教えて下さい!バッハのコーヒーにちなんだ曲。

レス7
お気に入り48
トピ主のみ3

ムジカ アンティーク

学ぶ

小町の方々の、チャイコフスキー(くるみ割り人形)に関する博学ぶりに脱帽しております。
そこで、皆様にご相談させて下さい。

数十年前、某インスタントコーヒーメーカーのCM曲でバッハのコーヒーにちなんだ曲が流れておりました。てっきりコーヒーカンタータと思っていたのですが、違いました。ご存知の方がおられましたら、ぜひお教えください。よろしくお願い申し上げます。

ユーザーID:5708886815

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もう少し

    バッハの曲である事が間違いないのであれば、コーヒーのCMなら

    BWV 578
    小フーガ

    はどうでしょう。

    動画サイトでこの曲のタイトルに、手違いか別のバッハの曲を入れているのがあったので、動画を幾つか聞き比べて確実にBWV 578をお聴きになって下さいね。

    でもコーヒーにちなんだ曲でもないようなので、違う可能性が高いですね。
    コーヒーではないですけど、サントリーのCMでバッハの無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007を使っていたようです。

    できればインスタントコーヒーのメーカー名や商品名、どんなCMだったかや、バッハのコーヒーにちなんだ曲の理由を教えて貰えませんか?

    ユーザーID:1542056095

  • バッハではないのですが

    数十年前のインスタントコーヒーのCMで思い出した曲があるのですが、すぎやまこういち氏の作曲だそうです。ネスカフェ、プレジデントのCMでした。検索して下されば動画が見られると思います。バッハっぽいかと思います。

    ユーザーID:5783448631

  • ダバダー?

    違うかな〜?

    何と言っていいかわかりませんが
    「ダバダー、ダ、ダバダー、ダバダー…」みたいな感じかな?

    それこそ「コーヒー、CM.、ダバダー」って検索すると、動画を見られたりします。

    見つかるといいですね!

    ユーザーID:2642381036

  • ブランシュさま

    ブランシュさま、レスをいただきありがとうございます。
    バッハの小フーガBWV578、これかもしれません。長調にアレンジされていた気がします。
    そして、ドーレドレミーファミレ ドレドレミレドレといった旋律も流れていた気が。
    30数年前、マ○シムのCMです。

    1679年、ドイツに初めてコーヒーハウスが登場、バッハはコーヒー愛好家となりコーヒーカンタータを作曲、コーヒーハウスは芸術家、実業家達のたまり場となり新しい文化を生み出していった、といったようなコマーシャルでした。

    ユーザーID:5708886815

  • 余談ですが、カフェ文化

    ライプツィヒのZum Arabischen Coffe Baum
    バッハの時代からあるカフェです。
    (多分)当時の空気が残っています。
    シューマンにもゆかりがあるようですね。

    もしお近くに行かれる機会があればぜひ。

    ユーザーID:7359477699

  • Thomanaさま

    Thomanaさま、地味なトピに目を留めていただきありがとうございます。

    ライプツィヒのZum Arabischen Coffe Baumのこと、存じ上げませんでした。
    恥ずかしながらドイツに行ったことはございません。

    けれどライプチヒゲヴァントハウス管弦楽団(指揮ブロムシュテット)でバッハとマーラーを日本で聴きました。最初のヴァイオリンの音からして、これはずるいだろ!!と。音が豊かすぎる、古くからの伝統があるからこその音ではないか!と感激しました。最古のオーケストラとも言われているのですね。コーヒーや音楽の香り高き都市、訪れることを夢にしていきます。

    ユーザーID:5708886815

  • リリーさま

    ダバダーはダニエル リカーリのスキャットですね。
    レイモン ルフェーブルのオーケストラバージョンも、当時の日本で大ヒットしました。

    当時はポピュラーミュージックベスト10のうち、5曲くらいが外国の曲、それもヨーロッパの曲だったものです。

    オーケストラによるライトクラシックのようなジャンルも人気でイージーリスニングと呼んでいました。映画音楽ですが、フランシス レイの「白い恋人達」や「男と女」、バート バカラックの「雨に濡れても」など大ヒット曲が目白押しでした。

    ユーザーID:5708886815

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧