文法の問題で夫婦喧嘩が!!助けて!!

レス124
(トピ主0
お気に入り601

趣味・教育・教養

まき

レス

レス数124

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 着てようと何だろうと、
    この場合服は手を拭くという動作の手段だから「で」。

    「服に手をなすりつけるな/なしくるな/なするな」
    等と混乱してんでしょ、
    こっちは動作の対象。

    ユーザーID:6355697758

  • 「拭きつける」なんて言葉ある?

    どうしても「服に」と言いたいのなら

    服に手をこすりつけないで!と

    言うべきでしょう。

    ユーザーID:3601216730

  • トピ主の使い方が正しい。

    何時間も「に」と「で」の使い方で喧嘩するのにも驚きですね。

    「 に」の使い方
    何かがある場所や到達地点を表す時に使う。
    所在地、目的地などを表現する時。

    「 で」の使い方
    何かを利用する時に使う。
    原因や理由を表す時にも使う。

    トピ主の「服で濡れた手を拭くな」が正しい日本語の使い方です。

    奥さんの「に」の使い方は変ですね。

    ユーザーID:9355076262

  • トピ主さんの妻は外国の方ですか?

    >妻「服に手を拭かないで!」

    「そういう表現は、日本語にはありませんよ。子供のためにも、もっと日本語を勉強してね。」と優しく諭してあげましょう。

    ユーザーID:4066545906

  • 正解を書いているのでは?

    <子供が服『を使い』手を拭いていた、、、

    手段や方法、
    つまり『〜を使って』を表す助詞は、
    「〜で」であり、
    「〜に」ではない。

    「〜に」は動作の到達点、つまり『〜に向けて』を表すので、到達点への動作を伴わない
    『拭く』という動詞と一緒には使いません。
    (手を服「に」『押し付ける』はアリです)


    ◯左手で投げる
    ×左手に投げる

    ◯バットで打つ
    ×バットに打つ

    ユーザーID:4705810572

  • 奥様は何人ですか


    服に手を拭かないで 

    ”に” は英語でいうところの TO ではないでしょうか?

    そうなると 意味合いが少し変です。

    ただ その奥さんに TO が ・・といっても

    また なにそれ?てなりそうですね。

    ユーザーID:4258519005

  • はっきりとは分かりませんが

    明確な説明が出来るのではありませんが一言。
    日本男性と結婚したある韓国女性が書いた本を以前読みましたが、このような言い間違いをしてしまうと書いてあった覚えがあります。
    着ている服は動かないから場所のどこどこに、としてしまうと言う理由でしたでしょうか。
    まあその場合トピ主さんのおっしゃるように拭き付けるが良いのでしょうかね。

    ユーザーID:6534176514

  • 服に手を拭かないで???

    って始めて聞きました。

    服で手を拭かないでは、「で」が格助詞で「○○を利用する」時に使う。

    服を利用して手をふくこと。

    「に」〜は、目的語だと思うので「服に手を触れないで」「服に触らないで」なら服を利用して手を拭いている。

    しかし、「に」には、何かを利用して「○○する」という使用法は無いと思う。
    ○○に手を触れないで/○○に手を触れないで は、触れるという動詞が「に」という目的語につながる。

    一方、「拭く」という動詞は○○を拭くというように「を」の前に付く名詞(ここでは手であり服ではない)を目的語にしている。

    うまく説明できなくて申し訳ないですが、「服に手を拭かないで」は、どうしても受け入れられません。

    ユーザーID:0154050572

  • 「で」と「に」

    私見ですが、、

    「手を拭く」というのは、「手の水分を取り去る」ということを意味してます。

    そして、「服で手を拭く」は「服を使って手を拭く」の意味であり、なんらおかしくありません。
    また、この文で、服の状態は無関係です。(着ている服かどうかは関係ない)

    一方、「服に」の「に」ですが、これは変だと思います。
    何故なら、「に」は目的やターゲットを指し示すからです。
    例えば、「山に行く」とか「先生に会う」です。
    しかし、「手を拭く」という言葉は「手の水分を取り去る」という意味であり、目的やターゲットは「手」または「水分」です。
    にもかかわらず、手前に「服に」という言葉をつけると、「に」で文をつないでいるにもかかわらず、「服」をターゲットとする言葉が後半に無いので、意味不明になります。

    これが、例えば「服に手をこすりつける」であれば、「手をこすりつける」という動作のターゲットとして「服」があるので、意味が通ります。

    というわけで、私はトピ主さんに賛成。

    …と、ここまで書いて気が付きましたが、もしかすると奥様は
    「手を拭く」=「手を(何かに)こすりつける」
    と、捉えているのかも知れませんね。
    手の水分が取れるのは、結果論というか、余録というか、とにかく主目的では無い。
    そうだとすると、「服に手を拭く」というのもアリなのかもしれない。
    まぁ、私は「水分を取り去る」のが主目的だと思うので、奥様の感覚は理解できませんが。。

    ユーザーID:1619046728

  • 「で」以外を使うのは論外

    日本語教師です。格助詞は日本語として一番大切で、これを間違えるのはネイティブ日本人としてはありえないと思っていました。
    奥様は海外の方?または、方言なのでしょうか?
    どちらでもないのなら、新聞など正式な文章を読むことをお勧めします。
    ネットの文章は文法的に間違っている場合が多々あります。

    結論はタイトル通りです。以下に文法的なことを記しておくので参考にしてください。
    尚、服を着ていても着ていない服でも『手段』として扱うのですから格助詞は同じです。



    連用修飾語の場合「に」と「で」は、以下の種類があります。
    「に」には並列を表すこともありますが、拭くというのは並列ではないので今回は省きます。

    手を拭くという行為を、服で行ったのですから、行為は「拭く」手段は「服」です。
    従って「服で手を拭く」が正解です。


    9時に始まる(時間)
    学校に集まる(場所)
    東京に行く(帰着点)
    遊びに行く(目的)
    母に借りる(相手)
    部下にやらせる、蜂に刺される(される・〜に〜される)
    一列に並ぶ(状態)
    氷が水になる(結果)
    咳に苦しむ(原因・理由)
    並立の場合

    図書館で勉強する(場所)
    飛行機で行く(手段)→ 今回はこれに相当します
    小麦粉で作る(材料)
    病気で休む(原因・理由)
    今日で連休も終わる(時限)


    余談ですが、敬語は丁寧語・尊敬語・謙譲語の3種類があります。
    最近は、テレビでもネットでも、丁寧にいうつもりで尊敬語を使うタレントが増えています。
    「おっしゃった」「なさった」は尊敬語です。目上でない人に使うのは不自然です。
    また、自分の家族のことを他人に説明する場合に「いただいた」など尊敬語を使うのは間違いです。

    ユーザーID:9625766050

  • 妻みたいな言い方は聞いた事がない

    拭くという動詞の前に『〜に』が付く言い方があるなんて、聞いた事がないです。
    拭き付けるで変換しようとすると常用外と出ます。拭き付けるという言葉自体が無い用法です。

    要するに、お子さんが着ているTシャツのお腹に濡れてる手を押し付けて拭こうとした、って感じのシュチュエーションなんでしょう?
    トピ主さんが正しい。

    ユーザーID:7943650328

  • 拭き付ける?

    拭き付けるとは何ですか?意味が分かりません。そもそもそれがおかしい。
    【拭く+付ける】のつもりなのかもしれないけれど、【拭く】で汚れを違うものに付けることだからさ。ふきつけるは吹き付けるだし。
    奥さんがおかしいのは同然だけど拭き付けるなんて言葉ないから。

    ユーザーID:1286187643

  • レスします

    このトピックを書いている時間に、その機械で
    格助詞 に で
    と検索すれば一発だと思います。

    奥様には、身に着けているエプロン、首にひっかけたタオルで手を拭く場合でもエプロンに、タオルに手を拭く、と表現するのか聞いてみたい。
    に/で を、身に着けているかどうかで使い分けるなんてないです。

    単純に「こすりつける」とかととっさのことで混同したとか、その程度のことで負けじとひねりだした屁理屈でしょう。
    奥様の理屈は「手⇒服(を着ている自分の体中心の視点)」または「手についた水⇒服についた水という水の移動」というふうに”動作の向き”を表すから”に”になる。
    しかし実際にはこの場合の服は手を拭く動作の対象(字を書くペンと同様)なので、ペンが胸ポケットにあろうがどこからか手に転がってこようが、ペン立てへとりにいこうがどうあがいても「ペンで字を書く」が「ペンに字を書く」にはならないのと同じです。
    ペンという対象と、書くという動作の間には移動や向きなんて概念がないように服と拭く間にもありません。

    そもそもですが、
    拭きつける
    って日本語は正しいの? 

    ユーザーID:6335685280

  • そんな日本語ありません

    「服に手を拭かないで」などという日本語はありません。
    「服に手をこすりつけないで」というのならわかります。

    「手を拭かないで」を付けるのなら「服で」しかあり得ません。

    ユーザーID:9628494778

  • 文法というか

    ことばの使い方ですね。

    服で手を拭く、にきまってるでしょ?

    >妻の言い分は、服で手を拭くというのは、着ていない服を持ってその服で手を拭いていたら服で拭くなというのは、わかるが、服に手を拭き付けているわけだから、服に拭くな、と言うではないか!と言い張ります。

    なんだか自分勝手な理屈ですね。服に手を拭き付ける?これもヘンな日本語だなあ。

    こんなのしっかりした辞書で「拭く」と「で」と「に」を調べればすぐわかることじゃないですか?
    ネット検索じゃだめですよ。

    ユーザーID:4575827656

  • 拭きつける

    「拭きつける」ってどんな動作ですか?。手持ちの辞典には載ってないんですが・・。

    ユーザーID:6718622025

  • トピ主が正しい

    『服(に)手を拭く』というのは、意味はわかっても文法的には間違ってると思います。『服に手をこすりつけないで』なら合ってると思います。

    ユーザーID:3710144033

  • 違和感はこれ

    服に手を拭かないで、は日本語として違和感があります。
    奥様の言いたい事を言うなら「服に手をこすりつけないで」かな。

    もう売り言葉に買い言葉になってるんでしょうから、ここはあなたが賢く「そういう事が言いたかったんだね、わかったよ」で引き下がったらカッコいいと思いますが。

    ユーザーID:6218692908

  • トピ主支持

    服で手を拭かないで、が正しいと思います。
    服での「で」は、服を用いてという意味ですから、服を持つ必要はありません。
    服を地べたに置いて、手をこすりつけるようにして拭いてもいいわけです。

    奥さんの、服にの「に」は、服に対して手を触れさせるという意味なので、拭くという言葉は適切ではありません。
    この場合は、擦り付けるという表現をする方がしっくりきます。

    ユーザーID:3975671187

  • トピ主に一票

    日本語教師でも国語教師でも専門家でもありませんが、30数年日本人として生きてきて感覚的に、まず奥さんの使い方は変だと思いました。

    これは私が理解している範囲に限ったことですが、
    「に」という助詞は、一緒に使われる動詞の意味の中に方向性、移動性があって、その移動先、目標地点、到達する点につきます。または、動詞にAからBへの一方向の作用がある場合です。私の中では、「に」には一方方向の矢印、「→」が入っています。
    京都に行く、誰かに尋ねる、赤に変わる、音にびっくりするなど。

    あるいは、受動体で、それをさせられる相手につきます。英語なら Done by XX の by にあたるのが「に」です。先生にあてられる、彼にふられるなど。

    拭きつける、の場合は「つける(付着させる)」なので、どこか「に」という意味合いが入っています。水分を付着させる「移動先」が追加できる意味が、拭きつけるにはあります。
    服「に」水分を拭きつける、は正しい。

    でも「つける」のない、「拭く」の意味の中には、方向性やその移動先を含む余地がないと思います。服「に」拭くというのはおかしいです。

    トピ主さんが言うように、手「を」服「で」拭く、が正しいと思います。

    ユーザーID:2856791033

  • では、

    タオルを身につけていたとしたら?それでもタオルに、って言うの??と聞いてみたらどうですか。手に持っていなくても、なにかを拭くための「手段」「道具」であれば身に付けているかいないかは関係ないです。

    しかし、こういう人に文法説明をぶつけても理解できないから解決しないと思います。

    あまり高圧的に論破しようとすると余計にひねくれますよ。

    ユーザーID:9124594883

  • 別に論破しなくても、、、

    私の言語感覚では「服に手を拭く」はないです。また「服に手を拭きつける」もないです。そもそも「拭きつける」なんていう表現はない。

    でもね、これは私の両親の出身地+私の生育環境で育まれた言語感覚です。日本のどこかの地域で「拭きつける」とか「服に手を拭く」と言う人がいても、へえ、そういう言い方するんだ!で終わりの話です。

    仮に、どこにもそんな表現をする地域なんかなくて、奥様が意固地になっておかしな表現を「言う!」と言い張っているのだとしても、いいじゃない、そんな細かいこと放っておけば。「へえ、君はそんな風にいうんだ。言葉って面白いね」で終わらせておきなはれ。

    ユーザーID:3672512012

  • 吹き付ける?

    「服に手を拭きつけるな」は理解できるって、トピ主さんも間違ってませんか?
    「ふきつける」と言ったら「吹き付ける」で「拭く」は「拭きつける」という言い方しないと思うんですが。

    ユーザーID:6168243999

  • 拭きつける

    「拭きつける」という言い回しを初めて知りました。

    しかし「服に手を拭かないで!」はおかしい。

    ユーザーID:0951772950

  • 服で手を拭かないで。

    ですよ。

    服に手を「拭きつける」という表現がおかしいから。

    ユーザーID:9286007867

  • 大変ですね

    それは大変ですね。
    お子さんにはハンカチやタオルを持たせましょう。
    それで解決じゃないですか。
    「服で」でも「服に」でも子供に伝わればいいんじゃないですか?そんなことで喧嘩するなんて時間と労力の無駄ですよ。

    ユーザーID:5166992631

  • こんなことで喧嘩になる?ぽか〜ん。。。

    こんな事で「助けて!!」って。。。
    大袈裟過ぎやしませんか?

    明確な理由?
    「服で手を拭かないで!」が正しい。
    「服に手を拭かないで!」は誤り。
    ただそれだけです。

    ユーザーID:0950645255

  • トピ主さんに一票!

    そもそも奥様の言っていることは全く理解不明。そんなこと言われても子供とっては何を怒られているのか理解できず、ただヒステリーに付き合っているだけの状況。ここで聞くより子供に確認してみるのが一番かも?お父さんとお母さん、どっちの言ってることが理解できる?ってね。

    ユーザーID:6375266996

  • 明確ではないですが

    >服に手を拭き付けているわけだから

    ふきつけている、とは言いません。
    方言までは知りませんが。

    「吹き付ける」を音で聞いているから
    そういう言い方があると勘違いしているだけでは?
    広辞苑にも、「拭き付ける」はありません。

    >「服に手を拭かないで!」

    私も、服で手を拭くとしか言いません。

    ユーザーID:9125193631

  • 「着ている服で手を拭かないで」

    で良いのでは?

    ユーザーID:0249148697

  • 何気なく使っている助詞も

    よくよく考えてみると、結構難しいですよね。

    「に」と「で」の使い分けですが、「に」は、何かある場所や動作の到達点を示す場合に、「で」は、元々「〜を利用する」という意味があり、動作の行われる場所・手段・原因などを表す場合に用いられるとされています。

    校庭「に」サッカーボールがある。校庭「で」サッカーをする。木「に」上る。木「で」木刀を作る。逆ではしっくり来ませんよね。

    さて、ご質問の件、「手を拭く」という動作を服を「手段として」行う訳ですから、「で」が正しいと考えられます。

    ユーザーID:7206957724

  • 家庭で正論が通るなんて思わない。

    無理が通れば道理は引っ込むのです。

    文法が正しくても
    その時怒るのは妻にではない。
    子供にちゃんとタオルやハンカチを
    使いなさい、と諭すのが夫です。

    忙しい時に細かいことを
    ごちゃごちゃいう夫。

    イラッとされる奥様がかわいそうです。

    ユーザーID:1542514070

  • 主語とか述語とか

    「あなたは(子供)」
    「服で」(服でもって・服を使って)
    「手を拭かない」

    これの命令形なので、語尾は「拭くな」に変化。
    命令形にありがちなで、主語は省略。

    で、「服で手を拭くな」の完成。

    「に」は使いません。

    ユーザーID:1315000274

  • 『で』が正しいけど

    『で』は、行為の手段、方法を表して、『に』は行為の帰着点を表す、とでも言いましょうか。
    『に』を使うのは『つける』の帰着点だから。奥さんが『拭きつける』のつもりで言ったとしても『つける』は奥さんの頭の中にしかなく、口から出たのは『拭く』だけ。
    『拭く』には帰着点はない。

    余談だけど『拭きつける』ってあまり言いませんね。
    それを言うなら『擦り付ける』でしょうかね。
    『つける』が後ろにつく複合語は、『押しつける』『吹きつける』『切りつける』などありますが、いずれも前半と後半の行為の方向が一致してるんですよね。
    『身体を(押す+つける)』『塗料を(吹く+つける)』『包丁で(切る+つける)』『手を(擦る+つける)』
    だけど『拭きつける』は『手はなにか別のもので拭かれ+手をつける』んですよ。わかります?そのためなんとも収まりの悪い表現となっています。
    私は『拭きつける』自体が、誤った複合語と思いますが、主さんも違和感をお持ちでないとすると、方言的な言葉かもしれません。その場合、ここで『に』の正誤を問うても、言語感覚が違うので答えられませんよね。

    ユーザーID:9207069601

  • なるほど

    (自分のか他人のかを問わず)着ている服に濡れた手をこすりつけて水分を除去している状況ですね。

    「服に手を拭かないで!」は「拭く」を自動詞として使っているのでしょうか?
    このような表現を私は初めて目にしました。

    国語学者の方が文法的に説明してくださると思いますが、奥さんを論破して納得させられるかは甚だ疑問かもしれません。

    ユーザーID:8545645483

  • まあまあ…

    妻を論破できる方法は…って、わざわざ掲示板で意見を求めてまで奥様をやりこめたいですか?

    まあ、私も「服に拭く」って???とは思いますけど、そこはご自分の言葉でお互いの言い分をぶつけ合うのではダメですか?

    なんというか…なんとしてでも妻に「すみませんでした、あなたが正しいです」と言わせたいというその感覚がちょっとコワイです。

    ユーザーID:7937871956

  • きいたことない

    〜に手を拭く、なんて聞いたことありません。手に持ってるかどうかは関係ないです。もしかして、奥様は、服に手を擦り付ける、と混同してるのでは?

    ユーザーID:5560311404

  • 問題はそこではない

    言語学の専門家ではありませんが
    素人として聞いた語感ではあなたが正しい。

    何で手を拭いたのか?
    手を何で拭いたのかが主題です。
    うっかり、意図せず、つい無意識にやって
    しまった行動の場合は「服で」拭いた。
    意識的、意図的、わざと、あからさまに
    やった行動の場合は「服に」拭いたです。
    無意識な行動=「○で」
    意図的な行動=「○に」
    素人の解釈ですが、そんな印象ですが、
    前後の言葉によっては、逆になるでしょう。

    「服に」を正しい表現にするためには
    「服に拭いちゃダメでしょー?」という
    問いかけの会話であれば「服に」でも正しい。

    「服に手を拭かないで!」という
    「服に手を」の部分の日本語がかなりヘン。
    相手の言い分もわからないわけではないが
    語感的にも会話的にも大変不自然な印象しかない。

    しかし本当の問題はそこではない。
    女性を相手に正論な会話は倍返しされますよ。
    相手が間違っていてもスルー放置する力を
    あなたは身につけないといけません。

    女を論破したら大変。ずっと恨み続けます。
    20年後、30年後にこの話を持ち出されて、
    再度、戦う労力も平気ならどうぞ。
    夫婦間で夫が黙る理由はそこです。
    妻を論破したら、さらに面倒臭いだけ。
    相手にしないのが一番。

    まず女を相手に正論で論破しないこと。
    いかなる正しい論破も
    受け入れる相手ではありません。
    新婚ですか? 
    あなたはまだ甘い甘い。

    ユーザーID:1383484125

  • でが正しい

     子供が手を伸ばして服を取り「それで」自分の手を拭いた。

     「に」だと、子供が手を伸ばしてそこにある「服に」手を拭いたことになる。

     意味がわかりますか?

     タオル掛けにタオルと服がかけてある。子供は服で手を拭いた。それなら服「に」手を吹かないでタオル「で」拭いてとなります。

     

     
     

     

    ユーザーID:8803563097

  • 論破したところで

    確かに奥様の「服に手を拭かないで!」は文法的におかしいと思います。
    私も「服で手を拭かないで!」といいます。

    私は関西人ですが、奥様のような表現を聞いたことはないです。
    ただ、思ったのは文法的に間違っていてもそれが方言である可能性はないのでしょうか?でなければ奥様はかなりの言葉足らずな表現を普段からされているのかしら?補足しないと伝わらないのであれば、最初から補足した表現をするべきだとおもいますけどね。後から屁理屈こねていちいち説明するのめんどくさくないのかな。

    確かに小学校の文法のテストで「に」を使ってしまった場合は丸はもらえません。お子さんに対して正しい文法を使ってほしいと思うのは親心です。

    ですが、論破することが目的というのもどうかと思います。
    奥様もあなたの言い方に売り言葉に買い言葉で引っ込みがつかなくなったとか。

    論破して勝ったところで、夫婦間のわだかまりは深く残るのではないでしょうか?
    くだらないことを論破することより、気持ちよく家族が生活するほうが大事だと思いますけどね。

    あなたには優しさが足りないと思います。

    ユーザーID:8535337333

  • 方言なのかな?

    所在や目的の"地"もの"をあらわすときには「に」
    「で」の基本的な意味は「利用する」
    文法上そうなってると記事で読みました。

    タオルの無い場所で「手を拭いて!」と言ってみたら「なにで拭けばいい?」と答えませんか?

    服で手を拭く、が正解です。
    いや、正解じゃないです。タオルを使いましょう。

    ユーザーID:2338153111

  • あなたが正しい。

    奥さま・・・大丈夫?
    服に手を拭かないで!なんて日本語、すっごく変だけど。
    本気で言ってるの?
    読めば読むほどすっごく気持ち悪い。

    だったら、「汚れた手を服に付けないで」って言えばいいのでは?

    私は論破できるほどの説明力はないけど・・・
    ずっと日本語を使っている身としては奥さまの日本語は変だし、気持ち悪いものです。

    外国の方の間違えって感じですね。
    だったら服に手を拭かないでと言われても気になりません。

    ユーザーID:3793986268

  • 妻がおかしい

    服を手に持っていようが着ていようが、服が「手を拭く」ことの手段で
    あることは変わりないので、「服で」とするのが正しいでしょう。

    どうしても「服に」と言いたいなら、
    「服に手に付いた水滴をつけないで!」
    「濡れた手を服につけないで!」
    などになると思いますが。

    ユーザーID:1517900747

  • 言葉の持つ意味からその言い方はできない

    奥様がおっしゃるのは
    服が不動で手が動なのだから服で何かをする、つまりまるで服が動な表現はおかしいということですね。
    その気持ちはわかります。
    けれども「拭く」という言葉には「何か【から】何かを取り除く」「そこ【から】何かを取り除くことであるものを綺麗にする」意味合いしかないため、「何か【に】拭く」という言い回しが成立しません。
    服に拭く、は間違いです。

    ユーザーID:5764026236

  • 「で」

    服「で」

    でしょう。
    「服に」なんて聞いたことがないです。

    国語辞典で調べましょう。手段や道具の前に付ける助詞「で」です。

    拭く…何「で」?服「で」、です。

    ユーザーID:4338478392

  • どちらでもよい

    「どこに」拭くかと、「なにで」拭くかの違いです。

    妻「服に手を拭かないで!」
    「に」は、服が手を拭く場所であることを示しています。
    私「服で手を拭かないで!
    「で」は手を拭くのに服を利用することを示しています。

    着ている服は静止しており、拭く手のほうが動いている状態であれば、服を場所と捉えるのは、自然な表現だと思います。

    どちらの言い方でも間違いということはないと思います。

    ユーザーID:6314134430

  • レスします

    妻「服に手を拭かないで!」
    私「服で手を拭かないで!でしょ。」

    あなたが正解でしょう。

    「服に」ではじまる場合は「服に手をこすりつけないで」などでしようね。

    ユーザーID:6959447861

  • 主が正しいがスルー

    論破する必要も無いしメリットもありません。相手も間違いに気づいてるはずです。

    ユーザーID:6305630205

  • 拭きつける?

    うーん、そもそも「拭きつける」っていう表現がよくわからない。
    今まで聞いたことありません。多分・・・。

    「服(という対象物)に 手を」ときたら 「付けないで 近づけないで 当てないで」でしょうね。

    逆に服で手を拭いてほしいときは
    「服に手を拭いて」
    タオルで手を拭いてほしいときは
    「タオルに手を拭いて」って言うんですか?奥様は。

    服をタオル代わりの道具として使うならば「服で」が正しいと思うのですが。
     
    「服に」で始めたいならこの場合の正確な状況表現は「服に手を付けて拭かないで」でしょう。
    奥様の頭の中でいろいろ省略されてるようですが、今のところこの表現は世間一般では通じませんね。

    ユーザーID:7908630597

  • 「に」と「で」の違い

    「に」は、目的地をあらわす場合に使います。
    存在している場所・時間のことです。

    「で」は、利用される場合に使います。
    何かをするためのこと、利用方法のことです。

    例をあげると・・・

    テーブルにコップがある。
    テーブルでコップがある。

    コップがどこに存在しているかを表しているので「に」が正しい。



    服に手をふく。
    服で手をふく。

    服を手をふくものとして利用しているので「で」が正しい。



    服に手を拭きつける。
    服で手を拭きつける。

    手をふきつける場所が服なので目的地をさしているので「に」が正しい。



    服に手を拭かないで。
    服で手を拭かないで。

    「吹かないで」と命令形で話しているので、動作をさしています。
    存在や目的地をあらわしているわけではない。
    利用方法をさしているので「で」が正しい。


    違い、わかります?
    奥さんが違いを説明していますが、日本語的には全く意味がありません。
    持ってきた服とか、すでに着ているとか、意味不明です。
    服がどういう状態かなんて関係ありません。

    服が目的地なのか、利用するものなのか、の違いです。

    ユーザーID:6258292241

  • トピ主さんに同意します。

    服で手を拭くな が正しいと思います。

    ユーザーID:9854390246

  • 独創的すぎる解釈ですね

    2点間違っています。

    「拭く」に付く連体修飾語は手段や場所に使う「で」のみで、「に」は使わない。なぜと言われても日本語の決まりなので理由はない。納得いかないなら「〜に拭く」と書かれている文章を探してみてください。どこにもないはずです。

    「拭き付ける」という言葉はない。「吹き付ける」ならあるが、意味が違う。

    ユーザーID:5754226071

  • 初めて聞きました

    文法的な説明じゃなくてすみませんけど

    「服に手を拭かないで!」
    こんな言い方は初めて聞きました。違和感があります。


    どこかの方言とかの可能性は?

    ユーザーID:0073612162

  • 「拭く」は「に格」をとりません

    主さまが正しく、奥様が間違っています。

    日本語すべての動詞には必ず必要な必須格と、省いてもよい任意格という格要素が定まっています。
    「拭きつける」は、何かを拭き付ける先(目標格、goal)が必要であり、そのgoalは「〜に」という形で表現されます。よって「服に拭き付ける」は正しい(「服」が何かを吹き付ける目標)。一方、「拭く」の必須格は主格(動作主、「私」など)と拭く対象「手」のみです。目標格は不要であり、つけると不自然です。よって、「服に拭く」は日本語として間違いであり不自然であるのです。

    このように、似たような意味や動作を表す言葉であっても、「拭きつける」と「拭く」は異なる言葉であり、それぞれに付随する格要素は異なっているのです。例えば、「食べる」と「食事する」。「食べる」は他動詞ですので目的格(を格)が必要ですが、「食事する」は自動詞ですので目的格は不要です。「寿司を食べる」と言っても「寿司を食事する」とは言えないのです。

    簡単な日本語文法の規則です。

    ユーザーID:9928484403

  • 自分的には

    今まで考えたことなかった。
    差があるとしたらどちらを主として動かしたかかなぁ。

    奥さんの「服に手を拭かないで!」

    は服が受け手。
    服 ← 手
    服に対して手を拭く動作をする。
    服になすりつけるように拭いているならこっち。

    トピ主さんの「服で手を拭かないで!」

    は手が受け手。
    服 → 手
    服を持って手を拭きに動かす。
    服をめくりあげて手を拭くならこっち。

    なイメージです。

    個人的には どっちでもいいじゃん! です。

    ユーザーID:2749171199

  • 夫を支持

    服に:何かを「服に」付ける場合に使う。ボタンを服につける。汚れを服につけてしまった。油を服に跳ばした。服についてから戻らない感じ。
    「服に汚れを付けないで」なら成立すると思う。
    服で:服は手段であるばあい。今回の場合は「手」が中心である。
    『「服で」手を拭かないで』が通常の国語であると思う。
    口をナプキンでぬぐう。と同じ。

    ユーザーID:4378761198

  • あなたに1票

    「拭く」という動詞を辞書で調べると、例文に◯◯で拭くという使い方は出てきますが、◯◯に拭くというのはないようです。
    服を着ている、着ていないに関わらず、「拭かないで」と注意するなら「服で」と言うのが一般的ではないでしょうか?
    動詞を変えて、「つける」を使えば、「服に手を拭きつけないで」「服に手をこすりつけないで」で問題ないと思います。

    ユーザーID:5563461817

  • 「拭きつける」が問題

    「拭き付ける」という言葉が問題かと思います。
    あまりこうは言わないのですが、「拭き」+「付ける」と意識されているのでしょうか。

    この場合、「付ける」という行為が主体と認識されているように思います。
    つまり、「服に付ける」(手を)であり、これならば当然「服〈に〉」で間違いありません。

    しかし、「付ける」を含まない場合は「服に拭く」ということはありえませんので、ここはどうしても「服で拭く」としてほしいところです。

    したがって、最初の例では「服で手を拭く」だけであればこちらの〈で〉。
    「服に手を拭き付ける?」まで続ければこちらの〈に〉もありかもと思いますが。

    ユーザーID:6147726573

  • お疲れ様です。

    文法的な事は分からずお役に立てなくて申し訳ありませんが、トピ主さん支持です。
    着ている服と着ていない服では違う…はて?
    奥様の日本語は不思議ですね。

    ユーザーID:8730657528

  • 夫に一票です

    服「に」なんて言い方はしませんし、今初めて耳にしました。
    どこかの方言ですか??
    手を拭く手段方法としての服なのですから、「で」でしょう。
    携帯で写真を撮る。
    石鹸で体を洗う。
    辞書で意味を調べる。
    「で」を「に」に変えて、意味が通じますか??
    携帯「に」写真を撮る。‥携帯の中に取り込むというような、違う意味合いになりますよね。手段としては不自然。
    石鹸「に」体を洗う。辞書「に」意味を調べる。‥とは言いませんよね。
    文法で論破って‥このニュアンス、センスがわからないの?「日本人」なのに?
    わからないのなら、妻は日本語が不自由だと思います。日本語を母国語としていないヒトなのかな?
    こんなことで喧嘩とは‥呆 
    お子さんの日本語教育が心配。お父さん、がんばってください。
    妻も、子どもと一緒に日本語の勉強をしてください!

    ユーザーID:1645403368

  • 拭きつける、とはなんぞや

    助詞の使い方の問題ですね。
    「に」は動作の到達点を表すときに使う助詞。
    「を」は動作が行われる場所、手段、原因を表すときに使う助詞。
    よって、文法としては、トピ主さんが正しいです。

    そもそも、「拭きつける」という言い方がおかしいですよ。
    その行為を「ふきつける」とは言いません。
    前提が間違っています。
    奥さんの実家、育ってきた環境で使われていた造語じゃないですか?
    「拭く」とは表面をこすり、水や汚れを取り除く動作を表す言葉です。
    その「拭く」と「つける」と一緒に使うのは考えられないです。
    奥さんの言わんとしていることは「塗りつける」にちかいのかな、と思いました。
    いずれにせよ、日本語は正しく使ったほうがいいですよ。

    ユーザーID:7744147871

  • まず

    拭き付けるという言葉は辞書で調べても載っていませんでした。「吹き」つけるならありましたがそれは「スプレーを壁に吹き付ける」「風が屋根に吹き付ける」などです。

    拭く道具が服なわけで、服に向かっていくわけではないので、服「で」拭くで当然宜しいかと思います。withであってtoではありません。

    ユーザーID:3747853476

  • あなたが正しい

    何で手を拭いたか=服で
    着ている服でも、服で手を拭くなとなりますね。

    「服に手を拭きつけるな」
    これ自体がおかしいです。

    ユーザーID:1010597711

  • 両方とも格助詞だけど

    「で」には動作の対象を示す場合があるけれど、「に」には使用上ありません。

    明らかに奥様が間違っていますけれど?

    それを正確に伝えられないトピ主さん、「間違っているよ」と言われて逆切れする奥様ではその関係の方が直さないといけないものを含んでいるのでは?

    ユーザーID:2095970055

  • もしかして

    奥様は日本語が母語ではない方ですか?
    もしそうだとしたら仕方ないですが。

    いずれにせよ、そんなに言い張るのは、何と言うか、結構すごいとは思います。

    ユーザーID:8523403685

  • いや

    子供を叱らなければならないタイミングで
    叱る側の言葉尻捕まえて揚げ足とって
    喧嘩売るのは言葉の正しさ以前の話だよな、とは思いましたが。

    ユーザーID:5018527953

  • 格助詞「で」です

    単なる兼業主婦ですが、回答します。
    あるサイトからの引用です。

    格助詞「に」
    ものを移動させる行為を表わす動詞について、対象であるものの到着点を表わします。
    例 壁に写真をはります。
    例 ゴミ箱にごみを捨てます。

    格助詞「で」
    手段・方法を表わします。
    例 ペンで字を書きます。
    例 スで学校に行きます。

    「服(手段)で手を拭かないで」
    が正解だと思います。
    奥様の「服に」を使う場合は
    「服(終着点)に手(対象)をつけないで」
    の方が適当ではないでしょうか。

    というわけで、「拭く」と「つける」の使い分けはあるにせよ、手を拭いた手段が服であることを指摘したいのか、「手を服につけた」こと自体を指摘したいのかでニュアンスが変わります。また、しっかり水気を取るように「拭いた」のか、チョンと触るように手をつけたのかにも寄りますね。

    状況によりどっちもありです。
    「これからは服で手を拭いたらだめ」と注意したいなら「で」。
    「ちょっと、服に濡れた手をつけないでよー」と起きた事柄を受動的に言いたい時は「に」がよろしいのではないでしょうか。

    ところで、このシーンは奥様の服?
    自分が着てる服にやられたら、咄嗟に
    「服に手をつけないで!」と言っちゃうかもですね。「つけないで」ですけど。

    ユーザーID:5721203388

  • トピ主に一票

    奥様、大丈夫ですかね?
    そもそも手を拭きつけるって、なんですか?濡れた手をなすりつける、でしょ?
    あ、しかしながら方言なら、さにあらずですよ。方言には日本語の文法に当てはまらない表現が多々ありますから。
    でも、タオルに拭く なんて聞いたことないですよね?お住まいの地域では使われるのでしょうか?タオルで拭く が正しい。
    つまり、主さんのおっしゃるとおり、服で拭く が一般的です。

    ユーザーID:0712584527

  • 初めて聞きました

    トピ主さんの服で「手を拭かないで」が正しいと思います。
    奥様のおっしゃる「着ていない服」であろうと、「洋服」を使って「手」を拭く行為をする時は、服で手を拭かないでが正しいのでは。

    「服に手を拭かないで」って言われたら「えっ?」です。
    服で手を拭かないでってことだろなと察しますが、日本語として通じないと思います。

    ユーザーID:7862040800

  • どちらの方?

    「服に拭く」も言わないし、「服に拭きつける」も言わないです。どこかの地方の方言ですか?

    それにしても、こんなことで喧嘩したり、論破しようとしたり、、、疲れませんか?

    ユーザーID:8245543161

  • 私も

    トピ主さんの意見に賛成です。

    服に拭くな
    は、意味が分かりません。

    もしかして方言とか??

    ユーザーID:9679422389

  • 服で手をふくのが正当

    これ常識です

    ユーザーID:1880724428

  • 奥様は日本語が母国語ではないのでは?

    >>「服に手を拭かないで!」

    半世紀以上日本人やってますけど。
    そんな表現は聞いたことがありません。

    奥様の言い分は、
    ただのこじつけ、
    または屁理屈だと思うので、
    文法ではなく「感情」で物を言う人と争っても、
    時間の無駄です。

    服を「着ている人」がその服で手を拭いても、
    「着ていない服」を持って手を拭いても、
    日本語では『服で手を拭かないで』です。

    「服に手を拭かないで!」が正しいのなら、
    そう書かれている書籍を見せてくれと言ってみたらどうですか?
    逆に、「服で手を拭く」なら、
    辞書の例文等で出てくると思います。

    ユーザーID:4251259299

  • 拭きつける?

    服に手を拭き付ける?そんな言い方あるんですか?服に、スプレーなどで “吹き付ける” ならともかく、“ 拭き付ける”? 生まれて初めてききました。それはともかく、
    ご質問の答えは “服で手を拭く” です。トピ主様が正しい。手に持った服か 着ている服か は関係ないです。が、そもそもそんなに悩むほどのことですか?
    そんな時は辞書をみればよいのでは?辞書がなくても、ネットでチェックできますよ。どうしても“〜に” にこだわるなら、“服に手を擦り付ける” という言い方もありますが? 奥様、相当頑固な方のようですけど、ここはトピ主様の心の広さで、どうか穏便に!

    ユーザーID:5560311404

  • 服で手を拭いて

    服で手を拭く
    服に手を拭きつける

    が、おっしゃる通り、文法的に正しい文です。

    この場合の「で」は、行動(動詞)に伴う道具を表す助詞で、
    「に」は、行動(動詞)の向かう先の場所を表す助詞となります。
    したがって、「に」を使う場合は、後に、方向性の意味を含む動詞を用います。
    具体的には、「行く」「来る」「向かう」「到着する」などです。以下のような文例が考えられます。

    会社「に」書類を「持って行く」
    服の上「に」手を「置く」
    服「に」ワッペンを「つける」


    奥さんの場合は、手を拭いて濡れてしまう「服」に意識がいって、「服に」という言葉が出たのでしょうね。
    日常話す言葉が完璧に正しい文法であるわけではないので、優しく穏やかに論破してみてください。

    ユーザーID:8023080447

  • 「拭き付ける」って単語がまずおかしい

    「拭く」は「汚れや水分を取り去ること」という意味ですから、
    手段を表す「ーで」をつけて「服で拭く」とは言いますが、
    場所や着点を表す助詞「ーに」をつけて「服に拭く」とは言いません。
    意味が通じなくなります。
    言いたいことはわかるけど、文法としておかしい。

    「服で拭く」という文だけでは、その服がどういう状態なのかを判断することはできません。
    着ているかもしれないし、いないかもしれない。
    新品の服かもしれないし、中古の服かもしれない。
    男性の服かもしれないし、女性の服かもしれない。
    「服」という情報しかないんだから、「手で拭くと言えば、着ていない服」とは言えない。

    奥様の言い分は個人の感覚から言っているだけですよね。
    それこそ奥様に文法的に根拠を示してもらったら?

    それから辞書に「拭きつける」なんて単語自体がないと思う。
    意味はわからなくもないけど、「拭く」と「付ける」は反対の意味なので一緒にすると意味が成り立たない。
    手元に辞書がなく、ネットの辞書だけでしか調べてないので、もしあったならすみません。

    ユーザーID:5867671603

  • 服に拭く はおかしい

    奥様のご実家での用法だったのでしょうね。
    これを通していれば、お子さんも影響を受けて外で披露してしまう様になるので
    阻止したいですよね。

    「服で拭く」が服を着ていない場合のみなんてないと思います。
    てにをはの「に」は、到達点を表し、「で」は手段を表します。
    強いて「服に」とくれば、「拭く」ではなく「水を付ける」とか
    「水を染み込ませる」とか繋がるものであって、
    でもそれでは本来の目的がぼやけてしまい、
    そういうを総じて「拭く」となる訳ですからやはりその前は「服で」になるものです。

    まあこういうのは頭から信じて疑わないものでしょうから、
    奥さんをどうこうするのは、ここを読ませるくらいにした方が良いです。
    それよりはお子さんが間違った用法を身に付けない為、
    「お母さんはああ言っているけど、お父さんは違うと思う。
     これをお友達に聞いて自分で使い方を決めなさい。」とでも言ってあげてください。

    ユーザーID:7972492737

  • 服で手をふくな、でしょう

    そもそも、「服に拭く」という表現はないのでは?意味わかりませんよ。「服に汚れを塗りつけないで」これなら言うけどね。

    ユーザーID:4845950899

  • 主さん支持かな。

    服に手を拭くっておかしくないですか?
    それだったら、服に手を拭き付けないで!と叱るなら納得ですが。
    やっぱり服で手を拭かないで!が正しいと思います。

    うまく説明は出来ませんが、
    お子さんがもし外でそれを言ったら、
    奥様と同じように、誰かに訂正されるのでは?

    服に〜と言いたいのであれば、
    服に拭いつけるな!が正しいと思います。
    それでも私は服で拭うな!と言いますが。

    「物」と「こと」の主体がどちらかってことですかね。
    服が主体であれば、「この洋服に〜〜しないで!」となるなら分からなくはない。
    でも「行動」を主体とするなら、
    「洋服で手を拭くことをしてはいけない!」となると思うのです。
    何か難しい....でも、私ならこんな奥さん嫌だな!←すみません、雑な〆で。

    ユーザーID:7083453792

  • 服で手を拭くが正しいです

    服で手を拭く、が正しいと思います。服に手を拭く、なんて聞いたこともありません。
    奥様は昔からご本をあまり読まれない方なのでしょうか。
    そもそも、拭きつける、なんて言葉は存在しません。分かりやすく言うと「撫で壊す」と同じくらいの違和感です。
    「拭く」というのはそもそも何かを「取り除く」意味合いの言葉ですから、「〜に」という到達点を表す助詞と組み合わされることはないと思います。

    ユーザーID:5656617011

  • 奥様の文法は可笑しい!

    「服に手を拭かないで!」
    ありえない文法です。キモチワルイ位…。
    奥様は日本人ではないのでしょうか?

    もし「に」を使いたいなら
    『服に手を拭き付けないで!』ですよ。

    「存在(場所)を表す動詞」の場合は「に」です。
    「動作(行為)を表す動詞」の場合は「で」です。

    拭くことは動作(行為)なので
    「拭く」を使うなら「で」になります。

    拭くに「〜付ける」を付ければ
    どこか目的地(帰着点)が示されるのが分かりますか?
    「動作(行為)を表す動詞」が「〜付ける」を付けることによって
    「存在(場所)を表す動詞」に変化したのです。

    文法は検索すれば山ほど出てきますが
    「服に手を拭かないで!」を正しいと主張出来る人に
    文法を説明しても理解できるかしら…。

    ユーザーID:9621183650

  • みんなの言うとおり

    トピ主が正解!
    奥さんの国語力が問題。

    服に手を拭き付けているなんて表現はありません。
    拭くと付けるを一緒にして、(水滴など液体を)吹き付けると
    ゴッチャになっているのかと思います。

    ユーザーID:8731271195

  • どっちが正しい?

    って、あなたが正しいに決まってるでしょう。
    奥さん日本人ですか?
    「服に手を拭かないで!」ってなんですか、この変な日本語?
    こんな言い方する人は私の周りにはいません。
    海外育ちのうちの子供達だってこんな変な日本語は使いませんよ。
    お子さんの日本語が変にならないように気をつけてあげてくださいね。

    ユーザーID:4741332331

  • 「服に手を拭かないで!」?

    すみません
    意味わかりません。
    日本語なの?
    標準語?
    どこかの方言?

    「服に手を拭き付けている」
    こちらも同様です。
    ナニ語でしょうか?

    関西人には理解不能です。

    「服で手を拭かないで!」
    これは普通に使う言葉です。

    従いまして
    トピ主さん支持です。


    でも、正確な理由の説明は出来かねます。
    「奥さんの文なんて聞いたことナイから」じゃダメ?

    ユーザーID:6137673272

  • 喧嘩の原因は文法ではない

    「お子さんが服で手を拭いた」ことを奥様が叱ったわけです。
    この出来事の本質は「お子さんが服で手を拭くことをやめさせたい/躾けたい」というもの。
    それなのに、あなたが奥様のどうでもいい言い間違いを指摘しては
    奥様の威厳が保たれません。
    引っ込みがつかなくなってしまったんでしょう。
    それでお子さんが「ママも間違ってるじゃん」と思って納得しなかったらどうするんですか?
    子どもが聞いていないところで指摘すれば、奥様だって聞く耳を持ったと思いますよ。
    本当は、奥様も自分が言い間違ったことに気づいているんじゃないですか?

    ちなみに、「拭く」は他動詞なので「服で手を拭く」が正しいと思います。

    ユーザーID:3274547027

  • ひょっとして奥様は動いてる方がどっちかを考えてる?

    ひょっとして奥様は「拭く」と言う動作が、水分やほこりを取るために拭う動作を表すと思っておられるのではないでしょうか。

    手に持った服の場合は服を動かすことで水分を取っている。だから服「で」拭くが正しい。
    でも着ている服の場合は手の方を動かしている。だから服「に」拭くとなる。

    と言うのが奥様の理屈ではないかと推察します。

    ちなみに奥様はタオルハンガーにかかったタオルで手を拭くことを何と表現されますか?
    私が推察した奥様の理屈では、手に持ったタオルは「タオルで手に拭く」だけど、タオルハンガーにかかったタオルで拭いている場合は「タオルに手を拭く」になるのではないでしょうか。

    拭くという動作は、布や手などで埃や水分を取り除くことを意味し、動いているのがどちらかという事は「拭く」の意味の中に含まれません。

    それはあくまでも○○「で」△△「を」拭くという助詞で対象物と手段を表します。

    こすりつける、塗りつけるなどは動いている方に使う言葉なので、その場合は「服にこすりつける」で正しいです。

    ユーザーID:2722009768

  • スイカが売ってた

    服に手を、は初耳で相当斬新ですが
    「スーパーでスイカが売ってた」とか言う若い人いますよね。
    スイカを売ってた、もしくはスイカが売られてた、でしょ?と言うと
    「イマドキは皆こう言ってまっすー!」と言い返されます。

    ユーザーID:8153644919

  • 外国の方なのかな?

    日本語学校とかで文法を教わってきて、間違った解釈をして・・・でもそれに気が付かずにトピ主さんが間違っていると鼻息荒く指摘している感じかな?

    普通にずっと日本で暮らしている生粋の日本人ならそんな変な日本語は使わないと思いますが・・・・。

    もし日本の方だとしたらお子様に正しい日本語と伝えられるのか心配。
    最近、汚い言葉や間違った言葉を話す若い人達が多いのは、トピ主さんの奥さまみたいな人が子育てしちゃってるからだったんですね、納得・・・。

    奥さまに期待はできそうもないので、お子様には字が読めるようになったら本を読ませてあげて下さい。正しい日本語に触れる機会を多く作ってあげないと変な日本語を使う人間になってしまいます。
    日本人なのに日本語ができないって致命的です。いずれやってくる受験や就活に不利になりますよ。

    しかし・・・奥さま・・・大丈夫なのかな??
    レスを読んでの奥さまの反応を知りたいです。

    ユーザーID:8235455856

  • やはり変ですよね

    まず最初に、「拭き付ける」という単語が分かりませんでした。
    これは「何かを拭いて、その汚れ等を別の何かにつける」という
    意味なのでしょうか。辞書でも見つかりませんでした。

    「拭く」は紙や布でこすって対象物の汚れや水分を取り去る動作です。
    紙や布は「拭く」時に用いる素材なので「〜で拭く」と表現されます。

    この場合は対象物が手、用いる素材は服(実際に動かすのは手ですが、
    相対的に見れば服で手をこすっています)なので「服で手を拭く」に
    なります。

    「〜に」は動作の目標や対象を表すので、仮に「服に手を×××」と
    言いたいならば違う動詞を用いるべきです。ただし「拭き付ける」は
    上記の通り疑問です。

    なお私は「〜に手を拭く」という表現に出会ったことはありません。

    ユーザーID:6158916726

  • 簡単です

    本場で、英語文法の講師が、教えてくれました。
    「インターネットの時代。この表現は用法的にアリなのか?と疑問に思った時は、その例文で検索しなさい。ズバリ同じ表現が大量に検出されたら、アリ。限定的で、かつ少なかった場合は、ナシと判断していい」と。

    「服に拭く」で検索したら、このトピしか出てきませんでしたよ。
    「に拭く」だと、「こまめに拭く」「先に拭く」「キレイに拭く」といった用法だけ。

    まったく検索結果にひっかからない時点で、この世の中、そんな表現をしている人はまずいないということです。

    奥さん、意地はってるようですけど、間違いは間違いって認めないと。大人なのにみっともない。

    ユーザーID:8459901824

  • 何が正しいかって

    まずさ、文法とかどうでもいいのよ。
    奥さんを「論破」しようとしてるのが間違いなのよ。
    そこに気づかないと・・・・

    次にさ、文法とかどうでもいいのよ。
    なぜならばさ、話し言葉(特に若者言葉)なんて文法無視してなんぼでしょ?

    「○○に手をふく」って聞いたことないし違和感しかない。
    皆さんおっしゃる通り、方言なら別ですけどね・・・

    私、国語の教員免許持ってますけどそう思います・・・・

    ユーザーID:4655927656

  • 何だかなあ

    「服で」が合っていると思います。

    ただ、トピ主様は自信がある癖に、
    この様に公共の掲示板で仲間を募るのは
    色んな意味で小さすぎて、頂けないです。

    私は国語が得意だった人間ですが、
    よく慌てている時や怒っている時に
    勢いで、言い間違いをする癖があります。

    そんな時、自分でもちょっと変な言い回しになったと、
    思っています。
    でも、大方通じればいいかとも思うんですけどね。
    言葉は生き物だと思っていますので。

    それより、慌ただしい時に
    そんな細かな指摘をされると奥様は苛立つと思います。

    文法のことのみを指摘しているつもりでも、
    子供に対して言ってる内容までも含めて
    否定されたように感じます。
    (加えて、子供の前で赤っ恥までかかされている)

    どうしても指摘をしたいのなら、
    せめて子供のいない時に、奥様にさりげなく
    言えないのでしょうか。

    他人の意見を聞いて、「論破」なんて言っている時点で
    幻滅してしまいます。

    「奥様」はそこまでの、敵ですか?

    ユーザーID:7178980087

  • 「服に拭く」という言い方がおかしい。

    服を使って手を拭いているなら「服で手を拭く」です。

    手を使って服を拭いているなら「手で服を拭く」でしょう。

    そのどちらかですね。

    で、どっちだったんです?

    ユーザーID:9395181266

  • 服に手をこすりつけないで

    その時の奥様にとって、大切なのは「服」だったのでしょう。
    「服に汚い手をこすりつけて汚さないで」…(1)
    「服に濡れた手をこすりつけて汚さないで」…(2)
    という気持ちだったのでしょう。

    それが第一にあって、
    第二に
    「手を服で拭かないで。タオルやハンカチで拭いて」…(3)
    があるのでしょう。

    それが、いっしょくたに縮まって
    「服に手を拭かないで」…(4)
    という表現になって口に出たのでしょう。

    「服で手を拭かないで」…(5)
    は文法的には正しくても、
    (1)(2)の心情を表現するには、しっくりせず
    文法的には誤りでも(4)の表現のほうが
    奥様にとって、しっくりするのでしょう。

    奥様の心情は「服」に照準があるので「服に」になっているのでしょう。
    「服で」だと、服は単なる道具で、照準は「手を何で拭くか」になるので
    奥様の心情とマッチしないのでしょう。

    「奥様の心情を表現するセリフを書け」という設問があった場合
    「服で手を拭かないで」は満点にはならないのではないでしょうか?

    「服に手をこすりつけないで」
    あたりが正解ではないでしょうか?
    奥様は服を汚されたくないというのが心情でしょうから。

    ユーザーID:3627079274

  • 「で」が正しい。けれど

    どちらでもよいと言っている人もいますが、「服に拭く」は間違いです。
    >服に手を拭き付けているわけだから
    それならば、「拭きつけないで」と言うべき。
    そもそも「拭きつける」という日本語が間違い。言うなら「擦り付ける」でしょうね。

    仮に「擦り付ける」のつもりで「拭きつける」を使ったとします。
    この言葉は「拭く+付ける」の2つの意味を持ちます。
    「◇◇(手)で拭く」+「◆◆(服)に付ける」 です。
    「拭きつける」の「付ける」を省くと、「拭く」のみが残り、擦り付ける意味を含まなくなります。
    ですから、
    「◇◇(手)で拭く」 が正解。
    「◆◆(服)に」 と「拭く」は繋がりません。

    今回の論争のみで言えば、100%トピ主さんが正解。
    奥さまは小学生の国語から勉強し直した方が良いでしょう。
    でもトピ主さんは、<コミュニケーション、思いやり、場を読む>能力が乏しいようです。

    忙しい時に、いちいち細かい言葉遣いを指摘されたら反発したくもなります。
    奥さまがもっとゆったりした気持ちで細かい言葉遣いにも気を配れるような環境作りをしてあげましょう。
    どちらが正しいか?なんて聞いていないで、もっと率先してお子さんのお世話をしてあげたらいかがですか?

    ユーザーID:6235784961

  • う〜ん

    両方OKとか言われておられる方がいますがびっくり…
    奥さまが間違いです
    助詞で判断するんではなく、その助詞がつく名刺の持つ意味で変わってきますから、。
    場所とか…かなりびっくり

    ユーザーID:3597280858

  • 知能

    いらぬ一言を口に出さないようにするのも知能がいるそうです。

    ユーザーID:0744225670

  • ではタオルに手を拭くって言うの?

    おかしな表現ですね。
    知り合いがそんな言い方してたら、言い間違えか方言??となります。
    直した方がいいかも…

    ユーザーID:2761259785

  • 「服で手をふかない」が正解

    文法として成り立つのはあなたの使い方です。

    奥様の使い方は間違っています。

    お子様が小学生になるまでにきちんと使えるようになると良いですね。
    お子様が国語のテストで苦労します。

    ユーザーID:6744371715

  • トピ主に軍配

     拭きつける・・・と言うなら、そのように言わないと。
    「服に手を拭きつけないで!」
    そう言ったとしても、奥様の日本語はピンとこない。
    頭の中で「吹き付ける」と変換されるから。

     手に何かが付いていたのなら
    「なすりつけないで」「なすらないで」。
    自分の服で、洗った手を拭っていたのなら、
    トピ主の言い方になる。

     奥様は、海外の方ですか?

    ユーザーID:9996994235

  • ごめんなさい。経験上からしか意見を言えませんが。

    服で(〜によって、〜を使って)拭くな
    服に(〜に対して)擦り付けるな
    なのでは?
    「服に拭くな」という言葉は、初めて聞きました。

    「拭きつける」という言葉も、初めて聞きました。
    「擦り付ける」という意味ですか?

    方言かもしれないから、奥様のご両親やご兄弟に聞いてみては?

    ユーザーID:8730958938

  • なるほど

    皆さんのいう通り、「服で手を拭くな」が正しいと思いますが、「服に拭くな」という言い方も聞いたことがあります。方言かもしれませんが、その場合の「に」は、場所・行為の対象を示すときの「に」だと思います。(壁に落書きするな、と同じ用法です。)
    ただし、「手を拭く」という動詞を使うとき、行為の対象は「手」になりますので、「服」は手段としてとらえるのが一般的だと思います。少なくとも、「服に手を拭くな」という言い方は聞いたことがありません。

    ユーザーID:8055177470

  • トピ主さんが正しいに決まってます

    奥様は外国出身か、
    国語(+その他諸外国語)が苦手な方ですか?

    ユーザーID:0536133018

  • 文法の説明なんて

    そんな変な文章に「文法の説明」なんていらないでしょ、奥さん外国人??

    グダグダ言うならこのトピ、見せてやりなよ。
    奥さん、他にも変な言い方してない?
    お子さんに影響でたら困るでしょ。

    ユーザーID:2044203941

  • 吹き付け vs 拭きつけ

    マジか? とも追わずつぶやきました。

    「拭きつける」という日本語はないと思いましたので、検索してみました。
    【スプレーを拭き付ける際には】【モルタル拭き付け工事】
    少なくない数がヒットしました。 
    愕然としました。

    同じ「ふきつけ」でも、こちらは「吹き付け」ですよね。

    「拭く」と「吹く」では、動きの方向が真逆です。
    「拭く」は物質を吸収・吸着させる というIN方向。
    「吹く」は物質を放出させる というOUT方向。

    そして、「取る」と「つける」もINとOUT。
    ですから

    拭き取る OK
    拭きつける NG
    吹き取る NG
    吹きつける OK

    です。 標準語では。


    そして、「服に」「服で」問題ですが、

    「服で濡れた手をふく」というのは、言い換えれば
    「服を用いて手を乾かす」です。「服に手の水を付ける」ではありません。

    「服で汚れた手をふく」なら、
    「服を用いて手の汚れを除去する」。これも「服に手の汚れを付ける」ではありません。

    この「〜を用いて」というニュアンスを現す助詞が日本語では「で」です。「に」ではありません。

    蛇足ですが
    日本語を勉強中の欧米人ならば、恐らく「〜と」と言うのでしょうね。

    「に」を使うのは「〜の上に」「〜の表面に」というニュアンスを現す時です。
    「服"に"手の汚れを付ける」は言い換えれば「服の表面に手の汚れを付ける」... これでは手の水も汚れも、手に残っています。 つまり「拭いて」はいません。
    「服"に"飾りをつける」は「服の表面に飾りをつける」


    確かに「で」も「に」も場所を示す助詞です。ですが、「服で手をふく」。この時の「服」は「場所」ではありません。「手段」です。
    手段を示すのに「に」を使うことはありません。

    「自転車"で"学校へ行く」この時の「で」と同じです。

    ユーザーID:4624827587

  • 「拭きつける」という複合動詞がおかしいかなぁ

    造語という点で考えれば「拭きつける」という複合動詞があってもよさそうですが、私は寡聞にして知りませんでした。
    「こすりつける」や「なすりつける」という語は、「こする」「なする」の「(手を)押し付ける」の意味を更に「つける」と複合させることで強調する働きがあります。
    しかし、「拭く」は布や紙などを使って表面をこすって汚れや水分を取り去るという意味ですから、それと「つける」は意味の上でつながりません。
    ですから、奥さんの言う「服に手を拭き付ける」という意味は成り立たないのではないでしょうか。
    「拭き付ける」という複合動詞があることを、用例も含めて説明できる方がいらっしゃれば、後学のためにお教え願えればありがたく思います。

    ユーザーID:2072111225

  • 服で拭く

    「拭く」とは、
    「紙や布などで物の表面をこすり、汚れや水分などを取り去ってきれいにする」という意味です。

    布などに汚れを付着させることではなく
    布などで汚れを取り去ってきれいにすることを指しています。
    「布できれいにする」のであって、「布にきれいにする」とはいいません。

    手を拭くのは、手をきれいにする行為なので
    タオルハンガーに掛かったタオルに対して手の方を動かして拭いたとしても、
    片手に持ったタオルを動かしてもう一方の手を拭いたとしても、
    道具・手段・方法を表す格助詞「で」を使って、「タオルで手を拭く」といいます。

    タオルを服に置き換えても同じことで、その服を着ていようが持っていようが一緒です。

    >自分も服に手を拭きつけるな、というのは、わかりますが

    「拭きつける」という言葉は、聞いたことがありません。

    ユーザーID:4504344776

  • 助詞の間違いではない

    話者の意識がどこに向いているかが、助詞の使い方に表れているように思います。
    「で」ではく「に」であると拘る奥様の思考はこうではないでしょうか。
    「服で手を拭く」と言ったら「綺麗になっていく手」に意識が向いています。しかし奥様は「汚れていく服」に意識が向いているのです。
    ならば訂正すべきは「に」→「で」ではなく、「拭かないで」→「こすりつけないで」だったのではないでしょうか。
    奥様は助詞には類まれな鋭敏な感覚を持ちながら、動詞がボキャ貧だったというのが真相だと思います。

    ユーザーID:4683516858

  • 似た者夫婦

    文法としては、「服で手を拭かないで」が正しいでしょうが、
    大変です! 事件ですって何ですか!?
    トピを目立たせたかったのかもしれませんが。

    「服に手を拭かないで!」がおかしいとわからないなんて、
    日本で生まれ育った人ですか?

    「手を拭きつけるな」なんてわかりませんよ。

    ユーザーID:5589461477

  • 論外

    奥様は日本人ではないのでしょうか。嫌みではありませんよ。もしもそうなら、不得意な日本語で子供に接するよりも、奥さんの母国語で話しかけるよう、話し合いされるほうが良いと思います。お子さんが思春期になったときに、母親の母国語で会話が出来るって、大切なことですよ。

    日本人だったら大変失礼致しました。トピ主さんも喧嘩腰にならず、冷静に指摘してあげられるといいですね。

    ユーザーID:9095759681

  • きいたことがありません

    神奈川県の片田舎で30年ほど高校の国語の教員をしております。
    「服に手を拭く」
    「拭きつける」
    どちらの用例も、まったく聞いたことがありません。
    私自身の大学での専攻は国語学ではないのですが、
    教職課程で必修の国語学の授業では
    「国語学はまず用例が重要」ときいたことがあります。
    この場合、トピ主さんの奥さま以外に、
    このような用例はあるうのでしょうか。

    ユーザーID:2615249174

  • ポイントがちがう

    その状況だったら、トピ主さんのするべきことは、奥さんの文法を直すことではなく、奥さんが子供をしつけているのを応援することでしょう?

    喧嘩になったのは、トピ主さんが「子供が服で手を拭いていること」はスルーして、奥さんの言葉遣いだけコメントしたことからだと思います。

    ユーザーID:6117224099

  • 奥様もわかっているのでは?

    雑談時の言い間違いなら笑って雑談の一部になって終わりますが
    叱っているときの言い間違いはちょっとかっこ悪くてばつが悪いし
    そのうえトピ主さんに突っ込まれてしまったものだから
    奥様も言い間違えたことがわかっているけれど
    ここは意地でも引きたくない!という心境になって
    屁理屈を並べちゃったのではないでしょうか?

    服に拭くが普通だと思っていれば
    普段からその変わった表現をしていたでしょうし
    もっと早くトピ主さんも気づいたと思います。

    ここは、蒸し返さずに流してしまうのが無難だと思います。

    それと
    「服に手を拭きつけるな」ですがこれも違うと思います
    「拭きつける」自体が使わない言葉ですが
    あえて使うとすれば
    服に拭き「つける」のは手ではなくて手に付いた「水」だと思います。
    ですから
    「服に手を拭きつけるな」では十分でなく
    「服に手の水を拭きつけるな」の方がしっくりきます。

    やっぱり「服で手を拭くな」ですけどね。

    ユーザーID:0333106862

  • 拭き付ける??

    そもそも拭き付けるって何でしょう・・・。
    吹き付けるならわかりますが。
    そんなレベルの日本語しか使えない奥さまでしょう。
    そりゃ、文法的におかしくても平気で使っちゃいますよ。

    「服に手を拭かないで」
    これのどこが正しいのでしょうか・・・。
    レスの中にも同様の説明があるので割愛しますが、文法以前にそんな日本語を気持ち悪いと思わずに使い、堂々と自分は正しいと思ってしまう奥さまに問題がありますね。
    お子様がいらっしゃるとのことですから、その子供が使う日本語がどうなるか心配になってしまう。
    子供には本をたくさん読ませるようにしましょう。
    奥さまとの会話で覚えたりしたら大変ですよ!

    ふと思いましたが、奥さまは外国の方なのでしょうか。
    だとしたら「てにをは」をわかりやすく説明してあげた方がいいかな。

    もし「服に」をどうしても使いたい場合は「服に濡れた(汚れた)手を付けないで」となると教えた方がいいかな。
    拭き付けるという日本語は残念ながら使えませんが・・・。

    奥さまも子供と一緒に本を読んだりするといいかもしれませんね。

    ところで奥さまのことは論破できましたか?
    奥さまはこの件い関してどうお考えでしょうか??

    ユーザーID:8646694653

  • 「服(で)手を拭かない」

    「服(に)汚れを付けない」ならアリです。
    「服に手を拭き付ける」というのは人生50年聞いた事がありません。
    (トピ主さんも「拭き付ける」に納得なら、地域的な使い方なのでしょうか?)
    普通の日本人はいちいち文法なんて考えて話していません。

    ユーザーID:4552946468

  • 横ですが

    >【スプレーを拭き付ける際には】【モルタル拭き付け工事】
    > 少なくない数がヒットしました。 
    > 愕然としました。

    いや、それは変換ミスだと思いますよ。

    ユーザーID:0073612162

  • 「にて」 なら分かるけれど

    「服にて手を拭く」と言う文章はアリだと思います。
    辞書を見ると、「にて」(例えば 飛行機にて行く)は手段を表す時に使える、となっています。
    でも、現代語では 「で」に変化していて、「にて」は、もっぱら文語的表現に用いられる、となっていました。

    ですが、「に」だけと言うのは聞いたことがないですが、方言でしょうか?

    ユーザーID:9552701296

  • トピ主もわかっちゃうの?

    >自分も服に手を拭きつけるな、というのは、わかりますが、服で拭くと、服に拭くとは違うと思います。

    トピ主は「服に手を拭きつけるな」は正しいと思っているの?
    聞いたことない言い回しだと思うけどなぁ。

    ユーザーID:0073612162

  • 服に手を付けて拭かないで!

    奥様はこのタイトルのように言いたかったのでは。

    もちろん主さんが正しいですよ。
    もうほっとけば良いと思います。

    ユーザーID:3454207408

  • 「国語はいつも5」さんに一票

    ただ、「服に手をこすりつけないで」と言ってしまうと
    手より服を大切に思っていることがあからさまなので
    お子様の心が傷つく可能性があるかもしれません。
    奥様の心情を的確に表現するけれどお子様が傷つく。

    「服に手を拭かないで」
    は、文法的にはおかしいけれど、服が大事なのか手が大事なのか
    微妙な感じで、お子様の心が傷つかないかもしれないギリギリの
    線だったのかもしれません。

    文法的におかしくなく、お子様の心も傷つかない表現は
    「服で手を拭かないで」なのかもしれません。

    お子様の心が傷つかないことを最優先にすると
    「服で手を拭かないで(タオル等で拭いて)」で

    お子様に、奥様の心情(「服を汚さないで」)を正直に伝えるなら
    「服に手をこすりつけないで」
    なのかなぁ。

    まぁ、喧嘩については、旦那様は奥様の心情を推し量ってあげたら
    いかがでしょうかね。論破じゃなく。

    ユーザーID:0918096499

  • 服に手を

    なすりつけないで

    なら分かります。

    ユーザーID:3402204342

  • 奥さまはなんと?

    皆さんの説明で納得してくださったのかな?
    ちょっと知りたいです。

    お子さんが変な日本語を使うようにならないといいですね。
    奥さまは日本語を母国語としていない方なのかな?
    それなら仕方ないです。
    意味が通じればいいのかな・・・と思いますが、お子さんは今後も日本で暮らしていくのであればちゃんとした正しい日本語を身につけて欲しいと思います。

    お子さんと奧さんにトピ主さんが読み聞かせをするといいかもしれませんね。

    それ以外の日本語で気になるところはないのでしょうか。
    育った文化が違うと言語も異なりますし、日本語って難しいっていいますからね。
    気長に教えてあげて下さいね。
    でも奥さま・・・素直に習おうって感じがないですよね。
    子供のためだよって言えば分かってくれるのではないでしょうか。

    トピ主さんも論破するのではなく、教えてあげるようにしましょう。


    今ふと思ったのですが、奥さまは外国の方でいいんですよね・・・?
    そういえばトピのどこにも出身は書かれていなかったなと・・・。
    もし日本の方でしたら・・・こんな日本語を使うことにビックリしてしまいます。
    今後もおかしい日本語はご主人が指摘し、きちんと直すべきだと思います。

    ユーザーID:4770291579

  • けんか?

    タイトルに夫婦喧嘩となっていますが、そこまで感がないのですが。
    むしろ文末の論破に拘りを感じます。

    大変ですだの事件だの、奥さんやり込めたいために話を大袈裟にしていますよね。
    奥様も間違えたとわかってらっしゃりそうなのに頑固そうだなあと思いますが、原因は器小さい旦那様に辟易していてまともに相手をしたくないからなのかも。

    ユーザーID:0744225670

  • トピ主さんが正しい

    どうしても「服『に』手を〜」と言いたいなら、服に手を「なすりつけないで」とか「こすりつけないで」という言い方じゃないとおかしい思います。

    ユーザーID:5455656921

レス求!トピ一覧