母方親族の家屋の今後の管理

レス60
(トピ主41
お気に入り128

家族・友人・人間関係

ご飯とライス

レス

レス数60

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です(41) 嘆かわしい

    やっぱり、悪口が入ってしまう。
    先日締め切られた確定申告、従姉Aは結局放置しました。
    従姉達の問題ですから、私が激しく問い詰めるのもおかしな話なので、我慢しました。

    従姉A
    「税金は払っているし、戻る分を損するだけだから法的に問題はないはずだし、自身の体力や活力では難しい」


    「・・・」

    そしてC家屋の件について
    何人かの知人から、私が管理代行をしている事について
    「(私)さんは、管理費用はもらっているの? おばさんの世話もやっている(私)さんは、あまりにもお人よしすぎるし、それはそれできちんと請求すべきですよ。」
    とまで言われてしまいました。

    おじ・おばとは、親子のような関わり方をしてきましたし、従姉達とは兄弟姉妹の様な関係かな・・・?
    だから、一切報酬など受け取ることなど考えてきませんでした。

    こんな事なら、従姉達は(私)の事など気がねせずに、C家屋を売っ払って従姉達で山分けしてしまえばいいのですけれどね(ちょっと暴言)

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(40) あれこれ

    C家屋に時々○○銀行からの留守電が入ります。
    そして、郵便受けにも時々その銀行の担当者の名刺が入っています。

    先日、あまりに気になったので○○銀行に出向き、事情の説明をしてまいりました。
    担当者の方は、なぜか私を「C家屋でお見かけした事あります。たしか小さい子供さんがいらっしゃいましたよね」なんて言われてしまいました。

    銀行担当者
    「ご主人(伯父)が亡くなられたことは、存じております。その後の必要な手続き(相続も含)が進んでいるように見受けられないのが気がかりでした。相続人の方(従姉達)は、ご主人(伯父)の財産を正確に把握していないのではないでしょうか?」


    「はい、そうなんです。従姉がすべきことですが、遺伝なのか親譲りな所があって、頑なに他人の介入を拒むので、困っているのです。私から手伝いを申し出ても拒まれるし、自分でやると言いながら事なかれの放置を繰り返すのです。もう手続の期限が迫っているのですが、私は法定相続人ではないので強く言えないのです。」

    銀行担当者
    「そうですか・・・、手前どもは、そういった相続についての業務(相談も含)もやっております。必要であればお手伝いをさせていただきますが。」


    「ありがとうございます。従姉にその旨伝えます。出来ないのに全て自分でやるといい、どうにもならなくなっているように私にも見えるのです。いっそ、やっぱり費用がかかっても専門家に任せた方がいいように私も思います。もうすぐ確定申告の期限だというのに、応答はまったくないのでおそらく全然やっていないのでしょう。」

    銀行担当者
    「確定申告をしなかったら、大変な事ですよ。もし追徴や延滞金を科せられると相当な出費になりますよ。場合によっては、財産の大半を失う事にもなりかねませんよ。」

    今後、手続に残された日々は短いですが、おせっかいながら従姉をけしかけることします。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(39) 従姉の持ち分の買取り案

    C家屋は、従姉実家であり母実家でもあり、そして私には実家の実家(生家)です。
    様々な経緯により、従姉達の実家ではあるものの従姉達の居住歴は全くなく、
    従姉達の荷物も一切なく、将来共居住の意思はないとの事です。
    私の生家ではあっても、私は法定相続人ではないため権限はありませんが、
    幼少時代、大好きな祖母と過ごした家でもあり思い入れが相当あります。
    従姉達がきちんと後世に引き継いでもらえればなんら異存はないのですが、
    従姉達は60代後半の年齢に突入し、子供もいないため、行く末が大変気がかりです。
    従姉Aの事なかれ放置のままでは、遺言状の作成もしないだろうし、いずれは相続人不在により国家の物になってしまいます。
    伯父の逝去により、C家屋は法定相続通りの分配により伯母(1/2)・従姉達(1/4ずつ)の共同名義だと思われます。私が、「ただで」とは言わず、従姉達の持ち分を時価での買取りを打診することを考えています。これならば、ド厚かましい話ではないとは思うのですが・・・

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(38) ネタはあるのですが・・・

    しばらく投稿が滞っております。
    ネタは、かなりあるのですが、下書きをしている段階で支離滅裂な内容になってしまい、
    自己却下(ボツ)の繰り返しです。

    まもなく確定申告の時期になりますが、従姉Aはきちんと手続きをするのかどうか気がかりですが、そこは私の立入れない領域ですので、静観せざるを得ません。

    伯父の相続手続をきちんとできるのかどうか、伯母(認知症)の確定申告も必要な筈ですし、どうなるのやら?

    様々必要な筈の手続きも、従姉Aは基本放置して書類が手元に来てからの動くつもりの様です。

    するべき必要な手続きを怠っての追徴や差し押さえが無ければいいのですが・・・

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(37) C家屋の近況2

    伯父が亡くなり、伯母が認知症による施設に入っているため、C家屋は留守(半ば空家)状態。
    日頃の管理は、私が代行しております。
    通勤の往復時に立寄ることが出来るので、管理は比較的容易な部類になるのでしょうか?

    しかしながら、夜間は完全に無防備状態。敷地への不法投棄も時折発生します。

    防犯上、防犯カメラの設置が必要と思い、従姉Aに提案しても返事なし。
    本当は、セ○ム等のセキュリティシステムを導入してほしいのですが・・・
    もう私が自腹を切ってでも導入しようかとさえ考えています。

    生い茂った庭木の剪定を、私の判断で業者に依頼してもよいか尋ねても、返事無し。
    返事がないまま、放置状態が続いていた時に、隣近所からのクレームが自治会に持込まれ、警察へとつながり、私への改善指導がなされました。

    「立場上、管理は好意でやっているもので、実質的な権限は実子である従姉達なので、限界がある」旨を警察に説明しましたが、「そんなこと言っていないで、(私)さんがもっと主体的になって進めなさい!」と言われてしまいました。

    従姉Aは、事なかれ先送りを繰り返すので、「じゃあその用件はこちらで引き受けようか?」と言ってもはぐらかし、放置します。
    私が勝手に進めても、差し出がましいような、押し付けがましいような、従姉の聖域に不法侵入しているような気にもなるしで悩んでいます。

    先日、10日間の滞在で従姉Aがやってきましたが、C家屋の掃除や片付けなどは一切しませんでした。
    片付かないC家屋の荷物について、処遇方法を尋ねても「私(従姉A)が決める」と言ったまま、何もせずに帰京してしまい、いつもどおりの結果になりました。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • トピ主です(36) 故伯父・伯母からの恩義

    故伯父・伯母とは、親密な親戚づきあいを永年続けてまいりました。

    私達が、父を突然亡くしたときも、ご夫妻からの手助けは感謝感謝でした。
    伯母は、落ち込む母を積極的にショッピングやその他の気晴らしに誘ってくれました。

    母が突然倒れ、救急車で運ばれ緊急入院した時にも、母に付添う私と交代してくださった事もありました。

    私の婚約時、母はよからぬ邪魔立てをやらかしましたが、伯母は母を叱りつけ、私は妻と無事に結婚することができました。

    結婚後、母の嫁イビリ的な行動により私達夫婦は危機に陥りましたが、ご夫妻で盾になってくださり、母を矯正していただきました。

    このような経緯があるので、伯父・伯母への恩返しをしない訳にはいかないのです。
    ただ伯父の晩年に発生した、許しがたい非常識な行動に対しては、いくら恩があっても許すことは出来ないですけれど・・・
    (伯父の晩年の話から、遠ざかっておりますが、悪口一辺倒な話を避けるため、しばらくお待ちください。)

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(35) 最近の伯母

    伯父が亡くなり、伯母は老人ホームでの生活。

    伯母の入所している施設は、大変きれいで申し分ないのですが・・・・
    でも、伯母をみてみるとやっぱりさびしそう。

    先日1泊2日の外出として自宅(C家屋)で過ごしました。
    やっぱり居心地がいいのか、よくしゃべり話のつじつまもあっている。
    伯母の家だし、そのまま過ごせるようにしたいのだが、24時間の親族での介護は無理。
    伯母を施設に戻しに行く時も、心が痛みました。

    スーパーマンだった伯父がいて、スーパーウーマンに準ずる程の伯母だったのに、
    認知症は、伯母の優れた能力のほとんどを奪っていきました。

    認知症ではありますが、伯母は暴言を吐かず、他人に対する気遣いは残っており、
    いつもにこやかに「ありがとう」という言葉で、周囲の人を笑顔にさせてくれます。

    施設で暴れ気味の他の入所者に対しても、なだめるのも上手らしいです。

    伯母の長生きを望みながらも、かといって今の状況が好転する見込みも望みにくい中で
    、どうすれば伯母にとって最善なのか私達は悩んでいます。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(34) Re:従姉B夫妻と養子縁組しては

    ひよこさん、こんにちは。
    助言ありがとうございます。

    養子縁組のデメリットとして、私たちが譲れないところは苗字が変わってしまうという事です。

    伯父からも、元気な時(認知症発症前)に、養子縁組の提案を出されたこともありましたが、苗字が変わるために断念しました。

    妻が養子に入るという方法がありますが、当方側でかなり物議を醸すことですので、これも無理。(妻が養子になれば、苗字を変えなくて済む)

    あとは、従姉達の相続分を私が買取り、伯母が事切れた時には、従姉達に相続放棄をしてもらうという方法を、私から従姉達に提案しています。

    従姉B夫妻との養子縁組の提案もありがとうございます。
    良い提案ですが、苗字が変わってしまうので出来ないのです。

    関係者一同が、それぞれ年の順で、あの世に旅立つと仮定しての話で、様々考えておりますが、仮に従姉B夫妻において、ここでもし順序が変わって従姉Bが先に旅立つと従姉B夫が相続することになり、そこから先は、従姉B夫の兄弟関係に相続が発生します。
    従姉B夫兄弟と私達とは、縁もゆかりもなく、お互いの土地を訪問した事もなく、ややこしい事になってしまうので、私の提案に従姉達が同意すればと思っています。

    あと、国の物となった時に私が買取る事が出来ればそれでいいかもしれませんが、
    その時まで、私が認知症の症状が出ないでいられるかどうか(笑)、買取れる資金が手元に残っていればいいのですが・・・・、国の物となった時に、国が私に払下げていただけるのかどうかなど、とりあえず従姉達と角が立たぬように話し合いが必要ですね。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(33) 近況

    最近の私の投稿が悪口三昧になっているので、しばらく話の流れを変えたいと思います。

    伯父が亡くなり、伯母は施設へ入所している状況で、私が不定期に面会に行っております。
    公共交通機関を使うと、1時間余りかかる不便な場所ですが、自家用車で行くと15分ほどで行けます。

    私の母が、自力で面会に行くのは高齢でもあり、やはり難しいので、私と母と一緒に行くことがほとんどです。

    でも施設にいる伯母は、やっぱり寂しそう。
    自宅(C家屋)へ帰してあげたい心情にもなりますが、24時間介護できる人はいませんので、それはかないません。

    当初は、伯父の写真をお部屋に置いていましたが、激しく動揺するので、私の娘の写真に入れ替えました。

    伯母に何か欲しいものはないか、差し入れの要求があればと思っていますが、特にリクエストもなく、ただ日数が過ぎていくのみ。

    母も姉妹であるから、自身が伯母(同じ親から生まれたから)のようになるのかと不安になっています。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • 従姉B夫妻と養子縁組しては

    >伯父一家(従姉達も含めて)は、将来途絶えてしまいます。
    >つまりC家屋を含めた祖母達から築いてきたものは、誰も引継ぐ事が出来ず、放置され、国のものになります。
    >C家屋は私の生家でもあり、幼少時代に祖母と過ごした家でもありますので、しばらくはしっかりと守り抜きたいのです。

    1、国の物になったらご飯とライス様が買い取る
    2、一家が途絶える前に従姉B夫妻とご飯とライス様夫妻が養子縁組をする(年上の御夫婦が年下の御夫婦を養子にする)

    という方法も有ると思います。

    ユーザーID:6398415192

  • トピ主です(31)話は続いておりますが・・・・

    伯父と従姉Aの悪口三昧になってしまっているので、一呼吸おきます。

    長年、伯父一家には大変お世話になってまいりました。
    伯父・伯母とは親子、従姉達とは兄弟のような関係を続けてまいりました。

    伯父の晩年頃から認知によるものや様々な出来事があり、ギクシャクもしだしました。
    ですが、長年のお世話になった恩は相当なものであるので、様々な面で恩返しができればと思ってやっております。

    近年のギクシャク状況を、とあるところに相談しても「関係ない、そんな義理はないからほっとけ、放置しなさい」などという、身も蓋もない返事を返される事もあり、困ってしまうこともたびたびです。

    若かりし時の伯父は、スーパーマンのように何でも万能といった具合で、従姉Aが近年の両親の悲惨な状況を認めたくない・受け入れられない気持であることも理解しているつもりです。

    私は伯父達からの見返りを、あてにはしていません。
    C家屋が私のものにならなくても、それはそれで結構です。

    ですが、C家屋は私の生家でもあり、幼少時代に祖母と過ごした家でもありますので、しばらくはしっかりと守り抜きたいのです。

    今、日常的にC家屋の管理を出来るのは、立場上私しかいませんので、しっかりとやって行きたいと思っています。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(31)伯父の晩年9(交通事故後6)

    激怒した父親(伯父)を鎮めるべく、本人(伯父)にキーを渡すというまさかの従姉AのKYな軽率な行動。
    憤慨した私は、ケアマネさんに従姉Aの行動を報告。
    ケアマネさんは、呆れておりました。

    一方の従姉Aは、それから伯父と一緒に車で買い物に出かけ、その途中でケアマネさんから従姉Aへの電話で「一体どういう事ですか?」
    と言われ、しどろもどろの言い訳。
    従姉A:「父(伯父)が怒ってしまい、車の運転の出来ない父(伯父)は、このままだとケアマネさんの言う事も聞かなくなると思ってやむを得ませんでした。」
    ケアマネさん:「でもあなた(従姉A)がここにいるのは、あと2日でしょう? あなた(従姉A)が帰ったらお父さん(伯父)は、絶対に車の運転をしますよ。近いうちにきっと人身事故を起こしますよ。それでも責任をとれるのですか?」
    従姉A:「...」
    ケアマネさん:「せっかく従弟(私)さんが、あらゆる協力(手助け)してくださっているのに、当事者のあなた(従姉A)が真逆の事(逆撫で)をしてどうするのですか!?」
    従姉A:「...」
    ケアマネさん:「数か月前のお父さん(伯父)のドライブ道中での飲酒運転の事もあるし、本当に取り返しのつかない事になりますよ。」
    数か月前、伯父は5人でドライブ(免許保持者は伯父のみで、同乗者は伯母、従姉A、私の母、私の姉)をし、道中で伯父は飲酒したにもかかわらず、運転を続けたのです。
    誰も止めることは出来ませんでした。


    続きます・・・・

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(30)伯父の晩年8(交通事故後5)

    私に運転を阻止され、激昂状態の伯父、
    従姉A:「私に考えがある」と言いだし「とにかく、まずタイヤロックを解除して」
    と従姉Aからタイヤロックの解除を指示され、その通りにすると、伯父が満面の笑みに変わり、伯父が車のドアを開けようとキーを探しますがキーが無い。
    実は、私が隙をみて事前に伯父のスペアキーを没収していました。

    伯父:「キーが無かったら運転できないよね、困ったな。」
    私がメインのキーを預かっていることを運よく忘れています。もし聞かれたら「持ってる訳ないじゃん」ととぼけるつもりでいました。シメシメ・・。

    伯父が再びキーを探しに家中に戻っている時に、
    従姉A:「私(従姉A)にキーを渡して」、
    私:「どうして?」、
    従姉A:「いい考えがあるの。まかせて!」、
    従姉Aは、キーを探し回っている伯父の所に行き、まさかの行動。
    従姉A:「パパー、こんなとこにキーがあるじゃない。」

    伯父:「えーー、あったの!? そういえば車検証はどこにあったかな?」
    従姉A:「車の中に決まってるでしょ。」
    伯父:「あっ、そうか、じゃぁ車に行ってくる。」
    戻ってきた伯父。
    伯父:「車検証あったあった。」
    従姉A:「良かったじゃない」と伯父の肩に手をやる。

    私は完全にブチ切れました。
    妻も加勢して、従姉Aをさらにたしなめます。
    従姉Aは、私と妻がどうしてそんなに怒っているのかわからない様子。

    従姉Aをぶん殴りそうな気持ちになったので、
    「もう知らん。アンタ(従姉A)は、仕事もやめてアンタ(従姉A)の自宅も引き払って、ずっとここで両親と一緒に暮らしていろ!」
    私はそう言って退散しました。

    続きます・・・・

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(29)伯父の晩年7(交通事故後4)

    免許を復活させた伯父は、激しく私に攻撃をするようになりました。
    私:「だから保険に入れ。話はそれからだ!」
    絶対に聞く耳を持たない伯父は、激しく罵り、警察が来るかと思えるほどの大声。
    むしろ警察が来てくれる方がいいし、免許失効時の運転中に警察の検問にでもあって、逮捕されてしまえば良かったとさえ思いました。

    私への電話攻撃が激しい為、着信拒否の設定をすると、私の実家の母に激しく抗議。
    母に「あなたの息子を警察に訴えてやる。覚悟しておけ!」と言い放ち、
    母はびっくりして私に「おじさんを許してあげて。警察にアンタが捕まったら
    私は生きていけない。死んでしまう」などと言われました。
    母に「伯父さんの運転を阻止するのは、ケアマネさんとも相談してやってることなので
    絶対にできない」と突っぱねると、「ケアマネさんなんかどうでもいいから、アンタは私の話を聞いて」と泣きすがってきました。
    さすがに私も興奮していたので、妻が受話器を奪い取り、母に話してなだめてもらいました

    高齢者の事故が多発している状況で、妻の父(義父)も運転免許証を返上したことを母に話し、なんとか妻が母を説得してくれました。

    翌日、伯父はどこで調べたのか、私の職場にまで電話してくるようになりました。

    何度も「保険に絶対に入る事。話はそれからだ!」と言っても
    伯父:「だから俺は保険には入らん!」
    私:「この前の事故は、誰が対応したと思ってるのか?」
    伯父:「それはもう片付いた話だ!」
    職場で大声を出すわけにもいかず、そこで電話を切りました。

    従姉Aにこんな状況を報告しても、こんな時にも事なかれ(我関せず)な態度です。
    「とにかく、大変な事になってるから来て」と何度も言って、ようやくやってきた
    従姉A。
    はるばるやってきた従姉Aは伯父の肩を持つような雰囲気でした。

    続きます・・・

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(28) 伯父の晩年6(交通事故後3)

    事故を起こして免許証失効であったばかりか、任意保険に入っていなかった事が発覚。
    したがって、保険会社任せの事故相手との話は出来ないので、伯父側でやることに。

    事故相手は、伯父では話にならないから、警察に話をして伯父側の代理人(窓口役)
    を立てる様に要求してきました。

    警察は、私が当然にそれを務める様に説得してきます。
    伯父の実子である従姉Aに連絡をとると、的外れな話ばかりです。
    「弁護士にでも連絡しましょう」←おいおい・・・・
    相手の話も聞かないまま、いきなり弁護士なんて・・・・

    結局やむを得ず、私がやらざるを得ない事になり、なんとか私が相手と話をして、相手への支払いが終わったのが1カ月半後。
    伯父は、しばらくおとなしくしてるのかと思いきや、無免許状態の運転を繰返し、車のキーを没収してもスペアキーを使って運転を続けます。

    私が実力行使で、タイヤロックをしかけ運転できなくしました。

    ところがその1週間後だったでしょうか、勝手に免許を復活させてしまいました。

    免許を復活させた伯父は、傲慢な態度で、今すぐこのロックを解除しろと怒鳴ってきます。
    私:「駄目だ。事故を起こして舌の根も乾かぬうちに勝手な事など許さん」
    伯父:「あんたに、そんなこと言われる筋合いはない。今すぐにこのロックを外せ」
    私:「この前の事故の件で、誰が対応したと思ってるのか? どうしても運転するというのなら、まずは保険に入れ。話はそれからだ。」
    伯父:「やかましい、俺はこれまで保険に入ってこなかったんだ。運転も上手いし、事故なんて起こしたことがない。」

    アホらしくなり、私はその場を逃げるように去りましたが、それからは伯父からの電話攻撃が昼夜を問わず激しくなりました。2歳の子供をようやく寝かしつけた所に、怒涛の電話攻撃もあり、着信拒否をせざるを得ませんでした。

    続きます・・・・

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(27) 伯父の晩年5(交通事故後2)

    伯父が接触事故を起こし、事故相手との話し合いを私が担当することになりました。

    伯父の生活能力の低下により、事故相手への支払いも中々できず、事故相手から
    私への督促が何度もありました。(嫌な立場ですね)

    ケアマネさんから、運転をやめるように説得され、私たちも伯父に運転をやめることを約束させました。

    そして「じゃあ車を廃車にしよう」という話になると、とたんに不機嫌になった伯父。
    「あれは私の足、廃車なんてとんでもない。思い入れもあるし、すごく価値のあるものだから売るのだ。気持ちを整理したいから直ぐには廃車にせず、しばらくそのままにしておいてくれ」と言った伯父。
    従姉達と私は、気持ちが落ち着くまで様子見とすることにしました。

    数日後、車を動かした形跡がありました。免許失効状態で無免許なのです。
    さらに数日後、近隣の方から「伯父さん、車乗って出かけてたよ」との報告を受けました。

    至急伯父を訪ね、問い詰めると逆切れされました。「じゃあキーをアンタ(私)に預けるから持ってけ」でした。

    伯父がそのまま大人しくなるとは思えず、車のタイヤの前後にブロックを噛ませる処置をして様子を見ることに。

    そのまた数日後、伯父はブロックを外し、またしても乗っていました。
    スペアキーを使用していました。

    今度は、私はタイヤロックを購入し、がっちり動けなくしました。
    そしてさらなる数日後に、なぜか伯父は「免許を復活させたよ」と鼻高々に言います。
    免許失効後、半年以内なら講習を受ければ簡単に復活できる方法を利用したようです。

    それからは、伯父のターン。
    「免許が復活したのだから、邪魔するな。今すぐタイヤロックを外せ」と・・・・・

    続きます・・・・・

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(26) 本来の相続と将来

    伯父からの法定相続人は、3名(伯母、従姉A、従姉B)。
    そのうち伯母が事切れると、当然相続人は、従姉Aと従姉B。

    実は従姉ABも高齢に達しており60代半ばです。
    ここで、それぞれが年の順で旅立つと仮定すると、
    ・従姉Aは、未婚で子無ですから将来の法定相続人は、従姉Bのみ。
    ・従姉Bは、既婚ですが旦那が年上なので法定相続人はなし。

    つまり、伯父一家(従姉達も含めて)は、将来途絶えてしまいます。
    つまりC家屋を含めた祖母達から築いてきたものは、誰も引継ぐ事が出来ず、
    放置され、国のものになります。
    そうなるとC家屋に、私は完全に手が出せず、荒れ果てることでしょう。
    C家屋の処遇について、従姉Aは「そのままなるようになる」ようなほとんど事なかれな手続きで済ませてしまうとの事です。
    つまり、そのまま伯母・従姉A・従姉Bの共同所有になるかと。

    認知を発症する前の伯母は、大変危惧しておりました。
    そこで、私への無条件譲渡の話を持ちかけてきたのです。
    私はともかく、従姉達はそれでいいのかの意思確認を行いましたが、承諾してもらえました。そして、伯父達が遺言状を作成するはずでしたが、作成する前に、認知の症状がでてしまい、作成は出来ませんでした。

    私と伯父夫妻とは近居で、親子とまでは行きませんが、それに順ずる親戚づきあいを続けてまいりました。
    お互い、困ったときは相互に支えあってきました。

    私が母と揉め事を起こした時も、親身になって聞いてくれました。
    伯父夫妻は、「他人じゃないのだから遠慮なく相談に来なさい」とまで言ってもらってました。
    しかしここ10年ほど前からは、さすがの伯父夫妻も高齢により衰えを隠せず、私からの関わりがほとんどになりました。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(25) C家屋の断捨離2

    先日、従姉B夫妻と従姉Aが頑張って断捨離をしてくれました。
    ごみ集積場は、C家屋から出したものがかなりを占めていました。

    わくわくしながら通勤の帰り道にC家屋へ立寄ると・・・・
    見た目、ほとんど変わっていない・・・・

    やっぱり物があまりに多すぎるのです。
    相当頑張って作業をしていただきましたが、「焼け石に水」みたいな感じ。

    でも私が捨てたくても、従姉Aが躊躇していて保留だった物も、ほとんど捨てる事になりましたので、引続き私がごみ出しの日に合わせて処分を続けて参ります。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(24) 税務署からの書類

    伯父の法定相続人は、伯母(妻)、従姉A(長女)、従姉B(次女)の筈です。

    ところが先日、私宛に税務署から「相続税の申告等についてのご案内」の書類が送付されてまいりました。

    私は、伯父の法定相続人ではありませんし、血の繋がりもありません。
    伯母とは、母の姉であるため繋がりがあります。
    生前、口頭で「この家を(私)に無条件で譲る」とは言ってはおりましたが、有効な遺言状など遺さずに旅立ってしまいましたので、不成立の筈です。

    従姉達に早速連絡しましたが、その書類は届いてはいないとの事でしたし、甥である私に来るのは一体どうして?

    従姉達と笑い話になり
    「パパが(私)を相続人に加えてたのかな?」
    「(私)は伯父の隠し子だったのか?」
    「もしかして養子縁組をしていたのか?」
    「戸籍謄本をみても全然訳ありのものではなかったよ」etc...

    私が、興味本位で税務署に訪ねて行ってもいいのですが、当面仕事が忙しく、平日の休暇が取りにくい状況ですので、どうしようかなと。

    従姉Aがその書類を送って欲しいとの事ですので、その通りにしますが、不可思議な出来事でした。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(23) 伯父の晩年4(交通事故後)

    交通事故の翌日、警察から私に連絡が入りました。
    事故相手が困っていて、伯父側の交渉窓口を決めてほしいと。

    伯父は、任意保険に入ってなかったのです。
    そのため直接当事者同士で話をするしかなく、事故相手側は伯父と直接話をしても埒が明かないから、伯父側の代理人を立ててほしいと、警察に申入れをしてきました。
    警察は、私を指名してきました。
    私は、親族ではあるが甥の立場であり、実子(従姉Aと従姉B)がいるからと断りましたが、「遠方の従姉ABでは、相手も困るだろうし、近所に住んでいるアンタ(私)が窓口になるのが一番いいのだが」と言いくるめられ、渋々承諾しました。

    このような状況でも従姉達は、他人事の様でした。
    私からすれば、相手に多大な迷惑をかけ、運転をやめねばならない決断を迫られている状況であるから、遠方であっても日帰りでもいいから状況の確認に来てほしかったのですが、様子を見にくることはありませんでした。

    ひと月後に、ようやく従姉Aがやって来たのですが、ちょうどその時に、ケアマネさんの訪問があり、「もう運転は2度としないようにしましょう。」という話になりました。
    私とケアマネさんは、その時が初対面でしたが、ケアマネさんは、頻繁に従姉Aに連絡をしていたが「いつも他人事、事なかれな返事が多い」と私にこぼされ、(私)が比較的近所に居住している事や、通勤の往復時に気軽に伯父宅(C家屋)に立寄ることが出来ることを知ると、今後の緊急連絡先を、従姉Aから(私)にしても良いか聞かれましたので、OKしました。

    事故後の相手とのやり取りについては、またお話します。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(22) C家屋の断捨離

    伯父の残したものが多すぎて、完全にごみ屋敷化してしまっているC家屋。

    私が少しずつではありますが、かなりを処分しました。
    従姉Aは、特に何をするでもなく、私が捨てようとしたものに「残しといて」
    と反対する事が多く、思うように片付きません。
    黙って勝手に捨ててしまいたいものが大半ですが、ギクシャクしたくないし、
    後味を悪くする訳にもいかず、思うようには遅々として進みません。
    「せめて衣類だけでも片付けて」と私が言えば「服の事は気にしないでください」
    の返事で、相当テンションを下げられてしまいます。

    昨日から、従姉Bとその旦那さんがやってきて、大規模な断捨離を始めました。
    従姉Aが処分を保留したものまで関係なく、一気に処分を始めました。

    いやはや大胆で、気持ちがいいです。
    今晩、仕事帰りに訪問することにしますが、私が持ち込んだ私物も一緒に捨てられてしまいそうな雰囲気(仕方ありませんね)。
    さて、楽しみでもありますが、私の私物は、どうなっているのやら(C家屋での片付け作業用に持込んだものが大半なので、あきらめざるを得ません)
    従姉B夫妻は、明日自宅に戻っていくとの事ですが、様々な事務手続きも要領よくこなしていきます。

    今まで、従姉Aに同意を求めても、優柔不断の事なかれ・先送りの繰り返しばかりでしたので、大分スッキリしました。
    まさか、こんなに作業をしてくれているとは思ってもおらず、昨日は苦言を言うつもりで訪問したのですが、文句を言えるはずもなく、「明日、俺も仕事を休んで手伝おうか?」
    と言ったら、もちろん頑なに辞退されました(笑)

    敷地の一部が貸ガレージになっているのですが、最近解約が立て続けに発生したにもかかわらず、放置したままだったのですが、これも従姉B夫妻が積極的に動き、新しい契約者を取り付けられそうな雰囲気(ヨッシャ―!)

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(21) 伯父の晩年3(交通事故発生)

    伯父は、日々伯母の介護をしっかりやっているものと自負しておりました。
    しかし、実際はヘルパーさんがほとんど掃除や食事を作ってくださっていました。
    明らかにケアマネさん、ヘルパーさん、私からみても先行きの短い衰えた人であることは、明白です。
    近所の人も、同様の事を言っておられます。
    伯父の歩行具合からして、早急に対策を考えていかないといけないのですが、
    従姉は「パパは全然大丈夫だよ!」などと言って意に介しません。
    従姉が伯父達と同居しているのなら、話は別ですが、遠方に居住しているし、たまにやってきても暢気な態度。
    実の親の状況をみて、「本当に何もわからないのか」が不思議でした。
    ケアマネさんが現状報告をしても、「あ〜、はいはい・・・」などと真面目に聞き入れない様子です。

    そんな時、伯父が車の運転をして事故りました。民家の塀に激突し外壁を損壊させました。
    その時は、従姉Aが同乗していたので、いろいろありましたが、なんとか弁償は出来ました。

    その1ヵ月後、単独で運転していたときに、接触事故を起こしましたが、警察の事故見聞に対応できませんでした。
    そこで免許証の更新を忘れていたことが判明し、無免許状態であることが発覚しました。

    警察は、自宅にいる伯母に連絡しましたが、認知症であるため対応ができず、伯父が私の母の連絡先を覚えていたため
    私の母に連絡し、それから私に連絡がまわってきました。

    警察に出向き、高齢であることから大目にみてもらえた事でしたが、私が別室に呼ばれ、「今後本人に運転をしないように説得してください」
    と言われてしまいました。とりあえず私が身元引受人として、伯父の車を私が運転して、伯父と一緒に伯父宅(C家屋)に戻りました。

    ・・・・続きます

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(20) 伯父の晩年2

    伯母が認知症で、伯父が介護する老々介護が始まり、伯父も張り切って(?)介護をしていると自負していました。
    しかし、見るからに伯父の衰えも私だけでなく、ケアマネさん、ヘルパーさんも心配する日々が続くようになりました。
    従姉Aは、それでも事なかれな態度で、それとも超鈍感すぎるのか、暢気すぎるのか取り合いません。
    従姉からすれば、伯母が認知症を先に発症したのだから、事切れる順番も、伯母が先だとばかりに思っているような感じ。
    でも、伯父が倒れてしまったら、残されてしまう伯母は当然何もできず、共倒れになることは明白だから、私は話し合いをしようと何度も何度も呼びかけましたが、埒があきませんでした。

    続きます・・・

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(19) 伯父の晩年

    伯母の認知症が進み、伯父が介護するようになり老々介護となってしまい、日常様々な面で心配事が増えてきたとき、
    従姉達に何度も話合いをしようと持ちかけましたが、事なかれでスルーされっぱなし。
    挙句の果て、「パパがしっかりしているから大丈夫」などと言って取り合いません。

    伯父は頑固で、私が「伯母さんがこんな状況で大変だよね」と話しても、「私がやるから全然大丈夫だ!」
    などと聞く耳を持ちませんでした。
    しかし、伯父自身も明らかに物忘れが増えており、衰えも顕著になってきたのに、従姉Aは「大丈夫、大丈夫」
    などと言って、話になりません。
    従姉Aも何度か、親元に様子を見に来ましたが、全然気づいていないのか、超鈍感なのかと思うくらい
    楽観的な対応です。

    私が、初めてケアマネさんと話をする機会を持ったとき、従姉Aの事なかれな態度に困り果てているとお聞きしました。
    私とケアマネさんと話をして、ケアマネさんの方がため息をつかれるのです。
    ケアマネさんは、今後の連絡先を(従姉A)から(私)にしてもいいか聞かれたので、私はOKしました。

    ・・・続きます

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(18)

    >AはBの手に負えない様

    >でも、Aの望むところって、なんなんでしょうね。
    >実は権利を手放したくないのか?
    >それとも、義務をぶっちぎりたいのか?

    別に、従姉Aが権利を手放さず全てものにしたいのならそれは全然構いません。
    というか、法定相続人である伯母・従姉達の権利ですから、私は口を挟む余地はありません。

    従姉Aは、事なかれ主義。
    伯父・伯母が高齢であり、認知も進み日常生活にも相当支障が生じているので、
    ご両親のこれからについて話し合いをしようと呼びかけたのですが、
    なんだか、「見たくない・信じたくない」という態度を繰り返すばかりで、まったく埒が明かなかったのです。
    ケアマネさんも、そんな従姉Aの態度に落胆してしまい、私が伯父達(C家屋)を訪ねていた時に、ケアマネさんの訪問があり、それ以後ケアマネさんは、様々な用件を私に委譲するようになりました。
    伯父が、車を運転し立て続けに事故を起こすようになり、ついには免許証の更新も忘れ免許失効状態の時に、またもや事故をおこし警察や事故の相手との話もかみあわず、私が呼び出され、事故対応の窓口(代理人)をせざるを得ない状況になりました。
    私は、頑なに断ったのですが、警察から伯父一家の事情(妻である伯母が認知症、子供(従姉達)が遠方に居住等)から私が対応するように強く説得され、私がより一層伯父達の厄介事も含めて関わるようになりました。
    その後伯父は、二度と運転をしないと言ったのですが、免許失効の無免許状態でも運転を繰り返し、私の修羅場が始まりました。

    続きます・・・・

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • なんだ・・・

    伯母さんの家というから伯父さん、伯母さんが建てた家なのかと思ったら何の事はない、トビ主さんの「生家」だったのね。
    そりゃ相続の事は脇に置いておいても主さんがどうにかするのが一番だわ。
    従姉さん達との話し合いがうまくいくと良いですね。

    ユーザーID:6578341573

  • トピ主です(17) 伯父一家について

    かつては、伯父も伯母も従姉達もアクティブな一家でした。
    彼らは、比較的裕福であり、積極的にアウトドアを満喫する生活でした。

    伯父が転勤族だったため、従姉達はそれぞれ出生地が異なっています。
    現在の親実家(C家屋)は、私の祖母の家でした。

    祖母は、4名出生しましたが、2名は出生後直ぐに死亡(存命は伯母と私の母)。

    伯母が成人して、伯父と結婚しましたが伯父が婿入りしました。
    しかし伯父が転勤族の為、その後生まれた従姉達は、親実家(C家屋)に住むことはありませんでした。

    実家には、祖母と母が残りその後父と結婚し、父は10年ほどマスオさん状態でした。
    父のマスオさん状態時に、私の姉と私が生まれ、その後近くに自宅を購入し転居したため、祖母の長い1人暮らしが始まりました。

    伯父の定年間際に、C家屋から通勤可能な場所に転勤が決まった為、伯父夫妻はC家屋に住むことになり、祖母と同居を始め、その後今日に至るドラマが始まりました。
    従姉達は、既に成人して社会人になっており、赴任地で自宅を購入し、親実家(C家屋)には、ほとんど寄り付くことはありませんでした。

    この話はまだまだ続きます。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • そういうことでしたか

    Aがややこし屋だったのですね。Bが口を挟まなかったのは、Bが直接口をだすと、却ってAがこじれる。B夫さんの仲介は、きっと困ったBが、旦那さんに頼み込んだのでしょう。

    うまく行くといいですね。
    でも、Aの望むところって、なんなんでしょうね。
    実は権利を手放したくないのか?
    それとも、義務をぶっちぎりたいのか?
    どっちかな。

    ユーザーID:4775318850

  • トピ主です(16) 伯母への面会

    伯母は、認知症で施設に入所しています。
    施設へは、交通不便な所にあり、私がほぼ1週間毎に面会に行っております。
    当初は、2〜3日おきに行っておりましたが、さすがにしんどくなり、そのうち1週間毎に、最近は2週間後に行くことも増えてきました。
    私の母が行ければいいのですが、母は運転は出来ないので、公共交通機関を乗り継いで行かざるを得ず、80歳を超えており
    一人で行くのは難しく、私が母に声掛けして一緒に行くこともあります。

    数年前に、伯母が脚を骨折し歩く機会が激減してから、認知の症状が出始めました。
    認知の症状が出始めるまでは、何でも出来る(料理も超美味しい等、家事完璧)人であったのですが、家事一切合切出来なくなりました。
    家計も完璧堅実に切り盛りしていたのですが、もちろん出来なくなりました。

    介護サービスを受ける事を勧められましたが、伯父が頑として聞き耳を持たずして、頑なに拒否しておりました。
    私が従姉達に、「この先大変な事になるから話合いをしよう」と呼びかけましたが、
    「パパがいるから大丈夫」などと言って、関わろうとせず、むしろ事なかれな態度。

    伯母の認知はその後急速に進み、伯父にも物忘れが出てきたように感じたので、再度従姉達に呼びかけましたが、やっぱり事なかれで取り合いませんでした。

    伯母が体調を崩し、入院したときに、伯父は自分で面倒を見ると言い続けましたが、
    医師から老々介護になり共倒れになると説得され、ケアマネージャーを紹介され、介護サービスを受ける事になりました。

    この話の続きは、次回以降にしていきます。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る
  • トピ主です(15)

    先日、法事により従姉達がやって参りました。

    従姉Bは、旦那さんもご一緒でした。
    従姉Bの旦那さんは、私が大変尊敬する人です。

    ここで、従姉Bの旦那さんが調整役を務めてくださるとの事です。
    従姉達とその旦那さんで話し合って、今後どうするかは任せてほしいと言ってくれました。

    はい、それで十分です。モヤモヤが、かなり解消されました。

    今まで、従姉Aのみにしか話をする機会がほとんどなく、ほとんど的外れな返事ばかり。
    従姉Bは、連絡してもほぼ無視状態でした。(直接話をすれば和気あいあいなのですが、メールは返事が全くありません)

    従姉Bの旦那さんが、踏み込んで入って頂けるだけで、どのような結果になっても異議なしです。

    また進展がありましたら、書き込みを致しますが、ここで話を終わらせたり中断するのではなく、それ以外にも様々な雑事ネタがありますので、これからも書き込みを続けていくつもりです。

    ユーザーID:2567905241

  • トピ主のコメント(41件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧