皆さんの怖い話も聞かせてください

レス22
(トピ主0
お気に入り537

生活・身近な話題

たかこ

私自身、心霊体験はあります。

以前同棲していた時です。
彼が深夜「誰かが窓を叩いてる」と言いましたが、2階の一番端。
窓の外は道路、誰か立つ所はありません。

それから、しばらくしてから彼が出張になり、何も付けない無音の中、一人でベッドに寝転びながら本を読んでいました。
するとベッドの下からドンドン!と振動があり、下を覗き込みましたが誰もいない。
変だな…と思いましたが、また寝転ぶと先程より振動が大きくなりドンドン!!と…
一瞬、体が浮きました。

ビックリして、また覗き込もうとすると、私を乗せたままベッドが前にズーッと動きました。
すぐにベッドから下りて、離れた所から見てみると壁にピッタリと付けていたベッドが、人間3人分くらい動いていました。

それから、いきなりシャワーが出たり、ベッドに私のでもない大量の長い髪が落ちていたり…
沢山奇妙な事がありました。
部屋を掃除しても、Gが大量発生するジメジメした部屋でした…

もう2度と住みたくないマンションです。

ユーザーID:1682545843

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も有ります

    ベッドの下からドンドンと音がしました。今は無いですが、怖かったです。

    ユーザーID:4912106349

  • もう30年も前のことですが・・・。

    山の斜面に立つ一軒宿に泊まった時の事。岩風呂に一人で入っていた。石灯籠にロウソクの灯りが灯っていたが、電気も普通についていた。突然灯りが消え長い髪の女の人の気配が…。見えないけれど確かに気配はある。少し離れた横に下を向いて一緒にお風呂に浸かっている?ような感じ。不思議に怖くは無く、そのまま入浴していたのだけれど、そのうちに何だかその場から逃げたい様な気持ちになり、大急ぎで脱衣所に移った途端、電気がついたり消えたりして ついには消えてしまった。急に怖くなり下着と浴衣の帯は持ち浴衣を羽織るだけで逃げる様に出て来た時、外は雨が吹き付ける荒れ模様だった。(実は、この女性は翌日訪れた観光地に繋がるのだが長くなるので、それはまたの機会に) 次の日宿の人に訪ねたところ、「停電」は無かったとの事。そこは平家の落人の村である事を後に知る事となる。確かに気配を感じた時怖いというより、寂し気にうつむいていた様な印象はあった。私は、人は死んだら無になる、という考えでいるので幽霊とか心霊とかは信じていないけれど、世の中には不思議なことがあるのかもしれないなと、少しは思うようになった。

    ユーザーID:1713816320

  • 事故物件?

    もしかしたら、事故物件だったのでしょうか。
    条件がよいのに家賃が格別に安い物件には、よくあるそうです。
    そういう事故物件ばかりを集めたサイトがあって、興味あってみますが、
    意外とあちこちにあるものです。

    心霊体験というか…
    深夜、親が寝静まったあと、弟と二人「バイオハザード」に興じていた時のこと。
    それでなくとも少ない銃弾でゾンビ相手に、心臓バクバクしながら
    ゲームを進めていた時のこと。

    「ぱああんっ!!」

    甲高い音が部屋中に響きわたりました。

    「い、今のはなんだ」
    「ラップ音(幽霊が出るときの音)違うん?」
    「こらあかん、今すぐやめよう」

    と、あわててゲームを片付けて部屋に戻りました。

    翌朝、親にそのことを話すと、当然信じてもらえません。
    ただひとつ、母が書道の筆を立てていた、竹の筒がまっぷたつに割れていました。
    とても厚くしっかりしていて、どうやっても割れそうにないものが。
    乾燥したんじゃないか、といろいろ考えましたが、
    当時の私たちには十分心臓にキタ出来事でした。

    ユーザーID:6198618202

  • 自室での話

    何年か前のこと。
    朝、目覚ましの音に起こされ、布団の中から両手でのびをしたら、
    伸ばした両手をキュっと握られました。
    部屋には私一人。そして枕元にはスチールラックが置いてあるだけ。
    人の立つスペースはありません。
    ビックリして飛び起きたけど、何も無し。
    以来、スチールラック最下段にはビッシリとモノを詰め、更に枕元にも
    ビッシリとモノを置き、のびもしない日々です。

    ユーザーID:3132887809

  • 大学時代の先輩の下宿先で。

    私は大学時代ギターサークルに入っていたのですが、ある先輩女性部員Kが「怖くて夜家にいられない」という理由でほぼ一週間サークル棟の部室に寝泊まりしている状態になった事があった。
    聞けば、心霊現象がある、怖くて家にいられないという。

    暇な大学生たちです、そんなの見に行くに決まっていますよね(笑

    硬い床の部室に一週間も簡易寝袋で寝て授業とバイトに行っていて、K先輩は明らかにフラフラで憔悴しているし、男性部員に部屋を見られるのに抵抗があったため、私ともう一人の先輩、後輩の部員の女性三人で鍵をもらって荷物を取りに行きがてらK先輩の部屋を見に行ってあげることに。

    時間は17時半頃、よく地域に流れている子供に帰りなさいよーと促す、町中に聞こえるチャイムと音楽のようなのがありますが、あれが流れている状態でした。
    築年数はたってそうだけど結構綺麗なアパートのK先輩の部屋の鍵を開けた瞬間、全員がハタ、と玄関先で凍りつきました。

    外に流れていた音楽とチャイムが急にプツッと消えて無音状態になったのです。
    どれくらいフリーズしたかわからないですが、後輩が玄関に置いてあった傘を掴んで走り出しました。

    ユーザーID:6502767997

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 大学時代の先輩の下宿先で2

    根が生えたように立ち尽くす先輩の手を引っ張って、私も後に続いて逃げました。
    階段を降りている途中で、どこかからの犬の鳴き声が聞こえてきて、なぜかものすごくそれにびっくりしてしまい私と先輩がエントランスで派手に転びました。二人とも無言、目に涙浮かべてヨロヨロと走りました。

    傘を持ったまま走り去った後輩が、近所のコンビニに駆け込んで公衆電話(時代を感じますね…笑)から自分の彼氏に電話しているところに合流。
    鍵もかけないまま走り出てきてしまったため、部室に戻ってK先輩に報告し、後輩の彼氏とその友人にもう一度鍵をかけに行ってもらうことに。K先輩は女性部員の家に泊まる事に。

    今でもぞっとします。書いてて鳥肌が。急に無音になるらしいのです。
    ほんとかぁ?って半信半疑でいって、玄関先ですでにその現象に遭遇し三人とももう「無理無理無理」となってしまいました。

    結局K先輩は親に連絡し、急遽引越しをする事に。
    大学の寮を出て初めての一人暮らし…を始めたばかりでした。確かGW明けの事件。
    今でも大学サークル仲間の間では話題に上る、K先輩の無音の部屋。文章にすると地味ですがめちゃくちゃ怖かったです。

    ユーザーID:6502767997

  • 白い手1

    海外を転勤する生活です。
    その中で、とあるある国でアパートを借りていました。
    それまでも日本では金縛りにあうことはありましたが、そのアパートでは
    軽い金縛りになったあと、上半身を”ぐぐっ”と引っ張られるような感覚になり、そのまま体が宙に浮いて、天井を突き破って外へでるのです。
    そのまま空中浮遊をして、フワフワという感じで・・・
    そしてたどり着くのは、日本で暮らしている家。(その時は、一緒に暮らしていた叔母がまだ元気でした)
    必ず自宅へ戻るのです。なので、不思議なんですが自宅を真下に見ながら飛んでる自分がいるんです。

    ある日、また同じように軽い金縛りにかかりました。
    その時、天井から”手”が見えました。
    一本は、肘から下の腕と手。
    もう一本は、人間の頭の2倍ほどはある大きな大きな白い手。それも、手首から下のみ。
    「この手に捕まれば、また外にでて自宅へ戻れる」
    と思ったてのですが、その時はなぜか怖くなりやめました。
    手を伸ばしていたので、もう少しで”白い手”に届くとこだったんですがね。

    続きます

    ユーザーID:8963504617

  • 白い手2

    その後、しばらくしてからアパートの上の住人(日本人)が自殺していたことを知りました。

    霊感は強くないです。というか、何も感じません。
    でも、空中浮遊体験はあのアパートだけです。
    今も海外に住んでいて、もし空中浮遊(幽体離脱?)できるのなら、してみたいのですが残念ながらあれ以来その機会に恵まれていません。

    空中を飛ぶには、地面をポンと軽く蹴って近くの電信柱か住宅の屋根に着地し、着地の瞬間にまた軽くジャンプしてさらに高いビルやマンションの屋根を蹴って・・・という感じです。浮遊してる最中は、まるで鳥になったかのような感じです。

    今思っても不思議な体験です。

    あと、高校生の頃、お盆の時期に当時叔母と暮らしていた借家で二人とも同じ日の同じ時間帯に金縛りに合い、絣の着物を着た家族と思われる数人に足元から”じっ”と見つめられた記憶があります。その人たちの顔はぼやけていて、覚えているのは着物を着ていた、ということのみ。
    空襲で亡くなったのでしょうか?

    いずれの体験も、その場所を離れてからはありません。

    霊感のない私でも、こんな体験があるということで。

    ユーザーID:8963504617

  • 私も

    もう35年ぐらい前の話です。

    自分の部屋で、一人で寝ていました。
    ある日寝返りを打った際、パッと目が覚めました。
    そして、イヤーな感じを覚えた直後、誰かの吐息が顔にかかり、寝息が聞こえてきました。
    誰だよ。。

    ユーザーID:9394016861

  • 多分生き霊?

    小学校低学年の頃、二段ベッドで、私が上、弟が下で寝ていました。
    いつも通り、電気の小玉だけがつく薄暗い部屋の中、なかなか寝つけずにいると、部屋に続く階段の下から『こんばんは…こんばんは…』と、女性のか細い声。とてもゆっくりと階段を上がってくる音。それと共に、何故か広がる恐怖。『いま何時?夢?』と思いながら身動き取れずにいると、扉を開ける様子が無かったのに‘何か,が入ってきたのだけが分かる、得も言われぬ気配。(母さんだよね)と、布団から目だけを出し、天井を見つめていました。
    続きます

    ユーザーID:7844880761

  • 続きです

    本能が(絶対見ちゃダメ)と言い、心臓が早鐘の様に打ちつけるのに、体は全く動きません。
    ひたすら天井を見つめる薄暗い視界の中に‘それ,は現れました。
    二段ベッドの上なのに、頭の方からヌーッと覗き込む、ざんばら髪の女。 私は強く目を閉じましたが、見られているのが分かります。濃厚な気配に、呼吸をするのも恐ろしく、(苦しい!)と思った瞬間、体が動いたので布団に潜り込み、体を丸めていました。あまりの恐怖に眠る事もできず、どのくらい経ったのか、母親が布団を捲った時は汗だく。『どうしたの?』の問いに何も応えられず、着替えさせられて、やっと眠りました。すみません、続きます

    ユーザーID:7844880761

  • 最後です

    以来、電気の小玉に照らされるオレンジの部屋が怖くて、真っ暗じゃないと眠れなくなりました。
    そして昨年、ふと、この話を弟にしようと、『子供の頃、ざんばら髪の女の人が顔覗き込んだんだけど…』と言いかけたら、『あれ怖かったよね。女の人がずっと見てんだもん。姉ちゃんとこにも行ったなーって思ってた』『でも、階段上がってきた時の‘来る…来る…,って時が一番怖かった!』と。『やっぱり夢じゃなかったんだ』と言った瞬間、ガクガクと体が震えました。
    学年が上がり、心霊ブームで‘生き霊,なるものを知った時、『あれは父親の浮気相手だったのでは?』と思いました。
    子供にも分かるくらい、露骨によその女性の元に通っていた父親でしたから(これが一番怖い?)子供が恨みを買っていたのかもしれません。

    ユーザーID:7844880761

  • 一度だけあった本物の金縛り

    高校生の夏休み、部屋でうたた寝をしていたら、
    いきなり胸元から下半身が重くなって動けなくなった。
    金縛りかな?疲れてるんだな私、なんて思っていた。
    (霊障なんか一度も無く、金縛りは脳と疲れた体のミスマッチだと思っていた)

    が、今回は違っていた
    聞こえていた外の音の代わりに、耳鳴りがして、
    人の混じった雑踏のような、テレビの砂嵐のような雑音に包まれた。

    病気かと人を呼ぼうと思っても、目も開かない、声も出ない。
    そう思っている間にも、胸の上の重さはどんどん増し、息苦しい、
    ふっと目が開いた。
    どうしたのかと胸元を見ようと、視線を下に向けたら…
    ぐいっと、いきなり何かに下からあごを上に押し上げられた。

    そこでやっと、これが本物の金縛りだとわかった
    「何かが、上に乗ったまま、私に見られまいとあごをあげた」
    これは誰かの意志を持った行動だと恐怖で硬直!!

    あとはもうひたすら、祖母に教わったお教の知ってる部分だけを、
    何度も何度も頭の中で繰り返していたら、ふっと重さが消え、音が戻ってきた。
    金縛りも解けたけど、しばらくは恐怖で動けなかった。

    ユーザーID:2993313232

  • わたくしの経験

    ここ一年ほど夜中、就寝中にかけ布団の上に乗られ首を絞められたり、ある時など両手の指を口の中に突っ込まれ窒息しそうになりました、四回ほどです、何回目かに布団に上がられるのがわかったため(足首を踏まれた)「来るかっ」と一喝したところ去っていきました、
    こんなことでは大変だと、困ったときの神頼み、相当量の塩を神棚に祭り、玄関両側とおうちの四隅、それに寝室の四隅に盛り塩をしました、それ以後はあらわれません、
    寒がりのため大量の布団や毛布にくるまっていますので、そのせいがあるかもしれません、科学的には解明されたようですが、わたくしは盛り塩が効いていると思っています。参考になればと思ってレスしました。

    ユーザーID:1565845184

  • 鈴の音

    まだ私が小学生の頃、古い家の隣に新居を建て引っ越しする前の事です。自分の部屋を持てた事とモダンな家に有頂天になって、私1人、夜、寝に行っていたある夜、シャンシャンという神社の巫女さんが使うような鈴の音が外から近ずいて来ました。壁を抜け足元に近ずくにつれ、人のガヤガヤというような話し声が加わり段々と大きな音量に。身体は金縛り状態で指一つ動かず。遂に耳元で大音響とその時、私は理不尽なぐらいな怒りにかられ「ウルサイ!」と叫んでいました。同時に、すべては日常に戻りました。あれ以来色々と不思議な事に会う事になりましたが、今でも一番怖いと思うのは、あの時の降ってわいた怒りです。あれは何だったのか?

    ユーザーID:2115529168

  • 一番怖かった体験。

    私は子供の頃から結構そういうのを見たり感じたりするタイプで、母親もそうなのでとりあえずの対処としてお経を教えてもらっていました。大体、お経を唱えると去っていくのですが、一度だけものすごく怖いと思った体験があります。

    叔母の家に遊びに行った時なんですけど。叔母の家は「いるな」って感じの家で、何度かそこで体験していましたが慣れちゃってたんですよね。
    ある日、叔母に買い物に行ってくるから少し待っててと言われテレビを観ていたら、眠くなってしまって・・・ソファで寝ちゃったんですよね。しばらくして金縛りにあって「またか」と思っていたら、今までに感じた事がない怖さが襲ってきて、ソファの周りを誰かがグルグル回りだしたんですよね。体全体が「やばい」って訴えてる感じで、とりあえずいつも通りお経を唱えたんですよ。いつもならそのまま終わるはずなのに、その誰かが耳元に来てものすごく怖い声で「うるさい!うるさい!」って肩を掴まれて。これはもうどうにも出来ない、どうしようと思った時に叔母が帰ってきたらしく、必死で私を呼んでいました。ものすごくうなされていたと。叔母が帰って来なかったらと思うとゾッとしました。

    ユーザーID:1383792337

  • 元彼の背後に私がいた(笑)

    今となっつはネタです。

    数年前に別れた元彼。
    別れたというか、ここには書けない位の別れ方をされました。
    ずっと恨んでました私(笑)

    先日、友人と交差点を歩いていたら友人が『えっ!?なみがいる』と怯えながら指差した人。。
    反対側に元彼がいました。

    まさかと思い、元彼を見つめていたら背後に私のシルエットが見えてきて、無表情で元彼を睨む自分がいました(笑)

    ちゃんと見えました自分の姿が。

    その後、風の噂で元彼は事業を失敗して負債を抱えたと聞きました。
    元彼はファイター気質があるタイプなので、きっと今は建て直してだろうな〜と思います。

    今は、幸せになっていればいいな〜と思います

    ユーザーID:4319423004

  • 思い出したので

    学生時代、学校の椅子がやけにベタベタして気持ち悪くて(何も塗ってないしこぼしてもない)友達に「男性の霊が付いてる」と言われました。
    最近、部屋や台所でイビキが聞こえます。
    お酒をコップに並々注ぎ減っていたら霊の入りが分かるそうです。
    手が見えたら掴んではダメだと聞きました。連れて行かれるので。
    それから、お盆に海辺に行っては駄目な理由は「霊感が弱い人でも、ガラス越しや水面越しに霊が見えたりする。霊感が有る人ほど連れていかれる確率が高いから、霊感が無いって思ってる人でも気を付けろ」って事らしいです。ちなみに、霊感が有る友達が「海が危ないんじゃなくて海の敷地全てが危ない。浜もそうだし」って言ってました。
    一番怖かったのはお盆に浜で同窓会をするからしつこく来るように言われた事です。幹事自らが連絡して来たので私は霊感が有るから浜以外なら参加する、浜は辞めろと丁寧にお願いしましたが聞き入れられず、何のための幹事だよって苛々しました。幹事も霊感が軽くあったらしいので、聞き入れてくれると期待したのですが。
    霊感が有る友達はよく生身の人間の方が霊より怖いと言います。私も同感です。

    ユーザーID:4912106349

  • 主人

    夜中、ベッドの脇に人の気配を感じて目が覚めました。
    薄目を開けて見ると、顔がわからない黒い人影が!
    瞬間的に、単身赴任している主人だとわかりましたが、その黒い影は、私をどこかに連れて行こうとするのです。
    主人だとわかるのに、怖くて怖くて、「やめて!」と抵抗しつつ、恐怖のあまり気絶(寝た?)

    翌朝、主人に何かあったのでは、と心配で連絡したら、「昨夜、うなされるくらい嫌ーな夢を見た」とのこと。
    その意識が私のところまで飛んで来たのかな?
    本当に殺されるかとおもったくらい、怖かったです。

    ユーザーID:8086553352

  • 怖いねえ。。

    白い手のお話と生き霊のお話、ゾーっとしました。

     先日、「山怪」というヒットしてる本を読んで、実際に怖いことはあるのだと、認識を新たにしましたよ。
     本当にあるのよね。

     私は9年前ですが、事故で大怪我をして、救急車で病院に搬送された体験があります。
     欧州の大都市です。

     その時の集中治療室でのこと、かすかに目を開けていて、看護師さんたちの動く様子など見えるのですが、眼前にぐわーんと、哀しそうな、つらそうな、やるせない男たちの顔が迫ってくるのです。決して夢ではない。女も少しいた。

     100人くらい、迫ってきた。訴えるようなまなざし。
     アジア人とか(日本も含め)アフリカンはいないのね、西洋人か、アラブ人でした。

     私は、このベッドで死んでいった無念の彼らだと思ったのね。
     日本語は通じないだろうから、現地語で祈ってあげました。
     私があなたたちの無念を理解するよ、収まってね、って。。。
     
     すると、パーッと消えて、どこか山の中の岩肌で泉(綺麗な青色の!)がこんこんと湧いていて、この上もない多幸感で一杯で、傷跡もなく一週間で退院出来ました。
     あのイメージは、何だったのだろう??

    ユーザーID:1737373889

  • 恐怖体験2つ

    某デパートで働いていた頃の話。
    従業員用のトイレに入った所、美容部員の方が洗面台で化粧道具を洗っていました。
    「お疲れ様です」と声を掛けたのですが…
    その美容部員、洗面台前の鏡に映っていなかったのです。
    「えっ?!」と思った瞬間、彼女の姿はなく、水音だけが響きわたっていたのでした。
    季節は冬だったのですが彼女は半袖の制服。しかもかなり前の某メーカーの制服だったそうで(古参社員に聞いた)。

    そして…私にとって一番の恐怖体験がこれ。
    販売員を辞め、その後に勤めた零細アパレルメーカーは築50年のビルに入居していたのですが…
    倉庫整理の際に大量のネズミが私の足の上を通り過ぎた事です。
    元々私はドラえもんばりのネズミ恐怖症だった事もあり、泡ふいて失神。
    救急車搬送になってしまい、しかもこの事が原因で解雇されてしまったのもまさに恐怖体験でした(苦笑)。

    ユーザーID:9124661736

  • 後でじわじわ来ました

    ワンルームマンションの出入り口のガラス扉に手をかけたとき、
    ちょうど外に出るためにこちらに歩いてくる男女が見えたので、
    扉を開けたままちょっと待ちました。

    男性は、普通に会釈をして、出入り口から出ていったのですが、
    女性は、扉の隣のガラスの壁をすり抜けて出ていきました。
    女性とすれ違った途端、寒気とともに全身総毛立ち状態に。

    振り返って確認したかったのですが、怖くてできませんでした。
    男女とも30代で、女性は白いレースのワンピースを着たきれいな方でした。
    真っ昼間の、不思議な体験でした。

    ユーザーID:1589677327

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧