独身女性医師

レス72
(トピ主1
お気に入り244

生活・身近な話題

ななこ

30代前半の女性医師です。小児科医をしています。こどもが好きでこの仕事を選び、日々忙しく働いています。月に7〜8回の当直をしつつ、残業という感覚も分からないほど遅くまで働く毎日。それでも日々新しく学ぶことばかりだし、こども達は可愛いし、ご家族から「先生が良い」と言ってもらえることが嬉しく、仕事にはとても満足しています。天職だと思ってます。努力してきた分、着実に積み上げてきた何かがあると感じています。亡くしたこども達も何人もおり、その誰一人として、今日まで忘れたことはありません。そのたびに、より一層頑張らなければ、と思って仕事を頑張ってきました。
ただ、30代に入って、ふと気がつけば周りに未婚で彼氏もいないのは自分だけでした。子供を産んでる人もたくさんいます。仕事が充実していても、最近働きながら「私はこの数年間、何をやってきたんだろう」って思うことが増えました。とても惨めな気持ちになります。今の自分が、世の中でいう負け組に分類されていることに気付き、自分のプライベートを捨ててまで打ち込んできた仕事が、30代独身だというだけで全て打ち砕かれそうで、心が壊れそうです。
同じような経験?をされた方、もしくは、経験されていなくても、この気持ちを乗り切るアドバイスがあれば教えて下さい。宜しくお願いします。

ユーザーID:8362677399

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数72

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 人生の勝ち負けとは

    一体誰からジャッジされたのですか?
    30代独身だから負け組?

    おそらくそういう人たち(周りで結婚出産、主婦)などに接触する機会が増えて
    なんだかそう思ってしまう出来事がおありだったのでしょう。

    命と隣り合わせの激務していたら おわかりのはずなのに?
    いくらお金があっても買えない 健康という財産、
    そして生死にかかわる事態でも 醜い骨肉の財産争いなどなど
    その人たちよりも負けてるということですか?

    そもそも この人生は そういうくだらない勝ち負けをジャッジする試合場ではありません。。

    ユーザーID:7500388198

  • おかしくありません

    そんなのちっともおかしくありませんよ。
    医師になる勉強はそれだけ長いものでしょう?

    主様の周りの女性医師さんはもうご結婚なさっているかもしれませんが
    全体を見れば独身の女性医師さんも沢山いらっしゃいますよ。

    今は大学を出る人も多い時代ですから全体的に婚期も遅いです。

    結婚したいなら婚活なさればいいし
    彼氏が欲しいならご学友に紹介してもらえばいい。

    どうしてそんなに悲観的なのか不思議です。
    主様は立派なお仕事をなさっています。
    その仕事はしたくても出来ない人の方が多い仕事です。
    そして普通の人よりも勉強も多くて長くて大変ですよね?
    それを理解している人の方が多いと思います。

    それを理解できない人のいう事などお捨て置きください。

    結婚という幸せを逃した訳ではないのです。
    まだまだ主様の前にありますから今から掴めばいいのですよ。

    ユーザーID:8905168395

  • それは

    それは自分自身に失礼かな。

    今から出来る事はあるし、今までずっと続けてきたからこそ出来る今後の働き方もあると思う。
    適当な人が言っても説得力無いですが、私が貴女の上司なら融通きかせられる事は協力したいし。

    ただ、いかんせん外に出歩かない事には男性側だって貴女を認識できません。
    これからの過ごし方次第だと思いますけどね。
    徐々に。

    ユーザーID:2560404267

  • 人生には勝ち負けはありません。

    人生に、勝ち組とか負け組だとか、そんなものはありません。

    シンプルに言ってしまうと、自己肯定的に生きている人か自己否定的に生きている人か?自己尊重か、自己卑下かじゃないでしょうか。


    あなたの生き方は素晴らしい!と私は思います。

    他人がどう言おうが、あなたがあなたの今を肯定してあげればOKでしょう。

    肯定的に日々を生きることで、人生は肯定的なものになります。

    何を手にし、何を残したとしても、それを肯定していることが大切だとおもいませんか?

    私は今日もよくやっている!私は今日もしあわせ!素晴らしい一日を生きている!とつぶやきながら生きましょう。

    ユーザーID:2748643251

  • 大丈夫だと思う

    >>亡くしたこども達も何人もおり、その誰一人として、今日まで忘れたことはありません。そのたびに、より一層頑張らなければ、と思って仕事を頑張ってきました。

    このようなことを思いながら、これまで真摯に誠実に仕事を頑張ってこられた主さま。

    まったく心配無用だと思います。

    他の小町人の皆さんも同意して下さると思いますが、きっと必ず、ちょうど良い時機に、主さまの良さをしっかり理解してくれるパートナーが現れると確信いたします。

    ちなみに、結婚したから、子どもを産んだから勝ち組、という考え方は、どうかなと思います。無意味に、人の生きづらさを助長してしまっているのでは。

    世界中をみれば、いろんな家族の形態があるし、もう21世紀、LGBTがごく普通のこととしてようやく認められてきた時代。

    もっと思考を広げて、自由に、楽しく生きていきましょうよ。

    ユーザーID:9851007466

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • びっくりを押した

    天職と思う職に就く事が出来てて、生涯安泰だろうに、
    結婚して子供がいないと負け組なのか?
    トピ主の仕事にどうしても就きたくても就けなかった人間は、
    多分大勢いるだろう。
    それだけの競争から勝ち取った、大変だがやりがい生き甲斐を持てる名誉な職だろう。
    当たり前の業務に人から感謝される職などそうない。
    それに携わることができるその幸せを再確認したほうがいい。

    ユーザーID:8251909710

  • まだこれからですよ♪

    40代半ばの小児科医です。
    女性医師にとって結婚は、早く対策を取るべき問題です。
    30代前半で気付かれて良かったです。
    まだ遅くありませんよ!大丈夫!!

    女性医師は意外と知らないのですが、婚活市場では結構人気があるようです。
    結婚や出産後も、売り手市場で働けるからだと思います。
    私の友人達も、常勤で育児しながら働く人もいれば、
    午前中だけ働く人も居ます。好きな働き方を選べます。

    病院の中を見ると(忙しくて病院の中しか見ていられないのですが)
    男性医師は結婚が早く、気付くと独身男性医師は研修医ぐらい。
    医師以外の男性も、独身は少ないですよね。
    取り残された気がしてしまいますが、病院の外には独身男性が
    たくさん居ます。
    世の中の女性の平均初婚年齢は30歳ぐらいではありませんでしたか?
    悲観するような年齢ではありません。大丈夫です!!

    直ちに婚活を始めましょう!!
    子供好きとのことですから、やはり自分の子供も欲しいでしょう?
    相手を医師に限定せず、たくさんの人に会ってみましょう。
    知り合いの先生は、32歳で婚活を始め、会社員の男性との結婚が決まりました。

    女性医師の結婚相手は男性医師が多いですが、それ以外の職業の人も
    結構居ます。
    今思いつく私の周囲では、男性医師5割、独身2割、医師以外3割という感じです。
    医師以外の職種は、会社員、他学部の大学教員、教師、技師など。
    私の夫も会社員です。休みがちゃんとあるので結婚相手に良いですよ。

    30代前半ならすぐ動けば大丈夫です。
    ご縁のものですから、タイミングもありますが、
    今は良い時期だと思います。
    頑張って下さいね!

    ユーザーID:4822975428

  • 負け組?

    負け組なんてとんでもない!最高の勝ち組(候補)じゃないですか。尊敬しますよ。結婚して子供が欲しいのなら、まだ十分に叶う年齢。誰かに頼むなり結婚相談所に入るなりして結婚すればいいだけですよ。お仕事との両立は大変だと思いますが、いろいろ探せば子持ちの女性医師が働きやすい場所もあるのでは?素晴らしい人生です。

    ユーザーID:2689909993

  • ご自身を卑下しないで!!

    同業者のおばさんです。小児科医です。

    30代前半、まだまだお若いじゃないですか。
    ご自身のことを負け組だなんておっしゃってはいけませんよ!

    ななこさんは今後どうしたいですか?
    今まで懸命にお仕事をされてきました。これからも突っ走りますか?もちろんそのような女性医師はたくさんいらっしゃいます。頭が下がる思いです。

    ですが、私は、ななこさんの文章から「誰かパートナーがいたらいいなぁ」と感じたのですが、違っていたらごめんなさい。

    「夫」というよりも「パートナー」「理解者」「戦友」そんな立場の人がななこさんの傍にいたらいいのではとおせっかいなおばさんは思います。

    ななこさんご自身、どうしたいか考えてみてもよいのではないでしょうか。
    仕事もそれ以外も、欲張ったってよいのですよ。

    ユーザーID:6097669777

  • 医師なのに負け組?

    ありえない発想

    30代、女性として一番輝いていられる年齢ですよ
    医師という立派な肩書もお持ちなのに、
    負け組という発想なのが、びっくりです
    結婚は、引く手あまただと思うんですけど

    しかるべき方にお見合いを頼む、のはどうですか

    ユーザーID:8560613931

  • お気持ちよくわかります。10年前の私を見ているようです。

    私は外科ですが。男性医師には彼女がペースを合わせて尽くして結婚に持ち込む事ができるけど、激務の科の女性医師は、彼氏の生活をサポートなんてできない。いつ呼ばれるかわからないから遠出もできなかったし、いつも睡眠不足で、気合いと責任感と若さで乗り切ってた。
    私は、結婚するなら、私の仕事を尊重してくれる人しかないと思ってました。収入は私より低くて構わない。必要に応じて家事を率先してやってくれる、従って、同じように激務の職種は、除外されました。親戚の紹介でお見合いした人と、結婚して今は幸せです。結婚後も結婚前と同じ激務でしたが、切迫流産になり、退職しました。休職の道もあったのですが、いつバリバリ働けるかわからず、後任に常勤になってもらう方が私の申し訳なさが軽くなるので、退職に決めました。今は、土日の日当直と、平日の外来や内視鏡の非常勤で、働いています。子供がある程度大きくなったら常勤で働きたいですが、手術に関してはブランクが長くなるので、もしかしたら、外科の常勤としては使えない、という現実が待っているかもしれません。その時はその時。自分のやれる事を選択するしかありません。
    私の同期は女子が10%にも満たず、ほとんどが、皮膚科や耳鼻科などあまり激務ではない科に行きました。皆、将来の結婚出産を見据えての選択だったのでしょう。私は、自分の科の選択について、今でも後悔していません。この科を選んだからこそ、100%以上のエネルギーを仕事につぎ込めたし、辛い事の方が多かったかも知れないけど頑張ってこれた。そして、これからの人生についても、自分の選択の結果のはず。
    結婚したいなら自分から動きましょう。親から知人や親戚に働きかけてもらってお見合いとか。恋愛を長く続けるのは、激務の女性医師には無理です。尚、妊娠、出産、育児の際 、いざとなれば開き直れる図太さが、キャリアを積み重ねるのには必要ですよ。

    ユーザーID:5126102199

  • 最近思うこと

    50代 専業主婦、大学生二人の母親です。

    素晴らしいお仕事をされていて立派だと思いますよ。
    そうやって人のために仕事に打ち込んでいたら、どこかで素敵なご縁があります。
    30代ってまだお若いですしね。
    恋愛がしたいのか、独身がひっかっかるのか、どちらでしょう?
    そのあたりはっきりした方がいいでしょうね。

    結婚して子供がいても大変なことばかり。
    世間的には申し分のない大学ですが、子どものためにと思って尽くしきても心配ばかりかけられるし、最近は結婚しないでキャリアの道を選んだ方がよかったんじゃないかと思ったりします。主人には幸せにしてもらいましたが、子どものことを思うととてもストレスです。

    独身でキャリアウーマン、それで恋愛してるのが一番幸せだな〜と感じますよ。

    ユーザーID:6524055519

  • 婚活始めれば?

    今時ぜんぜん遅くない。
    知り合いのおじさん、おばさんにいい人を紹介してもらいましょう。
    それとも自分で探すかですね。
    「思い立ったが吉日」実行しましょう。

    ユーザーID:3293880975

  • 周りの方に、お話してみられては?

    熱心にお仕事して来られたとのこと、本当に頭が下がります。一生懸命になればなるほど、プライベートな時間って減っていきますよね。

    先生は、ご結婚されたいお気持ちはお有りなのかな。もし、そうならば、周りの信頼出来る方に、お話されてみては?男性ドクターで、医師同士の結婚を望まれている方、密かに多いですよ。現在、周りに見当たらなくても、つてを辿ればいっぱいいるはず。ちなみに、名士家系で、女性医師とのお見合いがあれば是非ということも多いです。
    職場の上司の立場としては、良さそうな縁談が有っても、デリケートなことだし、またハラスメントになっても困るし、と話を持って行きにくい昨今の状況・・・。ご本人から、結婚したい〜と冗談めかしてでも聞いていれば、お伝えしやすいです。
    というか、先生に彼が欲しかったり結婚したい気持ちがあると知ったら、そもそも周りの男性たちが放っておいてくれないのでは?仕事で輝いている女性、結婚する気はないのだろうと遠慮しているだけかと思います〜。

    もし、結婚にこだわらないなら、人は人、自分は自分。たまに、これで良かったのかな?と思われることもあるでしょうが(それは既婚でも未婚でも同じ)、挫折感を味わう必要なんて無し!たまの休暇は、超豪華にしてリフレッシュ(←超豪華だと、お一人様でも目立たず快適。そして、そもそも快適。ここがポイント)。あとは、お忙しいでしょうが、習い事も始めてみて、これぞという先生に飛行機に乗ってでも師事してみるとか(←こちらも中途半端な先生につかないことがポイントです)。
    でも、もし、寂しいな、と思う気持ちがあるなら、一度ご結婚なさってみても良いのかな。

    先生のように、優秀で献身的な方にこそ、後世に素晴らしい遺伝子を残して頂ければありがたいなと思ったり。

    全然、負け組でも惨めでもないし、心砕かれる必要まったく無し!
    応援しています!

    ユーザーID:4414679326

  • お疲れ様です。

    助産師をしています。
    小児科のドクターってほんと大変ですよね。
    尊敬します。
    患児や家族に好かれるドクターなら、きっと人柄も魅力があると思います。

    私の周りの女性医師さんて同じドクターか学校の先生などと結婚される方が多いです。
    よさそうな人はいませんか?
    婚活始めてみたらどうでしょうか?
    応援しています。

    ユーザーID:1039719716

  • 2度めです

    先程は、トピ主さんが結婚なさりたいのだと思い込んでレスしてしまいました。トピ主さんは必ずしも結婚したい訳ではないのですよね。恋人がいればそれでいいのかな?ならば、恥ずかしがらず「彼氏が欲しいー」と事ある毎にアピールしてみてはいかがでしょう。医師として責任感を持って誠実に働き、プライベートも犠牲にしている貴女を、憎からず思っている男性は、少なからずいると思います。
    ただし、自分と友人のケースだけで敢えて言わせてもらうと、激務の女性医師の場合、恋愛の出会いがないのではなく、恋愛を持続させるのが困難なのだと思います。特に彼氏が医師ならば、激務の科どうしならすれ違いも多いし、男性医師を狙う女性も多い。仕事を頑張れば頑張るほど、並行して恋愛を持続するのが難しくなっていくし、一方、仕事での責任は重くなっていく。そのうち恋愛するエネルギーが勿体なくすら思うようになる。独身のままどんどん恋愛を重ねていく先輩女性医師もいましたが、かなりのレアケースではないでしょうかね。
    尚、彼氏がいようといまいと、トピ主さんは自分の力で輝いている、という事を忘れないで欲しい。と同時に、結婚していようが独身だろうが、子供がいてもいなくとも、貴女の価値に変わりはありません。ただ、恋愛を長く続けるのは、激務の女性医師には、キツイ。恋愛遍歴を重ねていくのに憧れるなら、もうオバサンは何も言いません。でも、家族を作りたいなら、恋愛は結婚を前提として付き合うつもりで、そしてだらだらと長く付き合わない事を、お勧めします。

    ユーザーID:5126102199

  • 無いものねだり

    私は、キャリアをあきらめて子ども3人との生活を選びました。

    「世の中でいう負け組に分類されている」と思います。以前の勤務先からは特に。
    みじめになることも、心が壊れそうになることもあります。
    あなたのように、世の中に貢献する付加価値の高い仕事を持つ女性を見ると、心をかきむしられるような気持になります。
    これからもきっと。

    でも、やはり、この道しかなかった思います。
    子ども3人を社会人として巣立たせるのが私の仕事、そして、私の幸せ。

    あなたも、今ある幸せを大切にする以外、無いんじゃない?
    私のような女は、あなたのような女性をこそ、「勝ち組」と分類しておりますよ。

    ユーザーID:7391791699

  • 繋がりを見直して

    エールを送りたく出てきました。
    現在は子育ての為臨床から離れていますが
    同業者です。

    私も20代は全身全霊で仕事に打ち込んでおりました。
    あの濃密な時間は医師として成長するのに必要なものだったと
    考えていますが、それだけで自分の人生のピースは
    埋まらないと気づいたのが同じく30代前半。
    大学の同期に会った際ポツリとそんな思いを口にした所
    同期のサークル仲間だった方を紹介され、今に至ります。
    (医師ではなく、数学者です。
    同業者よりも気を張らずにいられました)
    病院の異動が定期的にある為結婚当初は別居でしたが
    今はビックリするほど穏やかな時間を過ごしています。
    自分の子供だけを見つめていられる時間もいいものです。
    仕事では味わえない充足感を知りました。

    恐らくトピ主周囲にも、30代前半になってから
    自分自身の生活について考え始める方はいると思います。
    結婚している友人にも、そんな方々との繋がりがあるかもしれません。
    トピ主は仕事に打ち込み恋愛に消極的と
    周囲は誤解しているのかもしれません。
    ぜひ、周りとの繋がりの中で一歩踏み出してみて下さい。
    応援しています。

    ユーザーID:5911382457

  • 惨めな気持ちになることはない

    ななこさんのお母さんくらいの年齢の者ですが、今、活躍されていること
    素晴らしいと思います。
    今までよく頑張って来ましたね。
    きっと人一倍の努力をして得た仕事、誰にでも出来ることをしてるわけでは
    ないのです。
    惨めな気持ちになることなんてないですよ。
    でも、ふと、感じる寂しさ、空虚な気持ち、それもよくわかります。
    子供好きなななこさんだったら、きっといいお母さんにもなれるでしょう。
    キャリアに生きるのも、家庭を持つのも両方とも価値のあること。
    せっかくの天職だったら手放しては欲しくないです。
    ななこさんの仕事を理解しつつ、一緒に温かい家庭を築ける男性を探したら
    よいのではないでしょうか。
    普段の生活であまり出会いがないとしたら、やはり条件を絞れる婚活が
    速いかもしれません。
    まだ、30代前半とのこと、まだまだチャンスはありますよ。
    良い女性医師さんであり続け、尚且つ良い妻、良い母になって下さいね。
    応援しています!

    ユーザーID:1139836316

  • まだ十分間に合うけど即行動

    トピ主さん素晴らしいと思います。
    うちは娘たちが医師なのでこのトピに興味を持ちました。
    女性医師さんの多くは学生時代にお付き合いした方と結婚してます。
    うちの娘もそうです。
    でもやはり出産や育児でトピ主さんのような働き方は難しいと思います。
    もし結婚したいのであればある程度仕事での妥協は必要ですね。
    その覚悟があるならすぐにでも女性医師さん専門の結婚相談所に登録しましょう。
    ちなみに娘は子供を保育園に預けて週4で企業の診療室で働いています。

    ユーザーID:2415458405

  • 私生活の充実を

    キャリアを中断なさることなく積み重ねていらしたことに頭が下がります。負け犬なんて、世の中の誰か仕掛け人が作ったブーム(価値観)に左右されることはないですよ。
    ただ、ご結婚なさりたい、ステディな相手がいればと、お思いになるなら、今の生活は忙し過ぎます。プライベートの充実のためには、ななこ先生の働き方改革が必要だと思いますし、それは同僚の方々にとってもよいことではないでしょうか。
    立方体と同じ名前の同業者の交流サイトがあり、色々な方の相談に対して色々なひとが助言をします。そちらでのご相談も、よいかも知れません。30代前半は十分、若い。これからは、ななこ先生御自身の幸せを第一に考えてもよいのではないでしょうか。
    最後になりましたが、心が折れないようにするには、確固とした御自身の価値観、自信を確立することかなと思います。抽象的ですが。

    ユーザーID:0399418305

  • 何言ってるのアータ!

    あなたが婚活パーティーに言ったら大人気でもみくちゃになるわ。
    引く手あまたすぎるわよ。
    ワタシが男なら今すぐ結婚を申し込むわ。
    ただし「専業主夫」でお願いします。家のことは何でもするから!

    ユーザーID:6826892755

  • お見合い

    婚活しましょ
    仕事上、目上の方に信頼されていると思うので、親しい上司や性格のよさそうな教授に
    「仕事に夢中で今まで来たのですが、急に結婚しなければと気が付きました。」と、ことあるごとに言って歩くと、心がけてくれますよ。

    私は50代後半と60代前半の夫婦ですが、この年代は「お見合い」の世界を知っています。
    そして、いい人(男でも女でも)には、お相手を見つけてあげたいと考えていることも多いのです。
    もし、お声がかかったら、会うだけ会ってみましょう。

    ただ、人材不足の小児科なので、ライフプランニングをしっかりと。
    家庭のために仕事を一時期絞り込む覚悟も必要でしょう。

    あせって、ヘンな人と結婚しないでね。
    同業者のほうが分かり合えると思うよ。

    ユーザーID:8061299993

  • 経験者からのアドバイスとしては

    医師ではないですが、専門職で今も働く50代です。こどもアリ。

    私も同じように思った30代前半。そして周りの友人達も、そして後輩の女性達も
    同じような悩みを打ち明け合ったり、励ましたりしたものです。

    で、結果からみて有効だった方法が、
    「今、結婚したいと思うなら、とにかく日常を今までと変える努力をする」
    でした。

    ●仕事や当直で忙しくても、どこかに月に1、2度でいいので、よい男性と出会える
    可能性のある趣味などをはじめる(フラワーアレンジメントやヨガなど、女性がメインではなく、英会話など男女が揃ってる場所。)
    別に、男性ハンティングにいけ、というのではないのです。
    でも、出会える場所に自分から行かない限り、30代は出会えません。

    ●周囲に、「誰か良い人がいたら、紹介してほしい」と思っていることを、
    きちんと伝えておく。
    こんなの今更・・と恥ずかしいですよね。でも、大切です。
    ちゃかさずに、真面目に「結婚はしたいと本気で思っています。
    だから、よい方がいたらお願いします」と伝えれば、縁はひらけます。

    女性医師さんは、婚活市場では大人気だと知っていますか?
    病院経営の方や、医師狙いの女性にうんざりした男性医師など、
    結婚相談所で紹介相手が女性医師さんだと、安心するそうです。

    自分の将来のために、手順をふんで動くことは、決して恥ずかしいことでは
    ありません。
    どうか「負け組」なんていう、バカバカしい言葉に惑わされないで。
    妥協をする必要はないです。でも、待っているだけでは会えません。
    応援しています。

    ユーザーID:8968012178

  • 天職があるって幸せだよ。

    タレントのバツイチ女性医師が言ってたよ。

    女性医師の三分の一は生涯独身、三分の一は一度は結婚しても離婚、三分の一が普通に幸せな結婚をするんだって。

    ひとそれぞれ、トピさんの生き方に自信を持ちなよ。

    ユーザーID:8467205781

  • 誇りをもって!!

    打ち込める仕事があること、素敵なことだと思います。
    私事ですが先日、婦人科系の病気で入院しました。
    沢山の犠牲を払って勉強に費やした先生のおかげで
    助けていただいたと思っています。

    女性はキャリア、子供、結婚。この3つが充実しているかで
    勝ち組負け組が騒がれます。悲しいですよね。

    男性医師なら多くの女性から選べるのでしょうけど、女性医師
    はそうもいかないですよね。

    変に婚活などして相手にひかれたり、利用されたりして自信を
    なくすなんてしないで下さいね。

    周りの医師の友人や信頼できる友人の紹介はありませんか?
    紹介などと言ってしまうとかえって堅苦しいので大人数で
    バーベキューをしたりお出かけをしたり・・・。

    出会わないことには変化はありませんよね。不規則で時間が
    とれない部分もあると思いますが、むなしい気持ちになっている
    ということは仕事を少しセーブするときなのかもしれません。

    新しいことに挑戦してみるとか、友人と会う機会を増やすとか
    今までと少し違うことを取り入れてみてください。

    応援します!そして今の自分に誇りをもって!あなたは絶対に
    負け組なんかではない!そんな枠組みにとらわれないでほしいと
    思います。

    ユーザーID:2820796881

  • 負け組じゃない!

    人として素晴らしいと思います。負け組なんかじゃない。

    トピ主さんが考える負け組は「結婚・出産」を基準にしていますよね?違いますよ。自分の気持ちに負けている人が負け組なんです。

    結婚して子供がいたって、何の生き甲斐も楽しみもなく、ただただ仕方なく生きているような人は負け組だと思いますし、トピ主さんのように仕事にやり甲斐を感じ、明くる楽しく生きている人は勝ち組だと思います。

    でもご自分で「負け組だ」と思った時点で負け組になってしまう。その考え方はやめましょう!

    結婚がしたいんですか?子供が欲しいんですか?それとも「負け組」になりたくないんですか?

    まぁ仕事や生活が充実していても、誰かに頼ったり頼られたり、楽しいこと辛いことを分かち合えるパートナーが欲しい気持ちはわかります。

    いまからでも遅くないので、親きょうだい、友達、同僚、知り合いに紹介を頼みましょうよ!

    トピ主さんは素敵な方だと思うので、きっと良いご縁がありますよ。頑張って!

    ユーザーID:9833972266

  • なんの、まだまだ!

    トピ主さんは20代、勉強、勉強な日々であったと思います。
    むしろ、医者なのですから、そうなるのが当たり前だと思います。

    その日々があって、今のやりがいのある仕事に就けているわけです。
    それを惨めな気持ちになったり、何やってるんだろうと思うのは、過去の自分に対する冒涜だし、とってもナンセンスだと思います。
    自分を否定してはなりません。

    トピ主さん、負け組って言ってますけど、誰かに言われたんですか?
    負け組の意味分かってますか?
    社会性や収入などトピ主さんは負け組ではありません。
    本当に何もない人がいうんだと思います、その言葉。
    あなたは世間を知らなすぎる。
    そういう意味では恥じていいと思います。

    30代で未婚な人はまだまだいる。
    今まで仕事に夢中で気がつかなかったご縁も、周りを見渡せばあるかもしれません。
    また、周囲に結婚したい気持ちを伝えるなどして、積極的に活動すれば、きっと良いご縁があります。

    仕事で少し余裕が出てきたのでしょう、少しベクトルをそちらに向けて。
    まだまだこれからですよ!

    ユーザーID:1533212796

  • ありきたりだけど

    独身ながら子供を持つお母さん方に信頼されていて、素晴らしいです。
    ある程度の立ち位置を築いて、我が身を振り返る余裕ができたからこその悩みだと思います。

    ありきたりな助言で恐縮ですが、遅くならないうちに婚活でも何でもして結婚・出産してしまいましょう。
    30過ぎまで本気で仕事してきた実績があれば、出産育児でブランクができても仕事の感覚が身についているので、復帰できるものですよ。

    30代まで縁がなかったのですから、自然に出会いたいとかこだわるよりも、登録審査の厳しい結婚相談所に入るか、信頼できる人に紹介をお願いすることです。
    手軽な出会い方だと、貴方の稼ぐ力目当てのろくでもない男に出会ってしまう危険があり、貴重な時間を無駄にしてしまいます。
    基本的には同業者がいいと思います。

    主様ほど高レベルの仕事ではありませんが、私もかつて仕事ばかり一生懸命で30代、同年代の友達や同僚は既婚・子持ちばかり、自分は少々貯金があったり自由があったりするだけ。
    一生懸命生きてきたのに気がついたら負け組でした。
    結果的には縁ある人に出会い、遅ればせながら結婚も出産もしましたが。

    でもね、若いうちに結婚・出産した人が必ず勝ち組ってわけでもないと思うのですよ。
    存在するだけで価値がある、女性が世間から大事にされるのは未婚で20代のうちだけ。
    育児で疲れて髪振り乱している人なんて、20代だろうとオバサン扱いですよ。

    独身だと30過ぎれば大事にされなくなりますね。
    それを負け組と呼んでいるわけですが、勝ち負けも何も、世の中から特に大事になんかされないのが普通の状態なんだと思います。

    そのような中で、子供が好きで仕事にも大いに生かしている主様には、ぜひ可能な年齢のうちに子供を持ってほしいです。
    今はこういう事を言うとセクハラモラハラと言われる時代ですが、匿名の掲示板だから声を大にして言いたいです。

    ユーザーID:4410970764

  • 負け組?

    いまだに負け組などと言う人がいたとは。
    別に、負け組じゃないですよ。
    立派に仕事をしてきただけでしょう。

    それに30代前半なら、これから良縁にめぐまれる可能性ある。

    大丈夫です。

    ユーザーID:3372892859

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧