食事に気を付けている男性はどこに?

レス29
お気に入り13
トピ主のみ1

あじさい祭り

男女

このトピのレス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ん??

    >> 「相手のこだわりに対して寛容な相手」、コレが一番理想な気がしてきました。

     ん?
     それは、トピ主さんにも求められることですよ。トピ主さんが自分の食事にこだわるのは自由ですが、そのこだわりを相手にまで要求するのは筋違いです。

    ユーザーID:6589302583

  • いっぱいいます

    健康志向の独身男性ですね?。
    弊社にいっぱいいます。
    40代で、入社してからずっと独身寮生活で、
    春の健康診断で血圧やコレステロールに異常値が出て、
    「再検査」や「要精密検査」を宣告され、
    会社命令で食生活カウンセリングも受けさせられた人。
    そんな人が10人もいれば、
    そのうち3人くらいは、めちゃめちゃ健康志向になります。
    狙い目です。
    そういった寮がある地域の定食屋などで、
    食券を出す際に「ごはん少なめで」と言ってる人を探しましょう。

    ユーザーID:1687832490

  • 柔軟な人を探す

    主さんも、アレルギーというきっかけがあるまでは無頓着だったのですか?

    食の好みや健康志向などが一致していれば、和やかな食事が楽しめると思います。
    ただ、そればかりを優先して他が疎かになってもねぇ…
    全体のバランス感覚というか、柔軟な人を探すのがよいのでは。

    好き嫌いが少なくて、一緒に食事を楽しめる人。
    大らかで主さんの好みやこだわりを受け止めてくれる人。
    ワガママ・偏食の少ない人。

    健康志向というからには、食だけでなく心身共に健康を目指してることですよね。
    スポーツマンとか趣味がアスリート並とか。
    出会うためには主さんも健やかな趣味を持っては?

    ユーザーID:6979996257

  • これ

    細かいこと気にしない男性との結婚以外は成り立たないよ。

    ユーザーID:8193123718

  • ナチュラル思考

    ごまんといます。オーガニックカフェではイベントが良くあるので、そこでの出会いが多いです。

    私の場合は食べたい物を食べるけど、あまり間食はしない家庭でした。
    普通にSNSで「食」について発信していると、けっこう男女関係なく出会いがありますよ。

    ユーザーID:0624496505

  • アスリート系

    真っ先に思い浮かぶのはアスリート系の男性でしょうか。

    競技指向にしろボディメイクにしろ、一般的な人に比べて格段に食事に気を遣っていますよ。
    一緒にとても食事を楽しむような気分にはなれませんが。

    ユーザーID:3083625361

  • そうですね(笑)

    色々コメントいただきまして、どうもありがとうございます。

    前夫が、砂糖たっぷりの炭酸飲料や缶コーヒー、スナック菓子が大しょ好きで、いくら言っても聞かないタイプだったので、志向の合う人なら理想的なのに。。と思っていたのですが、それはそれで厄介なことにもなり得るんですね。(笑)あーあ。

    あまり気にしない人からしたら、スーパーで成分表示をいちいち確認してから購入する私を、ヘンなこだわりのある面倒な人と映るんでしょうし。。
    女友達なら、食に対して、すごく話が合うんですけどね。。

    「相手のこだわりに対して寛容な相手」、コレが一番理想な気がしてきました。笑

    ユーザーID:4182909199

  • 健康志向よりは好き嫌いがない男性がイイと思います

    健康志向と言うよりは好き嫌いがない男性がイイと思います。

    私の今のパートナーは、男性なのにサラダはモリモリ食べてくれるし、私が作った料理は、肉でも魚でも何でも美味しく食べてくれます。

    お味噌や醤油は減塩を使ったり、ヨーグルトを一緒に食べたり、そういうのも、全然気にしない人なので、食生活はほぼ私主導です。

    健康オタクな男性だと、逆に拘りがあって、トピ主と同じじゃないと合わなくないですか?

    それよりは好き嫌いがなく、料理は君に任せるみたいな男性の方が、意のままに操れてイイと思いますよ。

    ユーザーID:7712206518

  • ジム

    ジムに行ったら、いっぱい居ると思います。

    ユーザーID:7890525233

  • トピ主さんの年齢は?

    健康志向と一言で言っても考え方は違うよね。
    40代になれば、身体にガタが来る部分が出てきますからね。
    例えば高血圧とか肝臓数値が悪いとなれば食に気を付ける男性も増えるでしょう。

    しかし30代前半とかでは男性の健康志向というのは『運動』がメインではないかな?
    ジョギング(ランニング)やジム通いなどで体を動かすことで健康を維持したいもの。

    前者のようなタイプであれば、敬遠する食材や料理が違うことは大いにあり得る。
    つまり無頓着以上に制限がついて却って大変になりかねません。
    (全く同じ傾向なら良いでしょうが)

    それよりさ、自分が食に拘りがあるなら相手が満足できる腕を持っているかじゃない?
    拘りがあるほうが担当するのが良いわけですから、料理担当はトピ主さん。
    その料理が相手が満足するものであれば別に健康志向とか関係ないでしょう。

    トピ主さんの望む食生活がどんなものなのか…
    単に味付けの濃淡とか、食べられない(食べない)食材がいくつかあるというものか?
    それともローカーボのように主食の在り方から変わるものか?

    健康志向とか食生活とかなんてものは一括りにできるものではないよね。
    それこそ気を付けている程度なら別に自分の料理の腕前で何とかなる範疇。
    その場合は『食の嗜好』が近い人程度で十分なはずですが…

    ユーザーID:3147263528

  • オーガニックに関連すること

    食べ物、着るもの、雑貨など、オーガニックに関連した物事に関わっていくと出会えるかもしれません。

    ユーザーID:0843682393

  • 出会いました。

    ネットで婚活してるときに46歳のバツイチ
    の方が食に気を遣っている方でした。

    自宅に行く機会があり行ってみたら・・・
    全ての調味料が減塩。
    東京で娘さんが大学生をしており
    そのせいもあってか
    健康で長生きしたいと気を遣ってました。
    人間ドッグもちゃんと通い
    ジムで運動もしてました。

    食や生活にこだわりがあって
    大雑把な私には合いませんでしたが(苦笑)

    ユーザーID:3602844411

  • え〜〜〜!!面倒だよ?

    食事に無頓着くらいでちょうどいいじゃん!?
    自分の好きに献立考えてOKなんでしょ?

    中途半端な健康嗜好でこれはダメ、これを食べなきゃって言われる方が
    よっぽど嫌だわ。拘りが強そう。

    家にはスポーツ選手の息子がいるんですが、
    食事もトレーニングの一環なんで超面倒ですよ。

    今日は、疲れてるから惣菜買って食べよう。なんて出来ないよ?

    ユーザーID:8528064816

  • ここにいます

    うちの夫がそうです、子供が病気になったのをきっかけに、本を読みあさり
    まあ、健康志向のあたまでっかちな男になりました。調味料や、生活用品にうるさすぎ、疲れます。
    話はをれましたが、そういう男性なら、大病をして健康に目覚めたひと、薬剤師、
    スポーツマン(ジムで身体を鍛えてる人は食事も気をつけてる人が多い気がする)
    板前、コックとかが、、、思いつきました

    ユーザーID:4534194908

  • 横レスかもしれませんが

    同じく、アレルギー持ちや、若年性糖尿病・腎臓病などで、食事制限必須な男性なら、食生活にはとても気を遣っていると思います。

    健康な若い男性は食生活を気にしない人が多いと思います。ある程度、年取れば、病気や体調不良などで、食生活を気にするようになるでしょう。

    奥様の料理が美味しければ、何でも食べてくれる男性は多いと思います。(但し、自分では料理をしない・できない男性かもしれませんけど)

    肉が好きという男性も多いですので、菜食主義の料理でなく、適度に肉や魚も出せば、大丈夫かもしれません。

    また、趣味でも、ストイックに運動競技(マラソン・自転車・トライアスロンなど主に個人競技)を突き詰めて、大会で上位に入る人なら、食生活にも注意をしている可能性があります。

    ユーザーID:8964212998

  • 友人にいます。

    友人(数人)が完全なビーガンです。

    「デートで外食できない」のが悩みみたいです。

    バターも卵もミルクもアウトです。

    その辺にゴロゴロしてますよ。

    ユーザーID:9618259076

  • 病院とか?

    トピ主さんがアレルギーをきっかけに食生活を気にかけるようになったのと同じように、たいていの人は自分もしくは大切な人の健康に問題が出て初めて健康に気を使うようになります。

    なので、病院とかいいかもしれません。

    本人が病気でなくともご家族が病気で通ってる方もいらっしゃるだろうし、医療関係の職業の方は健康に関心があるからそういう職業についているのでしょうしね。

    ただ、個人的には、自分が気になることについては気にしない、好きなようにさせてくれる人の方がいいと思いますよ。

    食事に気を付けていても方向が反対だったり程度が違ったりすると、食事に気を付けないことにこだわる人と同じくらいやりにくいです。

    ユーザーID:1078856676

  • 少ないですね

    私は昔から凝り性で、食事や運動についても勉強して実践してきましたが、周りにはいません。比較的所得の高い会社で働いていますが、生活習慣病になっても改善できない人達ばかりです。なんででしょうね。

    ユーザーID:9041277208

  • 沢山いるけどトピ主さんとは多分合わない

    トピ主さんが想像している「私と同様に食事に気を配る人」っていうのは、トピ主さんと気の配り方が一致していることが前提ですよね。

    でも実際のところ、人々のモノの考え方感じ方は千差万別で、食事に気を配るといっても気の配り方は各人各様です。
    トピ主アレルギーをきっかけに、例えば食品の原材料表示をくまなくチェックしたり加工方法による添加剤の違いに気を配ったりしているのかも知れませんが、食事に気を付けているある男性は油の種類だったり各食材の原産国だったりと全く別の項目に気を付けているかも知れません。

    一緒に生活をする上では、あなたにとってどうでも良いことだけど彼にとって大事なことと、その逆のことを二人でそれぞれ気を付けなければ食材一つ買ってくることも出来なくなります。
    ともすると、あなたにとって理想的な食材が彼にとって忌避すべき食材であったりする可能性もあります。
    そのときに「私の拘りが優先!あなたのは却下!」みたいなことはお互いに許されませんので、第三、第四の選択肢を探し続けたり、夫婦で別の食材、別の料理を食べるとか台所も分けるとかする必要性も生じるかも知れません。
    それにあなたが耐えられるのかどうか。

    一般的には、「ここは私が徹底的にこだわりたい領域」みたいなものがある場合、パートナーはその部分に於いては大雑把である代わりに裁量権を譲ってくれる人が合うんですね。
    料理関係は私の領域、車関係は彼の領域…みたいに。
    同じ領域で各々が拘りを持っている場合、家庭内離婚やリアル離婚に至るケースが見まわしても結構多いように思います。

    ユーザーID:3632101457

  • ジムとか

    食事に気をつけている人間というのは、自分の身体を大事にする人間でもありますから、例えばジムに通って出会いを探してみたら?

    ユーザーID:0197000241

  • 男女問わず

    「食事に気を配る人同士」は、うまくいかない可能性が高いと思います。
    それぞれにマイルールがあり、お互い譲れないからです。
    それぞれ、いろいろと情報も集め、自分の体質や好み、生活習慣ともすり合わせて、もっとも自分にいいと考えるやりかたを「マイルール」として採用しています。
    そして、「食」「健康」どちらも命にかかわりますから、お互い譲歩するのはむずかしいのです。
    むしろあまりこだわりがなく、相手のこだわりに対して寛容な相手を探したほうがいいと思います。

    ユーザーID:1828722226

  • そんなの知らんがな

     意味が分かりません。

     あなたのこと(健康)を考えてくれる人が一番いいのではありませんか。

     健康志向といっても、人間いろいろなので、あまり期待しないほうがよいのでは?

    (注)決して健康志向の人に問題があると言っているわけではありません。結局はお互いの思いやりが、自然に、無理なくできる相手が良いという意味です。

    ユーザーID:5618900191

  • うちの夫かな?

    インスタント食品、スーパーの惣菜系、コンビニ弁当、ファストフード、食べません。
    白砂糖、人工甘味料、清涼飲料水、缶コーヒー等、取りません。
    基本食は、野菜、果物、ヨーグルト(当然無糖)、ナッツ。肉は鶏、豚のみで、脂っこい炒め物や揚げ物より、蒸したり湯通ししたものを好みます。炭水化物もあまり取りません。
    アスリートかよっ!て食生活ですが、一般人です。
    妻(私)を健康にするために健康本を読み漁った結果、自分が健康オタクになってしまいました。
    おかげで私もかなり健康体になりました。
    でも私と子供は、普通にインスタント食品やスナック菓子やジュースを飲んでいます。頻度は少ないですけどね。
    夫とは学生時代に知り合ったので、出会いの場のアドバイスは出来ませんが、そういう健康志向の男性なら、スポーツジムとか、ウォーキングやジョギングに適した朝夕の公園とかいそうですね。

    ユーザーID:5925493509

  • 面倒なだけ

    健康志向と言えば聞こえはいいけれど、あれはダメ、これもダメ、〇〇は健康にいいから毎日食べるなど、注文が多くて面倒になるだけではないのですか。

    トピ主さんと食への健康志向が一致すればいいですが、正反対な部分が出てきたらどのように調整するのでしょうか。

    お互いに自説を曲げなければ、二通りの料理が必要になってしまいますよ。

    食事に無頓着で出された料理を黙って食べている夫のほうがいいと思います。

    ユーザーID:8435360385

  • 貴女が感化してもよいのでは?

    あまり最初から「ものすごい健康オタク」みたいな人は、サプリに凝ったり「オーガニックでなきゃダメだ」とか「無添加でないとダメだ」「通常の店での外食なんてあり得ない」「ファストフードは死んでも食うな」「売ってる惣菜はアウト」とか厄介なのではと思うのですが。
    貴女もそのレベルならちょうどよいのかもしれないけど。

    多少無頓着な人でも貴女が適宜健康に目覚めさせ、感化して行けば、そっちの方がちょうど貴女と釣り合うレベルになりそうだと思うのですが。

    私の夫も結婚当時は健康にまったく無頓着で「仕事後、深夜に食べたいだけ食べまくる」「朝ごはんは抜き」「栄養バランスなんか考えたことも無い」状態でしたが、私が根気強く資料などを集めて提示しながら栄養バランスについて教えた結果、今ではちゃんと健康的な食事が意識できるようになりました。
    そこに至るまでとても苦労しましたけどその甲斐はありました。
    多分私と結婚しなかったら今頃体はガタガタ、「今元気で人に若々しいと言われるのも君のおかげ」と夫も申しております。

    しかしながらここまで変えるのはメンドクサイと言えばメンドクサイ。
    最初から健康志向の人と巡り合いたいなら、健康テーマの料理イベントや講演会など「健康志向の人が集まりそうな場所」に顔を出すのがよいと思いますよ。

    私としては「普通の人」とお付き合いが始まった後、少しずつ知識を与えてあげ、結果、実際にその人の体調がよくなってくれば本人の意識もさらに変わると思うし、そっちの方が最終的に互いのレベルが合って楽なような気がしますけど。

    ユーザーID:8027191958

  • そういう事をこまごまいう男って、

    一緒に居ると疲れるよ。

    いちいち薀蓄ばかりで食事が不味くなります。

    更に”これは〇〇が含まれているから××(病名)になりやすいんだよ”とか言い出しますから。
    オマケに情報が間違ってたり、古かったり。
    それをドヤ顔で話されるとイライラして食事ものどを通らなくなります。

    ですので、私はお勧めしませんね。

    だって、主様が料理を作ったら、それに対してネチネチグチグチ薀蓄と言う文句を言うのですからね。

    ユーザーID:1373251760

  • スポーツをやっている人

    ストイックなスポーツをしている人は、食事にうるさいです。
    そういう男性は、細かくてうんざりしますよ・・・。

    ユーザーID:1882290236

  • 参考になるかわかりませんが

    身近な人で二人(一人は旦那)食事に気を使っている人がいますが、二人に共通していることが、なんでもすごくよく噛んで食べるということと、整体の仕事をしていて健康に対してアンテナを張り巡らしているということです。
    それから、二人とも母親が調味料をしっかり選んで買うタイプ(みりんも酒も本物を使ったり、サラダ油は使わずにオリーブオイルを使う等)だということです。

    仕事柄、知識がある人はやっぱり自分も気をつけている人が多いですし、よく噛んでゆっくり食べる人は基本的に食生活も健康志向な人が多いような気がします。

    逆に早食いの人はそんなに気にしないでなんでも食べるタイプかな。

    一緒に食事をするタイミングで、よく観察してみるといいかもしれませんね。

    ユーザーID:0007617357

  • そういう条件をつけて婚活したらいいのでは?

    相談所に入って、その拘りを条件に書けばいいのです。

    あとは、健康志向の食生活のサークルみたいなのを探してみたら?

    そこで出会う人なら該当者でしょう。

    もっとも健康志向の食生活にもいろんな方向性があるかもですが。

    ユーザーID:5221805563

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧