虫嫌いな妻と生活できない

レス91
(トピ主3
お気に入り253

生活・身近な話題

セロリ

虫嫌いな妻と生活できないのですが、どうしたら良いでしょうか。

妻の実家は高層マンションの上階で、生活の中に虫がいなかったため、
極端な虫嫌いです。

結婚後、公園に隣接する建売住宅を購入し暮らし始めましたが、
虫が比較的多く、今の時期でも夜には網戸に虫が付いています。
少し油断すると家の中にも入り、その度に妻の叫び声が響き渡ります。

私は田舎出身で虫と暮らしてきたため、何も感じませんが、
妻の過剰な反応に疲れました。

私の実家から土付きの野菜をもらっても、土に虫が付いていると疑い、
触ろうとしません。
なお、妻は潔癖症ではなく、むしろ掃除をしないズボラな性格ですが、
虫だけが苦手です。(ダニは見えないから大丈夫のようです)

この先、妻の虫嫌いは克服できるのでしょうか?

ユーザーID:6416358583

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数91

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 家族なんだから苦手な部分をカバーし合えばいいのに

    克服は無理だと思いますよ。
    とぴ主さんは、虫は大丈夫なのですよね?
    だったら、とぴ主さんが虫を外に出せばいいではないですか?

    奥さんの大騒ぎが嫌なら、
    「家の中に入ってきた虫は、僕がいるときは僕が外にだすし、
    野菜は僕が洗うから、頼むから大声出さないで、
    静かな声で言ってくれないか?
    僕は、君の大騒ぎする声が大嫌いなんだ」
    と言えばいい話です。

    とぴ主さんがいつも家にいるわけではないでしょうから、
    奥様用に安い虫取り網を買って、使い方を教えてあげましょう。

    私の母親も掃除はズボラでしたが、蛇とムカデは大嫌いで
    目にしたときは、それは大声で叫んだものでした。
    本物もそうですが、テレビでも、教科書の写真もです。

    大声を上げるたびに、祖父母(母の実の親)に
    「お前の声の方がビックリするよ!」と叱られ、
    父に「うるさいっ!」と言われていました。

    虫が出てくる環境にいた時は直りませんでした。
    父がいるときは父が、いない時は祖母が対応していました。
    今は、マンションの3階に引っ越したので、蛇とムカデは出なくなりました。

    因みに、釣ってきた魚をさばくのもダメで、父が庭でさばいておりました。

    ユーザーID:7905037187

  • 虫が怖いのでは?

    虫は何を考えてるのか分かりませんし、容赦なく受け入れがたいルックスで近寄ってきます。実際、私も虫が嫌いです。可愛くないで済めば良いのですが、虫は気持ち悪いに入りますから、見るのも嫌です。
    虫嫌いは直らないと思いますが。

    ユーザーID:4506689328

  • 無理だと思う

    いくら高層マンション育ちだとしても、マンションの部屋から出たことが無い訳ではないでしょうから、さすがに蚊やハエなら、大丈夫なのですよね?

    それすらもダメで大騒ぎするとなると、かなり生活し辛いですね…。

    私は戸建て育ちですが、やはり虫は苦手な方です。
    ゴキブリを始めとし、蜘蛛やムカデなども見ただけで鳥肌が立ちます。
    野菜に付いている青い虫も無理です。

    子供の頃はカブトムシやクワガタ、セミ、トンボなどを触れましたが、大人になった今、それらの昆虫も苦手になってしまいました。
    これについては理由が分かりません。

    それを克服して平気になって欲しいと望まれても、無理かもしれません。
    何しろ、見ただけで鳥肌が立って冷汗が出て身震いするレベルですから。

    トピ主さんには「これだけは無理!見たくも触りたくもない!」という物が何かありますか?
    生き物に限らず、大嫌いな食べ物とかでも構いません。
    目の前に置かれたら、鳥肌が立って震えが来る様なもの、何かありませんか?

    それと同じ感覚だと思ってください。
    我儘とかじゃなく、本当に無理なんです。

    ユーザーID:2254664957

  • なおりません

    虫とかヘビとか、そういうのがダメな人は、ほとんど一生、直りません。

    お店で虫を販売しているところに行って、ケースの中にいるのを見て
    少しずつ慣れる、という程度です。ケースから出ているのは、やはり無理
    だと思います。

    ユーザーID:7813266225

  • 難しいと思います。

    私も、飛ぶ虫だけは本当にダメです。爬虫類も芋虫も平気だけど、飛ぶ虫だけは本当にダメ。蝉ですら、叫んで泣きながら、狂ったように逃げ回ります。虫嫌いで片付けないでほしい。虫恐怖症なんですよ。例えば、高所恐怖症も行かなければ良いだけ。でも、虫は、こちらが避けても逃げられません。追いかけて来ます。それはそれは恐怖です。奥さんに耐えられないかも知れないけど、奥さんはそんな恐怖と戦って、逃げずに耐えてまで、あなたと生活しています。大丈夫な人からしたら、理解し難いかも知れないけど。

    ユーザーID:6003379307

  • 例えば、テントウムシもダメですか?

    何とか嫌いとカテゴリカルに全否定していても、実際は、一種類だけでも可愛いと思えるものがあることが多いですよ 。
    一緒に昆虫図鑑でも見ながら、一つでも可愛いと思えるやつを探してみたらいかがでしょう。
    そこが突破口になって、広がることも多いと思います。
    因みに、私も、一般的には虫は平気ですが、蚊だけは許しがたいほど嫌い(生き血を吸わせてもらっているくせに、毒やら病気を振りまくという点で)ですし、ゲジゲジは気持ち悪くてダメです。アシダカグモもゴキブリを捕食する益虫ですが、恐怖を感じます。

    ユーザーID:5980735623

  • 体験談

    私は克服したほうだと思います。
    かつて、奥様と同じ感じで大の虫嫌いでした。最も苦手なのは幼虫系でしたが、それ以外もキャーキャー言うレベル。
    家の中に蜘蛛がいて大騒ぎをし一晩中眠れなかった事もありますし、潔癖症でもありました。泥つきのお野菜も触れませんでしたね。

    でも今はかなり違います。幼虫系はいまだ苦手ですけどそれ以外はなんとも。
    蜘蛛など「悪い虫を食べてくれるし」と放置できるほどです。
    きっかけは大型犬を飼い始めた事だと思う。
    可愛がって生活しているうちに極度の潔癖症がなくなり、気づいたら虫も平気になっていました。泥のついた有機野菜など今では大歓迎です。

    なので奥様も何かのきっかけで変わる可能性はあると思います。
    苦手なものがあるというのは人生生きづらくて本人も辛いと思うので大らかな目で見てあげて下さい、そしていつか極度の虫嫌いを克服できるきっかけに出会えますように。

    ユーザーID:6025606672

  • 確かに…無視を見る毎に過剰反応で

    ギャーギャーギャーギャー騒がれてはゆっくりと生活できませんよね。。

    デカいゴキブリなんかを見たら失神するんじゃないの?


    まぁ…過剰反応というのは、無意識にトピ主様に注目してもらいたい
    助けを求めている甘えた行動です。

    一人でいる時は、誰も助けてくれないので殆ど過剰反応は無いかと思います。

    『過剰反応劇場』みたいなものです。


    過剰反応劇場に幕を引くには『年功や経験』しかありませんから、見守るしか無いでしょう。

    徐々にオバチャンの様に何が出ても動じない性格に仕上がっていきますよ。

    数十年後かな………


    ★冷めた目で見守るのも一つの方法かも知れません。

    他の事は助けるが『虫の過剰反応は無視』って戦法。
    早く免疫が付くかも知れませんね。

    ユーザーID:5378704674

  • 克服は無理

    私も虫は大嫌いなので、自然の多い所で暮らすのは無理です。アスファルトジャングルでいいです。
    無農薬の野菜も葉が虫食いで穴が開いているだけで気持ち悪いです。仮に虫がついてた時は全部捨てます。なので無農薬の店では買いません。農薬を使うことの体への影響よりも、虫を見つけた時の精神への影響の方が大きいです。

    田舎出身のトピ主さんとは相容れることはないでしょうね、一生。
    奥様に虫嫌いを克服させようというより、トピ主さんが奥様の気持ちを受け入れないと今後生活は出来ないと思いますよ。
    他にも合わないことがあるのならともかく、虫のことだけなら受け入れてあげたらどうですか?

    ユーザーID:2836572044

  • 克服はできない

    建売は処分し高層マンションを買いなおすしかない。

    妻の実家に同居したらどう?

    ユーザーID:6730505771

  • そんなオオゴト?

    叫んだら叫ばせておいたら良い。
    野菜はあなたが洗えばよい。

    私はイモムシ・毛虫・幼虫系がどうしてもダメで、親(実親です)からもらう野菜は夫に洗ってもらってます。義両親が生きていた時は義両親からもらったものも当然夫が洗ってくれていました。
    実親も義親も私が幼虫嫌いなことを知っているので、ほかの誰にあげるよりも丁寧に洗ってからくれるのですが、それでもついてるんですよね。もはや付いていなくても付いてる気分がして触れないので夫にお願いしています。大根とかニンジンとか玉ねぎは大丈夫なので葉野菜系ですね。

    私は田舎育ちで幼少期は幼虫系など手の上で転がしていましたが、ある時を境にどうしてもだめになってしまいました。

    で、それに何か問題ありますか?
    そのくらい夫がしてもバチはあたらないとおもいますけど。

    ユーザーID:9694037074

  • 防虫剤、殺虫剤

    これからの季節、虫が多くなるので虫嫌いの人はなかなか大変ですよね。
    ウチは娘がそうです(苦笑)

    窓枠の外側、網戸に防虫剤や殺虫剤をスプレー、或いは貼り付ける物等で、かなり虫が来なくなります。
    これはけっこう効きます。1〜2週間に一度位の頻度でスプレーしておくと効果的です。

    それと、家の壁沿いとその周りに、粉タイプの防虫剤を振っておくと、外からの虫が家の中に入る事も殆どなくなります。

    雨が降ったら、止んだ時に補充的にスプレーや粉を振って下さい。

    絶対ではありませんが、かなり効果的ですよ。

    ユーザーID:7126642793

  • ムリ

    私は道産子なのでゴキブリやセミが大嫌いです、虫全般アウトです

    なので奥様の気持ち理解できます
    努力しても無理なものは無理なのです
    本当に恐怖です
    言葉に言い表せないくらいの恐怖感。

    あなたに理解してもらえなくてもいいですが、
    克服してほしいとは無理難題な話。
    と思います

    ユーザーID:2237624979

  • 私のこと?

    私のことですか?って感じです。
    いつも叫んで夫に怒られます。
    こどもが産まれたら、少しマシになりました。
    こどもを虫から私が守らなければならないので(笑)
    そうこうしてるうちに、息子たちが虫から守ってくれるようになりました(笑)

    ユーザーID:2569358979

  • 期待はできない

    多少は慣れると思いますが完全克服は難しいと思いますよ。
    生理的にダメなものは最終的にどうしようもないですから。

    ユーザーID:3872724568

  • 私も虫嫌い

    自然の多い田舎で生まれ育ったのでバッタもトンボもミミズもカエルも大丈夫だった私ですが、虫は嫌いです。

    屋外に居るならまだしも、室内になんて入ろうものなら血の気が引きます。
    不法侵入で知らない男性が忽然とそこに現れるのと同じぐらいのインパクトです(苦笑)

    不可能とは言いませんが、こればっかりは克服は難しいと思います。

    住宅を決める際、私なら例えば小川があって木々が生い茂っているような場所の近くなら「虫が多そう!」という理由で避けますが、奥さんは虫の事まで考えが及ばなかったんでしょうね。

    私も家の中に虫がいれば夫にS.O.S.を出しますよ。
    頻度は数か月に1回ぐらいなので負担にはなっていないようですが。

    ユーザーID:8614758056

  • ある程度は(1)

    トピ主さんの奥様と似たような状況です。東京生まれ東京暮らし、小さい頃からマンションの上層階暮らしで家の中で蚊取り線香を炊いた事もありませんでした。
    高校生の時に初めて学校でゴキブリを見ました。二人姉妹、男兄弟はいません。

    そういう暮らしをしていたため、家(自分の陣地)に虫が存在するということに、自制しようとしても驚いてしまいます。
    恐怖を感じる対象、びっくりするような事に対して、いくら理性を働かせて自制しようと思ってもコントロールのできるものではないのです。こっちだってさけび声あげたくないです、でも脊髄反射的に出てしまうのです。

    夫の仕事の関係でものすごい田舎に暮らしています。
    虫が多すぎるのと、ここは犬が放し飼いのようになっていて道に落し物があります。それで汚くて歩けない…となり、車の免許ももっておらず、家から出られなくなり最初の3年はノイローゼになって精神科に通院までしました。

    夫は、家の中だけでも私の精神が収まるよう、徹底的な防虫駆除をしてくれました。業者も入れました。
    12年たった今、家の中に小指の爪以下のサイズの虫がもし出てもスプレーで自分で退治できるようになりました。

    ユーザーID:4672755694

  • ある程度は(2)

    しかし、スプレーで退治した後の死骸を処理する事ができないため、大きめのバケツをかぶせて夫が帰宅してから処理してもらいます。
    これでも、かなりましになったんです、3年ほど前に寛解して精神科通院もなくなりました。

    トピ主さんは潔癖性ではないから掃除はしないズボラだと奥様のことをみていますが、本物の潔癖性は掃除できないです、誤解しています。
    掃除道具が汚い、または掃除道具が汚れるのが嫌で触れなかったりします。
    奥様、メンタルの方は大丈夫ですか?

    私は強迫神経症の治療を受けました、一番ひどかった時には床の上に落ちたものが拾えず、家の中でもルームシューズが脱げず、風呂場のタイルの端っこが怖くて湯船につかれませんでした。
    円形脱毛になってひどい状態でしたよ。

    単なる虫嫌いと思われてもしょうがないですが、人によってはその環境になれるのにすごく時間がかかる場合もあります。
    それで離婚されるのはもうしょうがないとは私は思いますが、私の夫はできる限りの協力をしてくれました。私も必死で通院しました(通院も大変だったのです)

    すこしでも遭遇する事を減らすためにも、防虫対策をしっかりしてみてください。

    ユーザーID:4672755694

  • ある程度は(3)

    私のケースは極端だとは思います。
    もともと都会育ちで虫も苦手で…っていうのは家族も友人たちもよく知っていましたが、実害があまりない(せいぜい学校でたまに遭遇する程度)だったので、東京でマンション暮らししている分には問題なく生活できていました。精神疾患もなかったのです。

    それが…ここは日本でも亜熱帯な地方で、虫がすごく多いです。それも見た事ないような、びっくりするような虫が…。

    奥様は私ほどひどいわけじゃないと思う。
    こんな状態の私でも10年以上かけて徐々に慣れてきた部分があります。今は仕事にでれるようにもなりました。
    でもそれには、夫の協力と病院での治療がなかったら、無理だったと思います。
    なんども実家に帰ろうと思ったけど、一生懸命なんとかしようとしてくれる夫、心から愛していましたし、どうしても一緒に暮らしたかったんです。

    協力してあげて欲しいです、私たちのような人間の方が異常だというのは理解しています。
    でも、わざとじゃないんです。本人もとても困っています。どうか、虫なんて、と言わずに協力してあげて欲しいです。

    ユーザーID:4672755694

  • うーん

    男の子でも生まれれば変わるかも

    とはいえ簡単に引っ越しはできないので対策を。

    まず、カーテンは遮光性のものですか?
    カーテンから明かりが漏れればそこに虫はやってきます。
    雨戸やシャッターがあれば閉める(音が近所迷惑にならないように)
    窓から明かりを漏らさないことです。

    庭に植物等を植えない。
    コンクリートか砂利にして、植物を伝って虫が来にくいようにする。
    公園との間に塀をたてる。

    庭に水たまりを作らない
    (鉢植えの受け皿に水が溜まってるなど)

    臭いのない蚊取り線香を必ずたく。
    臭いのあるタイプだと近所トラブルになるので
    無香料たいぷのものを。
    タイマーなどで、付けっ放し防止しておく(火災)

    ミントやハーブは効果なしです

    虫取り網は常備。
    床には座らない 寝ない
    ベッドや椅子など足のついたもので一段高い位置にいる。
    (ムカデ対策)

    靴やスリッパは必ず虫がいないか確認の上履くこと。

    あと、実家からの野菜は当面やめたほうがいい
    実家の親を毛嫌いする原因になりかねない
    嫌なものを送ってくる人イコール嫌がらせ
    となりかねないからです。

    ユーザーID:6589294943

  • 妻を守るのが夫の甲斐性では?

    あなたは田舎生まれで平気かもしれませんが、
    都会生まれの妻は、嫌なものは嫌なのですよ。

    概ね女性は、虫や土には関心もなく、できれば避けて通りたいものでしょう。
    だいたい虫は害虫です。
    蚊やハエ、ムカデを好きな者などいません。

    妻が怖がる嫌なもの、なんとか工夫してなるべく近くに来ないようにしましょうよ。
    土付きの野菜は、あなたが処理すればいいのに。

    なぜ努力しないのですか?

    ユーザーID:7349798987

  • 慣れれば出来るのではないかと思います

    ある芸能人の方が、自給自足みたいな暮らしを初めて、最初は確か虫が苦手だったと仰っていたのですが、慣れて来ると葉野菜などについているイモ虫を平気で指でつまめるようになったと言うエピソードを聞いた事があります。
    奥さんもその人のようになれれば平気になる可能性はあると思います。

    実は私も奥さんと同類です。
    虫がとにかく苦手で、初めから視界に入っていれば大丈夫ですが、突然視界に入って来たり、やはり網戸に虫がついているのを不意に発見してしまうと、反射的に叫んでしまいます。
    自分でも叫び声が思い切り踏まれたヒキガエルみたいで怖いですし、無駄に声が通るので叫びたくないんですが、反射的に出てしまうもので抑えられない事が多々あります。
    こんな私は中学にあがるくらいまでは、むしろ虫が好きでカブトムシやクワガタ、蝶やバッタなど良く捕まえていたものなんですけど。
    当時から、毛虫イモ虫系や、ゲジゲジムカデなどと言った虫は苦手でしたが。

    奥さんが私みたいな人間なら克服は難しいかも?
    暫くは虫よけグッズを色々使ってみるとか、トピ主さんが虫が出たら即助けに行くとかして様子を見てみては?野菜はトピ主さんが土を落とか

    ユーザーID:3109504925

  • 子育てで克服

    元々そこまで苦手ではなかったですが、蝉や青虫、バッタなどじかに触れるようになったのは、男の子産んでからですね。虫取が好きで嫌でも公園に連れて行かれ、最初はだんごむしやアリからはじまり、とんぼや蝉やかたつむり。「お母さん、とってー」と涙ながらにお願いされると「よし、任せなさい」とこどものためにがんばれました。

    あとはキャンプですかね?絶対虫たくさんいますから。

    ユーザーID:0531197254

  • 用心したほうがいい

    世の中には毒虫もいるようですから、軽く考えないほうがいいですよ。
    特に毛虫は要注意です。
    蚊が媒体する病気もありますからね。

    奥さんは虫に慣れることはないと思います。
    それは犬嫌いな人が犬を嫌い続けるのと同じです。

    ユーザーID:0212987178

  • その家を買ったのが間違いです。

    公園回りは虫がスゴいのは割と知られていると思うのですが、なぜ、その家を買ったんですか?
    虫嫌いは、本人の強い意識がないと治りません。
    ヘビ嫌い、カエル嫌いも同じです。
    潔癖とは関係ないです。

    というか、お付き合いの時に気がつかなかったんですか?
    虫に遭遇しない場所ばかりで会っていたのですか?
    都心でもゴキブリやらセミ、ミミズ、名も知らない小虫に出会います。
    トピ主妻、その度に騒いでいなかったんですか?
    トピ主がその時に甘やかしていたなら、単に甘えているだけかも?

    現状は、諦めて家を買いなおすか、離婚しかないのでは?
    妻の悲鳴で近所も迷惑していそうです。

    妻に共働きで家を買いなおすか、虫嫌いをなおすか聞いてみたら如何ですか?
    どちらも嫌なら離婚でしょう。
    とりあえず、うるさいので叫び声はやめさせてください。

    ユーザーID:0811093061

  • 徐々に

    少しずつ慣れていってもらうしかないですね。お子さん出来たら虫が怖いなんて言ってられません。本や博物館、(動物園でも?)で徐々に虫について分かっていけば心の準備は整うかと。敵を知って、というやつです。

    ユーザーID:0975296690

  • 見守ってあげてください。

    私も虫が嫌いです。恐らく奥様と同じ位。私の実家は都市部にあり、虫をみることも殆どありませんでした。

    しかし今は田舎と言われる土地に住んでます。もう虫、虫。生まれて初めてムカデを見たときは、
    叫び声を上げました。もう正気を失いそうです。
    「なんだ!」とやってきた主人や義両親は
    「なんだ〜ムカデかよぉ」
    でした。
    貰う野菜もムシが付いていること多々。
    網戸にもムシ。少し慣れては来ましたが辛いです。
    最初は呆れていた主人や義両親も、仕方ないわ、と笑ってくれるようになり
    野菜も主人が先に確認してくれるようになりました。
    それで私は救われるし、主人も慣れてきたし、普通になりました。
    奥様もその内少しは慣れてくるかも知れませんね。

    あとはトピ主さんが変わってください。相手に変われと言うなら、あなたも変わりましょう。世の中にはムシが駄目な人もいる。上司が虫嫌いだとして、上司に「虫嫌いを治しなさい!」と言えますか?奥様だから軽く言えるんですよね。
    相手に押しつけるだけは更なる反発を呼ぶだけです。
    今まで生きてきた環境が違うんですから。
    奥様が出来ない事をあなたが代わりにすれば、悩みも小さくなりますよ。

    ユーザーID:1385756686

  • 協力して

    正気を失いそうなほど虫が嫌いです。
    絶叫する度にあきられ、怒られ・・・。

    私の夫は速攻退治してくれます。

    虫が怖いのです。
    お洗濯、外に干せませんでした。
    今、マンションの15Fに住んでいるのでベランダに出れるしお洗濯も干せます。
    (以前は網戸開けれませんでした)

    奥様、虫が嫌いなのに公園の隣とは・・・。
    仕方ないですね。免疫付くといいですね。

    公園なんて行ったことなかった。
    原っぱとか河原とか、BBQもキャンプも。虫が居るので行かなかった。
    子供が生まれたら、公園行くようになりました。
    虫防止スプレーして。それでも虫はやってきます。
    私は強くなりました。
    虫が居ても、子供と公園や原っぱへ、森へ出掛けてます☆
    虫から逃げてますけどね。

    優しく見守って、虫から守ってあげてください。
    強くなりたい気持ちはあるのです。多分。

    ユーザーID:7405938520

  • re

    克服は無理じゃないかなぁー。
    確かに虫ぐらいでぎゃーぎゃー言われるのは嫌ですけどね〜。
    野菜もスーパーで売ってるようなものでもたまに虫いますけどねぇ。
    奥様の線引きがよくわからない(笑)

    ユーザーID:7862056624

  • 知識で克服できます

    要するに虫に対する知識が少ないという事です。家に昆虫や蜘蛛の図鑑を置いてください。そして、トピ主さんが先ず勉強して新しい虫に出くわす度に、その名前や習慣等を教えてやってください。そしたら次第に虫の科学に興味が湧くようになり、ディズニーの虫を題材にした映画などを観るように仕立てて、もっと大きく地球環境を守るような態度でいかに虫がこの世界で大きな役割を果たしてるかを身を染みて教えていくのです。

    勿論、家に花壇とか小さな畑があるようにして、奥さんをガーデナーにさせてください。最初は魅惑的な薔薇なんかを植えていかにそれが綺麗であるかを知って、もっとたくさん色んな花を育てようという気になればもう勝ったもの。

    でも一番大切なのは知的好奇心を持つようにすることです。それが勉強です。それが出来ない奥さんなんて、言い方悪いけど、どこに取り柄があるんだろう。

    ユーザーID:8861699160

レス求!トピ一覧