文法の問題で夫婦喧嘩が!!助けて!!

レス124
(トピ主0
お気に入り601

趣味・教育・教養

まき

レス

レス数124

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主さんが正しい

    どうしても「服『に』手を〜」と言いたいなら、服に手を「なすりつけないで」とか「こすりつけないで」という言い方じゃないとおかしい思います。

    ユーザーID:5455656921

  • けんか?

    タイトルに夫婦喧嘩となっていますが、そこまで感がないのですが。
    むしろ文末の論破に拘りを感じます。

    大変ですだの事件だの、奥さんやり込めたいために話を大袈裟にしていますよね。
    奥様も間違えたとわかってらっしゃりそうなのに頑固そうだなあと思いますが、原因は器小さい旦那様に辟易していてまともに相手をしたくないからなのかも。

    ユーザーID:0744225670

  • 奥さまはなんと?

    皆さんの説明で納得してくださったのかな?
    ちょっと知りたいです。

    お子さんが変な日本語を使うようにならないといいですね。
    奥さまは日本語を母国語としていない方なのかな?
    それなら仕方ないです。
    意味が通じればいいのかな・・・と思いますが、お子さんは今後も日本で暮らしていくのであればちゃんとした正しい日本語を身につけて欲しいと思います。

    お子さんと奧さんにトピ主さんが読み聞かせをするといいかもしれませんね。

    それ以外の日本語で気になるところはないのでしょうか。
    育った文化が違うと言語も異なりますし、日本語って難しいっていいますからね。
    気長に教えてあげて下さいね。
    でも奥さま・・・素直に習おうって感じがないですよね。
    子供のためだよって言えば分かってくれるのではないでしょうか。

    トピ主さんも論破するのではなく、教えてあげるようにしましょう。


    今ふと思ったのですが、奥さまは外国の方でいいんですよね・・・?
    そういえばトピのどこにも出身は書かれていなかったなと・・・。
    もし日本の方でしたら・・・こんな日本語を使うことにビックリしてしまいます。
    今後もおかしい日本語はご主人が指摘し、きちんと直すべきだと思います。

    ユーザーID:4770291579

  • 服に手を

    なすりつけないで

    なら分かります。

    ユーザーID:3402204342

  • 「国語はいつも5」さんに一票

    ただ、「服に手をこすりつけないで」と言ってしまうと
    手より服を大切に思っていることがあからさまなので
    お子様の心が傷つく可能性があるかもしれません。
    奥様の心情を的確に表現するけれどお子様が傷つく。

    「服に手を拭かないで」
    は、文法的にはおかしいけれど、服が大事なのか手が大事なのか
    微妙な感じで、お子様の心が傷つかないかもしれないギリギリの
    線だったのかもしれません。

    文法的におかしくなく、お子様の心も傷つかない表現は
    「服で手を拭かないで」なのかもしれません。

    お子様の心が傷つかないことを最優先にすると
    「服で手を拭かないで(タオル等で拭いて)」で

    お子様に、奥様の心情(「服を汚さないで」)を正直に伝えるなら
    「服に手をこすりつけないで」
    なのかなぁ。

    まぁ、喧嘩については、旦那様は奥様の心情を推し量ってあげたら
    いかがでしょうかね。論破じゃなく。

    ユーザーID:0918096499

  • 服に手を付けて拭かないで!

    奥様はこのタイトルのように言いたかったのでは。

    もちろん主さんが正しいですよ。
    もうほっとけば良いと思います。

    ユーザーID:3454207408

  • トピ主もわかっちゃうの?

    >自分も服に手を拭きつけるな、というのは、わかりますが、服で拭くと、服に拭くとは違うと思います。

    トピ主は「服に手を拭きつけるな」は正しいと思っているの?
    聞いたことない言い回しだと思うけどなぁ。

    ユーザーID:0073612162

  • 「にて」 なら分かるけれど

    「服にて手を拭く」と言う文章はアリだと思います。
    辞書を見ると、「にて」(例えば 飛行機にて行く)は手段を表す時に使える、となっています。
    でも、現代語では 「で」に変化していて、「にて」は、もっぱら文語的表現に用いられる、となっていました。

    ですが、「に」だけと言うのは聞いたことがないですが、方言でしょうか?

    ユーザーID:9552701296

  • 横ですが

    >【スプレーを拭き付ける際には】【モルタル拭き付け工事】
    > 少なくない数がヒットしました。 
    > 愕然としました。

    いや、それは変換ミスだと思いますよ。

    ユーザーID:0073612162

  • 「服(で)手を拭かない」

    「服(に)汚れを付けない」ならアリです。
    「服に手を拭き付ける」というのは人生50年聞いた事がありません。
    (トピ主さんも「拭き付ける」に納得なら、地域的な使い方なのでしょうか?)
    普通の日本人はいちいち文法なんて考えて話していません。

    ユーザーID:4552946468

  • 拭き付ける??

    そもそも拭き付けるって何でしょう・・・。
    吹き付けるならわかりますが。
    そんなレベルの日本語しか使えない奥さまでしょう。
    そりゃ、文法的におかしくても平気で使っちゃいますよ。

    「服に手を拭かないで」
    これのどこが正しいのでしょうか・・・。
    レスの中にも同様の説明があるので割愛しますが、文法以前にそんな日本語を気持ち悪いと思わずに使い、堂々と自分は正しいと思ってしまう奥さまに問題がありますね。
    お子様がいらっしゃるとのことですから、その子供が使う日本語がどうなるか心配になってしまう。
    子供には本をたくさん読ませるようにしましょう。
    奥さまとの会話で覚えたりしたら大変ですよ!

    ふと思いましたが、奥さまは外国の方なのでしょうか。
    だとしたら「てにをは」をわかりやすく説明してあげた方がいいかな。

    もし「服に」をどうしても使いたい場合は「服に濡れた(汚れた)手を付けないで」となると教えた方がいいかな。
    拭き付けるという日本語は残念ながら使えませんが・・・。

    奥さまも子供と一緒に本を読んだりするといいかもしれませんね。

    ところで奥さまのことは論破できましたか?
    奥さまはこの件い関してどうお考えでしょうか??

    ユーザーID:8646694653

  • 奥様もわかっているのでは?

    雑談時の言い間違いなら笑って雑談の一部になって終わりますが
    叱っているときの言い間違いはちょっとかっこ悪くてばつが悪いし
    そのうえトピ主さんに突っ込まれてしまったものだから
    奥様も言い間違えたことがわかっているけれど
    ここは意地でも引きたくない!という心境になって
    屁理屈を並べちゃったのではないでしょうか?

    服に拭くが普通だと思っていれば
    普段からその変わった表現をしていたでしょうし
    もっと早くトピ主さんも気づいたと思います。

    ここは、蒸し返さずに流してしまうのが無難だと思います。

    それと
    「服に手を拭きつけるな」ですがこれも違うと思います
    「拭きつける」自体が使わない言葉ですが
    あえて使うとすれば
    服に拭き「つける」のは手ではなくて手に付いた「水」だと思います。
    ですから
    「服に手を拭きつけるな」では十分でなく
    「服に手の水を拭きつけるな」の方がしっくりきます。

    やっぱり「服で手を拭くな」ですけどね。

    ユーザーID:0333106862

  • ポイントがちがう

    その状況だったら、トピ主さんのするべきことは、奥さんの文法を直すことではなく、奥さんが子供をしつけているのを応援することでしょう?

    喧嘩になったのは、トピ主さんが「子供が服で手を拭いていること」はスルーして、奥さんの言葉遣いだけコメントしたことからだと思います。

    ユーザーID:6117224099

  • きいたことがありません

    神奈川県の片田舎で30年ほど高校の国語の教員をしております。
    「服に手を拭く」
    「拭きつける」
    どちらの用例も、まったく聞いたことがありません。
    私自身の大学での専攻は国語学ではないのですが、
    教職課程で必修の国語学の授業では
    「国語学はまず用例が重要」ときいたことがあります。
    この場合、トピ主さんの奥さま以外に、
    このような用例はあるうのでしょうか。

    ユーザーID:2615249174

  • 論外

    奥様は日本人ではないのでしょうか。嫌みではありませんよ。もしもそうなら、不得意な日本語で子供に接するよりも、奥さんの母国語で話しかけるよう、話し合いされるほうが良いと思います。お子さんが思春期になったときに、母親の母国語で会話が出来るって、大切なことですよ。

    日本人だったら大変失礼致しました。トピ主さんも喧嘩腰にならず、冷静に指摘してあげられるといいですね。

    ユーザーID:9095759681

  • 似た者夫婦

    文法としては、「服で手を拭かないで」が正しいでしょうが、
    大変です! 事件ですって何ですか!?
    トピを目立たせたかったのかもしれませんが。

    「服に手を拭かないで!」がおかしいとわからないなんて、
    日本で生まれ育った人ですか?

    「手を拭きつけるな」なんてわかりませんよ。

    ユーザーID:5589461477

  • 助詞の間違いではない

    話者の意識がどこに向いているかが、助詞の使い方に表れているように思います。
    「で」ではく「に」であると拘る奥様の思考はこうではないでしょうか。
    「服で手を拭く」と言ったら「綺麗になっていく手」に意識が向いています。しかし奥様は「汚れていく服」に意識が向いているのです。
    ならば訂正すべきは「に」→「で」ではなく、「拭かないで」→「こすりつけないで」だったのではないでしょうか。
    奥様は助詞には類まれな鋭敏な感覚を持ちながら、動詞がボキャ貧だったというのが真相だと思います。

    ユーザーID:4683516858

  • 服で拭く

    「拭く」とは、
    「紙や布などで物の表面をこすり、汚れや水分などを取り去ってきれいにする」という意味です。

    布などに汚れを付着させることではなく
    布などで汚れを取り去ってきれいにすることを指しています。
    「布できれいにする」のであって、「布にきれいにする」とはいいません。

    手を拭くのは、手をきれいにする行為なので
    タオルハンガーに掛かったタオルに対して手の方を動かして拭いたとしても、
    片手に持ったタオルを動かしてもう一方の手を拭いたとしても、
    道具・手段・方法を表す格助詞「で」を使って、「タオルで手を拭く」といいます。

    タオルを服に置き換えても同じことで、その服を着ていようが持っていようが一緒です。

    >自分も服に手を拭きつけるな、というのは、わかりますが

    「拭きつける」という言葉は、聞いたことがありません。

    ユーザーID:4504344776

  • 「拭きつける」という複合動詞がおかしいかなぁ

    造語という点で考えれば「拭きつける」という複合動詞があってもよさそうですが、私は寡聞にして知りませんでした。
    「こすりつける」や「なすりつける」という語は、「こする」「なする」の「(手を)押し付ける」の意味を更に「つける」と複合させることで強調する働きがあります。
    しかし、「拭く」は布や紙などを使って表面をこすって汚れや水分を取り去るという意味ですから、それと「つける」は意味の上でつながりません。
    ですから、奥さんの言う「服に手を拭き付ける」という意味は成り立たないのではないでしょうか。
    「拭き付ける」という複合動詞があることを、用例も含めて説明できる方がいらっしゃれば、後学のためにお教え願えればありがたく思います。

    ユーザーID:2072111225

  • 吹き付け vs 拭きつけ

    マジか? とも追わずつぶやきました。

    「拭きつける」という日本語はないと思いましたので、検索してみました。
    【スプレーを拭き付ける際には】【モルタル拭き付け工事】
    少なくない数がヒットしました。 
    愕然としました。

    同じ「ふきつけ」でも、こちらは「吹き付け」ですよね。

    「拭く」と「吹く」では、動きの方向が真逆です。
    「拭く」は物質を吸収・吸着させる というIN方向。
    「吹く」は物質を放出させる というOUT方向。

    そして、「取る」と「つける」もINとOUT。
    ですから

    拭き取る OK
    拭きつける NG
    吹き取る NG
    吹きつける OK

    です。 標準語では。


    そして、「服に」「服で」問題ですが、

    「服で濡れた手をふく」というのは、言い換えれば
    「服を用いて手を乾かす」です。「服に手の水を付ける」ではありません。

    「服で汚れた手をふく」なら、
    「服を用いて手の汚れを除去する」。これも「服に手の汚れを付ける」ではありません。

    この「〜を用いて」というニュアンスを現す助詞が日本語では「で」です。「に」ではありません。

    蛇足ですが
    日本語を勉強中の欧米人ならば、恐らく「〜と」と言うのでしょうね。

    「に」を使うのは「〜の上に」「〜の表面に」というニュアンスを現す時です。
    「服"に"手の汚れを付ける」は言い換えれば「服の表面に手の汚れを付ける」... これでは手の水も汚れも、手に残っています。 つまり「拭いて」はいません。
    「服"に"飾りをつける」は「服の表面に飾りをつける」


    確かに「で」も「に」も場所を示す助詞です。ですが、「服で手をふく」。この時の「服」は「場所」ではありません。「手段」です。
    手段を示すのに「に」を使うことはありません。

    「自転車"で"学校へ行く」この時の「で」と同じです。

    ユーザーID:4624827587

  • 文法の説明なんて

    そんな変な文章に「文法の説明」なんていらないでしょ、奥さん外国人??

    グダグダ言うならこのトピ、見せてやりなよ。
    奥さん、他にも変な言い方してない?
    お子さんに影響でたら困るでしょ。

    ユーザーID:2044203941

  • トピ主さんが正しいに決まってます

    奥様は外国出身か、
    国語(+その他諸外国語)が苦手な方ですか?

    ユーザーID:0536133018

  • なるほど

    皆さんのいう通り、「服で手を拭くな」が正しいと思いますが、「服に拭くな」という言い方も聞いたことがあります。方言かもしれませんが、その場合の「に」は、場所・行為の対象を示すときの「に」だと思います。(壁に落書きするな、と同じ用法です。)
    ただし、「手を拭く」という動詞を使うとき、行為の対象は「手」になりますので、「服」は手段としてとらえるのが一般的だと思います。少なくとも、「服に手を拭くな」という言い方は聞いたことがありません。

    ユーザーID:8055177470

  • ごめんなさい。経験上からしか意見を言えませんが。

    服で(〜によって、〜を使って)拭くな
    服に(〜に対して)擦り付けるな
    なのでは?
    「服に拭くな」という言葉は、初めて聞きました。

    「拭きつける」という言葉も、初めて聞きました。
    「擦り付ける」という意味ですか?

    方言かもしれないから、奥様のご両親やご兄弟に聞いてみては?

    ユーザーID:8730958938

  • トピ主に軍配

     拭きつける・・・と言うなら、そのように言わないと。
    「服に手を拭きつけないで!」
    そう言ったとしても、奥様の日本語はピンとこない。
    頭の中で「吹き付ける」と変換されるから。

     手に何かが付いていたのなら
    「なすりつけないで」「なすらないで」。
    自分の服で、洗った手を拭っていたのなら、
    トピ主の言い方になる。

     奥様は、海外の方ですか?

    ユーザーID:9996994235

  • 「服で手をふかない」が正解

    文法として成り立つのはあなたの使い方です。

    奥様の使い方は間違っています。

    お子様が小学生になるまでにきちんと使えるようになると良いですね。
    お子様が国語のテストで苦労します。

    ユーザーID:6744371715

  • ではタオルに手を拭くって言うの?

    おかしな表現ですね。
    知り合いがそんな言い方してたら、言い間違えか方言??となります。
    直した方がいいかも…

    ユーザーID:2761259785

  • 知能

    いらぬ一言を口に出さないようにするのも知能がいるそうです。

    ユーザーID:0744225670

  • う〜ん

    両方OKとか言われておられる方がいますがびっくり…
    奥さまが間違いです
    助詞で判断するんではなく、その助詞がつく名刺の持つ意味で変わってきますから、。
    場所とか…かなりびっくり

    ユーザーID:3597280858

  • 「で」が正しい。けれど

    どちらでもよいと言っている人もいますが、「服に拭く」は間違いです。
    >服に手を拭き付けているわけだから
    それならば、「拭きつけないで」と言うべき。
    そもそも「拭きつける」という日本語が間違い。言うなら「擦り付ける」でしょうね。

    仮に「擦り付ける」のつもりで「拭きつける」を使ったとします。
    この言葉は「拭く+付ける」の2つの意味を持ちます。
    「◇◇(手)で拭く」+「◆◆(服)に付ける」 です。
    「拭きつける」の「付ける」を省くと、「拭く」のみが残り、擦り付ける意味を含まなくなります。
    ですから、
    「◇◇(手)で拭く」 が正解。
    「◆◆(服)に」 と「拭く」は繋がりません。

    今回の論争のみで言えば、100%トピ主さんが正解。
    奥さまは小学生の国語から勉強し直した方が良いでしょう。
    でもトピ主さんは、<コミュニケーション、思いやり、場を読む>能力が乏しいようです。

    忙しい時に、いちいち細かい言葉遣いを指摘されたら反発したくもなります。
    奥さまがもっとゆったりした気持ちで細かい言葉遣いにも気を配れるような環境作りをしてあげましょう。
    どちらが正しいか?なんて聞いていないで、もっと率先してお子さんのお世話をしてあげたらいかがですか?

    ユーザーID:6235784961

レス求!トピ一覧