編集部からのトピ

黒歴史は何ですか?

レス16
お気に入り103

編集部

編集部

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

読売中高生新聞では4月から、大人の本音を10代に伝える連載「オトナの本音アワー」をスタートしています。中高生が抱える素朴な疑問や悩みについて、この掲示板で小町ユーザーのみなさんから意見を頂き、紙面で10代向けに紹介していきます。
親や教師からはなかなか聞けない、オトナの本音を教えてください。

今回のテーマは子どもに言えない、あなたの10代の時の黒歴史は何ですか?
中高生にもなると、精神的にも成長し、できるだけ恥をかかずに、格好良くいたいと思う時期です。でも、今思い出すと叫び出したいほど恥ずかしいことをやっていた!ということは少なからずあるのではないでしょうか。

憧れの漫画の主人公になりきって熱演していた、
鼻の形を矯正しようと、洗濯ばさみで挟んでいたのを親に見られた、
女友達にプレゼントしたイラスト&ポエムを男子に見られてドン引きされた、など……

思い出すのも恥ずかしい過去を、ぜひぜひ教えてください。
現在進行形で失敗の歴史を重ねている10代へのエールもあれば、いただけるとありがたいです。

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞(http://www.yomiuri.co.jp/teen/)で転載させていただくことがあります。

ユーザーID:8421636699

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数16

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 10代のやり直したい黒歴史

    ・親同士が仲が良かった男子に、好きでもないのにバレンタインチョコを渡させられ、少しの間付き合った

    ・過干渉の親に耐えて耐えて耐えた結果、爆発し、ギャル化。数年間、勿体ない生き方をしてしまった。

    ・親から決められた部活にしか入れなかったが、こっそり違う部活に入ればよかった。

    ・10代でうつ病を発症。親に病院へ連れて行ってもらえなかった。もっと早くいけばよかった。

    ・とにかく病院嫌いの親で、インフルエンザなんかも、治りかけてから自力で通院していた。駅伝選手に選ばれ、山が大会コースの為、事前練習したところ、足首をひねってしまった。救急車で病院へ行くほどでもないと思い、選手用のバスで自宅へ帰ったが、その後、非常に痛んだ。しかし、親には病院へ連れて行ってもらえず、痛み止めを服用したりして耐えていた。成人してから整体で、当時痛めた足首だけ間接がおかしいと言われ、これまた他の件で整形外科でレントゲンを撮ったところ、当時骨折していたことが発覚した。

    ユーザーID:1956890830

  • あからさまな嘘をついた事

    好きな人に告白されたくて
    妬いたら告白してくれるかも!と
    考えた私は
    なぜか、当時の教師(既婚30代)に
    告白されたと言った

    もちろん即バレ・・・
    今でも笑い話にされます。
    穴があったら入りたい ほんと

    ユーザーID:2891276471

  • 友人との交換日記

    思春期の背伸びなんでしょうが

    全編ポエムで、そのくせ社会批判で、自己陶酔しきっていました。
    その日記は私の手元に残っていないので
    もしかしたら、交換していたお友達の所にあるのかもしれません。
    あったら、即座に捨てて欲しいと思っています。

    なぜ、交換日記の中身をそのような物だったと断定できるかと言えば
    自分用の日記が未だに手元に残っているから・・・
    こちらは自分用なのでもっと本音が書いてある分、ちょっとだけマシですが
    友人相手のはもう、絶対にカッコつけ甚だしかった気がします。

    私は大学卒業してそのまま結婚しましたが
    小学6年から結婚までずっと日記をつけていました。
    手元に残っている中学〜高校時代の日記が一番恥ずかしいです。
    でも、ある意味、ピュアで今の自分では絶対に書けない文章だとも思い
    処分できずにいます。

    とは言え、そろそろ終活も見えてきた昨今、そろそろ断捨離しなくてはと思っています。

    ユーザーID:4852016380

  • 2つ程

    中2の時、お米を買って来てと言われス−パ−で、どれが良いんだ〜ろ〜と見てると、陳列に来た業者の、お兄さんに言われた一言! お姉さん、ひとめぼれ! 私、えっ?! うわッ、男前(キャハッ) しばらくして気付いた! ひとめぼれの米が、おススメだと…。恥ずかし過ぎる。娘に話したら爆笑
    高1のフラワ−フェスティバル(広島でGWの3日間開催)での出来事!
    まだ、あの頃は、暴走族のチ−ムが、平和公園の芝生にチ−ムごとに陣取ってました。 レディ−スの人達も、彼女も含め(女の子)は入れない暗黙の了解がありました。
    高校の友達と一緒に行き、地元の先輩に見つかり来い!と呼ばれ近くまで行くと手招き(来い!)入って来い! えッ?ダメじゃん! ムリムリ〜!と断っても入る羽目に…もちろん凄い注目の的でした。
    一緒にいた友達は、置き去り状態。 兄がトップの代で、妹の私が芝生の地元のチ−ムの傍に入っても違うチ−ムの人からも、誰も文句言えない程の人(兄が)だった。結果論です。
    25年前の話しです。

    ユーザーID:5909281423

  • サングラスかな

    その昔フィンガーファイブが流行で子供ながらファンになり
    メンバーの一人がサングラスをかけていました

    母親のサングラスを奪い、そのままかけて友達に見せびらかしかっこつけてました

    あとは友達との交換日記にポエムを書いて自慢

    テストの答案用紙に(当時わら半紙)に自作の絵とポエムを書いたら
    職員室に呼び出しでした・・・

    取り消せれるものなら取り消したい

    ユーザーID:8498474126

  • 黒歴史がバレました

    横浜銀蝿が流行っていた十代の頃、
    髪は透けるような金髪にパーマ、裃のような長いスカート、ぺったんこの学生鞄の取っ手には包帯を巻き、学生靴の底には滑り止めを付けて踵を滑らせながらカチカチズルズルといきがって歩き、高一の夏休み明けには暴走族の彼ができ、夏休み明けには学校には殆ど行かず、そのまま辞めてしまった、そう言う時代のバリバリのヤンキーでした。

    暫くはいきがってましたが、中卒ではロクな就職もできない事に気付き、2年遅れて再度高校受験。
    高校の卒業より先に成人式を迎えました。

    ホンットに黒歴史です。

    卒業の頃はバブル期突入。
    ヤンキー色を一切無くし、消し去り、ソコソコ大きな企業にも就職してスキルも磨き、更に好条件の企業に転職をし、夫と出会い結婚もし、子どもも生まれ、すくすくと育ち、中学生になった今、年の離れた姉家族とうちの家族で楽しく食事をしていた時、私の黒歴史を知っている姪が一言「匿名希望ちゃんは元ヤンだからね〜。ヤンキーは情に熱いところあるもんね(笑)」と、驚愕の発言!

    夫には告白していましたが、娘は何も知らない。品行方正とは言わないけど、普通のママだと思っていただろう娘を見ると、ドギマギした顔で、私と姪と夫の顔を見ながら苦笑い。。。

    のちに、娘に「ママ、元ヤンだと思う?」と恐る恐る聞くと…
    「うん、もしかしたらと思ってた。勢いあるよね…」
    と。。。。。。。

    知られたくなかった黒歴史。
    知られてしまった黒歴史。

    幸いな事に娘は、全体的に私より夫の方に似てくれたようなので、ヤンキーとは程遠い性格。私の事も穏やかに受け入れてくれたようですが、姪がバラしたあの時、眩暈を覚えました…

    自分でして来た事とはいえ、その頃の自分に教えたい。「自分を大切に、将来を見据えて生きろ!」と。
    できればやり直したい若かりし頃の5年間です。

    ユーザーID:7700724023

  • 何もかも

    人前でよく泣いてしまったこと
    人にダメ出しばかりしてしまったこと
    いじめっ子に合わせてしまったこと
    厚底の靴を履いていたこと

    ユーザーID:6531409526

  • 中島みゆきさんの曲が大好きだったこと

    もうすぐMP3廃止になると聞いて、CDのダウンロードをしました。
    独身時代にほぼ全曲のアルバムを揃えて毎日のように聞いていたのですが、久しぶりに聞いて、あまりの暗さに「うわー…(無言)」となりました。

    ただ、この曲がすごくツボにはまった精神状態だったのは、元夫と交際していた時なんですよね。いったい誰からの影響だったんだろう。

    ユーザーID:2642091994

  • 取り戻したい、、

    中部地方出身 昭和40年代生まれ 女性 です。

    10代中頃、初めてできた「彼氏」という存在に舞い上がっておりました。
    まわりの女子からもうらやましがられて毎日ウキウキ!
    ところが高校は別々の学校に進学。

    無駄に顔がイケてる彼氏は新しい環境であっという間にモテモテ!
    新しい彼女と駅まで手をつないで歩く元彼の後姿を恨めしく呪う日々、、、

    私は、自分がいかにあなたを思っているか、
    楽しかった日々を思い返しつづったのが、私の黒歴史のカセットテープ!

    内容は私のナレーションで始まる、当時人気のアーティストの曲の数々。
    1曲ごとに「あんなトコロも行ったね、こんなこともしたよね、、、」
    と、うっとうしいメッセージを吹き込み、とどめはラストの曲
    「翼の折れたエンジェル」!!!
    あなたがいなくなって私の翼は折れたまま、、、と。

    夜、マイクを握りしめて録音する私の声を隣の部屋でおびえながら聞いてた兄よ、
    なぜに往復ビンタしてでも止めてくれなんだ!

    封筒に入れてポストに入れたあの日の私。
    戻れるなら、駆けつけて羽交い絞めにして投函を阻止したい!!!

    「かあさん、あのカセットテープ、どこにいったんでせうね。
     ええ、あの夏 駅前のポストへ落したあのカセットテープですよ。」



    郵便屋さん、やっぱりお届けになったんですよね、、、。

    ユーザーID:7998468042

  • ムササビだった私

    両親が厳しかったので門限6時の高校生活。ディスコに出入り出来る友達が羨ましく、考えたのは自分の部屋の窓から瓦伝いにトイレの屋根に降り庭に飛び降りて抜け出す方法です。何回かの成功のあとバレてビンタの嵐。弟からはいまだに「ムササビさん」と時々呼ばれます。当方50。家族には知られたくない黒歴史です。

    ユーザーID:5644862765

  • ポーの一族にはまっていたこと

    萩尾望都先生の「ポーの一族」にはまっていたことですか。

    そのころ男子中学生でした。

    あまりにも嵌りすぎて、主人公のエドガーの「パラなど花の枝を折るクセ」に影響され、
    通学路の樹木の小枝を折り、葉っぱを折るのが習慣に・・・。

    友人の誰もが不思議がるクセでしたが、流石にエドガーの真似とはいえず・・・・。


    「ポーの一族」といえば、さいきん40年ぶりに新シリーズが連載されましたが、
    リアルに、ジョン・オービンとして鑑賞させていただきました。

     「…きみはエドガーか? 私のことなぞ忘れたろうね」
     「覚えてるよ。魔法使い」


    そういえば自分の髪型も、ジョン・オービン(老年)になってしまっているような気がします(笑)

    ユーザーID:9012581200

  • 8月25日号の「読売中高生新聞」で紹介させていただきました。

    ロゴ

    レスをお寄せいただき、ありがとうございました!
    みなさまのご意見の一部を、読売中高生新聞の8月25日号で掲載させていただきました。

    若かったからこそ、の恥ずかしい失敗や勘違いについて、具体的なエピソードを思い出していただいたことが、特にありがたかったです。中高生の読者も励まされたようで、「私も本当に恥ずかしい黒歴史があり、とても共感できました」といった感想が寄せられています。
    貴重なご経験やご意見を寄せてくださり、心より感謝申し上げます。

    読売中高生新聞編集室では、第6弾として、親子のすれ違いに注目し、親の思いをプレッシャーに感じたり、反発したりすることの多い10代に伝えたい本音のメッセージを寄せていただけないかと、
    「親の心、子知らず な体験は何ですか?」) について、ご意見を募集しております。

    また今後ともご協力いただければ幸甚です。
    改めまして、重ねて感謝申し上げます。
    引き続き何とぞよろしくお願いいたします。

    編集部(トピ主)

    ユーザーID:8421636699

  • 部活一色の中高生でした。

    バレー部でした。
    冬は近くの河川敷で、6キロのランニング。
    顧問が帯同しない日は、橋の下で
    今で言う女子会してました。
    かわいい黒歴史です(笑)

    当時は、何の為に部活を頑張るのか、何の為に続けるのかわからなくなって、苦しんだ時期もありました。

    あれから20数年経ち、頑張った甲斐があったと
    心から思えます。
    部員とは、今でも何でも言い合える友達だからです。

    社会人になり、結婚し、ママ友付きあいで、出会った人には
    本音は言えません。それなりに遠慮してしまいます。

    あの時の、しんどさ、理不尽は今では、笑いのネタです。
    部活を頑張ったおかげで、飲み会のネタが尽きる事もありません。

    今、部活で悩んでる人がいたら
    伝えたい。

    頑張った先には、一生の友が待ってる。と。

    ユーザーID:9829624497

  • 16のある日…

    顎をすっきりさせたいばかりに、軽石でごしごし擦って、真っ赤に腫れ上がって血を吹いたことがあります。
    顎の赤剥けは何年も治りませんでした。
    この痛みがきっとすっきりする証だ!と、痛いために涙目になりながら堪えてごしごしやりました。
    今は良いハンドマッサージをお嫁さんがくれたので暇さえあればコロコロしています。
    でも顎の肉は薄くなれど、そもそも骨格と筋肉が尖っていないためどうしようもない。

    ユーザーID:7338628273

  • ラブレター

    中学年の頃、好きな男の子(下級生)に意を決してラブレターを渡しました。
    渡してから暫く間を置き下級生の居る教室をそーっと友達連れて覗きに行ったら…

    クラスの男子に見せながらそのラブレターを読んでる下級生が目に飛び込んで来ました。
    あっ!と、咄嗟に発した声に気付いた下級生。
    でも私は友達の手を掴んで、猛ダッシュでその場から逃げ出しました。

    教室に戻り友達に大丈夫?と言われたけど、悲しいやら悔しいやら情けないやら色々な感情が渦巻き、涙も出ませんでした。

    その後下級生は私と会っても目を逸らすだけで何も返事はありませんでした。

    苦くて悲しい恋に終わりましたが、今となってはあれもひとつの学びだったなあと思ってます。

    10代の皆さんへ。

    人生色々ありますが、どんな経験も決して無駄ではありません。その時は辛く悲しい事も時が経てば思い出に変わります。
    そして成長します。
    沢山経験して沢山学んで、今後の人生に生かして下さい。
    未来は自分が創る。操作する。そして想像して下さい。明るい未来を。
    可能性は無限大だ。

    中部地方・49才・女性(主婦)

    ユーザーID:1733241443

  • 産まれた時点で黒歴史

    ・小学生の頃何年も好きで
    追いかけていた男の子がいました。
    露骨にアピールして相手が
    引いていたのに気付けなかった。

    ・高校一年の夏、似合わない髪型に変えて
    学校中の笑われものになりました。
    友達にも散々言われていたと思います。
    何であんな髪型にしたんだろう。恥ずかしい。

    ・音楽観賞が趣味で学生時代
    部屋にこもってイヤホンをつけて
    歌ったり踊ったりして
    アーティスト気分に浸っていたこと。

    振り返るとそんなことばかりです。

    ユーザーID:0139783895

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧