鋼鉄でできているのに

レス42
お気に入り26

船が苦手

学ぶ

なぜ水に浮くのか信じられないのです。
自分で実験すれば納得するのでしょうね。

ユーザーID:3812937172

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数42

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • リンゴとは比べようもなく大きいのに、月が落ちてこない事の方が、私には信じられません。

    ユーザーID:7863641739

  • だから「義務教育」ってものがあるはずなのに

    まずさ〜、「何が」鋼鉄でできているのか言わなきゃ。まあ今回に限っては現代的な大型船のことだろうと推測はできるけど、いつもこういう話し方だったら、誰もトピ主のことなんか理解してくれませんよ。

    そして、船が何故水に浮くのか、浮力とは何か、体積とは、密度とは、と、中学校の時の理科でならってますよ? 

    トピ主が大人であるうと推定して言うけど、大人になってもこういうことを言いだす人が増えると、社会常識が危うくなり、次世代の教育が危うくなり、ひいては日本の社会の崩壊につながりかねません。だからこそ義務教育というものがあるのにね。

    トピ主のお子さん、ちゃんとした教育受けさせてあげてくださいね。格差を連鎖させないように。

    ユーザーID:7105358595

  • そんな問題じゃない。

    比率というものを理解できないのですね。

    ユーザーID:1355210511

  • どういう実験?

    面白ですが、ググって説明読めば終わりですよね。

    実験すれば納得できるってどんな実験を考えてますか?
    その実験が思いつくなら、もう答えは分かってるんじゃないですかね?

    ユーザーID:1023228173

  • レスします

    鋼鉄そのものではないから水に浮くのです。タイタニック号を見ればわかりますでしょうか。

    ユーザーID:4010435494

  • 呉の港も良いですよ♪

    横浜でも、神戸でも、全国の港に出掛け、港クルーズをしたり、造船所を見学すると楽しいですよ♪
    見学会とか開かれているところもありますよ。
    資料館などで(研究している)設計図を見たりするのも楽しいので、どうぞ。
    あ、ちゃんと大人の人と一緒に行くと良いですよ。

    ユーザーID:7345566406

  • 現実

    トピ主さんが信じられなくても、船は浮かんでるし、飛行機は飛んでます。

    じゃあなんで浮かぶの?なんで飛ぶの?って考えるところから科学って始まるのではないでしょうか。

    とりあえず船の方は、洗面器とか中華鍋を湯船に浮かせて手で押して沈めてみようとすると、ちょっと納得がいくかもです。

    ユーザーID:2287175357

  • えっと、

    船の単位で”排水量”と言う言葉を聞いたことありませんか?

    分かりやすく言えば、”水をどけた量”=浮力って事なんですね。

    簡単な実験でわかります。
    お風呂に水をはって、お鍋等を浮かべてみてください。
    簡単に浮くでしょ?
    でもそれだと”浮いている”ってだけですよね。

    次に浮いているお鍋を両手でお鍋に水が入ってくるギリギリまで沈めてみてください。
    結構な力が要りますよね。
    それが”浮力”です。
    で、次にお鍋を沈めてお鍋に水を摺り切りまで入れて、お水を入れたまま体重計などに乗せて重さを測ってみてください。

    その重さが今主様がお鍋を上から押さえた力=お鍋を浮かす力なんです。

    お鍋をと言う言葉を”船”に置き換えてみるとわかりやすいでしょ。

    木の塊も理屈は同じです。
    木の重さより、木の塊が押しのけた水の重さの方が勝っているから浮くんです。

    全く同じことが当然人間にも起きます。
    ただ、ちょっと違うのは人間は息を吸う事で体が膨らんだりしぼんだりする事です。
    良く水泳などで息を大きく吸うと浮きますよね。
    あれは、体が膨らんでより多く水を押しのけるから浮くんです。

    ユーザーID:5225920434

  • 不思議

    巨大なビルの様な船が浮かんでいるのは不思議ですよね。
    私は飛行機が何故大勢の人を乗せて飛ぶのか、どうしても
    理解出来ません。

    昨年、様々な用事で十数回飛行機に乗りましたが何度乗っても
    不思議で仕方ありません。

    ユーザーID:9636126500

  • 空気の方が多いから

    野菜の大半が水に浮くのと同じ。
    船は鋼鉄の塊じゃなくて、中が空洞だから。
    ちょっと考えれば実験なんてしなくても解る。

    野菜も細胞と水分の間は空洞。根菜は空洞が少ないから浮きません。揚げると中の水分が蒸発して浮き上がる。

    ユーザーID:9940615191

  • 同じ体重なのに

    主さん、風呂で実験してください。

    大きく息を吸い、止めると、体が浮きます。
    息を吐き出すと、沈みます。

    ユーザーID:7329679547

  • 鉄の塊ではないから

    おそらく主様、鉄の塊のイメージを持ってらっしゃると思いますが、もしそうならすぐに沈没します。
    もし大きな鉄製の船をそのまま同じ材料で30センチくらいに縮めてみると、結構軽くて中身がスカスカなのでぐしゃりと潰れます。
    タンカーなぞ、中身ほとんどがらんどうなので空の場合はバレーボールが水に浮いているような感覚です。
    もっとも石油で満載にすると大部分が沈んでギリギリ浮いてますが。

    飛行機もそうですが、よく「あんな鉄のカタマリが、、、」などと聞きますが、実際は、ジュラルミン等の軽くて強い材料ばかり使って中身はスカスカです。
    それにあんな強力なジェットエンジン積んでたら飛ばない方がおかしいです。
    ほんとに鉄のカタマリなら飛ばないでしょう。

    ユーザーID:0029975462

  • おカネがかかるのでムリでしょ

    >鋼鉄でできているのになぜ水に浮くのか信じられないのです。
    >自分で実験すれば納得するのでしょうね。

    ムリですよ。船を建造するのにどれくらいおカネがかかると思いますか。グラスファイバーの漁船とかレジャーボートでさえ数千万円します。
    鉄鋼船だと数億円かかるでしょう。

    原理だけわかればいいのなら、鉄製の缶詰の中身を空けて、バランス用に10円玉を10個くらい入れて、水に浮かせればいいのです。
    鉄の円筒形の船が10円玉の荷物を載せて水に浮くことがわかります。

    ちなみに、ジュラルミンやチタンやカーボンファイバーでできた飛行機は空気中を飛びます。
    どうやって理解しますかね(笑)

    ユーザーID:3686217943

  • 鋼鉄なのに空を飛ぶ

    私の知人にこれが信じられず飛行機が苦手って方いらっしゃいました。

    ユーザーID:6107390347

  • 比重ってしってますか?

    以上です。

    ユーザーID:3826611680

  • え? 本気でいってます?

    鋼鉄と空気でできている…でしょ?

    全体の比重が水より軽ければ、十分に水を押しのけたとこで止まりますね。

    排水量とか吃水線とか、まさか知らないとはいわせませんよ!

    正直なところ、ただ船酔いが嫌いだとかじゃないんですか?

    ユーザーID:6725020734

  • やり直し

    中学校の理科(アルキメデスの原理)からやり直し

    ユーザーID:1425232154

  • 物理が苦手なようですね。

     船に一切空間が無く、鉄の塊だったら当然沈みます!

    ユーザーID:3214586519

  • え?

    普段使っている鉄の鍋だって浮くでしょうに。

    え?鉄のスキレットは沈んじゃったぞ!って?
    それは船が沈没するのと同じ理屈です。

    ユーザーID:7323042812

  • アルキメデスの原理ですね。

    理屈は検索すれば乗っていると思いますが、浮力に関するものです。

    水面に浮いているという状態はどういうことかを理解しましょう。
    浮いている=静止しているのですから、
    力学的に言えば鉛直方向(水平面に対して垂直な方向)の力が釣り合っている状態。

    つまり船の重さ(船にかかっている重力の大きさ)と浮力の大きさが等しい状況です。

    そこで浮力というものがどれほど大きいものかを体感したほうが良いでしょう。
    風船でも炊事用コム手袋でも構いません。
    膨らませてお風呂に入った時に湯船に沈めてみましょう。

    沈めていくにつれ想像を超える力が必要となることを実感するはずです。
    その一方で、何とか水没させるとその後は同じ力のまま更に沈めることができる。
    また、膨らませる割合を変えれば必要となる力が変わるのも体感できるはず。

    精々、数gしかない風船などを沈めるのに何kgもの力が必要なら
    何kgもありそうな鉄でできた風船様のものでも浮かぶことは分かるはず。

    あとは手桶でも料理用のステンレスの鍋でも湯船に浮かべてみなさい。
    それを上から押そうとすると相当な力が働くことも分かります。
    これが船そのもの。

    ユーザーID:1450308420

  • まあ

    密度や体積の関係なら中学、高校で習うと思いますが。
    忘れてしまうのか、理解しないままにしてしまうのか。
    もう一度教科書を見ればすぐに思い出すと思いますよ。

    ユーザーID:3904168453

  • 「ガラス」は水に浮きませんよね?

    でもボウルに水を張ってガラスのコップを浮かべると、浮きますよね?

    ガラスのお皿はどうですか?平らな皿なら浮きませんよね?

    「排水量」って言葉を調べてみてください。

    ユーザーID:0549347781

  • 実験せずとも

    想像してみてください。

    両端を切っただけの鉄パイプは浮きますか?

    沈みますよね。

    鉄パイプの両端に円盤を溶接して塞いだら浮くでしょうか?

    鉄パイプの中に空洞が十分あれば浮きますね。
    密封した空のドラム缶のようなものです。

    鉄パイプが分厚くて、中の空洞が少なかったら、たぶん沈みますね。

    ユーザーID:4883932355

  • ユリイカ

    鋼鉄の船でなくても
    金盥や昔の洗面器も水より重い金属製ですが
    水に浮きます。
    そこのところも不思議に思いますか。

    余談ですが
    飛行機が飛ぶのを説明する航空力学という立派な学問がありますが
    本当のところ、なぜ飛行機が浮いて飛ぶのか
    基本的な部分は経験則で、綿密な理論的説明はできていないそうです。
    なので、航空力学でトンボが飛ぶのも蝶々が飛ぶのも理論的説明ができないそうです。

    でも船が浮く理論は完成していますので、小中学校でもきちんと教わるはずです。
    それがわからないとは・・・・脱力
    それを平気で表明するのは天然の振りなのですか。
    実験って、船が浮く現実を見てそれが信じられない人が
    信じられるようになる実験とはどんな実験ですか。
    余計混乱しませんか。

    疑問を持つのが科学的探究心の表れという声もありますが
    知的触発の場合と
    何も考えない、脳を経由しない目から口へ、という場合があります。

    ユーザーID:2154253908

  • う〜ん

    鋼鉄か丸木かどちらかを選ぶなら、
    絶対鋼鉄を選びます。

    なぜ浮くのか、飛ぶのか、走るのか、
    高層ビルはなぜ倒れないのか、
    レンジはなぜ物を熱くするのかなどなど、
    理解しないと利用出来ないなら、私は
    大半の物を使うことが出来ません。

    ユーザーID:5210674169

  • 浮力

    浮力のとこは
    勉強についていけなくなる切っ掛けになりやすいらしいですね

    国立の大学生でも、文系ではありましたが浮力を理解してない子がいたりして
    なんだかなぁと思った経験があります


    要するにですね、風船と同じなんですよね
    風船みたいなものであれば、空気が密閉されたものであれば
    水に浮くのは想像できますよね
    空気の部分も含めた全体で、水より比重が軽ければ浮かびます

    船っていうのは密閉されてないし、風船とは似ていないので
    想像がつきにくいとは思います、しかし
    水中に浸かっている部分に穴があったら、そこから水が入っちゃいますが
    水面より上の部分は密閉していなくても水は入ってこないわけです
    だから、ああいう形をしていても大丈夫なんですよ


    どのくらいの強さの力で上へ押し上げる力が働くのか
    などは、計算する方法がもちろんありますが
    たしかに、直感的に何故浮くのか、がわかる教え方ではないですよね学校は

    ユーザーID:3289702916

  • ガラスだって陶器だって浮く

    ガラスだって塊としては重いけど、ビンの形になっていて空気入れてフタしてあれば浮きますよね?
    陶器の茶碗や湯飲みだって中に水が入らないように注意深く浮かべれば浮きます。
    ドラム缶でもフタがしてあって中身が空気なら浮くと思います、試したことないですけど。

    船もガラス瓶やドラム缶と同じことだと思うんですよ。
    中が空気で、水が入らないようにしてあるから浮くのだと思います。

    ユーザーID:0364794614

  • 原理が知りたいわけではないのでは

    理屈は理解できても、感覚的にそんな気がするという話なのでは?

    重い玉と軽い玉を同時に同じ高さから落としたら重い玉のほうが先に地面につく気がしませんか、
    ふだん石より羽毛のほうがゆっくり落ちるのを見慣れていると。
    ヨットの上に巨大な扇風機をおいて帆に風を送ったら進む気がしませんか、
    ふだん風に舞い上げられる木の葉を見慣れていると。
    数学の証明問題、1ステップごとは理解できても、
    全体としてなにかだまされているような気がするんですよね。

    鋼鉄=重い 重い=水に沈む という感覚は普通ではないでしょうか。
    わたしも「船はなぜ水に浮くのか」という問い方をされれば原理は説明できますが、
    「鋼鉄は水に浮くか沈むか」と問われたら、
    「それはどんな形ですか」などと確認することなく「沈む」と即答すると思います。

    ユーザーID:9884448867

  • 街は怖いものだらけですよ

    25000Vの高圧電流を受けて300km/hオーバーで都市間をすっ飛んでいく電車
    20階建てのマンションを地下に埋めた深さより深いところを走る地下鉄
    それに、金属の塊の中で一分間に500回程度「爆発」をしながら走る自動車。

    サイエンスって怖いけどすごいですね。

    ユーザーID:4967822647

  • 小学校の理科が理解出来ていればわかるはずなのに。

    学校に通ってましたか?
    授業聞いていましたか?

    ユーザーID:9365210045

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧