バレエのレッスンは厳しいもの?

レス46
お気に入り112
トピ主のみ9

hiro

ひと

40代になってからバレエを始めてもうすぐ5ヶ月です。
ストレッチとバーレッスンの入門から始めてその次の基礎クラスに参加しています。
既に3年〜8年くらいバレエを習っている方達の中に入るので、初めてのセンターレッスンからいきなりアンシェヌマンでついていけません。
先生は出来ない人には厳しく、出来る人は可愛がります。私ともう1人3年続けてる方はいつも怒られています。
先日も、
アッサンブレ→グリッサード→ピケアラベスクが出来なくて怒られましたが、ルルヴェじゃない!ピケ!!!と言われてもバーなしでアラベスクがまだ出来ません。アッサンブレとグリッサードもまだ1回習っただけで、動きはまぁ理解しましたが、グリッサードは跳ねないって
言ったよね!?言ってる意味わかる?…と怒られました。
バレエってこんな厳しいものですか?
始めて5ヶ月でピケアラベスク立てるものですかね?脚も90°上がりません(バーがあればもう少し上がりますが)体幹が弱すぎます。
甲出しもよく言われますが、筋力、技術的に色々難しいです。
バーレッスンは結構覚えました。グランバットマンも顔の高さまで足が上がるようになりました。ピルエットも1回転できるようになりました。
頑張ってますよ!!と逆ギレしそうです。
他のバレエ教室はどうですか?やはりスパルタ式ですか?経験者の方に様子を伺えればと思います。

ユーザーID:3479734211

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数46

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どうでしょうか。

    プロになるわけではないので、厳しすぎるのかなとは思いますが、
    それでは逆に趣味程度の主婦の生徒さん相手だからとダラダラ優しいレッスンだったらそれはそれで馬鹿にされているような感じを受けるのでは?
    よく解釈すれば適当に流さないで熱心な指導をしてくれる先生ともいえますよね。
    バレエのプロの先生ってものすごいレッスンをこなして今がある人が多いので
    必死に食らいついてこない人にはイライラするみたいです。

    性格的に合わないのであればお教室を変えればいいのではないでしょうか?
    趣味なんですよね?

    ユーザーID:8776278470

  • うーん、何を目的とした教室か?に因るかな。

    我が家の次男も小学1年から4年まで近くのバレエ教室に通わせました。脚の形がなんとなくX脚だったので矯正するためです。

    でもそこは『研究所』という所で、舞台を創るのと、スターダンサーを成育するのをメインでやっていたとは知らなかったんですね。そこはイギリスの有名な某バレエ団のスターダンサーを輩出した教室だった、ことも知りませんでした。男の子ということと、少しばかり顔が綺麗に生まれた次男は、事の他辛いレッスンを強いられて、特別扱いされてる、と女の子から虐めのターゲットにもなり、我慢の限界が来たのは4年になってから。
    よく話を聞いて辞めることにしましたが、先生からもの凄く矢継ぎ早に責められました。
    親が甘いとロクな人間にならない、うちの娘は辛いレッスンに耐えてこの春フランスに留学するのに!まで言われました。一体うちの次男をどうしたかったのか未だ判りません。
    次男は今生き生きと、一流商社で海外を飛び回っています。
    狭い世界の人間は狭い世界の尺度でしかものを視ません。舞台を創る研究所なら、舞台映えするダンサーを創るのを目的としてるので、出来ない人間には冷たく容赦は無いようです。

    ユーザーID:9313433497

  • えーと

    主様がバレーを習う目的は何ですか?
    コンクールに出て優勝したいとか、人様に見せてお金を頂きたい。
    というのなら、厳しくて当たり前だと思います。

    タラタラ楽しくやりたいだけなら、教室変わった方がいです。
    先生の問題だと思うので...

    ユーザーID:2235006907

  • アーティストに 『頑張り』を認めてほしい???・・・(苦笑)

    こう言ってはなんですが、

    【先生】って言ってますが、

    芸術の習い事は、「教え導くのが上手な人」が先生になっているわけではアリマセン。

    彼女(彼)たちは、先生というよりも「アーティスト」です。


    だから、彼女たちに『お世辞』を求めてはイケマセン。

    彼女たちはお世辞なんて言いませんよ。


    彼女たちの価値観は 

    【美しい】か【美しくない】か。

    それだけです。

    「芸術」なのですから。



    まぁ、世の中には生徒がヘタでも、

    「すごいですね〜、頑張りましたね〜」

    なーんてミエミエのおべんちゃらを言う先生もいるでしょうけど。


    でも、アーティストが認めるは、「頑張り」ではないのです。

    その瞬間の【美】 だけです。

    それだけです。


    トピ主のセンセイは、そのタイプです。

    アーティストタイプなんです。


    そのかわり、トピ主が美しくなってきたら、本気で褒めてくれると思いますよ。

    褒めてほしかったら、家で本気で練習していけばいいのでは?

    ほんの数か月ぐらいでは、美しくはならないけど、でも3年以上やれば なんとか形にはなると思います。


    それがイヤなら、ゆる〜い先生を探しましょう。


    私の話しで恐縮ですが、

    昔、小さい頃に習っていたバレエの先生もピアノの先生も、超超超コワかったですよ。

    幼稚園であろうと、大人であろうとお構いなし。

    全く同じ扱いです。

    アーティストだから、厳しい言葉が平気で飛んできましたね(笑)

    でもそのかわり、その先生が褒めてくれるときこそ、本当に美しく踊れた(弾けた)ときなんだろうな、と子供心にも理解してました。

    自信がつきますからね、そういうコワイ先生の褒め言葉は。




    トピ主さんは、小さい頃に習い事とかしてなかったのかな?

    厳しい先生に習ったことが無いのでしょうか?

    ユーザーID:4627774411

  • トピ主さんに厳しくしても仕方ないでしょ

    数十年前、主役級の子供さんには大きな声では言えませんが叩いたりきつい言葉も日常茶飯事でしたが、今は体罰禁止だし緩いもんですよ。あと「叩かれて当たり前」と思う世代が教える側も習う側も引退しましたよね。
    っていうか40代で始めた方にきつくあたってどうするんでしょう。
    ストレッチを楽しむ感覚ではと思いますが、スポクラのバレエクラスに入る方がいいかも。
    がんばっても舞台に立つわけではないでしょうし(お高い参加費徴収のために立たせる教室もありますが、見る方の身になれよ〜って感じです)
    ちなみにスポクラのバレエはたま〜に行きますが、初心者生徒さんの(もちろん中高年以上)気合がすごすぎて怖いです。でも先生はトピ主さんの所と違って教え方が上手で明るく楽しく真のプロです。
    えこひいきもありません。
    その教室をやめたくないなら、「運動不足解消のため」など、「バレエは二の次」的な雰囲気を醸し出すとか。高齢の先生であれば、世間も知らずワガママな方も一定数生き残ってます。

    ユーザーID:8226383889

  • バレエ といってもピンキリ。

    バレエ教師歴30年です。
    トピ主さん バレエ用語もしっかり覚えていらっしゃるし、自分のレベルをキッチリと説明できていて、先生のご指導がしっかりしているんだなという印象を受けました。
    古株さん達にはある程度限界が 先生には見えている状態の中、新人さんは未だ可能性があってガミガミ言っているんだと思いますよ。
    一回習った位で 直ぐ出来るんなら プロになれます。注意されるうちが華です。
    趣味なんだから、 出来る出来ないより、自分がどれだけ成長したかを楽しみにやればいいのではないでしょうか?
    ガンバレ。

    ユーザーID:7751934378

  • まだ入門クラスがいいのでは?

    アラフィフです。
    バレエを習い始めて八年目です。
    まだまだできないことだらけですね。

    五か月で基礎クラスはまだ早かったのでは?
    そこは大人から始めた人のクラスがあるんですよね?
    そして入門、基礎があり、初級などもあるのでしょうか?

    だとすれば、大人クラスとしては充実している方だと思います。
    五か月だと覚えているパも少ないし、
    わかっていても身体が動かないパは膨大です。
    八年目でも順番わかるけど動けなーい、ですよ。

    ピルエットで一回転できても、ルルベは低く、インパッセに近いでしょう。
    また大人で顔まであがるグランバットマンは軸足の膝が曲がっているでしょう。
    決めつけて申し訳ないですが、私も通った道……いえ、まだ通りかかっている状態です。

    アッサンブレもグリッサードも大人には難しいパです。
    先生が厳しいのは、トピ主が基礎レベルに達していないからでしょう。
    一度でできるパでもないですから、叱られて凹むようでは
    何をしても「お上手です」と言ってくれる教室に変わってはどうですか?

    ユーザーID:5358181931

  • 厳しくないと上達しないよ

    40代で始めて5ヶ月でピルエットが出来るようになったのは、先生の厳しい指導の賜物です。
    以前、私が半年程通っていた教室は、5年以上やっている人ですらバレエシューズ、ピルエットも出来ません。
    レッスン中はお喋りばかりだし、先生が何か言えば、ボスの関西弁のおばさんが横槍を入れてました。
    そんなんだから、上達?何それ?って感じでしたよ。

    初心者が数年やっている人と同じようには出来ません。出来ないから、努力するんです。努力するから、上達するんです。
    逆ギレする暇があるなら、体幹でも鍛えればいいのでは?
    嫌なら、新しく開講するクラスに変わりましょう。

    ユーザーID:5065138158

  • 教室によるんじゃ…

    すごいですね、主さん。
    バレエを始めて、まだ5か月なのに。しかも、40代から。
    (今まで、ダンス系はされていたのかな?)

    私は、子どものとき10年ぐらいやっていましたが、その時の教室の先生もものすごくスパルタでした。

    ただ! その先生は、できない生徒には優しいというかそんなに怒らないでスルーなんです。
    できる生徒にビシバシ厳しかったんです。
    というのも、先生から見て、この子、あと少しでググっと伸びるなとか、難しい振りの感覚をもう少しでつかめそうだなと感じると、ずっと怒られっぱなしになるし、やり直しさせられました。

    できない生徒、まだまだそのレベルに達しない生徒は、怒っても意味がないので、段階に合わせて、注意したりアドバイスしたりしてくれていましたね。

    だから、厳しく怒られるようになったとき、内心嬉しかったのを覚えています。
    そして、実際、グランパデュシャ(大きい跳躍)を練習している時、ある時、フワァっと空中で止まっているぐらいの跳躍ができたとき、自分でめちゃめちゃビックリしたし、感激したんです。

    バレエに限らず、練習を嫌になるほど積み重ねる中で、ある日ポンッとできたりすることってありますよね。

    主さんが通われているバレエ教室の先生は、まだまだの生徒にも早く上手になってもらいたい一心で厳しくしているのかもしれませんね。

    教え方や、生徒の上達に関する考え方・アプローチは先生によって違うと思うので、相性がどうかの問題ですかね〜。
    厳しくされると自信がどんどんなくなって委縮してしまうなら、良くないですが、とりあえず、この振りをマスターしよう!きれいに踊れるように努力しよう!と自分に集中するといいかもしれません。

    私もバレエやダンス系を再開したいなと思っているので、主さんのトピに刺激を受けました!
    ありがとうございます!

    ユーザーID:6908352553

  • 他の教室も内緒で見学してみては

    大人バレエはゆるーい教室も厳しい教室も色々有りますよ。通える範囲の他の教室も内緒で見学してみては?(現在の先生に嫌がられるので)

    ユーザーID:5477247237

  • 頑張ってますね

    誰だって初めは初心者ですよね。

    下記は私が出会ったいろんな先生です。

    ・細かく、まるで講義を受けているかのように説明して教える先生、←長すぎて集中力が途中で切れる
    ・できる生徒とできない生徒のアンシェヌマンを分ける先生、←できる生徒に迷惑が掛かり申し訳ない
    ・全員同じ動きをさせ、習うより慣れろの先生、←できない生徒など見ていないが、上達は本人の頑張りによる
    ・丁寧に教えて下さるが、できないとため息、ヒステリー起こす先生、←先生の期待に添わないと…と苦しかった

    すべての習い事は”慣れ”ではないでしょうか。
    先生やお上手な生徒さん方を見て、真似て、慣れて(覚えて)行けるといいですね

    ユーザーID:3744953731

  • お疲れ様です

    娘がバレエをやってます

    子供向けの本気のお教室だったら、たまにそういうヒステリックな先生はおられます
    ご自分の好き嫌いで、生徒への対応が違う先生もおられました
    対して上手でもないのに、先生と馬が合うとその子は特別扱いされる、とかね
    今は娘も本当に良い先生(ご自分にも厳しく、生徒には平等)に巡り会えたのでホッとしてます

    でも、以前のヒステリックな先生でも大人向けのレッスン教室開いたときは、穏やかでしたよ
    だって、この歳でプロのバレリーナになりたい訳じゃないし、なれるとも思いませんからね
    だから、優しいんだなぁって思ってました

    主様の先生、ちょっと変わってますよね
    まあ、子供なら5ヶ月でアラベスクが出来ないってどうなの?と思いますが、大人ですしね
    速いアンシェヌマンは大変だと思います
    かと言って、アンシェヌマンをしない事にはバレエを習ってる意味がないでしょうから、初回は出来なくても、次回までに家でキッチリ練習される位のスタンスは必要でしょうね
    大人バレエといえども、主様の為だけに毎回同じアンシェヌマンする訳にいかないですしね

    っていうか、気になったのですが、甲だしのことを言われるって書かれてますが、まさか習って5ヶ月でポワントはかされてるんですか?
    主様、子供の頃からバレエをされていた方ですか?
    もし違うなら、5ヶ月でポワントはかせる先生のところはおやめになったほうがいい気がします
    上手く説明できませんが、ポワントで立つための基礎も何も無いところにポワントはいて、立てるわけが無いと思います
    変なところに力が入ったり、お尻が出たり、お腹が出たりしてバランス取るようになっちゃうから、綺麗に立てなくなると思います

    今は大人のお教室もたくさんありますから、他のところも見に行かれてみては?

    ユーザーID:3464219678

  • 追記です

    先ほど書き忘れました

    グランバットマンが顔の高さまで上がるようになったなんて、主様すごく頑張っておられますよ!
    同じ40代として、応援してます!
    頑張って下さいね

    ユーザーID:3464219678

  • 40の手習いで

    私も始めて10年が過ぎました。
    気になるのは、アンディオールとか身体を引き上げるとか指導されているのかということです。
    5ヶ月くらいなら、基礎が大切なはずです。センターより、バーがちゃんと出来ているかの方が重要なはず。
    私の教室もスパルタ(笑)ですよ。
    バーでアラセゴンのタンジュだけで延々と30分。内腿締めて、腿を外側に回して、ふくらはぎも回して、お腹薄くして、床押して
    って、これだけで汗びっしょりです。

    基本をちゃんと教えてくれるなら、そんなものかと思います。

    ユーザーID:6637082831

  • 故障しないか心配です

    40代からバレエを始められて
    先生の無理な指導を受け腰や膝、足首などを痛めないか心配です。

    どこか痛めても「あなたのやり方が悪いのよ」などと一蹴されては
    たまりませんし、痛めたら完治しないかもしれません。

    子どもの頃から始めてもハードなトレーニングは
    関節に負担がかかります。

    他の教室を探された方が宜しいのではないのでしょうか。

    あくまで楽しく習えて、体に無理のない方がいいと思います。

    ユーザーID:1220071132

  • 大人の習い事は

    無理に続けなくてもいいんじゃないでしょうか?
    楽しみに行ってるのに、怒られたんじゃやる気なくしますよね。
    やさしくて怒らないけど、丁寧に指導してくれる先生もいると思いますよ!

    ユーザーID:0141650285

  • 振りは、単独で覚えるものじゃない

    初心者にありがちなことですが、何百という振りを単独でブチブチとつなぎ合わせても踊れません。振りは、いくつもチェーンのように絡めて一連の動きとして踊るのです。

    たぶんトピ主さんは、アッサンブレをしたら安心してドシンと着地して、それから「次はグリッサード」というふうに仕切り直してませんか?そうではないのです。アッサンブレからグリッサードに行くとき、アッサンブレの着地はすでに次のグリッサードの準備をしていなくてはいけません。グリッサードの着地はもうピケの準備です。ピケアラベスクができないのは、体の準備ができていないからです。グリッサードはジャンプではなく、次の振りの助走(つなぎ)のようなものです。跳ねずに、着地の時はしっかりプリエをしましょう。特にアラベスクの軸足となる反対側の足のプリエが大事で、その足を蹴り上げて軸足に体重移動させます。ピケは軸足に体重が乗らないとできません。

    ピケに限らず、初心者は大体プリエが足りないので色々できないことが多いです。プリエは振りの前のエネルギーを貯めるようなものです。踏ん張りが大事です。ピルエットもプリエをしっかりすれば2回転できるかもしれませんよ。

    トピ主さんの先生は説明不足かもしれません。生徒に伝わってなくて自分でカリカリしてるみたいですね。まあ怒らせず頑張ってください。

    ユーザーID:5758501903

  • その先生はちょっと・・・

    大人のバレエ教室で、そんな言い方をする先生はどうかと思います。
    生徒は「お客様」ですからね。大人だと尚更。

    厳しいかどうかより、その先生が上手かどうかが一番重要。ただの趣味でも、結局は一流に教わることが近道。一流は無理でも、なるべく上手な先生がいいですよ。

    バレエは先生の動きを見て学ぶものですから、「下手だけど教え方が上手」とかは詭弁です。
    先生の形が、そのままダイレクトに伝授されます。動きが美しいと思う先生に習いましょう。

    また、厳しいのと言い方がキツイのは全く別物。優しい言い方でも、手を抜かない指導をするのが厳しさです。例えば、膝が曲がっていても動きさえできていればいいと考える先生は、いい加減で教える意欲が低いです。大人に注意するのって正直、面倒ですが、お金を貰っているという意識が高い先生なら、手を抜きたい自分を律し、細かく注意します。真に厳しい先生とは、自分に厳しい先生のことです。

    芸事は、才能が全て。
    5ヶ月でピケアラベスクが出来るかどうかは、一概には言えません。

    ユーザーID:6598520138

  • 稽古場(先生)によるとしか…

    私はいろんな教室の体験やオープンを受けていますが。本当に色々だとしか言えません…。
    ・基礎クラスなのでみっちり基礎をするクラス。先生も出てる人の顔を見て、知らないパや出来ないパには丁寧に指導。出来る人は物足りなくても基礎徹底派。
    ・出来ていなくても「キレイですよー」「すぐポワントはけますね」「上手ですー」と出来ていなくてもキレイと言う先生。
    ・中高生も受けている。大人は自由に踊ってて。大人クラスを言いながらメインは子供の大人クラス。大人への指導はほぼなし。
    ・熱血派。ピルエットはダブル!ガリガリまでやせるのが当たり前!泣くまで指導!ただしわからないところは怒りながらもきっちり教えてくれる。

    すぐ思い出すだけでこんなところです。

    スパルタでもきちんと教えてくれないと上達しませんよ。
    頭が柔軟な子供じゃないんだから先生の踊りを見て覚えろは無理です。
    大人の生徒さんには、理論や足運びなどは丁寧に教えてくれる先生がおすすめです。子供は感覚で出来ますが、大人は頭で理解しないと動けません。きちんと説明すると「なるほど!」と納得して動けたりします。
    大人クラスを見てきてそれは実感してます。
    一度他の教室の体験に行かれてみては?

    グリッサードは跳ねない。わかっているけど、足を運ぶと飛んでしますよね。横にすべるなんて難しいですよね。
    5ヶ月でピルエット回れるならじゅうぶんだと思いますよ。

    ユーザーID:1616842736

  • 教室変えたら?

    大人からバレエの方に厳しいって、変な先生だなと思いますね。
    大人からバレエの生徒は、プロ目指したり、コンクール上位目指したりはしないでしょう。
    趣味や身体作りが目的じゃないのかな?
    その先生は、自分の気持ちで動いてる印象です。

    娘が通ってるバレエ教室では、コンクール目指すクラスの時は、すごく怖い先生が、幼児クラスではすごく優しいです。
    年齢あがるにつれて厳しくなっていくので、「優しかった先生が、、」となる子もいますが、娘含むほとんどの子が先生の真剣度を感じて、大人扱いされる嬉しさになっていくようです。
    大人バレエについては、生徒というより顧客です。
    発表会などの扱いが、子供バレエから上がっていった子は門下生、大人バレエはお客様。
    もちろん、発表会費等は平等だと思うけれど、
    子供の保護者役員が、大人クラスの楽屋や衣装の整理や、雑務をします。
    発表会練習の居残りも、追加練習も、幼児クラスと大人クラスはないです。
    そのクラスは楽しいのが一番だと先生がおっしゃっていました。

    ユーザーID:1495065215

  • その先生のやり方はそれ

    40代で始めてまだ半年も経ってないならトピ主さんはかなり優秀でよく努力されていると思う。
    グランバットマンが顔の高さまで上がるとか、ピルエットが出来るようになったとかすごいよ。

    いくら頑張ってもおっしゃるように体幹、筋力などすぐには改善されないし現段階で先生が満足するレベルでパフォーマンスすることは不可能。

    先生は「絶対評価」で考えているのでしょうね。
    「貴女は始めてまだ〇か月だからこの程度に出来れば上出来」と考えてくれるのではなく、「バレエ歴何か月だろうが、何年だろうが出来てるものは出来てるし、出来てないものは出来てない、出来てなければ喝!」というところでは?

    そんなところばかりじゃないけど、そこの先生はそういうやり方なのだと思います。

    考えようによれば貴女にももっと上手になってもらいたいと本気で思っているからこその対応とも言える。
    「はいはい、お上手ですね。無理しなくていいですよ。」で流されるよりも。

    「本気で相手してくれてるのだな、出来さえすれば可愛がってもらえるんだしそうなるように頑張ろう。まあまだ半年も経ってないのだから、何年も先のことになりそうだし、それまでずっとこんな調子なら辛いけど。」と思えるなら耐えればよし。

    大人の教室だと「どうせ大人になってからはロクに出来るようになるわけないし、雰囲気だけ楽しんでくれたらいいですよ。5番なんて無理だから3番でいいです。」みたいなところもあるようだが、そういうところは物足りないかも?

    なかなか自分の希望に合うところを見つけるのは難しいかもしれませんね。

    他のところもいくつか「体験受講」してみれば?
    ただ体験の時は親切丁寧でも、入ってみたら「前の先生と同じじゃん!」ということもあるかもしれないが。

    トピ主さんはかなり優秀だしもう少し頑張ってみればと思います。
    先輩達に習い始めの頃のことを聞いてみれば?

    ユーザーID:3473765454

  • 先生の力量不足。

    なんで、趣味の大人にそんなに厳しくするのでしょうね?
    心に余裕が無い先生なのでしょうか?

    変わってますね。
    大人のバレエ教室もたくさんあるので、他に替えたらどうですか?

    実力派の先生ほど、趣味の生徒に優しいですよ。
    バレエを楽しんでもらいたいという気持ちもあるでしょうし、一流のダンサーは賢いです。
    趣味の大人と子どものレッスンは、ちゃんと使い分けられられますよ。

    ユーザーID:4431244627

  • トピ主です

    レスありがとうございます!
    皆さんのご意見を聞いて2つ思ったことがあります。

    1つは、今の先生は私に上達の期待を持って厳しくしているのかなということ。

    もう1つは、バレエは趣味として仕事や育児の合間に優雅なひとときを過ごしたくて始めたのであって、40過ぎてまさかバレエダンサーを目指しているわけでもないので根性論はあまり必要ない、ということです。怪我しそうですし。

    小さいバレエ教室でアットホームな雰囲気だったので今のバレエ教室にしましたが、先生によってスタンスは違うようです。

    こちらのバレエ教室では、入門クラスはストレッチ中心でバーレッスンではセンターレッスンのパは何も習わないんです。入門クラスに2年いる方もアッサンブレ、グリッサード、パドブレなどは習ったことがないようで。
    私も殆ど習ってないので、動画サイトを見て自己練です。

    私はヨガを長年習っていたからか、40代にしては股関節の柔軟性は悪くないと思います。脚が上がるのはそのためだと思います。しかし体幹は弱いです。

    先日某大手バレエ学校系の成人クラスにビジター参加したら、先生やクラスはとても穏やかで、両手バーでしっかりレッスンしてからクラスのレベルに合ったアンシェヌマンをしました。先生はベテランで入門クラスに慣れている感じでした。グランドピアノがあり、初中級以上になるとピアノ生演奏というのにも惹かれました。

    結論から申し上げると、基礎からゆっくりじっくり、半年くらいかけて次のクラスに上がるような流れの学校のほうが私には合ってると思います。
    小さいお教室を選んだら、クラスが少なく生徒さんのレベルでレッスン内容が決まるのも仕方ないのかな、と思いました。

    熱血&ヒステリーな先生についていこうと思える主婦やOLもおそらく少数派なので、自分が愉しく習えるところにしようかな、と思いました!

    ユーザーID:3479734211

  • 私は厳しめが好き

    私も大人になってから始めたクチです。

    けっこう色々なクラスや教室に通いましたよ。

    厳しめなのはバレエ団の下部組織の教室。基礎がみっちり身に付きます。

    本当に超厳しかったあのバレエ団の先生に教えてもらったから

    どこの教室に行っても、すんなり混じることが出来るようになったので感謝しているんですよ。

    先生の注意は怒ってるのではないんですよ。熱心なの。初心者のトピ主さんに上達してもらいたい思いからだと受け取ってほしいな。

    上手な人はほっといても踊れるんだからそんな注意しなくてもいいんだし。可愛がるとはちょっと違うと思いますよ。

    いつまでも下手でほっとかれるのもイヤでしょ?

    ユーザーID:0825002363

  • 嫌だなあ

    そんな教室、嫌だなあ。私は大人のバレエ教室に2年ぐらい行ってますが、そんなことないですよ。
    初心者しかいないし、主婦の楽しみで行ってるだけで、今からバレエダンサーになるわけでもないでしょ。
    ただ、私の先生もおっしゃってましたが、いろんな先生がいるそうです。教室の雰囲気もいろいろですから、他のところに移られてはいかがですか?

    ユーザーID:1510224330

  • 勉強をしに行っているのなら、当然です

    トピ主さん、宴会芸用のなんちゃってバレエを楽しんで、「がんばってるね〜」と拍手をもらいたいのならば、巷にあふれている、そういう空間へ行かれてはどうですか?

    「バレエ」を「習う」のは、各人の骨格とって一番美しく、一番無駄がなく、一番負担が無い動きを体現するために先人たちがコード化してきた技術を身に着けるためです。理想的な体の使い方との誤差をなくすべく、指導してくれるのが理想的な教師です。

    小学校1年生で初めて漢字を習いますよね?
    とめ、はね、はらい、うるさく指導されませんか?
    「一生懸命書いているのですから、そんなに厳しいこと言わないで下い」と言いますか?
    この、初めの一歩で要所要所をきちんと気をつけて書く癖をつければ、後は無意識に気をつけるようになるから、うるさく言うのですよね?

    「グリッサードは跳ねない」って当然です。仏語のglisserは「滑る」という意味ですから。跳ねたら滑れません。滑るには足を地に着けている必要があります。今、初めの一歩で跳ねる癖をつけて、いつになったら直せるのですか?
    指導者は「出来る or 出来ない」よりも「言われた注意を意識しているか or いないか」を見ています。意識していないから「意味わかる?」と言われるのです。

    「グリッサードは跳ねない」と言われて跳ねるのは「大という字の右上に点を付けると犬」といわれて「太」という字を書くようなものです。「右上って意味わかる?」と言われて当然とは思いませんか?

    「ピケとルルべ」だって「犬と太」くらいの違いがあります。
    美しいアラベスクは30度だって美しいのです。ピケで1秒間、美しい30度アラベスクを目指しましょう。

    「グランバットマンも顔の高さまで足が上がる」本当ですか?
    空手のケリではなく?

    キチンとデュミ-タンデュを通っていますか? 体幹が弱すぎなのに、上体もブレませんか?

    ユーザーID:7673061193

  • バレエに限らず…

    大人バレエの先生って、ゆるい先生が多いのかと思ってましたが、ここのトピ見てたら厳しい先生も意外といるんですね。ちょっとびっくりです。
    あくまで趣味なのに、変に厳しくしたら辞めちゃわないのかな?トピ主さんは頑張って続けてて偉いですね。

    >先生は出来ない人には厳しく、出来る人は可愛がります。
    ↑これはバレエに限らずどんな習い事でもそういう先生はいるみたいですね。

    トピ主さん頑張ってますが、これからプロになる訳でもないんですから、先生の態度に納得出来ないなら、よそに移られて良いのでは?
    怒られてばかりでは楽しくないでしょう。

    ユーザーID:8433885128

  • トピ主です

    トピ主です。
    バレエ、何が正しいのかよく分からなくなってきました。

    ピケアラベスク、動画サイトで他のお教室のレッスンを見たら、ドゥミポワントでアラベスクしてました。この間怒られたのはドゥミポワントのアラベスクです。

    うちの先生は足の親指の第一関節から先しか床に着けることは認めないので、バーレッスンも全てポワントです。

    ロン・ドゥ・ジャンブ・アン・レールは90°です。これは私はさすがに初心者なので「60°でも許可します」と言われましたが、他の3年以上バレエ経験のある方は90°しか認めません。

    アン・オーはなるべく高く、「初心者(先生から見るとバレエ経験3年も初心者)はまるをつくろうとしなくて良い、とにかく高く見せろ」です。

    他所のバレエ教室の先生に言うと、否定まではしませんが、「えっ、そのように習ったのですか!?」と少し驚かれました。

    ただ、そのスパルタ式?笑 のおかげか、「入門、基礎クラスは結構です、基礎初級クラスに入ってください」と言われました。(まだビジターですが)基礎初級が終わると次はポワント入門クラスです。よく分かりませんが、一般的には結構速いペースで進んでいるようです。

    ピケターンはパッセの姿勢で静止出来ない私はまだやらせてもらえずやり方がわからないのですが、基礎初級クラスでは皆さん普通にできてます。上手な方は数人だけでしたが…

    甘過ぎなのか?それが普通なのか?よくわからなくなりました。

    皆さんおっしゃってますように、確かに他のお教室は出来なくても甘いです。大人のバレエだから出来なくても仕方ないといった感じです。
    どう習うのが正しいのか、よく分からなくなってきてしまいました。

    ユーザーID:3479734211

  • 大人の指導が下手な印象

    身体が出来上がってしまっている大人に、いくら厳しく指導しても子どものようにはなりません。
    稀に身体能力の高い人もいて、そういう方は言われたようにできたりしますが、多くの大人の初心者は
    身体を簡単に変える事が出来ません。
    また目標も教室の発表会に出る事が最高レベルだと思うのでひとつひとつのパを
    きちんと覚えてもらうのが指導者の役目でしょう。
    何よりあくまでも趣味なので楽しくが基本。
    私は何か所かで習いましたが、どの先生も個人の出来る範囲での厳しさでした。
    特にわかりやすかったのは、音楽学校で指導者としての勉強をした若い先生でした。

    名選手名コーチにあらず、とよく言いますがダンサーとしては一流でなくても
    大人の身体を理解し、出来ない時の対応がうまい先生が良い先生だと思っています。

    ユーザーID:2593750925

  • 迷いますねー

    ピケは”つき刺す”という意味があって、床をつき刺すようにして立つ”動作”の事で、
    ピケしたアラベスクは静止画では形はルルベやドュミポアントのアラベスクとほとんど分からないと思います。

    アンオーは、形は違うけど、思いっきり腕を上げれば確かに体幹が引きあがるし、グランバトマンも振り上げてるんでしょうね。
    パッセでとまれないピルエットも形は違うけど、バランスを養うにはいいのかも。
    そういうレッスンも必要だと思いますよ。本当に上手くなりたいなら。
    ただニュアンスやエスプリを教えるだけでなく、上手くしたい気持ちはあるのでしょうね。

    ただ、40代、上達に限界はありますよ。
    プロでも踊れなくなってくる年代ですから。

    上達する事を楽しみたいなら今のまま。ニュアンスを楽しみたいなら他の教室へ。
    あと、バレエ用語の本を図書館とかで借りてみるといいかと思います。
    自学習すれば、怖い先生の言ってる意味が分かると思う。

    ユーザーID:4431244627

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧