか他人に言われる筋合いはありません。
    貴女は我慢できても他人には我慢できないのです。
    それに我慢できるできないに男女は関係ありません。

    貴女は自分のお好きなようになさればいい。
    時代錯誤とは思いますが今の人たちの考えを受け入れる必要はありません。
    だから貴女も貴女の考えを人に押し付けないことです。

    ちなみに私はトピ文のような考えや妻の在り方は古臭いと思うので理解できません。
    嫁にもらわれた覚えもありませんしね。

    ユーザーID:9424731178

  • 嫁ではない

    嫁ではない結婚33年目の妻の立場のものです。夫は人生の良きパートナー。互いに尊敬し、足りないところは補い合える最高のパートナーです。嫁になった覚えはありません。相手の家に入った?!義務教育課程で日本国憲法は習いませんでしたか?今は家制度はありません。あなたは、今ご主人が亡くなったら、義弟と結婚して子を産めますか?家に入った嫁ならできますよね?


    私も無駄な口答えや反抗はしません。つまらない難癖に対してはスルーです。夫に愚痴ればちゃんとフォローしてくれますし。義親からの相談事には親身に対応しています。それは実の親も義理の親も同じです。相手の信頼を裏切るようなことは致しません。しかし、言いなりではなく、意見はしっかり言います。間違っている時は間違っていると言います。だからこそ信頼されていると感じます。

    離婚の理由は人それぞれ小さいか大きいかは本人の主観です。周りが「そんな小さいことで」と思っても本人には耐えがたい大きなことかもしれません。一概に我慢が足りないとは言えないと思います。

    トピ主の親世代ですが、ただただビックリなトピです。

    ユーザーID:4938826846

  • そもそも現代日本の結婚とは何か、分かっていますか

    あなたはいつの時代の人でしょうか。

    30代と書いておられますが全く信じられません。
    「嫁は相手の家に入ったのだからと思い」「相手の家に入った以上は」などと書いていますが、そのような発想の背景にある家制度は、一連の戦後改革の一環として1947年に廃止されています。それ以降の日本では、結婚したからといって「相手の家に入った」わけではありません。あなたは現代日本の教育を受けてきた人なのでしょうか。現代日本の結婚とは、「お互い、それまで属してきた家族から独立し、結婚相手と共に新しい家庭を作る」ことです。嫁入りとか婿取とかいうのはすでに過去のもの、現代日本では一部の人の間でのみ使われる俗語に過ぎません。

    結婚するときには誰だって幸せになりたい、相手の親族ともうまく付き合っていきたいと思っているものです。しかしどうしてもうまくやれない人というのはあるものです。一方的に「嫁」の側が我慢すればいいなどと言っているのもどうかしています。
    「最近の若い者は昔に比べて……」は年長者の常套文句です。あなたは30代にしてすでにそのような老いた発想になってしまっているだけの話です。

    ユーザーID:1097469565

  • 私は38歳ですが・・・

    私は38歳で、トピ主さんと同年代ぐらいだと思いますが、相手の家に入ったと思った事は一度もありません。

    主人と新しい家庭を築いていると思っていますし、恐らく義理の両親もそんな感じに思っているような気がします。

    父の日、母の日、誕生日などはやっていますが、それは普段、とても親切にしてもらっているので、単純にお礼の気持ちです。


    若い人、そんなに簡単に離婚していますか?

    私の周りは、20代で結婚する人がほとんどいないので分かりませんが、無理するぐらいなら別れてもと思います。

    人様の人生なので、好きにしたらいいと思います。

    私は自分より、最近の若い人の方が辛抱強いように感じています。

    家に入ったと思っている人は、少ないのではないでしょうか。

    うちの母親ですら、そんな感じではありません。

    しかし、みんな別にうまくいってますよ。

    むしろ適切な距離を置いて付き合った方が、うまくいく気がします。

    ユーザーID:3993238487

  • 単純に感覚の差じゃないでしょうか?

    私は50代既婚女性ですが、「相手の家に入った以上は、、、」と言った感覚が理解出来ません。
    好きな人と結婚はしましたが、相手の家に入ったとは思っていませんから。

    「義理」の家族は所詮「義理」ですが、大事な人の家族と言う事で節度を持ったお付き合いをしています。
    それは「わがまま」ではなく、単なる「感覚の差」だと私は考えています。

    ユーザーID:1875590921

  • 同居してから!

    トピ主様

    完全同居してください。

    それから皆さんに意見して!

          同居嫁

    ユーザーID:5327272036

  • 田舎の人ですか?

    私の周りに義親と同居や近居の人はあまりいないのですが、、、
    トピ主さんは我慢したいという自分の意思ですから勝手に我慢したらいいけど、
    そんな嫁を不幸にする男と一緒にいる意味ありますか?
    私の夫は私が嫌がるであろう事は夫が断ってくれるので、滅多に会わない義親との仲は良好です。
    言いたい事も言えますし。
    介護も近居も無い。
    あー、幸せ。

    ユーザーID:9779445236

  • 姑です

    我慢は美徳ではありませんよ

    親が我慢をしていると、子の世代、孫の世代に歪みが出ます

    一番いけないのは
    子供が「お母さんてかわいそう」と思う事です

    キチンと自分の意見を持ち、述べることも必要だと思うのですが

    ユーザーID:1905086133

  • そうでしょうか

    確かに離婚は簡単にするものではないと思います。
    しかし、「嫁に行くことが相手に家にはいる」
    そこからトピ主と私の意見のすれ違いが始まっている気がします。

    我慢するのはどうして嫁なのでしょうか。
    時代錯誤なんて言いません。昔からおかしかったと思います。
    >夫婦関係を保つためや、相手の家とうまくやっていくのは、お嫁さんの役割のような気がしてなりません。
    まったくそうは思いません。
    どんな人間関係であれ、相手に我慢を強いてつながっている状態は不健全でいずれはその歪みから破たんします。
    我慢の役割はなぜお嫁さんなのでしょうか?
    夫婦関係を保つのは一方の我慢ではなく双方の努力です。

    世の中には、限度を超えたいじめがあります。
    精神を病むぐらいのね。
    たまたまご自身がそうでない環境であったからといって上から目線で「嫁はがまんするべき」なんて軽々しく言えませんよ。
    小町でも大変苦労されているお嫁さんは沢山いらっしゃる。
    そのような人たちの中にはトピ主の想像にも及ばない我慢をしておられる方もいます。
    ご自身が我慢できたから人にもと言うのは安易な考えです。

    ユーザーID:1982296101

  • ご立派です。だけど

    やはり別居は楽なんだよねと思ってしまいました。
    仮に義父母ともめても夜になれば自分の家に帰れる。
    自分の家でホッとできればリセットもできる。
    同居嫁はリセットできる時間も空間もないのです。

    でも
    >特に若い世代のお嫁さんたちの我慢が足りなさすぎる
    この意見には同意です。
    リセットできるのにするつもりもない人が多すぎます。

    ユーザーID:6572472124

  • 花嫁さんという言葉はあっても

    "嫁"はいない。
    いるのは"妻"。

    年上を敬う。ということはあっても、お姑さんに阿る必要はないと思いますよ。
    相手は"夫"の親です。
    義理ですよ。
    しかも相手の家に"入った"わけではない。
    新しい世帯を"築いた"が、正解でしょう。
    勿論其々の特色を持ち寄った"家"です。
    新しい家の流れができます。

    相手の家に入った覚えのない人は、相手の家の押し付けに閉口します。
    そして我慢をする必要はありません。
    女性は仕事に家事に育児に、そして実両親の将来も肩に掛かってます。
    兄弟がいない人も多いし、諸々の手続きは
    実の子供じゃないとダメだし。
    夫も自分の両親は夫自身でやって貰わないと、妻ぶっ倒れますよ。
    男性も仕事だけしていれば良い時代ではないのだと思います。

    時代錯誤ではありません。
    余裕がない。が正解です。
    そして敬えない年上も多い。というところですね。

    ユーザーID:6228254668

  • 自分だけで完結してください

    あなたは自分の考えが正しいと思い込んでいらっしゃるのに
    何故、人の意見を参考にしたいのでしょうか?
    自分の考えを肯定でもして欲しいのでしょうか?
    意味がわかりません。


    参考までに私の考えを述べさせて頂きますと
    「別に何でも良いんじゃない」です。
    みなさんそれぞれ環境が違いますし
    我慢が足りないとか、よそ様に言う事ではないと思います。

    私は人として家族、双方の両親、兄弟親戚、友人とお付き合いしています。
    関係はみんな良好です。

    「○○だから」「○○なのに」は
    人に求めない方が良い人間関係が築けると思いますよ。
    世の中一括りには出来ないものです。

    ユーザーID:1074445416

  • 時代錯誤ではなく、多様化しているだけです

    トピ主さんのような考え方もアリだと思います。
    ですが、我慢が足りないのは、若いお嫁さん限定ではありません。

    キレやすいお年寄りも増えてると思いませんか?
    妻に対して根気の無い夫もいると思いませんか?

    我慢が無いのだとしたら、そう育てた世代がいます。
    若い嫁に不満を持つ姑世代が、他ならぬ嫁世代を育てたのです。
    結局は、親世代も我慢を美徳と考えない人が増えてるのです。

    親戚として、夫親と付き合っていくのは大事だと私も思います。
    でもその付き合い方は、人によって多様で構わないと思います。

    変わっていくのは嫁だけではない、姑も周りも変わっている場合もあります。

    トピ主さんはまだ若いからだと思いますが、我慢や努力は必ず実を結ぶとは限らないのも現実です。
    私個人は、見切りが早くても、その人が自分で責任を取れるのなら、その人の自由だと考えます。

    ユーザーID:6126798457

  • いろんな考え方があっていい。

    私も嫁の立場になって8年過ぎました。
    我が家の場合はお姑さんがとても良い方で、全く諍いはありません。
    何かあっても夫が必ず間に入ります。その方が実の親子同士うまく行くと思います。

    あなたは自分が義実家と深く関わった方が良いというお考えだと思います。
    それはあなたのやり方であって、他人のやり方は違うかもしれません。
    他人は他人のやり方で家族が幸せならそれで良いのではないですか?
    家族の形なんてそれぞれで良いと思ってます。

    昔はどうだったか知りません。あなたも聞いたことがあるだけで、体感したわけではないでしょう。
    それを押し付けるのはどうかと思います。

    あなたの場合は最初は諍いがあっても今は良い関係が築けているからそんなことが言えるのです。
    10年経っても20年経っても険悪な仲の人がいるのです。
    理不尽なことに黙って耐えることなんて、1回でもやる必要はないと思います。

    ユーザーID:3243111714

  • トピ主さんとはわかりあえない。

    まず大前提が違うでしょう。その考え方ってお母さんから刷り込まれたのでは?

    結婚とは嫁に入ることとは私(50代です)も思ってませんし、娘にも教えていません。

    それどころかそんな風な考えは間違いで、夫婦二人で家族を作り上げていく中で双方の実家と上手くやって行けるよう夫婦で努力すべきと教えようと思います。

    トピ主さんの考えだと女の子はいつまでたっても幸せになれないと思いますよ。たまたま上手く行くケースはお嫁さんの意識がどうでも、幸運にも義両親の人柄が優れていたからでしょう。

    男性よりも女性の方が間に入って上手く回しやすいというのはあるかもしれないけど、だからと言ってそれを求めるのは違うと思います。

    ユーザーID:0009491166

  • 時代錯誤

    そのまんま。
    昔は女性は働いてなかったの。
    今は働いてるの。
    離婚したくてもできなかった人が、今はできるようになったの。
    何故女性だけが相手の親に尽くすの?
    ないない。
    自分がそうだったからと他人に押し付けないでくださいよ。
    苗字こそ旦那の苗字になったとしても、
    相手の家に入ったつもりはありません。
    旦那と家族になりました。けど旦那の実家は家族じゃないです。
    わたしの家族は旦那と子と自分の実家家族だけ。

    まぁあなたの存在くらいで離婚はしませんよ。
    縁は切りますけどね。

    ユーザーID:6343084252

  • 夫婦なのに、お嫁さん限定ですか・・・

    >時代は変わっても、夫婦関係を保つためや、相手の家とうまくやっていくのは、お嫁さんの役割のような気がしてなりません。。

    つまり、お嫁さんひとりが我慢してサンドバックになれば済む話なのにってことですよね?
    なんか旦那さんと夫婦になった意味ないですね。
    旦那さんが自分の親とお嫁さんの間に入ってサポートしたりしなくていいんだね。
    それって人としてどうなの?

    ユーザーID:9608989820

  • 我慢するのは何のため

    貴方の言っている事は正しいと思います。

    きっと我慢するだけの価値を与えてくれる何かが貴方にはあるのでしょうね。

    世の中のお嫁さんのほとんどの方は、ご主人の実家と仲良くとまではいかなくても、揉め事を起こさない様に、愛する人の親だから大事にしようと思って結婚していると思います。

    ではなぜ我慢できないのか、
    あまりに理不尽だったり、何のために我慢するのか解らなくなったり、裏切られたり等、我慢する必要がなくなった方もいるのですよ。

    ユーザーID:7278780710

  • 押し付けるから

    とぴ主のいうことが正論とすれば、
    すべての女性は中卒でさっさとどこかの家に嫁ぎ
    夫の親と同居すべし
    だと思いますが、
    女性が普通に大学へ進学し、就職するこの時代に
    中卒で結婚して夫親の言いなりになる女性って
    います?

    とぴ主は中卒で結婚してますよね
    そして、娘さんは中卒すぐに結婚させ
    夫親と同居しすべて言いなりになるように育ててますよね?

    とぴ主みたいに、自分から
    私は夫とその両親に何をされても黙って従います
    という人はそれでいいと思いますけど、
    そうは思わない人もいます

    そういう人に夫や夫親が
    妻なんだから。。。
    というから、もめるじゃないですか?

    妻の立場をいつまでも
    中卒で。。。と思っている時代錯誤
    ってことですよ

    とぴ主はなぜ夫親と同居してないんですか?
    それこそ、一昔前でしたら
    同居しているはずですけど?
    それか、
    せいぜい敷地内別居ですよね

    今の若い人たちは我慢が足りないからすぐに離婚?
    では、
    熟年離婚という言葉をご存知でしょうか
    その我慢が爆発して夫の退職に合わせ離婚する
    私にはこちらのほうが、大変なことのように思えます

    ユーザーID:9044763591

  • 温故知新

    時代によって価値観は当然変わると思います。
    でも、人間関係の基本は変わらないかと。
    相手を尊重しない人は相手からも尊重されないので、嫁の立場は関係なく目上の人に対する礼儀や尊敬の形式は大事だと思います。

    「こんなことで離婚!?」というケースについては他人から見たら「こんなこと」でも、本人にはアイデンティティを覆すほど許せない事もあるので、その価値観は押し付けることはできないのかなと。

    ただ、昔からの知恵というものもあるので、そういうものを利用して上手く嫁姑関係をやりすごすのは賢いと思います。

    我慢することが偉いのではなく、先人の知恵を現代の生活に合わせて活用するのが賢いのかなーと。主さまが嫁の役割を意識し努力することで円満な嫁姑関係を築いてきたのは偉いと思います。

    個人的に思うのは、若い人に足りないのは、『我慢』じゃなくて『先人の知恵』なのかなー?と。学校じゃ教えてくれませんものね。

    ユーザーID:5086482396

  • 考え方が違います

    私は夫の家に入ったつもりはありません。あくまで夫と新しい家族になったつもりです。苗字が夫側の姓になっただけです。
    なので、嫁として〜という考え方がありません。夫に養ってもらっているつもりもないし、対等だと思っています。
    なので、誕生日や母の日などのイベントは、両家の両親に連名でプレゼント贈っています。平等主義です。
    今の所、特にトラブルなどもありません。
    人それぞれ考え方が違うと思うので、色々あって良いと思います。

    ユーザーID:4952596522

  • 当事者でなければ・・

    嫁さんのあなたが今までそのような考えで義家族とやってきたのは、とても良い事だと思います。けど、嫁さんばかりが我慢しているかっと言われたらそれは、疑問のような?

    離婚する人は、一概には言えませんが、義親もそうですが、それ以上に、肝心要の連れ合い(旦那、或は妻)に問題があるのではないですか?

    どっちに限らず、片方ばかりが一方的に我慢は無理だと思いますが・・そして何事も当事者でなければ、わからないことだとも思います。

    結局は、お互いに「私さえ我慢していればいいんだわ」っと思っていたりして・・

    ユーザーID:9405068113

  • 同じ嫁じゃないし、夫の家に入ってません。

    夫と新しい家庭を築いてるんです。
    相手の家になんて入ってませんよ。
    いつの時代の話をしてるんですか?

    どうして我慢をしなければいけないのでしょうか。
    理不尽なことにも耐えて我慢をする意味って?

    嫁に入ったわけではないので、
    大切にするのは夫の親だけではありません。
    自分を大切に育ててくれた両親をないがしろにされ、
    そんな両親の躾を否定するようなことされても我慢をするの?

    大切にしたり信用をなくすようなことしてはいけないのは、
    人間だったら誰でも当たり前じゃないの?
    なぜ嫁だけが適用されるの?

    理不尽なことをする人を大切にするの?
    その義父母はなぜそんな我慢を強いる嫌がらせをするんですか?

    私は義父母でもなんでも友好的な人なら友好的です。
    でも、義父母なんて疎遠でも一向に困りません。

    ユーザーID:9830699621

  • じゃああなたの夫は?

    相手の家に入る?口答え、反抗しない、悪口を言われても我慢?いいんじゃないですか、時にはあなたが言いたいことを言っても、口答えしても。

    あなたが嫁としてご立派なことは分かりましたが、ご主人は?あなたのご両親のいいなりなんですか?誕生日、父の日母の日はあなたのご両親のためにご主人が率先してお祝いしてくれる?それならいいけど。
    時代が変わっても妻は変わるな、夫は変わらなくていいということならやっぱりおかしいと思いますよ。

    ユーザーID:1796585862

  • 変わると思います

    家にはいるとかそういう
    嫁はいなくなるでしょうし、結婚の制度もそのうち
    なくなるんじゃないでしょうかね。
    パートナーシップは残るかもしれませんが。

    嫁に限らず人間関係で、譲り合ったり我慢したり大切に思ったりは
    それなりに必要です
    自分の信用を無くすようなことをしてはいけないですよね。

    嫁だけではありません。人間としてです。
    でも中には小さいころから
    それを強いられてきちゃった人たち
    我慢や犠牲をしすぎている人たちもいらっしゃるので
    そういう人たちには
    頑張らなくてもいいし離婚もありだと思っています。

    ユーザーID:5281792781

  • 50代女性です

    >夫婦関係を保つためや、相手の家とうまくやっていくのは、お嫁さんの役割
    >特に若い世代のお嫁さんたちの我慢が足りなさすぎる

    このふたつは別々の問題ではありませんか? たしかに、今の若い方は我慢が足りない人も昔より多いのかもしれません。でも、わたしの母世代(今の90歳代)でもそういう人はいましたし、小町を読むと非常に我慢している人も多いと思います。結局は人それぞれの問題ですし、しなくてもいい我慢をしている人も多いように感じます。自分なりの幸せを追い求めることが悪いこととは思いません。昔の嫁は人間扱いされてませんでしたからね。

    それから夫婦関係や義実家との関係は妻だけの役割ではなく、夫婦二人でやるべきことです。結婚とは二人で新しい家庭をつくることです。わたしは義実家と敷地内の長男嫁ですが、そういう意識で暮らしています。「〇〇家に嫁いだ」という意識もありません(他人が思う分には気にしませんが)。だから、義実家関係のことも夫の意向を尊重しますが(夫に代替わりしています)、なんでも義実家のいいなりではありません。私自身の実家も同じように大事にしましたし、夫も尊重してくれていました。

    ユーザーID:4697469872

  • もう少し謙虚なったらいかがですか?

    自分の考えを押し付けるあなたはそれほど偉い人間なのでしょうか?

    離婚には人それぞれ、理由があります。

    あなたが思う、>そんな小さなことで離婚?
    は、離婚する人にとっては小さな事ではないのです。

    そして、あなたのような人間に、本心(本当の理由)など話す人がいるのでしょうか?
    あなたの耳に入る離婚理由はほんの上澄みだけではありませんか?

    >同じ嫁として、どうして我慢が出来ないのか
    などと嫌味たっぷりに言われる筋合いもありません。
    もしこれが嫌味でもなんでもない他意のない言葉だとしたら、あなたはちょっと恐い人です。

    このような事を思うようなあなたが素晴らしい嫁だとも思いません。

    自分中心にこの世の中は回っていませんよ。
    視野が狭すぎる人(あなた)が思いそうなトピではありますが。

    ユーザーID:6697845039

  • まさに永久就職みたいな…

    仕事だって転職する自由があるように、結婚後に「この人じゃなかった」と思えば離婚でしょう。
    トピ主さん、本当に30代?時代錯誤な感覚でピントもズレている。
    離婚=相手の親のせいって人もいるかもしれないけど、一番は本人同士の問題じゃないの?
    姑がどんなに嫌な人間であっても、結婚相手が自分を大事にしてくれれば何とかなる。

    奴隷の様なヒドイ扱いに我慢しなくても、自分で働けば生きていけるって自信や
    離婚に対する偏見が減って来たのは、女性にとっては良い事だと思います。

    ユーザーID:2169440837

  • え?

    あなた、30代でしょ?
    若い世代若い世代って、あなただって若いじゃないですか。
    あなたは、立派に嫁としてこなされてます。
    だけど、できればみんなそういうのやりたくないんですよ。
    やりたくてやってるあなたは、すごいと思う。
    だけど、それを強制しなくてもと思います。
    離婚だって、別にいいんじゃないんですか?
    昔ほどは、言われないでしょう。

    ユーザーID:9978879793

  • トピ主さんから見える離婚理由がすべてではない

    トピ主さんから、本当にすべての離婚理由が見えているとでも思っているのですか?
    そう思っているとしたら、かなり浅はかです。他人に説明する必要もないし、面倒臭
    いから細かい部分を大部省略している可能性が高いのに。

    自分が取りあえず、ギリギリうまくやっているからと言って、条件・状況の異なる
    他の人もトピ主さんのようにうまくできると思うのですか?

    その離婚した人達は、「嫁としての在り方」をトピ主さんにお伺いしてきて、トピ主
    さんが意見を言う状況なのですか?赤の他人の状況を批判できるほどトピ主さんは、
    立派な方なんですか?

    ユーザーID:1969422965

  • 他人のことは放置で

    ご自分がそう考えるなら、そうすればいいだけのこと。
    自分は正しい、我慢の足りない若い人は間違ってる?
    余計なお世話です。

    結局のところ、トピ主も内心不満でいっぱいなんじゃないですか?
    でも、いい嫁してきたから、今更言えない。
    だから、好きなようにしている他の人を非難したくなるんでしょうね。
    不満がなければ、他の人のことなんて気にならないでしょう。
    お気の毒。

    ユーザーID:6342314535

  • 時代錯誤です

    家に入った?いえいえ入ってません。とおの昔に家制度は無くなりました。現在では夫婦単位の戸籍ですから、家に入ると言うことも、嫁ぐと言うことも実在しないのです。

    なぜ女ばかりが男性側に合わせ、我慢せねばならないのですか?男女が平等なのは憲法でも明記されています。

    男女関係なく、それぞれが相手を思いやり譲り合って家庭を築くいて行くことが一番だと思いますが。

    ユーザーID:9560357152

  • 息子の奥さんにも同じことを求めるんでしょうね

    結婚30数年の60歳代ですが、お嫁に行った、相手の家に入ったなんて思った事は一度もありません。
    夫婦も仲良く、義実家とも何も問題なく過ごしてきました。

    多分主人の母(80歳代)も私をお嫁にもらったなんて思っていないでしょう。
    とぴ主さんのように義両親に反抗したり口答えしたこともありません。
    とぴ主さんは我慢してでしょうが、わたしは義両親とそのような事態になったことがないからです。

    相手の家と上手くやっていくのは、夫の役割ですよ。

    本当に30歳代なのでしょうか?
    ビックリです。
    大した職歴もなく自己評価が低くて、いつもオドオドしているイメージがとぴ主さんにあります。
    あなたが満足していれば構いませんが、将来息子の妻にも同じことを求めそうですね。嫌な姑になりますよ。

    ユーザーID:4130354774

  • 嫁としては正しいんじゃないかな

    でも私(50才)を含めて嫁に行ったと思ってない人には違うのさ。

    嫁に行くとは家制度の時代の名残で、夫の家の戸籍に入ったからじゃないんですか?

    1947年に家制度は廃止され、現在は結婚したら独立した戸籍を作ることになってます。なので嫁には行ってないんです。相手の家には入ってないんです。わかりますか?だから時代錯誤なんです。

    古い家制度を形だけでも継続したいならそれはあなたの自由ですが、他人の価値観を否定する権利はありません。

    ところで本当に30代? 実は30代の息子の配偶者(30代の嫁と書くとわかりにくいので)を持つ姑が書いてるんじゃないの?

    思うんですけど、自分と同じ苗字になるから誤解したままの姑が多いんだろうなあ。やっぱり夫婦別姓(同性も選択できる)にすればこういう時代錯誤も減るんでは? 要するに夫婦同性で自動的にほぼ夫の名字を選ぶことが時代錯誤なんでしょう。

    ユーザーID:6705161455

  • 考え方の違い

    トピ主さんのような考え方をする人もいらっしゃると思いますし、それを否定するものではありません。 ただ、多くの人達は私と同様に結婚とは相手の家に入るのではなくて夫婦が協力して新しい家庭を築いていくものと思っているのではないでしょうか。

    私はトピ主さんよりずっと年上ですが、両親も同じ考えでした。若い人たちには小さな社会に閉じこもっていないで世界に目を向けて欲しいと思っています。

    祖先と同じ場所で一生を過ごす人生もあるかも知れませんが、世界を舞台に社会に貢献するいう人生もあります。 「嫁に入った」と言う意識がない人達も世代を問わず多数いると思います。

    離婚についてはたった20数年の経験で一生のパートナーと巡り会える可能性は少ないと思います。先着順で結婚してしまった以上、離婚もやむなしと言うことではないかしら。

    ユーザーID:8481067322

  • ただただ、不誠実で不真面目な怠け者と思うだけです。

    天丼まんさんのような考え方を「時代錯誤」とは思いません。
    ただただ、不誠実で不真面目な怠け者と思うだけです。

    人間誰しも口答えや反抗をしずに、だれか力の強い人の言うことをきき、支配下に置かれたほうが「楽」ですよ。自分の頭で考えず、指示に従って敵を作らず、攻撃もされない方が「楽」なんです。楽を選び続ける後ろめたさを「我慢=美徳」としているだけです。

    自分の考えや意志を正確に伝えるために「考える」
    より多くの意味のあるメリットを追求するために「行動する」
    そのために生じるあらゆる問題を引き受ける「覚悟をもつ」

    こんなことの方が、よっぽど難しいんです。「従う」のは楽でイージーな解決ですよ。きっと天丼まんさんは、生まれていちどもこんな思考をもったことがないから、それらの行動を「口答え」「反抗」としか見えないんでしょう。残念なことです。

    「時代」の問題ではありません、人間の成熟度の問題です。
    ところで、お子さんとはどんなコミュニケート取ってるんですか??

    親の言うことに反抗するな、口答えするな、とでも言ってるんですか?
    そっちが心配ですね。

    ユーザーID:4520324110

  • 我慢は美徳ではない

    何をしても、どこにいても生きている限り何らかの我慢や忍耐はつきものですが、何でもかんでも我慢するのは自尊心のない愚か者です。
    トピ主はどんな目にあわされても我慢すべきだと思うなら好きなだけ我慢したらいいと思いますが、人様に押し付ける事ではありません。

    お互いに譲りあえる相手同士ならともかく、言葉がまともに通じない人、根拠もなく自分が一番偉くて威張り、支配する権利を持っていると認識している相手であれば、我慢すればするだけ自分の心身を痛めつけるだけなんです。
    世の中には本当にどうしようもない人はいるのです。トピ主は幸いそういう人に出会った事がないのではないでしょう。

    何でも嫁が我慢して、一人で努力しなければならないのは人間関係として不自然ですし、舅姑夫も甘えすぎで厚かましいです。それを何とかしようと頑張ってきた女性の先輩方の苦労をブチ壊しにかかるトピ主に呆れます。
    時代が変われば男女関係なく求められる理想は変わります。
    女性が男性の家に入るのではなく、新家庭を築くのが結婚です。
    我慢が足りないのはお嫁さんだけではなく、夫も舅姑もでしょう。年代関係なく我慢弱い時代です。

    ユーザーID:3949359201

  • トピ主さん、単純だと思う

    >相手の親を大切にしたり
    >相手の家とうまくやっていく
    私もその点は同意です。

    >同じ嫁として、どうして我慢が出来ないのか
    この点が単純すぎると感じます。

    まず、同じ嫁ではないです。
    同じでないから、我慢力も違って当然です。

    実例で言うと、長男の妻になって同居した嫁もいれば、
    長男の妻だけど妻実家の傍に住んで実家入り浸りの嫁もいます。
    息子の妻は、トピ主さんの言う
    >相手の家に入った以上は、嫁
    を求められ、娘には「嫁」を全くさせずに「娘」でいさせる。
    我慢以前の問題ですよね、本人の意識が「嫁」でも、周りの扱いが「同じ嫁」では無い。

    トピ主さんの求める「嫁としての姿勢」は、それでいいと思いますが、
    すべての嫁に同一価値を押し付けるのは無理があると思います。
    条件や本人の性格以外にも、夫親の考えや姿勢もバラバラなのですから、嫁の我慢が足りないの一点で片付かない問題と思います。

    ユーザーID:7090098127

  • 昔の女性が我慢したのは・・・

    稼げる女性の仕事がなかったからです。

    いまは女性の仕事がいろいろありますし、男性並みに給料がもらえる職場も多いです。

    それに、義実家で理不尽な要求されて、それでも姑や夫の言うことに従って、何かメリットあるんですか?
    何もないですよ。
    よほどの資産家の義実家でもない限り、何も良いことはありません。

    いまどきの若い方は、それが分かってしまったのです。

    >私は、嫁は相手の家に入ったのだからと思い、
    >相手の親には口答えや反抗せず、父の日母の日、誕生日などは欠かさずにやってきました。

    貴女はそれで構いません。
    ただ、貴女のお子さんには軽蔑されます。特に娘さんには。

    貴女は自立もできずに、自分の意見も言えずに、ただただ義実家に盲従する。そして、「これが嫁というものだ」と自分を納得させている。

    でも、娘さんには押し付けないでくださいね。

    しかし・・・
    本当にこれでいいと思っている方なら、こんなとこにトピ立てませんよ?

    ユーザーID:3265422271

  • あなたを気の毒に思います。

    お若いのにそんな考え方になってしまうなんて…
    家庭環境が著しく古風だったのでしょうか。
    言葉が失礼にあたったらすみません。

    主さまのような人をみると
    「ああ、戦後日本に洗脳された女性がここにも…」と
    気の毒に思います。

    なぜ洗脳と思うかって?
    あなたのような考えの女性が嫁になれば
    周りがみんなラクできるからですよ。

    都合がいいからです。
    あなたのように自主的に全部背負ってくれる
    人がいればね。従順で逆らわなければなおよし。

    あなたがそうしたいならご自由になさればいいと
    思いますが、夫婦を維持するために好んで過度の我慢を
    する女性って、私はいたたまれなくて正視できません。
    私には無理だわ。

    ユーザーID:9302038167

  • 本当に時代錯誤です。

    同じ嫁として?
    嫁って何ですか?
    結婚したオンナはみんな嫁、なんですかね?
    はて、嫁、とは?辞書を引かなきゃ、わからない。

    私は妻の立場ですが、自らを「嫁」と申し上げたことは
    20年以上、一度もありません。
    既婚の会社員、オンナですが
    主婦とも嫁とも、申し上げたことがない。

    私は既婚、オンナ、職業は会社員、家事が主な仕事ではない。

    『嫁』の立場(ってなんだ?)から言えば、論外ですね。
    いたって普通なんですけどね。

    ユーザーID:3233644552

  • 戦前ですか

    >嫁は相手の家に入ったのだからと思い、相手の親には口答えや反抗せず

    「嫁入り」「相手の家に入る」という考え方が、もう時代にそぐわないと思います。

    家長制度は崩壊しました。
    いまや男女平等です。
    結婚とは家の結び付きや、嫁が婿の家に取り込まれるのではなく、個々の男女が新しい世帯をもつ事ですよ。

    「口答え」っていうのも、時代錯誤だと思います。
    年長者に自分の意見をいうことが「口答え」なんですか?
    いったい、いつの時代の話です??
    まったくもって同意できませんね。

    嫁は自分の意見をハッキリ言わず、我慢するのが当然だなんて、モラハラだと思いますけど。

    トピ主さん、ほんとうに30代ですか?

    姑世代みたいな考えだし、文章も古くさいし。

    トピ主がそうしたいなら舅姑に下僕のように従えばいいと思いますが、他人にもそれを強要するのはおかしいですよ。

    それに、離婚の理由なんて千差万別です。
    姑問題だけが離婚の理由じゃないですよ?

    また、離婚の理由なんて、他人にはわかりません。
    本当は、ささいなことじゃないかもしれないですし。
    30代にもなって、そんなこともわからないのですか?

    ユーザーID:9034251989

  • アラサーです

    核家族で育ちましたので、家制度というものが知識として理解はできますが、
    遠い異国の風俗習慣の話を聞いているような不思議な感覚です。

    夫の両親兄弟と上手くやりたいですし、勿論そのための努力も行っていますが、
    それは私の愛する人への誠意であり、縁のあった年長の方との関わりの一貫であり、嫁という立場からくる義務ではありません。
    そして夫の実家も私の実家も対等です。
    どちらかを優先したり優遇したりというのは自身の心情的にはありません。

    対等な人間同士の付き合いですので、従うという概念を持ったことがありません。
    相手への思いやりで持って譲ったり尊重しています。
    (うちの子は長男なので名字を継いで欲しいなど)

    トピ主さんはどうやら嫁という概念をお持ちで、
    その役割で望ましいとされているから我慢されたり色々やっているようですね。
    私はそれをただ相手への思いやりでやっています。
    ですので、人としてそれはおかしいでしょうと思えば逆らうと思います。
    家という家庭内の身分制度ではなく、人と人としてお付き合いしているからです。
    何を持って我慢が足りないと言っているのかは具体例がないので何も言えません。

    ユーザーID:1384079862

  • そうですねえ

    価値観の多様化。これに尽きるんじゃないかな。
    我慢する人はする。しない人はしない。
    トピ主さんのお考えは素晴らしいと思いますが、そう思えない人がいても、そうできない人がいてもそれは個人の事だから認めようというふうに日本の社会が変わってきている結果かと思います。

    それによって離婚が増えたり傷つく子供たちが増えたりと問題も発生しているわけですが、これが現代なんだという着地どころしかないですね。
    いくら素晴らしい考え方でも、トピ主さんのような価値観は残念ながら時代錯誤と言えるのかもしれません、今は。
    日本人は敗戦の時にとても大切なものを捨ててきてしまったと言われていますが、まさにそうなんだろうなあ。

    ユーザーID:2498655576

  • レスします

    わたくし昨日結婚46周年を迎えたものですが、結婚した折夫の家に入ったとは思ったことは御座いません。
    結婚した当時から今までずっとです。
    夫の両親とは特別仲が悪いわけでなく、90才すぎた姑に近居してもらい何かにつけて手伝っております。
    姑の介護保険の手続きはわたくしが取りましたし食事も週一回一緒に取っております。
    あくまで私は夫と結婚したのであって夫の家の嫁になったつもりは1ミリもございません。
    あなたとは結婚観が違うのでしょうね。

    ユーザーID:6302753266

  • 嫁じゃないからです

    トピ主さんの「嫁」がどういう意味かわかりませんが、昔ながらの長男至上主義で、財産を相続する権利は全て長男にあるが家を継ぐ義務がある、という場合以外、ただ結婚して夫の姓になっただけでは「嫁になった」とは考えないのが普通です。
    私は夫と結婚したのであって、◯◯家の嫁になったわけではないので、トピ主さんが言う嫁の役割とやらはするつもりはありません。

    もちろん、もともとは他人同士が付き合うのだから、夫の親とも有効な関係を築きるように努力はしますが。
    日本国憲法、民法、結婚に関することのどこにも、嫁なんて言葉は出てきませんよ。
    だから時代錯誤だと言われるんじゃない?

    ユーザーID:4668694166

  • その人じゃないと分からないこともある。

    離婚したことは、当事者にしかその辛さや苦しみは分からない。

    「我慢が足りない」とかじゃないと思うんですが??
    確かに我慢が足りない人もいるのかもしれませんが、すごく悩んで悩んで離婚する人もいますよね。

    あなたは別居だし、お互い譲渡できる賢いお姑さんが相手だったから離婚しなくてすんだんじゃないですか?
    離婚した人も姑が原因かどうかも分かりませんよね??
    不倫だったかもしれない。ギャンブルだったかもしれない。DVだったかもしれない。そんなの分からないもの。


    我慢が足りないとは別に思いませんよ。
    それに、本人が決めたことだしなんとも思いません。

    ユーザーID:2123637880

  • 家制度は既に存在しないのですが

    >相手の家に入った
    この言葉を多用されていますが、義家と養子縁組でもされました?

    家制度は既に存在しません
    現代は、家同士のお付き合いはありますが結婚する当人同士が新しく家庭を築いていくスタイルです

    私なんて結納も結婚式もしていませんけど、それでも「嫁入り」なんでしょうかね
    家同士もお付き合いしてませんし、タダでもらってやった「嫁」?(笑)

    >時代は変わっても、夫婦関係を保つためや、相手の家とうまくやっていくのは、お嫁さんの役割のような気がしてなりません。
    そういう主張が時代錯誤なんですよ
    婿さんにその役割はないんですか、不思議ですねぇ

    「相手の家に入る」ということは、自分の実家とはほぼ疎遠になるわけですが、トピ主さんはご結婚8年とのこと、ご自身のご実家へはどれくらいの頻度での訪問でしょうか
    毎年行っていたら、相手の家に入ったとは言えないですよ?
    都合よく改変しないでくださいな

    相手の家とうまくやっていくのは、嫁だけの仕事じゃないですよね
    嫁親とはうまくやらなくてもいいってことですか
    それとも、そんなにご実家がお嫌いですか

    ユーザーID:8759116136

  • 自分で書いてますよね。

     50年前であれば、「夫の実家と別居」はありえない。「もめたりすること」もありえない。「お互い言い合える仲」もありえなかったんです。同居はいやですよね。言い合うってことは、嫁の意見をとおすこともあるってことですよね。昔は、「義父母の意見は絶対」でした。
     良い義父母、良い夫に恵まれましたね。 それだけのことです。

    ユーザーID:9547604130

  • そもそも相手の家に入るのが結婚ではないのでは?

    離婚についてはそれぞれの夫婦間の事情であり、何の事情も知らない第三者がもっともらしいことを言っても何の説得力もないです。

    そして結婚とは相手の家に入ったものではなく、夫婦で新しい家庭を築くことです。義両親を尊重するのは当然ではありますが、その立場を当然と思い、傍若無人にふるまえば関係が悪化するのは当たり前のこと。何を言ってるんだか。

    要はトピ主さんって他人を非難することで自分を肯定するタイプのようですね。嫌な感じ。

    ユーザーID:0400194871

  • 時代錯誤ですね。

    トピ主のその考えは、親の影響ですか?
    学校や社会では、男女平等が当たり前の世代ですよね?
    社会性が低いのか、現実が分からないのか。
    時代錯誤で、変わった人と思います。

    結婚が家同士だったのは、明治時代です。
    今の法律では、結婚は個人です。
    トピ主が昭和生まれとしても、嫁に入るって発想は変です。
    友人関係で浮いていませんか?
    で、嫁に入ったなら、嫁は言いたいことを言っちゃダメ。
    「お互いに」言える仲なら、嫁じゃなくて息子の配偶者です。

    配偶者の親を大切にしたり、信用を無くすことをしないのは、夫も妻も必要なこと。
    なぜ、妻「だけ」が配慮するのですか?
    トピ主のような母親が、思いやりのない男性を育ててしまう気がします。
    悪循環ですよ。

    若い世代が我慢強いとは思いませんが、離婚が増えた背景には、女性の経済力が不可欠です。
    理不尽な支配に耐える必要が無くなったので、離婚「できる」んです。
    誰だって幸福に生きたいですよね?

    とりあえず、トピ主は子育てで男女差別をしないように気をつけてください。
    男女は平等であることを、未来がある子供にはしっかり伝えてください。

    ユーザーID:5579097934

  • ん?

    離婚の原因は何も姑舅が嫌だからって理由ばかりではないと思いますけど...
    周囲に離婚した人、何人もいますが、皆夫婦間の問題ですよ。

    それに、時代錯誤というのは、昔と就業形態などが変わってきているからで、精神的なことだけではないですよ。
    いい嫁なのはわかりましたが、もっと視野を広く持った方が良いと思いますよ。

    ユーザーID:6819173901

  • うーん…

    私はアラフォーでトピ主さんより年上です。
    私は20代後半に結婚しましたが…「相手の家に入る」という感覚は全くなかった。
    嫁に行くじゃなく結婚する、です。
    新しい家庭を夫とともに築く。夫の姓は名乗るけど夫の家に嫁入りしたわけじゃない。
    おそらく今は私のような感覚の人が多いんじゃないかな。
    だから「嫁入りしたからには相手の親に逆らわない、我慢が必要」というような
    考えは時代錯誤と言われるのでしょう。

    お嫁さんの立場、向上はしてるのでは?
    一昔前は離婚はそうそうできなかったでしょう。世間が許さない風潮。
    でも今の時代、女性も働くようになって地位は向上してると思うし
    ものが言える時代になった。そうなれば昔は耐えるしかなかったことでも
    今はそうする必要がなくなり、結果離婚率は上がってしまった…ってことでは。
    単に我慢するしかなかったことをしなくてもよくなっただけだと私は思ってます。
    そこを自分を殺してまで我慢して結婚生活を続けなきゃならない…なら
    何のための人生なの?って思う。
    もちろん軽率な結婚&離婚もあると思うけど、お嫁さんのせいだけじゃないよね。

    ユーザーID:2342774191

  • 何の参考?

    トピ主さんはいろんな事がありながらも
    我慢をして頑張ってその結果嫁ぎ先と良い関係を築いた。
    なのに最近の嫁は些細な事でも我慢も頑張りもしないからすぐに離婚する。
    その原因は我慢が足りなさすぎるから。
    それは嫁姑といい関係ができたトピ主さんだから言える事ですよね。
    トピ主さんにとって些細な事だとしても
    離婚を考える嫁には重大な事かもしれない。
    我慢する事で自分が壊れてしまうかもしれない。
    頑張りたいのに主人の協力がない人や人格さえも否定するような言動の舅姑夫なのかもしれない。
    それなのに我慢をして良い嫁を続けないとダメなんですか?
    中には自分勝手で離婚する人もいるだろうけど
    世の中の嫁は全てがトピ主さんのような人ばかりじゃないんですよ。
    自分が良い嫁をしてるからって離婚した人を自分の価値観を押し付けるような物言いは止めたら?
    最後の>皆様のご意見を参考にさせていただきたい
    何の参考にするんですか?
    トピ主さんはうまくいってるんだから参考も何もないでしょ。

    ちなみに私は離婚は一度も考えた事もなく30年義家と良好関係を築いている嫁です。

    ユーザーID:5008794913

  • 考え違いでしょ

    >時代は変わってきていても、夫婦や義理の実家と、お互いに譲り合い
    これについては
    全くその通りだと思います。

    が、時代錯誤と言われるのは
    その部分じゃありません。
    >嫁は相手の家に入ったのだからと思い、相手の親には口答えや反抗せず
    >嫁として、どうして我慢が出来ないのか
    >相手の家に入った以上は、嫁は嫁として、相手の親を大切にしたり、また、自分の信用を無くすようなことをしてはいけない
    >相手の家とうまくやっていくのは、お嫁さんの役割
    ここ↑。

    私はトピ主さんより上の世代の嫁ですが
    夫と結婚したというだけで
    夫の実家に入った・・・なんて
    考えたこともありません。

    夫と妻も平等なら
    実家と義家も平等です。

    一方だけが多くを譲らなければ
    上手くいかない関係なんて
    本当の意味で気持ちのいい関係とは思えません。

    仮に嫁と嫁の実家が多くを譲る関係を私が作ったとしたら
    実家の両親に対して
    親不孝なことをした・・・と
    感じると思います。

    ユーザーID:0471498940

  • 嫁だけが我慢すれば良いということはない

    私は60代で、結婚40年経ちました。
    私の世代でも、女は男の家に入るという意識はありません。
    婚姻届や戸籍は、夫が筆頭者で、夫親の欄はありません。
    夫と妻がそれぞれの親から独立して、新しい家族になったからです。

    トピ主さんは私の子ども世代なのに、時代が逆行しているように感じました。

    それはさておき、妻も夫親も人間同士の付き合いですから、
    どちらかが我慢とか言いなりとか、そういう関係はあってはならないと思いますね。
    正しいことは正しい嫌なことは嫌ときちんと伝える事は、人としての基本ではないですか。

    なぜ、妻だけが夫の親に気を遣い、従順にしなければいけないのか全く理解できません。
    先に生まれた者が未熟な若い人を思い遣る方がずっとまともだと思いますけど。

    平成も30年近くなるのに、戦前の価値観を未だ強要する夫親なら離婚やむなしだと思います。

    ユーザーID:9673478943

  • 働いて収入もある、子も産んだ、ハハハ!

    威張っていません、おそらく私は普通の働くオバサンです。

    仕事をして、結婚もして、子供も3人育てています。
    家事も育児も、腕の立つ夫と折半しています。
    どちらの両親とも、ほどよく楽しくつきあっています。
    私の実家に行けば、夫婦で台所に立ちます。
    夫の実家に行けば、夫が台所で手伝います。
    (夫の実家は男子厨房に入らずだったらしいけど、関係ないし!)

    嫁入りとか意識したこともないです。
    義実家に何の特別な遠慮はありません。
    困ったことがあれば、適宜手助けしているつもりです。
    うまくいくように・・・とか、思ったこともないです。
    自然に夫の親として楽しくやっています。
    実家の方には、たまに甘えてしまいますが。

    我慢が・・・って、何を我慢するんでしょう?
    私にはさっぱりわかりません。
    我慢してやりたくないことをやっても、きっと感謝されません。
    そんなの、誰にとってもハッピーじゃないって思います。

    若くないですよ−。アラフィフに踏み入れつつある者です

    ユーザーID:3634183401

  • 妻も夫も義理親も、全員平等に我慢すべき。 by一男一女の母。

    小さな事で離婚?信用を無くす?具体例を出して貰えません?理解不能。

    御質問の答えはタイトル通りで、嫁だけが我慢する必要は無く、夫も義理親も全員平等に我慢する必要があると思ってます。
    そして我が家では実行しています。
    義理親が間違っている事は、指摘します。
    特に子育て関連は、義理親が態度を改めるまて徹底的に言いました。
    大切な我が子を守る為。

    義理親は非常識で変人の為、夫が連絡窓口です。
    私は、義理親の携帯番号やメアドも知りません。
    年2回の帰省時に挨拶するだけです。
    夫は私を守る為に、極力関わらなくて良いと結婚直後に言いました。
    母の日・父の日・誕生日は、夫が適当にするからノータッチでと言うので従ってます。

    私から見ると、皆(友人達も小町でも)我慢し過ぎ。
    非常識ではない考えなら、もっと我慢せず遠慮せず、ガンガン言って良いのに。
    私が義理親を批判する事は、常識的で間違いは一切無い為、夫も義理親族等も何も言いません。
    私の母だけは「貴女って人は…」と渋い顔してますが。
    母は我慢する嫁でしたが、陰で私に
    愚痴ばかり。
    私は母のようにはなりたくない。

    子供達にも私の考えを伝えます。

    ユーザーID:1601653771

  • 確かにトピ主さんの言い分も分かります

    が、今はそれぞれがそれぞれでいい時代だと思います。

    トピ主さんが若者は我慢が足りないと思うのも、お姑世代が口うるさいと感じるのも、人それぞれであると思います。

    が、一つ言わせてもらうなら、婚家とのやり取りは本当は夫の役割だと思います。夫が出来ていないからお嫁さんがするのではないですか?

    ユーザーID:4255041451

  • 貴女よりずっと年上

    離婚する事と、嫁らしく有ることは関係ないし
    離婚の原因イコール嫁姑でもないでしょ。
    嫁姑の原因が80パーセントで
    離婚したとしても、ほかにも理由は有るはずです。
    そして、そこまで
    他人の貴女に言わないだけでしょう。
    貴女に言ったことは、きっかけの1つ
    もしくは、貯まりに貯まっていたものが
    貴女が聞いたら「そんなこと」で
    堰を切ったのかもしれません。
    そして、嫁に入ったのではありません。
    何を勘違いしてるんでしょうか。
    お互いに
    新しい戸籍を作って、夫婦になったのですよ。

    ユーザーID:7940371279

  • 相手の家に入る?

    結婚するって「相手の家に入ること」じゃないですよ。
    民法でもしっかり謳っています。

    こういう時代錯誤(ごめんなさいね。やっぱこのワードになります)の思考はどこから来るのですか?

    親から?書籍から?

    しっかり勉強して常識を身に付けておかないと、お子様が成長し、結婚した時にもはや死語のようなことばかりを言う古代の生物みたいになりかねませんよ。

    > 私は、嫁は相手の家に入ったのだからと思い、相手の親には口答えや反抗せず

    ↑あなたは好きでそうやってきたわけですから、それについてとやかく言うことはしませんが、義父母が常識人とは限りません。
    ほかのトピ見てますか?
    暴言を吐かれている嫁。とんでもない難癖をつけられている嫁。おかしな姑。
    そんな相手にも黙って耐えろと?(笑)

    他人に「あなたの常識」を押し付けないでください。


    また周りの離婚した人の内情はあなたの言う上っ面の事情だけではなくもっと深刻な何かがあるのかもしれません。



    とりあえず、人のことは放っておきましょう。

    ユーザーID:2568585595

  • 私も我慢してるからあなたも我慢しなさい?

    トピ主が、自分を嫁と思い、我慢してるから自分はエラいと思うのは、勝手ですが、その少数派の価値観を周囲に強要するのは間違いですよ。
    すでに江戸時代の家父長制度は、民法上廃止されてます。

    間違っても自分の息子は、自分を嫁と言わず、1人の人間として自立して、経済的にも精神的にも生活的にも自立した女性と結婚してほしいわ。

    還暦近い管理職のおばあさんより。

    ユーザーID:0413600640

  • 確かに「離婚へのハードル」は低いね。

    実情としてそれはあるのではないでしょうか。

    昨今の「結婚」の多くが、
    昔のように「家と家」でなく「個人と個人」によるものになったので。

    そもそも「嫁がない」し、
    そもそも「嫁」ではない・・というかね。

    「花嫁」衣装着ても、その「家に嫁ぐ」わけじゃないと。

    また結婚しても、
    「自分の親しか愛せません、自分の親しか面倒看ません」
    と行動で示す既婚女性も多いのは、
    実はその女性の親自体が、
    「結婚させても、むこうに取られたくない」と、
    行動で示している真相もあるからと思いますがどうだろ。

    「あちらの親に精一杯尽くして、自分の親だと思って、心から大事にするんですよ」
    と殊勝なこという娘の親はいまどき一人もいないでしょう。
    自分の娘にはそう言って送り出すつもりだという人、
    みたことないですもん。

    つまりハッキリ言って、
    「嫁」の親が原因なんです。
    でもそれは「悪いこと」ではないんです。

    それでいいんです。

    でも、
    トピ主さんの義親さんはラッキーですね、
    トピ主さんのような人が息子と結婚してくれて。

    ラッキーな人は滅多にいないから、
    ラッキーなんです。

    そう思います。

    ユーザーID:2013080838

  • まあまあ同感します

    アラフィフ、結婚して27年です。

    正直なところ義実家は疲れますし、大好きという訳ではありませんが、義実家と仲良くしていると夫は嬉しそうです。
    私も私の実家と夫が仲良くしていると嬉しいものですから、気持ちは解ります。

    つまり愛する夫の為に頑張っています。
    演技でもいいので、仲良くした方が良いと思っています。

    ユーザーID:0413723459

  • 悲しいです

    私は50代で嫁であり姑でもある立場の者です。
    80代のお姑さん、そして30代のお嫁さんがいます。
    お姑さんともお嫁さんとも別居です。

    天丼まんさんの考えを読み、とても悲しく情けないです。

    結婚相手の家に入る。
    などという考え方は誰に教わったのですか?誰かに洗脳されたのでしょうか?
    その考え方は間違っています。

    現在を生きる日本人として、今の日本の婚姻制度を正しく勉強してください。
    制度を正しく理解しないとトラブルの元になると思います。
    また結婚相手の家に入るという古い制度の時代に、女の人権がないがしろにされ女が苦しんできた歴史も勉強してください。

    若い人が、我慢が足りないですぐに離婚してしまう。という問題と、家制度が廃止された、現在の婚姻制度とは別の話です。

    婚姻制度がどうであれ、結婚し家庭を作り持続するためには、お互い相手を思いやりお互いの親も大切にする気持は大切だと思います。

    けれども、結婚とは女が男の家に入る事では断じてありません。
    あなたの間違えた結婚感のせいで、苦しめられる人が出ない事を切に願います。

    ユーザーID:6102559506

  • 時代錯誤・・・だと思います

    トピ主さんはまだお若いのに、随分と古風なお考えですね。
    もしも私の「嫁」なら大歓迎です。
    でも、私の「娘」でしたら…育て方を間違えたと思うでしょう。
    とても自分勝手な考えですが、これが本音です。

    トピ主さんの仰る事の一部は賛成…というより当然の事だと思います。
    >どうして我慢が出来ないのか、時代は変わってきていても、夫婦や義理の実家と、お互いに譲り合い
    >相手の親を大切にしたり、また、自分の信用を無くすようなことをしてはいけないと思う

    この部分は大賛成です。
    でも…
    何故「嫁は」に限定するのでしょうか?

    夫婦は2人で一組です。
    お互いの事を思いやり、お互いの親を大切にするのは人として当然の事です。
    最近は「妻」側が強くなりすぎている気はしますが、今まで「夫」側が強かったことの反動かと思っています。
    ちょうど過渡期の私達60代は夫の親に仕えてきて、当時の姑の年になってから息子妻(嫁)に蔑ろにされる、という貧乏くじを引いてしまっただけの事だと思っています。

    さて、今の若い世代が姑になる頃は、どんな社会になっているのでしょうね。

    ユーザーID:7259876840

  • 変わって当然

    嫁の立場を定める法律自体変わってるんだから当たり前。

    変わるべきじゃないなら、「子供産めなきゃ、三行半で追い出されてもやむなし」ってのも受け入れるべきって話になりますけど、それでいいですか?

    ユーザーID:9767878185

  • 余計なお世話

    私はもうすぐ還暦。
    たぶん、あなた様の姑と同じ世代だろうと思いますが
    そんなに我慢して言いなりになってもらわなくてかまいません。

    姑だからっていちいち気を遣われたら面倒で仕方ない。

    あなたが「嫁」にいったお宅ではそれでいいのでしょうが
    そうじゃない家庭もあるのです。
    頑張って離婚回避する価値のない結婚だってあります。
    あなたはあなた。人は人。
    他の人のことを我慢が足りないなどと考えることありませんよー

    ユーザーID:1605772822

  • よそはよそ、うちはうち。

    トピ主さんちがそれで上手くまわってるんならそれでいいんじゃないですか?
    でもよそ様の家庭の事情にアレコレ口を挟むのは間違ってますよ。
    「それくらいのこと」とおっしゃいますが、全部見てきたわけじゃないでしょう?
    相手も全部を語ってるわけじゃないでしょうし。
    他人に言えないこと、言いたくないこと、色々あるでしょうよ。
    物事が時代と共に変化するのは当たり前のこと。
    江戸時代だって三行半って言って、女性のほうから離婚請求できたし、その後の再婚や再々婚だって子連れだろうが今ほど難しくなくできましたよ?
    むしろその頃の方が奔放だったんじゃないかってくらいの気軽さ。
    他所のお嫁さんの我慢が足りないとおっしゃる前に、ご自身の視野を広げましょ。
    って言うか、自分が我慢してきたんだから他人もそうしろってことでしょうか?

    ユーザーID:0800261110

  • 確かに我慢が足りないかも

    私もドピ主さんの気持ちに同感です。

    やっぱり我慢が足りないかな・・・と思います。

    仕事もすぐ辞める。学校もすぐ辞める。

    なんでもすぐリセットしちゃうんですよね。

    嘆かわしいなと感じます。

    でも、時代は変わったんですね。

    色々と便利になり、家族・友人が助け合う必要も減りました。

    個人主義が普通になりました。

    そのため、我慢の沸点が低くなったんでしょうね。

    みんな自分の人生を楽に生きたい時代なのです。

    昭和が懐かしいですね・・・。

    ユーザーID:6167294172

  • エールポチ連打

    レスタイトルだけじゃ足りない、スタンディングオべレーション!

    自己主張だけして相手を従えさせる事に憂き身を窶しても幸せには成れない。
    我慢と妥協で義実家と夫さんからの信頼を得て可愛がられ夫婦も円満、家庭内も平穏。幸せが向こうからやってくると思うよ。
    幸せにしてもらうのではなく幸せを勝ち取る!
    トピ主のような人、応援したくなる。

    ユーザーID:1770963594

  • 嫁の役割って言葉は嫌い

    天丼まんさんは頑張ったのでしょうね。
    そして円満な関係を気づいている。
    それは立派だと思います。
    でもそれを「嫁の役割」として他の方も当然するべきだと思うのは違うと思います。

    私は40代です。結婚して20年以上たちます。
    最初の10年は自分でも驚くほど良い嫁でした。
    でもね、積み重なっていくと許せないことも増えていきます。
    良い嫁をしているうちに爆発しそうになることも多いです。
    トピ主さんもあと10年以上たって同じ気持ちでいられるかしら?

    価値観は人それぞれです。
    また状況によって変わりますよ。

    ユーザーID:6621135505

  • ・・・

    70代ぐらいの方のトピかと思いました。

    そもそも、嫁という言葉が、貴方が使っている意味では死語です。結婚8年と言うと、30代かぐらいですよね?ビックリです。

    ユーザーID:8468851062

  • 無理!無理無理無理!

    27歳、ゆとり世代、未婚の女です。

    私の個人的な意見ですが、「時代錯誤」だとおもいます。


    どうして、ひたすら我慢ばかりしなければいけないんでしょうか。理解不可能。

    ストレスたまるだけじゃないですか。



    自分の悪口を言うような家族がいる男性とは結婚したくないです。

    家に入るわけではないんです。相手の男性が好きだから、その彼と結婚するんです。

    彼の家と結婚するわけではありません。

    (未来の)夫が、守ってくれなかったら離婚を考えると思います。



    もちろん、イベントごとはきっちりとやります。(母の日・父の日など)

    >自分の信用を無くすようなことをしてはいけない
    嫁だからではなく、人としてあたりまえです。



    トピ主様からみれば、我慢が足りないのでしょうが(汗

    私はそう考えてます。

    ユーザーID:8422186207

  • 今は「嫁」なんてどこにも居ないよ

    結婚はどちらかの親の戸籍に入ることではなくなったので
    「嫁」は現在、もう日本のどこにも存在していません。

    自分の戸籍、見たことないですか?
    トピ主さんの名前は義両親の戸籍には入っていませんよ。
    養子縁組をしていない限りはね。

    まるで姑世代の様な物言いの
    トピ主さんは本当に30代なのかしら。
    「今の若い人たちは」って
    あなたも若い人たちの一人でしょうが。
    何を仰って居られるのやら。

    一度ママ友さん達に話してみたらどうでしょう?
    「相手の家に入った以上は、嫁は嫁として云々」って。
    案外ウケるかもしれませんよ(笑)

    あんまり時代錯誤なこと言ってると
    将来、お子さん達の結婚生活が壊れてしまうかも。
    ええ、あなたのせいでね。

    ユーザーID:9573625185

  • ん?

    何故別居?
    トピ主さんは夫の家に入ったんでしょ?
    何故同居しないの?
    義父母や夫が同居はいやと言ってるってのはナシですよ。
    トピ主さんが頭を下げて「どうか同居して下さい。私は〇〇家の嫁です。この家に入ったんです」と誠心誠意お願いすれば同居してくれます。
    家が狭いというのもナシですね。
    今住んでいるところを売るなり貸すなりして家族6人で住めるところに引っ越せばい。
    これについても誠心誠意お願いすれば新しいところに引っ越して同居してくれるでしょう。
    別居と同居って全然違います。近居といっても別居は別居。
    相手の家に入ったのだからと言うからには実際入らないと。
    別居だからのんびりしたことが言えるんじゃない?
    同居してからもトピ主さんが同じ気持ちのままでいられるのか興味津々です。

    ユーザーID:7037160076

  • 40代だけど全く同意できない

    どうして嫁側の我慢ありきの考え方なの?
    人として対等じゃないのは何故?

    そもそも「嫁」って呼び名が差別的だよね。
    差別される存在に甘んじる理由があるなら教えて下さい。
    経済的に自立できていないとか?

    ユーザーID:0541741786

  • 相手の家に入る?

    今は結婚したら新に二人の戸籍も別に作られますから無いですねぇその感覚。
    何世代前の感覚?と思います。 ちなみに私は50代ですけど。
    トピ主はトピ主のやり方を貫くのは良いと思いますが他人を批判するのは止めましょう、時代の流れにより考え方は人それぞれどちらが正しいでもないと思います。
    ちなみに人って満足してたら他人を攻撃したりしないものです、もしかしたら自由奔放の人達がちょっと羨ましかったりするのでしょうか?

    ユーザーID:2159899405

  • あまり賛成できません

    嫁、姑である前に、ただの人と人として付き合えば良いのではないですか?
    嫁は格下だと卑しめるような舅姑に逆らわず、意見も言わずに付き合うことは自分で自分の値打ちを下げていくだけです。どれだけバカにしてもよいサンドバッグに自らなるのは人としての誇りを投げ捨てるも同然。
    またお嫁さまなんだからと舅姑を下に見て威張るのも見苦しい下品な行動ですけどね。
    本来なら間に立つべきは夫であり息子である人のはす。両方の事を知っているのですからお嫁さんよりも適任のはず。

    まあ誰だって我慢なんかしたくありませんよ。関係を良くするためならまだしも、見下されバカにされ、親兄弟の事まで粗末にされるような我慢ならしてはいけないんです。

    なんでも我慢すれば良いなんて事はありません。
    ある意味トピ主の主張は女性全体への侮辱です。
    日本の長い歴史からみれば男性だからと威張れた時代は一時期であり、基本的に女性は自由で強い存在でした。
    自己責任で自由を謳歌するもよし、我慢に我慢を重ねて賢夫人の称号?を得ながら心はストレスまみれになるのも自己責任です。人の為にと我慢を重ねて幸せならそれはトピ主の自由です。

    ユーザーID:2976125000

  • 勝手な思い込みを言うのはやめましょう

    あなたの主張は勝手な思い込みにすぎません。

    > 時代は変わっても、夫婦関係を保つためや、相手の家とうまくやっていくのはお嫁さんの役割

    とおっしゃいますが、その主張を正当化できる論拠はありますか?ないでしょう。「気がする」に過ぎないのですから。

    また、「夫婦関係を保つためや、相手の家とうまくやっていく」のが天井まんさんのご意見ではあたかももっぱら妻の仕事のように考えられていますが、夫や舅・姑にも同様の責任はあるのでは?そういうことを、天井まんさんの考えのように、彼らはそれをせずもっぱら<嫁>にその責任をおしつけるからこそ、彼女はうんざりして離婚するのではないでしょうか?

    そのことは
    > おたがいに譲りあい(実際は夫や義理の実家に譲る方が多いのかもしれませんが)
    というところに明らかです。なぜ、妻は夫や舅・姑に多く譲らされるか、というところに離婚の原因の多くが潜んでいるように思われます。

    ユーザーID:0528694828

  • 嫁の立場って、そもそも何?

    貴女だってまだ30代・・十分若い世代ですよ。つまり、まだ世間知らずです。
    まあ、『貴女は夫の家に入ったから、義理両親を大切にして、言われたことは基本同意して、自分の意見は言わない。義理両親に尽くす。』
    を貫きたければ、そうしたらいいでしょう。

    しかし、時代と共に不変な考え方や価値観なんて、ありますか?
    科学などが発達し、以前は出来なかった事が簡単にできるようになったり、解明出来たりするのです。
    それに、嫁の立場って、そもそも何なのでしょうか?
    貴女は、きっと義理両親と価値観や考え方が大体同じで、夫も素晴らしい人なのでしょう。
    義理家族が嫌いじゃないから、その家に入ったんだから我慢するのが嫁の役目だ。。なんて思っていられるのです。

    それと、貴女の性格が、かまってちゃんで、自分で決められない女なのではないでしょうか?

    ユーザーID:0446247657

  • 「嫁」に対する私のイメージ

    自分の心の中にあるものまで消化して、世間の皆さまと良い関係を築くことを優先し、じっと耐え抜くことができるのが、「良い嫁」ではないのでしょうか?
    家の方々とのことまで持ち出して、人を責めるような言動を世界に発信することは、「嫁」としてどうなんでしょう?
    単純に、不思議です。

    ユーザーID:4787869329

  • そうですか

    家族からの協力があって良かったですね。家族って誰のことかわかりませんが。
    トピ主さんには頼れる人、力になってくれる人がいたんですね。
    私もトピ主さんのように考えていた時期がありました。中には本当に我慢の足りない人がいるかもしれませんが、当事者にならないとわからないことが本当にたくさんあります。
    トピ主さんには、我慢の先に希望があったかもしれませんが、それがない人もいます。
    結局結果論で、我慢して我慢して、報われないまま老いてしまった人も知っています。老いてからでは何をすることもできず。
    今は女性が1人で生きるのも容易な世の中です。
    トピ主さんが乗り越えられたからといって、全ての人ができるわけではありませんし、我慢する理由もないのでしょう。
    そもそも、その、若いお嫁さんをトピ主さんはどのくらい知っているのでしょうか。離婚率が上がっているとはいえ、ほとんどの人は問題なく過ごしていて、義父母との関係において我慢の足りない人は、ごく一部の人のように思います。

    ユーザーID:6331600344

  • 同感

    まったくその通りだと思います。

    簡単に離婚してしまう親の元に生まれた子供は不幸ですね。

    結局、親が自分のために子供を犠牲にしてるんだから

    ユーザーID:4098817380

  • あれ?

    1.あなたの戸籍を見てください。嫁は夫一家に後から付け加えられたのではなく、「夫婦二人で」家族になっているはずです。

    2.>夫婦や義理の実家と、お互いに譲り合い(実際は夫や義理の実家に譲る方が多いかもしれませんが)

     どうし  嫁だけ が 多く譲るのですか?

     夫や義理家族に我慢させられるために、あなたは結婚したのですか? あなたの親は育てたのですか?

    3、>嫁は嫁として、相手の親を大切にしたり、また、自分の信用を無くすようなことをしてはいけないと思うのです。

     もちろんそうですよ。そこは同意です。
     ですが、それは夫や夫親も一緒。「嫁に我慢させれば済む」ではいけない。
     嫁を大切にし、嫁からの信用を無くさないように勤めるべきでしょう。

     実際、それが出来ている義両親や夫ならば妻から大切にされています。

    体罰にしても、パワハラにしても、セクハラにしても、声を上げてきたから改善されてきたのです。黙るばかりが美徳ではありません。
    「やったらやりかえされる」そういう抑止力があるべきだと思います。もちろん、嫁いびりもされてないのに義両親を攻撃するのはだめですよ。
     
     

    ユーザーID:3877826040

  • 追記

    >特に若い世代のお嫁さんたちの我慢が足りなさすぎると感じているのですが、皆さんはどう思いますか?

    古い世代のお嫁さん(姑)も我慢が足りなさすぎると感じていますよ。
    嫁より長年生きているのだから、人格者としての手本を見せてほしいものですね。

    ……と、書きましたが、うちのお姑さんは大変な人格者かつ可愛がってもらいましたので、私はお姑さんラブですよ。
    主人も優しいし、妻を尊重してくれます。

    だからこそ、うちの姑さんと比べてしまって、世の愚姑の話は腹が立ちます。離婚も仕方ないんじゃないかな?

    ユーザーID:3877826040

  • 1.我慢できるレベルか 2.対等な結婚か

    トピ主さんおもしろいですね

    愛する夫の親ですので一般的には少々個性的でも意地悪されても上手くやりたいのが女でしょうよ

    トピ主さんのところがお互い許容範囲内だっただけでしょ?

    我慢すればするほどどこまでも増長する舅や姑もいるのですけどね

    もしかして「自分はうまくやった賢い嫁」「うまくやれないのは我慢が足りない嫁」とか上から目線なのですか?

    後は「私上手くやります」「嫁になります」アピールをして結婚にした人はうまくやって当たり前。それ条件だから。結婚した途端手のひら返しは男女問わずダメ人間

    稼ぎも関係も対等を約束して「妻」になった人と「嫁」になった人とは違うんじゃないですか?

    私は結婚14年の40代のおばちゃんです。念のため

    いい嫁アピール、家事育児したいの、尽くします、尽くしたいアピールした人と対等な関係を約束した人とは違って当たり前。世間ではそれを価値観と言いますが

    尽くしますアピで結婚した人が対等な関係を約束した夫婦(の妻)をディスるのを苦々しく思います。あて馬にして自分はいい女アピールするなんて、なんて性悪なんだとね

    トピ主さんがしたいならすればいいだけです

    ユーザーID:6331696347

  • 思うも思わないも

    実際変わってますしね。
    社会的背景も結婚や家族に対する考えや状況も、女性の経済的自立度もそして法律も。
    トピ主さんが入ったと思っている「家」とやらは、制度としては消失しています。
    これら全てを認識出来ていないトピ主さんにびっくりです。
    理由はわからないけど、認識したく無いのかな?

    トピ主さんの言う「嫁」の立場も、時代を経て変わって来た、ある時点での立場です。
    変わらない訳が無い。

    女性の生き方の選択肢が増え、自己決定権が与えられている現代において、嫁にばかり忍耐が過重になるのを拒否する人が増えたのは当たり前の事でしょう。
    トピ主さんの言う「嫁」は、嫌でも我慢する以外に生きていく道が無かったため、泣きながらでも仕方無くそうしていた人も多かったのです。

    トピ主さんが明治の嫁でも平安の嫁でも、自分が幸せならそれでいいじゃないですか。
    自己犠牲に意義や達成感を感じるタイプなのでしょう。
    でも多くの人はそれでは幸せじゃない、という事実だけはしっかり理解しておいた方がいいです。
    息子さんがいらっしゃるのですからね。
    家族の繋がりを大事にと思っていても、全く逆の結果を生みますよ。

    ユーザーID:5210554031

  • 同居してから同じことを言おう

    トピ主様の言われることにも一理あると思います。
    円満な人間関係を築くには、相手を「許す」ということが欠かせません。
    いつまでも言われたことを根に持ったり、些細なことを流せないようでは、どんな社会でも上手くいかないでしょう。自分が丸くなることで相手の態度も変化することもあります。


    しかし、夫の親に口答えや反抗せずというのは「古い」と感じます。
    トピ主様は本当に30代ですか?。私はアラフィフですが、その意見には賛成しかねます。けんか腰ではなく相手の意見も受け止めたうえで「私はこう思う」と自分の意見を述べるのが「賢い嫁」ではないですか?。


    私は子供のころ祖父母と暮らしていました。母にとっては義父母ですね。
    対等でない関係は、強いストレスを感じるものでした。生活が義父母中心は子供の私にとっても不満の多いものでした。
    母は我慢強かったので上手くやっていましたが、時折いう愚痴は本当にうんざりで
    、祖父母の死をつい願わずにいられないくらいでした。


    どちらかが我慢して成り立つ「平和」は、本当に不幸だと思います。トピ主様も一度同居してみては?。

    ユーザーID:1514564140

  • ごめんなさい 理解不能です

    トピ主さんの倍以上の歳で、婚歴も40年以上になりますが、一度も夫の家に入ったとか嫁いだなんて思ったこともなかったし、まず嫁という意識さえも持ち合わせてきませんでしたので、うちの息子たちよりもお若い方がそんなふうに考えておられることに驚きました。

    ちなみに私は息子嫁の携帯番号も知りません。
    何故なら連絡は総て息子本人で済ませているから。

    と言っても、お嫁さん達との関係は良好ですよ。
    長男家は東京在住ですが、次男家と我が家は隣接県で、十分日帰り圏内なので泊は無いですが、年6回ほどは我が家に集まります。
    その時も、手伝いに立つのは息子達です。
    彼女たちは息子の嫁で、私の嫁ではないのですから当然のことでしょ。

    >特に若い世代のお嫁さんたちの我慢が足りなさすぎると感じているのですが、皆さんはどう思いますか?

    我慢の限界点は人それぞれです。
    老いも若きもありません。

    主さんがご自分の考え方で人生を進まれるのはご自由ですが、人様の生き方にあれこれ仰るのはお控えになられた方が宜しいと思いますよ。
    特に同年代の方々には引かれるでしょうから。

    ユーザーID:7069011761

  • ご立腹?

    主さんがトピ文のように思うならそれで良いのではないですか?

    ただ、その気持ちを他の人も持つべきと考えるのはヘンです。

    周りの人が主さんと違う生き方をすると、何か困ったり腹が立ったりするのでしょうか。

    簡単に離婚したかどうかは、外からは分からないですよ。
    主さんだって、人には言わないけど、夫婦間では色んなことがあったでしょう?

    お気持ちに余裕がないのか、「私のように生きれば、正解なのに!」という自信を示していらっしゃるのか。

    他の方のレスが楽しみです。

    ユーザーID:9893927967

  • 人それぞれですよ

    あなたは我慢できる
    でも我慢できない人もいるんです

    嫁の役割とか、それは誰が決めたのですか?
    どんなルールですか?
    そんなルールないですよね?

    つまり、本当に人それぞれ、様々な環境や思いがあるのです。

    あなたは我慢してうまくやっていることに幸せを感じていると思いこんでいるのかもしれません。
    でも、我慢することで不幸な人もいるのです。
    我慢が足りないって、それはあなたが決めることではありません。

    人は人、自分は自分。
    それでよくないですか?何がご不満ですか?

    本当は、我慢している自分が損してる気持ちになっていませんか?
    だから、我慢しない人をずるいと思ってしまう。
    本当に幸せで、満ち足りていたら、他人のことなんてどうでもいいんですよ。

    ユーザーID:0876985858

  • それは

    相手の親云々言うより、相手自身にガマンがならないからですよ。

    別居してるならまだいいじゃないですか。

    同居してるとかだったらまあ最悪だと思いますよ。

    今の時代は、ガマンしてまで結婚生活を続ける意味がないと
    考えるのではないでしょうか?

    それに「そんな小さなことで」と仰られていますが、
    小さなことでもそれが積み重なればガマンも限界です。
    トピ主さんはそのたくさんの中の一つしか理由を聞いてないのです。

    昔の人はよく我慢してたよなーと思いますね。

    こないだ、30年まえに嫁イビリされてた人の話を聞きましたけど、
    自分が嫁いびりされてたとさえ思ってないようでしたね。
    「嫁というものはこういうものなんだ」と耐えていたようでした。
    今じゃ考えられないような話でしたけどね。

    私がそういう目に遭ったら、もう二度と夫の実家には行かないだろうなと
    思いました。
    嫁の立場というか、嫁の感覚が変わったんですね。
    自分のイヤなことは堂々と伝えていいということになった。

    よい時代になったと思います。

    ユーザーID:9807638015

  • 問題を混同している?

    トピ主の問題提起
    要約すると「嫁は我慢して、じいさんばあさんの言いなりに。
    旦那の事も我慢しろ。嫁が我慢しないから、離婚率が上昇した。
    今どきの若いもんは、けしからん!!」
    という事ですね?


    「今どきの若いもんは!」って、
    いつから言われているんだろうね?

    ユーザーID:1757508611

  • うーん

    離婚の理由ってその夫婦には色々な問題があるからでしょう。

    我慢が足りなさすぎると言うけれど、DVだとしても我慢して耐えろってこと?

    浮気をしても何も言わず我慢しろってこと?

    相手の家とうまくやっていくのは、お嫁さんの役割とか言いたい放題ね。

    結婚して8年のあなたが上手にやっているのなら、それでいいのではないかしら?

    あなたのような方がお姑さんになったら恐いわ〜

    結婚30年同居嫁より

    ユーザーID:1966642728

  • 人生山あり谷ありですし価値観も様々

    ご自身がいろいろな経験を経て、今の心境があるのだと思います、ご立派です。いまは感謝とか、達観とか、そういうシーズンなのですよね。


    まぁ、人生、色々ありますので、感謝しているときもあれば、ちょっとグレーなときもあり、それも含めての人生勉強かと思います。

    離婚された方も、画一的な理由ではなく、色々あるんじゃないでしょうかね。。

    ユーザーID:3670699271

  • あなたは我慢したらいいと思います

    今の若い人って?

    あなたも十分若い人ですけど、老長けた様な方の様ですね。

    あなたには簡単な事で離婚した様にしか見えないのかも
    知れませんが夫婦の事は他人からは分からない部分も
    あるでしょう。

    ものの見方の浅さはかさだと思いますので簡単に
    決め付けない方がいいです。

    自由に生きる為に経済力付けて頑張ってるのに
    家の嫁として生きる必要はないと思いますけど。

    家の嫁になる為に結婚したのではなく愛する人と
    いたいから結婚したのね。

    あなたの目的とは違うと思います。

    お若いのにびっくりです。

    ユーザーID:4517152234

  • やはり時代錯誤だと思います

    >時代は変わっても、夫婦関係を保つためや、相手の家とうまくやっていくのは、お嫁さんの役割のような気がしてなりません。

    要するに嫁は何をされても我慢しろ、ということですよね。

    以前は上司の命令は絶対服従をするのが良い、部活の顧問の行くことには絶対服従し従わなければ殴られる、学校の先生も言う事を聞かない生徒に対しては叩いたりすることがわりと普通(というか今みたいに大問題にはならない)でした。
    でも今の時代、家庭も会社も学校もお互いに尊重することで成り立つようになってきています。

    もちろん嫁いだのだから相手の家庭の風習に合わせたり歩み寄っていくことは大切です。
    ですがいくら嫁いだからと言って義家から理不尽なことをされたら一言モノ申して良いと思うのです。
    嫁は奴隷ではありません。嫁である前に一人の人間です。
    小町でもたまにビックリポチが沢山ついているとんでも義家に関する相談が上がっていますよね?
    そういう場合には嫁ではなく一人の成人した人間として自分の意見を言い、時には戦っても良いと思います。
    一度きりの人生ですからこの先充実した人生を送れないと思ったのなら離婚もやむなしでしょう。

    ユーザーID:0219736524

  • レスします

    昔の女性は体裁や立場より実をとった。
    そう言う意味では賢かったし、懐が深かった。

    いまの女性は売られたケンカは買う。譲ったら負け。というスタンス。
    山より高いそのプライドが許さないのでしょう。

    ユーザーID:5430965733

  • アラフィフですが「家に入る」とは思ったことないです

    トピ主さんは本当に30代なのですか?
    かなりビックリです。


    私は夫の両親に口答えや反抗は基本しないようにしてきました。
    (一度だけ、夫の立場を代弁して反論したことはあります)
    それは「家に入った」からではありません。
    ごく普通に、夫の親であるということと、年長者であるということで、敬意を示したにすぎません。
    夫の親は私にとっては親族です。
    年長の親族には敬意を払ってお付き合いする。当たり前なことだと思います。

    夫の親ですから対応は夫に任せます。
    私宛てに電話でも「私では判断できないので〇〇さん(夫)に伝えてお電話してもらいます。」と返事をします。


    >姑や舅から悪口

    こんなことはなかったです。嫌味や意地悪もなかったですね。
    もしそんな事になったら、夫が激高するでしょう。
    夫は基本、私と子ども>自分の親 なので。


    >夫婦関係を保つためや、相手の家とうまくやっていく

    これは同意します。
    でも嫁としてというより、大人の振る舞いとしてです。

    ちなみに私たち夫婦は、結納なし、嫁入り道具なし、結婚式は夫婦名で仲人もナシで行いました。
    独立した家を作っているという自覚がありますよ。

    ユーザーID:0946442093

  • そもそもが違う

    結婚したら相手の家に入る、
    というところが違うと思っているからです。
    結婚したら新しい戸籍になります。
    独立するのです。

    今の若い人は、とのことですが熟年離婚もありますし
    必ずしも若い人の離婚率が高い訳でもないと思います。

    それと離婚する理由も、それぞれいろんな理由や事情があるのでは。
    嫁の我慢が足りないから離婚に至っている、と
    仰っているように受け取れます。

    ですので、同意できません。

    ユーザーID:0736227853

  • 因果応報

    我慢の足りないいまどきのワガママな嫁っていうのは、そのまま「嫁だけに我慢させてきたワガママな夫とその家族」の裏返しだと思います。父親とその親は我慢しなくていい、母親だけが我慢しているのを見てきた子は、自分も「我慢しない側」として生きようとするんじゃないですかね。お嫁さんをひとりの人間として尊重する夫とその親を見て育った子は、簡単に離婚なんかしないと思います。

    ユーザーID:5352216120

  • 理不尽な人権侵害に耐えなくてもよくなっただけ

    トピを読んで、人の痛みの分からない人、自分の考えを押し通す偏屈な若い人っていつの時代にもいるものだなと感じました。
    主様のような他人を思いやれない人が将来嫁いびりをするのだろうと思います。

    世の中、嫁姑、夫婦、親族関係など事情はみなそれぞれ違うのです。主様の状況が全てではないのに、自分の価値観を絶対正しいと決めつけて主張すること自体が間違っています。事情や状況が違いますし、他人の事情なんて分からないのに上から目線で主張してもどうにもならないでしょ?
    主様の嫁姑関係が何の問題もないのであれば良かったじゃないですか。
    でも、だからと言って何も知らないのに他人の事情にとやかく言うのは、はしたないことですよ。

    それと、現代は、法律上「他家に嫁ぐ」のではなく「男女がお互いに独立して新たな家庭をもうける」のです。
    義理の親族にはなりますが、家族ではありません。
    家族は、夫と妻だけです。

    義理の親族に対して礼儀正しく振る舞うことは基本ですが、理不尽に耐えなければならないなんて人権侵害的な考えは良くないと思います。
    お互いに思いやりを持つことが理想です。お互いにです!

    ユーザーID:9267212891

  • なぜ 嫁限定?

    >夫婦関係を保つためや、相手の家とうまくやっていくのは、お嫁さんの役割

    これ 婿さんも同じでしょ?
    なぜ 嫁限定なのですか?

    時代とともに変わるのは自然なことで、しかも家制度はいつ無くなってると?
    古い時代にしがみつくのは なぜなんだろう。


    30代の女性で
    【嫁は相手の家に入った】などとうそを言ってはいけません。
    養子縁組したのなら 嘘ではありませんが、単なる結婚では家に入ることはできません。
    戸籍みてください。

    >同じ嫁として

    嫁ってつけば 一律同じ人間なんですか?
    それぞれの性格も違いますし 我慢の質も違います。
    我慢が美徳なら なぜ舅姑はしなくて良いのでしょう?
    同じ人間なのに おかしくないですか。

    家制度は、大日本帝国憲法(明治憲法)当時採用されていた家族制度のこと、廃止されたのが昭和22年ですよ???

    共働きが多い現代 夫婦は対等ですし、介護も実子となってます。

    社会人として(それぞれの)義両親に気を遣うのは当たり前です。



    あなたは姑の立ち場の人でしょう

    ユーザーID:9871439496

  • なぜ我慢が前提ですか?

    自分の一回しかない人生を「我慢」して暮らさなきゃいけないんでしょう。
    結婚そのものの考え方が違うのでしょうね。
    まず「家に入る」ってなんでしょう。「結婚」することは「相手の家に入る」ことではないですよ。伴侶を得て一緒に暮らすことです。結婚の定義に「夫の家に入り、舅姑に尽くし自分の意に沿わぬことも我慢すること」なんて規定はないんですよ。
    時代錯誤というより言葉の意味の違いです。

    なぜ相手の親の言いなりにならなきゃいけないんでしょうか。伝統や格式、また農家だったり家業のあるおうちに嫁いできて(結納など執り行い、娘さんを文字通りもらった場合)、その伝統や家業を守らなきゃいけない場合は少し特別ですけどね。

    私は長男嫁です。家業のあるうちの跡取り君の嫁に来ました。相手の家に入ったけど、相手の親には言いたいこと言います。義実家いわく「大事な跡取りのところにお嫁に来てくれた大切な娘さん。次期家長の奥さん」です。悪口など言われたこともないです。「あなたが継ぐ家なのだからあなたがやりやすいように」と私の意見を第一に聞いてくれます。
    そういうものでしょう?なぜ従うことが前提なの?

    ユーザーID:3398196218

  • 家族のあり方が変わる

    安易な離婚についての苦言は同意します。
    他人と結婚し、その他人にも親兄弟がいるから友達とは違う付き合いが増える。
    それぞれの習慣や常識が違うからそれぞれが上手に譲り合わないといけないのに我慢できないで簡単に離婚は違うと思います。

    でも、現在の結婚は女性が夫の家に入るものではありません。新たな家族を築くものです。
    ですから、目上である舅姑に敬意を持つことは大切ですし、お付き合いも大切ですが
    理不尽を我慢する必要はありません。
    また、譲り合うのは男性も同じで妻と新たな家族を築いた自覚を持ち
    舅姑に敬意を持つし、お付き合いもするけれど理不尽を我慢しなくていい。
    それぞれが自分の配偶者に自分の両親が理不尽なことをすればお互いを守る義務すらあるものだと思います。

    女性の方が人の間に立ってフォローすることは向いていることが多いのでそういう意味でお嫁さんの役割と言われればそうかもしれません。
    貴方がそう思うのも、それを基準に行動するのも自由ですし尊重しますが
    人にもそれを押しつけるのは傲慢です。
    文章から受けるのは30代が嘘なのか古風なお家に育てられたのかと思う印象です。

    ユーザーID:9965194195

  • びっくり!

    50代。同居嫁です。もう代変わりですが、本当に大変でした。
    お若いのに珍しいですねえ。

    ただ、本当に結婚することは覚悟がいることで、これは大変なことです。その点においては、いつまでも娘気分が消えない訳ですから、まあ、いろいろでしょうね。

    あなた自身はとても覚悟して結婚なされたようで、ご立派だと思いますが、所詮、別居であること、義親さんがご立派であられてことが要因に思われます。

    同居すれば、すべてのことに話は変わります。理不尽にお手伝いさん扱いされることや、育った環境を否定されれば、嫁も人権侵害で怒るのは当たり前と思います。

    私は娘に楽器を買い与えること、大学に進学することを反対されたときには、さすがに吠えました。

    貧乏人といわれる私の実家が私にしてくれたことを30年たって贅沢云々言われるとは思わなかったといったことがあります。

    嫁の立場、姑の立場云々は時代とともに変わりますが、お互い敬意をもって接するべきということは変わらないと思います。

    私は出来なかったけど

    ユーザーID:8465089242

  • 本当に30代?

    その年代で、こんな考え方をする人がいるとは思えませんが。
    それとも、かなりの田舎で封建的な育てられ方をしたのでしょうか?

    私は50代ですが、「嫁」だとは思ったことがありませんし、
    夫の家に入ったつもりもありません。

    だからといって夫の親と仲が悪いわけでもない。
    自分の親も含めて、介護となればそれなりのことはしますよ。

    嫁ばかりが我慢して、夫の実家や親に尽くすだけの夫婦関係?
    一見幸せに見えるかもしれませんが、子どもはどう感じているでしょうね?

    離婚する人、そんなに多いですか?
    私の周りには、あまりいませんけどね。
    トピ主が小さな理由と思うことでも、その人にとっては大きな理由かもしれません。
    人は自分の人生を、自分で決めることが出来るんですよ。

    夫は妻の実家と上手くやっていこうなどと、考える必要はないということですか?
    嫁だから家に入ったから、妻の実家などないものとして扱っていいということですか?
    お互いにお互いの親を大切にしようとは思わないのですか?

    うちの夫は、どちらも大切にしてくれます。
    私だけが我慢して夫の親に尽くしていたら、夫の方からやめろと言うでしょうね。

    ユーザーID:5231119213

  • 昔は離婚できる状況じゃなかっただけ

    昔は女性が離婚して、出戻りなんて、親も世間も許さなかったんですよ。
    それでも離婚するなら、子供も置いて、身一つで出ていくしかない。

    経済的にも苦しく、とても生活できない。
    世間体も悪く、非難される辛い状況になる。
    そもそも女性は学歴もなく、社会進出もできない、選挙権もない身分。
    どうやって食べていく?


    だから、夫がどんな酷かろうと、義理実家にどんなに苛められようが、女性はひたすら忍耐・忍耐のみ。離婚なんて、今みたいに出来ません。親権も取れません。母子手当てとか、生活保護も無理。


    その時代と、いまの時代を比較して、今、離婚がしやすいのって当然じゃないですか?

    結婚も親や周囲が決めて、
    好きでなくても、合わなくても、苛められても、死ぬほど我慢して、辛い思いして、耐え忍んで亡くなっていった女性、どれだけいたんでしょうね。

    ユーザーID:7574457815

  • 理解して言ってますか?

    当方間もなく結婚する男です。

    まさかと思いますが家制度がなくなった事ご存知ないなんてないですよね?

    >相手の家に入った
    全く意味が分かりません。
    入ってませんよ?
    同居するってんならそりゃそうでしょうけど、最近は独立世帯のほうが多いでしょ。

    家制度の名残が多分に残っており、言葉もそういうものが多分に残ってますし自然に使われてますが結婚とは当事者同士が一つの家族を作り独立するものです。

    時代錯誤ってのはそうした意味合いから言われるんです。
    実際結婚というものはその意味が1947年に変わったんですよ。
    今はその変更が各家に反映される過渡期の最終段階のような時期だと思います。

    お互いの義両親を敬い、良い関係を築くというのは人間関係において大事だと思いますが、トピ主さんのおっしゃられてる方法は一般論としては全く同意できません。

    どういう方法で関係性を築くかはケースバイケースです。
    妻の仕事ではありません。

    ユーザーID:7888330693

  • 誰だって義理家族とうまくやりたいのが普通でしょ?

    専業主婦が普通だった時代は、離婚して女性が子供を抱えて生活が難しかったでしょう。
    今は、結婚しても仕事を持つ女性が増えましたし、絶対に離婚できないという気持ちは今の人たちには
    確かに少ないかもしれません。
    けれども、「我慢が足りない」と言い切るのは乱暴だと思いますよ。
    私もうまくいってないうちの一人で、共働きだったのですが、新居は夫の実家のそばと言われました。
    私の通勤時間は片道2時間になるので、お断りしました。
    毎週末高速で一時間の夫の実家に顔を出せと言われましたが、それも無理でした。
    たまった家事などをしていたのですが私の実家(一般道で一時間)に入り浸っていると思われ、弟さんにまで
    言われた時は絶句でした。
    夫婦二人、共働きという生活を夫の親がしたことなかったので想像できなかったのでしょうが
    一方的な物言いがとても辛かったです。
    話し合いもしましたが、わかってくれたのは舅だけで姑はそれでも、「でも!」と言って
    理解を示すことはなかったです。
    それでも、誕生日や記念日は欠かさず贈り物をしてきましたが・・・思い通りにならない私は
    バカ嫁だそうです。
    それでも仕えろといいますか?

    ユーザーID:4911133812

  • 違いますよ

    >嫁の立場は時代と共に変わるものだと思いますか?

    時代と共に変わるんじゃありません。
    そんなもの人によって違うのです。
    あなたの価値観を時代の総意のように言わないでください。

    妻側が一歩的に遜るなんて、私の価値観からすれば元(昔)からおかしい。
    でもこれは私の価値観なんです。

    ユーザーID:0684371830

  • 時代錯誤と言うより

    そもそも「嫁」という法律的な地位はありません。
    70年以上前に廃止されています。

    トピ主さんの文章を読んで、「あぁ、まともな人権教育を受けたことの無い人なんだな。」と思いました。

    ユーザーID:3276413929

  • 義母の介護もしてますが、私は嫁ではありません。

    私は結婚15年目の40代女性です。私からしから、トピ主さんの方がお若いですね。
    私は夫と結婚して、夫側の姓を名乗っていますが、私は嫁ではありません。夫の妻です。

    夫の両親のことは、縁あって義理の親になった人、夫を育てた人なので、大切にしたいと思いますし、良い関係でいたいと思います。だから、気遣いしながら付き合ってきました。今は義母が要介護(義父は他界)になったので、夫の兄弟と協力しながらお世話しています。

    でも嫁ではありません。私の実家で手伝いが必要な時は、夫にも協力してもらいます。両方の親戚との付き合いも、同じようにしています。
    現代の日本には、家制度はありません。結婚する時に、戸籍の制度により夫婦どちらかの姓を名乗るだけです。

    トピ主さんは、自分の意思であえて嫁になったのですよね?それはそれで、良いんじゃないですか。やりたいだけ、やれば。
    でも、自分が好きでやっている事を他人がしないからと言って、我慢が足りないという筋合いはないでしょう。
    他人を下げたいのは、自分の選択に後悔があるからですか。

    ユーザーID:9396348166

  • まだ八年でしょ

    七十才になってもお嫁さんやっている人いますよ。
    はやく見切りするのも長い目でみたら、良い選択かも

    ユーザーID:1477781024

  • 時代が変われば法律も教育も変わる。

    確かに我慢が足りない人もいる。
    でもそういう人ってどの時代にもいただろうし
    今の多くの離婚経験者は理不尽な結婚に耐えなくても生活できるからだろうし悪いことだとは思いません。

    当事者じゃない人が「そんな小さなことで離婚?」と評価する権利はないよ。
    他人には言えない離婚原因だってあります。
    表面だけ見て語るのは止めましょう。

    で、嫁の立場ね。
    戸籍法が結婚後は親の戸籍から抜けるとなったからには「嫁」という法的な存在は無くなりましたよ。
    そして、それこそ若い世代は男女平等で教育を受けてきました。
    当然嫁の立場って変わったでしょう。変わらなきゃおかしい。

    トピ主さん30代でしょ?
    田舎住まいの50代の私より昭和初期の価値観を持っていますね。
    まるで姑世代のような感想ですしね。

    どういう教育を受けたらそう滅私奉公的な立場を受け入れられるようになるのでしょう?
    旧家に生まれ育って家の存続を大事にと教育されてきたのか
    虐待され自己評価を低く育てられたのか。

    あなたの考え方はスタンダードではないと思うよ。

    ユーザーID:6093752288

  • いつも思うんですけど

    最近の若者はどうのこうのと言う人(トピ主さんも若いですけどね!)
    じゃあその若者を育てたのは誰だって話です。
    我慢強かったと言われる世代の方々でしょう?
    その中には「自分たちのように辛い思いをして欲しくない」と思いながら子育てしてきた人も多いんじゃ?
    その上での今があるのだと思いますけどね。

    トピ主さんのように考える少数派の若者もいるでしょうけど
    これからは「結婚したら女性は夫の家に入る」という感覚はもう廃れていくだけです。
    女性の社会進出を叫ばれている一方で「嫁は嫁として」なんて
    そりゃ時代錯誤ですよ。

    ユーザーID:6632307891

  • 私はトピ主より年上だけど・・・

    正直「嫁」という言葉が嫌いです。
    夫と結婚はしましたが、嫁に行ったとは思ってません。

    >時代は変わっても、夫婦関係を保つためや、相手の家とうまくやっていくのは、お嫁さんの役割のような気がしてなりません。
    こんなこと、考えたこともありませんね。
    お互いに歩み寄る気持ちが無ければ、嫁だけが頑張ったって無理ですよ。

    >特に若い世代のお嫁さんたちの我慢が足りなさすぎると感じているのですが
    私も我慢なんてする気はさらさらありせん。
    夫の家族とは、ほぼ絶縁状態です。

    ユーザーID:8380685491

  • トピ主さんはトピ主さんのお考えでいいのでは?

    ご質問については、私は自分を嫁と思ったことがありません。
    それで結構、衝突があったと思います。
    なぜなら、トピ主さんのようなお若い世代ではなく、50代だからです。
    私の頃は過渡期だったのか、トピ主さんのようなお考えの人もまだ残る一方で、
    私のような女性も増えてきた頃だったと記憶しています。
    義父母には婚約前に、この考えを私の親から伝えました。
    義父母は快く了承したものの、結婚後に教育しようとしてきまして、
    一言ではお伝えできない攻防戦の末、別世帯の人間として、
    平穏にお付き合いをしてこれました。
    衝突は消耗したし、疲弊もしましたが、
    それでも、戦って本当に良かったと思っています。

    でも、価値観は人それぞれ。
    トピ主さんにそれを押し付ける気はありません。
    トピ主さんも将来、娘さんや息子さんの奥様に、
    価値観を押し付けないでくださいね。
    また、価値観を押し付けることは絶対無理だということを、
    知っておいてください。

    ユーザーID:0775774220

  • 我慢は、いい言葉ではない

    我慢って、マイナス思考の言葉なんですよ


    もちろん、度を越さない程度の我慢は必要ですが、我慢我慢と自慢げに話すのは良いことではありません


    20年我慢しすぎている私からの意見でした

    ユーザーID:2909026197

  • いやー

    今の年寄りも分別ない人多いですよ。
    長男だっていうなら娘は出た娘として
    ちゃんと長男をたてるように言ってもらわないと。
    お金ほいほいあげて、孫の面倒も嫁に見させて
    介護や法事など責任や大変なことだけ「長男でしょ」ってねぇ。
    おかしいよ。

    あと、最近は街中で怒鳴るお年寄りもおおいし。
    上の世代がしっかりしなくなった結果、
    お嫁さんたち世代もおかしくなってるんじゃないですか?

    ユーザーID:0146741312

  • 若い嫁さんではありませんが

    50代ですが、相手の家に入ったつもりは無いです。
    主人と私が結婚して子供が出来て家族になったとは思いますが。

    相手の親に口答えも反抗もしないって、そんなにできた義両親なんですか。
    相手にもよると思いますね。
    残念ながら私の義家族は毒が付くぐらいひどかった。
    それでも口答えするなと言うのですか。
    我慢はしましたよ、かなり長い間。
    で、何も分かり合えない平行線のままでしたので距離を置きました。
    「嫁」としての務めはちゃんとできる事はやりましたよ。

    まだお若いのになぜ昔の感覚なのか分かりませんね。
    間を取り持つなんて、なんで嫁がそこまでしなきゃならないのか。
    それって息子である旦那の仕事でしょ。
    嫁に我慢しろと言う前に、旦那もっとしっかりしろよと言うべきでは。

    ユーザーID:3553158712

  • あなたの若い頃はそうだったのでしょうね

    あなたの若い頃はそうだったのでしょうね。
    でも、今の若い人は、違うのですよ。

    このトピを書いたのは、おそらく還暦以上の方でしょうね。
    あなたの若い頃とは常識が変わってしまって、お気の毒です。
    自分が若い頃は頑張って義理の家に従いながら我慢してきたのに、自分が姑になってようやくわがままを言えると思ったら、今の若いお嫁さんは姑に従わない。
    まったくおかしい、非常識で不公平、けしからん!最近の若いモンは!と言いたいのがよーくわかるトピです。

    ちなみに私は40代のおばさんですが、義父母は既に亡くなりました、辛かった帰省もなくなり、盆正月はありがたいことに温泉などに行きながら気楽な休暇を満喫しています。
    最近の「若い人」はそんなにおかしいですかね?

    自分の判断で義父母に従う道を選んでおいて、我慢して、義父母が死んだ後にその我慢を次の世代に要求する、叶わないと知ると文句を言うヒトの方が、よっぽど迷惑です。

    人に頼る、人に支えて貰うことばかり考えて要求したって、あなたを含めて誰も幸せになんかなれませんよ。皆自分で精一杯なんです。
    今からでも遅くない。自分の人生を楽しんでね。

    ユーザーID:8262315974

  • 自殺に追い込まれる前に

     他人の忍耐が一律じゃないのですから
    あなたの目からは、そう見えるかもしれない。

     夫婦間のことを、事細かく知らず、ひとくくりにしての意見。
    我慢できる程度の家庭で、幸せなんでしょうね。

     あなたの言っていることを、あなたの子供が真に受けて
    結婚して、言いつけを守って、心配かけまいとあなたに愚痴も無く
    その通りに頑張ってると思ってたら、ある日、自殺した。
    「そんな極端な!」って言いますか?

     従姉妹はそんな真面目人間で、気づいたときには
    自殺こそしませんでしたが、精神崩壊してました。
    20歳で結婚、30歳になる頃には、おかしくなっていた。
    素直で優しい、自慢の従姉妹。
    図に乗って、暴力まで振るうようになった従姉妹の夫。

     すぐに離婚?誰が好き好んで離婚するのかしら。
    確かに考えが甘すぎる、バカップルもいるけれど
    夫の豹変や、義実家の借金など、色んな理由がある。
    あなたは耐えられる事だって、耐えられない人もいるの。
    それを人生台無しにしてまで耐えろとは、無茶ですよ。

    ユーザーID:3649906699

  • 嫁ねえ

    貴方本当に30代ですか?

    私は50過ぎたばかりの主婦ですが、嫁という言葉は大嫌いです。
    そりゃ、夫の家が代々続く資産家で一緒に暮らしているとか経済的援助を受けているなら別ですが、うちは結納金ももらってませんし、別居・援助一切なし、これといってお世話にもなっていないので、私が実家より義理実家を優先させることはありません。
    私にとっての義理実家は主人にとっての実家なのですから、彼が優先すればいいだけです。

    それとこれと離婚は関係ないと思います。
    うちはうまくやってますよ。
    逆に義理実家関係が絡まないと余計にうまくいくのではないでしょうか。

    ユーザーID:7852059012

  • え〜!!

    >相手の親には口答えや反抗せず

    じゃあ、嫁に行ったら、義父母があなたの旦那さんの兄弟のお嫁さんをいびってたら、

    「まったくおっしゃるとおりですね。なんて不出来な義妹でしょう」

    って乗っかるの?

    「その通り、義妹さんってお里が知れますわね。おほほほ」

    って舅姑に同意するの?
    まあ、そうやったら自分の身だけは安泰で、株もぐ〜〜んと上がりますけどね。(ただし義父母限定)

    自分の赤ちゃんに蜂蜜食べさせられても黙って見てるの?

    自分の実家がないがしろにされても、

    「本当に不出来な母で」

    って謝るの?

    全部有り得ないんですが……大喧嘩してでもそこはハッキリ意見を言うべきでしょう。

    あなた、プライドは高いのに卑屈すぎです。スネ夫みたい。

    ユーザーID:3877826040

  • 男女は対です

    女性だけが〜、男性だけが〜、ということはありません。女性が堪え性が無くなったのなら、男性にも甲斐性が無くなったのでしょう。

    変化の要因は時代(というか国や政治、メディア)によります。
    散々振り回されて犠牲にされてきた片方の性を批判、攻撃するものではありません。

    ユーザーID:6445384298

  • 離婚の原因は「嫁」の我慢が足りない「だけ」かな?

    家に入るだの、嫁の定義だの、前提からしておかしいですがその辺への突っ込みは他の方がされているので横に置くとして。

    >特に若い世代のお嫁さんたちの我慢が足りなさすぎる
    そもそも何故、嫁「だけ」が我慢するんでしょう?夫や夫の両親は我慢しなくていいってことですか?それとも夫や夫両親の「時代錯誤」な要求に「嫁」が応じなかったらそれを「夫側は我慢している」と定義するのですか?仮にトピ主さんから見て「嫁だけ」の我慢が足りないように見えても、「そんな小さなこと?」と思っても、実態は本人でないと分かりませんよ。
    なんで「お嫁さん『だけ』」が我慢して上手くやっていく努力をしなくちゃいけないの??と不思議に思います。夫側も妻側も少しずつ我慢したり譲り合えば良いのでは?

    が、男性や、姑世代の女性にはトピ主さんに似た考え方をしている人がまだまだ多いように感じます。そういう意味では時代錯誤とは言えないのかもしれません。ああでも、時代錯誤ではない=推奨されるべき良いこと、と言う意味ではないですよ念のため。

    ユーザーID:5792483950

  • 人は少しずつ変わる

    物事は時代によって変わり続けるものです。

    昔の常識が、今では非常識になることがあるように
    今の常識が、10年後には非常識と言われるようになったりします。

    今の小町では常識だと思われている考え方も、10年後の小町では
    「はあ?何、言ってんだこいつ」
    なんて言われても全然不思議じゃないです。

    だから嫁の立場どころか、時代と共にみんな変わると思いますよ。

    ユーザーID:0249392418

  • 若いお嫁さん???

    結婚して、たった8年、まだ30代のトピ主さんは若いお嫁さんではないのでしょうか?
    若くてもトピ主さんは我慢強くて、良い嫁だということでしょうか?

    >時代は変わっても、夫婦関係を保つためや、相手の家とうまくやっていくのは、お嫁さんの役割のような気がしてなりません。

    夫婦関係を保つのは夫婦お互いだと思うし、相手の家とうまくやるのも舅姑と嫁のお互いです。嫁一人の役割ではないでしょうし、無理でしょう。
    トピ主さんのお宅も、きっとトピ主さん一人が頑張っているわけでは無いと思いますよ。

    我慢は出来ることと出来ないことがありますね。
    私は女性関係と暴力以外なら、大体我慢できると思います。
    でも!ここで見かけるように、夫が他の女性とラインをしていたりするようなら問答無用で離婚です。
    キスしたとか、関係を持ったとか以前です。
    プライベートでラインをしたら、というよりも登録してるだけでもダメですね。
    義両親は良い人たちなので、特に問題ありません。
    息子はまだ独身ですが、結婚したらあまり関わりたくないかもです。

    ユーザーID:6117718611

  • 嫁と言うより人それぞれ

    我慢できるかどうかの範囲って人によって違いますよね。嫌がらせのやり方だって人それぞれだし。トピ主さんが「そんな小さなことで離婚?」って思ったのがどんな内容か知りませんけど、一人ひとり離婚した人に1から10まで訳を聞いたわけでもないのでしょ?

    それとも私だけこんなに我慢してるなんてって思っちゃったのかしら。

    ユーザーID:2306765798

  • 貴方は好きでやってるだけ、他人に押し付けない

    トピ主の世代でも、一般的には「嫁」「嫁いだ」等の認識はありません。

    トピ主がやりたくて自己満足でやってる「嫁」でしょ?

    他の人に押し付けてはいけませんよ。

    結婚は、新しい世帯を作る制度であり、家族の誰か一人が我慢して成立する関係なんて、既に家族ではありませんよ。
    それは、主従関係でしょ。

    トピ主はどうぞ、好きなだけ従順なフリでもしてください。

    心配されなくとも、一般の方々は、普通に各々が幸せな家族を築いていきますよ。

    ユーザーID:7235197546

  • タイムスリップしてきた?

    明治大正時代からタイムスリップしてきました?
    私は同年代ですが。
    夫の家に嫁に入っていません。
    夫と結婚し、二人で新しい戸籍に入りました。
    今の日本の法律はそうなってますよ。

    もちろん
    >相手の親を大切にしたり、また、自分の信用を無くすようなことをしてはいけないと思うのです。
    これには賛成ですが、等しく夫も妻の両親を大切にし、信頼を得ることが大事でしょうね。
    さらに言うなら、親たちも息子、娘のパートナーに対して同様の配慮が必要でしょうね。

    人間関係を円滑にするためのある程度の我慢というか、配慮や気遣いは必要でしょうが、嫁だから耐え偲べというのは、ナンセンスでしょう。

    ユーザーID:7907291629

  • 嫁・の立場は変わらないでしょう

    嫁とは一家の跡継ぎである男と結婚し、その婚家の女になった者のことですよね。

    ただ結婚して妻になった女の事ではありません。

    本当の意味で嫁になったのなら、その立場は時代で変わるものじゃないでしょう。儲かってる自営業のお家とか、大規模農家とかなら。
    でもね、息子の妻を嫁と思うなら、それ相応の待遇も用意しなければいけないんですよ。代替わりしたら親は嫁に遠慮するものなんです。
    嫁として大事にされていないのに夫の親にだけ尽くすのに、何の義理があるというのでしょう?実家には多額の結納金でも頂いたとでもいうのでしょうか?

    それがなくて、継がせるだけの物も無くて、ただ息子の妻を嫁呼ばわりするなら、立場の時代的変化は親にも責任がある。

    結婚して便宜上夫の苗字を名乗ってる女性を嫁とは呼びません。夫婦は対等。夫の親とのコンタクトは夫の責任。お嫁さんの役割かも知れませんが、妻の役割などでは絶対にないです。そこが間違ってるのに我慢が足りないなどと言われたくない。
    時代錯誤ではなくて誤認です。

    ユーザーID:9580344862

  • 自画自賛

    トピ主さんの結婚観古風だなと感じました。でも他人がとやかく言う事ではないので構いません。
    ただトピ文はまるで既婚女性はこうあるべき!と主張されてるように感じそれが不愉快でした。

    トピ主さんは所謂時代錯誤な嫁の在り方で義両親とのもめ事を乗り越え良い形に持って来られたんですよね?
    色々と努力や我慢をされた事は理解できますが、それが正解で美徳とは感じませんでした。
    わざわざトピを立てるあたり、義両親との葛藤にものすごい自負がありそうだなと思いました。
    だから離婚した人に対して“そんな小さな事で離婚”とハッキリ言えるんでしょう。
    ご自分が義両親の事で苦労があったように、その離婚した方にも色々あったのかも、と何故想像できないんですか?
    貴女に話した離婚理由は色々積み重なった上の“離婚のきっかけ”に過ぎないないんじゃありませんか?
    良き妻、良き嫁のアピールが物凄いですが一方通行です。ご自分に酔うのも大概にして下さい。

    ユーザーID:4186783504

  • あなたのような考え方があってもいい。しかし…

    >嫁の立場は時代と共に変わるものだと思いますか?

    その通りだと思います。

    >私は、嫁は相手の家に入ったのだからと思い、…

    その様な考え方もあっていいと思います。義家の両親がそれを望んでいる方々ならとても良い関係が作れると思います。

    >今の若い人たちは嫌なことがあるとすぐに離婚をしているように思います。
    >同じ嫁として、どうして我慢が出来ないのか、時代は変わってきていても、…

    今の世の中全体に当てはめるのはおかしいと思います。時代錯誤と言われても仕方ないと思います。

    とは言っても、現在でも女将さん業が必要な家はトピ主様のような考えのお嫁さんが必須ですし、歴史が長くご先祖の供養を大切にしている家では、供養の部分に関しては「嫁に入る」という考えの息子のお嫁さんがいると親子で幸せなんだと思います。

    余談ですが、夫家のお墓なんて親任せでした。(住まいから車で2時間の所に代々のお墓があります。名家ではありません。)
    2年前に夫父が亡くなってからはお墓参りがとっても気になります。私の両親は健在ですので、今は実家のお墓より夫家のお墓参りが気になります。

    ユーザーID:9602704649

  • うん、時代錯誤な考え方。

    嫁の「我慢」がものごとをすべて丸く治めるためのすべて・・・だと言いたいのですよね?時代錯誤もはなはだしいです。

    今の世の中、夫や夫家族の協力は十分なのですかね?

    ユーザーID:5162997229

  • 時代の差より、個人差の方が大きそう。

    >私は、同じ嫁として、(略)相手の家に入った以上は、嫁は嫁として、相手の親を大切にしたり、また、自分の信用を無くすようなことをしてはいけないと思うのです。

    疑問なのですが、これって、嫁、つまり既婚女性限定なのですか?

    男性でも女性でも、縁あって結婚したからには、伴侶のことも伴侶の両親のことも大切すべきですし、
    独身であっても既婚者であってもそもそも自分の信用を無くすようなことをしてはいけないと思うのですが、
    トピ主さんはそうは思わないのですか?

    そして、今の離婚って、みんな、女性側が「もう我慢できないわ」といって離婚になるのですか?


    ちなみに、時代で変わるというのは、階級制度があった時代や、そこまで昔じゃなくても日本国憲法がなかった時代の話?

    まあ私としては、そこまで昔なら時代によって違うのでしょうが、親世代祖父母世代くらいまでなら、時代の違いよりも、本人がどのような考えを持っているか、どのような相手と結婚し、どの人間関係を築いていくかの違いの方が大きいと思います。

    うちの祖母は我慢強くなどなく、祖父にいっぱい我儘を言っていますよ(笑)

    ユーザーID:1751456630

  • 正直いって、醜いと思うなあ・・・、

    「自分はつらくても我慢したのだから、自分より若い人だって、つらくても我慢すべきよ、我慢しないなって良くないことだよ」、って主張するのって。


    多少見苦しくはあっても『自画自賛』までなら、まあいいけれどさ。

    「あたしこんなに我慢したのよ、耐え忍んだのよ、尽くしたのよ。偉いでしょ!」っていうのなら。

    誰も耐え忍んでくれって頼んでないし、滅私奉公って全然美徳じゃないんだけどさ。
    まあトピ主さんが、それが美しい姿だと思い込んでるなら、別にそれでいいよ。
    正直、滑稽だけど。

    でも、そうじゃない人をこき下ろすのって、本当に醜いからやめた方がいいと思うよ。

    ユーザーID:0440496483

  • キレる老人が増えたのは

    あなたのような滅私奉公を是とする嫁が減り、家庭内で嫁が一手に受けていた憂さ晴らしの受け口が社会に向いたせいだと思ってます。
    嫁世代はその阿呆らしさに気づいてしまった。
    そんな背景もあるのではないでしょうか。
    あなたみたいな人ばかりなら、離婚は減ると思うけど、
    多様性の世の中、結婚したい人がいなくなるわ。

    ユーザーID:4916913018

  • 若い人だけ?

     では何故「熟年離婚」という言葉があるのでしょうね。実際は我慢に年齢など関係無いと思いますよ。それぞれが置かれた立場で判断しているだけだと思います。

    ユーザーID:9878117286

  • 相手の家に入ってませんけど?

    家制度は戦後廃止されてますが・・。
    結婚されたとき、パートナーと新しい戸籍を作ってますよね?

    パートナーのご両親と良い関係を築くことは大切だと思いますよ。
    でも理不尽なことに耐える?我慢する?ことが大切だとは思いません。
    そんなこと会社や友人関係でやらないですよね?
    それが答えだと思いますけど・・。

    日本人全体が考えを改めていかないと
    日本の女性の地位はずっと向上しないと思うんですけどね〜。

    ユーザーID:0038335833

  • 昔は家制度、現代は個人主義ですからね〜。

    嫁に行くという感覚はない人が多いんじゃないですか。
    もっともそれだとハンパに結婚制度が残ってるのが微妙なところです。ホントはね。

    嫁に行くという感覚の人が、男の甲斐性なんてのを云々するんでしょう。
    逆に、甲斐性をいう人が「嫁に入ったつもりはない」というなら図々しい矛盾です。

    ユーザーID:0123249479

  • 「若い世代」ではなく、

    トピ主さんより年上世代のおばちゃんです。

    が、
    そんなオバチャンの私でさえ、トピ主さんの価値観は「戦前の価値観なんだな」と思います。
    私の周りにも、トピ主さんみたいな価値観の人(「夫側に嫁いだ」という価値観)は、少ないです。

    何故、女性が「夫と夫側親」のためだけに生きなきゃいけないの?
    夫だって「妻と妻側親」を大切にしなきゃダメでしょう。
    だって、夫婦は「対等な人生のパートナー」ですからね。

    私は夫も義両親も大切にしていますが、夫も同じくらい私の事も私の両親も大切にしてくれていますよ!
    義両親はインドア派なので一緒に外食や旅行はしませんが(お家に子供(孫)たちを連れて遊びに行く方が喜ばれます)、私の両親とはよく外食や毎年家族旅行もしてます。

    トピ主さんが幸せならそれで別にいいのでは?

    でも、お子さん達には、その価値観を植え付けない方が良いですよ。
    今からの時代は夫婦共働きが当然になるし、夫婦対等がより鮮明になりますから。
    「女が男に尽くすのが当たり前!」なんて価値観だと、娘さんはダメ男の餌食になるし、息子さんは結婚できないと思います。

    ユーザーID:5586621705

  • レスします

    そのような考え方の人が、女性を不幸にするんです。
    我慢するのが、相手の親を大事にするのが、夫婦関係の為に努力するのが、嫁の役割ですか???
    我慢するのは夫や義親も嫁以上に努力すべき。
    親を大事にするのは実子が基本。
    夫婦関係の為に努力するのはお互い様。

    トピ主さんが姑になったら、嫁に嫌われますね。

    ユーザーID:9779445236

  • 法律、税金、医療面が変わる以上、変わらないといけない

    >嫁の立場は時代と共に変わるものだと思いますか?

    絶対変わらないといけない!と思います。
    結婚とは、夫側の家に入ることではありません。二人で新しい家族を作っていくことです。両方の両親は付属品にならなければなりません。いつまでも「親が主役で王様女王様」ではいけないと思います。

    そう思うのは私が明治生まれの祖父母と同居で育ち、本当色々あったからです。

    もし今も家制度時代の法律がそのままで、親の面倒全てみた子がすべてプラスの財産を継ぐ、他の子はその子より絶対的格下。相続税も一切かからない。医療も発展していなくて親も長寿でない。ならトピ主さんが書いた通りの「家制度式結婚」でもよいかもしれません。でも現実は違うのです。いつまでも長寿の親が子供夫婦の上にあぐらをかいてドップリ幸せの蜜吸い居続けて王様女王様していてはいけないんです。

    ただ、国宝に指定されているようなトップの技術や芸事の世界は少し違うのかもとは思います。技術や芸事を継承するのに多少の嫁の犠牲はいたしかたないかもしれません。嫁も我慢するだけの価値がそこにはありますから、納得できるでしょう。

    ユーザーID:0701286029

  • トピ主さん 擁護意見

    まず、、
    『嫁』と云う言葉や
    『相手の家に入る』
    っという言葉に 過剰反応 意見も多いが、
    そんなのは 表面的なことに過ぎない。


    さて本題

    殆ど 全てが 批判意見 のようですね。
    多くの指摘が、 >時代錯誤…

    本当だろうか?

    時代錯誤 どころか、
    現代家族観 の 最大の弱点を指摘している。

    総務省の統計データを調べてみた。
    昭和30年 平均世帯人員 5人。
    現在は 2.5人。
    祖父母との同居家庭が 激減している。

    嫁にとっては 極楽だろう。
    さぞや 夫婦円満家庭が 急増… かと思いきや、

    離婚率が 急増している。

    これは 何を意味しているか?

    >今の若い人たちは
    >嫌なことがあるとすぐに離婚
    >そんな小さなことで すぐ離婚

    トピ主さんの 指摘は 正しい。

    ユーザーID:2197113186

  • お礼は?



    昔も今も、普通はお礼ぐらいは言うものです。

    この程度で凹んでるんでしょうか?

    他人からしたら、

    「やっだあ、たいしたことないのに、お礼も言えないなんて、我慢できなさ過ぎ〜!!」

    と思われることでしょう。

    他人を貶めるのは容易いけど、あなたから見て

    「我慢が出来てない。従順に従えば良いのに」

    と思ったその妻たちにも、あなたの知らない苦しみが合ったことと思います。
    今回トピを立てたこと、よい勉強になりましたね。このまま

    「嫁は我慢!! 口答え許すまじ!!」

    と、言いまわっていたら、あなたの息子さんはご近所から、

    「あそこに嫁に行かせたら不幸になる。あそこは修羅の家お姑さんのたちが悪い」

    って、1000軒ぐらいからひそひそされたことと思います。

    ユーザーID:3877826040

  • 考えの根本が違う

    私はそもそも「相手の家に入った」などとは微塵も思っていません。
    だから「嫁」として相手の親と対することはしておりません。
    もちろん、夫の親ですし年長者ですから、相応の対応はします。
    が、それは嫁だからではなく、人としての振る舞いです。

    まああなたが滅私奉公で幸せですというんならそれでいいんじゃないですか?
    でもそれを他人に押し付けるのはやめてくださいね。
    特に、娘さんが心配です……。
    いずれ息子さんが結婚したらそのお嫁さんに自分の嫁像押し付けたら、息子さんもにげるかもしれませんからご注意ください。

    ユーザーID:8947755771

  • 冷たい母親なんですね

    娘さんがいらっしゃるとの事ですから将来結婚される時は勿論「相手の親に口答え、反抗せず我慢しなさい」と言って送り出すんですよね?

    時代錯誤と言うより情のない言葉ですよね。そして息子さんも結婚したらそのお相手にトピ主家に入ったのだからと言い同じ言葉で忍耐を強要するんでしょうね。

    ふと疑問に思ったのですが何故、我慢する相手は義両親だけなんですか?「家に入った」と言うなら世帯主であるご主人にも当然逆らうようなマネしてませんよね?

    ユーザーID:4186783504

  • ちなみに、

    お嫁さんが(息子と)アッサリ離婚したのを見た姑が「私も長い間我慢してきたが、こんなに簡単に離婚できるなら自分も我慢しなくても良いんだわ!」と開眼し、旦那さんに離婚を切り出して一人になったらのびのびと老後を楽しみ、あれだけ険悪だった元お嫁さんとも普通に交流する仲になった、という話をネットで読んだことが有ります。

    あと、それから
    江戸時代の離婚率は、武家の階級でも10〜11%で再婚率は50%以上。
    庶民はもっと高かったようです。

    トピ主の感覚って、江戸時代よりも封建的なんですね。

    ユーザーID:7850593782

  • 理想論かなぁ

    いやあ、姑をたてて、嫁として義家を大切に。素敵だとは思います。介護まで全う出来れば立派で真面目と自他共に認められるでしょう。それが気分良い方は頑張れば良い。どんな意地悪姑も介護されたら最期は感謝するし、夫にも有難く思われる。人として立派ですよね。
    ただ、自身が頑張ると、大抵子供の嫁にもやってくれて当たり前な態度になるよね〜。なんだ、結局自分の老後の為?ってガッカリします。
    嫁が自分の娘だったら他所の親に縛られて何十年生きるなんて悲しくないですか?

    私も純粋だった結婚当初トピ主様の様に考えていました。18年間、図々しい要求にも耐え、義家に尽くしました。
    が、結果は義家も夫も(嫁だから当たり前)に。介護も当たり前と言われて張り詰めていた糸がプッツリと切れました。

    私、何やってるんだろう?義家の為の人生か?今は義家のことは夫がしています。

    私は我が子を苦しめたくない。介護の話は絶対口に出しません。ヘルパーや施設で何とか乗り切りたい。
    墓も作りません。結婚したら口出しもしません。とにかく、自身が嫌だったことはしたくないです。

    介護まで頑張る立派な親の姿は将来子供を縛りませんか?

    ユーザーID:6349111124

  • 嫁の皮を被った姑

    何十年前のお嫁さんなんでしょう(笑)
    時代劇で見るような「嫁入り」をされたんでしょうか。

    いつの時代であっても夫婦の本質は変わらないと思います。
    ただ、それを取り巻く環境が違い過ぎる。
    何世代とも同居をする時代ではないし、
    若い人口より老いた人口の方が多く、
    日の出・日の入りの終業時間ではなく、
    休日だって家族そろっているわけでもない。

    公的な事はもちろん、私的な事でも横並びの意識は強く
    公の場で匿名の発言ができたりする。
    だからこの場でこんな発言なんですよね?
    イマドキの時流に乗って便利を満喫しているはずなのに。
    自分だけが辛抱してツライわって言うのなら
    まだ可愛げもあるけど、自分と同じ苦労をしろ的な発言には驚きです。

    ユーザーID:4771779126

  • それが正しいとは思わないことです

    トピ主はご立派です。
    自分は嫁いだ身なのだから嫁ぎ先の両親に反抗したりせず、
    悪口を言われてもへこたれず、くじけずここまでやってこられました。
    素晴らしいです。

    だから周りはおかしい、すぐに離婚してしまうような人間は安易だと
    そう考えてしまうのは傲慢です。

    夫婦関係や相手の家とうまくやっていくのは嫁の務めだとおっしゃる。
    ならばその嫁を裏切って浮気する夫や、嫁イビリを毎日楽しんで過ごす
    相手の親たちはどうお考えですか。
    それに耐えない現代の女性を、こらえ性がないとお考えですか。

    トピ主が声高にここで書かれたトピの内容に、傷つく人は少なからずいますよ。
    夫や義実家の理不尽に耐えて傷ついて、ようやく解放されてこのトピを読み、
    「こらえないのは甘えだ!」と言われるわけですから。

    女性が社会に進出し、仕事を持って自分の足で立てる人が増えてきた。
    結婚しなくてもよい女性が増え、結婚できない男性が増えてきた。
    むしろかわるべきは、現代の女性の立場を尊重しなければいけない
    夫およびその親だと私は思いますよ。

    ユーザーID:1571748652

  • 聞けるものとそうでないものがあるでしょう

    >相手の親には口答えや反抗せず

    「孫の行事に呼べ」とか「体調悪い時に病院へ連れていけ」程度の話なら、できる範囲であれ応じる気はありますよ。でも私が要求されたのは

    「実母と疎遠にして私だけの娘になれ」

    とか、実母が他界後は

    「嫁が友達と出かけると蔑ろにされたようで不愉快なので誘いは断れ」

    ですよ?友達やママ友は全員女性で、会う回数も月1回程度(1人当たりの回数ではなく全体で)。性格や素行などに問題のある子はいません。

    要は、虐める悪意はないのですが、かまってちゃんで心細いので、都合の良い長男嫁を常に自分の傍に控えさせておきたいようです。

    しかし私は姑のためだけに生きているのではないので、そこまで聞く義務も義理もありません。それに夫や義弟夫婦は世間並みの親子付き合いだけで自由にしていて、姑も何も言わないのですから。

    主様だったらこんな理不尽な要求をされても「嫁だから」と従う気になりますか?私は無理です。

    ユーザーID:1624151918

  • レスします

    >>今の若い人たちは
    >嫌なことがあるとすぐに離婚
    >そんな小さなことで すぐ離婚

    昔も離婚したかった人は多くいたが、生活のために我慢しただけ。
    嫌なとがあると? そんなちいさなことで?

    毎日殴られたり、言葉の暴力、人間性の否定、その他。
    離婚の理由は様々。
    本当に命からがら逃げてシェルターに入る人いる。
    本当にそれらの実態を認識したうえでのコメントなのか?

    そんなことで? 短絡的すぎる。
    じゃ、いったいどんな理由なら離婚していいのか。


    家に入る、嫁に行く等単なる言葉の問題ではない。
    結婚生活の実体を表し、あたかもその言葉の通りであるべきかのような生活を暗示している。
    多くの人が不快感を感じるのも当然だし、だからこそ民法も言葉通りかえられた。

    社会的に離婚が増えたのは事実でしょう。
    しかし、昔のように家に入り、姑、夫に理不尽な扱いを受けて我慢した人生は幸せだったのか。

    ユーザーID:1982296101

  • 何でそうなる

    >離婚率が 急増している。

    これは 何を意味しているか?

    >今の若い人たちは
    >嫌なことがあるとすぐに離婚
    >そんな小さなことで すぐ離婚

    トピ主さんの 指摘は 正しい。


    あのね、昔は女性の学問の機会も就業の機会も奪われていて、離婚「出来なかった」のです。

    「芸のためなら女房も泣かす」「女房を質に入れてでも」「浮気は男の甲斐性」「女は叩いて躾ける」

    こういう世界でも、我慢しなくちゃいけなかったのです。私の叔母は離婚ではなく死別です。お姑さんにいびられ、産後からこき使われ、あっという間に亡くなりました。

    偉いですか?

    離婚せずに我慢した叔母は偉い女性ですか?

    いいえ、実家は貧しく、自分で身を立てることも出来なかったので離婚できなかっただけです。離婚はしたかったのです。

    私の母の代ではそういう悲劇をいくらでも見てきてますので、女性の社会進出を切望しました。私も大学に行きました。

    「夫が浮気したら慰謝料・養育費をもぎとって離婚する」「女房を軽んじるような男は捨てる」「趣味に大金つぎ込んで家庭に生活費を入れない夫は捨てる」

    こういう選択ができるようになっただけです。

    ユーザーID:3877826040

  • とぴ主は次男嫁?

    とぴ主は長男嫁じゃないよね。

    長男嫁が「嫁」として家に尽くすべき、同居すべきというところですか?

    近くで別居というので、そうではないかと推測しました。


    ところで本題。

    妻と夫双方の親とは親戚付き合いでと考えています。

    嫁に入り遜って老親に仕えて奉公する暇は今の妻たちにないですよ。
    共働きが普通ですから。

    ユーザーID:7394588295

  • 家庭によるのでは

    昔は姑が嫁イジメしてたけど、今では嫁が姑イジメしている家庭もあるよ。
    イジメられてるお嫁さんが多いから、姑=悪って共感できる人が多いだけじゃないかな。

    ユーザーID:1568058210

  • とぴ主は次男嫁?

    次男嫁なんじゃありませんか?

    とぴ主の発想なら近居別居じゃなく、同居するはず。
    長男嫁に同居して、親に遜り仕えるべきだと思ってるのかな。

    ユーザーID:0968254035

  • 断定はできない

    私は長男嫁で同居しています。

    自立していれば、とっくに離婚していたかも。
    やはり、お金じゃないのかな。稼ぎがあれば、我慢はしない。

    だから、昔は女性には教育をしないし、選挙権がなかったわけでしょう。女はひたすら我慢を強いられていたわけ。
    そんな時代はまっぴらごめん。

    でもね、主さんの言っている事は一理ある。
    何故なら、達成感のようなものがあるから。

    私も同居して嫌な事もたくさんあったけれど、長い間で培った気持ちがある。
    歳をとった義父母にも、温情はあるのね。感謝の気持ちも。
    その域に来るまでは、長い時間がかかるの。

    富士山登頂の感激。修行の後の、悟り。

    のようなものかな。やったものしかわからない。

    ユーザーID:7460914063

  • そうかな… (トピ主さんに賛成派・擁護派ではありません)

    40代 二児の母です。


    >トピ主が声高にここで書かれたトピの内容に、傷つく人は少なからずいますよ。

    この部分には同意です。声高は悪意有


    >その嫁を裏切って浮気する夫や、嫁イビリを毎日楽しんで過ごす相手の親たちはどうお考えですか。

    >むしろかわるべきは、現代の女性の立場を尊重しなければいけない夫およびその親だと私は思いますよ。

    世の中全体の事として当てはめてると受け取れました。これも「放漫」だと思いませんか。

    いつの時代だろうと、子供世代(嫁)も親世代(姑)も配慮ある女性は多いと思いますよ。
    私と夫の両親も、私の実弟の妻と私の両親も、お互い傷つくことはあっても時を重ねるうちに適度な距離感をとりつつ上手く仲良くお付き合いをしていますよ。

    何でもかんでも男性が悪い、息子の親が配慮無しという考えがありますが、一方的でおかしいです。これでは理解し合えません。こういう環境で育つ事は子供たちにも悪影響です。(トピ主さんはこういう事も言いたかったのでは。)

    実家に男兄弟がいる場合はブーメランとなって帰ってくることも頭に入れておかなくては。

    ユーザーID:9602704649

  • 自分の戸籍見たことないんですか?

    結婚するってどういうことか分かっていますか??
    夫と妻それぞれが、親の戸籍から抜け、新たに一つの戸籍を作ることですよ?

    「入籍」なんて古い言葉は残っていますが、実際は意味が違います。

    入籍は、妻が夫の親の戸籍に入ることでした。養子縁組です。それが嫁入りでした。
    婿養子は反対に、夫が妻の親の戸籍に入ることでした。
    ですが現代は、結婚したら夫婦の為の新たな戸籍ができるのです。
    その時に、夫婦どちらかの姓を選べます。
    嫁養子、婿養子とは意味の違う、ただどちらか好きな苗字にするだけです。

    夫婦は対等であります。
    その両親だって平等の立場です。
    嫁だけが夫の親に尽くす理由はありません。
    離婚が悪いことだとも思いません。
    離婚が恥だという思いも時代錯誤です。

    ちなみに「出戻り」と言う言葉も、昔は離婚したら親の戸籍に戻されました。
    今はそうせずとも、あらたに自分だけの戸籍を作れます。
    だから本当の意味の出戻りではありません。
    そうして古い家制度のなごりの単なる「言葉」だけが使われるのです。

    そして、娘にそんな我慢やツライ思いさせてまで結婚生活続けさせたい親御さんも今の時代いないと思います。

    ユーザーID:1828876415

  • 変わらないものがあるのだろうか

    どんなものでも時代と共に変わるのは当たり前。

    若いお嫁さんの我慢が足りないと思われているようですが、別にいいじゃないですか。
    それでトピ主さんに何か不利益でもあるの?


    私も30代で子供3人、姑を自宅介護している立場ですが
    よそのお嫁さんが我慢が足りないなんて思ったことなんてないですよ。

    将来トピ主さんのご子息と結婚される方は大変だなあと言うのが私の感想です。

    ユーザーID:6113918842

  • 別居しているのに、家に入ったという考えに違和感を感じる。

    別居と同居は全然違うと思います。

    姓が夫側の姓になっただけで、舅や姑とは別居しているのに、「相手の家に入った」とか「嫁」とか違和感を感じます。

    別居なら、「相手の親には口答えや反抗せず、父の日母の日、誕生日などは欠かさずに」やることは簡単です。
    価値観が違う人と同居するのが大変なんじゃないですか?

    私の場合は、夫は長男でしたが義母とは同居しなかったので、「相手の家に入った」とか「嫁」とか考えたこともありません。

    45年前の結婚当時の夫の給料は、6万円ぐらいでした。
    そのうちの2万円を義母宅に毎月持っていきました。
    母の日、誕生日などはやりませんでしたが、
    給料の3分の1を仕送りするのは大変でした。

    給料は右肩上がりでしたので、だんだん楽にはなりましたが。
    でも同居しないで済んで楽でした。
    別居と同居は全然違いますよ。

    天丼まん様だって同居はしていませんね。
    同居していない人が、若い世代は我慢が足りなさ過ぎると批判する資格があるのでしょうか?

    別居しているのに、「家に入った」と自画自賛していることに違和感を感じます。

    ユーザーID:2434501022

  • それでも トピ主さんは 正しい

    反論を戴き 拝読した。
    昭和30年代の女性は 不幸だった…
    と云う投稿だが、
    それは、一種の情報操作ですよ。

    大正 から 昭和にかけての 女性は
    男性に 隷属なんかしていない。

    谷崎潤一郎『細雪』の 三姉妹や、

    山本有三の 『女の一生』。

    壷井栄 の『二十四の瞳』でも
    朗らかで 伸び伸びした大石先生が登場する。

    更に
    戦後の、サザエさん エプロンおばさん。
    男性に 隷属なんかされていませんよ。


    蛇足ですが、
    自分の親戚の話を持ち出して反論する投稿が
    ありますが そんな個別事案では、
    なんの反論にもならない。
    個人的な感想ではなく、時代の潮流の話だ。

    ユーザーID:2197113186

  • 達成感は仕事で果たす

    あなたの考え方は失礼ですが、能力がなくて男性に依存して生きた方が
    得をする女性の意見なのですよ。

    男性でもあなたと同じ意見の方はそういう女性の方が男性にとって
    都合がいいと思ってるからです。

    能力によって生き方に差が出て来る訳ですからそこの所を
    ご理解頂きたいと思います。

    ご自分の生き方を全ての女性に当て嵌めるのは無理があります。

    ユーザーID:4517152234

  • 呑龍様

    細雪の三姉妹や女の一生のまさ子って、別世界のお嬢様方ですよね。サザエさんも、実は東京郊外に戸建ての家のあるお嬢さんで、エリートの夫がマスオさんしているという状況なので・・・。例として適切だとは思えません。

    二十四の瞳の先生も、女学校に行って教職に就けたという時点で恵まれた方です。注目すべきは、朗らかな大石先生ではなく、教え子の女の子や母親の人生の方でしょう。児童向けで戦争話が多く、あまりそういう話はなかったような記憶がありますが。

    その上で。女性の地位が低かったかというと、そこまではないでしょう。女性の労働力がないと成り立たない家だと、発言権は強くなります。母方は農村地区だったのですが、表向き男を立てつつ、ちゃんと女には女用の楽しみも用意されていたりしたそうです。男女の役割が明確に別れていた分、むしろその頃の方が楽しみもあったと。

    家制度のなくなった戦後の方がむしろ悪い方向に行ったと。不思議ですよね。

    ユーザーID:9468680324

  • 多様化や選択肢の増加による影響では?

    時代錯誤・・・でまとめてしまっていいかどうかはわかりませんが、社会の変化は大きく影響していると思います。

    一つに女性が仕事を持っている場合は離婚しても経済面で何とかなるようにしやすくなったこともあるのかもしれません。
    人生の選択肢が増えたため、問題が発生しても対処しやすくなったと言えます。

    また人権や健康などの重視により、年齢による上下関係が希薄になり、比較的対等に近い関係を求められるようになっていると思います。その中で価値観が大きく違うと譲れないとなるのかもしれません。

    そしてなにより価値観が多様化してしまったことが問題の一つかもしれません。保守的な考えの場合はその多様化した価値観を認めることができません。他者の価値観を認めるのが当たり前の考えの人と認められない人では上手くいくわけがありません。

    価値観が多様化したため、同じ文化に居ながら育った環境で自分の考える常識が大きく異なってしまいます。
    単に考え方が甘いとかそういう問題で片付けてしまうのは簡単ですが、そもそもの考え方が全く違ってきていることを知らないととんでもない誤解をしているかもしれません。

    ユーザーID:5468138910

  • 心の有り様

    トピ主さんには、立場の話は合っても、「人対人」はないですよね?そこが問題なのだと思いますよ。心はどこに?

    ユーザーID:0245397245

  • かわっています

    「家」制度の実情が昔と変わってきていますので
    結婚についても変化しています


    昔は、家業や代々受け継ぐ土地や財産といったものを
    大事にしていましたから
    家を存続させることに拘る人が多かったわけです

    今は、企業に勤める人が圧倒的に多く、家業はやってません
    また、実家の近くに勤務地が見つかるとは限りませんので
    同じ土地に先祖代々住むという事も難しくなっています


    なので現代で家の存続に拘るのは
    家業があるとか、大きな土地財産があるとか
    一部の人だけなんです

    それ以外は、文化の名残りに過ぎませんが
    誰も傷つけず、困ることが無いのであれば
    昔気質の生き方をしたってかまわないとは思います


    最近よく思うのは、孫
    昔は跡取り息子と同居というパターンが多く
    息子夫婦側の孫と祖父母のつながりが強かったですが

    今は同居はほとんどなく
    出産その他でお嫁さんの実家が関わる事が多いため
    娘夫婦側の孫と祖父母のつながりのほうが強いケースが多い

    時代と共に色々変わっていきますが
    ひとりひとりケースバイケースなので一律にどうこう言うのも
    違うと思います

    ユーザーID:5365416207

  • 日本の結婚における妻の役割は母だからなぁ

    日本における妻の役割は夫と対等なパートナーとしての妻ではなく母親としての妻だものなぁ〜。

    母親のように家事全般をこなして子供を産み育て、夫の身の回りの世話をしてくれる存在が妻なんじゃないの?

    まぁ中には例外的な男性もいるけれど圧倒的多数の日本人男性にとって理想の結婚って妻に世話して貰うことでは?

    う〜ん、例えば朝寝ていたら台所で妻の包丁をトントンさせて朝御飯の用意をする音を聞いて結婚した幸せを噛みしめる。間違っても自分が台所で朝食作りをする姿を幸せな結婚と想像する男性は極めて少数派だと思うよ。

    それってもう我々の文化の中で刷り込まれて成長するから仕方ないんじゃないかな?

    正論を叫んでも単なる机上の空論で、日常生活は待った無しで進むわけで…。いちいち家庭の中に平等論を引き出して議論していたら双方共に消耗するだけ。だから離婚に至る。

    端的に言ってしまえば「面倒臭い妻に愛想が尽きる」であり「自分ばかり損する生活で夫に愛想が尽きる」なんだよね。

    文化はそうそう簡単には変わらない。特に伝統を愛する我が国では(笑)!

    その辺を弁えた女性は適応する道を選択するんだろうね。

    ユーザーID:8568076625

  • トピ主さんの「参考にさせていただきたい」は何だろう?


    トピ主さんの周りの、若いお嫁さんたちが、我慢が足りなく感じる理由を知りたかったの?
    自分の考え方が、時代錯誤では無いと証明したかったの?

    皆さん色々な意見を書かれています。
    トピ主さんが、それらを読んでどう感じたのか興味があります。

    ちなみに私の意見ですが、トピ主さんと同じくらいの歳と同じくらいの結婚年数の時、
    同じように「嫁」の意識を持ち同居して頑張ってました。
    婚家に骨を埋める気でしたが、どんなに努力しても無駄だと、10年以上経って気付き、
    今では「嫁ぐ」は死語だなと思ってます。

    でも過去にその考えを持っていたので、トピ主さんの考えを全否定する気はないです。
    ただ私は、自分が我慢してきたからと、人も同様とは全く思えません。
    トピ主さんは「同じ嫁」で括れるかもしれないけど、私は「人は皆違って当たり前」が
    人と付き合うスタートラインだと実感しています。

    「みんな違って みんないい」子供の絵本にも、そんな言葉がありましたね。
    義両親と意見が違っても、仲を保てたトピ主さん。
    皆さんと意見が違った事に対しては、どう参考にしますか?

    ユーザーID:3491825963

  • 横ですが一言だけ。ここ数日の投稿を拝見して感じたこと。

    >大正 から 昭和にかけての 女性は 男性に 隷属なんかしていない。

    私もそう思います。
    その昔、女性と男性(妻と夫 姉妹と兄弟など)は平等ではなかったけれど、対等であったと感じます。

    大正〜昭和に限らず、明治も維新以前も女性は男性と対等だったのでは?

    高度経済成長期以前の家事って人力ですよね。家族の中の女性や、家によっては奉公している女性たちなど、大勢の人手で成り立っていましたよね。
    その人材を束ねる役目が「嫁」だったのだと思うのです。
    一家を一つの部署に例えたら、姑が部長で長男の嫁が副部長かな。
    ですから家の事(奥)については、一家の主であろうと口出しは出来ない場合も多かったのではないでしょうか。映画やドラマを観ていてそう感じます。

    中には不幸なことに家庭内で男性から理不尽な扱いを受けた女性も多かったでしょう。
    しかし、こちらのトピで多くの方が言うように大半の女性が隷属の日々を送っていたわけでもないと思うのです。

    むしろ現代の主婦より昔の主婦の方が家庭の中では活躍していたのではないでしょうか。人を使うスキルが無ければ成り立たないのですから。

    ユーザーID:9602704649

  • こんなケースもありますが

    私の姑は、婚姻状態で舅が他界したので、「初婚で添い遂げた」形にはなっていますが、夫婦仲自体はむしろ悪かったです。

    先に書いた、姑の私への過剰な執着の大きな要因にもなっています。

    また、何のめぐりあわせか、私の周囲の熟年再婚の夫婦が(2組だけとはいえ)夫婦仲睦まじく、水入らずの老後を過ごしているんですよね。

    私の姑は「お父さんと2人はつまらない」「嫁さんと2人で女同士で楽しくやりたい」と言い、私にベタベタ。なぜ夫でないかと言うと、夫は性格が舅似だからです。

    主様の理屈で言うなら、私の姑は多少舅と合わなくとも我慢して「息子や嫁を巻き込まずに」夫婦関係を保つために努力しないといけないと思うんですけど。

    ユーザーID:1624151918

  • 同居はしないの?

    トピ主さんがそういう考えなら、別居ではなく同居すればいいのに・・・。

    ユーザーID:3175472544

  • 架空ですから

    >私もそう思います。
    その昔、女性と男性(妻と夫 姉妹と兄弟など)は平等ではなかったけれど、対等であったと感じます。

    対等??女性は選挙権もなかった。学歴も男性より制限されていた。子供を生めなかったら離縁されたり夫の愛人の子を育てたり。
    あなたが感じることは主観であり事実とは言えないです。

    >一家を一つの部署に例えたら、姑が部長で長男の嫁が副部長かな。
    ですから家の事(奥)については、一家の主であろうと口出しは出来ない場合も多かったのではないでしょうか。映画やドラマを観ていてそう感じます。

    それは家業を持っていた家庭にはあったのかもしれませんがそんな家何割?
    その副部長とやらにそんな権力があたえにれたのならなぜトピ主の言う「嫁が我慢」の定義になるのか

    我慢ばかりさせられているのならそんな権力は無意味ですよ。
    女性は虐げられてなかったの例が小説の登場人物、映画、ドラマでは説得力に欠けます。

    まず、なぜ嫁が我慢なのかを明確にしなくては話が進みません。

    反論もあったけどそこはトピ主の「我慢強さ」でぜひ返答してください。

    ユーザーID:1982296101

  • 別居嫁が言っても、全然説得力皆無です(笑)

    トピ主さん、「嫁として〜云々」と高尚な理想論を掲げていらっしゃいますが、

    そもそも、義親さんと同居してないですよね?

    その時点で、トピ主さん理想の「嫁として」の努めを全く果たせていませんよ。

    普段の生活は自由にやっているのに、都合の良い時だけ「私は婚家に尽くす素晴らしい嫁ですウフッ」って、一番嫌な嫁タイプです。

    と言うのも、うちの母は、結婚と同時に婚家の両親と同居でした(結婚当時は父の一番下の弟もいた)
    そして、祖父母が亡くなるまで40年近く、ずーっと同居してました。
    私はその家庭で生まれ育ったので、同居嫁の大変さも辛さも、よくわかります。
    母は「娘には同じ苦労をさせたくない」と、同居に反対です(私が義親と同居するのも、自分が息子(私の兄)家族と同居するのも)

    義親と同居って、別に「嫁いびりが辛い」とかではないんですよ。
    私の祖父母は優しい人たちでしたし、母は苛められてはいません。
    ただ、自分の生活がほぼできないです。
    気ままにトイレに行くとか、お風呂に入るとか、テレビ見るとか(当時はテレビは今みたいに一人1台ではなく、家庭に1台でした)

    ユーザーID:5586621705

  • 続きです。

    家事した後や外出から帰宅した後、思いのままにリビングのソファに座ってちょっとお茶でも飲んで一休み・・・
    って、なかなかできないそうですよ。
    ただただ気を遣うし、そもそも他人が家にいるから、気が抜けないと。
    食器の使い方や、配膳の仕方、掃除の仕方、お風呂の使い方・・・
    本当に、些細な事の積み重ねが大変なんです。

    同居嫁は、祖父母に尽くしても「当たり前」になりますしね。
    母は元々トピ主さんみたいな感覚の人だったので、かなり婚家に尽くして良い嫁でしたが。
    父は男4人兄弟ですが、他の嫁達は、プレゼント一つする程度の事でも祖父母に大喜びされてましたよ。
    同居嫁と違って、別居嫁は自分の都合の良い時だけすり寄っておべっか使って「良い嫁」気取りできるから楽でいいよね〜美味しいとこ取りだよね、と、同居母を間近で見てきた私は思います。

    トピ主さん、「夫の実家と近居してる私、良い嫁」と思ってるんでしょうけど、近所で暮らすのと、一つ屋根の下で暮らすのは、雲泥の差です。
    取り合えず、まずは同居されて下さい。
    その後、今と同じ考え方ができたら、本物の「出来た嫁」です(笑)

    ユーザーID:5586621705

  • 悲しい

    >姑や舅から悪口を言われたり、もめたりもした

    これがずっと続く家だってある訳です
    いつも嫁が我慢させられ
    嫁が悪いとされる家だって

    トピ主さんが我慢が足りないとした離婚の事例も
    本当はどんな事があったか分からないではありませんか

    自分はちゃんと我慢ができるできた嫁で
    周りは我慢ができない駄目な嫁
    それは本当ですか?

    トピ主さんの家はトピ主さんの我慢だけで上手くいっているのですか?
    義両親や夫も我慢したり折れたりしていない?
    そんな協力が全く得られない家だってあるのです
    そんな家のお嫁さんが離婚した時
    本当の理由など周りには分かりません
    出て行ったあとは好きなように風潮されるだけですし

    ユーザーID:4545417370

  • ええ、時代錯誤です。

    昔は、女性が働く場がなかったため、そのような人権侵害に耐えていただけです。
    昔と今では違います。嫁に行ったのではありません、妻と夫で新しい戸籍、世帯を作っています。相手の家は関係ありません。

    正直、格の高い武家や豪農ならまだしも、大したことない家柄の人に限って、嫁に入ったのだから〜〜〜と言っているのを見ると笑が止まりません。ご自分の家柄にどんな価値があると思ってるんですかね。

    ユーザーID:4953129461

  • そもそも

    旧民法から現行民法になった時点で

    『嫁』という立場はなくなりました。

    男女の合意のもと婚姻し、新戸籍がつくられ、新しい家族
    になるのです。

    戦後70年を越えて、まだこのような考えの方がいることに
    驚きます。

    ユーザーID:1318988676

  • 時代の変化は否めないし、親世代すら価値観は変わった

    >お互いに譲り合い
    >実際は夫や義理の実家に譲る方が多い
    今の現状も、譲る割合ならばそれ程変わらない気がします。
    そして【どちらも】譲り方が希薄になったと感じます。

    権利を主張して義務を果たさないのは、若い人だけではなく、親世代も同様に感じます。

    「嫁の責務」があれば「姑の責務」も同時に存在します。
    時代の変化と共に変わったのは、嫁だけでなく姑もです。

    最近、「嫁ぐ」を持ち出す夫家は、嫁に夫家と繋がりを持たせる事だけに躍起になってるように見えます。

    嫁と嫁実家を切り離すことが、嫁と夫家を繋ぐ早道と大きな勘違いをしてる人もいます。

    昔の義親は婚姻が家同士の繋がりと考え、嫁の実家も大切な親族として扱いました。
    田舎では母・祖母の実家との繋がりも保ち、叔母の在所元まで把握されていたりします。

    結納・仲人・盆と暮れの遣り取りなども減り、家同士の関係が希薄になったのは明白。
    だから、嫁実家を親族として大切に付き合う義務は疎かになり、夫家を大切にと権利ばかり求める親も一部います。

    親が関係を繋ぐ努力を子に見せずして、子には役割や責任をいきなり求めても、上手くいくはずはありません。

    ユーザーID:2526198504

  • また「家庭の中の活躍」という点においても同様

    嫁の役割を求めるなら、家風を教えて従えるだけでは駄目。
    嫁に【対価】である「権利」も同時に与えるべき。
    家庭内の仕切りが妻の役割なら、夫家の身代も徐々に任せるのが筋。
    ある程度の年数が経てば、嫁が夫家を内側で仕切って当然と認めていかなければいけない。
    (双方が望むのが前提ですが)

    別居では難しいですが、同居を求める人は親子共に減っています。
    別居なら身代を任せる必要は低く、昔より関係が希薄になるのは、当然の成り行き。
    核家族を広めたのは前の世代(今60〜80代?)なのも事実。

    子夫婦家庭に干渉し続けることは、嫁が家を仕切る事を任せ無いのと同じ結果になります。
    家の中を仕切るという限られた範囲に達成感を感じることが出来たとしても、
    任せてもらえるという【対価】がいつまでも払われなければ、中身は何もありません。

    今の時代、共働きも増え、外の広い範囲まで様々な達成感を求めることが出来るようになりました。
    同時に、夫と同様に働く妻にとっては、家庭内・親戚付き合いの役割を全部担うことは困難になりました。
    その良し悪しは別として、【時代の変化】であるのは現実です。

    ユーザーID:2526198504

  • 妻一人では困難な背景が、イクメン等の分担をもたらした

    しかも、親世代も嫁の働き方に口を出したがる傾向があり、息子が養うのを好まない人もいます。
    嫁にもらったという態度を貫きたいなら、外で働かない嫁の生活を保証するほど太っ腹でないと、権利と義務が揃わないと思います。

    一つには時代の変化は否応なくある事。
    一つには我慢が足りないのは全体的に広がっている事。
    その結果が今の現状に過ぎないと思います。

    もしも、時代の変化を受けずに嫁の役割を残すべきなら、教育が重点です。
    男女平等・人権の尊重・選択の自由を教育に入れてしまってからでは、「良妻賢母」の価値重視に戻すのは難しいでしょうし、
    政府にも女性の社会進出促進を撤回してもらう必要もあるかも。
    個の価値観は多様化していますが、時代による教育の変化も健在です。

    結局、価値観の違う相手同士は、適度な距離を保った付き合いのほうが、【双方】楽なので、それが多くなっただけ。
    嫁を擁護する気はありませんが、嫁の傾向を今昔で比べるなら、姑の傾向も今昔で比べると、全体が見えると思います。
    我慢が足りなくなった、あるいは我慢の向きが変わったのは、若い嫁だけでなく親世代や全体に言えることです。

    ユーザーID:2526198504

  • 結婚前は誰もが上手く行く事を望んだはず

    義親も子夫婦も、良い関係を望んで縁を結ぼうとしたはず。
    離婚をゴールにして結婚する夫婦も、まず居ないはず(例外はあるかも)

    紆余曲折の末に絆を作った義家と嫁もあれば、死別まで添い遂げる夫婦もいます。
    途中で関係がおかしくなった義家と嫁もあれば、離婚する夫婦もいます。
    (グレーゾーンな関係も多いと思います)
    上手く行かなかった原因を、第三者が白黒つける事は難しい。
    特に、上手く行った人が行かなかった人の事情をつぶさに把握できるとは思えません。
    上手く行かなかった人同士のほうが、予想はしやすいのかもしれません。

    離婚理由で、夫の浮気やDVや嫁イビリは【一部で】存在。
    嫁が原因も【一部で】存在。ですから
    >世の中全体の事として当てはめ
    と受け取ったのは、ききき様の主観です。
    トピ主さんは、嫁の在り方を語り、「特に若い世代のお嫁さんたちの我慢が足りなさすぎると感じて」と書いたので、
    離婚の原因が夫にあるケースや、我慢で片付かないケースがあると、反論を受けただけと思います。
    嫁の在り方も、他の人の考えは違っていた。
    >多くの方が言うように大半の女性が隷属の日々を送っていたわけでもないと思う
    これも、ききき様の主観です、そして隷属と思うのも別の人の主観です。

    一部の話で無く全体としては、価値観が多様化しているという意見、ぱど様の意見が一番しっくりきました。

    >お嫁さんの役割のような気がしてなりません
    【主観】がにじみ出ていますね。
    しかし、他人の主観・価値観は色々と違った、それだけだと思います。

    私の主観を書きますと、トピ主さんが明記するような「嫁の役割」や「我慢」をしていない人でも、
    夫実家とそれなりに絆を作ってる方は多いと感じます。
    絆成立も不和も(グレーゾーンも)、その中身の詳細は当事者のみ知る、と思います。
    外側からの個の主観と、中身が一致しない時もあると思う。

    ユーザーID:2526198504

  • 背景を分けて考えています。

    1982296101様 私の投稿に目をとめて下さりありがとうございます。

    「世の中の潮流と個人事案は分けて考える」という投稿に対しての一連の投稿がありました。その中で「女性は隷属ばかりではない」という意見があり、それについて同意を示した私の投稿でした。
    「妻と夫 兄弟と姉妹」といった家庭での女性の立場を述べたものですので、「選挙権」のような法の下での不平等は分けて考えています。

    また、「ドラマや映画」は、著名な話や架空の物語の登場人物を指したものではありません。その中で描かれる武家・農家・商家といった家庭の中での女性のつもりで、世俗的なことを指しています。私の文章力・語彙力の不足ですね。

    女性に対する不平等は、

    * 法律の下でのもの

    * 世情や世俗的なもの

    * 家族や個人からもたらされる個人事案

    などがあるかと思います。

    それらを分けて考えると本質がより明確になると考えています。

    トピ主さま、トピ文からズレた投稿を複数回しまして失礼いたしました。

    ユーザーID:9602704649

  • 答えは一つではない

    トピ主さんは、嫁の役割を我慢して果たし、離婚もしないのが良いと考えてますよね?
    私は、離婚が悪いこととは考えません。
    婚姻を続けるよりも、離婚のほうが夫婦お互いの為と判断したなら、その選択はその夫婦次第と思います。

    嫁と義家の在り方も、その両者の落し所に収まっていれば、昔ながらでも今風でも斬新でも、何でもいいと思います。

    トピ主さんのように、「私の(上手いく行った)テンプレート」と同じにすれば、義家との関係も良くなるし、我慢強くなって離婚もしないは、早計すぎると思うのです。

    仮に我慢の足りない嫁だったら、自分が姑なら受け付け難くありませんか?
    シンプルな繋がりだけにして平穏に過ごすか、関係を続けるのを諦めたくなりそう。

    それに、嫁に我慢が足りないと批判してたら、自動的に嫁が我慢強くなる?なる訳が無い。

    トピ主さんが、多くの人の幸せを考えてトピ立てしたのなら、「私のテンプレート」は手放して考えたほうがいいかも。

    それと、トピのタイトルの質問に答えます。嫁(妻)の立場は時代と共に、確実に変わっています。
    夫婦の在り方や離婚率を見ながら、時代を遡ってみると明白です。


    1893年(明治26年)の人口千対離婚率は3.38、江戸時代は4.8もあったそうな。
    ロシアの4.5(2012年)、アメリカの3.2(2016年)に比べても高い。
    江戸時代であっても、離婚は双方の承諾が必要でした。妻から離縁を言い出す例もあった。
    「三行半」は、夫が妻に対して一方的に突き付けるものではなかった。
    「三行半」を受けた妻は、「返し一礼」なるものを提出し、それで離婚が成立した。
    しかもそれらは、「再婚許可証」でもあったのです、江戸時代でも重婚は罪に問われたからです。

    ユーザーID:4398485271

  • 元始、女性は実に太陽であった

    日本で人口千対離婚率は1.73(2016年)まで下がりました。3.38から1.73、その間に何が起こったか?
    そう、1898年(明治31年)に制定された「家制度」です。
    家と夫に仕えよ、離婚はしてはならぬという思想は、「人」ではなく「家」を守るための法律だった。
    家長ですら家に隷属し、男性にもいい時代とは言い切れ無いと思います。
    1947年(昭和22年)に廃止されました。

    あらためて数字で見るとビックリなのですが、「家制度」が施行されていたのは約50年、廃止されてからは約70年ですよ!
    江戸時代の200年以上と比べても、たった50年の影響の強さは何でしょうか?
    その50年は、明らかに「人」よりも「家」を大事にし、「人を尊重せずに、統制する都合よさ」があったのです。

    トピ主さんの言う「妻(嫁)の役割」は、日本の文化では無く、統制下で割り振られただけです。
    庶民の文化が華やいだ長い江戸時代、改革の痛みを乗り越えて文明開化を築いた明治26年頃までが、
    本当に活き活きとした日本文化の礎だったのです。
    文化とは人が作るものです。文化が人を従わせるのでは無い。
    家制度50年の間に、統制される事・する事の楽ちんさを覚えてしまった人が、
    活き活きとした文化は捨て、発展性と柔軟性の無い、版で押した安定がいいと言ってるだけと思います。

    それがいいなら止めませんけど、他の人にも求めるのは勘弁して欲しい。

    勘違いしないでいただきたいのは、離婚を推奨する気は無いのです。
    離婚をバツ表現し、どんな理由があろうとも離婚は悪しき事だと埋め込まれたのは、歴史的背景のせいであり、
    もっと長い歴史の上では、離婚は案外一般的だった事実があるという話です。

    ユーザーID:4398485271

  • 窮鼠さまのレスに納得です

    家庭によって、時代によってそれぞれの個人によって嫁の立ち場についての定義は異なりますし、それを一つの定義(嫁は我慢、嫁は家庭を守り)にあてはめて考えようとすることがそもそものまちがいではないでしょうか。

    嫁が働いていてもうまくいく家庭、嫁が我慢してつくしてもうまくいかない家庭の存在がそれを示していると思います。

    ききき様の
    >「選挙権」のような法の下での不平等は分けて考えています。

    社会的背景、世情なくして法は成立しません。

    それなりの背景があったからこそ成り立つものです。

    なぜ選挙権がなかったのか、教育を受けられなかったのか、嫁に行かなくてはならなかったのかは全て社会的背景があったから。
    自立する能力も自由も制限されていたから。
    男性も同じ、家庭を守るという刷り込みから不本意な生き方を強いられた人もいたはず。
    それこそ長男教みたいなもの。

    分けて考えても結局根本的には同じ権利を与えられていなかったのが問題。

    「野菊の墓」のような人生を送った人もいたはず。
    単なる社会背景の例ですけどね。

    ユーザーID:1982296101

  • 横ですが、三行半間違えてます。

    三行半は"妻が夫"に突き付けるモノです。

    昔は女性が持参金を持って結婚したんです。
    離婚するとその持参金を返して貰わなければならない。
    再婚時に持参しないとダメだから。
    ところが!
    ソレ、使ってしまって無い人いるんですよ〜。
    で、妻は三行半を夫に叩き付けるんです。
    「金は要らんから、離婚してくれ!」
    って意味ですよ。
    で、返し一礼を受ける。
    意味は
    「お金ありません。離婚します。けど、これで関係は断ち切れたので、お金の催促は勘弁してください」
    再婚許可証より持参金使い込み証明書の意味合いが強かったそうな…。
    そしてコレ、江戸の町では恥なんですって。
    長屋中に一辺に広まるらしい。
    怖いわ〜。

    因みに夫が離婚したいときは、持参金に色を付ければ出来たそうです。
    …ただ、妻が離婚したくないときは居座られちゃったりするとか…。

    江戸の町では女性の方が強かったんですねぇ…。

    トピ主の"嫁の定義"は新しいのですが、色々な考えがあってどう思いました?
    感想は如何ですか?

    ユーザーID:6228254668

  • 諸説ありのようですね

    私の見た説では「三行半」は、もともとは、夫が妻の家族に出したのが始まりとも言われています。
    正式には「離縁状」「去状」。
    再婚許可が3行半にまとめられていたことから「三行半」と言われるようになったとか。
    離縁を言い出すのは、妻から夫への場合も多かったようですね。

    江戸時代、持参金は夫のものになるわけではなく、今で言う保証金のようなもの。
    夫の都合で離婚する際には、全額を妻に返さなければいけない。
    そのため、持参金を返したくない夫は、妻から離婚を申し出るように仕向けた例もあるとか…

    でも、離縁には双方の合意が必要であり、片方が不服だと、今でいう離婚調停なるものまであったそうな。
    持参金の返金だけでなく、慰謝料なるものまであり、これは妻側が払うケースもあったとの事。
    婿養子の場合で婿に非がなく、妻から離婚要請した場合は、持参金を夫に返金するのはもちろん、慰謝料も払う場合もある。

    甲斐性なしの夫に妻が愛想をつかして離縁を申し出たり、夫のDVを訴えたものもあるそうな。

    女性が強いというより、意外にも男女平等だったのかもしれないですね。
    男性の数が余ってたから、その分は女性が大切にされたのかも。

    公家や武家、裕福な商家の女性は専業主婦的だったようですが、
    農民や町民の場合は、ほとんどが「共稼ぎ」。
    むしろ「銘々稼ぎ」という言い方がされ、一家の家計を夫婦が共同して支えるという感覚ではなく、個々がそれぞれに稼ぐという考え方だったそうな。
    男だ女だという性別に縛られず、それぞれが自立した男女の関係性の上に成り立っていた社会だったのかもしれません。

    別に江戸時代がいいとか、戻したいとかではありません。
    歴史を紐解くと、意外な発見もあるという話です。

    ユーザーID:6810511509

  • だってそーじゃん そんな時代なんだもん

    連綿と続く机上の空論よりも
    現実正視の説得力 
    これに尽きます

    27歳の心内

    本音で言えば母の時代とは全く違う
    楽してんなーって自分でも思う

    家によって違うだろうけどほとんどの家は姑なんてコワクもなんともないって友達もゆうし
    向こうが結構気を使ってるのも分かる

    かと言って自分の生活を変えるなんて思いもよらない
    お互い様ってとこもの色々あるんだから

    ごちゃごちゃややこしくするなら老後みないよってスタンス

    母は言う
    今の嫁は楽
    自分たち世代は嫁に気を遣い姑に気を遣いアホみたいな人生だわと

    そう?だって仕方ないじゃんそんな時代なんだからね
    諦めなよ

    いいかげん


    って思う

    ユーザーID:4415075928

  • まあ諸説あるんでしょうけど

    三行半はあらさんの言うようなものではなく、ミックスさんの説の方が一般的に認知されていますね。

    ネットをちょっと検索しても、夫から妻側へという説明が圧倒的多数です。

    そもそも妻側からの離縁は基本的には認められていなかったという説も多いです。
    そのために、「駆け込み寺」なるものが存在したわけですから。

    ユーザーID:9767878185

  • 勝手に入らないでよ

    >相手の家に入った以上
    別居してるのよね?別家族なのになんで入り込む?

    数年のうちに私は姑になると思う。
    そんな世代から見ても、あなた重いわよ。

    嫁も義両親も、別の家族なんだから、どっちが偉いとか、役割なんて考えなくていいのよ。
    譲り合い、助け合いは、全くの他人同士だってする時はする。
    自己主張も時には必要。


    離婚件数が増えているのは、女性でも生活力が上がったからでしょう。
    昔よりマイナスイメージが薄れているし。
    でもやっぱり、離婚するのは簡単ではない。
    みんなショックを受けたり、心を痛めたりの経験はしているんですよ。
    そういう経験者に、世間の差別する目が無くなってきているのはいいことだと思う。

    ある程度の我慢というのは、どんな人間関係だって必要だけど、
    我慢して、我慢して、我慢して・・・
    の生活が、良いこととは思えないです。

    ユーザーID:3216655758

  • そんな事ないわ

     >母は言う
     >今の嫁は楽
     >自分たち世代は嫁に気を遣い姑に気を遣いアホみたいな人生だわと

    あなたのお母さんは経済力ないのでしょ?

    同じ年代でも経済力あればそんな不本意な人生
    送ってないですから。

    他力本願な人生は苦労するんです。

    ユーザーID:4517152234

  • 今が我慢が足りないのではなく

    昔が我慢し過ぎだったんじゃないですか。昔からのことが必ずしも正しいとは限りませんよ。確かに我慢が足りない人もいるとは思いますが。

    >お互いに譲り合い(実際は夫や義理の実家に譲る方が多いかもしれませんが)、やはり、相手の家に入った以上は、嫁は嫁として、相手の親を大切にしたり、また、自分の信用を無くすようなことをしてはいけないと思うのです。

    世の中の大半の人はこうしていると思いますよ。ただ、情報が溢れている時代なので違う人が目に付くだけ。何事もない、我慢で済む場合はいちいち掲示板などで相談したりしませんからね。仮に相談とかしても実際は愚痴で終わって我慢している方が多いと思いますけど。


    >今の若い人たちは嫌なことがあるとすぐに離婚をしているように思います。
    そんな小さなことで離婚?と思うようなことでも離婚をしている人が近くにもいます。

    他人のことを全て完全に把握した上での話しですか?小さなこと?って、ほんの一部を話しただけかもしれないでしょ。見栄張ってるだけかもしれないし。離婚理由を1から10まで他人に話す人ってそんないませんよ。
    それに今は共働きで昔みたいに専業主婦で離婚したら生活に困るって人も少なくなりましたしね。

    まぁ、人は人ってことですよ。トピ主さんはそれでいいなら好きにすればいいんだし。

    取り敢えずは、相手の家に入った、家に入ったと言うのなら完全同居してからじゃないと説得力はないなぁ。

    ユーザーID:3333838689

  • お勉強が足らない子かな。

    家に入るって、戦後家族法が変わり無理になりました。あなたはもっともっと歴史を学んでください。無教養としか思えません。縁あって結婚してその周囲の人を大事にするのは人として当たり前のことです。それは男も女も同じこと。素朴な質問ですがあなたは無教養、低学歴ですか?知りたいです

    ユーザーID:6583427938

  • がまんの程度は人それぞれ

    トピ主さんが、がまんできても他の人は、できないかもしれない。
    そして、がまんは美徳じゃありません。
    世の中が「〜だから〜すべき」という価値観から解放されて結構なことだと思いますが。

    いずれにしても、他人は他人、自分は自分では?よその嫁さんががまんしないことが、トピ主さんに何も迷惑かけていませんし。

    ユーザーID:5002121689

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧