「なんなら」という言葉の使い方

レス34
お気に入り48

poyo

話題

タイトルのとおりなのですが、最近「なんなら」という言葉が、私が使っているのとは違う使い方をされていて疑問に思い、皆さんにお尋ねしたくなりました。

「なんなら」=「何だったら」、で、 たとえば
「なんなら私がお手伝いしましょうか?」とか「なんなら、ついでに○○したらどう?」とか、申し出や提案などの時に使うと思っていたのですが、「この『なんなら』はいったいどういう意味で使っているのだろう?」と思うケースが増えてきています。
「なんなら」という言葉で検索したところ、検索結果のうち半分が上記とは違う用法ではないかと思われました。

どうも見かけた時に注意深く文脈を探ってみると、「その上」あるいは「ましてや」などの意味で使っているのではないか?と思われるのですが、こういった用法はあるのでしょうか?それとも方言でしょうか?

言葉は生き物、だんだん変わっていくものと理解はしているつもりです。
以前は「おかしい」と思っていた「全然」と否定を組み合わせないような用法にも慣れてきました。
が、この「なんなら」の使い方はどうにも気持ちが悪いです。
もし、正しい使い方ではないとしても、これだけ多くの人が使っているのであればそのうちそちらのほうが多勢になってしまうのでしょうか。

ユーザーID:8003043284

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そういうことでしたら

    普段当たり前のように何気なく使っている言葉の意味をあらためて考えてみるのは面白いですね。

    私が自問してみると,

    なんなら←何々ならば←何かそういう事情,理由があるのでしたら

    という気持ちで使っている言葉なのだと思います。
    「何かそういう事情,理由」の部分が,普通の会話では,辞書にあるように「相手の事情,希望」になるのでしょうね。

    ユーザーID:8886063038

  • 「なんなら=ならば」っていう感じ

    「なんなら」って、何でもアリの、オールマイティの合いの手のようなものです。
    「何=内容が微妙なもの」ですから。

    トピ主さんが気持ち悪いと感じる、
    「その上で」「ましてや」と言いたい時も、
    「(それ)ならさぁ〜」って言います、変ですかね?

    ユーザーID:8920345706

  • 「それどころか」

    おっしゃっていること、よくわかります。
    言い換えるとしたら「それどころか」が近いかなと思います。
    大げさに聞き手の注意を引き付けるためのつなぎに投入しているように思います。
    「もし○○なら」というのを相手との暗黙の了解で大幅に省略した形が「なんなら」であるはずなのに、
    こちらはなにも了解していないのに「なんなら」といわれると、勝手に了解があることを前提にされているようで気分が悪いというか。
    ものすごく「ドヤ顔」がちらつく表現で私も嫌いです。

    ユーザーID:7470086353

  • もしあれなら

    なんならと同様な言葉「もしあれなら」を、そのように使う人がいました。

    文法のことは置いておいて。

    以前の私は「もしあれなら」と言われれば、こちらの都合/不都合で選択可能なんだなと思っていました。

    どうも特定の世界では、「そうせよ」という意味らしいです。

    例:もしあれならこれはA君に手伝ってもらったら。

    旧解釈:貴方が手伝ってもらいたかったらA君に手伝ってもらっても良いよ。

    新解釈:A君にやらせなさい。

    新たな境地が開けましたので、私も真似しています。

    ご参考まで。

    ユーザーID:1937361196

  • 方言では?

    広島の「なんなら」は「それだったら」「なんだと?!」ではなかったかな。
    該当する投稿文にあてはめて違和感がなければ広島方言だと思います。

    ユーザーID:1769644668

  • 本当ですね!

    私も「なんなら」は、トピ主さんと同じ使い方をしてます。
    確かに検索かけて出てきた使い方、今まで自分が理解していた意味では通じないですね。びっくりしました。

    興味ありますね。
    方言なんでしょうか?

    ユーザーID:3882921497

  • 気づかなかった!

    私も「なんなら」の使い方はトピ主さんと同じです。

    トピを読んでさっそく小町内を検索してみました。
    たしかに使い方が変な文章がちらほらありますね。
    このトピを読むまでまったく気づいていませんでした。

    以前、小町で「最近は『だったり』の使い方がおかしい」というのを読んで
    それまで意識していませんでしたが、TVやネットで注意深く見聞きしていると
    確かに「とか」の代わりに「だったり」が多用されていることに気づいて驚きました。
    「とか」の方が言うのも書くのも簡単だと思うんですが、何故こんな用法が広まったのか、不思議です。

    「なんなら」もどこかで誤用されて、それが広まったのでしょうか。
    それとも、私が知らないだけで、別の使い方をする地方があるのでしょうか?
    他の方のレスはどうなのか、興味があります。

    ユーザーID:3517743929

  • なんならは方言?

    広島育ちですが
    「なんなら」の使い方は次の二つです

    一つは広島や岡山で使う方言
    「なんなら私がやりましょうか?」
    この「なんなら」は相手の気持ちを推し量って
    あなたさえよければ私がやりますよの意味

    もう一つは、
    「なんなら〜」「なんなら!」
    これは 何か用か?とかどうしたの?の意味です。

    ネットをみて、私も疑問です
    「なんなら」= 「なぜなら」に変わってしまってますね。
    それは誤用ではないかと思います。

    ユーザーID:5870503535

  • 最近の誤用トップテンに入りますね。

    「なんなら」は相手への気遣いを言葉にする時に使うものですよね。

    最近は「さらに言えば」のような使い方をされることも多くて気になって調べたら「誤用」トップテンに入っているとか。

    こういうときに必ず「言葉は生きもの、変わって行くのは当たり前」と言い出す人が出てきます。
    でも、「言葉は生きもの」とは本来は長い年月を掛けて変わることについて言っているのであって、たかだか10数年で変わっていいものではありません。

    江戸時代と平成の世で違うのは当然でしょうが、親と子で通じない言葉がたくさんあったら困りますよね。

    そんな短いスパンでコロコロ変わらないように、できる限り現状を維持したいものです。
    それを各自が心がけるといいのにと思います。

    ユーザーID:2608042373

  • 全く同じこと思ってました!

    私も全く同じことを感じていて、「なんなら」の相手への申し出や提案型ではない使い方を見るとモヤモヤしてました。

    トピックで挙げられた例の他にも「場合によっては」「さらに言うと」辺りの意味で使っているケースも見かけます。それから「むしろ」を弱くしたような感じですかね。
    どのケースでも、「なんなら」が使われている前の文で述べている内容の程度を強調しているようですね。言い換えるのなら「〜なくらいです」が適切なのでしょうか・・・。

    モヤモヤする例(下手ですが):「彼女とは何でもないよ。なんなら手もつながなかったし。」→「彼女とは何でもないよ。手もつながなかったくらいだし。」

    モヤモヤする「なんなら」の使い方を見かけるたびに心の中で適切であろう他の言葉に言い換えてモヤモヤを鎮めています。
    同じように感じている人がいて嬉しいです。この使い方、ホントどこから広がったのでしょう。

    ユーザーID:0000998473

  • お笑い芸人さんの影響?

    テレビでお笑い芸人さんがそういう使い方をしていました。
    それが一般に、広まったんでしょうか。

    最近は、接客業の方でもこんな言葉を使うので、面食らいます。
    全然、問題ないです。→全然、大丈夫。
    さようでございますか。→そうなんですね〜。

    小町でもよく見かける、「疎遠にする」という言い方、最近ですよね?
    疎遠にする、のではなく、疎遠になる、のだと思っていましたが、違いますか?

    「再構築」も、最近ですね。
    やり直す、ではダメなのでしょうか。

    なんだか、違和感がある私は、古いのでしょうか。

    ユーザーID:9000322719

  • トピ主です

    皆様レスありがとうございます。まーさんからるなさんまで拝見しました。

    最初「びっくり」ポチが一番多かったので、私が気になる「なんなら」の使い方(ルバーブさんの例)のほうが今では主流になっているのかとどきどきしていました。
    が、複数の方が「わかる」とおっしゃってくださっているので、私の感覚が少数派というわけでもなさそうですね。

    広島の方言というお話もありますが、どうも意味合いが違うような。
    やはり、本来「そういうことでしたら」「もしよければ」という意味で使うところを、「それどころか」の意味で使っているということですね。(最初目にした時に、「それどころか」「その上」の使い方の「なんなら」の意味がまったくわかりませんでした。)

    kokkoさんとルバーブさんのレスを読んで、「大げさに相手の注意をひきつける」=「万能の合いの手」として使われている、ということがわかりました。
    「なんなら」が合いの手だという感覚はまったくなかったので、驚きました。

    確かに「なん」=「何」=内容の微妙なもの、という説明は納得できるのですが、では「なら」の仮定の部分はどこに行ったのでしょうね。
    辞書にも「相手の気持ちをおしはかって言う語」という以外の用法は載っていないですし。(そのうち載るようになるのでしょうか…)

    もしよければルバーブさん、あるいはルバーブさんと同じように合いの手として「なんなら」を使っている方がいらっしゃったら教えていただきたいのですが、合いの手としての使い方はどこで覚えられたのか教えていただけますか?(家族が使っていた、学校で友達が使っていた、雑誌などで読んだ、など)雑誌はともかく本ではありえないだろうなとは思うのですが。興味本位ですみません。

    ユーザーID:8003043284

  • さきほどのレスで書き忘れました

    esezouさんのお話が面白かったです。
    特定の世界での用法ってありますよね。
    esezouさんのケースだと、私も使いたくなるかもしれません。(確かに新たな境地が開けそうです!)
    残念ながら「なんなら」の用法の場合はその境地に至るのは難しそうですが。(汗)

    ユーザーID:8003043284

  • どれも違和感ない

    他県生まれですが、広島に20年住んでいる者です。

    申し出、提案風の「なんなら」も使っているし、
    主さんが言うところの「その上」「ましてや」風の「なんなら」も普通に使っています。
    また、周りの人間も使っているように思います。

    普段、何の違和感もなく使っているので、
    今まで深く考えたことがなかったのですが、
    振り返ってみると、広島に来る前は、
    その上、後者の「なんなら」は使ってなかったかもしれません。
    ただ、それは、他県だから、広島だからという違いではなく、
    時代の問題かな・・・今と昔で違うだけ、とも思いますが、どうなんでしょう?

    これは、私が勝手に抱く印象なのですが、
    前者の「なんなら」も、後者の「なんなら」も、
    「なんなら」=「本来とは異なって、それ以上に/そこにプラスして」
    というような意味で、同じだったのでは?と。

    「お手伝いしましょうか」
    本来私のすべきことではないけど、あなたが望むなら、
    “本来とは異なるが、それ以上のことを”私がしましょうか?

    「なんなら、〜したら」
    “本来すべきというほどのことものないけど、そこにプラスして”〜もしたら?

    こじつけすぎですかね・・・。

    あと、私は使いませんが、生まれも育ちも広島である夫は、
    「何?」「何が言いたいのか?」と相手に聞くときに、
    「なんなら?」もしくは「なんやら(や)?」と言います。

    ユーザーID:0103797157

  • 違和感ないです

    アラフォーですが「なんなら」の使い方を見て(聞いて)違和感を覚えたことがありません。

    トピ主さんがおっしゃる従来の使い方、申し出、提案などの際に使う「なんなら」
    (なんなら、私もお手伝いしますよ!等)が主流だとは思っていますが

    その他の用法(?)で
    A「Bちゃん家ネコいるし、夏はクーラー代とか大変でしょ?」
    B「うん、でもネコのためなら惜しくない、なんなら破産してもいい笑」

    この文例は「なんなら」を「それどころか」に言い換えても伝わる例だと思いますが
    私はこれも引っかかりません。

    「なんなら(何だったら)」を「場合によっては」と捉えていて
    この二つに、そんなに意味の違いを感じていないからだと思います。

    言い回しとしては、昔からのものではない(?)のかも知れませんが
    十分ニュアンスは伝わりますので、私はOKと思ってしまいます。

    いつどこで覚えたか?は全く思い出せないくらいなので、最近ではないと思います。
    なんなら若い頃から使ってたような気も(これも引っかかる言い回しになりますか?)

    小町は一般的な言葉遣いの方が多いように思いますが
    ネット界隈の他のところだと、新しい言い回し、造語がどんどん出てくるので
    見てるうちに自然と馴染んでしまうんでしょうか…

    あとやっぱり、業界なり、趣味の分野なり、特定の世代なりで
    「その世界での独特の言い回し」はありますよね。
    「言葉を崩す、作り出す」人が多い分野、年代というのもありますし。

    ユーザーID:7198937641

  • トピ主です

    皆様、レスありがとうございます。
    空さんからチリンチリンさんまで拝見しました。

    例をあげることができればよかったと思っていたのですがなかなか思い浮かばず、しましょうか?さんのレスで「そうそう!この使い方!」と思いました。私も、同じように思っている方がいらっしゃって嬉しいです。私のほうが知らないだけ?変なのかな?と思っていましたので。

    その例に、教えていただいた広島弁の「なんなら」の意味をあてはめてもわけがわからない文になるので方言ではないし、

    ・お笑い芸人さんが使っていることから広がった(ネタとして?)
    ・明らかな誤用

    ということがわかり少しすっきりしました。(使い方自体にすっきりしたわけではないですが)

    以前接客業でよく聞かれた「お名前様」や「〜円からお預かりします」のような言い方もあちらこちらで「おかしい」という声があがったせいか、最近はあまり聞かなくなったので、嫌がられても諦めずに「その言い方は間違っている」と言っていくことが大切なのかもしれないですね。

    私も自分の使っている日本語がすべて正しいとは思いませんし、間違った使い方をしていたことに気づいて直したことも何回もあります。

    面と向かって「その日本語の使い方はおかしい」と指摘するのは勇気がいることだし、相手に恥ずかしい思いをさせたり怒られたりすることがあるかもしれない。
    こうやってネットなどで発信していくのもいい方法かもしれないと思いました。

    それにしても影響力のある人が(流行り言葉や造語ならともかく、従来ある日本語の)間違った使い方を広めるのは困りものですね。

    ユーザーID:8003043284

  • さっき耳にしました

    大学の近くを歩いていて、そこの学生達の会話に出て来ました。(大声で話しながら歩くって・・・・)
    イントネーションが違うんです。
    トピ主さんはじめ、多くの方が認識している言葉は『ば』抜け。正しくは『ナンならば』ですよね。だから『ならば』=仮定が強調されるアクセントです。
    一方、学生達の会話は平坦なアクセント無しの言い方。明らかに別の言葉でした。
    内容は意味があって使っているというより『チョー(超】みたいな感じでしたよ。

    ユーザーID:0510846464

  • 現実

    現実にも、テレビでも、「その上」や「ましてや」のような使い方は、聞いた事がないです。
    私はテレビをよく見る方だと思いますが、ニュースでもドラマでも聞いた事がないんですよね。
    子供に聞いても「それはおかしいね」と言います。若者言葉でもないようです。
    じゃあ、どうやって、その特定の違う用法は伝播するのでしょうかね。
    やっぱりネット上でしか発見できないなら、一部の人が使っているのが訂正されないまま、残るのでしょう。
    会話は、間違っていても、録音しない限り残りませんしね。

    ユーザーID:4359303123

  • 広島県民ではないが

    なんなら は
    難なら じゃないのか?
    こう思うのは俺だけか。

    ユーザーID:5812585594

  • 例を

    こういうトピは、文例や使用例を挙げて頂かないと、何に引っかかってらっしゃるのかわからないです。
    やっと、なこさんが例を挙げて下さったのでわかりましたが、その例ですと、私も違和感はないです。
    トピ主さんのおっしゃる、使用例って、具体的にどんなものなのでしょうね。
    「誤っていると思う使用例を挙げずに糾弾し、何なら、読んだ人に使用例を挙げさせる」
    この使用例は、間違いと思われますか。

    ユーザーID:8271498071

  • 違和感無いという方に質問

    例文があります。

    何名か、違和感無いと書かれていますが 
    この例でも、違和感ないのでしょうか?

    「なんなら水が顔にかかるの嫌だし」

    私には、どういう意味なのか理解できないのですが。

    トピ主さんが書いている「ましてや」という意味が当てはまるのだろうか?

    通常使われる「もし良かったら」という意味合いだと、この例文は意味不明というか、文が繋がらないのですよね。
    「もし良かったら、水が顔にかかるの嫌だし」になるので。

    どこで、「ましてや」とうい意味だと教わったのか、とても興味ありますね。

    ユーザーID:3882921497

  • トピ主です。ちょっと混乱してきました。

    半広島人さん、なこさん、レスありがとうございます。

    お礼が遅くなり申し訳ありません。

    お二人とも申し出・提案以外の用法でも「違和感はない」とのことでしたので、興味深く拝見しました。
    半広島人さんが20年ぐらい前から、アラフォーのなこさんの若い頃から、ということは大体同じくらいの時期から広まってきたのでしょうか。ここ最近というわけでもなさそうですね。広島だと「なんなら」という方言がもともとあったことから、たとえ違う意味であっても言葉自体に親しみがあるから広まりやすかったとか…?(これもこじつけでしょうか)

    実はなこさんの挙げてくださった例ですと、
    「なんなら(ネコちゃんのために)破産してもいい」←これはわかるのです。
    「なんなら」を「何だったら」に置き換えても意味が通じるので。

    「なんなら若い頃から使っていたような気も」←こちらのほうがわかりません。
    「何だったら」に置き換えると意味がわからなくなりませんか?

    かといって、先の例の「なんなら、破産してもいい」という言い回しは申し出でも提案でもなく、相手への気遣いを言葉にしているわけでもありません。しいて言うなら仮定かなあ。でもこの用法も辞書には載っていないですよね。
    ちょっと混乱してきました。

    ユーザーID:8003043284

  • 「何となれば」の誤用?では?

    こんにちは。

    何となれば(=because)が、なんとならば に変化し、なんならとつまったもの、だと思えば、

    「なんなら顔に水がかかるの嫌だし。」

    という文章になることもあるかな、と思います。

    なぜならの変化(混同)かも知れませんね。

    ユーザーID:4140460286

  • 私の脳内では、こう変換される

    空さんの挙げられている「なんなら水が顔にかかるの嫌だし」については、
    “なんなら”の前の文章次第で、訳が微妙に変わると思います。
    「○○は好きではない」といった感じの文章の後に続くなら、
    「そもそも水が顔にかかるの嫌だし」とか、
    「水が顔にかかるのなんてもっと嫌だし」みたいに変換されます。

    トピ主さんの挙げられている
    「なんなら若い頃から使っていたような気も」は、
    ほぼほぼ間違いなく「今は使っている」といった感じの文章の後に続くと思うので、
    「というより、若いころから使っていたような気も」と変換されます。

    “なんなら”の前の文章次第ですが、
    「ていうか、むしろ」または「ていうか、そもそも」に置き換えると、
    だいたいどんな時でも意味が通ることが多いように思うのですが、
    それでも通じないでしょうか?

    ・・・なんて言うと「ていうか」という言葉遣いはいかがなものか!
    「ていうか」って意味が分からない言葉だよね?
    と、堂々巡りになっちゃうのかもしれませんけど。

    ユーザーID:0103797157

  • 2回目です

    トピ主さまの4番目のレスの

    >しいて言うなら仮定かなあ

    というのを拝見して私も自分の中で整理してみました。
    その結果、前回の自分の投稿内の

    >「なんなら」が使われている前の文で述べている内容の程度を強調しているようですね。

    この部分の“強調”が当てはまるのかなぁ、という意識が強くなりました。気づかせてくださってありがとうございます。


    >「うん、でもネコのためなら惜しくない、なんなら破産してもいい笑」

    これも「破産してもいい」は「猫のためなら惜しくない」という内容を強調していますし


    >最近ではないと思います。なんなら若い頃から使ってたような気も

    これも「若い頃から使っていた」も「最近ではない」を強調するための表現ですし。


    >「なんなら水が顔にかかるの嫌だし」

    これは前に文章が無くこの文章単体なら「水が顔にかかるのが嫌」を強調しているのでしょうかね。「すごく」とでもいったところでしょうか。強調型なんならのさらなる発展系?!


    ちなみに私の場合は提案・申し出以外の「モヤモヤなんなら」が目に付きだしたのは、ここ一年くらいの間です。そして使っている人達(主にネットやメール、本などの文章で見かけていて、現実に話し言葉で使われているのを聞いたことはありません)の共通点は20〜40代くらいの女性です。ただ単に私がこの層に接する機会が多いからだけの可能性も高いですが。この層向けに発信されている何かの媒体で使われるようになって急激に広がったのかな・・・なんて推測してました。実際はどうなんでしょうね。

    ユーザーID:0000998473

  • トピ主です。例を挙げられなくて申し訳ありません。

    引き続きレスをいただき、ありがとうございます。ももぞうさんから空さんまで拝見しました。

    MDさんからご指摘いただいたように、最初のトピック文で例を挙げなかったことをお詫びいたします。例文がないとわからないですよね。申し訳ありません。

    なこさんの前に、しましょうか?さんも例を挙げてくださっていますし、その後空さんからも違和感のない方へのお尋ねという形で例を出してくださっていますが、私が思いつくとしたら「良いアイディアだね。なんならこの中で一番良い」とか…?(普段使っていない用法での例文作成は難しいですね)

    挙げていただいた例
    1.しましょうか?さんの例「なんなら手もつながなかったし」→違和感あり 言い換えるとしたら「手もつながなかったくらいだし」
    2.なこさんの例「なんなら破産してもいいくらい」→用法としては従来の使い方とは違うのかもしれないが、あまり違和感はない 言い換えるとしたら「場合によっては」
    3.例ではなくて、なこさんのレス中の「なんなら若い頃から使ってた」→違和感あり 言い換えるとしたら「もしかすると」?
    4.MDさんの「なんなら、読んだ人に例を挙げさせる」→違和感あり(ご質問への答えですが、この使用法は間違っていると思います) 言い換えると「ましてや、その上」
    5.空さんの「なんなら、顔に水がかかるの嫌だし」→違和感あり 言い換えると???

    なこさんが書かれていたとおり、なんなら=何だったら=場合によっては とすると、「場合によっては」の拡大解釈で「もしかすると」や「ましてや、その上」が出てきたのかもしれませんね。ただ、その経緯はともかくとして、本来の「相手の気持ちを推し量って言う」という使用法からは大きく離れているので、やはりこれは誤用と言えるのではないでしょうか。きりさんがおっしゃるように、現実には聞いたことがないというのがまだ救いですが…

    ユーザーID:8003043284

  • 「プールに行きたくない」

    なんで?「どこも混んでるでしょ」
    えーっ、行こうやぁ。「なんなら水が顔にかかるの嫌だし」
    なんならぁっ!?(泳ぎてぇんじゃねぇ。水着姿を見てぇんじゃぁ)

    なんならは「何なら」ですよね。「何々である。それならば」。
    >なんなら私がお手伝い〜(何=「大変」とか)
    >なんなら、ついでに〜(何=「どうせ〜する」とか)
    >なんなら若い頃から使って〜(何=「最近ではない」かな)
    なんならが何を指しているか?何々というのが何なのか状況によって違うから、
    いろいろな使い方をする人が増えているんじゃないですか。

    「プールに行きたくないのを納得しない」なら、水が顔にかかるのが嫌だと思ってよ。
    (別人になっちゃう)(水着になれる体型じゃないのよ)

    違和感はあるだろうけどね。
    >言葉は生き物、だんだん変わっていくもの
    なんなら、違和感あり派が無勢になる時が来るかもしれません。

    ユーザーID:7144477326

  • トピ主です。仮定の要素

    なこさんの、ネコちゃんの例に関して、ひとつ思いついたことがあります。
    私は、「なんなら破産してもいい」の「なんなら」を、「場合によっては」ではなく、「ネコちゃんのためならば」破産してもいい、と解釈したのだと思います。
    もうひとつは、文末が「〜してもいい」という通常「なんなら」とセットで使われる代替案を示す言葉が使われている点、このふたつがあったために違和感がなかったのだと思います。
     
    となるとやはり違和感のあるなしは仮定の要素があるかないか、にかかっているのかもしれません。あなたがもし良ければ、あるいは差し支えがあるなら(ば)、も仮定形ですし。

    一方、違和感のある使い方では仮定の要素がない、文末が申し出や提案、代替案を示す言葉で結ばれていない=意味がわからない、になるのだと思います。

    たとえばMDさんの
    「誤っていると思う使用例を挙げずに糾弾し、何なら、読んだ人に使用例を挙げさせる」
    この場合だと、もし「なんなら」を使うなら
    「誤っていると思う使用例を挙げずに糾弾しているが、なんなら(=もしよければ)例を挙げてほしい」あるいは「なんなら読んでいる側に例を挙げてくれるよう呼びかけてはどうか」であればわかります。

    もともとの文「何なら、読んだ人に例を挙げさせる」だと、「場合によっては」なのか「その上」なのか「むしろ」なのか、文脈からいうと「その上」なのかな?とは思うのですが、やはり正しい使い方ではないように思います。(最初から「その上」「むしろ」などを使えば意図も正しく伝わりますし…)

    ユーザーID:8003043284

  • なるほど

    半広島人さんの解説が答えなのかもしれない、と思いました。

    「っていうか、むしろ」だと、確かに意味合いがわかりますね。

    トピ主さんが書かれたように、小町で検索すると「お店のトイレで」というトピにも、例文がありました。
    この使用方法も、私には意味がわからないもでしたが 半広島人さんの「っていうか、むしろ」だと通じますね。

    ただ、この「っていうか、むしろ」という意味で「なんなら」を使ったこともないし、周りで聞いたこともありません。
    東京近郊に長年住んでますが。

    ということは、どちらかというと地域的に使われる言葉か 若者言葉に近いのかな。

    違和感が無いという方の使われている地域と年代がわかると答えがでてくるのかな?なんて思いました。

    ユーザーID:3882921497

  • 私も同意見

    最近、ラジオのトーク番組で、女性アナウンサーが使う「なんなら」に違和感を持っていました。
    使い方が変わってきているんでしょうかねえ。

    ユーザーID:5863156135

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧