• ホーム
  • 編集部
  • 「あの時、こうしておけば…」と思うことはありますか?

「あの時、こうしておけば…」と思うことはありますか?

レス62
(トピ主1
お気に入り193

編集部からのトピ

編集部

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

読売中高生新聞では4月に、大人の本音を10代に伝える連載「オトナの本音アワー」がスタートしました。中高生が抱える素朴な疑問や悩みについて、この掲示板で小町ユーザーのみなさんから意見を頂き、紙面で10代向けに紹介していきます。
親や教師からはなかなか聞けない、オトナの本音を教えてください。

今回のテーマは「あの時、こうしておけば…」と思うことは何ですか?
進学、留学、就職、転職、起業、結婚……人生には様々な「決断すべき時」があると思います。

そこで、皆さんに質問です。これまでの人生の大きな岐路で迷った時、
(2人の男性からアプローチを受けたとか、大学に通っている時に全く別の夢を見つけた……などでしょうか)
打算で選んで失敗した、ということや、妥協した、あきらめてしまった……ということがあれば、教えていただけませんか?

人生は選択の連続とも言われますが、中高生がこれからの人生で後悔しないために、気をつけた方が良いことも、ぜひお聞かせください。

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞(http://www.yomiuri.co.jp/teen/)で転載させていただくことがあります。

ユーザーID:9261759548

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数62

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 悩むなぁ

    私は今はまぁまぁ克服できましたが、極度の人見知りだったので就職活動もままならず(勉強はしっかりしたのでいい大学には入れました)、就職活動に失敗したこと。公務員に絞ってしまったのでつまらない就職活動になってしまったことを後悔しています。結局は決まらぬまま卒業して、数ヶ月後に新聞広告に入っていた求人にチラシをみて、中小企業に勤めました。

    きちんと大学では遊んで交友関係を深めていたらなーと思います。いろんな情報が手に入り活発な自分になれたのにと思います。

    両親が遊ぶことを良しとしない人たちだったので可能性をことごとくつぶされました。子供の頃からです。
    母親も極度の人見知りだったので仕方がないのかもしれません。

    けれど今は看護学校に入り直し、看護師として邁進しています。とっても楽しいので良しとします!!

    自分の人生は自分で切り開くということを遅ればせながら実感しました。

    ユーザーID:9866466981

  • 熱意があれば道は拓ける

    両親親戚が公務員の中で育ちました。なので幼いから公務員として働き公務員と結婚という、親が引いたレールがありました。学生の頃は公務員のバイトしか許可でませんでした。

    22の時、私何がしたいんだろう?親のレールにこのまま乗っていいのか?悩みました。
    結果、介護に携わりたいと両親に言ったらもう反対。既成事実を作る為、公務員試験白紙で出しみごと不合格(笑)自分で[未経験ですがやりたい]とタウンページから介護施設に片っ端から電話。施設長と直談判。今振り返ってみると、世間知らずだったと思います。

    あれから20年、最近親も年老いて、ようやく私の仕事(ケアマネ)を理解してくれるようになりました。

    今は医療職の主人と結婚し息子も産まれ、自分の人生に後悔なしです。

    息子には、自分の人生なんだから自分で考えて生きていきなさいと常々言ってます

    ユーザーID:8958675187

レス求!トピ一覧