独身女性医師

レス72
(トピ主1
お気に入り244

生活・身近な話題

ななこ

レス

レス数72

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • えっ!?

    一体どこが負け組なのでしょう!?

    なんの取り柄もない私に比べ、素晴らしい貴女を心から尊敬します。

    たぶん仕事が忙し過ぎてお疲れなのですね。
    少しリフレッシュされてはいかがでしょう?
    たまには休暇を取ってのんびりなさってください。

    ユーザーID:2774877492

  • レスします

    トピ主さんは、子供の命を預かる医師として使命を持って働いておられる。
    特に目的もなく、好きでもない仕事をなんとなくしている私からすれば本当にうらやましい限りです。

    ただ、「より一層頑張らなければ、と思って仕事を頑張ってきました。」
    この考えは危険だと思います。
    トピ主さんはもう十分頑張っておられます。
    これ以上頑張る必要はないんじゃないかなあ。
    頑張り過ぎるといつかどこかが壊れますよ。
    難しいのかもしれませんが、仕事をセーブ出来るならセーブした方がいいかも。
    決して手を抜けと言っている訳ではありません。

    本題です。
    トピ主さんの本当に求めているモノは何なのでしょう?
    ・自分の子供を産むこと?
    ・安らげる伴侶を見付けること?
    ・単に惨めな気持ちを解消したい?
    ・愚痴を聞いて欲しかっただけ?

    トピ文を読んだ限りではトピ主さんは自分の結婚を求めているような気がするのですが、どうでしょう?

    30代前半の女性でしょ。しかも医師。
    モテモテじゃないのかなあ…。
    時間がないのは分かりますが、出会いを求めるのはどうでしょう?
    友達に紹介を頼む、結婚相談所に登録する、色々方法はあると思います。

    一つアドバイスをするなら、出会いは頑張ったらダメです。
    出会いは楽しんで下さい。
    トピ主さんは頑張ることにはかなりの能力がありそうですが、頑張る事だけが正解ではないと思います。

    ユーザーID:4155641384

  • 女性医師さんがそんなんだったら

    難しい国家資格持った人が そんな 惨めな思いするなんて

    私なんて 日本に居場所ないです!


    (すでに ないに等しいですけど・・・)

    ユーザーID:9151752630

  • 気持ちも分かります

    30代後半、2児の子持ち内科医です。
    ななこさんの気持ち、分かります。私も30代前半で交際半年で結婚したので、その時まで彼氏もいませんでしたので、焦る気持ちも分かります。
    ですが、今は非常勤勤務なのですが、独身時代のように働いて、充実した仕事がしたいと思うこともしばしばあります。同級生の男性とも差がついてしまいましたし。
    小児科医として頑張ってらっしゃるのであれば、そんなに結婚に焦ることないと思います。
    その時その時で、きっと色んな焦りや不安があるのだと思います。

    ユーザーID:5457520816

  • 子供がいてこそ

    妻が小児科医、2人の子がいて勤務医をしています。
    学会にも全国、地方会も熱心に参加し、論文も出すなど、身内の贔屓目でしょうが、
    もしも子育ての負担がなければ、大学の教授職になっていただろうなと思います。
    私も家事育児は積極的に参加していると自負していますが、それでも、家庭の負担は
    仕事の何かを犠牲にしたはずと申し訳なく思います。

    しかし、それを本人にいうと、家庭があって、子供がいるからこそ頑張れると言います。
    特に小児科医は、自分自身で子育てをした経験が大いに役立つと。
    つまり、小児科医とは、子供を相手にしているようで、実は親を診ている、
    幼少の子は自分で表現することができないから、どうしても親からの聞き取りで
    家庭生活全般から情報を得て、診断をしなければならない、
    その時に自分の子育て経験が判断のベースになるのだと。

    よく、医者は病気を見るのではなく、患者を診るのだと言います。
    豊かな人生経験は、決してマイナスにはならないはずです。
    トピ主様も目の前のことだけでなく、ちょっと視線を上げてはどうでしょうか。

    その背中を見て育った子供たちも、母親の姿に感じるものがあったのか、
    同じ医学の道に進み、妻は人生、幸せそうです。

    ユーザーID:7916474599

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 負け組なんて思うわけないでしょ

    あなたほど尊いお仕事をされてる方のことを負け組なんて言う人がいたら、そのよっぽどあなたのことを羨んでます。

    子供がいる私からしたら、あなたはヒーローです。

    でもね、仕事をセーブして自分の幸せ探すのも良いと思います。
    女性医師はモテるのでは?

    ユーザーID:9328235969

  • 世間知らず

    仕事のし過ぎで、世間から切り離されてしまいました?
    30代独身女性なんて、私の周りにはいっぱいますが。
    男女関係ない職業について男と同じ給料をもらっている女性は、30代独身多いです。
    みんな綺麗でかわいいし普通の女性です。
    日本の生涯未婚率、知ってますか?これからもっと上がる予測です。
    忙しいと思いますが、世間のニュースも少しは御覧くださいませ。
    30代独身女性なんて、全然めずらしくありませんから。

    ユーザーID:1567031286

  • そう思うなら今からでも結婚出産に向けて動いたほうがいいよ

    前半は「うんうん」と読んでましたが、最後どんでん返しだな!(笑)
    とは思いましたが…

    そう思うってことは、主さんは結婚出産がしたいんですよ、ものすごく。
    多分、このままだと後悔します。
    ぜひ今からでも結婚や出産に向けて全力で動くべき!!!

    ちなみに私ですが、私もやりたい仕事をやってます。
    が、子供は全く欲しいと思わないんです。
    一時は世間体など考えて結婚に向けて動こうとしたのですが、相手から「子供はどうする」みたいな話が出ると「いりません」としか言えずに…

    そんな私なので、子供いなかったら負け組じゃんとか言われても何とも思いません。
    私にとっては子供がいたほうが不自然なので…
    かと言って子供がいる人を非難するつもりも全くなく、むしろ、欲しいものが得られて良かったね、おめでとう、と友人たちのことは心から祝ってきました。
    (もちろん「欲しいものが得られて」のところは言いませんし、生まれてきた人のことは、この世は楽しいかい?よかったねえ楽しめよ〜と思ってます)

    でも、今の仕事のことだけは別です。
    私より頑張ってる人を見れば羨ましい、妬ましい、私ももっと、もっと、という気持ちがあります。
    そこに到達できなければ負け組だとすら思ってしまいます。

    つまり、あなたにとってはそれが「結婚と出産」。
    子供がいないから心が砕かれそうだなんて私には理解できません。
    ということは、それが世間の100%総意でもないということ。
    そこをきちんと分かった上で、ご自身の気持ちと向き合ってくださいね。

    ユーザーID:6566363751

  • 「こりか」様のご意見が、的を得ています。1

    人には、それぞれの生きる道があるのです。

    トピ主さんは

    小児科医師と言う天職を得られた。それがあなたの生きる道だと思います。

    その道は、他の誰もできないことです。例え、他の小児科医の女性医師さんがいるとしても、トピ主さんのような「天職」とまで思える幸福は持っていないでしょう。

    トピ主さんはその仕事に没頭できたからこそ、天職になりえたし天職なんです。

    その人が、一般世間的な夫や子供・家庭〜というものを見て、「なぜ自分には無いのか」

    かと、急にショックを受けるお気持ちはわかります。

    でもそういう家庭を手に入れるために、多くの女性は、多くの時間を割き、努力をし、自分の大事なものを失ってでも道を選んでいるのです。

    大抵の人が何かを失った変わりに手に入れているんです。

    「こりか」様の言う通りです。

    何もかも手に入れるのは難しいんです。

    それと、その人には「その人の生きる道」というものがあると思います。

    結婚生活と子供を産み育てることと、主さんのような特別な高度な能力や努力が必要な仕事とを、全部やり遂げるのは無理です。

    何かを我慢し
    何かを失い
    何かを得る

    その選択だと思います。

    人の結婚や子育てや家庭を羨むのは分りますが、

    トピ主さんが、もし

    【天職を思う存分生きる】という人生を送るなら、それは最高級の幸せと言うものだと思います。

    勿論
    ご縁があって今後結婚や子供を持つ可能性は大ですが

    その時には、天職の仕事をどうするか‥休職か退職か・不十分な仕事にするか・・・

    あるいは理想の男性を我慢するか〜というような様々な選択に迫られるでしょう。

    【人にはそれぞれの生きる道がある】

    それを生きるのが生きること。

    誰でもが自由に、何でも選択できるわけではありません。

    ユーザーID:1024700035

  • 「こりか」様のご意見が、的を得ています。2

    世間の人が持っているものを全て手に入れようとせず、

    これだけは絶対に持っていたい‥と思うものを中心に人生を構築しましょう。
    そういう本筋がしっかりしていないと
    周囲を見ては、あれもこれも羨ましく、最後には自分の一番大事なものまで揺らぐ。

    こりか様の以下の文に賛同します。

    >私は、キャリアをあきらめて子ども3人との生活を選びました。
    >あなたのように、世の中に貢献する付加価値の高い仕事を持つ女性を見ると、心をかきむしられるような気持になります。
    これからもきっと。

    >でも、やはり、この道しかなかった思います。
    子ども3人を社会人として巣立たせるのが私の仕事、そして、私の幸せ。

    >あなたも、今ある幸せを大切にする以外、無いんじゃない?
    私のような女は、あなたのような女性をこそ、「勝ち組」と分類しておりますよ。


    さて、今の仕事を天職と言う主さんは「大変な幸福を持つ人」です。

    その天職で生活ができ、生きる意味を持ち、生涯生きていけるお金の見通しが立つ〜これ以上の幸福があるでしょうか。

    【自分に与えられた道の幸せ】をかみしめましょう。

    その上の、結婚や子供は、選択肢の一つです。全てが必須ではない。

    要は、
    あなた自身が何を選ぶか
    天はあなたに何を選ぶ道を与えたか
    〜です。

    どんなに望んでも手に入らないものは入らない。
    天職も、その最たるもの。配偶者や家庭や子供も同じ。

    まずは落ち着いて
    天が天職を与えたことを喜び

    自分が生きる最も大事な道はどれなのか、じっくり考えましょう。
    人の幸福というものは人それぞれなのです。

    結婚がしたいなら、今から婚活すれば良いではないですか。
    今まで天職に没頭できて良かった。
    天職を大事にしつつ
    今から、結婚相手探しよをしましょう。

    後悔などは不要ですよ。
    【人にはそれぞれの道・生き方】があるんですから。

    皆同じではない。

    ユーザーID:1024700035

  • まだ終わっていません!

    これからは、結婚を考えれば良いでは無いですか!
    子供が好きだったら、貴女の子供を持って下さい。
    仕事より、ずっとずっと満たされますよ。

    ユーザーID:4507904722

  • うらやましい気持ちもあります

    人は贅沢なものです。トピ主さんのように才能とチャンスに恵まれた人でもちょっとした時に惨めな気持ちになり心が砕かれそうになったりするのですね。

    自分は50代ですが、30代前半で結婚するまで自分というものがわからず今思うと迷子のような感じでした。派遣社員として働いていました。

    表面は元気でしたが心に問題を抱えていて、しあわせな未来が描けず、不安でした。賞与はなく収入も多くなかったので旅行に行く余裕もなかったです。
    「私この先どうなるのかな・・」いっそのことどこかへ行ってしまおうかなと思ったこともあります。

    自分にもっと能力と体力があったら一生の職を得たのにと今だにないものねだりの思いはあります。医師のようなしっかりした社会的立場におられることはりっぱです。

    欲しいものすべてを手にしている人はいません。

    どうぞ胸を張ってお仕事と婚活がんばってください。すてきな女性はしあわせになれます。応援しております。

    ユーザーID:2109572354

  • 世間の評価など爪ではじいてしまえ

    私も同じでした。
    キャリアも金も愛も家族も皆欲しい、女の人生のグランドスラム達成するぞって。
    今から考えると痛い(笑)

    私は30代前半で出産しましたが、予期せず妊娠高血圧になり急遽入院生活するも腎障害が残りました 
    子供はやや低体重だったもののすぐ回復(小児科医に敬礼)

    育休をいただいている間、育児と家事の単調な生活の中、もう医師人生終わった
    いや人生の落伍者だ、と落ち込んでいました 
    産後うつだったかも
    結局、育休一年を半年で戻りました。
    部長からの直電で「欠員で予想以上に忙しく皆倒れそう。保育園も算段つけるから戻れ」の言葉に飛びつきました。


    今はひっそりと 市中の病院で常勤医として勤務しています 
    目標だった医学博士は断念しました
    二人目を持つことも健康上断念しました

    一方夫も医師ですが、大学院で課程博士をとり、その後も論文を積み上げ、それなりの要職についています。
    独身時代に私が目指していた道のど真ん中を、夫は歩いています。

    結婚20年あまり、同業ゆえ「ワタシは何やってたんだろうな」って時折ふっと思いますよ でも普段は「生きてることが勝ち組」って心境です

    高齢の患者さんに言うと「枯れ過ぎ」って逆に叱られますけどね

    トピ主はまだ、目指した道のど真ん中を歩いているじゃないですか。それが勝ち組ですよ。エールを送ります。


    病院では先生と呼ばれていても 

    舅には生意気な女とののしられ
    姑には使えない嫁といわれ 
    実母には二人産んでこそ一人前の母だと諭され
    ママ友なる方々には働いてるのお子さん寂しいでしょカワイソーといわれ


    色々ありましたが気にしていたら生きていけませんよ 

    外野の評価は爪ではじいて、ど真ん中生きてください。ゆるがぬ自信が幸運を呼び込みます、きっと。

    ユーザーID:0412109772

  • そういう年代。

    解ります。特に30代前半って第二の結婚ラッシュや結婚した子の出産ラッシュがきて、
    自分自身も結婚して子供を生むなら今決断せねば遅いんじゃないか?
    しかし、仕事も充実してるし結婚意識する相手もいないし
    今からあせって婚活しても仕事も恋愛も中途半端になるんじゃないの?
    っていうかそもそも30過ぎていまから彼氏なんて出来るの?とおもう年齢です。
    その年齢で未婚でフリーで仕事にかまけた人はだれでもおもうことです。

    時間が解決するというか40に手の届く頃になると周りも自分も諦観がただよいますが
    少しでも今、迷うなら仕事をセーブして婚活やってみてはいかがでしょうか。
    医師なら周りに同じような年齢で独身者多いとおもいますし、紹介もあるとおもいます。
    2,3年立ち止まってみても将来いうほど困りません。
    なぜなら、20代の貯金があるからです。そして、40代で十分リカバリできるからです。

    不安におもうということは少し疲れもあるんだとおもいますよ。
    壊れちゃう前に休息を取ることも人生肝心です。
    あなたはとても優しくがんばりやさんですが、無理しすぎるのはよくないよ。
    ほどほどにがんばって。

    ユーザーID:3041270528

  • それで今後の方向性は?

    今や30代前半で女性の未婚率は34.5%で三人に一人は未婚だし、女性の生涯未婚率は14.06%で7人に1人は一度も結婚しない。
    だから、そんなにみじめとか思うのか不思議です。

    親しい友達が結婚とか出産とか何か、きっかけがありましたか?

    ところでトピ主様は、心が壊れそうだからはやく結婚したいのか、それを払拭できるほどの成果を仕事に求めているのでしょうか?
    単純に子供がほしいと言うことですか?

    >自分のプライベートを捨ててまで打ち込んできた仕事が、30代独身だというだけで全て打ち砕かれ

    ここに軽い矛盾を感じるのは、プライベートを捨ててきたから、充実した仕事や研究に没頭できたのではないでしょうか?
    これまで臨床で勤務なさった約8年間位?のうち、何年間も産休・育休・育児・時短となれば、現在のポジションや経験や能力には至っていないと思いますが。

    もし、20代で結婚や出産してたら、自分の全てをかけて打ち込んできた医師の仕事が、結婚・出産というだけで、産休・育休・時短と中断され
    中途半場に打ち砕かれ、惨めです。
    ふと気が付けば、周りはバリバリ仕事に打ち込む人ばかり。と言われていたのでは?

    仕事も家庭も…勉強の優秀さとは別に、時間や体力や気持ちのかけ方、思い通りにならない育児など、旦那さんやご実家のもよりますが
    これまでと同じスタンスでの仕事は難しくなると思います。

    一人の子供のお母さんになるのも素敵だけど、病気などで苦しんでいる多くの子供を助ける存在は誰にでもできる事でないし
    それを凌駕するくらい価値のあることだと思います。

    どちらかにして、というわけでもないけど、高いジェンダーの理想とは別に、まだまだ現状仕事と家庭の両立は難しい面もあるのかと想像できます。

    ユーザーID:2766360475

  • 一言

    何を言っているのか?

    まだ三十前半だろ?

    まだまだこれからじゃないか。


    追伸
    私個人的には、今が一番、女盛りだと思う。

    ユーザーID:5294971865

  • 負け組でいいじゃないですか。

    負け組でも、平和で安全な日本に暮らせて、仕事も充実して、何不自由ない生活を送れてるならそれでいいじゃないですか。

    ユーザーID:3949327138

  • 独身女性看護師でっせ

    20年小児科一筋でやってきましたので、ななこさんのお仕事ぶり、お仕事への姿勢、なんとなく想像できます。
    看護師と一緒にされたら不本意かもしれませんが、サービス残業も夜勤も・・・本気で子どもに向き合い、ご家族を支えたいと思ったら、プライベート気にして働いてられませんものね。

    そして、ふと周囲を見渡し、愕然とするのもわかります!!
    仕事に誇りは持ちつつ、仕事以外によって立つところがないことに気付いたショックたるや…

    でもでも、ななこさん、30代前半ですよね?
    結婚、出産を目指すのに、遅い年齢ではないと思うのですけど。
    とはいえ、今の仕事のなさりかたでは無理ですから(なんだかんだ言っても、女性のキャリアは結婚で変わりますよね)、自分が結婚を望むのか、仕事にまい進するのか、まず決めましょ。

    独身仕事人、きついことも多いですよ。
    周囲はどんどん家族を作り、家族として成長していくのに、自分は停滞しているような感覚。
    「立派な仕事ね」「私にはとても無理だわ〜」って、子ども抱っこした人に言われる時の、複雑な気持ち。
    産休育休、さんざんサポートしてきた同僚が、子育ての苦労と幸せについて延々語るのを聞く複雑さ。
    勝手に卑下してるよね?って、自分が嫌になる。
    医師はさすがに無いと思いますが、看護師の場合、「子ども産んでないのに、小児看護できるの?」って、本気で聞かれますよ。主にお母様方に。同僚に言われた時は、さすがに心折れそうでしたね

    乗り切ることなんてできない、ずっとつきあっていかなくてはいかないものだと、私は思っています。
    だからこそ、それ以上に楽しい仕事をしようと、日々頑張っています。
    結婚ではないけど、出産ではないけど、笑って生きていれば、仕事でもプライベートでも人との出会いはたくさんあり、ひとつひとつを大事にしようと思っています。

    ユーザーID:5406953400

  • 患者の立場から

    40歳主婦です。
    2歳から発症した持病があり、幼少期は家庭で過ごす時間より入院生活が長かったと思います。
    担当医は女性の方で、私にはいつも優しかったけれど、看護師さんはいつも叱られてたな。
    母も弱音を吐くといつも叱咤激励されていました。時に優しく、時に厳しく。
    子供ながらによく覚えています。
    今ならよくわかります。彼女はとても誇り高く、信念の強いかたでした。
    病気をよく診てもらっていたのは私だけれど、たぶん先生に支えてもらったのは母。
    ご高齢で引退されると話を聞き、(そのころ私はとっくに成人していましたが)
    母だけでご挨拶に伺ったそうです。
    先生は生涯独身で過ごされましたが、退職後は独立(開院)して医療の道は続けると。
    その話を聞いて感謝の気持ちとともに涙が出ました。

    女性として今ある悩みにぶつかるのは当然です。
    悩むのは大いに結構。その気持ちに職業は関係ありません。
    でも、決して、ご自身を否定する気持ちを持たないでください。
    私や母は、あなたに助けられ、支えられた人たちの未来です。
    悩んでも苦しんでも、誇りと自信を持って歩んで欲しいと思います。

    ユーザーID:5441098856

  • 女性医師はモテモテ

    私も医師です。
    医師は過酷な仕事です。プライベートが充実していないと気持ちの切り替えができません。
    元彼は医師でしたが、医師と結婚したくて近寄ってくる女性があとをたちませんでした。私が仕事で辛くて辛くて大変な時に、私を支えるどころか浮気をして楽しんでました。自己中心的な男でも、医師と結婚したくてしょうがない病院関係の女性のお陰で、男の医師は相手に困りません。
    自分が恋人を大切に想って、恋人が幸せになれるように頑張っても、こんな仕打ちをされるのかと泣きました。

    相談所に一時期登録しましたが、モテモテでした。特に、一緒にクリニックを手伝って欲しいという開業医の医師から。ただし、相談所では10才差は当たり前。
    30を超えたら、10才差は当たり前。

    結局オーベンと上手くいき今既婚です。
    医師夫婦で公私ともに協力しあってます。

    オーベンと結婚する女性医師さんも多い気がします。

    トピ主は負け犬などではないし、相談所に早く登録した方がいいです。

    人生楽しんだ者勝ちです。

    頑張って!!

    ユーザーID:2643631475

  • 私の友人

    友人に女性医師が二人います。二人とも大学病院でキャリアを邁進しています(放射線科医、整形外科医)。二人とも30歳〜35歳ぐらいで、彼氏と別れ、失恋と同時にまずい!という感じで結婚を意識し始めた感じでした。

    現在一人は医師と、もう一人は自営業の方と結婚しています。一人目は飲み会でちょっと酔っ払ってしまい上司に「私だって結婚したいですよ〜。でも仕事も続けたいから理解してくれる人を見つけるのがむずかしいんです。」と愚痴ったら、後日その上司が同年代の医師を紹介してくれれて、恋をして、結婚しました。最初は相手がバツ1だからちょっと躊躇していたようですが、恋をしてしまったらもう一直線でした。もう一人は、妹(同じく医師)と医師であることを隠して参加した合コンで出会ったパン屋さんと結婚しました。医師とパン屋さんは珍しい組み合わせだと思いますが、今もラブラブ。ご主人のご両親と二世帯住宅(一階にパン屋)で、子供達の面倒を義両親が平日はほとんどみてくれて(お迎え、夕飯、お風呂まで)、仕事を続けながら子供も持てたと喜んでます。

    トピ主さんも周りの年上の人に結婚相手が欲しいと言ってみたらどうですか?もし同業者じゃなくてもいいなら、合コンとか婚活イベントにも。それから、誰にでもできるわけではない尊い職業をされているトピ主さん、ご自分を卑下なさらないで、堂々としてください!自分のことを好きじゃない人に恋する人はいませんよ。

    ユーザーID:9098636303

  • 結婚はオプションのひとつ

    社会に貢献する立派なお仕事に就かれたトピさんにとって、結婚は人生選択肢のオプションの一つに過ぎない。

    どの道を選択すれば「自分は勝ち組」の意識を持てるか、それはやってみなくちゃわからない。

    医師同士の結婚は、確かに学生時代からのカップルが多いけど、彼らの結婚生活は修羅場よ。

    誰でも一日は24時間しかないからね。
    激務の二人が子育てしながら、どんな生活していると思います?傍目には青く見える隣の芝生(勝ち組)、しかし実態は殺伐とした普通でない生活…破綻も多い。

    女性が脇役に下りるしか、家庭を維持する選択肢はない、研究職に変わったり、バイト医師になったり。
    臨床医は「家庭を支える側」には回れない職種だと思いますね。

    仕事を続けることを優先するならば、専業主夫も厭わない男性がベストチョイス。

    ユーザーID:2904123186

  • 違うと思う。

    「惨め」じゃなくて「寂しい」んじゃないかな。
    私にも優しい旦那さんがいたらいいのに、可愛い子供が欲しいなぁ。
    そう思ったら寂しくなっちゃっただけでは?
    きっと疲れもあるんでしょう。

    そんな立派な仕事をしているのに惨めにならないで下さいな。
    決して手遅れではない年齢だし、少し休憩を兼ねて婚活してみたら?
    自分のお子さんを得たら、更に素晴らしいお医者さんになるんじゃないかな。
    顔を上げて周りを見回してみましょう。
    まだまだあなたの前には可能性がゴロゴロ転がってますよ。

    ユーザーID:6770963761

  • 小児科医にとって子育て経験はほぼ意味なし

    お気持ちはわからないでもないです。結局、隣の芝生は青い、それだけです。

    私はトピ主さんより少しだけ上です。20代後半〜30代、育児をしてきました。院内保育園完備で夫も協力的。フルタイムで他のスタッフへの迷惑は最小限、と思っていましたけど、ある程度大きくなったら子どもが起きている時間に帰らないわけにはいかないし、定時で上がれる職場へ変わりました。
    定時で上がれるとは、急性期病棟、救急、NICUと無縁のところです。卒後5、6年目のいちばん重要な時期に、外来、乳健メイン。
    私にしたら、トピ主さんがうらやましいです。

    そして、たまに見る「女性小児科医にとっての育児経験」重要論。これ、ウソです。
    だって、N=1です。なんのエビデンスにもならない。むしろ、N=1の育児経験に基づく言動は危険です。ここは間違えないで。

    そして、妊娠出産の時は、釈迦に説法ですが、自分の命やキャリアが吹っ飛んでいくリスクを負うわけです。
    妊娠すると決めた時に、命をかけるんだと覚悟は決めていました。が、実際に早剥になりました。激痛のなか血まみれになったときの恐怖感は今でも忘れません。
    トピ主さんは周産期医療に従事されていると思います。何となく出産しておきたい、とか、負け組が嫌だからという理由で出産に臨んでほしくないです。

    あなたの人生ですから、何を重要視して生きていくかあなただけが決めるんです。負け組、勝ち組など、はっきり言ってくだらない概念だと思います。
    結婚して、出産して得ることもあるし、失うものもたくさんあります。両天秤にかけて、判断するしかないです。
    私は前者を選びました。後悔はありませんが、失ったものの大きさに時折悲しくなります。
    私はトピ主さんをうらやましく思います。結局、隣の芝生は青いんです。何を選んでも。

    ユーザーID:3108052165

  • ファイト!

    こんにちは、10数年前の自分を見ているようです
    私も卒後7ー8年の頃、焦っていました。お見合いもしました
    子供を育てて始めて小児科医として一人前になれるとか言われて、なんか切なかった

    今アラフィフ、結婚は37の時にしましたが子供はいません
    でも、なんとか仕事続けてますよ
    子供がいても、わかってない人はたくさんいます

    今まで見ていて思うのは
    縁はある。繋がるときは繋がる。
    焦って動き回りすぎてもダメなときはダメ。。

    うまく言えないけど、お仕事頑張ってください。その合間に同僚や友達と息抜き、エンジョイしてください
    10年近くたったんだから、すこしオンオフの取り方を工夫して
    習い事や趣味、してみてもいいですね
    結婚だけが全てではない。子供がいたらそりゃー幸せだろうけど
    子供がいないからダメとも思いません

    私のまわりの女医さんは、年下の研修医、レントゲン技師さん
    テニスサークルの出会い、などなどひょんなところで見つけてます
    肩の力を抜いて、一息つきましょう

    ほんとうに、あの頃の自分を見ているようで
    焦る気持ち、切ない気持ちを思い出しました
    陰ながら良いご縁がありますよう応援しています
    蛇足ですが、焦って誰でもいいとか思ってたら
    私みたいに、ワガママアスペ長男教の旦那、引いちゃいますよ
    ほんとうに焦らず、あなたにあった相手をゆっくり探してください

    そして、相手がいなくても、1人でも人生楽しく過ごせます
    そこも覚えててください

    ユーザーID:2934494985

  • 勝ちも負けもない

     私はもう少し若い頃、
    仕事か結婚か、どちらかを選ばなければならず
    仕事の方を選びました。
    どうしても結婚の方を選べず、
    周囲とは大ゲンカしましたが、納得しています。
    医師ともなると激務ですもの
    女が家事をするべきとの圧力がある日本では
    結婚が困難なのは仕方がないことだと思います。

     男性は仕事に集中して専業主婦の奥さんに支えてもらうか
    共働きで協力しながらやっていくか
    (専業主夫になる選択肢もありますが)
    いずれにしろ結婚か仕事か選ばざるを得ないケースは
    ほとんどないんですよね。
    だから、男性と比べるのは不毛でしょう。

     マザー・テレサのように生きるもよし、
    向井千秋さんのように生きるもよし、
    家庭に生きるもよし、
    いろんな生き方があって
    いろんな価値観があるんですから
    勝ちだの負けだの言う方がおかしいんです。

    本当に結婚したいなら
    今からでも婚活されればいいし、
    周りが結婚結婚言うから気にしているのなら
    勝手に言わせておけばいいし
    生きたいように生きればいいと思います。

    ユーザーID:3753911394

  • 感謝

    トピ主のななこです。こんなにたくさんの方からコメントを頂けるなんて思ってなくて、本当になんと言ってよいか……皆さん一人一人のコメントを噛み締めながら読ませて頂きました。叱咤激励、とても心に染みました。インターネットでこうやって悩みを吐露したのは初めてだったのですが、お顔も見えない皆さんにとても励まされました。
    私はたしかに無い物ねだりをしているのかも知れません。天職と思える仕事につけて、お金も相応にもらっています。皆さんが言われるように、少し自分に余裕ができた分、仕事以外に目を向けるようになったのだと思います。恋愛がしたいのと、やっぱり子供が好きなので子供が欲しいんです。ただこの世界にいるからこそ、不妊が多いことも、女性にとって不妊治療がどれだけ身体的苦痛と金銭的負担を伴うかも知っていますし、子供は授かりものだと思っているので、できなかったら仕方ないと思っています。パートナーが欲しい気持ちが強いのだと思います。また、周りの女性医師がそれを成し遂げていくことに羨ましさも強いんだと思います。そして私が将来一人で寂しく過ごすのではないかと心配している両親が、年々年老いていく姿を見て焦っている気持ちもあるように思います。仕事にも疲れているのかも知れません。結局この連休も重症な子がいてずっとつきっきりでした。自宅で仮眠をとった以外はずっと病院にいました。化粧をする気も起きなくて、すっぴんで過ごしました。少し自分のためにも時間を作って、おしゃれして、出会いの場に出かけてみたいと思います。皆さん一人一人にお礼とお返事をしたいところですが、まとめてお返事とさせてもらいます。本当に励みになりました。心から感謝します。

    ユーザーID:8362677399

  • 子どもを産み育てるのは、女性にとっては、生涯かけた難事業

    子どもを産み育てるのは、女性にとっては、生涯かけた難事業です。

    だから、医師のような、高度かつ時間も労力も半端なく必要な仕事とはなかなか両立できません。

    両立しているという人は、
    どちらかを、かなりセーブしているはずです。

    満足な仕事は難しくなるでしょう。

    さらに、妊娠出産で母体に無蟻がかかり病気になったり
    生まれた子どもの病気があったりする場合

    さらには、育つ過程で、子供の心の問題や、受験などでも、

    母親が仕事をやめなければならなくなったり、大幅な仕事のスピードダウンは、

    想定内です。

    子どもを持つことは、そういうリスクを抱えることなので、

    結婚〜子供〜と言う流れを人生で、想定するなら、

    仕事をどうするかと言う覚悟が必要です。

    天職の仕事を、何が何でも今のようなやり方でやり通したいのなら
    結婚〜子供〜という流れは、良策とは思えません。

    世間で、結婚〜子供という一般的な人生を送っている人は

    主さんのような、何と言いますか立派と言うか、特殊な高度な難度の高い仕事はしていないと思います。

    退職したり、時短にしたり、転職したリ、一時退職して子供が大きくなったらパートに出たり・・・

    あるいは拭く陸生がある会社で、育休を取ったり、子どもの病気休暇とか、欠勤、早退遅刻をして子供の病気に対応したリしながら、仕事をセーブしつつ、子育てしていると思います。


    そうなると、主さんのその天職の仕事は、人生第2になってしまいます。

    子育ては、女性には、生涯を賭けた事業なんです。

    だから、見かけで人をうらやまず、
    自分はどう生きるのかを、しっかり考えましょう。

    ただし、結婚するだけで、子供を持たない約束の夫婦なら話は別ですが。

    結婚・子育てにはそれなりの大きな労力がついて回るので、安易に羨ましがったり落ち込んだりするのは的が外れています。

    ユーザーID:1024700035

  • 勝ち組の定義

    男女関係に於けるトピ主の規定する勝ち組とは、男性から花よ蝶よともてはやされ、さらにトピ主よりも収入が多いか、社会的立場が高い資産家などから言い寄られることなのでしょう。
    このスタイルの追求が困難となれば、パラダイムシフトをして自らのお気に入りの男性と一緒になることを求めればよいだけです。おそらく同僚男性はそうやってある者は容姿端麗な女性を求め、ある者は容姿には目を瞑り医院を経営するために婿入りしたり、ダブルインカムを目指すパワーカップルになっているだけです。医師免許と金銭でつかんだと言えますね。トピ主の求める男性像を明確にさえすれば実現できることはあると思います。でも女性がお金を使うなんて、と考えるのであれば取れる手段は少ないと思います。

    ユーザーID:6596138303

  • 欲張りに仕事も恋愛(結婚)も両方掴み取りましょう!

    仕事での成功と結婚は全く別物ですから、立派なお仕事をされてるんだから、結婚なんかしなくても幸せでしょう?ってのも、また違いますよね。

    大学を出たものの就職もせずアルバイトを転々としながら、それなりに恋愛を重ねて結婚した私からしたら、若い時は恋愛が楽しくて仕事は重要視してませんでした。

    でもアラフォーになった今は、旦那さんのお給料で食べていけるし幸せではあるけど、遣り甲斐のある仕事に就けてたら良かったな〜とも思います。

    でもトピ主はまだ仕事の成功も結婚の幸せも両方掴めると思いますよ。

    婚活してみたらいかがですか?

    仕事があるんだから恋愛や結婚は要らないでしょ?とは思いません。

    恋愛や結婚も楽しいし幸せなものですよ。

    私は今からじゃ仕事で一旗上げるのは無理なので、トピ主には欲張りになって両方掴んで欲しいです。

    ユーザーID:6277913272

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧