アメリカでの老後の準備

レス23
(トピ主3
お気に入り165

生活・身近な話題

あめ子

40代前半のアメリカ在住あめ子です。
以前から老後の準備を進めておりましたが、40代になり本格的に始めようと思っております。先日、ファイナンシャルプランナーの方に計算をしてもらった所、老後に必要なお金はなんと3ミリオンドルになりました。

401(K)をコツコツ67歳まで積立して1ミリオンぐらい、健康で67歳まで勤め上げた会社から企業年金を25年貰って1ミリオンぐらい、夫婦でソーシャルセキュリティーを70歳から95歳まで25年貰ったと仮定して1ミリオンぐらい。これでようやく3ミリオンになります。(妻は、親の介護などを予測して55歳までの勤務にしています。)

でも、本当に3ミリオン必要なのか?かなり頑張ってやっと老後に必要な金額になります。ファイナンシャルプランナーの多くは商品を扱っているので、もしかして商品を売りたい為に、少し大きな数字を出したのかと疑ってしまいます。2社に出していただきましたが、2社とも大体それくらいの数字になりました。

アメリカに在住の皆さんはどれくらいを目処に準備をされているのでしょう?

ユーザーID:0718388262

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 老後資金

    ファイナンシャルプランナーは仰る通り顧客から料金を取るのが目的ですし何の責任も持たないので
    参考資料程度にお考えになった方が良いと思います。

    余生準備の総合額ではなく一ヵ月いくら入ればは目的の生活レべルを維持できるかを計算して
    資産(現金、有価証券、不動産)のバランスを取る事が大事です。それぞれの資産からのキャシフロー
    プラス各種ベネフィットの金額が必要経費以上であれば良い訳です。

    又、長期の医療経費保険に加入して最終的に必要になるLong Term Careに備える事を
    お勧めします。更に居住地を経費の少ない所に移すことも視野に入れておくと良いです。

    小生は大都市の持ち家を賃貸に出して家賃収入を得て、田舎の大自然に囲まれて生活しています。

    各種のサ-ビスやコンサルタントがいますがご自分ほど真剣に考えてくれる人はいませんのでお気をつけください。

    ユーザーID:8598178886

  • おおよそ妥当な数字

    どの程度の暮らしをしたいかによって決まります。
    大雑把に言って、$2.5Mで、年間$100kくらいの収入になります。
    $3Mだと$120kくらい。
    税金払っても、まあ、なんとか生活はできるでしょう。
    アメリカだと医療費の出費も大きいのでそんなものです。
    日本に帰った方が、より良い生活ができると思いますよ。

    やや不思議な点は、企業年金が、401kと別に計算していますが、
    企業年金が、401kとは別にあるのですか?
    普通は、401kだけなので、2重にカウントしてしまってるということはないですよね?
    Social Securityも、年間$40kあてにするのは、危ないかもしれませんよ。

    自宅やその他の貯蓄はないのですか?
    401kを含め、退職時に総資産が$3Mくらいあれば,
    慎ましやかに生活してゆけば大丈夫でしょう。
    できれば、$5M欲しいところか。

    ユーザーID:7661974913

  • 家計簿はつけていますか?

    トピ主宅で1年間でどのくらいの支出があるかを見て、退職後に生きるであろう年数(25年ぐらい?)を掛ければ必要額が出てきそうに思います。

    あとは思いがけない出費もあるかと思いますので、FPが提示してくれた明細(あるのでしょうか)からそれをピックアップしてプラスすると良いのではないかと思います。

    我が家は夫婦二人で凡そ350万で生活しているので25年だったら8,750万になります。それに予定外出費をプラスしても3億には到底なりそうもありません。

    ユーザーID:6057237088

  • 続けて投稿すみません

    ちなみにアメリカ在住じゃなくて日本在住です。

    ユーザーID:0998770779

  • 真面目に質問していらっしゃいますか?

    まぁ、さぞかし一流企業でしか働いた事のないお坊ちゃまなんでしょうねー。
    私は50に片足突っ込んだ在米の者ですが、そこら辺にいる一般アメリカ人の貯蓄額をご存知ですか? 十万ドルあったら良い方で、下手したらカードも払えないって言う人がウジャウジャいます。 ウチのそばのワンミリオンの豪邸に住む方々も、住宅にかかる税金が払えないかもと心配して居ます。 要するに、余り貯金をする癖のある人が居ないんですよ。私もジョギング途中に銀行に行くと、最初は冷たい態度の銀行員も口座を見た途端に態度がコロッと変わります。そんなにお金があるように見えないんでしょうね。

    そんな人に慣れているFPにしてみたら、トピ主は上客じゃないですか!
    普段はどうしたら破産しなくて済むか、という相談が多いらしいですよ。 金払いもよく、コミッションも貰える商品を買って貰えるかも、という状況ですね。 まぁ、羨ましい悩みですねー。 ちなみに、普通に働いている一般的なアメリカ人は会社からのペンション等無いし、一億ドルの貯金なんて出来るほどの収入もありません。全て、貴方がどうお金を使って生きて行くのか、じゃないでしょうか?

    ユーザーID:9687508062

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 年収の十倍

    目安は年収の十倍です。

    ユーザーID:9993132840

  • ライフスタイル次第でしょうね

    40代前半からしっかり準備なら、大丈夫だと思います。
    ただし、退職前後で大病や持病で医療費が高額、とかならないよう心身の健康管理は必須。

    私は減額を承知で、62歳からSS受給開始。
    当然ながらC、PAとFPに事前相談しました。
    両名ともに不労所得(借家からの賃貸料)があるので問題なし。元気なうちに人生楽しんだら、って。
    SSだけで通常の出費はカバーできるので、資産は徐々に増え続けてます。
    ちなみに私が95歳まで生きる同様の試算では、$2Mほど。使い残りは2団体へ行くようトラスト準備済み。

    堅実に老後資金の準備があれば、あまり心配はないと思いますよ。
    問題は、今の生活基準を退職後もそのまま継続したいか?
    豪遊など、今以上に散財したいか?
    知的興味を追及したり、庭仕事など、出費は控えた生活でもハッピーか?
    ライフスタイルによっては、健康でも$3Mでは不足しそう。

    お金の準備と並行して、丈夫な体作りにも励まれますよう。
    突発の大病や事故の時、無駄にヴェジーにならないように
    治療について、早めに正式な遺書を用意されることをお勧めします。

    ユーザーID:9931366529

  • 大丈夫 

    アメリカ在住ですが 大きな病気をしなければ 3ミリオンもなくても大丈夫だと思います。 

    ユーザーID:1336155836

  • 足りません!

    アメリカ在住です。そうそう。。老後大変ですよね。私も投資、貯金頑張っていますが 日々 不安になってきます。アメリカは医療が馬鹿高いでしょう?いくらあっても足りないと感じ始めました。だから投資、貯金も大切ですが健康一番かな〜〜と思いはじめ 自分ができること、たとえば 食事に気をつける、ストレスマネージメント、睡眠にフォーカスするように考えをきりかえたところです。やっぱり日本っていい国だな〜〜健康保険制度がしっかりあるって素晴らしいですよねえ。

    ユーザーID:7927182425

  • そうなんですよね。

    在米で主人のリタイヤをわずか3年後に控える50代後半の時々専門職のアルバイトの主婦です。ファイナンシャルプランナーに計算してもらったわけではありませんが主人が概算でカップルで最低2ミリオン必要だともう10年ほど前から言ってます。今やっと二人の資産を合わせて2ミリオンに近づいてきているところです。ただしそれにはリタイヤしてから受け取る年金は入れていません。私たちは株とか国債とかよりも不動産に比較的多めに投資していてその家賃収入をあてにしています。アメリカは医療費がとんでもなく高いので病気になったら大変なことになるので健康には気をつけて暮らさないといけないですよね。3年後に自由が待っているのは実は旦那だけで私はかえって自由が減るような気がするので、これからもなるだけ長い間私は自分の仕事を続けようと思います。

    ユーザーID:4846765630

  • もう老後の準備ですか。

    60代前半独身女性です。私より20歳も若いのに、もう老後の準備ですか。この先、何が起きるか分かりませんよ。95歳まで生きるとして計画されていますが、105歳かも、75歳かもしれません。離婚の多い国ですから、20年後も配偶者が同一人物である保証はありません(ごめんなさい)。インフレ対策はどうされますか。

    また、「介護は施設で」の国に住んでいるのに、親の介護の為に仕事を辞めるのですか。珍しい方ですね。

    50代半ばまで老後を考えた事がない私ですが、以下が現在の老後予定です。

    (1)SSN‐70歳から貰います。月額約$3,000で物価調整があります。

    (2)401(k) ‐70歳で生涯年金( Life Annuity)を買う予定です。70歳時の受取りは月額$4,600で毎年2%上昇します。

    (3)企業年金 ‐ 以前勤めていた会社から月$1,200の年金を貰い始めました(62歳から)。これは物価調整がありませんので、ずっと$1,200のままです。

    上記3つの合計(月$8,800)から、所得税を払いますが、現在の私の生活費が月$4,000 ですので、税後でも十分な金額かと思います。

    ユーザーID:1261550574

  • 個人・家庭による

    いくら資金が必要かは、その人の老後の支出プランによります。

    67歳で引退するとして95歳まで、30年近い期間の生活を支えるのですから、多額のお金になるのは当然でしょう。

    年間10万ドル強のお金が必要で、医療費・介護費に余裕を持たせるとしたら、実際に3ミリオンドルほどの資金が必要になります。メディケア(アメリカの老人向け公的医療保険)は長期看護費用はカバーしないので、ご注意を。

    一方、年間2万ドルで暮らせる人ならば、必要資金も当然少なくなります。また、介護はメディケイド(低所得者用の公的医療保険)に頼る予定の人もいるでしょう。

    私達夫婦も3ミリオン貯める予定です。企業年金が無いので、401Kと個人貯金で3ミリオンです。

    政治的風向きから、ソーシャルセキュリティーは減額される可能性ありと見ているので(余裕のある層は特に)、もらえればラッキーという位で、あまり頼りにはしていません。

    ユーザーID:7958407710

  • ライフスタイル、生活水準で違うでしょう

    米国人夫50代後半、私40代後半。子供は既婚で独立しています。数字上アッパーミドル。NFLシーズンチケットを買うような贅沢はしません。

    トピ主さんは不動産について書いてないけれど、住宅ローンを払い終わればまとまった資産になります。うちはあと2年半で払い終わる予定。

    18ヶ月前に連邦務員の夫が定年退職(がある職種です)。試しに半年間年金だけで暮らしてみたら、エアコン(1万ドル)の買い替えなど突発的な大きな出費さえなければ、貯蓄を触ることなくそれまで通りの暮らしができることがわかりました。家の修繕費や医療費は保険が効くのでそれ程大きな出費になりません。住宅ローン(3千ドル/月)を払いつつですから、それが無かったら私たちとしては裕福でなくとも余裕のある生活になりそうなことがわかりました。現在は嘱託職員として働いており、年金+給与の生活。

    リタイヤ前から今も、年単位でいくらで生活しているのかを見ています。日々の支払いはほぼ完全にクレジットカードですし、その他の支払いも全てネットバンキングですから、細かい家計簿は付けずとも年間いくらで今の生活ができているのかがわかります。

    ユーザーID:1238592493

  • そんなもんです

    現在62歳。$2Mあります。

    あと5年で$0.5M貯めて合計$2.5M。

    SSから死ぬまでに夫婦で$1Mぐらい。

    自宅の査定は$1Mくらい。

    まぁ比較的慎ましく普通に暮らすつもりですがそんなものでしょう。

    日本で「3千万円」とか言ってますが、どんな生活なんでしょう?

    あ、現在給与所得などが年$1/4Mくらいと利子・配当・投資益など入れて年$400Kぐらいです。慎ましすぎてごめんなさい。

    ユーザーID:3002988654

  • あめ子です

    皆様、投稿していただきありがとうございます。

    補足ですが、
    1)企業年金とはペンションプランの事を指していました。夫の勤務先には終身のペンションプランがありますが、妻の勤務先にはありません。なお、夫が先立っても、継続して妻がもらえます。
    2)Social Securityは、現在、計算されている数字の75%で計算しております。妻は早期リタイヤになる可能性もあるので、夫の50%で計算しています。
    3)自宅、その他の貯蓄はあります。子供達の進学資金も他にあります。リタイヤする頃には住宅ローンも終わっていますし、子供達も大学を卒業しているはずです。
    4)医療保険は、夫の企業でリタイア後も入れるようになっていますが、内容は分かりません。もしかしたら現役と同じ内容かもしれないですし、メディケアの方が良いのかもしれませんし。
    5)あと、微々たるものですが、日本の年金もあります。

    アメリカはインフレがあるので、やはり私達が老後を迎える2040年頃から2,30年分の老後資金を準備するとなると、ミリオン単位で必要になりそうですね。。。

    ユーザーID:0718388262

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • あめ子です

    皆様、ありがとうございます。

    やはりアメリカでの老後はミリオン単位が必要っぽいですね。引き続き、コツコツ貯めていきます。

    ちなみに、補足です。
    1)企業年金とはペンションプランの事です。こちらは夫の企業ではありますが、妻の企業にはありません。夫が亡くなっても、同額、妻がなくなりまで継続されます。
    2)その他の資産として、家、IRA、教育資金、現金などももちろんあります。
    3)リタイア後は、住宅ローンも子供達の教育資金もないので、今の必要経費よりは大分減る事になります。
    4)医療保険は夫の企業がリタイヤ後も継続してくれます。内容は分かりません。現役時代と同じ内容なのかメディケアの方がいいのか分かりません。
    5)ソーシャルセキュリティーは、毎年更新されるレポートの75%で計算しています。妻は早期リタイヤも考えられるので、夫の50%で計算しています。

    コツコツ頑張って準備をすると、大丈夫なのかもしれませんが、随分大金だな〜と思い、びっくりしてしまいます。

    ユーザーID:0718388262

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 3ミリオンドルってって 1ドル100円で 3億円ですよね?

    二度目です。
    なんだか腹立たしい質問だと思うのはうちが貧乏だからでしょうか?

    「働けど働けど我が生活楽にならざり」状態の人が多い日本のサイトに
    アメリカに住んでいる人に3億円で足りますか?って聞く貴方を
    私は理解する事が出来ません。
    そんなにFPが信用できないんでしょうか?

    隣のアメリカ人に聞いたほうが良い事じゃ無いですか?

    唯一、気になるのはローンでしょうか?
    ウチはそんなに貯金がありませんが、ローンなんて三十代で払い終わってますよ。ローンの上にプロパティ・タックスなんて払っているくらいなら、貯金の心配をする前にローンを返し終えたたほうが良いのでは? それとも、家を売って現金で帰る家に引っ越すか、ですね。 最近は都市にもよりますがね、家の価値が上がらなくなって来てますよ。近所では10年前に約一億円で買われた家が、約七千万円でしか買われていません。 不動産は値下がりしない、というのは過去の話です。 税金が払えなくて引っ越して行く人も多いです。30年ローンを組まなきゃ買えない家は分相応でないというか、勿体無い、と思います。

    ユーザーID:9687508062

  • セールストーク

    「あ〜あるある〜」と思いました。私も以前やった証券会社のリタイアメント・カルキュレーターで二百数十万ドルと出て苦笑しました。三百万ドルって言ったら、米国の標準世帯が稼ぐ年収の60年分ですよね。しかもその中には、給与税、教育費、老後ための貯蓄、住宅ローンも入ってる。「そんなに貯めるのは無理」→「うちで投資信託買いましょう」という証券会社のセールストークと思って間違いないです。

    いまや企業年金なんて本当に恵まれた一部の職場にしかないですし、標準的な世帯の401k残高なんて引退時で20万ドル程度ですよ。老後に必要な生活費を年額で計算し「引退から70歳までの全ての生活費」と「70歳以降の(必要額 - SS繰り下げ支給額)」を自分で計算した方が実態に近い額が出ると思います。

    心配なら日本に移住したらどうですか。日本では引退時に「持ち家+1億円(年金含む)」と言われてますね。前に試算したところ、米国のSSは日本の公的年金より6割くらい多いですし、70歳までの生活費だけ確保できれば後はほとんど年金で生活できてしまうのでは。

    ユーザーID:4048439498

  • 3M & being healthy

    夫は53歳で早々にリタイアしましたが、政府役人だったこともあり かなりの額のpension と すばらしいinsurance があるので うちは 3M までなくとも楽にいけてます。今 2M 貯蓄と stock market が 3M 以上ですが stock は 夫の日々の趣味のひとつなので 私の中ではないものとしてます。アメリカでミジメでなく老後過ごすなら M 単位だと思います、地域差もあるでしょうが。ちなみにpopcorn さん、私の近所は "ワンミリオン で 豪邸" など とても買えません。こぎれいな 2bed 2bath くらいです。

    ユーザーID:8003716724

  • そんなにいるんですか。

    皆さんアメリカのどこに住んでいらっしゃるんですか。私は中西部の中小都市に住んでいますが、1Mも老後資金がある人は少ないです。うちは60歳で1.3Mありますけど、66歳からいただく政府の年金で充分です。FPもこれで充分だと言っています。1.3Mはそのまま子供たちに残すつもりですが、死んでから渡すと税金が高いので、少しずつ渡そうかと思っています。大都会でも物価の高いところでも、ほとんどの人はミリオンも持っていませんよね。そういう人たちはどうなるんですか。

    ユーザーID:3591656540

  • あめ子です

    家のローンは30年です。私が住んでいる場所は、大都市ですので家が高く、現金一括は難しいです。頭金を貯めるのも、時間が掛かかりました。でも、リタイヤ前には支払いが終わるので、それほど心配はしていません。また、今のところ、価値は上がっています。今後においても、おそらく現金一括は無理なので、このまま毎月支払いを続けます。いずれ資産になるし、それほど負担が大きくないような支払いに収めているので、しょうがないと思っています。

    老後は、住宅ローンと教育費は終わっているので、必要な出費は食費、光熱費、ガソリン代、医療費、娯楽費などですので、おそらく多く見積もっても月$4,000~$5,000もあれば十分な額だと思います。ただ、インフレがあるので、単純に$5,000x12ヶ月x25年とはいかない。とファイナンシャルプランナーたち言っているので不安になるのです。あと介護が必要になったら、それこそ本当に億単位で必要なので、健康には気を付けたいですね。

    まあ、老後の資金を貯める事に集中してキツイ生活を送っている訳でもないので、このままコツコツ続けて、残ったら子供達で分けてもらいます。

    みなさん、どうもありがとうございました!

    ユーザーID:0718388262

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • さすがアメリカ、スケールが違います

    日本では、老後資金は年金のほかに3000万用意すれば大丈夫と言われていますので、トピ主さまの3ミリオンには恐れ入りました。アメリカに暮らす皆様はすごいですね。

    わが家は全財産かき集めても1億少し超えるくらい(年金なしで)で、とても皆様に太刀打ちできません。それでも日本の中では安心して老後を迎えられる部類でしょうか。

    先日FPに相談に行きましたら、ポートフォリオがとても堅実で安定性があるとい言われました。ただ、インフレにならなければ・・。

    アメリカもインフレの可能性があるのですか。私は30年前に2年半ほどの滞米経験があるだけなので、よくわかりません。

    何はともあれ今のところ医療・介護はまあまあに安定していて、ちまちまと生活している高齢者の多い日本です。少子高齢化の時代を控え、赤ちゃんから高齢者まで大変です。

    的外れのレスでごめんなさい。トピ主さまもレスをしている皆様も、どうぞご自愛ください。

    私は70代くらいになったら、以前暮らしていたシアトルに旅行をしようと思っている者です。

    ユーザーID:6174284477

  • アメリカで老後を楽しんでいます。

    私は日本からアメリカへ来て約35年になります。69歳です。老人医療保険は、1か月$180前後で、それとサブの保険にも入るのが安心です。これは、色々な保険会社から買うことが出来ますが、私が入っているのは、歯のクリーニングは年2回無料、虫歯などの治療費は、年$1000まで無料で、1か月$35ほどです。老人医療保険は、年金から引かれて、年金が振り込まれます。私の時は、老人医療は65歳からで、年金は66歳(満額の場合)からとなっていました。アメリカは医療費が高いですが、夫が何度か救急で運ばれ、難しい手術をしたり、心臓のペースメーカーを入れたり、定期健診、内服薬などで、1年間の請求額は30万ドル(3300万円)でしたが、自分で払ったのは、多分1万ドル(110万円)くらいです。現在住んでいるマンションは、老人専用(63歳から)ですが、普通のマンションと同じように暮らしています。マンションには、レストラン、デリ、美容院、室内プール、ジム(トレーナーも居ます)マッサージ(別料金)そして、看護師や24時間ケアーが必要な方のお部屋などもあります。玄関にはフロントデスクがあり、24時間だれか居ます。夜は8時になれば、全てのドアーはカギがかかり、入居者以外は入れません。とても安全です。ここでのお値段は、間取りや広さなどで価格帯がかわります。1億円くらいから、1500万円くらいまであります。買取です。ご夫婦ともに亡くなられたら、そのお金は却ってきません。月々のメンテナンスフィー(ユーティリティー、プロパティーTaxなども含まれる)12万円から40万円です。私のお部屋は1ベッドルームで、760SF(25坪くらい)で買値が25万ドル、月々$2500です。月々の費用は、年金で支払うことが出来るので、後月2000ドルもあれば充分です。何億も必要ないかと思います。贅沢すれば切りはありませんが。

    ユーザーID:7439452317

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧