母猫の習性について教えて下さい

レス6
(トピ主2
お気に入り11

生活・身近な話題

プチ

先日、夕方家に帰ってくると、ピーピーと猫の鳴き声が絶え間なく聞こえており、野良猫がいるのを知っていたので、多分、その一匹がどこかで助けを求めているのだと思い、捜したところ、浅い側溝の中に一匹小さな仔猫がいました。側溝の上には金網があり、もしかしたら猫の巣だったのかもしれません。しかし猫の習性を知らなかった私は、仔猫が逸れているのだと思い込み、その仔猫を側溝から出して、親猫のいそうな場所においてみたのですが、人間のにおいを付けてしまったせいか、猫は寄って来ませんでした。

あまりに小さく、98g程の目も開いていないへその緒の付いた猫でした。私は猫アレルギーで猫を飼ったことが無かったのですが、小さい仔猫が必死に啼いているので助けたいと思い、連れ帰ってしまいました。最初に獣医師さんのところに持ち込み、問題ないか診てもらい、猫用ミルクを購入し、三日三晩つきっきりでミルクを与え、温かいお湯の入ったペットボトルにフリースを巻き、3時間ごとに変え、ふかふかのベッドを作りました。もちろんティッシュを湿らせて、排泄もさせていました。

1、2日は順調にミルクを飲み、体重も増えたのですが、3日目の夜から様子が急変し、風邪を引いたような症状が出て、連れて来た4日目の夜に死んでしまいました。少し弱ってきたときには直ぐに獣医師さんへも連れて行き、合計4回も自動物病院に連れていったのですが、最後はミルクや砂糖水も飲む力がなくなり、死んでしまいました。今は悲しくて、思い出すだけで涙が出ます。とても悔しいです。

しかし、もしかしたら母猫が暫く留守にしていただけなのに、私が勝手に母親が戻ってこないから啼いているのだと思い込み、連れて来てしまった為に私が猫の命を奪ってしまったのではないかと自己嫌悪に陥っています。猫に詳しい方、母猫は、生後間もない仔猫をよく見える場所に一匹置いて留守にすることがあるのでしょうか?

ユーザーID:9860814158

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • やさしいですね

    野良猫の母親はそんな目だったところに子猫を置きっぱなしにしてうろつくことは無いと思います。もっと解かりづらいところに隠すのが普通だと思います。保護したから死んだなんて思わないでください。こんな小さい子猫に授乳し排泄の世話をすることは大変なことです。主様はやさしく短い間ですが溢れる愛情を注いだと思います。決して悩まないでくださいね。

    ユーザーID:2152211728

  • さあ・・・

    昔ちょっと目にした事のある文章ですが、「子猫が先天的な病気等を持っていた場合、母猫が(育たないであろう子猫を)置き去りにしてしまう事がある」というものでした。
    人間がよかれと思って連れ帰っても、そもそも親に見捨てられた子猫だった場合助からない事もあるという事です。

    ユーザーID:7898547231

  • 悲しい経験をなさいましたね

    トピ主さんは十分に世話をなさったと思います。
    おそらくその子は生きる力が弱く、4日間が寿命だったのでしょう。

    一時的に親猫が留守にすることはあります。
    自分の食事や生理現象、引っ越しもあります。
    猫は一度に複数の子を産むことが多いので、引っ越しの際には一匹ずつ口にくわえて何度も往復します。

    しかし側溝の中が果たして猫の住処として妥当かどうか。
    普通は猫は静かで暗くて温かくて狭い場所で子育てをします。
    側溝では下が固そうですし、すぐそばを人や車が通って落ち着かないでしょう。
    ほとんど人が通らない道で、落ち葉が積もっていてふわふわのベッドになっていればあり得るかもしれませんが。

    思うに、その子猫は人間が捨てたか、さもなくば親猫がこの子は育たないと判断して見捨てたのではないでしょうか。
    猫は子煩悩な生物ですが、複数の子猫の中で弱い個体だけを見捨てて放置することがあります。

    人が手を触れた子を親猫がどうするかですが、大抵は育てますが、親猫に過剰なストレスがかかった場合、子猫を食べてしまいます。
    人間のにおいはあまり関係ありません。

    ユーザーID:3527984822

  • コメントありがとうございます

    結果救えなかった事はやはり心が痛みますが、元々放っておいても助からなかった可能性が高いのですね。
    実を言うと私も主人も猫アレルギーで犬派、猫の事はさっぱり分からない2人でした。しかし 今回必死に生きようとしていた一匹の小さな命を見つけ、どうしても生き延びて欲しく引き取り世話をしました。育て方を勉強し出来る限りの事は全てしたかなとは思います。元々犬派の私達が必死になり、最後はたくさん泣きました。小さな小さな仔猫に色々な事を教わりました。小さくても命の重みは同じ、野良猫だろうと野生の動物だろうとみんな必死に生きているのですから、強い側にいる私達が守ってあげられる命は守ってあげたいと思います

    ユーザーID:9860814158

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • ありがとう

    少しの間でも、子猫を助けてくれてありがとうございます。見ないふりする人達がいるなか、
    優しい人に出会って子猫も、嬉かったと思う。

    ユーザーID:0019029595

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 側溝

    見つけた側溝は車庫の前、1日に4、5人と車何台かがその上を通過します。
    側溝の場所は直射日光が当たっていました。時間帯によっては日影になっていたと思います。側溝には少し枯葉もありましたがふかふかと言うほどではなく、ゴミも少し混じっていました。近くで野良猫に餌をあげている男性を見つけたので聞いてみると、側溝の近くに猫が好んで巣としている場所があったそうです。

    野良猫に餌をあげるのは可哀想な野良猫を増やす事にも繋がるので複雑な気持ちです。しかし、かたや猫が嫌いな人が猫狩用の犬を放したり駆除しようとしている人がいるようで猫が傷付いているのも見たことがあります。見つけた時にとても苦しくなりました。なのでそのような事もあり、今後も猫達を守りたいと思っています。

    ユーザーID:9860814158

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧