• ホーム
  • 男女
  • 農家へのお婿さん探しはやっぱり難しい?

農家へのお婿さん探しはやっぱり難しい?

レス75
(トピ主0
お気に入り299

恋愛・結婚・離婚

m.t

私は35歳女で農家(牛飼い)をしています。先月、色々な事があり結婚一年半で離婚する事になりました。気持ち改め新しいパートナーをと思っていますが婿さんと言う条件がどうしても苦しく難しい現実に落ち込んでいます。新しいパートナーが見つからないとなると廃業するしか無いと父に言われさらに落ち込んでしまってる状況です。
私も何か行動しなければと婚活サイトに登録して見たりしてはみたものの本当に婿さんになってもいい、一緒に農家やってくれる人はいるのか正直不安でいっぱいです。
大げさかもしれないけど年齢的にも子供も欲しいけどこのまま抱く事ないまま終わってしまうのではないかと思ってしまいます。
アドバイスとご意見よろしくお願いいたします。

ユーザーID:2367519249

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数75

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 昔、誘われた事あります。

    大学の実習で、田舎の農家の手伝いをした事があり、最終日に「家の娘の婿にならないか?」と言われました。農家の仕事は嫌いではありませんでしたが、希望する職業が他にありましたので、丁重にお断りしました。収入的にも不確定要素が多すぎる事もありました。トピ主さんが若ければ、大学の畜産学部で、実家が農家でない方とのマッチングもありえますが、それも現実的に難しいと思います。やはり都会のサラリーマン生活に疑問を抱き、農家をしてみたいと望む方を探しだすか、お見合いしか方法は無いかと思います。

    ユーザーID:1649616136

  • 可能性はあるけど

    可能性はある。

    ですが、婿になって、同居して、子供を作って、死ぬまで農業をやってほしい

    って自分達の都合のいい条件ばっかりですね。まるでパソコンを通販で選んでるみたい。
    少し優先順位は付けられないのですか?
    家業の存続と、子供の優先度を上げて他を下げるでよいのでは。

    例えば、在宅で自分の仕事が出来る技術者やデザイナー、子育て家事は協力的、たまには農業もしてくれる人。労働力は、別に住み込みの人を雇う(例えば外国の方)。まで希望を落とせば実現可能だと思いますよ。
    恐らくこんなプランはお父様は許さないでしょうね。

    ユーザーID:3229560121

  • 結婚したいの?労働力を確保したいの?

    ソコを分けて考えたら?
    「農家の嫁」みたいに「家事・農作業はする+無給」なら虫が良すぎます。
    子供も育てられません。
    教育って未来の選択肢を提示できませんから。

    子供は産んで抱いて終わりじゃありません。
    家業を好きになるか、他の大志を抱くか親が押し付けることはできません。

    「廃業するしかない」はお父さまの脅し?
    トピ主さまも帳簿とか確認しましたか?
    農協とかの経営指導は?

    労働力が不足ならお給料を支払って雇えますか?
    それなら結婚にも望みがあります。
    給与の支払先が赤の他人でも、未来の夫でも構いません。
    労働力は確保できますね。

    労働力の確保が厳しいなら機械力の出番。
    どちらにしても経営的な体力は不可欠。

    廃業したら、その後はどうするか?
    廃業しないためにはどうすべきか?

    酪農家は大変。
    営農技術だけじゃなく経営の知識も必要ですから。
    海外からの影響も大きいし。

    生乳を一括で農協に卸すか?
    独自色をつけて販路を開拓し農協と決別するか?
    勉強してますか?
    次期経営者としての経営判断・戦略は?

    ユーザーID:3600682704

  • かなり難しい

    農家へお嫁さんのきてすらないのに、お婿さんはまず難しいでしょうね。条件も悪すぎるしバツイチの再婚で婿取りなんて…どこの世界に喜んで息子を差し出す親がいると思いますか?しかも同居…無理…絶対無理。さらにあなたの年齢が35歳の年増(失礼な言い方ですけど)本来婿取りとは20歳前後の若い時代に若さを武器に男性を探すものなんですよ。それが婿取りの宿命・・・。それすらせずに35歳ですか??そして先月離婚したばかりだという。条件悪すぎるよ本当に。

    これがお嫁さんさがしでも条件が悪くてなかなか嫁のきてが無い時代なのに・・婿さんなんてまず無理、嫁に出る覚悟でいないと結婚自体難しいと思うよ。

    ユーザーID:6994205064

  • 髪結いの亭主 これくらいの覚悟がないと…。

    既に散々厳しい事を回りに言われていると思うのに、更にここで追い討ちをかけるようで申し訳ないのですが…。

    トピ主様独りでも、経営していく覚悟がないと無理。
    パートナーの労働力を頼らなければ、可能性はあると思います。
    つまり、貴女を好きで大切に思って結婚してくれるだけで幸い、それ以上望まない事です。

    トピ主様もご両親も結婚相手の(無償の労働力)を期待してらっしゃる。労働力は従業員でも事足りるんです。

    自分達のしてきた事を忠実に継続してくれる従順な男性を求めていたりすると長続きしません。
    自分達のレベルまで仕事が出来るようになんて期待しちゃいけない。
    あれこれ期待しないこと。

    結婚してくれただけで感謝出来る、穏やかな相手をさがしたら良いですよ。
    かと言って、安易に誰でもいいからなんて選んだらダメですよ。

    どうしてもガッツリ働く男性が良いなら、近くで同業の独身男性を探して、両家の資産合わせて農業生産法人などにし規模拡大を狙うのはどうですか?

    以外と遠くより近場、嫁不足も深刻でしょうから。
    その方が地域にも馴染みやすいし、価値観も似ていて、同業なら仕事も早い、言うことなしですよ。

    それと自分達の価値観が絶対だと思ってはいけません。
    自分達の常識が相手には非常識だったりするものです。
    (郷に入っては郷に従え)なんて今の農家では禁句。
    ここら辺は、ご両親にしっかり理解して貰わないと。

    まぁ婚活は期限を決めて頑張ってみて、ダメなら離農か規模縮小。
    自分自身の幸せを第一に考えてください。
    良いご縁がありますように…。

    ユーザーID:4793033763

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 頑張るしかない

    偏見承知で書かせていただくと、お見合いや結婚相談所で、
    「農家、三十五歳のバツイチ女性」に婿入りしようという人は、何かしらの問題を抱えた人だと思います。

    あ、恋愛結婚なら別ですよ。それは本当に別。

    どうしても後継ぎが必要なら、どんな相手であっても離婚すべきではなかった。
    浮気されようが、借金を作られようが、暴力を振るわれようが。
    これが二十代ならともかく、三十代なんだし。

    だけど、離婚してしまったからには仕方ない。
    もう、頑張る以外にないでしょう。
    良い面を積極的にアピールしてください。

    ユーザーID:7982121496

  • その方面の学校・OB関係で探せばいかが?

    「牛飼い」とは、なかなか面白い表現ですが、酪農(乳牛関係)ではなく、肉牛の飼育・出荷関係でしょうか。

    今は、サラリーマン志望が多いので、探すのはなかなか大変だとは思います。

    でも、若い人には、農業関係に憧れている人も多いようです。ニュースなどでは、農業学校や農学部に進学できても、農地や飼育場に縁がない人もいるようです。

    35歳だと、新卒の人は若すぎるので、そういった各学校のOB会に問い合わせて、「パートナー募集」の求人広告を出してみてはいかがでしょうか。

    ただ「婿さん」として、姓を変えて、養子縁組までするとなれば、なかなか募集に応じる人はいないかもしれません。

    普通に結婚して、夫の姓を名乗り、生産設備?一式はトピ主さんが将来相続することとし、ご両親・ご主人と一緒に牛を育てていってはいけないのでしょうか?。(同居か近居は必要ですが)

    あと、離婚した原因が、婿さんと親との人間関係や、どうしようもない赤字とか、婿さんの新しい経営方針を親が理解しないとかであれば、再婚しても繰り返す可能性はありますけど。

    ユーザーID:2517880697

  • 大手の相談所ですかね〜。

    サイトよりは確実でしょう。
    サイトだと、とりあえず遊べる女が欲しいという手合いもいるでしょう。

    農家というのは現状、人気がありません。
    嫁取りだって苦労しているでしょう。奥さんは畑仕事はしなくていいから、他へ勤めに行ってもいいし、なんて調子で探している。

    あなたのケースは、パートナーに牧畜をやらせる前提ですね?
    こりゃ難しい。定職定収入の要求どころじゃなく、職業も居住地も生活形態を規制されるんだから。
    もともと牧場経営に興味のある人がいたって、就職じゃなく、あなたとの結婚を通してとなると、要件が二重になる分、難しい。
    運よくそういう人と出会って、お互いに相手を気に入ればいいが。

    仕事も家もお金もなくて、どこかに居場所を見つけたい、あるいは借金でがんじがらめで人生をリセットしたい、そういう男性ならピッタリですが、果たしてお互いに気に入るかどうか?

    いずれにせよ、婿さんは何もしなくていいからねというほうが見つかるだろうとは思います。
    あるいは、比較的高齢の独身男性で、いまから家族が欲しい人、これはいいかもしれません。

    いずれにしても、譲れない条件を明記して、会員の多い大手の相談所に登録するのがいいと思います。
    単純に年齢、収入、外見、性格の折り合いというんじゃなく、酪農前提という特殊事情との相性の問題だから、対象になる男性がいわばニッチなのです。

    その上で最終的には、あなた自身の魅力や互いの相性であることはいうまでもありません。

    ご健闘を。

    ユーザーID:3304602753

  • お婿さん探し自体難しいよ

    農家さんであろうが、難しいと思いますよ。
    よって、お婿さん頼みってのはどうでしょうね。

    知り合いは旦那さんが公務員で、奥さんが農家さんで、
    婿養子に入ったらしいけど、旦那さんは公務員のままで、
    奥さんが後を継いでいます。
    (旦那さんは、お手伝い程度。定年後継ぐらしい)

    退職後に農家を継ぐという条件であれば、まだ可能性もあるけど、
    今の仕事を辞めて継ぐとなると、難しいんじゃないの?
    相手も農家出身者であれば不可能ではないけど、お婿さんじゃなくて
    仕事を継いでくれる人(条件付き)であれば、まだ可能かもしれない。

    ユーザーID:8039926767

  • 満願成就は難しい

    私も農家の跡取り娘です。でした…というべきでしょうか、既に50代です。村を見渡して、いろいろ思うことあります。

    主さんの望んでおられる事は条件てんこ盛りで難しいと思います。
    「婿(養子?)に来てくれる」「農業を継いでくれる」「パートナーになってくれる」「子どもを産ませてくれる」

    おそらくこれ以外にも「親とうまくやっていける」とか、「身元がある程度確か」など見えない条件も多くあるとお察しします。

    そして一度、結婚が破綻している。その理由は何でしょうか。性格の不一致、親との関係、勿論なかなか書ききれないですが、離婚理由はこの場合重要です。

    あなたの優先順位は何ですか。パーフェクトはあり得ないと思います。子どもが欲しいなら、そちらを優先で探すのも一つの道です。

    私は親と農業を捨てました。そしてパートナーと子どもを手に入れました。後悔はありません。でもそれは人それぞれなので、私の選択がベストだとは言いません。

    でもすべてあなたの求める条件に当てはまる人は、なかなかいないと思いますよ。

    私は家族を連れて、今自分の実家に帰って来て住んでいます。農業は継げなかったけれど、親の介護などして暮らしています。
    今50代で、既に子供を産めない年になりました。子どもたちを産んで育てた経験ができたことは本当によかったと思っています。

    農業を継げない娘とその夫、孫を、親も今は受け入れてくれています。

    ユーザーID:2070030510

  • 結婚とビジネスパートナーを分ける

    農業を会社組織で運営することにして、お婿さんでなくビジネスパートナーを探したらいかがでしょう

    ユーザーID:7570989178

  • 継ぐ人のいない職業はたくさんある

    トピさんは農家以前に婿養子、年齢、バツ1、たぶん親と同居と悪条件てんこ盛りです。
    農家に婿養子になるというのは現在の職業、キャリアを捨てることですよね。

    それだけトピ主さんに魅力があり、資産があるのでしょうか?
    トピ主さんの望むような人がいるとは思えません。

    残念なことですが後継者に悩んであきらめて廃業なんてよくあることではないでしょうか?
    どうしても子供を抱きたければ農家、婿養子をあきらめれば可能性はあると思います。

    ユーザーID:9016656966

  • まずは相談

    婚活サイトで農家への養子を見つけるのは、ちょっと難しい気がします。
    出会いの場によっては、新規就農(酪農)を希望する若い人が見つかるのではと思います。

    まずお住いの市町村に、結婚相談の部署はありませんか?
    近頃役場などでお見合いパーティを企画したりしています。
    多くは地元の農業青年が、県外などの女性とのカップリングを支援するものですが、相談することで、県外の就農希望の青年も参加できるようになるのでは?

    ユーザーID:3133429851

  • 探せば居ると思いますが…

    「家業あり」自体は、農家をやりたい(やってみたい)男性からすれば、
    メリットにもなりうると思うのですが、婿入りは抵抗のあるご家庭も多そうですよね。
    ご本人が良くても、男性のご両親が反対、とか。

    例えば、都会の会社員男性の中には
    満員電車や急かされるばかりの仕事に嫌気がさしてる人もいると思うので
    そういう層も、狙ってみてはどうでしょうか。

    ただ、どうやって出会う(付き合う)か?
    初心者に酪農が務まるのか?その男性をトピ主さんが好きになれるか?
    という問題はあると思いますが。

    対象の地域を、地元だけでなく、できるだけ広くして
    「一緒に酪農してくれる男性、婿入りはしなくてOK、年齢40代も可」
    くらいにすれば間口が広がるのではないでしょうか。

    ユーザーID:1279463147

  • 家業

    あなたは家業を背負わなければダメなのですか?
    廃業も視野に入れて、自分の幸せを見つめ直してみたら?

    ユーザーID:7597392256

  • きっと見つかるはず

    先月離婚したばかりでもう次のパートナー獲得のプレッシャーだなんて本当に大変ですね。

    一般の婚活サイトで一般の人がいきなり「牛飼い」になることを要求されたらなかなか決心出来ない、決心出来る人に巡り合うことは至難の技かもと思うけど、でも逆に「牛飼いになりたい」と本気で願っている男性も必ず一定数いると思います。

    牛飼いに憧れても普通はそう簡単にはなれません。
    初期投資には莫大なお金が掛かるだろうし、技術も習得しなければならない。

    しかし牛飼いの家に婿に入ればこれらの問題は一挙解決というわけで。
    「願ったり叶ったり、そんな結婚相手がいるなら是非」という男性も絶対にいると思う。

    問題はそういう人とどこでどう巡り合うかですよね。

    地元の酪農組合みたいなところに相談してみる、全国どこでもいい、酪農希望者研修みたいなのをやっているところがあれば婿養子希望者はいないか問い合わせてみる。酪農科のある学校に、卒業生のための仲人会みたいなのが無いか問い合わせてみる。

    とにかくあらゆる手を使って酪農希望男性とコンタクトが取れるような伝手を探し出し、酪農青年だか中年だかゲットのために頑張りましょう。

    一般の婚活では仮に意気投合する相手と巡り合ったところでその人に「牛飼い婿養子」を決心させることは限りなくハードルが高い、不可能に近いと思うので。

    それにしても離婚原因はなんだったのでしょう?もし仕事がハード過ぎるとか、貴女の親が婿に厳し過ぎるなどが原因なら、仮にうまくパートナーが見つかっても同じ問題が起きるかもしれません。

    ユーザーID:6724179944

  • 私なら独身のまま単身女性一人のキャパへ業務規模縮小

    なぜ新しいパートナーが必要ですか?

    牛飼い、婿取り、結婚、出産育児、親孝行、、あなた自身の価値観の優先順位はどうですか?

    長年携わってきた牛飼いが最優先であれば、結婚は無理せず、単身中高年女性一人分のキャパシティーにまで業務を縮小することはいかがでしょうか?
    例えば酪農なら肥育へ転向する、肥育なら頭数を減らす、飼料や飼育方法を変える、など。

    出産育児が最優先であれば、年齢的に急がねばなりませんし、廃業やむなしかもしれません。
    もちろん、産科的に男女とも健康であることが大前提です。

    新しいパートナーとは?求める条件は?
    一緒に牛飼いができる共同経営者?
    心の支えになる人生の伴走者?
    子供の父親?
    経済的に支えてくれるパトロン?
    何かを得るには、それ以外の条件はあきらめざるを得ないことは多々あります。
    何を取捨選択しますか?

    ユーザーID:8980437914

  • マスオさんでは駄目ですか?

    トピ主さんが酪農を学んだ時に知り合った人はいませんか?知り合いを紹介してもらえる可能性はゼロですか?
    実家が酪農家ではないが牛が好きな人がいると思います。
    家業の継続を優先すれば婿(氏)やバツは不問にするとか条件緩和も必要。
    酪農家の廃業も簡単ではないです。
    子供が欲しいのも解るけれど焦らず諦めずに縁を探しましょう。

    ユーザーID:5345413043

  • このままじゃ無理だと思う

    なんか肝心なことがまったく書いてないので何とも言えません。

    バツイチ35歳女性が再婚相手を探している、ってだけでしたら高望みをしなければ再婚は十分可能だと思います。
    親と同居が条件、ということでも、家が広くプライバシーが保てるのであれば、気にしない男性もいるでしょう。

    ただ、家業を継いでほしい、というか共同で運営してほしい、となると、その家業というのが採算が取れているのか。
    35歳のトピ主様のお相手となると、32歳〜35歳男性となると思われますが、
    その年代の男性って普通は仕事に就いてますよね。
    その仕事を辞めて農家で働く、となった場合、給与相当としてその男性にいくら渡すつもりなんでしょうか。

    家族なんだから、財布は一緒、何か欲しいものがあれば、父親に言ってお金を出してもらう、なんて形態だったら、トピ主様が23歳の初婚美人でも婿は来ないと思います。

    家業が採算が取れていてお金に余裕かあるのであれば、親世帯と家計は完全に分けること、給与としてトピ主夫婦に毎月決まった額を支払う等ができればいいんですが。

    ところで離婚の原因は何なんでしょうか。

    ユーザーID:8398828365

  • 居るかいないかで言えばいる

    農業に憧れる男性はいますよ。
    ただ、牛飼い(乳牛ですか?肥育ですか?)の仕事の大変さを理解していて、それでもトピ主さんの家に婿入りしても良いという男性は少ないでしょうね。

    私一人でもこなしてみせる!
    という気概で頑張っていれば、そのうちご縁があるかも。
    仕事の合間に町のカフェにでも行ってお茶などしてはいかが?
    仕事するだけじゃ出会いなんてないし、ネットで婚活しても、あなたの家に婿入りしてもいいという男性を見つけるのは相当難しいでしょう。
    ネットで運良く見つかっても、すぐに根をあげるだけでは?

    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:1720219162

  • 何が一番最優先事項なのか?

    トピ主さんにとって、一番優先させたいのは、農業の仕事を継ぎ家業を存続させていくことでしょうか?
    それとも、人生のパートナーが欲しいこと? 子供が欲しいこと?

    トピ文を読む限りでは、家業の存続がまず第一と、お考えなのかなと感じますが、
    それだったら、婿を取らずともトピ主さんが家業を継ぎ、更に男手が欲しいなら人を雇うという選択肢はないのでしょうか?
    私、農家の仕組みはよく分からないのですが、このままパートナーが見つからなければ廃業になるなんて、かなりのプレッシャーかと。
    それは、婿にくる人にとっても同じかと思いますが。

    結婚相談所でその条件を出して、お婿さん探しは、正直難しいかもしれません。
    ただ、結局やってみなきゃ分からないので、条件にハマる人はハマるのかもしれませんが。

    離婚後1ヶ月たらずで、次のパートナーのことを考えなきゃならないなんて、気持ち的にも追いつかないのではとも思います。
    人生のパートナーが欲しいなら、もう少しご自分のペースを大事にされれば良いと思いますし、
    子供が欲しいのなら、年齢的なものもありますので、やはり結婚相談所に行けば良いかと。

    全てを一気にどうにかする、というのは難しいかと思いますが、どうでしょうか。

    ユーザーID:2542912028

  • 婚活サイトを求人サイト代わりに?!

    まず、その家業は儲かるの?
    跡取りさえ見つかれば、かなり稼げる仕事なら、あなたの婿探しはさて置き、「田舎で心機一転、農業で高収入!」という求人を出したほうが早くないですか?

    あとは、あなたがその新しいオーナーに雇って頂けるだけの能力があれば、食うには困りませんよね?
    はたまた、あなたに女性としての魅力があり、相性が良ければ結婚してくれるかもしれない。

    低賃金労働者かフリーターなら、田舎での一発逆転人生を狙う人はいると思います。捨て身と言えば捨て身。でも、「もれなく不本意な結婚付き」って…さすがに無理ですよ。貧しい外国人なら応じてくれますが、不幸にしかなりませんよ。

    婚活は婚活で考えてみましょう。
    あなたの婚活での条件は、家業手伝い、35歳バツイチ子なし、実家暮らしです。相手の家業手伝い可、嫁ぎ先で就職可、でなければ相手は見つかりません。あなたと結婚したら、「もれなく不本意な転職必須」では、さすがにチャレンジャー過ぎますよ。それに乗っかってくる男性は、詐欺師級の危険人物ですね。

    求人を探して、偶然的に結婚相手になるか、結婚相手を探して、偶然的に家業を継ぐことになるか、くらいに考えないと、いずれも「もれなく不本意なものが付いてきます」では、二兎追うもの一兎を得ず、になります。

    ユーザーID:0356228025

  • なんだかなぁ。

    家業存続のための結婚かぁ。
    わからなくもないけど、あんまりじゃないかしら。
    労働力と子作りのために私と結婚して下さい、ってことよね。

    離婚理由は?
    仕事がキツかったから?
    まずはそっちをどうにかしないと、また逃げられたら意味ないですよ。

    ユーザーID:3381101598

  • お婿さんじゃないとダメ?

    お婿さんじゃなくてマスオさんでもいいんじゃない?

    同業者の従業員さんで見つかるとなおよいですね。


    ただ、どうしてもということなら廃業でもいいのではないですか。廃業というか事業譲渡か徐々に(高齢の親御さんだけでやっていける程度に)規模を縮小するか。

    まず、あなたがあなたの幸せな人生を歩むことが牧場より大事だと思うけどね。そんな簡単なことじゃない、部外者に何がわかるのかって、そりゃそうなんだけどね。

    このままじゃ廃業だと脅されて、牧場のために婿とらなきゃいけない、子どもを産まないといけないって、


    子どもが出来て、先々またそうやって今度はあなたが脅しますか?

    結婚して家族を持ちたいなら、それで探したら?迷っていたら時間切れだよ。

    ユーザーID:5814671573

  • 婚活サイトより

    脱サラで酪農を目指す人の集まりとか、農業体験に牧場を提供するとか、他の酪農家の独身男性と関わりを持つとか、何かしら方法はあると思います。

    普通の男性や女性では無理でしょう。

    生き物相手ですから旅行も行けない、帰省もできない、遊びに行くこともできない…そんなイメージです。

    2年未満で離婚した原因が何なのかもわからないけれど、外から見るとご両親が厳しかったのか、あなた方の「当たり前」が、相手にとって当たり前じゃなかったのでは?

    経営が上手くいっている農家さんで、配偶者もいる方を参考になさってはどうですか?

    ユーザーID:7501673195

  • うーん、、、

    それだけ難しさを感じるなら、離婚を回避した方がいいような気もしますけど。

    外国人の農業研修受け入れとか、そっち方面検討してみたらどうですか?

    ユーザーID:7954953700

  • 簡単ではないと思います

    相手の方が農家に憧れ、どうしても農家になりたいという人でないと難しいかもしれません。
    普通の会社員でも親つきとなると結婚を躊躇する人が多いですし、それが農家、婿養子となれば
    よほど相手の方の負担を減らす条件を提示しないと厳しいんじゃないでしょうか。

    私は息子の親ですが、本人がどうしてもと希望したとしても反対すると思います。
    農家、まして生き物相手の酪農、そして親つき(ですよね?)
    苦労するのが目に見えているようで…
    息子に限らず娘であっても嫁がせたくはないが正直なところです(すみません)

    もし婿養子が条件なら親と同居はせずに別に家を建てる、親も娘夫婦の家庭には口出ししない等
    お婿さんの立場を確保する条件をつけてはいかがですか。
    1年半で離婚とのことですが、もし原因が自分の親や家業が関わっているなら
    同じ轍は踏まないようにする為にも変えなければいけないのではと思います。

    ユーザーID:4174148130

  • まあ

    イメージがありますからね。

    旧体的な農業のままで実施されているとしたらなかなか厳しい。
    それこそ農高生じゃないですが、若いうちにゲットという話になるでしょうね。

    ただ、今の時代、にんくで何とかするしかない仕事はちょっとね。
    余程、普通の会社員の男性捕まえて繁忙期にたまに手伝ってもらうとかの方が家計は安定する。

    婿である必要性もよくわからんし。
    同居を受け入れてくれるだけで良い気もする。

    農家への転身をするなら、よほどシステマチックに利益を生み出す販路なり、自分たちとしてのやり方、生活水準を生み出してなんぼでしょう。

    やり方を変えたくないのはただのダメ経営者です。
    職人であるだけなら、経営に口出ししない。
    経営に口出しするなら、働く人の環境改善をおざなりにするのは駄目でしょうね。
    農業とはそういうものだとか言ってる人に限ってノープランで今更とか、もう年でとか言い始めるので。
    だったら娘に重荷背負わせない位に考えてくるべきでした。

    ユーザーID:8325506463

  • 息子を持つ母の立場

    我が家には今年都内の大学を卒業し新社会人になったばかりの息子がおります。おっとりとした気立ての良い男です。失礼ながら先月バツイチになったばかりの年増の女性との結婚話がでたら、、、はっきりお断り致します。先月離婚されたばかりでもう婚活? 正直労働者というか雇い人を探しておられるのではないでしょうか。最近は皆さん婚期が遅く、初産年齢も30歳後半も当たり前の時代です。自分が子育てを経験してわかる事ですが、40歳くらいで幼い子を育てるのは簡単な事ではありません。 牛飼いも子育てもそして貴女の親御さんの面倒も全て、婿である男性が見る事になるでしょう。
    そのような家庭に大事な息子をどうぞ、と言われる方は少ないと思います。独身のまま、雇人と家業に専念なさってくださいね。

    ユーザーID:2688787871

  • 二つ要件があるから、より難しいんですね。

    2度目です。

    畜産に興味がある男性、あなたと結婚してもいい男性、どちらか一方ならまだしも両方やってくれる人となると…?

    まずあなたが恋愛して、相手が婿入りを考えてくれる、そんな流れじゃないとね。

    あるいは逆に、超絶好条件をつける。あなたと結婚して牛飼いもやる。
    その代わり、報酬は弾む、待遇はよくする。
    土地を与えて夫好みの瀟洒な洋館でも建ててプレゼントして、高級外車も買い与え、年俸1000万、あるいは月の小遣い100万、これなら結構、応募があるんじゃないですか?
    婿は金で買われるようなものですが、いま現在、将来が見えずに閉塞している人なら応じてくれるでしょう。
    ただやっぱり、あんまり現実的じゃありませんね。
    あなたがたは婿を利用するつもりなんだろうから、破格の待遇はしたくもないしできないんでしょう。

    利害の一致する人を気長に探すしかないと思います。

    ユーザーID:3304602753

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧