妊娠・出産・育児

体外受精 胚盤胞にならない

レス8
お気に入り22

みか

子供

あと数ヶ月で38になる者です。結婚してしばらく授からずに昨年の12月から体外受精を始めました。
AMHは昨年12月に0.26、主人の重度乏精子症もあり顕微授精しています。
これまで、7回採卵しています。
     1回目 アンタゴニスト法 1個採卵受精なし
     2回目 クロミッド+HMG 2個採卵 2個初期胚移植→かすりもせず
3回目以降は貯卵を目指しています。
     3回目  同じ       2個採卵 1個初期凍結
     4回目  同じ       2個採卵 1個胚盤胞凍結
     5回目  同じ       2個採卵 胚盤胞ならず凍結0
    6回目 同じ       7個採卵成熟卵4 受精1 胚盤胞1
7回目  同じ      7個採卵成熟卵3 受精3 全滅
という成績です。なんとか胚盤胞を5個くらいためてから移植したいのですが、
今回もあえなく凍結0となり、なかなかうまくいきません。
年令の割に結果がかなり悪いです。

低AMHのためいつまで採卵できるかなとも思っています。金銭的にも辛いです。
ずっと同じ地方の有名クリニックに通っています。
このまま1年程かけてなんとか貯卵するか、速やかに移植して転院すべきか
悩んでいます。
アドバイスをよろしくお願いします。

ユーザーID:5351194477

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数8

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なぜ貯卵?

    私も体外受精で子供を授かりました。
    なぜ貯蓄されているのですか?もし流産したりした場合に、次の採卵がかなり先になる
    可能性があるから、とかそういう理由でしょうか。私は専門知識などはありませんが
    少しでも若い方が着床もしやすいのではないかと思いますし、貯卵するにしても
    5個できたということで、そろそろ移植なさってはと思います。採卵を7回もするとなると
    かなりの金銭的負担ですよね。すでに妊娠できる質の受精卵があるかもしれないのに
    なぜ、わざわざ負担の大きい採卵をずっと続けられたのか、私には不思議です。

    ユーザーID:7506027952

  • なぜ貯める?子供が5人欲しいの?病気?

    体外受精経験者です。二人の子を治療の末に出産しました。

    私が思ったのは、なぜ貯める必要があるのですか?
    子供が5人欲しいのですか?治療するくらいだから一人いれば、まずは御の字ではないですか。
    二人目はとりあえず一人産んでから考えましょうよ。二兎追うものは一兎も得ず、になりますよ。
    別の病気で治療が必要だからとか、そういう理由があるならともかく、
    そうでないなら、さっさと移植した方がいいと思います。
    受精卵の若さも重要ですが、不妊治療は妊娠がゴールではありません。
    母子ともに健康な出産を終えて初めて成功となります。移植時の母体の若さも重要ですよ。
    母体が高齢だと流産率も上がります。38歳なら普通に妊娠できる人でも流産率は高いです。

    ちなみに、38歳ならそのくらいの治療成績の人は多いと思います。
    わたしは30歳で一人目治療開始、その時はすぐに妊娠出産しました。
    二人目も治療すればすぐにできると思って34歳で治療開始しましたが、
    年齢の壁が高く、2年かかりました。30代中盤からガクッと妊娠りつは下がります。

    私なら、すぐに移植をします。頑張ってください。

    ユーザーID:0573942685

  • 本心を書きます

    お子さんが欲しいんですね。その気持ちはわかりますが、トピ主さんの将来を鑑みて本心を書きます。私は生物学者で顕微受精で妊娠、出産した時は43歳でした。

    AMH値だけが全てではないですが、トピ主さんの状況は非常に厳しいと思います。卵子の老化云々以前に問題があります。まずはその採卵数では受精卵の数がでません。また、胚盤胞培養で当然更に減ります。その後染色体異常のない胚盤胞を移植できるかどうかが、流産なく妊娠継続の肝ですが、年齢を考えてもその採卵数ではほぼ全滅でしょう。

    子供のいない世界もあります。お仕事や趣味、そして夫婦仲良くやっていかれることをお勧めします。また、養子という手もあります。そちらにシフトされることでトピ主さんの人生が、高い不妊治療にお金を費やし続けるよりも、楽しい方向に向かわれることを願っています。

    ちなみに、私は初期流産も死産も経験しています(その時は自然妊娠でしたが)。絶望感は少しだけわかります。結局42歳で2回採卵しましたが、採卵の時点で2回合わせて30個近く、受精卵の時点で20個程度、胚盤胞まで育ったものが8個、着床前診断で正常と診断されたものが最終的に2個。1個移植で流産もなく成功でした。採卵数から正常胚盤胞の出る確率を見ていただければわかりますように、非常に低い。仕事柄、多くの不妊治療の作業に関わる背景知識がありますので、論文で比較的最近でた不妊治療の技術の結果を読んでみましたが、妊娠成功する人は顕微受精6回以内に決まると言えると思います。

    トピ主さんの願うような不妊治療に希望を持たせるような回答はかけませんが、お心がいずれ安らかな方向に向かいますよう願っています。

    ユーザーID:7724699425

  • 3か月お休みするのもよし

    卵巣刺激やストレスが重なると、身体が付かれるように卵巣もつかれますよ。

    心と体をリフレッシュしてからリトライするのもいいのでは。

    それから、ご自身の体調の良い時期ってありませんか?たとえば毎年5月は体調よくないのよねーとか、お誕生日月は何月ですか?
    波の低いとき、高い時を意識してみてもいいかも。
    もちろん、その時期にあわせて漢方などで体調アップをわすれずにね。

    たまには楽しい夫婦生活もしてみてくださいね。

    ユーザーID:5785031657

  • 転院もありでは?

    39才から体外受精を始め、41才で出産した経験から
    言わせて頂きますと、病院によって使う薬も全く違い
    医師、培養土のテクニックも雲泥の差があるので
    何度か試してダメなら、転院した方が良いですよ。
    飛行機や新幹線で通っている人達もいるぐらい
    ですから、自分の身体に合ったアプローチをしてくれる
    病院を探すべきだと思います。

    私も胚盤胞まで育たず、なかなか移植できなかったので
    3ヶ所目の病院に転院し、やっと初期胚を移植し妊娠できました。
    胚盤胞まで待たずに移植しても、妊娠の可能性は多いにありますよ。
    心が折れそうになりますが、頑張ってください。

    2人目も希望していたら、卵のストックはした方が良いと思います。
    40過ぎると生理不順になり始め、採卵が厳しくなってきますから。

    可愛い赤ちゃんに巡り逢えますようお祈りしてます。

    ユーザーID:2195800158

  • トピ主です。ありがとうございます。

    みなさまお返事ありがとうございます。どのご意見も身に染みます。まとめてのお返事で申し訳ないです。治療は、2月から連続採卵していますが、いまから2周期は医院の夏休みと重なるので、お休み周期にしようと思います。凍結してある胚盤胞は、2個、初期胚は1個です。(低刺激なので個数は毎回2,3個しか取れないと言われています。)とりあえず移植2回で諦めるのはまだ早いかと思うので42才までは、こつこつがんばってみようと思います。金銭面についてはイタいのですが、主人も私も士業のため、何とか捻出出来ています。皆様ありがとうございました。

    ユーザーID:5351194477

  • レスします

    私も1年かけて低刺激で採卵、受精卵を貯蓄して、
    翌年、移植を続け、最後の1個で妊娠に至ったものです。
    うちは、夫の精子は沢山おりましたが、体外受精で全く卵子を感知しなかったのだそうで、顕微授精でした。

    年齢的に、どんなに刺激しても毎回0〜3個ほどしか採卵できず、
    空砲だったり、採卵できても受精しなかったこともありました。
    若いころ胚盤胞にまで毎回進まなかったため、
    貯蓄と決めた時からは、2分割で凍結していました。

    1年かけましたが、貯蓄できたのは5個だけ。
    翌年、2個、2個、1個、と
    程度の良いものから順番に移植しました。
    ところが、最後のフラグメント50%のダメダメ受精卵が、
    妊娠に至り、出産に至りました。
    現在1年生ですが、健康です。

    年々受精能力のある卵子は減るといいます。
    1年でも若いうちに採取しておいたほうが良い、
    卵を戻すお布団は、後からでも作れるのだと聞きました。

    ユーザーID:0705294328

  • 似ています

    高刺激で6回ほど採卵しました
    ・腫れてしまって翌月はお休みとなり無駄に人工授精
    ・空砲
    ・たまご0
    ・胚盤胞にならない
    など毎月こんな感じで、注射も痛いしお財布も痛いし、泣いて過ごしました

    通っていたクリニックでは、個人に合った可能性の高い方法から紹介してもらえて、ついにドクターから低刺激の提案があったので注射ではなく薬を飲んで採卵をしてその数日後の【同じ月に移植も出来る】という方法で挑戦し、1カ月目に2個採卵し、A++ちゃんを移植して失敗、2カ月目は0個の採卵となり前月のA+ちゃんを移植して出産まで漕ぎ付けました!

    主さんは、移植月の、採卵してない卵子ちゃんがもったいないんですよね
    わかります
    なので、私はクロミッド方法にすごく納得がいったし、うまくいってよかったです
    もし移植のときの受精してない体内の卵子ちゃんがもったいなければ、ドクターにクロミッドの相談をしてみてくださいね

    ユーザーID:7145053384

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧