バレエ教室の移籍先で迷っています。

レス20
お気に入り55
トピ主のみ3

モモ

学ぶ

先輩方から幅広くご意見を伺えたら幸いです。
長女は4年生。1年生からバレエを習ってきてこれから
ポワントですが、今のお教室が縮小される事になり、
移籍先として以下2つの候補で迷っています。
Aスタジオ
今の教室のアシスタント講師が所属している教室で、
代表の先生は指導者としての賞を多数受賞。但し今は高齢。
海外のバレエ団で活躍する教え子やコンクールの
個人受賞歴も多数。現役の若い講師とベテラン講師が
指導に当たる。生徒数は中程度できめ細かな指導。
月謝は少し高め。
Bスタジオ
ご夫妻で経営。提携している教室との発表会は規模が大きく長時間。
発表会は伝統的クラシックバレエの演目のみだが、ゲストには
プロの男性ダンサーを複数起用。コンクールの斡旋はない。
希望者にはバレエ専門学校入学へのサポートはあり。生徒は多く、
小学生は1年〜6年までまとめて指導するため、一人一人への
きめ細かな指導はやや不安。アットホームな雰囲気。月謝は低価格。

我が家は子供が下にまだ2人おり、年々教育費もかかってくるので、
Bスタジオは金銭面で助かりますし、趣味として長く続ける感じなら
こちらで良い気はします。

ただ、本人はバレエが大好きでダンサーになる夢も出てきたようです。
子供の夢で終わる可能性は充分に承知しておりますが、
将来的な展望も視野に入れるなら、コンクールの斡旋もあるAの方が?
とも気持ちが揺れています。でも実際にコンクールと
なったらかなりの費用になりますよね。。

見学した感想としては、本人はどちらも楽しそう、との事。

私自身はバレエの経験がなく素人なため、忌憚のないご意見を
お聞かせ頂けた幸いです。

ユーザーID:3615269199

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 高学年なると自然と自分で選ぶようです。

    こんにちは。

    ウチは息子がAタイプ、娘がBタイプの教室に通ってました。
    Aの方からはコンクール入賞者も多く海外バレエ留学に行く子も数名いました。
    人気教室で100名程度、レッスンも厳しかったです。
    ただ、人数が多かったので競争も厳しく技術的にあまり伸びのない子、発表会でセンターで踊りたい子などは結局B教室に移動してました。
    反対にバリバリやりたい子は新幹線で通う距離から移籍してきたりしてました。

    どちらの教室に入れても、高学年になれば自分の希望も自覚してくるし自分で選ぶようになると思いますよ。
    やりたい事を持ってるお子さんは素敵ですね。
    頑張ってください。

    ユーザーID:6515804121

  • 悩みますよね〜

    うちもバレエ大好きな小6の娘がいますから、主様のお悩みポイント、よく分かります

    バレエ的なことを言うと、やはり細やかなレッスンで、基礎を丁寧に教えてくれそうなAですよね
    長期的な趣味でやっていくにしても、これからポワントを履くなら尚更基礎が大切になりますからね

    でも、長期的な趣味ならBでも充分?と思われるお気持ちも分かります
    だって、お月謝以外にもお衣装代やら何やらで、親は大変ですもんね

    多分まだ主様のところは小4で、これからポワントで、と、お嬢様の可能性がまだまだ無限に広がってるから、決めかねるんだと思います
    これから本当のお嬢様のバレエ人生が始まるわけですよね

    というのも、どんなにバレエシューズの時は上手でも、ポワントが痛くて絶対無理っていう子も、ポワントになってから伸び悩む子も、反対にバレエシューズの時はパッとしなかったのにポワントになってから目覚ましい上達をした子と色々でした
    今まだお嬢様は分岐点におられると思います
    まずAで基礎固めして、見極めてからBを考える、がベストかなぁと思いました
    今の時点でBに行けば、楽しくバレエはできるでしょうが、それまでだと思いますよ

    ユーザーID:2131322814

  • Bかな

    子供の習い事は親次第です。
    経済的に厳しいならバレエを本格的にやるのは無理です…無い袖は振れないです。上手になってコンクールに出れるのに「お金が無いから」と諦めさせるのは可哀想です。実際に「親に、コンクールはお金がかかるから止めろと言われた」と泣く泣く相談してくる子も少なくないんです。
    下のお子さんだって、教育費だけでなく習い事でもお金がかかってくるかもしれないですよね。

    初めからプロは目指さない方向で習わせた方がいいのでBが良いと思いますが、発表会で男性ダンサーを複数起用しているなら、発表会の費用は高い可能性があります。その辺はお調べ下さいね。

    ユーザーID:1335905587

  • bですね

    今のじてんおかねによゆうがないと
    感じるのならBの選択しかないと思います

    残念ですけど
    子供が理解しないうちにBを選択することによって

    趣味とおけいこごとにとどめるようにうまく誘導するほうが
    ご家族全体の平安を得られると思います

    ユーザーID:3540563788

  • その規模の大きい発表会で何を踊るか

    Bの一年生から六年生までまとめて指導は、ちょっとひどいと思います。
    その教室ではトウシューズは中学生以上しかはけないの?
    トウシューズとバレエシューズを同クラスで教えるなんてあり得ないし、バレエシューズでも、低学年(初心者)と高学年(3年以上くらい)ではクラス分けして欲しいですね。

    一年生から六年生までまとめて指導、
    その先の中学生以上は別に指導を受けるにしても、
    中高生になった時に発表会で男性と踊れる生徒が育つのか疑問です。
    男性ダンサーと踊る生徒は、その提携先の生徒なのでは?
    その規模が大きな発表会の中で、何を踊れるようになりたいのか?
    その教室で可能なのか?

    週何回やる予定ですか?
    トウシューズ履きたいなら、最低でも週2回、週3回以上が普通です。
    コンクール目指す子なら、週5回など当たり前。
    週3回のレッスン費用が厳しいなら、思いきってバレエはやめて、別のダンスを始めてみるとか?
    バレエシューズのうちはレッスン少なくてレベルが低いバレエに甘んじるが選択できますが
    トウシューズは怪我するので、きちんとレッスン受けられないなら諦めるべき。

    ユーザーID:0644079045

  • バレエに限らず

    美術、音楽などの芸術系はとにかくお金がかかります。
    本格的に、と思ったらお金のことなど論外です。
    そして、100万.200万などというレベルではない桁違いのお金が飛んでいきます。

    友人は、娘さんに長年バレエを習わせていましたが、上手になりゲストの男性と踊ったりするようになると、「一回の発表会の費用だけで100万近くかかる」と言ってました。
    更にコンクールとなると、もう発表会の比ではありません。
    そのため、年齢があがるにつれどんどん生徒さんが辞めていくそうです。
    ちなみに、友人の家は親が社長でした。

    という厳しい現実を考えて、Bのお教室をお勧めします。

    ユーザーID:4352616433

  • 1年〜6年までまとめて指導する教室はお勧めできません。

    娘は年少から中学3年までバレエを習っていました。
    技術面から考えるとタイトル通りです。

    金銭的な面では教室によって違いがあるので一概には言えないのですが、発表会も当初の予定額より大幅に追加される場合もあります。
    娘も移籍経験があり、最初に習ったのは親子で経営していたBスタジオのような教室で月謝が手頃な額で発表会は2年に一度、プロのゲストを招いて10万位と聞き決めました。
    初めての発表会は写真・DVDは別途で12万とお便りをいただき15万位で済むかなと思いきや追加の徴収や発表会に向けての特別講習?と両先生とゲストへのお礼とプレゼント。
    ホテルでの豪華な打ち上げで軽く30万は超えました。
    また、この教室は先生の誕生日やクリスマスパーティー・雛祭など月謝の他にかかる費用が多くAスタジオタイプの教室に移籍しました。

    移籍した教室は月謝は高めでしたが、発表会のゲストは教室出身の国内外でプロのダンサーをされている方々で費用は前教室の半額以下。
    コンクールレッスン料は明確で地元のコンクールなら交通費もかからず年間経費は前教室と大差なく丁寧な指導を受けれました。

    私ならAスタジオを選びます。

    ユーザーID:0876394629

  • バレエ講師です

    バレエ講師です。お母様のお気持ち、お察し致します。

    どちらも良い所、不安な所がありますよね。Aは少人数できめ細かい対応、だけどお金がかかる。

    Bはアットホームで楽しく、低価格。だけど大人数。

    私の意見ですが、将来プロになるか、ならないかは別として、「一年生から6年生がいっしょくたにレッスン」というのは、ちょっとキツいかなあと思います。

    なぜなら、小学生の低学年と高学年では体格も体力も違いますよね。

    小さい子にハードルをあわせた場合は、大きい子達がほったらかしになるし、

    逆に大きい子のレベルにハードルをあわせた場合は、小さい子達がついていけなくなる可能性があります。

    なので、Aのほうが良いと思いますが・・

    バレエはそれなりにお金もかかりますし、冷静に見てお嬢様が体格・骨格・才能がプロに本当にむいているかを考慮したうえで決められるのが一番だと思います。

    もしくは、低価格でしっかり教えてくれる他の教室を探してみるのも良いかもしれません。

    ユーザーID:0458477477

  • お嬢さんのレベルは?

    私もクラシックバレエを習っていました。5歳から高校3年の夏まで。

    5歳から小学3年までは、ゆったりした教室だと記憶してます。
    その後少し本格的な教室に移籍しました。

    ご夫婦で先生をしていて
    男先生は、有名なバレエ団に所属している現役のダンサー。
    女先生も、元バレリーナー。
    多少コネもあり、時々トップクラスの子は、バレエ団の公演に子役で
    出てました。でもコンクールには、本当に一握りの子だけ。

    大人になり、再びバレエをやりたくなり、娘も誘って、
    私はしらない名前のコンクールでしたが実績もあり
    地域で評判もよい教室に十分に見学もせず入会しました。

    そこでびっくりしました。
    中学生でグランフェッテ32回ができない子が大半であること。
    私が子供のころ通った教室では、ポワントは4年生前後でしたが、
    発表会の演目と役が決まるとバレエ団のビデオで振りを覚えました。
    そのため中学にあがる頃には、ほぼ全員がフェッテ32回はできていました。
    でもプロになった友人は1人です。

    楽しいのが一番ですが、4年生では現実を見るのも大切かと。
    そして、教室のレベルも確認したほうがいいと思います。

    ユーザーID:8497728608

  • なぜバレエを

    バレエを始めたきっかけは何なのでしょうか?

    子どもがやりたがったから?
    子どもってやりたがる子はなんでもやりたがりますよね。

    バレエを始める時に、ある程度お金がかかることもコンクールでる可能性がある事も分かっていたはずですよね。

    今になって、経済力がないという理由で選択肢を狭めるというのは無責任ですよ。

    ユーザーID:5171360769

  • Aが良いのではないですか?

    現在のお教室のアシスタントの先生が所属されているんでしょう?
    メソッドも同じでしょうし、お嬢さんも戸惑わないと思いますよ。
    コンクールが全てではありませんが、入賞者を多数輩出しているというのは指導者として評価できます。

    Bの良いところは、お月謝が安いことだけですよね。
    Bの先生の発表会はご覧になりましたか?
    発表会を見ると、先生の力量がわかります。

    あと、コンクールを斡旋するとはどういう意味ですか?
    コンクールは斡旋してもらって出場するものではないと思います。
    普段のお稽古や発表会を通じて、資質、才能、やる気などを見て、先生の方からお声がかかります。
    つまり実力のある子を先生の方が選ぶのです。
    自分が出たいからと言って、出られるものではありません。

    コンクールに実際出られるかわかりませんが、それでも指導に定評のあるAの方がいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:3109005342

  • トピ主です。

    皆様レスを有難うございます。
    ぴあのんのさんまで読ませて頂きました。
    ポワントを履く前だから余計に悩む、、本当に
    そうだと思います。見学した感じでは、Bはポワントを
    履く高学年と、小さな一年生が一緒にレッスンを受けていて、
    違和感はありました。ただ、初めてのポワントは教室で
    採寸して足に合うものを選んでくれるのは良いかなと思ったり。

    Aは2年生くらいからポワントを履かせるので、娘が
    今入ると周りは全員ポワントで踊れるので、そこは
    置いていかれないかな?と思ったり。Aは入る前にポワントの
    用意をしておいた方が良いとも言われ、自分で
    どうやって選べば良いのか…情けないのですが。

    月謝はAの方が高いですが、男性と踊る機会も多いBが
    発表会で果たしていくらかかるのか、これも調べる必要はありますね。
    質問にお答えすると、娘は週2〜3日で通っています。
    基本2回、発表会数ヶ月前からは3回です。
    またBは、提携先と書きましたが調べたらどちらも
    ご夫妻で運営しており、場所を変えてお教室が2箇所あります。

    ユーザーID:3615269199

  • 体型について

    続けてすみません。
    体型のことですが、皆さんが通っているお教室の先生や
    生徒さんは、やはり細い方が多いですか?

    ちなみにBは先生自身がまさにバレリーナ体型、
    発表会で見る限り生徒も綺麗な体型でした。

    ユーザーID:3615269199

  • 結局

    >小学生は1年〜6年までまとめて指導する

    高学年の子は、ポワントの別レッスンがありますか?
    1年〜6年までまとめて指導なんて無理だと思う。
    結局、中学生くらいになるとポワントできっちり踊れないと、踊れるバリエーションもないし、本人が面白くなくなるでしょうね。
    まあ、自然に任せるというならそれでもいいですが、本人がプロ?とかいうならAのスタジオがいいと思う。

    ユーザーID:7149396531

  • Bは商売人上手

    1〜6年までいっぺんに教えたほうがお金になりますよね。

    ポアントなんて、バレエショップに行けば、いろいろなメーカーから自分の足に合うメーカー、合う形を選んでくれますよ。
    バレエショップによって、抱えてるメーカーが違います。
    メーカーは国内外含め沢山あるんです。
    採寸だけしたって意味ないよ、、、。
    少ないメーカーの中から選ばれたのシューズをあてがわれてるんですね。
    おそらくマージンが出てますよ。
    すごいな、そのバレエ教室、、、、。
    安い月謝で釣って、色々儲けていそう、、、。

    他のバレエ教室はないのですか。
    どこにいても、いい子は伸びますよ。
    バレエってセンスだから。

    モダンバレエでも、きちんと基礎ができていればポアントに慣れればすぐできるようになりますよ。
    新体操も。
    新体操上がりの、世界的バレリーナだっていますよ。
    基礎ができていれば、中高で初ポアントでも、できる子はできます。

    本格的な指導者ほど、バレエシューズのレッスンを大事にします。
    ポアントは早く始めればいいというものではないと思います。

    ユーザーID:5171360769

  • 体型?

    体型はあまり関係ないですよ。

    そりゃ肥満はダメですが、太め、なぐらいならジュニアの国際コンクールで入賞する事もありますし。
    世界のプリンシパルでも体型に難アリの人は沢山います。特に30代に入ると太ってくるダンサーは多いです。男性も女性も。
    パリ・オペラ座のエトワールで「太って衣装が前のが入らないから毎回作り替える」なんて人もいました。

    良いダンサーにしろ、指導者にしろ、体型では語れません。

    ユーザーID:1335905587

  • A・Bの他に教室はありませんか?

    ポワントを履くには足の骨の成長・引き上げ・足裏の筋力・足首の柔軟性と強さが出来ているかが重要で個人差があるにしても2年生位からポワントを履かせるのは少々早すぎると思います。
    諸条件を満たさないうちのポアントを履くと膝が出てたり、ふくらはぎが子持ちししゃものような所謂ひしゃも足になります。
    昔は低学年からポワントを履かせる教室も多かったと聞きますが、最近は解剖学を学んだ先生も結構いらっしゃいますよ。

    ポワント選びは専門店でフィッティングしてもらうのがベストです。
    本人にしか分からない感覚があるらしく自分に合う物を選ぶのに何足も試し履きをして選んでいました。

    移籍先を探すときは、希望する教室の発表会を観る(先生が主役のような教室は避ける・会場で保護者スタッフの雰囲気も重要)教室を見学する時は高学年と中学生のクラスも見学させてもらう事をお勧めします。

    バレエ好っ子なら一度はプロを夢みますがプロで生計を立てれるダンサーはほんの一握。
    娘は高校入学を機にバレエを辞めましたが舞踊系の部活でバレエの経験が生かされているようです。
    教室にかかるお金の価値を決めるのはトピ主さん次第だと思います。

    ユーザーID:0876394629

  • 発表会を観て、金額聞いて

    気持ちがかなりBにあるようですし、発表会の内容と発表会の金額を聞いて、それでもBがいいと思えるならBでいいと思います。
    バレエは、費用を比較するなら、トータル金額で比較しないと無意味です。
    月謝以外にかかる金額が大きいので。
    発表会は、いずれ男性ゲストと踊るような立ち位置を目指すなら、パドドゥで踊る場合の発表会費とレッスン費(男性ゲストとの)、謝礼などの金額。
    その前にはヴァリエーションでの出演もあるだろうから、その金額も。
    ヴァリエーション以上は、それ専門のクラスもあるかもしれないから、その確認も。
    あとは発表会の回数と発表会以外の舞台への出演も経費に直結しますね。

    発表会は観た方がいい。
    人数多いと、ちょっと出て終わりの場合もあります。
    ヴァリエーションやパドドゥも、素人目ながらにも憧れられるか。

    体型ですが。娘の教室の先生は、皆細いです。
    現役バレリーナの先生もいますが、皆似た体型です。
    生徒は、中高生でバレエ体型ギリギリという子は結構いますが、お尻や太ももにがっちり筋肉の子はいません。
    コンクールには出るけど趣味レベルという感じの子が大半のところです。

    ユーザーID:0644079045

  • 二年生からポアント

    二年生からポアントなんて、聞いた事ないです。
    ポアントするには上半身の引き上げが出来ていないとムリですし、バレエシューズできっちりアンドォールが出来てからです。
    他に教室ないんですか?

    ユーザーID:2400804084

  • トピ主です。

    かりんさんまで読みました。
    どちらも発表会は見に行きました。
    両方とも素晴らしかったです。Bもかなりレベルは高いと
    感じましたし、プロのオーケストラとの共演もしています。
    Aの方はコンクールへの比重もあるためか、もう少しライトで、
    でもそのくらいの方が飽きずに見ていられる。
    モダンバレエの先生が振り付けた、洋楽に合わせた
    演目もあったりと、一緒に行った友達も大絶賛でした。

    今教わっている先生のメソッドを引き続き教われる事、
    皆様からアドバイス頂いた観点からも総合的に判断し、
    Aに決めました。ポワントは、この秋から始めることに
    なりました。色々なご意見を伺う事ができ、とても
    勉強になりました。本当にありがとうございました。

    ユーザーID:3615269199

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧