• ホーム
  • ひと
  • 子どもの習い事、一歩引いた目で見れるようになりたい

子どもの習い事、一歩引いた目で見れるようになりたい

レス36
(トピ主2
お気に入り65

家族・友人・人間関係

きりん

子どもの習い事の事です。芸術系なのですが
選抜メンバーというものがある習い事です。

3年くらい前から、選ばれるかもしれないレベルに
我が子が達しましたが、今年も選ばれませんでした。

よくある話ですが、親の私のガッカリ感というか
落ち込み感がものすごく、自分でもビックリするほどです。

こんな親で恥ずかしいですが、事実から目をそらさずに
自分の最低ぶりをしっかり見届けて、はい上がって
本来の親のありかたのスタンスに落ち着きたいと
思いました。

そこで、わたくしへ強めの叱咤激励をお願いします。


他人の事ならよく見えていて
「親が必死になって、どうするん?」と思えるのですが
いざ自分自身の事となると、全然吹っ切れずに
とまどっています。


自分から自分への言葉


「うちのこ上手でしょ。羨ましいでしょ」って
思いたかっただけ。
よその子と比べて、優越感にひたりたかったんでしょ。

指導者の選び方がおかしいって、思ってるかもしれないけど
誰の目にもとまる実力だったら、とっくに選ばれてますから!
子どもと親は別人格!そんな事もわからない?
アナタのやってる事は、マウンティング
人はよその子には、まったく興味ないよ。

「うちの子、上手」って思ってるかもしれないけど
だーれもおたくの子どもなんて、見えてないよ。

...これだけの事に気づき、自分に向かって言い続けてみましたが
まだウジウジ思ってしまう自分がいます。

頭ではわかっているけど、気持ちが割り切れてないんだと
思います。

これからは、子供の習い事にいい意味で無関心になりたいです。


こんな私が、本当に目が覚める言葉をよろしくお願いします。
本当に苦しくて、つらいのです。

ユーザーID:5330901795

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    トピが立ちましたので、続きを書きます。
    必要な情報かは、わかりませんが。

    子どもは、その習い事が大好きで
    とても努力をしています。
    選抜メンバーに選ばれなかった事がわかった時は
    悔しくて2日間、泣いたあと、また頑張ると言って
    前を向きました。

    まわりの子供たちが、みんなで遊んだり
    連れだって商業施設へ行く時も、ガマンして
    自分はレッスンへ行ってますし
    夜、遅くまでレッスンがあるので
    毎朝5時に起きて、勉強をしています。

    毎日、家で練習もしています。
    本人はその習い事が好きだそうで、
    そういう毎日でも苦にならないそうです。


    そういう姿を見ているので、選抜メンバーに
    努力がむくわれて欲しいという親の思いも
    当然、あります。
    すべて、自分の自尊心(というのも違うけど)からだけでは
    ないと思っています。

    私自身、レッスン場への送り迎えは正直、大変で
    仕事もしているので、自分の出勤前に
    子どもの夕食を作ったり
    毎週のお弁当作りなど、負担が大きく
    労力がかかる分、むくわれて欲しいとも思ってしまいます。

    子どもはこれからも頑張りたいと言うので
    私の頑張りも続きます。。。涙

    ユーザーID:5330901795

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 置いてきぼりにしてませんか?

    お子さんがどう思っているかは全くトピに
    書かれておりませんが、置いてきぼりにしてませんか?

    その習い事を頑張ったのは他ならぬお子さんです。

    お子さんとしては自分の親が我が事のように
    喜んだり落ち込んだりしてくれるのは嬉しいと思います。

    ただ何より辛いのはその事で『もっと頑張れ』とか
    『根性が足りない』とかガミガミ怒られたり、
    自分は相手を認めているのに『いや、うちの子の方が』とか
    検討外れの文句を言い続ける事です。

    お子さんも辛い気持ちを共感して欲しいのだと思います。

    それを理解されずに親に突っ走っていかれると
    『お母さんは私が自分の付属品だから悔しいのであって
    結局私のことなんてどうでもいいんだね』という結論に
    落ち着いてしまいますよ?

    まずはお子さんの話を聞いてあげてください。

    その上で
    お子さんをどう励ますのが一番いいのか?
    お子さんの良い所を伸ばしてあげるには?
    ちょっとここは苦言を呈した方がいいかな?
    そんな事を考えていると冷静になってくるのではないでしょうか。

    ユーザーID:0611048978

  • 自分自身はどんな事をしてますか?

    子供の習い事の上達ぶりで、あまりにも極端に、一喜一憂してしまう親は、
    愛情深いだけじゃなく、ただ単に「自分自身に自信が無い」とも言えるのでは?と思う。

    親である貴方自身が、何か夢中になってやれることや、勉強していること、
    これを頑張ろうって、こだわって進んでいる道がありますか?
    お子さんと違う道で、各々が、ちょっとずつでも一緒に進歩していくってステキですよ。
    まずは、あなた自身が何かを頑張ってみませんか。

    そうすればお子さんの進歩具合がもしゆっくりであっても、
    あなた自身もゆっくり&着実に進歩することで、
    お子さんのペースを理解してあげられるようになりませんか?

    あなたとお子さんは別の人間です。
    親として、一緒に喜んだり、共感したりすることは大事だけど、
    過剰なプレッシャーは与えるべきではないと思います。

    お子さんの習い事や成績なとでひどく一喜一憂しないで、
    あなた自身のことで、何かにチャレンジして、
    親が夢中に何かを頑張っている姿を、まずお子さんに見せてください。
    自分とお子さんを過剰に同化しないように。

    ユーザーID:5858755622

  • トピ主です

    こんなダメな親ですが、唯一自分をほめられる点は
    子ども本人には、このたびの選抜落ちについて
    グチグチ言わず、ダメ出しもせず

    「そっかー、残念だったね。あれだけ頑張ったのにね。
    でも他の人も、同じだけ努力してるか、アナタ以上に
    努力してるのかもしれないよ。
    実力の世界だから、頑張ったら絶対手に入るって物じゃないよ。

    持って生まれた才能で、なにも努力しなくても
    すんなりできる子もいるよ。

    もっと頑張ろうと言う気持ちなのか、
    もうやめたいと思うかは、自分で感じて決めることだから
    お母さんは、あえて何も言わないよ」


    ..と言いました。

    そう。頭ではわかっているのです。
    頭と気持ちが、べつものなのです。
    なぜだろう。

    ユーザーID:5330901795

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • それはそれで、悲しい

    私はもう30の大人ですが、小さい頃から芸術系を両親に伸ばしてもらって成長しました。
    ずば抜けていたかは分かりませんが、他に勉強ができる訳でもなく、私が楽しく出来る事を伸ばしてくれたのだと思いますしとても感謝しています。

    私の両親も応援してくれていましたし、期待もしてくれていましたが私は嬉しかったですよ。
    本人だって自分に才能があるだなんて言い切れない中、親が自分の良い所を見つけてくれると言う事は続けて行く上で強いモチベーションに繋がります。全てをベタ褒めしていては意味が無いかもしれませんが、一番の理解者でありファンであり見方で心強かったです。

    芸術系にかぎらず、習い事に親が熱心な家庭は上手い傾向がある気がしますし、それはそれでいいのでは。
    プレッシャーになると良く無いでしょうが、無関心も良く無いと思いますよ。

    ユーザーID:6923527396

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 自分自身

    だれでも、他人に評価して欲しい。
    結婚してお母さんになってしまうと、自分のことでほめられることってないですよね。
    だからお子さんの手柄、ご主人の手柄を自分自身の事にすりかえてしまうんですよね。
     
    でもトピ主さんは、客観的に自分を見て、はまりすぎないようにしている。
    とても共感します。

    結果はどうあれ、娘さんが好きなもの、打ち込めるものをみつけ、努力しているのは
    すばらしいこと!長い目で見れば、娘さんのためになっていることは、間違いない事です
    なにかに選ばれなくてもね。

    ちょっと意地悪な見方をすると、お子さんの習いごとがなにかは、わかりませんが、
    その才能が抜きんでていて、その道を突っ走っていくのも怖くないですか?
    今のうちなら、多少の挫折も立ち直れるけれど、もっと年齢もレベルもあがってくると?
    その道でプロになりたいと、お子さんが言い出したら? 

    ユーザーID:1767025053

  • その道のプロにならないならその方が良いかも

    もしかしたら、ですが、その道のプロに最終的にならないなら、そういう挫折を知っている方が後々活きてくるような気がします。

    諦めない、粘る、へこたれない、そんな精神的な強さを身につけている最中だと思ってみてはいかがですか?

    ユーザーID:8439474928

  • いろいろ考えてしまいますが

    お子さんも前を向いたようなので、お母さんも前をむきましょう。
    頑張りましたよ。大変だったでしょう?今回は残念ながら選ばれなかったけど、その努力はいつか報われますから。
    子供の頑張りを近くで見てきたからこそ「選ばれてほしい」気持ちはすごくよくわかりますよ。
    ちょっとアガキたかったんですよね。でもちゃんとわかっていらっしゃるから大丈夫ですよ。
    今回の頑張りを次に繋げていきましょう!
    ちょっと違うけど、ウチは中学受験を控えています。それこそ頑張っていますよ。でも合格できるかはわかりません。私も悪あがきしそうですよ。2月が怖いです。

    ユーザーID:1571254400

  • 選ばれるかもしれないレベル

    言い方を変えれば、
    『選ばれないかもしれないレベル』
    って事ですよね。

    もっと言えば、
    『選ばれなくても、誰も疑問に思わない程度』
    とも言えますね。

    要するに、気が早すぎるのです。
    期待し過ぎなのです。

    親は我が子しか目に入りません。
    子供のお稽古のサポートで、自分の生活を圧迫しているストレスも有るのでしょう。

    しかし、それとこれとは別次元の話です。

    >頭ではわかっているけど、気持ちが割り切れてないんだと思います。

    いいえ、違います。
    頭でわかっていれば、気持ちも違ってきます。
    「親子で、こんなに頑張ってきたのだから、結果が付いてきて欲しい」
    この欲が、全てを邪魔しているのです。

    3年前以前には、『早く選ばれるぐらいのレベルになって欲しい』とは思っても
    『何故、選ばれないんだ?』
    とは、思わなかったはずです。

    「選ばれるぐらいのレベル」の判断基準が甘すぎただけ。
    初心に戻って
    『選ばずには、いられないレベル』を目指せば良い事です。

    頭ではわかっている・・・は、言い訳に過ぎません。

    ユーザーID:8625334849

  • 簡単な方法があります。

    トピ主様が習えば良いのです。

    トピ主様に質問です。
    その芸術系の習い事、
    トピ主様自身は経験ありですか?なしですか?

    私の場合、自分が習っていたほうの習い事はとても
    熱くなってしまい、
    なんでできないの?なんで間違えるの?となるのですが、
    習ったことのないほうの習い事は、
    すごいなー、そんなこともできるの?頑張ってるな。と
    熱くならずに、みていられます。

    そして、私は習っていたほうの習い事は
    もしも、子供が追いついてきたら
    自分もまた、真剣にやってみようかと思っています。
    (最近は、どの習い事も大人向けも増えてきていて
    習うことができます。※少子化なんでしょうね。)

    ですので、
    熱くなる対策は、自分も実際に経験してみる。
    です。
    それこそ、その習い事をトピ主様がしたことないのに熱くなっていたら、
    自分が経験することによって、
    見てるよりも難しかった!とかいろいろ気がつくかもしれません。
    経験者でしたら、お子様でなくトピ主様が
    発表する場に出る経験を再びしても
    楽しいかもしれませんよ。

    ユーザーID:2849757917

  • それが芸術!

    私自身、カメさんタイプでした
    一番にはなれない。脚光も当たらない。だけど地道に辞めずに続けました
    好きだから、です 今はその業界で食べてます

    兎さんたちは、才能を早くに開花させ脚光を浴び・・・他の才能に気づき消えてしまいます 飽きるんですよ。出来るから。

    >同じだけ努力してるか、アナタ以上に
    >努力してるのかもしれないよ。
    どうでしょうね? 努力をしないでトップに立つ子もいます
    ただし、努力、苦労をしていない分、飽きるのが早いです
    また、指導者には向かないんですよね・・・食べてはいけません

    芸事は、師匠の好みもあります。他の何かもあります
    (親の財力も名声も関わってきます)

    トピ主様は、努力をし続ける我が子を応援しましょ♪
    努力や挫折感は報われます 諦めない、好きならですけどね

    >実力の世界だから、頑張ったら絶対手に入るって物じゃないよ
    それと!違うよ!!!
    好きこそ物の上手なれ!!芸事は師匠が変わればあっさりクリアもありますよ

    トピ主様が最低とか関係ない!!
    好きなことに一途に邁進する、その才能を認めたらいい。
    結果、ダメでも挫折を胸に生き抜いていけるんですよ!

    ユーザーID:4108289414

  • わかります!

    トピ主さん、いたって普通の感情ですよ。

    トピも簡潔でわかりやすく、自分の感情と向き合ってる感じに、とても好感がもてました。

    きっと、一生懸命子育てがんばってる
    素敵なママさんだと思います。


    努力をしてる子供を見守っていく。親は1番のサポーターであり応援団。

    偉そうな事を書きましたが(笑)私は高校球児の母です。練習試合結果に一喜一憂してる、ダムダメな母です。

    顔にも言葉にも出しませんが、心の中はモヤモヤはするし、妬み僻みが大部分を占めています。

    私も皆さんのレスを参考にしたいです。

    トピ立て、ありがとうございます。

    お互いに、頑張りましょうね!

    ユーザーID:5201884188

  • 選ばれなかった後の気持ちの持ちよう

    娘がバレエを習っています。
    選抜、二軍みたいなハッキリした区分はありませんが、発表会の配役は悲喜こもごもあります。
    今まで、いいポジションを頂いていた娘が、ぐんぐん上手になってきた子にいい配役を全て取られた年は、娘、かなり荒れました。
    勝気で気の強い娘に、負けたことを前向きに受け入れ、今年自分に与えられた役に自分の精一杯を向ける、ようにサポートするのは、今までの娘のバレエ人生の中で一番大変でした。
    ただ、バレエが大好きで、どんな状況になってもやめない!という気持ちだけはある、というのも感じました。

    トピ主さんのお子さんの、泣いた後、前向きになれる強い心は、ものすごい利点です。
    トピ主さんは、お子さんの状況(選抜に落ちたこと)は遠くから眺めて、気持ちには寄り添ってあげればいいと思う。
    むしろ、気持ち的には、悔しいところに留まっているトピ主さんより、悔しいを乗り越え、次に向かっている娘さんの後に続くだけかもしれませんね。

    でも、芸術系だと、先生との相性(芸術の方向性の違い)で、ずっと選ばれないようなことが続くようなら、先生を変える選択は親が提案すべきことかもしれません。

    ユーザーID:5185146439

  • トピ主さんは冷静

    自分も小学生の子供の習い事の結果で一喜一憂している母親です。

    表に出さないように、頭を冷やすように悪戦苦闘しいる姿が自分と重なりました。

    私が実践してきたことでご参考になれば。


    まず、子供の努力を褒める。

    残念な結果なら一緒に悔しがり、次に向かって前を向く。

    上手なお友達を素直に認め、褒める。

    結果に期待しすぎない。(そういう時の方が結果が良いことが多い)

    中でも、「あなたは自分のペースで進めばいいんだよ」と声かけしてあげた時は、子供の表情が安心感に包まれているのを感じました。
    結果もついてきました。

    本人が好きで楽しく取り組むのが一番!
    それが何物にも代えがたいエネルギーになりますから。

    トピ主さんも、自分の感情に苦笑するくらいの気持ちで、娘さんを応援していって下さいね。

    素敵な母娘さんだと思いましたよ。

    ユーザーID:2993577017

  • 芸術系の習い事は難しいですね。

    本人が一生懸命努力して周囲からも実力を認められていても、指導者の目にそれが留まらないと、なかなか芽を出すことができない場合もありますからね。

    もし自分の子供がそういう立ち位置だったら、あと1年だけは頑張らせてみるかも。子供の1年間って大きく成長しますから。それでもダメだったら、お稽古場を変えようと思うかも。

    狭い世界だったら指導者を変えるのもお子さんに影響が出るかもしれませんが、今習っている先生よりも上の立場の先生を探してそこに通うのも一つの手です。高い地位にいらっしゃる先生だと、その分お弟子さん(生徒さん)も人数が多いので、ライバルもその分増えますけどね。

    あと・・・先生の性格によっては認められるには、実力と並行して『袖の下』が必要な方もいます。納得できないかもしれませんが・・・。

    ユーザーID:1387081739

  • 簡単です

    子どもの習い事以上に、ご自身の趣味に熱中すれば良いです。

    習い事ぐらいでこんなに悩むという事は、お子さんは健康、勉強、学校生活は何も問題がないのでしょうね。芸術系の習い事ができるのは、経済的にも余裕があるのでしょう。トピ主さんは恵まれてるんですから、視野を広げて下さい。

    ユーザーID:3459280639

  • 経験こそが宝

    私は子供にがっかりした事は無いなあ。
    もっと俯瞰して大きな視点で見てはどうでしょうね。

    もし、将来その習い事を辞めてしまって、全く関係の無い学問や職業についたら
    お嬢さんが今の頑張りや時間を後悔すると思いますか?
    良い経験をしたな、あの頃楽しかったな、良く頑張ったな自分って
    誇らしく思えると思いませんか。

    貴方にも部活や受験、仕事でそんな経験はありませんか?
    選ばれなかったら、貴方はお嬢さんの習い事が時間と金の無駄で、
    無価値だと思いますか?
    勝ち負け、選ばれるか、選ばれないかも重要だけど、それだけで無く、
    目標に向かって、時間を忘れて闇雲に努力するその過程、熱意、
    そのことこそが子供にとっては良い経験であり、人生の宝なのでは
    ないでしょうか。

    私も寝食を忘れて熱中した物がありました、仕事にも学問にも
    全く関係は無く、努力しても一部しか叶いませんでした、
    でも闇雲だったあの頃は、後からの自分の基礎になりました。

    そう考えると何かに熱中する子供の姿は、ただ眩しく嬉しく思うだけです
    自分の努力を報われたいのは貴方のほうなのでは?

    ユーザーID:8448545547

  • トピ主さん偉いですよ

    すばらしい声掛けだと思います。
    ただ、たしかに頭でわかっていても気持ちが整理できない。

    子供もがんばった。親も努力したし応援もした。
    でも結果につながらなかった。

    そりゃあガックリ、モヤモヤもしますって。当然です。

    でも次回がまだあるようなので、次は攻略法を練りましょう。
    選ばれた子とどう違うのか、情報収拾して
    子供のたりてない部分を分析して補ってあげましょう。
    (そこは大人が指導していい部分だと思うんです)

    子供さんが折れてなくて好きだからやれるというのは
    とてもいいことです。
    頑張ってください。

    わたしも同じように声掛けできるよう心がけます。

    ユーザーID:2542617275

  • 自分の野心を持つ

    私にも小学生の子どもが2人いるので、お気持ちわからなくもないです。それだけお子さんに愛情をかけ、一生懸命育てていらっしゃるということで、頭の下がる思いですよ。子どもの習い事にそこまで心を動かされること、それほど卑下することでもないような。お子さんにとっては我が事として受け止めてくれるお母さんの存在は貴重だし、励ましになってると思います。

    ただ、トピ主さんご自身がおつらいということで、子どもの習い事や成績などにあまり関心を持っていない、というか、子どもは元気に学校に行って友達もいて機嫌よくしていればよろしい、と子どもに関して何の野心も持てない私から一言。
    それは、ご自分の野心を持たれてはいかが?ということです。お仕事をしていらっしゃるようですが、お仕事に関わるものでも、それこそご自分の習い事に関わることでも。私は子どもが5歳の頃から自分のキャリア形成に大きく関わる難関資格の取得のための勉強を始め、日々どうやって自分の野心を叶えるか、に関心がいっています。子育てもちゃんとしてますよ。でも子どもの習い事での達成とか、成績を上げようとか、そういうことは正直言って、どうでもいいです。(続く)

    ユーザーID:6689014943

  • 自分の野心を持つ(2)

    (続きです)
    子どもと自分はトピ主さんおっしゃるとおり、別人格ですからね。このままではお子さんの方もトピ主さんの期待が重くて重圧に感じてしまうかもしれません。
    子どもは子ども、自分は自分ですよ。今は一緒にいますけど、お互い別の人生を歩んでいく存在です。
    ぜひトピ主さんご自身に、一心不乱に取り組めて、ダメだった時は2日間泣き暮らした後にまた前を向いて取り組めるような、なにかの目標が見つかりますように。子どもと同じ夢を追うことをやめれば、トピ主さんの今のおつらさは消えるのではないでしょうか。

    ユーザーID:6689014943

  • これはどうでしょう?

    トピ主さんは、同じ分野か類似分野で、選抜メンバーの経験者ですか?
    だったら、しょんぼりしてしまうお気持ち分かります。
    自ら指導されても良いのではないでしょうか?
    もしくは、ご主人が選抜メンバーの経験者ですか?
    だったら、私の遺伝子のせいでごめんさない〜となる気持ち、
    理解できます。このケースでは、ご主人が指導されても良いのでは?

    もし、いずれでもないなら、あらウチの子、私よりできるのね〜、
    くらいで良いんじゃないでしょうか?

    子どものライバルは、周りの子ではなく、子ども時分の自分か
    ご主人です!

    ユーザーID:2130537280

  • がっかりはダメだと思いますが

    悔しがるのは全然いいと思います。
    むしろ、お子さんと一緒に悔しがってください。
    がっかりする気持ちも悔しい気持ちに全部変換して、お子さんのために全力で悔しがってあげてください。
    「おかあさんはあなたがいちばん上手だと思っているよ」と親が言うことは、全然間違ったことではないと思います。
    親とはありがたいものです。そういう存在でいていいと思います。
    親が妙に冷静で客観的だと、子供もあわてて気持ちを切り替えなくてはなりません。それなりにつらいかもしれません。
    むしろ親が率先して悔しさを引きずって、まだ言ってるのと子供に笑われるくらいが、ちょうどいいと思います。

    ユーザーID:5441438188

  • エール押したよ。そして涙ポロリです。

    トピ主さん、いい人です。
    親の満足だけではなく、頑張りが報われなかったことにがっかりしてるからだよね。
    お子さん、おいくつですか?
    すごくいい子に育っていて、それはいいお母さんがいるからでしょ。落ち込まないで。
    お子さんは確かに選抜メンバーになれなかったけど、心の成長が今後の人生にすごいアドバンテージです。

    外からの評価なんかより自分の気持ちを優先させた方がいいし、世の中、頑張ったらうまく行くことばかりじゃないですよね。
    全身全霊捧げて打ち込んでも、ダメなことがある。時の運というのもあるし。
    でも、それで頑張るのをやめてはなんにもならない。どうせダメだし、とか思う子じゃないなんて、素晴らしいです。

    私には中高生の息子が二人いますが、彼らを育てていて強く思うようになったことがそれです。
    頑張ったのに結果が出せなかった、そういう事があることを心のどこかで理解していて、でも、全力で向かって欲しい。また立ち上がれる人に育って欲しい。そして次の機会のためにまた全力で頑張って欲しい。
    順調な成長なんかより、その事の方が価値があるとさえ思っています。

    私たち親も頑張ろうね。

    ユーザーID:4449727310

  • 怖い・・・

    あなたは、お子さんに執着しすぎなんじゃないですか?
    そして、お子さんの習い事を通して自己実現を成したいのでは?

    お子さんの習い事に関して「私、これだけのことをしています!」って怖いです。
    そして15日15:49のレスに
    >こんなダメな親ですが、唯一自分をほめられる点は
    ・・・ほめられる、って何ですか?

    なんだか怖いです。

    ユーザーID:2525263120

  • 趣味・子供

    趣味も目標も子供になってしまっているから、距離が取れないのですよ。


    以前スポーツ教室に通っていたのですが、毎回キッズクラスの前にママが鈴なりになって、プレーを見守っている光景が異様でした。

    ママ達は、お子さんを送り迎えする必要があり、一旦家に戻るのも慌ただしいし、じゃあママ同士でお茶飲みながら待ちましょうか、という流れなのでしょうが・・・

    お子さんのプレーを終始見ていたら、評論家よろしく口出しもしたくなるでしょう。



    どうしたらいいか?
    ご自分も始めればいいんです。
    同じものでもいいし、トピ主さん自身が打ち込めそうな別のものでもいい。

    目標を「お子さんが選抜されること」ではなく「自分が上達すること」に置き換える。

    自分の上達のために練習していれば、マウンティングし合う時間も機会も無くなりますし、頑張ってもなかなか上達しない歯がゆさも、負けた悔しさも子供を通さず、自分で味わえば、お子さんに実力不相応の期待を抱こうという気もなくなりますよ。

    ユーザーID:9777929496

  • 同じような思いに経験あります。

    トピ様
    幼少のころから娘がとても頑張っていた、大好きなお稽古事がありました。個人レッスンも受け、中学時代にはコンクールにも出て、たまには入賞もしていました。お教室によっては、力の入ったお母様がいらっしゃることも珍しくなく、そういうお母様のお子さんではなく、うちの子が選ばれてしまうと、お母様の方ががっかりされているのが私たち母娘にもわかるので、選ばれながらも、娘は「XXちゃんがかわいそう。」と言っていました。

    そんな我が家も、私が応援し続けたことが娘にとっては圧力になっていたようです。仕事が忙しく、距離は置いていましたが、「がんばれ。ママはいくらでも応援するよ!」という思いがテレパシーで伝わっていたのは間違いない。

    プロになれる子なんて、ひと握り。うちは高校生になって、涙ながらにお別れをしました。選ばれているお子さんも、ほとんど、みんなそうなるんですよ。遅かれ早かれ。娘がものすごく頑張っていた陰には、ママを喜ばせたい、ママの期待に応えたいという気持ちが確かにありました。お嬢さんを「感張り過ぎさせている」のではないかということ、少し考えてみられた方がいいかもしれません。私の反省です。

    ユーザーID:3283716319

  • 申し訳ないですけど…

    習い事の選抜メンバーにさえ選ばれないレベルなのに、そんなに力む意味がないのでは?
    日本代表の選抜メンバーに選ばれるかどうかというレベルなら、
    そんなに悩むのも理解できますが…
    気楽に趣味として楽しめばいいだけでしょう。
    楽しんで続ければ、隠れた才能がいつか開花するかもしれませんよ。

    ユーザーID:5468506384

  • ばたあし金魚とアラベスクかな。1

    バタアシ金魚という20年くらい前の有名な漫画の最後に、水泳をこころざす主人公が、なんでもできる目の上の
    たんこぶのライバルが彼が本当にやりたかった柔道がからきしできないところを目にします。
    いじめられているのですが、彼は本当にやりたいことをみつけたら、それがさっぱりできなかったというセリフに
    主人公はかっこいいと感動するのです。
    あとアラベスクというバレエの有名な漫画にも天賦の才を持った女の子が簡単にやめてしまいますが
    簡単に手にできるものは簡単に手放してしまうということに考えさせられます。
    私自身も子供のころは体育と音楽以外オール5でなんでもできる子どもでした。
    だから社会人になって困ったことが多かったです。
    会社同士の関係で劣勢をずっと我慢しないといけなかったり、自分にとって不都合な人間関係がずっとつづいたり
    そういうものに対する耐性が非常に低いです。

    ユーザーID:2914641521

  • 2

    代ゼミで尊敬する英語の先生が、国語で有名な田村先生の留学時代のお話をされてました。
    彼が留学時代の時の話なのですが、みんな自分よりはるか上で追いつくことはない。でも自分は自分、人は人と割り切り
    淡々とやっていったという話です。
    彼はこういう姿勢を持ってるやつは最強だといいました。
    なかなかできるひとは、実際いませんよね。。
    今息子さんはそれをみにつけていってると思うのですが、どうですか

    ユーザーID:2914641521

  • 期間限定とつぶやくしかないです

    わかります。
    多分、送迎がネックだと思います。
    勝手に自分で行って、帰って来てくれるなら、
    そんな気持ちにならないと思います。

    私も、子供の送迎をどれだけ自分の時間を割いてきたか。
    愚痴のひとつくらい、思うくらいいいじゃないですか?
    よく効くおまじないが期間限定。期間限定。

    トピ文を読むと、よくできたお子さんですね。
    お母様の頑張りは、この先、一生の親子関係を作ります。

    自分の子供だけではなく、よそのお子さんもよく見て、
    客観的に比べると、もう少し楽になるかな?
    具体的には分析するのです。
    純粋に、その技術や才能を分析。

    親のサポートって大切ですよ。
    たくさんの親子関係をみさせてもらって、そう思います。
    やりすぎてもだめ。やらなさ過ぎてもだめ。
    お子さんの性格や、そのお教室にあっていなくてもだめ。

    でも、それも期間限定です。

    私は子供の習い事を通して、すごく自分も成長できたと思います。
    今、大学生になって、送迎地獄からは解放されましたが、
    子供自体は、その習い事を続けています。
    年何回しか、もう見ることはできませんが、
    好きで続けている姿は、やっぱりプライスレスです。

    頑張れ、お母さん。

    ユーザーID:6605197998

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧