学費を貯金する意味は?

レス70
(トピ主0
お気に入り227

生活・身近な話題

ちょっきん

レス

レス数70

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 晴れの日ばかりではありません

     現在は相当に裕福のようですが、例え年収が3000万あっても、未来永劫続く訳ではありません。世の中にはマサカがあります。

     しかし、苦難の時でも学資はまってくれません。学資がなくて子供の願いを叶えれないことは親として残念です。

     このために、子供が生まれると同時に将来の学資を貯金します。大体毎月1万円を18年貯めると300万程度になります。毎月3万円ですと、900万円になります。

     四年制大学の学資が400万円程度ですから、およそ7割方手当できます。これの不足分は、奨学金などを併用すると例え家計が苦しくとも、なんとか学資保険だけで進学させることができます。

     医学部など受験する場合には、本当に学資の工面が大変です。転ばぬ先の杖として貯金するのです。

    ユーザーID:5964511253

  • それはいわゆる袋分けの意味合いかな

    子どもが小さいうちは、教育費も家計からその都度出せますが、
    高校受験あたりから、月々では足らずボーナスを当てにするようになります。
    ですから、まだ学費と言えない余裕のある時に、ないものと思って貯めておくのでしょう。

    我が家も、わざわざ学費貯金はしませんでした。
    のべ8年間大学の費用を出しましたが、幸いに前期後期、ボーナスで賄えました。
    貯蓄もそれなりにありました。
    親戚からのお年玉等は、受験料や塾代に使いましたし、
    結婚の費用も貯蓄から渡しました。

    びっくりが多いようですが、家計の運営は、家庭の数だけあっていいと思いますよ。

    ユーザーID:8944380032

  • そりゃ貴方、

    > 随時、貯金の中から必要額を支払うだけだと思うのですが、
    > なぜ学費を貯金するのでしょうか?

    要するに金が足りず「随時、貯蓄の中から必要額を支払う」
    ことができない場合が怖いからでは?

    ユーザーID:5238548668

  • 別に

    人それぞれですし、トピ主さんが大学の進学費用等も見込んで貯蓄しているのなら構わないのでは?

    学費という名目で貯蓄している人の多数は、学資保険等の保護者に何かあったら払い込みが免除になるタイプを利用しているのじゃないかな。
    我が家も満期時300万の学資保険に入ってましたが、進学費用には使ってないですね。
    子供が独り立ち(結婚とか)する時用の費用として寝かせてあります。
    学費は名目無しの貯蓄から。
    国立大、自宅通学なので入学金、授業料共に何とかなる金額なので・・・私学(で下宿)だったら学資保険分は使ってたと思います。
    ご参考まで。

    ユーザーID:1347114191

  • 一気にお金がなくなる時の心の余裕

    1000万の中からガバっと何百万もなくなると
    精神的に不安になりそうだけど、
    これは最初からなくなる(学費)お金と思いながら貯蓄する分は
    よくここまで貯めてこられたな、と達成感になるのかな?

    あとは「なんとなく」では貯められない人のために一つの目安。

    ユーザーID:1863263840

  • 話題ランキング

    その他も見る
  • 管理方法の差じゃないでしょうか?

    疑問に思われているみたいですが、結果論は同じじゃないですか?
    仮のお話です。

    Aさん
    貯金として月に10万円を貯金した。

    Bさん
    娘の教育貯金2万円
    息子の教育貯金2万円
    老後資金2万円
    旅行積立て2万円
    家庭の貯金2万円

    どちらもトータルでは10万円の貯金で変わりないですよね。
    きっと、トピ主さんは用途を意識した貯金しなくても問題ない収入や貯金をお持ちでは?


    管理上の問題だったり、収入的に希望通りの貯金ができないときに教育貯金は削らないなど、そういったご家庭のルールもあるのでしょう。

    なんとなくご理解頂けますでしょうか?

    ユーザーID:9766043359

  • わかりやすいし

    口座を分けて貯金してるというのは、まあ一言で言えば「わかりやすい」
    ってことなんじゃないですか?
    学費という名目で別に貯金すれば、現在いくらたまってるか一目瞭然だし
    普通の貯金から、たとえば車を買い替えるなど大きな買い物をしようと思う時に
    貯金のうち、どれくらい学費分を残さなくちゃならないのか…とか
    考え込まなくていいし。

    毎月の家計費の管理の仕方がいろいろあるように貯金の仕方だっていろいろあるでしょう。
    私は管理しやすいように、給料が出たらお金を「食費」「雑費」「医療費」「交遊費」等
    小分けにします。
    そうすることで余計なお金を使わないよう心がけられますしわかりやすいし。
    それを「お給料の中からその都度必要な食費や医療費など必要額を支払うだけなのに
    なぜ分けるの?」と言われても…
    私はそのやり方が性に合ってるから、ですよ。
    学費を別に貯金する人は、そのやり方が性に合ってるからやる、のでは。
    トピ主さんのようなやり方だって全然おかしくはないですし、それぞれの考え方次第でしょう。
    強制的に貯金しなきゃお金貯められない、って理由で学資保険に入る人だっていますしね。

    ユーザーID:7245497475

  • 目的別貯金

    「袋わけ家計簿」って以前流行りましたよね。
    その貯金版?「目的別貯金」というそうですよ。
    貯金のモチベーションも上がるし、計画も立てやすいとのことです。

    ユーザーID:2568739470

  • それは

    貯金が苦手なのか、貯蓄額がが少ないからですよ。貯蓄額が大きければ、わざわざ学費として分けておく必要はありません。でも、貯蓄額が少なければ事情が違ってきます。あらかじめ分けておかないと、足りなくなる恐れがあるからです。また、もともと貯金が苦手な人なら、最初から分けて貯金しなければ、貯められないからです。まあ、保険と似たようなものではないでしょうか? 貯蓄が充分にあれば、保険は必要ありませんよね?

    ユーザーID:4435440912

  • ちょっきんさんはお金持ち

    うちも学費は通帳を別にして貯金してます。
    だって何百万も一気に払えないですもん。
    生活費の貯金?(使い道の決まっていない)と一緒にしてたら訳が分からなくなりそうで・・・。
    私立大学で都会で一人暮らし・・・なんてなったら・・・。

    生活費の貯金からポンと払えるなんてきっとちょっきんさんはお金持ちなんだと思います。

    ユーザーID:4548978188

  • 目的別口座みたいなものでは

    ネットバンクだとよくあるけど、代表口座の中に目的別口座を作って
    目的別にどれくらいの予算があるか把握したいからじゃないですか。
    例えばレジャーの費用よりも学費を優先したいから、学費を目に見える形で
    明確にしておくわけです。

    あとは、お金がざっくりまとまって貯金されていたら、どれだけが当分使わないで済むような
    老後資金に回せる貯金なのかとか、いちいち考えないとわかんないですしね。
    最初から明確に目的別に予断を立てた方が、家に頭金にいくらまで入れられるかとか
    住宅ローンの繰り上げ返済しても大丈夫かとか、わかりやすいじゃないですか。

    ユーザーID:5012877797

  • 随時

    随時はいっぱいあるよ。
    そのたびに出していたら貯まらないよ。

    学資貯蓄はその日まで絶対に使わない強い心づもり
    子どもが大きくなれば金額も大きくなりますから。

    ユーザーID:0572913769

  • レスします

     トピ主が言いたいのは
    『学費』として個別で貯金しないで『貯金』の中から学費を出せばいいのでは?
    といいたいのでしょうかね?

    トピ主はきっとお金に関してしっかりした人なんでしょうけど皆が皆トピ主のようにお金にしっかりした人ばかりではないのですよ
    必要な物があれば貯金を使って買うでしょ
    その必要な物にお金を使っていたらいざという時学費が足らないってなる事もあるんですよ
    その必要な出費と言うのが手術代だったり冠婚葬祭等のまとまったお金だったりしたら普通に貯金から出してしまいますが『学費』として別に貯金をしていると『学費』っていうのは子供の将来を大きく左右する進学の際に必要なお金ですから普通の貯金と違ってなかなか手が出せない『特別な貯金』になる訳です

    私は子供たちにそれぞれ学費を貯めてあげました
    なるべく平等になるように同額貯金をして残ったお金は結婚をする時にでも持たせるつもりです
    学費が貯金で賄えなかった子には足りなかった分働いたお金から返してもらっています。

    財産を当分するなら子供に使う大きなお金も平等にしないと不公平ですからね

    ユーザーID:0274978327

  • 貯められるなら「学費」として分けなくていいですよ

    漠然と貯金するより目的を持って貯金した方が貯められる。

    大学進学時まで何年も先なので、その途中に大きな出費があっても、目的別の貯金ですとどれをどのくらい使えるのか分かりやすい。


    計画的な消費=計画的な貯蓄=目的別の貯蓄、だと思います。

    ユーザーID:7983774177

  • 意識せずに貯金できればいい

    堅実に多めに貯金できる家庭ならばトピ主みたいな考えでよろしいでしょう。
    でもそれがなかなかできないから貯金にイロをつけているのです。
    お金が溜まったら使いたい誘惑にとらわれる家庭は学資貯蓄を考えたほうがよいでしょう。
    かつては学資保険がその座にありましたが、現在は学資保険の優位性がなくなったので地道に積立でしょう。
    特に公費支給されるこども手当くらいは子供のために積み立てるのが親の最低限の責務だと思っています。

    ユーザーID:7048267898

  • 貯蓄があるなら問題ない

    意識して貯蓄しなければなかなかまとまった額は貯まらないものです。
    大きな支払いとしては住宅購入や自家用車がありますね。
    これらが欲しいからお金を貯めるのと同じです。
    子供が大学まで行くことを前提にその時になって困らないように
    学費は準備しておこうという考えです。
    だから「学費」として貯蓄しているわけです。

    必要な時に必要なだけ学費を払える貯蓄があれば
    別に普通預金でも問題ありません。

    ユーザーID:7109913853

  • 足りないからでしょ?

    >随時、貯金の中から必要額を支払うだけ

    貯金がたくさんあっていいですね。

    随時貯金から払っていたら貯金が足りなくなる場合は別にして大切にとっておくのでしょう。
    貯金が少ない場合は随時支払っていたら足りなくなります。
    今年は壊れた家電を買い替えたから旅行は無しにしよう、というようにやり繰りしなければなりません。

    学費が足りないから払えないということにならないよう、学費だけは別にキープしておきたいのです。

    ユーザーID:4988086511

  • 貯まればいい

    トピ主さんのお宅は、裕福なのでしょう。
    目的を定めない貯金に余裕があるのなら、トピ主さんのやり方で何ら問題は無いと思います。
    でも、限られた収入しかない家庭だと、その中で優先順位を決めながら計画的に貯金しないとあっという間に貯金を食いつぶしてしまうのかと。
    教育費として貯金したものは、他の用途ではつかわない。
    そんな当たり前のことが実は難しい家庭が結構あるものなのです。

    ユーザーID:1439332876

  • そんなに不思議に思うことかな?

     貯金の仕方は人それぞれだけど…目的をもって別枠で貯金をする人はたくさんいるよ。
     子供でも欲しいものがあれば目標額を決めて貯金をするし…
     学費だけじゃなくて旅行資金やマイホーム、結婚資金をためている人もたくさんいるよ。
     特に目標額の決まっていることには別枠で貯金をするとわかりやすいよ。
     たとえ自分と貯金の仕方が違っていても容易に理解できることだよね。
     トピ主さん大丈夫? 

    ユーザーID:2024105828

  • お疲れ様です

    かなり裕福なんですね。
    我が家も今年、息子を授かり学資保険に入りました。
    トピぬしさんのように、裕福だったり、計画性があれば良いのでしょうけどね。

    ユーザーID:5110722264

  • 失礼ですが大学費用が掛かることをご存じないのですか

     お友達に聞いたらいいじゃないですか。
    目標額いくらでなぜ貯金するのか、と。
    あなた方ご夫婦は私立大学卒業ではありませんか。
    高卒での就職組ですか。?
    私立高校、私立大学には多額の費用が掛かります。受験するときに50万くらい、。初年度納付金が200万弱。2年生になっても100万以上。それがあればよいのですが普通の人はコツコツ貯金しますよ。
    素直にお友達に聞けばよいのに。
    トピ文からは私立大学の費用が掛かることをご存じないようにしか感じませんが。
    もちろん今の時代でも高卒で就職される方いますから。ご安心を。

    ユーザーID:0673862579

  • みんな同じですよ

    トピ主さんも他の方々も同じです。

    貯金から足りない学費を支払ってます。

    その貯金の項目を頭で分けているか、通帳で
    分けているかは人それぞれです。

    何でそんな事が気になるのですか?

    ユーザーID:7015805714

  • 収入によります

    学費を通常の貯金と分けておくのは、「金額が大きい」ことと「絶対、必要」だからです。
    他のものは、貯金から出すのに差し障りがない金額だったり、差し障りがあれば我慢すればいいものですが、学費はそうはいきません。
    けれど、収入が高い家庭は、貯金額もそれなりにあるので、すんなり出せるのです。
    本当に、私立理系の大学なんて、庶民にはすんなり出せない金額なんてすよー

    ユーザーID:3388163227

  • 我が家は

    一人っ子だったんで。学資保険プラス毎月金額決めて。子供名義で
    預金していました。それこそ大学行くか否かは先の話でしたが。
     行きたいのに”学費がない”は避けたかったので。
    高校までは、毎月の家計費から学費等出しておりましたが。
    学資保険の満期と毎月積み立てていた分で。大学4年間の
    学費諸々賄いました。 子どもが複数いたら。ある程度
    公平にしたいと思います。能力の差や本人のやる気にも
    よるでしょうけど。だから、私を含めみなさん、教育費
    として預金しているんだと思いますよ?

     預貯金は。将来のため(老後や住宅費や諸々)と
    子どもの学費と二本立て…といったところかしら。

     

    ユーザーID:5380917483

  • 自分を知っているからです

    大学の学費が国立でも250万、
    私立だと400〜700万、
    自宅外だと更に500万くらい必要だと思います。

    高校卒業まで生まれて18年。
    その間に貯めなければいけません。
    3万だと年間で36万、18年だと648万、
    1万だと216万。
    お金に子供の学費と色を付けておけば、
    使い込みもしにくい。
    と、お友達は考えられています。
    ただ、それだけ。

    人によっては学資保険の場合もあるだろうし、
    私はあなたタイプなので子供んの学費用とはお金を決めていませんでしたが、
    きちんと準備できました。

    金額がお大きいから、
    いざという時に無いと困ると思うのでコツコツ貯める場合が多いと思います。

    まあ、私タイプの人は特殊だと思ったほうがいいです。
    同じタイプの方にあったことありません。

    ユーザーID:5181190051

  • 分けないと出来ないから

    世の中には目の前にあると使ってしまう人が居るのです。

    これは学費と決めないと旅行に使って良いと思ってしまうのです。

    トピ主はそんなことがないかもしれませんが、そういう人がたくさん居るというだけです。

    お金に色は付いていませんので、何か目印をつけないと区別できないのです。どこまで使って良いか判断できず使いすぎてしまうのです。

    ユーザーID:6089262020

  • 分けておかないと

    使っちゃうから?

    ウチも分けてないですね
    まだ3歳だから学費の意識もないけれど。

    ユーザーID:5839518673

  • そりゃ

    使える貯金のある人は、そこから出せばいいでしょうけど、学費に使える貯金がなければ貯めた方が良いでしょう。

    ユーザーID:8925803643

  • お金があるならしなくてもいい。

    うちは大学費用に一人あたり300万コツコツ貯めましたが、
    それでは全然足りませんでしたが、
    それがなかったらどうなっていたかわかりません。
    お金があるならコツコツ貯めなくてもいいと思いますよ。

    ユーザーID:5536842241

  • 私もしませんでした

    世の中には理由をつけないと貯められない人もいるのかもしれません。

    親心につけ込んでの、商品の場合もあります。

    でも学資が一番、何が何でも確保したいというのならそれもありかとは思いますが・・・

    ユーザーID:9043783377

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧