父の死から10日。ただただ疲れた。気力がない。

レス26
お気に入り79

みずほ

ひと

長文です
私30代専業主婦(夫、4歳、もうすぐ2歳あり)で、一人っ子です。夫は6月から8月までほぼ不在です
先日6月下旬、父(70前半)が亡くなりました。癌が分かって4ヶ月で旅立ちました。実際体調を崩し入院してからは1ヶ月です。看病できたこと、ありがたいと思いました。車で往復1時間半、行ける時は週5くらいで見舞いに行き、葬儀後も実家に結構行って母を一人にさせまいとしています。
日常でも子育てや幼稚園のことがあり、深く悲しむ暇もなく、ただ対応に追われていたような気がします。時々襲ってくる悲しみが辛いです。子供の前では心配させるので泣かないでおこうと思いますが、時々泣いてしまいます。夜一人になった時は特に辛いです。亡くなった時、私も母も間に合わず、父は静かに眠るように亡くなったそうです。それが心残りであり、苦しまずに済んだのは救いでもあります。今は実感がある様なない様なのが正直なところで実は実家に行けばいるんではないかと思ってしまいます。
夫は不在なことが多いのでラインなどで悲しいことを夫に言うと、最初はめそめそしててもダメだ、前を向こうなどと言って話も聞いてくれてましたが、最近は私の気持ちは分からないから、自分は分かったことを言わない、と言われます。夫の両親は健在です。確かに夫にとっては義理なのでそれもわかるのです。でも葬儀中もその後も仕事のこともあり、事務的、義務的な感じでした。今も亡くなった後の事務処理は母や私に代わり、どんどんやってくれています。が、事務的なことをされると悲しくなります。死んだらそんなものなのかな、と。
悲しい思いだったはずが、子供にもイライラし(特に下の子の自己主張が始まって)そんな怒らなくていい所で怒ってしまったり、夫に分かってもらえないと夫に対して怒りに代わってきてしまってて怖いです。
続きます

ユーザーID:2420673801

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です。続きです

    それに本当に体がしんどくて、やる気がおきません。でも子供の世話もあるし、世間に対しては明るく頑張っています。なんだか自分が2面性というか、半分に割れてしまったかのような感覚です。頑張っている自分と頑張れない自分と。イライラする自分にも自己嫌悪です。
    母方の祖父母は私が生まれる前に亡くなり、父方の祖父母も遠方でかつ最後に別れたのが高校生の時で、それ以降お葬式にもでたことがなく、今回がほぼ初めて人の死に直面し、それが実の父だったのでそれもショックの一因です。
    こんなこと、父は望んでないと思います。けれどやっぱり悲しいし、会いたいです。あまり会話のない父娘でしたが、昔は父親っこで、一人っ子だったので愛情をたくさんもらっていました。亡くなってやっぱり父が大好きだったのだなと実感する毎日です。辛いです。ただただ疲れました。子育てもしんどいです。なかなか立ち直れず過去のことにできません。いつか悲しみが思い出に変わるのでしょうか。

    長々と申し訳ありません。こんなことを考えていると頭も疲れてきて、体も疲れていて、本当に疲れました

    ユーザーID:2420673801

  • やれるだけのことをされたのでは

    お疲れ様でした。
    そして、お父様、本当にお疲れ様でした。
    私は両親を同じ癌で、同じ位の年齢で亡くしました。
    妻の両親は健在です。
    父を亡くした後、結婚しましたが、母が亡くなった時、
    妻に悲しみをわかってほしかった、
    いやわからなくても寄り添ってほしかったのです。
    しかし妻には伝わりませんでした。
    身もふたもない言い方かもしれませんが、
    親を亡くした悲しみは、亡くした人間にしかわかりません。
    今はまだ実感が湧いてこないかもしれませんが、
    ゆっくり悲しむ時間が必要なのではないでしょうか。
    また、小さなお子さんには、お父様が関われなかった分、愛情を注いであげてください。
    お父様ならこんな時どう思うか、どうするか考えるだけで、
    お父様はあなたの中に生きています。

    ユーザーID:7031533173

  • 事務処理はトピ主さんがすべきことです

    続きを待てません。

    一人っ子のトピ主さん。
    ご主人は婿養子ですか?

    養子縁組しているのなら、事務処理をご主人が引き受けるのもわかります。
    でもそうでないのなら、実子であるトピ主さんがすべきです。

    専業主婦なら平日の昼間に銀行にも役所にも年金事務所にも行けるでしょう。
    お子さんたちを連れて足を運んで、窓口で説明を聞いて、書類に記入してハンコ押して出しましょう。
    電話で済むこと(携帯電話の解約、新聞・テレビ・固定電話・電気・水道・ガスなどの契約者変更)ならトピ主さんが自分で電話をかけましょう。

    面倒くさい用事をご主人に任せてるから悲しみにとらわれるんですよ。
    人にやってもらって文句ばかり言う人間になりかけてますよ。

    今からでも遅くないから事務手続きはご自分でなさいな。
    今回は第一回目であって、最後じゃないんですよ。
    お母さんの時はご主人が同じようにしてくれるかもしれませんが、ご主人の時はどうするの。

    家族が亡くなる時、何をしなきゃならないか、やってみて、覚えて、次の時に困らないようにノートに記録しなさい。
    悲しみに浸ってたって時間は経つし、事務手続きは待っててくれないんですから。

    ユーザーID:7720702394

  • それは夫が癒すものではない、時間が癒すもの。

    こんにちは。お辛いですね。
    主さんは、「深く悲しみたいのに忙しくて悲しめない」ことを悩まれていますか?
    10日ではまだ深く悲しむのは難しいと思います。
    死を現実のものとして受け入れるまでにも時間がかかるものです。

    あるいは、夫さんに毎日気遣ってもらいたいのに、夫さんが分かってくれないことを悩まれていますか?

    私も一人っ子。父子家庭。
    私は独身で30代半ばのころに、60の父を亡くしました。
    病気が分かって2ヶ月、入院して2週間でした。
    喪主は私、手続きも私。
    育児はないけれど看護師をしながら手続きも法事の準備も自分でやりました。

    私は元はメールに絵文字を使うのが好きでしたが
    親の死後は使う気にもならないし。友人がメールに絵文字を入れて送ってくるのをみても、
    何だか滑稽な印象を受けていました。
    ふたたび絵文字が使えるようになったのは、少なくとも一周忌は過ぎてからでした。
    本当に悲しめるようになったのも一周忌のころ。

    同じ季節がめぐってくるのが辛かったです。ありありと思い出すから。

    私は親の死後、忙しかったことに逆に助けられたと思っています。
    時間があったら悲しいことしか考えないと思いますが、
    忙しいとその時は悲しいことに集中できないので。

    主さんの悲しみは夫さんでも分からないと思います。
    夫さんに癒しを期待して、それが叶わないからと不満を持つのは得策とは思えません。

    いっぱい泣いたり、同じような経験をした人と語ったりすることが、
    悲しみを受け入れることの助けになるでしょう。
    時間はかかります。そういうものです。

    ユーザーID:1801346610

  • 気持ちはわかりますが

    冷静に事務的な事をどんどんやってくださる方というのは、本当に貴重な存在なんです。ありがとう、本当に助かってるって、何度も伝えてみてください。

    とはいえお気持ちわかります。でも、「経験がなくわからないから言えない」というのもある意味誠実な返答であるともとれます。まるっきり無視したり、「ストレスを俺に向けるな」「事務的なことは俺は義理の親族なんだからそっちでやれ」というだんなさんも多いのでは。

    ユーザーID:5863536255

  • 続き前ですが

    これは経験した人にしかわからない辛さです。
    いつの日か夫もその時が来て
    「みずほもこんな気持ちだったんだろうな」
    と思う日が来ると思います。

    事務的なことはやってくれるのですよね?
    これ、ある意味労りだと思うんです。
    「俺のやれることなら俺がやろう。みずほの負担を軽減できるなら」
    という気持ちだと思います。
    私も両親を見送りましたが、悲しみながら、事務的な作業もこなさなければならず
    孤独感がすごかったですね。
    もう何年も経つけれども、いまだに思い出すだけで涙がにじみます。
    悲しみを共有しれくれる人がいて欲しかったな…と思っていました。
    叶わない願いでしたけどね。

    きっとみずほさんも、将来夫のご両親に何かがあったとき
    同じ行動をすると思いますよ。
    一緒に悲しんであげたいけれど、実の親と義理の親では
    その悲しさに、絶対に差があります。
    それを、さも同じくらい悲しんでいるように装うことは
    余計に相手を傷つける行為だと私は思うんです。
    夫はそっとしてあげて、動ける自分が事務的なことはこなしてあげよう、と。
    これも大きな愛情だと思います。

    10日しか経っていないのですね。
    まだまだ心の整理がついてない時です。
    辛い辛い時期だと思います。
    お母様と肩寄せあってたくさん泣いてください。
    涙が乾いてきたころに、やっと少し生活のことが考えられるようになると思います。

    私ももう一日早く行けば、父と会話できたのに
    その日を逃してしまい、父は逝きました。
    幼少期に別れたきり、母親の手前、距離を縮めることができませんでした。
    でも最愛の父でした。
    意識があるうちに、ひとことお礼を言いたかったんですけどね。
    とても心残りです。
    でも大丈夫、心残りがあっても、毎日生きていけますよ、大丈夫ですよトピ主さん。

    ユーザーID:2674493569

  • 同じ気持ち

    私のことのように読ませて頂きました。
    どこのどなたか存じませんが
    親の死から私も2週間です。

    私はずっとついていたのですが
    少し離れたときに、息を引き取ってしまいました。

    死亡診断、葬儀の支度など
    いろいろとやらなくてはいけないことが
    沢山あって、涙を流している暇が
    ありません。

    ですが、夫の協力には感謝しています。

    実親と義親では、心の持ちようも
    少なからず違います。

    時には、淡々とこなしていく
    夫に、トピ主さんのような気持ちを抱くことも
    ありましたが、悲しんでばかりいては
    何も進みません。

    四十九日法要、新盆の支度もあります。

    親がそばにいて見守ってくれていますよ。

    疲れていますし、気力もありませんが
    ご飯だけはしっかり食べましょうね。

    ユーザーID:0581641232

  • それは仕方がない

    貴方から夫を見れば所詮そんなものですよ。

    夫の立場としてはそのように振る舞うしかありません。

    夫に当たっても仕方ありませんよ。

    それより、自分が父に親孝行してきたのか自問するしかないですね。

    ユーザーID:0890779825

  • 事務処理をご自身でされたらどうですか

    お気持ちはわかりますが、役所は平日の夕方までしかやってないし、仕事しながらだと午前休とかで手早くやる感じですよね。
    やってもらってて文句があるなら、主さんがやられたら良いと思いますよ。

    ユーザーID:5659549281

  • トピ主の状態は

    トピ主の状態は喪の仕事という、人が死んだ時の正常のプロセスです。

    子供に当たるようなら、カウンセリングを受けましょう。

    ユーザーID:4743084863

  • ご主人に求めすぎ

    忙しいのに事務的なことをしてくださるだけ
    とても優しいありがたいご主人だと思います。
    普通は全部母娘でしますよ。

    ユーザーID:2127867670

  • 経験してみないと分からない

    同じく親を亡くしたので悲しみで気力がわかないのはよく分かります。
    悲しみが癒えないのは良い親に恵まれ幸せだったのだと思います。
    実親を亡くした事のないご主人が悲しみを奥様と同じように共有出来ないのは仕方ないと思います。
    私は経験のない主人に理解を求めず、そっとしておいて欲しいです。
    悲しみを理解してもらえるとしたらお母様や同じ経験をした方だと思います。
    ご主人が同じ経験をした時に奥様は寄り添えるのではないでしょうか。
    お母様やお父様の親戚の方達とお父様の思い出話をしたり同じ経験をした方と思いを共有されてはと思います。
    悲しい時は我慢せず思い切り泣いて悲しんだ方が良いと思います。
    時間が薬と言いますがその通りで私は時間がかかりましたが当時の辛さから良き思い出になっています。

    ユーザーID:8869008227

  • お辛い時期ですね

    続き前ですが。
    このたびはご愁傷さまでした。お父様のご冥福をお祈りいたします。
    主さんもお母様も間に合わなかったとのこと、さぞかし心残りでしょう。
    そして、まだご両親が健在のご主人に気持ちを理解してもらえないことへの悲しみや苛立ち、ごもっともかと存じます。

    実は、私も両親を相次いで亡くしました。2人とも、私は看取ることができませんでした。
    私自身が一人っ子で、既婚・子ども2人という点も主さんと共通しています。
    そして、私の両親が亡くなった時点で、夫の両親はまだ健在でした。
    親の死後、やることは山のようにあり、そして日常生活も待ってくれない。
    ただただ忙しく慌ただしく、そして両親がまだいる夫には共感はしてもらえず。でも色々と手続き等を一緒に進めてくれる夫には感謝しかなく……。
    本当に、あの時の私は、まともな精神状態ではなかったと思います。
    が、様々な手続きが全て済み、両親がこの世を去ってから1年が過ぎ、夫の父も逝き……。
    いつしか両親不在が当たり前になって、気持ちが落ち着いている自分に気付きます。

    とにかく、自分が経験したことが無いことに共感できないのは当然のことなので、ご主人への怒りはつい感じてしまうでしょうが、なんとかおさめてくださいね。
    一人っ子だと、一緒にお父様のことを忍ぶごきょうだいがおらず、ついご主人にその代わりを求めてしまうかもしれませんが、本当に残念ながら、それは無理ですので……。
    でも、事務処理をやってくれるのは、ご主人が亡きお父様と、残されたお母様、主さんのことが大切だからなのですよ。
    そして、泣ける時には泣いていいんです。泣きましょう。

    お子様方もまだ小さく、しかもお2人目は、そろそろ魔の2歳児。何かと大変な時期ですが、きっと主さんの心の支えになってくれますよ。

    ユーザーID:2529518994

  • 皆そんなもんだよ

    祖父母の死から20年ぐらい経ち、初めて葬儀の当事者になるのは実親か義親の死だもの。

    私の父なんてもっと酷い。前の晩に電話して普通に会話したのに翌朝訪ねたら亡くなってた。

    救急車や警察が来て怒涛の様に時間が過ぎて頭の中はウニだよ。

    夫は典型的な次男タイプ。何事も人任せ。母親は感情的でパニックを起こされたら収集がつかないタイプ。

    私は長女。だから葬儀から遺産相続、果ては父親の遺した事業の店仕舞いまで一人でこなさなきゃならなかった。

    まだ事務的だろうが事後処理を責任もって行ってくれるご主人がいて羨ましいですよ。

    落ち着いている様に見えてまだパニック状態なんですよ。だから御自分が普通の精神状態ではない事だけ理解したほうが良い。

    でも雑事が有るからこそ嘆き悲しむ時間が無いだけだと思う。

    嘆き悲しんだってそこからは何も生まれないし、お父様も望んで無いと思うよ。

    完全に日常に戻るのは一年ぐらいしてからかなぁ〜。

    ユーザーID:4530858391

  • ゆっくりできるのなら、ゆっくりされれば、、、、

    夫が15年前、子2人と私を残して亡くなりました。
    倒れてから、2週間の急逝でした。

    事務処理、自分で全部しました。
    大変でした。

    年金、社会保険、銀行口座、郵便貯金、クレジットカード、各種保険、携帯電話、自動車、、、、、
    それぞれに揃える書類が、コピーだったり,コピー不可だったり、
    戸籍謄本だったり抄本でよかったり、必要書類やっと揃えたと思ったら、次にまた、同じ書類が必要になったり。
    後から気がついて、余分に取った住民票を使おうと思ったら、期限切れとか、、、、
    今とは違って、ネットで済ませられる部分もなかったですし。

    書き込む書類も、慣れない文言が並び、何度も読み直しても、疲れ果てた頭で理解するのに時間が掛かるのです。
    泣きながら、「コレとあれと、先にしておかなくてはいけないのが、どれだったっけ」
    サイン一つするのにも、該当する欄がどこなのか、しっかり確認しないと、という感じです。
    書類にサインしながら、書類の上に涙が落ちて、慌てた事もありました。

    6年ほど前に、母を見送り、3ヶ月後に父が亡くなりましたが、
    姉もいましたから、手分けして、手続きできました。

    ご主人、充分に気遣っていらっしゃると思いましたが、
    悲しみのドン底でも、書類事務しなければならないのが、生きていくには必要なのです。

    悲しいのは判りますが、だからといって、感謝するべき人に感謝できないのは、また、別のようにも思いました。

    ご主人が不在なら、週末とか、子供さん達と実家に泊まるとかは、されないのですか。
    お母様と一緒に過ごされた方が、お互いを支え合えるようにも思えたのですが。

    ユーザーID:0255816892

  • 時間

    母を8年前に亡くしました。

    夫両親は健在で(現在80代)、当時も今も、親を亡くす気持ちは夫には分かりません。

    同年代の人に「うちもおばあちゃんが亡くなって」と言われるとイラっとしたものです。
    「うちは母なのよ」と反論して、相手は気まずさで黙ってしまう。

    「おばあちゃんが、おじいちゃんが」と言う人のご両親は健在です。

    もちろん祖父母の死も悲しい。
    でも、親ってやはり違います。

    時間が経つのを待つしかありません。

    8年経ってようやく普通に暮らせています。

    今はたくさん泣いて下さい。

    ユーザーID:6581041255

  • みんな似たり寄ったりじゃないかな

    まだ一ヶ月も経ってないんですね。お悔やみ申し上げます。

    お子さんにイライラしてしまうときは、お父様に二人の子を会わせてあげられて良かったなとか、泊まりに行ったときは楽しそうだったなとか、そういうことを思いだしてみてはどうですか?

    >最初はめそめそしててもダメだ、前を向こうなどと言って話も聞いてくれてましたが、最近は私の気持ちは分からないから、自分は分かったことを言わない、と言われます。

    そりゃ「こうしたらいいんじゃないかな」と提案をしてもトピ主さんには響かないので、自分がなにを言っても無駄なんだな、余計なことを言って負担になったら申し訳ないと思ってしまったのでしょう。

    >今も亡くなった後の事務処理は母や私に代わり、どんどんやってくれています。が、事務的なことをされると悲しくなります。

    いい旦那様じゃないですか。旦那様がやってくれなかったら、その事務作業は全部トピ主さんがやらないといけないんですよ?身内を亡くしたばかりでも猶予なく追い立てられます。
    旦那様が肩代わりしてくれているから、トピ主さんは事務的なことに煩わされず自分の感情だけに浸っていられるのではないですか?
    むしろその作業は旦那様に任せないでトピ主さんがやった方がいいのかもしれません。
    必要に迫られて事務的な処理を淡々とこなしていくうちに身内の死を受け入れられるようになったという話は良く聞きます。

    小さい子を抱えた身で父親を亡くした妻の心身の疲労や負担を思いやって、事務作業を肩代わりしてくれているのに、感謝されるどころか不満を持たれるのでは、旦那様が可哀想です。
    トピ主さんが自分でやるようにして「役所の担当者が事務的で悲しい」と、旦那様に愚痴る方が夫婦は円満かもしれません。

    ユーザーID:6340269049

  • お父様の生きてきた時間を知る

    故人に係わる事務手続きを今からでもなさった如何でしょうか。

    相続に係わる原戸籍を取り寄せるなどの諸手続をし、一切合切の幕引きをする事は
    お父様の生きてきた時間を知ることにもなります。

    ご葬儀の段取りは、それこそ事務的に進めないといけませんよね。
    そこは実際どなたが取り仕切られたのですか。
    ご主人も含めた全員がメソメソ泣くばかりだったのでしょうか。

    いままでずっと、
    亡くなられたお父様がお一人でトピ主実家の一切合切を取り仕切っておられたのでしょうか。

    なんだか母娘お二人とも
    生きていく上での実務的な事をした事が無いのか?と、ふと思いました。

    あなたがやるべき事であろう事務手続きをやらず、
    夫に丸投げしたあげくにそれをしてくれたご夫君に八つ当たりとは
    いささか甘えが過ぎると感じました。

    ユーザーID:0462654284

  • トピ主です お返事です1

    トピ主 みずほです。7月2日空様までのレスを拝見しました。泣きながら読みました。
    10名の皆様本当にありがとうございます
    まとめての返信ご容赦ください。
    ここに投稿したのも、自分では実感が持てないし、ただ疲れきってどうしようもなく立ち直れる気がしてならなかったのでご意見をいただこうと思ってなのですが、暖かいご意見を目にし、私は共感して欲しかったのだとわかりました。
    夫にもそれを求めていたのでしょう、けれど経験もなく(男脳特有の)問題を解決しようという夫に難しい話ですよね。むしろ私の負担を軽減して率先してやろうという彼なりの優しさなのだと理解し感謝が持てました。
    どうしても悲しむ時間が持てず、ふと父を思い出しては、子供の前だからと我慢したり、入院当初から葬儀後も続いていた慌ただしさに心身が疲れ、自分の中で溢れてしまってイライラしている状態も本当に自己嫌悪でした。誰かに共感してもらって助けて欲しかったのかもしれません。
    実際、不幸にも経験した方の投稿を拝見し、語弊があるかもしれませんが大変救われました。しっかり冷たくなった身体にも触れ、葬儀も出し、見送ったのにも関わらず、一方でまだ病院にいるんじゃないかとか実家に帰ったら今は散歩でいないだけなんじゃないかとか、実感がわかず苦しかったんです。この悲しみがどこまで続くのかも分からず辛かった。でもまだまだ時間がかかること、1年経ってようやく受け入れられた経験話を知り、10日じゃそこらで消化できるものではないと、これは普通のことなのだと初めてわかりました。喪の仕事という言葉も初めて知りました。

    続きます

    ユーザーID:2420673801

  • トピ主です お返事です2

    私は一人娘なので、共感する兄弟がおりません。母しかいないのですが、母も私の前では泣くのを我慢しています。元から子(私)の前では涙を見せない夫婦でした。父の話はしますが、泣くのを我慢し、泣きそうになったら話が終了します。だから私も唯一共感しあえる母の前でも頑張って耐えてしまうのです。思い出話を分かちあうことはあっても、肩寄せ合って泣きあうことはありません。だから自分一人の時間に泣くしかなく、その時間をあまり持てないで過ごしてきたのでそれが辛かったです
    皆様の投稿を拝見し、自分が何が辛かったのか、疲れていた原因がよくわかりました。
    後悔もありますし、心残りもたくさんあります。まだ1歳の子にはじぃじの記憶はないでしょう。それも悲しかった。もっと成長を見て欲しかった。けど、ドンキー様がおっしゃるように、父の分の愛情までしっかり注いで子育てしようと思います。子供にイライラしている場合ではないですね。
    父から与えられた命、しっかり生きていこうと思います。でもまだまだ悲しいのでゆっくりと父を想います。
    貴重な経験話やご助言ありがとうございました。投稿してよかったです
    見ず知らずの私に、立ち止まり、心を寄せてくださってありがとうございました

    ユーザーID:2420673801

  • ご主人に感謝し、夏の終わりまでご実家に帰られては?

    遺族がやらなければならない手続きを
    ご主人がしてくださっていること。感謝していますか?

    事務的にやっていただいて結構です。
    だらだらやって期限切れになるくらいなら
    私情を挟まずに手続きしてもらえるなんて
    最高のお手伝いだと思います。
    感謝こそすれ、事務的、義務的にされて・・・なんて
    不満を口に出すのは絶対にだめですよ。

    お子さんがまだ未就学とのことですので
    ご主人がいらっしゃらない夏の間は
    ご実家にお子さんを連れて帰ってみてはどうでしょうか?

    お母様とも話ができます。そして育児の負担も軽減され
    また、お孫さんとかかわることで、お母様の心も
    少しはなぐさめられませんか?

    時間薬が必要だと思います。
    トピ主さんの心が悲しみから立ち治るために
    やってみてはどうでしょうか?

    ユーザーID:6333659670

  • 私の経験上で言うと

    お父様、ご愁傷さまです

    ただ親が居る以上は致し方ないと思います
    冷たい言い方かもしれませんが短期間の介護ですよね

    私は20年以上義両親、実親の介護や看取りを同時に複数しましたし
    同居介護で要介護4と5まで看たあとに施設入居になりました
    施設入居後は正社員復帰をし就業後に見舞いに行っていました
    子供の療育も現在までしています
    私自身も入院手術もし現在も加療中です

    数年間で5人の介護や看取りを1人でしました(夫が海外で単身赴任の為)
    そして故人全員の施主、施主の妻です
    単純な故人の為の事務処理や寺関係だけでは無く事業を廃業させたり権利譲渡したり
    遠方の不動産(海外にもあります)をかなりの数、売買もし現在も複数管理しています

    病死では無い親族も居ます
    民事ではありますがそれに伴い長年係争もしていますので弁護士も必要としました
    こういった複雑な事務処理や事後処理は私の方の親族なので全て私がしました
    夫の親族の方はもう目を瞑っても出来るという感じだったのでそれもしました
    夫がしたのは書類に私がマークした部分に署名捺印しただけです

    どんなに悲しくて悩んでも時差もあり夫と直に話す事も難しかったし自分の親族の事で煩わせたくなかった
    私の気持ちを全く同じ様に共有され夫が倒れても困るとも思いました

    悲しんでやる気がおきなくても許され、ご主人に愚痴も吐け
    ここに書き込めるだけの時間がある主さんの環境が羨ましいと言ったらいけませんかね

    ユーザーID:6688229678

  • その言葉にびっくり

    一番面倒なことを、時間のあるあなたがせず、仕事もあって忙しい人が代わりにやってくれてるのに、事務的で悲しいだの、はては怒りだの、読んでて申し訳ないけどキレそうです。

    期限があることも多いからやってくれているのですよ?
    事務処理苦手な人には手に余ることも多く鬱になるのはわかるけど、それを丸投げしておいて、やってくれている人に怒りというのは、いくらなんでも限度を超えているのではないでしょうか。

    自分の手を動かさなければ、その場で足踏みが続くだけですよ。

    ユーザーID:2221041565

  • 時間が解決してくれます

    お父様を亡くされて、まだまだお辛い時ですね。

    私は6歳と4歳の子がいますが、上の子が生まれた半年後に最愛の父を亡くしました。

    昔から父が大好きで尊敬していて、父みたいな人と結婚したい!と言っていた独身時代でした。離れて暮らしていてたため、会えるのは長期休みの年1,2回。帰省した20代後半の私に「これから死ぬまで(バスケ娘に)会えるのは数える程だなぁ」と、ボソっと言った父の言葉に、あと数えるくらいしか会えない事実に涙が出そうになりました。

    私の父はある日突然倒れ、そのまま目を覚ますことなく旅立ってしまったので、残された私たちはあまりの突然の別れに、本当に心がつぶされ、身体が引き裂かれるような気持ちでした。心がからっぽになるという体験を始めてしました。

    当時の私は初めての乳児を抱え、子育てに忙しく悲しむ暇がなかったです。が、私はそれが逆にありがたかった。父を思い出して悲しく涙があふれても、0歳児が泣けば現実に戻されます。もしどん底まで悲しむ時間がめいっぱいあったら、自分の心は壊れていたかもしれません。それを見越して、父はこのタイミングを選んだのかな、とも思ったりしました。

    お葬式や事務手続きなど、忙しいのは、遺族の心を守るためと聞いたことがあります。

    強い悲しみは怒りに変わりやすいですね。
    あなたの悲しみが、一番心許す旦那さまに怒りと言う形で向かっているのかもしれません。

    私が父を思い出しても涙を流さずに済むまで、3年くらいかかりました。
    あなたの悲しみが怒りではなく、未来にむかう日が絶対に来ます。
    今は急がずに、悲しみと付き合っていって下さい。

    ユーザーID:2976341916

  • トピ主です お返事です3

    7月8日バスケ娘様まで拝見いたしました。本当に皆様ありがとうございました。
    父が亡くなり2週間以上経ちましたが、心には穴が開いたままです。けれど、皆様もそうだったのだとこれも普通のことなのだと思えただけで気が楽になっています。また、子供にイライラしてしまうのはやっぱり良くないので心療内科にも相談しました。投薬はまだしていませんが、不安、不眠、鬱になるのは悲しい別れがあったのだから普通のことだと医師にも言われて、俯瞰できるようになりました。それ以来穏やかに子供とは過ごせています。夫にも相談し、1日何もせずずっと取り憑かれたように寝ましたら、まだ気力そのものは回復しませんが、ずっと心が安定したように思います。
    数年したら良き思い出に変わって、心も落ち着く日がくるとのこと。それって癒されていくことだとは思うのですが、なんだか風化していくようで、悲しい気も今はします。過去のことなんだけど、父を過去のことにしたくない、と言いますか。いつまでも悲しんでないでいつかは立ち直りたいとも思うのですが、悲しまなくなった時、父が忘れ去られてしまうというか…。私はやっぱりヌルいことを言っているのでしょうか…。
    人生にこんな悲しいことがあるのだと知りました。今までの悲しかったことがどうでも良くなり、実家に帰って遺影を見る度に涙が止まりません。本当に父は居ないのでしょうか。居ないのですよね。時間は戻ってこないですね…。突然お亡くなりになった方もいる中で、長きに渡って闘病され、精魂尽き果てる経験をされた方もいる中で、少しの時間でも介護できたこと、残された家族に覚悟を持つ時間が持てたことに感謝したいと思います。

    続きます

    ユーザーID:2420673801

  • トピ主です お返事です4

    ちなみに一部明記できておりませんでしたが、葬儀はほぼ私が段取りし、親族のやりとりをしましたし、母も年金や住宅のことはやっております。死後、何もしていない訳ではありません。

    母は独居になってしまうし、父の形跡がありすぎる家で一人過ごすのは心配でもあります。私には否応無く現実、日常がありますが、母は時間が相当ゆっくり流れているようで…元気もなく、やっぱり配偶者を亡くすのは親よりも辛いのがわかったとポツリ言っていました。私に何ができるか分かりませんが、私自身も、家族も、そして母も大事に過ごしたいと思います。

    書いていただいていたように、こんな深く悲しめるのは良き親だったからだ、と慰め、ただただ父に感謝したいと思います。
    支離滅裂で取り留めのない文になり申し訳ありません。この場を借りて、改めて、言葉をかけてくださった皆様にお礼を申し上げます。
    こちらのトピはブックマークして、悲しくなる度に見直しています。落ち着くまで皆様のお力をお借りしたいと思います。本当にありがとうございました

    ユーザーID:2420673801

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧